FC2ブログ


シノア「シノアちゃんの制服姿に?萌え死にしそうだよお?」優「ああそうだな」R-18

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 02:42:33.92 ID:CAhFAo9Q0

シノア「――え?」

優「だ か ら ヤ ら せ ろ」

シノア「」

シノア「…………へ?あ、いや、その」

優「あ?」

シノア「優さん!?え、と……と、とにかく落ち着きましょう?ね?」

優「元はと言えばお前が悪いんだぞ」

シノア「(否定出来ない……)い、いつの事かな?、なんて」

優「覚えてないなら思い出させてやるよ」

優「あれは俺が殲滅部隊配属直後の話――」


終わりのセラフ 第3巻(初回限定生産)(特典ミニサントラCD付) [DVD]

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 03:00:34.31 ID:CAhFAo9Q0

シノア『童貞は悪ですよ』

優「それを言われたその日からお前を意識する様になった――いや意識したのはそれからだが初対面時点で顔は可愛いと思ってたけど」

優「まあ、あれだ。最初はいけ好かない奴だと思ったが、性格も結構可愛い奴だったとその一言で思った」

優「これが理由だが」

シノア「(いやいや回想短すぎでしょ!?)まあまあ、一回冷静になりましょ?」

優「俺は一回ヤると決めた事は譲らない性格なもんでな」

シノア「」

優「それともナニか?お前、俺に大口叩いといて処女、なんて事ないよな?」

シノア「うぐっ……」

優「図星かよ……まあいいか。初体験同士仲良く ヤ ろ う ぜ ?」

シノア(こ、このままでは流れに呑まれてしまう……はっ!そ、そうだ私は重要な事を忘れていたではないですか!)

シノア「うーん、残念ですが電車が来ちゃいますしー」

優「へえ……電車プレイしたいのか」

シノア「へ!?」

優「痴漢プレイが出来ないのは残念だが、確実に二人きりだしな」

優「お前も口では否定しながらとんだ淫乱女だな」

シノア(――あれ?)

シノア(詰んだ!?)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 03:23:38.75 ID:CAhFAo9Q0

優「そんな訳で電車にも乗り込んだ訳だが」

シノア「どんな訳ですか!?」

優「今、お前はじわじわと壁まで追い込まれてるんだが案外余裕だな」

シノア「むぐぐ……」

シノア(逃げようと思えばいくらでも手段はあるのに……か、体がすくんで……)

優「でも余裕な割には……」

トン

優「あっさり追い込まれてるな」

シノア「えと、えと、その……」

シノア(か、壁ドン!?あの優さんが!?どこでそんなスキルを……)

優「おい」

シノア「は、はいぃ!?」

優「……今なら逃げてもいいぞ」

シノア「――え?」

優「そこまで嫌がられちゃ、無理強いはやっぱりな……」

シノア「ふ、ふふっ今更怖じ気ついたんですね~?」

シノア(よく分からないですけど、ここは形勢逆転のチャーンス。ならば一気に……)

優「…………好きな奴を無理やり犯す趣味なんて俺にはないからな」

シノア「――へ?い、今……なんて……」

シノア(え?え?今、優さんはなんて……好き!?)

優「お、お前の事好きなんだよ……だから、嫌ならさっさと鳩尾決めるなり何なりして逃げろっての……ったく」

シノア「」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 03:38:47.33 ID:CAhFAo9Q0

シノア「い~いやいやちょっと待ってください!」

優「んだよ」

シノア「好きになったって、まさかあの一言が原因ですか!?」

優「まあ、それもある」

優「だが本当の原因は今朝――」

シノア『嫌っ!やめてください!』

男『いいじゃねーかよお、お嬢ちゃん』

男2『せやせや。なあ、おっちゃん達とスケベしようや……』

シノア『嫌あ!やめて!嫌ああああああああ!!』

優『――――はっ!夢か』

優『……ああ、これは』

優『この胸が張り裂けそうな感じ』

優『これが……これが恋っ!』

優「……と言う訳だが」

シノア「優さーん!?」

シノア(なんて夢見てるんですか優さんは!は、恥ずかしいじゃないですか……)

シノア「と言いますか優さん?その夢と恋となんの関係g」

優「大有りだっ!」

シノア「!?」

優「お前が犯されてるのを見て胸が痛んだ、胸がきゅっと締め付けられる様な感覚がした!」

優「そして何も出来ない俺が腹立たしかった!本当は早く助けて抱き締めてやりたかった!」

優「……これじゃ、ダメか?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 04:01:02.94 ID:CAhFAo9Q0

シノア「……」

シノア(なんなんですか今日の優さんは!?いきなり迫ってきたと思ったら逃げろだのと言い出し、挙げ句の果てには告白!?)

優「で?」

シノア「はい?」

優「逃げるのか逃げないのか、そろそろ決めてもらいたいんだが」

シノア(どうしましょうどうしましょう!?)

優「……ごめんな」

シノア「ふぇ?」

優「突然迫ったりして」

シノア(いきなり謝りだし……って)

シノア(あ、頭撫でられてる……)

優「怖かった、よな?お前だって女の子だもんな」

シノア(手、意外と優しい……)

シノア(今まで優さんを男として意識した事、一度もなかったですけど……顔、意外と整ってますし、目も澄んでて……)

シノア(ぶっきらぼうで、他の人と比べると表情を変える事も少ないです、すぐ一人で突っ走っていくお馬鹿さんです。けれど本当は誰より仲間を大切にしていて、命を懸けて誰かを守る……)

シノア(そうだ、私が優さんにばかりちょっかいを出したりからかっていたのも……私は、優さんの事が――)

シノア「わ、私……」

シノア「私も、優さんの事――」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 14:00:45.47 ID:CAhFAo9Q0

シノア「私も優さんの事が……好きです、大好きです」

優「シノア……じゃあ」

シノア(ようやく気付きました。私は、優さんを、一人の男性、百夜優一郎として大好きなんだ)

シノア「ええ、優さんの好きな様にしてもらって……いいですよ?」

優「……いいんだな?逃げたくなっても、もう止まらないからな」

シノア(その強気な言葉とは裏腹に、優さんは優しく私を抱き締めて)

シノア「ちゅ……んっ……んんっ……」

シノア(甘いキス、とはよく言いますが、その表現もあながち間違ってないかも知れません)

シノア「んっ……ぷはぁ!……はぁ、はぁ」

優「可愛いぜ、シノア」

シノア「はぅ……いきなり名前呼びとか、卑怯です……」

優「ん?さっきも言ったんだけど、気付かなかったか?」

シノア「あ、あれー?そうでしたっけ?」

シノア(どうしてそんな重要な事忘れてるんですか私いいい!)

優「んー、そうか…………なら本番はお預け、だな」

シノア「そんなあ……」

優「最初に名前呼びしたのに気付かなかったお仕置きだ」

シノア「優さんのイケズう!」

優「いつもやられてた分の仕返しと思えば小さいもんだろ?」

優「それに困った顔のシノアを見るのも面白そうだしな」

シノア「優さんのイジワルぅ!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/19(火) 14:43:26.60 ID:CAhFAo9Q0

与一「あ、優くん!」

士方「おせーよバカ優」

優「バカ優言うな」

シノア「……」

シノア(本当にあの後何もされなかった……)

優「それにしても、ありゃなんだ?」

シノア「……」

優「なあ、シノアはどう思う?」

与一「!?」

士方「!?」

シノア「え!?」

与一「今、優くん……」

士方「な、名前で……」

優「あっ」

優「……まあ、あれだ。仲間同士名前で呼びあった方がいいと思ったからだ。な、シノア」

シノア「え、あ、そ、そうですね」

与一(確実に『あっ』って聞こえたんだけど)

士方(そっとしておいてやれ)

優「で、結局あれはなんなんだ?」

与一(話逸らしたよね?)

士方(そっとしておいてやれ)

シノア「そ、そうでしたね。多分新しい仲間じゃないですかね」

優「ふーん」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/20(水) 02:18:48.91 ID:NSJW4f8Y0

三葉「なんで寄りによっていっつもヘラヘラしてる柊シノアがリーダーなんですか!納得いきません!」

グレン「お、全員揃ったな」

三葉「現れたな、柊シノア!」

シノア「……はぁ」

三葉「なんだその態度は!ええい、今日という今日は問答無用だ!」

シノア(……今日だけはあまり突っ掛かって来ないでほしかったんですが……)

シノア「仕方ないですねみっちゃんは……ん?」

シノア(武器を出してちょっとだけ付き合おうと思うと、優さんがおもむろに近付いてきました……何でしょうか?)

優「…………今やり合ったら、後でヤる時本番無しな」

シノア「な!?……うぅ……す、すみませんがやる気が失せたので今日はパスします」

シノア(私にしか聞こえない声で、甘く囁くだなんては、反則ですっ!)

三葉「何だと!?私の決闘を断るなど言語道d……きゃうっ!」

グレン「俺にとっちゃお前の行動の方が言語道断だけどな……と言うか、おい」

シノア「はい?」

グレン「顔が赤いが、熱でもあるのか?」

シノア「あ、ありませんっ問題ないです!」

シノア(一番バレたくない人にはバレてないみたいで助かりました……)

グレン「……」

優「?」

シノア(チラッと優さんの方を向いたのは気になりますが……)

グレン「それじゃ移動するぞー」

三葉「あ、ちょ、引っ張らないでください!引っ張らないでくださいってばー!」

シノア(それにしても、みっちゃんは相変わらずみっちゃんですね)


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/21(木) 15:52:21.20 ID:jH3Gn0aL0

グレン「この辺からは吸血鬼が出てくる可能性があるから気ぃつけろよ」

優「馬鹿グレンにしちゃやけに優しいな」

グレン「こんなとこで死なれちゃ俺の評価が駄々下がりだからな」

優「そうかよ」

シノア(とか言ってますけど、本当は心配性なだけなんですけどね)

シノア(……それはともかく)

シノア「んぅ……」

グレン「おいおい、お前やっぱり体調悪いんじゃねーのか?」

シノア「だ、大丈夫ですよっ」

優「…………ふーん?」

シノア(ムズムズします……どことは言いませんが)

グレン「まあその辺はいつも監視されてるお前がちゃんとフォローしろよ?これから俺は別の部隊に合流しないといけないからな」

優「俺が?まあ、いいけどよ」

グレン「んじゃ、精々生き延びろよ」


優「そう簡単に[ピーーー]るかっての」

士方「俺が思うにはお前が一番早死にしそうだけどな」

優「あ?」

与一「ま、まあまあ二人共」

三葉「無駄口を叩く暇があるならさっさと行くぞ」

シノア「皆さん、油断禁物ですよー?……ん?」

シノア(……何やら嫌な気配がしたような)

優「どうした?」

シノア(気のせい……いや、違う!これは――)

シノア「……どうやら早くも戦闘になりそうです」

与一「え?」

士方「さっそくお出ましか」

優「――やっと、この手で……殺せる!」

三葉「お前ら!陣形を崩すなよ?」

優「分かってる」


優「――百夜優一郎、抜刀!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/22(金) 16:42:18.11 ID:YqPdEnCoO

シノア(……吸血鬼とは言え、普通の二級装備吸血鬼と比べても弱いですし、あまり問題はなさそうですね)

シノア「はっ!」

二級装備吸血鬼(以下二級)「ぐあっ」

シノア(優さん達も問題ないみたいですね)

優「手応え無かったな」

士方「まあ偵察隊ってとこだろ、感付かれたから攻撃してきたんだろ」

与一「びっくりした……」

三葉「ふん、あんな雑魚共ごときで苦戦していては二級装備の攻撃部隊にすら勝てないからな」

シノア「ふふっ皆さん余裕そうですねー」

優「そういうシノアが一番余裕そうに殺ってたけどな」

シノア「あら、そうでした?」

シノア(やっぱり名前呼びは慣れないですけど、嬉しいですね)

士方「だが弱すぎて逆に罠、なんて事無いよな?」

シノア「一応警戒はしてますけど、大丈夫じゃないですか?」

三葉「だとしても警戒は怠るな!慢心がチームを全滅させるんだぞ!」

シノア「分かってますよー」

シノア(ただ、気配も感じないですし)

三葉「……っ!待て!」

優「どうした?」

三葉「しっ!静かにしろ」

シノア「…………」

三葉「ちっ今度はヨハネの四騎士だ」

シノア(私は気付かなかったけれど……ふふっ流石、みっちゃんですね)

与一「まだこっちには気付いてないみたいだけど……」

三葉「二手に別れて隠れろ、ここで相手にすると敵本隊に気付かれかねない」

シノア「……分かりました。私は優さんと東側の廃墟ビルに隠れます」

優「……」

三葉「分かった。私たちは逆方向のビルに隠れる、良いな?」

士方「ああ」

与一「あ、う、うん」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/23(土) 21:16:40.40 ID:g8rzcJBT0

優「…………行ったか?」

シノア「みたい、ですね」

優「で、だ」

シノア「はい?」

優「なんで腕に絡み付いてるんだ」

シノア「ダメですか?」

優「いや、そういう問題じゃないんだが」

シノア「……」

優「……そんな目で見てもd」

三葉「こんの馬鹿者めが!お前私のむ……胸を触ったな!」

与一「ごめんなさいわざとじゃないんですー!ちょっと躓いた拍子に……ああっごめんなさい殴らないで!」

優「アイツらは何やってんだ……」

シノア「みっちゃんは怒りっぽい性格ですからね。まだしばらくは落ち着かないですねー」

優「……じゃあ、今ヤるか?」

シノア「今ですか!?」

優「そう言いつつずっと期待してた癖に」

シノア「し、仕方ないじゃないですかっ!」

シノア(焦らされてる間ずっと二人きりになりたいと思ってたんですから)

優「んじゃ早速」

クチュ

シノア「ひぁっ!」

優「……シノア、お前本当に淫乱みたいだな」

シノア「い、淫乱じゃないです……」

優「へえ?じゃあこれはどうだ?」

優さんはそういうと両腕をスカートの中に入れ、私のパンツを下に降ろす。
既に濡れてしまっていた私の秘部からは糸みたいに汁がパンツに滴っていて、凄く恥ずかしいです……

シノア「うっ、いざヤるとなると、その……」

優「緊張するってか?」

シノア「うぅ……」

優「全く、いつもの小悪魔シノアちゃんはどこにいったのやら……優しくするから、少し力抜け」

シノア「は、はい……」

優「本当はもっとムードとか、必要かも知れないけどあっちに気付かれるのも面倒だし一回だけな……じゃあ、挿れるぞ」

優さんは私を抱き寄せ、片足を持ち上げてからぺニスをあてがう。

ズプッズブブ

シノア「あっ……くっ、う……」

優「……大丈夫か?」

シノア「大丈夫、です。初めて、なので痛いだけ……です」

優「なら、一気にいくぞ」

シノア「はぁはぁ、良いですよ」

優「よっ……とっ!」

シノア「ああっああああああっ!ひ……あ……あぐぅ!くぅ!」

スブッブチブチ……ズブン

一気に激痛と快感が押し寄せてくる。
二つの刺激を同時に処理出来ず、頭が混乱して真っ白になる。
何も……考えられないくらい、真っ白に。


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/23(土) 21:46:02.25 ID:g8rzcJBT0

優「……どうだ?動いても大丈夫、か?」

考えるのが面倒になるくらい、頭が真っ白だ。
動いて良いとか良くないとか、そんなのはどうでも良い。
今はただ……

シノア「優さんで……私の中を満たして……くださいっ」

優「そんな可愛い事言われたら、断れる訳……ないよな!」

パンッパンッパンッパンッ

シノア「あっあっあっ、優さん!優さん!!」

一回突かれる度に、私の中は優さんで満たされていく。
まだ痛みはある。けれど、それ以上に私は満たされている。

優「可愛いぜ、シノア」

シノア「優さ、ん!好き!あっあっ!大好きぃ!」

優「俺も大好きだ、シノア!」

シノア「あんっキス……して……」

優「ああ」

全身がものすごい早さで満たされていく。
その度に全身が痺れる様な感覚になる。

シノア「あっあんっ!ゆ……さん、私もうイきそっ……です……!」

優「俺も、そろそろ……」

シノア「あっああん!気持ちいい!気持ちいいれふ優ひゃん!」

優「だ、出すぞ!シノアああああああっ!」

シノア「あっ……ああ……出てりゅ……優ひゃんのせーえき、わらひのナカにぃ……」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 01:45:53.05 ID:p+BKQwSo0

数分後

シノア「…………」

優「いや、その」

シノア「…………」

優「あ、あれは事k」

シノア「はい?」

優「すいませんでした」

シノア「あのですね優さん、優さんは中出しの危険性は分かってますか?」

優「一応漫画で多少は」

シノア「優さんはバカですかアホですか死ぬんですか!?なんでよりにもよって一番駄目なものを……」

優「でもグレンには『保健の教科書より分かりやすい(何が分かりやすいとは言ってない)、人生の為になる一冊』ってグレンにしては珍しくクソ真面目な顔して薦めてきたから読んで実践を……って騙されたのかよ俺!?」

シノア「普通は騙されませんけどね?」

優「うぐっ……悪かったよ、今度はもう少し考えてヤってみる」

シノア「――でも、さっきのは悪くなかったですよ」

優「マジか」

シノア「まだまだですけどね……っと、一通り終わりましたし三人と合流しましょうか」

優「ん、そうだな」


 


三葉「ふん、予想外に時間を喰ってしまったから早く行くぞ」

シノア「はいはい……ところでみっちゃん、顔が赤いですけど、ナニかありましたぁ?」

士方「」ビクゥ!

与一「」ビクゥ!

優(お前らが反応してどうする……)

三葉「な、何もない!」

シノア「」ニヤニヤ

三葉「ええい!さっさと行くぞ!吸血鬼共を殲滅だ!」

優「まあ、取り敢えずヤっちゃったならそれなりの責任は取ろうな?」

士方「チクショウ!この恨み(逆ギレ)、必ず晴らしてやるっ!」

与一「(白目)」

優「おーい大丈夫かー?」

シノア「まあ、大丈夫ですよ」

シノア(ふふ……面白い事になりそうですね)


 


なお、この後しばらく対吸血鬼戦において三葉、士方、与一が無双し続けたのはまた別の話である


-終わりのセラフ-


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 01:51:07.95 ID:p+BKQwSo0

続きを待っていた方は申し訳ない……結局エロ描写が凄まじく向いてないのが分かってしまったので閉じざるおえないと判断し、独断で終わらせていただきました

応援してくれた方、本当に申し訳ない

そして心より見てくださった方へ感謝申し上げます、本当に、本当にありがとうございました!


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 01:59:33.12 ID:NRsuggero

まさか戻ってくるとは
とりあえず乙



300ピース ジグソーパズル 終わりのセラフ 優一郎&ミカエラ(26x38cm)
300ピース ジグソーパズル 終わりのセラフ 優一郎&ミカエラ(26x38cm)
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2015/08/01 21:00 ] SS一覧 終わりのセラフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: