ユキ「弟の目」

1: ◆/BueNLs5lw 2015/02/02(月) 01:12:34.12 ID:TnuISCjd0

前作↓

伊奈帆「姉の腕」
伊奈帆「姉の腕」2

姉弟 たぶんエロ 16話までのネタバレ



「何が、しばらくよ……しばらくにも程がある」

とユキは思うものの、もちろん弟のせいではない。

「あなたが怒ってるのって、だいたい伊奈帆のことでよね」

隣を歩いていたライエが言った。
久々に会った彼女は、以前よりも落ち着いていた。
成長したのか。
感慨深いものをユキは感じつつ、頬を膨らませる。

「怒ってないわ、別に」

「素っ気ない挨拶に腹が立っているんでしょ」

ライエを見る。
穏やかな瞳で、口の端を少し斜めに上げていた。

「ライエちゃん……」

「あははッ……変わらないわね」

「大人をからかうものじゃないわ」

「ごめんなさい」

嫌味のない笑みを浮かべる。自らの意思でこの船に残った彼ら。
自分ができるのは補給の間だけの護衛くらいで。
何を言っても聞かない彼らに、心中穏やかではない。

「あの子、何考えてるのかな」

「本心は墓場まで持っていきそうよね」

「小さい頃はだいたい顔を見たら何を考えてるのか分かったのに……」

「それっていつくらい?」

「身長がこのくらいだった時かな?」

手のひらをライエのお腹辺りの位置に止める。

「可愛かった頃?」

「そう、可愛かった頃」

足音。
ユキは振り向いた。

「今は可愛くないってこと?」

伊奈帆が立っていた。


アルドノア・ゼロ TVアニメ公式ガイドブック (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
ユキ「弟の目」の続きを読む

イナホ「違う。空が青いのは海の青さがうつったからだ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/09(水) 20:55:19.48 ID:Ra/Z58tA0


姫「大気中で光が屈折するからではないのですか?」

エデルリッツォ「知りませんでした」


イナホ「わかればいい」



アルドノア・ゼロ 2016年 カレンダー 壁掛け A2
イナホ「違う。空が青いのは海の青さがうつったからだ」の続きを読む

【アルドノア・ゼロ】伊奈帆「君の番だ」スレイン「……」

1: ◆WO7BVrJPw2 2015/04/04(土) 22:15:41.26 ID:LgK313gfo




――拘置所 戦後、アルドノアが地球で始動してから数ヶ月後



伊奈帆「チェスのルール位は知っているだろう」

スレイン「…………指す気にはならないな」

伊奈帆「そうかい」

スレイン「ましてや相手が界塚伊奈帆、君じゃあね」

伊奈帆「ふむ」

スレイン「…………」

伊奈帆「悪態をつく元気はあるようで良かった」

スレイン「…………」

伊奈帆「最近は、食事もきちんととっていると刑務官から聞いた。心境の変化でも?」

スレイン「…………君に言うのも癪なことではあるけど……」

伊奈帆「無理に言うことはない」

スレイン「………… ……僕が生きているのは、アセイラム姫の願いなんだろう」

伊奈帆「……ああ」

スレイン「多くの者を死に追いやり、誰も彼も騙して、その果てに…… ……死に場所まで失った」

伊奈帆「…………」

スレイン「姫のことを……正直恨みさえしそうになった。全部、身から出た錆だというのに」

伊奈帆「そう感じるのは間違いじゃないと思う。僕も君の立場なら、そう感じただろう」

スレイン「…………同情のつもりか」

伊奈帆「つもりじゃない、同情だ」

スレイン「死ぬより惨めだな」

伊奈帆「…………」


ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
【アルドノア・ゼロ】伊奈帆「君の番だ」スレイン「……」の続きを読む

クルーテオjr「スレイン卿www今どんな気持ちかなwwww」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/05(日) 23:37:35.78 ID:aU+fHQfN0

地球に新バース帝国をきずいて以来、クルーテオjrことクランカイン伯爵とアセイラム女王は今

だ夫婦の交わりを遂げられずにいた。


正式な成婚を控えたある日のこと。

スレイン卿が収容されている収容所からイナホの乗る車が去る。

車「ブロロロ…」

それを高台から見ながらアセイラムと交わしていた会話からぽつりと一言。

アセイラム「(略)地球での美しい思い出です」

クルーテオjr(何コイツあの車の男が好きだったけど地球と火星人の平和のために
       仕方なくお前と結婚してやったんだよって言いたいのか)

誇り高きクルーテオの血筋。自身が知らず女を寝取ったなどと認められようハズがない。

jrは密かに新女王に対する復讐を企てたのであった。


ーーー初夜ーーー


エデルリッゾ「姫さ…女王さま、そろそろお休みの時間です」


エデルリッゾはjrのはからいで女王の侍従として再び召し使われていた。


jr「ではそろそろ寝ますか」

アセイラム「は、はい」


いくら理知に富むとはいえアセイラムは少女である。
男性を、しかも互いに愛も芽生えようはずのない相手を受け入れようというのである。
怖気づかぬはずがない。

しきたりに従いアセイラムは身を清め、裸身に寝間着をまとい夫より先に寝床に身を横たえた
はずなのでのであったが、そこにはすでにjrが熟睡していた。


アセイラム「……」


これが結婚以来今に至るまで数か月ずっと続いたのである。
そう、一指ともアセイラムに触れようとはしなかったのである。

まだまだ、復讐の始まりにすぎなかった。


それは侍従たるエデルリッゾをもまた巻き込まれることになる復讐であった。



ALDONOAH.ZERO アンソロジーコミック (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
クルーテオjr「スレイン卿www今どんな気持ちかなwwww」の続きを読む

ユキ「弟の目」

1: ◆/BueNLs5lw 2015/02/02(月) 01:12:34.12 ID:TnuISCjd0

前作↓

伊奈帆「姉の腕」
伊奈帆「姉の腕」2

姉弟 たぶんエロ 16話までのネタバレ



「何が、しばらくよ……しばらくにも程がある」

とユキは思うものの、もちろん弟のせいではない。

「あなたが怒ってるのって、だいたい伊奈帆のことでよね」

隣を歩いていたライエが言った。
久々に会った彼女は、以前よりも落ち着いていた。
成長したのか。
感慨深いものをユキは感じつつ、頬を膨らませる。

「怒ってないわ、別に」

「素っ気ない挨拶に腹が立っているんでしょ」

ライエを見る。
穏やかな瞳で、口の端を少し斜めに上げていた。

「ライエちゃん……」

「あははッ……変わらないわね」

「大人をからかうものじゃないわ」

「ごめんなさい」

嫌味のない笑みを浮かべる。自らの意思でこの船に残った彼ら。
自分ができるのは補給の間だけの護衛くらいで。
何を言っても聞かない彼らに、心中穏やかではない。

「あの子、何考えてるのかな」

「本心は墓場まで持っていきそうよね」

「小さい頃はだいたい顔を見たら何を考えてるのか分かったのに……」

「それっていつくらい?」

「身長がこのくらいだった時かな?」

手のひらをライエのお腹辺りの位置に止める。

「可愛かった頃?」

「そう、可愛かった頃」

足音。
ユキは振り向いた。

「今は可愛くないってこと?」

伊奈帆が立っていた。


アルドノア・ゼロ スクエアマグネット 伊奈帆
ユキ「弟の目」の続きを読む

スレイン「レムリナ姫の頭って何かに似てる…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/07(土) 02:21:34.83 ID:QNcFMh1A0

レムリナ「…わかりましたかスレイン?」

スレイン「…はい」

スレイン(やっぱり何かに似てる…でも、何かが思いだせない)

レムリナ「どうしましたか?」

スレイン「いえ、何でもありません」

スレイン(何だろう…)じーっ

レムリナ(スレインったら、ずーっと私の方を見つめてどうしたのかしら?)

レムリナ(はっ!?まさかお姉さまから私に鞍替え!?)


【Amazon.co.jp限定】アルドノア・ゼロ 5(オリジナルデカ缶バッチver.5付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
スレイン「レムリナ姫の頭って何かに似てる…」の続きを読む

イナホ「ラッスン…ゴレライ…」ユキねぇ「…な、お……くん?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/02/04(水) 04:38:40 ID:GcP.j5Wk

うちゅーくーかん…

インコ「イナホ!撤退命令だよ!」

イナホ「…」

ユキねぇ「戻りなさい!界塚少尉!」

イナホ「…ごめん、インコ。先に戻って…」

インコ「イナホー!」

イナホ「…すぐ戻るから…」キュリッ…バシュウゥー!

スレイン(…あのオレンジの機体は…!)

スレイン「カイヅカ…イナホオォー!」ズドドドド!

イナホ「…ラッスン…ゴレライ…」キュイ…キュイキュイ…

ユキねぇ「…な、お……くん?」

アルドノア・ゼロTVアニメ公式ガイドブック (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
イナホ「ラッスン…ゴレライ…」ユキねぇ「…な、お……くん?」の続きを読む

伊奈帆「姉の腕」2

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/15(月) 21:02:33.63 ID:6lDm+evV0

伊奈帆「姉の腕」の続き
伊奈帆 ユキ エロ 近親 書きためなし 



「よお、界塚准尉」

「はい」

彼の声に、朝食の最中だったユキは立ちあがった。隣で食事していた伊奈帆も視線だけをその人物に向ける。
彼――毬戸大尉は相変わらずだらしなくネクタイを緩めて、気だるそうな顔で続けた。

「座って構わんから。今晩、連合本部の奴らと懇親会があるんだが、時間空いてるか?」

「え、そうなんですか? 聞いてませんよ」

「バカ、声がでけえ」

毬戸はユキの口を手で覆った。

「上の連中は知らねえよ。息抜きがてらどうだ」

懇親会。伊奈帆は口の中で呟く。
つまり、口実をつけての飲酒。

「こんな時に何を言って」

「分かってねえな。こんな時だからだよ。21時に迎えにいくから、部屋にいろよ」

小声で言って、彼はそそくさとその場を去って行った。

「もお、勝手なんだから」

彼の少し寄れたシャツを伊奈帆は見つめていた。


ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
伊奈帆「姉の腕」2の続きを読む

伊奈帆「姉の腕」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 02:36:17.20 ID:ieJleyK90

アルドノア・ゼロ 伊奈帆×ユキ 姉妹 エロ 短い




少年は足を止めた。抱えていたものを持ち直す。
ロックのかかった部屋の前で、中の主をインターホンで呼び出した。

「ユキ姉、いる?」

返事はない。
が、ドアはすぐにスライドした。

「なお君? どうしたのって、何持ってきたの?」

「痛み止め」

「え、なんで」

「塗るタイプと飲むタイプがあるんだけど、ユキ姉はどっちにするの?」

ユキは困惑したように、笑った。

「やーね、もしかし折れた腕のこと気にしてくれたの? 大丈夫よ、これくらい」

彼女は腕をスイングさせる。
同時に、アームから機械的な音が伊奈帆の耳を掠めた。

「ありがとう」

そう言って、ユキは弟を抱きしめようと腕を伸ばした。

「……」

彼は素早くそれを避ける。

「もお、なんで逃げるの」

「その左腕だと、精密な動作は難しいと思うから」


【Amazon.co.jp限定】アルドノア・ゼロ 3(オリジナルデカ缶バッチver.3)(完全生産限定版) [Blu-ray]
伊奈帆「姉の腕」の続きを読む

アセイラム「オナホさん、あっ!?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/01/16(金) 18:16:18 ID:7lNHfd0c

アセイラム「ご、ごめんなさい間違えてしまいました///」

イナホ「・・・・いえ、慣れてますから」

ALDNOAH.ZERO アンソロジーコミック 2巻 (まんがタイムKRコミックス)
アセイラム「オナホさん、あっ!?」の続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 11月 【147件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: