fc2ブログ


アルミン「できたよ!尻尾だ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:10:41.61 ID:iQqiNUW10

エレン「は?なんだよそれ?」

アルミン「いいかい?これを尾骶骨に当てると、その人の感情を読み取って尻尾が動くんだ。」

エレン「はあ?まじかよ?」

アルミン「本当さ、見ててよ。こうやって尻尾を当てると・・・。」

エレン「おお尻尾が動いた!」

アルミン「ほら、フリフリしてるだろ?これは僕が今楽しい気持ちだからさ!」

エレン「自分で動かしてるとかじゃなくて?」

アルミン「じゃあエレンにも試してみようか?」

エレン「ああ、いいぜ、ほれ。」

アルミン「・・・いや、エレン、別にお尻を出す必要は無いんだよ。尾骶骨に当てるんだから。」



進撃の巨人(13)

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:12:27.39 ID:iQqiNUW10

エレン「ああ、そうか。」

アルミン「うん。じゃあ当てるよ。」

エレン「おお!すげえ!フリフリしてるぞ!」

アルミン「はは!エレンも楽しいんだね!」

エレン「おう!俺楽しいぜ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:14:38.50 ID:iQqiNUW10

エレン「なあ、これ他の奴にも試してみないか?」

アルミン「いいね。面白そうだ!」

エレン「よっしゃ!早速行こうぜ!」

アルミン「うん!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:18:10.99 ID:iQqiNUW10

コニー「はあ~、何か暇だな~。」

エレン「お~い、コニー!」

コニー「おう、エレン。どうした?」

エレン「ちょっと、尻尾つけさせてくれよ。」

コニー「ちょっとよくわからねえな。」

アルミン「それはコニーがバカだからだよ。」

コニー「ああ、そういうことか。」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:20:43.88 ID:iQqiNUW10

コニー「ところで、何だよ尻尾って?」

エレン「この尻尾をつけるとな、そいつの感情がわかるんだ。」

コニー「へ~、そいつはすげえな。」

エレン「だからさ、ケツ出せよ。」

コニー「は?」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:29:28.17 ID:iQqiNUW10

エレン「だからさ、ケツ出せって言ってんだよ。」

コニー「・・・いや、それは嫌だわ。」

アルミン「いいじゃないか別に。」

コニー「絶対ヤダ!」

エレン「仕方ないな・・・。おいアルミン、押さえてろ。」

アルミン「わかった。」

コニー「おい、何する気だ!?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:37:55.63 ID:iQqiNUW10

エレン「おい動くなよ!」

コニー「ふざけんな!」

エレン「よし、脱がした!」

コニー「うわあ!」

アルミン「エレン、早く!」

エレン「わかってる、けどコニーが暴れるから、当てていられねえんだ!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:45:22.45 ID:iQqiNUW10

エレン「ああ、もうめんどくせえ、おら!」

コニー「アッー!!」

エレン「よし、どうだ?」

アルミン「え~と、この状態は悲しみを表してるんだ。」

エレン「そうか!コニーお前悲しんでるのか!」

コニー「うう・・・。」

アルミン「よし、じゃあ次だ!」

エレン「おう、それじゃコニー、返してもらうぜ!」

コニー「ヌオー!」

エレン「ちゃんと消毒しとかねえと。」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:48:15.76 ID:iQqiNUW10

ライナー「今日はいい天気だな。」

ベルトルト「そうだね。」

エレン「お~い、ライナー、ベルトルト!」

ライナー「よう、エレン。何か用か?」

エレン「ああ、ちょっと尻尾付けさせてくれよ。」

ライナー「ん?どういう意味だ?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/09(日) 23:57:12.93 ID:iQqiNUW10

エレン「説明するのは面倒だから、とりあえずケツ出してくれ。」

ベルトルト「エ、エレン、いったい何を言ってるんだ・・・。」

ライナー「オーケー、わかった。」

ベルトルト「ライナー!?」

ライナー「出したぞ?どうするんだ?」

エレン「こいつ、こうするんだ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:04:13.41 ID:Y/v+/t4G0

ライナー「アッー!急にはやめてくれよ。」

エレン「ああ、わりい。」

アルミン「うーん、ライナーは普通かな~。」

ライナー「そうか。」

ベルトルト「いや、何で普通なのさ。」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:08:38.77 ID:Y/v+/t4G0

エレン「次はベルトルトだ!」

ベルトルト「え、いや、僕はいいよ。」

ライナー「遠慮するな。」

ベルトルト「するよ!」

エレン「ライナー、それ返してくれ。」

ライナー「おう、ほらよ。」

エレン「よしいくぞ!」

ベルトルト「ちょっ、汚いからそれ!」

エレン「消毒するのも面倒なんだよ。」

ベルトルト「だからって、あんまりだ!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:11:11.78 ID:Y/v+/t4G0

アルミン「逃がさないよ。」

ベルトルト「アルミン!」

ライナー「楽になれ。」

ベルトルト「ライナー!どうしたっていうんだ!?」

エレン「おら、早くケツ出せよ!」

ベルトルト「や、やめろ!うわあ。」

エレン「そいや!」

ベルトルト「アッーーーーーー!!!!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:13:52.82 ID:Y/v+/t4G0

アルミン「次は誰にしようか。」

エレン「そうだな、お、あそこにジャンとマルコがいるぞ。」

アルミン「彼らにも協力してもらおう!」

エレン「おい、ジャン、マルコ!」

ジャン「あ?何だエレン、俺たちに何か用か?」

エレン「ああ、ケツ出せ。」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:17:14.84 ID:Y/v+/t4G0

マルコ「あの、エレン、何をいってるのかさっぱりわからないんだけど。」

エレン「いや、思ったんだけどさ、別に相手が理解する必要は無いと思うんだ。」

アルミン「そういえばそうだね。」

マルコ「いや、それは違うんじゃないかな。」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:20:08.10 ID:Y/v+/t4G0

エレン「ほら、ジャン、ケツ出せよ。」

ジャン「はあ?何言ってんだ?なんでこんなところでケツを出さなきゃいけないんだ?」

エレン「なんでかわかんねえけど、みんなそういうんだよな。」

マルコ「エレン?」

エレン「しゃあねえな、そいやっさ!」

アルミン「す、すごい!ジャンのお尻を一瞬で曝け出した!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:23:46.99 ID:Y/v+/t4G0

ジャン「て、てめえ、何しやがる!」

エレン「あらよっと!」

ジャン「アッー!」

アルミン「慣れたもんだね。」

エレン「まあな!」

ジャン「ちくしょ~!おい、離せ!」

マルコ「まずいよジャン、ここには人がたくさんいる・・・。」

ジャン「おい、早く離せって!」

エレン「アルミン、これは?」

アルミン「これは・・・、恥ずかしいって感情を表してるよ!」

エレン「そうか!ジャン!お前恥ずかしがってんのか!」

ジャン「当たり前だろうが!」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:27:26.64 ID:Y/v+/t4G0

エレン「よし、次はマルコだ!」

マルコ「え、僕は遠慮しとくよ。」

エレン「ベルトルトもそう言ったけどな、そんなこと言っても無駄だぞ!」

マルコ「そ、そんな・・・。」

アルミン「いや、エレン、マルコはいい。」





20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:29:50.76 ID:Y/v+/t4G0

エレン「何でだ?」

アルミン「今まで男しかやってないだろ?今度は女にしようよ。」

エレン「そうか、それもそうだな。」

マルコ「ほっ・・・。」

エレン「早速探しに行こうぜ!」

アルミン「ああ、さっきまでギャラリーがいたからね、すぐに見つかるさ!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:31:47.35 ID:Y/v+/t4G0

ユミル「やべえぞ、もっと速く走れ、クリスタ!」

クリスタ「うん!あんな目には遭いたくない!」

ユミル「男にケツの穴を見られるなんて、死んでもごめんだ!」

クリスタ「あんなの、ミカサぐらいしか引き受けないよ!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:34:03.28 ID:Y/v+/t4G0

アニ「・・・。」

ユミル「おい、アニ!」

アニ「どうしたのさ、そんなに慌てて?」

ユミル「説明してる時間は無い!速く女子寮に逃げろ!」

アニ「?」

クリスタ「ユミル!」

ユミル「ああ!じゃあな、アニ!」

アニ「うん。」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:35:46.95 ID:Y/v+/t4G0

アニ「なんだったんだろ・・・。」

エレン「いたぞ!アニだ!」

アニ「あ、エレン。」

エレン「アニ、ケツ出せよ!」

アニ「・・・・・・。」

エレン「どうした?」

アニ「いや、聞き間違いかな、って。」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:39:23.19 ID:Y/v+/t4G0

エレン「ケツ出せって言ったんだよ。」

アニ「・・・・・・。」

エレン「そいや!」

アニ「!!ちょっと、何すんの!?」

エレン「さすが、反射神経がいいな。だけど・・・。」

アルミン「今度は僕が押さえておくよ。」

アニ「アルミン!」

エレン「よし、いくぞ。それ!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:41:30.63 ID:Y/v+/t4G0

アニ「なっ、やめろよ!」

エレン「・・・・・・。」

アニ「離せ!」

アルミン「エレン!早く!」

エレン「なあ、アルミン、どういうことだ?」

アルミン「え?」

エレン「女にはケツの穴が2つあるのか?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:45:42.94 ID:Y/v+/t4G0

アニ「おい、そこは違うって!」

アルミン「そんな・・・、初めて聞いたよ・・・。」

エレン「俺は父さんから、そんなこと聞いたことがねえ。」

アルミン「まさか、イェーガー先生も知らなかったのか?」

アニ「やめろ、見るな!」

エレン「ここに尻尾を付けたら、どうなるんだろうな・・・。」

アルミン「わからない・・・。ただ・・・。」

エレン「ただ・・・、何だ?」

アルミン「僕たちは今それを確かめられる!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:46:57.37 ID:Y/v+/t4G0

アニ「おい、そこは違うって!」

アルミン「そんな・・・、初めて聞いたよ・・・。」

エレン「俺は父さんから、そんなこと聞いたことがねえ。」

アルミン「まさか、イェーガー先生も知らなかったのか?」

アニ「やめろ、見るな!」

エレン「ここに尻尾を付けたら、どうなるんだろうな・・・。」

アルミン「わからない・・・。ただ・・・。」

エレン「ただ・・・、何だ?」

アルミン「僕たちは今それを確かめられる!」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:52:27.88 ID:Y/v+/t4G0

エレン「ふ、そうだな、じゃあ、早速・・・。」

アニ「ねえ、やめて・・・。」

エレン「おら!」

アニ「んんんん!!!」

エレン「おお、ケツより鈍いけど、ちゃんと動くぞ!」

アルミン「これは・・・、怒りと悲しみと、悔しさかな?」

エレン「アニ・・・、お前さ・・・、そういう悩み抱えてんなら相談しろよ。な?」

アニ「うっ、うっ・・・。」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 00:57:54.91 ID:Y/v+/t4G0

エレン「さてと、次行くか。」

アルミン「そうだね。」

ベルトルト「見つけたぞ!」

エレン「ベルトルト?」

アルミン「悪いけど、君はもういいよ。」

ベルトルト「君たちは、なんてことをしているんだ!」

エレン「何って、尻尾つけてんだよ。」

ベルトルト「人の尻にそんなのぶっ刺しておいて、相手の気持ちを考えろよ!」

エレン「気持ち?別に、大したことじゃねえだろ。」

アルミン「ねえ?」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 01:01:10.42 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「何だと・・・。おい、そこにいるのは・・・、まさか、アニか!?」

エレン「ああ、そうだ、聞いてくれよ、女にはケツの穴が2つあるんだ!」

ベルトルト「なっ!?」

エレン「んで、そのもう一つの穴に付けたんだ。ただそれだけだ。」

ベルトルト「そrだけって、それがどういうことかわかってるのか!」

アルミン「?」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 01:03:44.66 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「女の子にとっては、とても大切なものを、君たちは奪ったんだぞ!」

エレン「え?そうなのか?」

ベルトルト「くそ!もういい、話にならない!君たちのことは教官に報告する!」

アルミン「そんなことしても、どうにもならないよ。」

ベルトルト「うるさい!」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 01:06:22.37 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「さあ、アニ、行こう。」

アニ「うっ・・・、うん・・・。」

ベルトルト「これ、抜くよ・・・。」

アニ「うん・・・、そっとね・・・。」

ベルトルト「わかった。」

エレン「おい、それ返せよ。」

ベルトルト「これは教官に預けておく!」

アルミン「何なんだよ・・・。」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 01:09:53.14 ID:Y/v+/t4G0

~後日~

キース「これより、イェーガー訓練兵、並びにアルレルト訓練兵に対し、公開尋問を執り行う!」

エレン「なんだよ、大げさだな。」

アルミン「そうだよね。」

ベルトルト「検察側、準備完了です。」

ミカサ「弁護側、準備完了しております。」

キース「それでは、開廷!」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:19:22.42 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「エレン、アルミン、君たちは尻尾を付けるとかいうふざけた理由で、みんなにひどいことをした、そうだね?」

エレン「まあ、遊び心があったのは確かだけどさ。」

アルミン「でも、そんなことをいちいち言えば、日常での出来事なんてそんなことばかりじゃないか。」

ベルトルト「そんなわけあるか!」

ミカサ「ベルトルト、感情的になってはいけない、エレンはそんな人じゃない。何か理由があるはず。」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:27:08.05 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「それでは、被害者の声を聞いていきましょう。まずはコニー。」

コニー「ああ、俺は尻尾を付けるからと言われてよ、無理やり脱がされて、そんでケツにぶちこまれたんだ。」

エレン「それは、コニーが暴れたから、そうしたほうが早いと思ってよ。」

コニー「別にケツにぶち込む必要は無かったんじゃねえか!」

エレン「そうだけどさ・・・。」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:33:09.13 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「次、僕とライナーだ。」

ベルトルト「僕の時は、大体はコニーと同じだ。」

ライナー「俺も、急にされて驚いたな。」

ベルトルト「そういえばライナー、なんで君はあんなことをされて平気だったんだい?」

ライナー「え?何かおかしいのか?」

ベルトルト「だって、お尻に尻尾を突っ込まれて、怒るなり悲しむなりするだろ?」

ライナー「いや、別に・・・。」

ベルトルト「そんなはずはない!だって・・・。」

ミカサ「ベルトルト、それ以上は無駄。ライナーはホモ。今はそれで十分。」

ベルトルト「・・・そうだね。」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:38:10.57 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「それじゃあ、次はジャン。」

ジャン「俺は、ケツに尻尾をぶち込まれた。大勢の人がいる前で!」

ベルトルト「そう、ジャンは人としての尊厳を奪われたんだ。」

アルミン「そんなことで、無くなる尊厳なんて元々無いようなもんだろ。」

ジャン「なんだとてめえ!」

ベルトルト「落ち着け、ジャン。」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:43:15.81 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「さて、次だけど、本人が精神的に深く傷ついているため、本日は出席していません。」

ベルトルト「詳細は話せませんが、それだけのことを彼らはしたのです。」

エレン「そんな大したことか?」

ベルトルト「エレン!君はもっと相手を思いやる気持ちを持て!」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:51:30.26 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「君たちだって、無理やりお尻に物を突っ込まれたら、嫌がるだろう!」

エレン「別に。」

アルミン「うん、日常にありふれたことだよ。」

ベルトルト「何だと・・・!?」

エレン「ケツに物を入れるなんてよ、物心ついた時から誰だって経験するもんだろ?」

ベルトルト「・・・・・・。」


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:53:57.21 ID:Y/v+/t4G0

エレン「おい、何だよ。俺何か変なこと言ったか?」

ベルトルト「ミカサ・・・、彼に・・・、教えてやってくれ・・・。」

エレン「ミカサ、どういうことだ?」

ミカサ「・・・エレン、それは間違っている・・・。」

エレン「!?」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 09:57:53.11 ID:Y/v+/t4G0

エレン「何言ってんだよ!そもそも、それを教えてくれたのはミカサだろ!」

ミカサ「そう・・・、でも嘘なの・・・。」

アルミン「どういうことだ・・・。」

ミカサ「異性が強く結ばれる方法を・・・、カルラおばさんに聞いた。」

エレン「母さんに!?」

ミカサ「その・・・、恥ずかしくて詳しくは言えないけど・・・、穴に入れるってことは確か。」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:01:07.45 ID:Y/v+/t4G0

ミカサ「でもそれをして、エレンに嫌われたくなかった。だから・・・。」

ベルトルト「行為自体が日常的なものだと偽ったのか。」

ミカサ「そう・・・。」

アルミン「じゃあ、親友だからって、エレンが僕にしてきたことは・・・。」

ミカサ「あれは本来異常なこと。」

エレン「なっ・・・。俺たちは・・・、今までなんてことを・・・。」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:10:39.43 ID:Y/v+/t4G0

ベルトルト「わかったかい?自分たちの行いが、どれだけひどいものか・・・。」

エレン「ああ・・・、確かにひどいよな・・・。気持ち悪いよ・・・、俺。」

アルミン「僕は・・・、最低な人間だ・・・。」

ライナー「・・・気づいたなら十分だ。」

エレン「ライナー?」

ライナー「自分の過ちに気づいた。それだけでも十分だ。」

ライナー「それに・・・、別に異常じゃあないんじゃないか?」

エレン「え?」

ライナー「ケツの穴に入れたい。そう思っている人間は、少数ながら必ずいる。」

エレン「そうなのか!」

ライナー「ああ、今までの行為は否定しても、お前という人間を否定することはねえよ。」

アルミン「ライナー・・・。」

ライナー「なに、罪を憎んで人を憎まず、ってな。」


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:14:42.89 ID:Y/v+/t4G0

ミカサ「ライナー・・・。」

ライナー「ミカサ、エレンは普通な奴だよ。」

ミカサ「気持ち悪い。」

ライナー「は?」

エレン「お前、やっぱりホモなんだな。」

アルミン「僕たちはホモじゃないよ。」

ライナー「おい、俺はお前たちを擁護してるんだぞ!それに、性的マイノリティを否定するな!」

ベルトルト「ライナー、君のことはいい。ここはエレンとアルミンについて話す場だ。」


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:18:24.29 ID:Y/v+/t4G0

キース「それでは判決を言い渡す!」

キース「イェーガー訓練兵、アルレルト訓練兵、そしてアッカーマン訓練兵には、1ヶ月間の懲罰房行きを命じる!」

ミカサ「教官!私が罰を受けるのはいいですが、なぜライナーは罰を受けない!ホモなのに!」

キース「ホモであることに、なんの罪も生じない。」

ミカサ「・・・・・・。」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:23:26.75 ID:Y/v+/t4G0

エレン「なあ、ベルトルト。」

ベルトルト「何だい?」

エレン「アニにさ。伝えてほしいことがるんだ。」

ベルトルト「何を?」

エレン「そのさ、尻尾は奥までねじ込んではないんだ。」

ベルトルト「?」

エレン「つまりな、無理やり奥までねじ込むと痛いだろうからさ、入り口に引っ掛ける程度にしたんだ。」

ベルトルト「・・・そうかい。」

エレン「ああ、それでアニの気持ちが楽になるかはわからないけど、伝えてくれ。」

ベルトルト「わかったよ。」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:37:00.11 ID:Y/v+/t4G0

その後、3人は懲罰房にぶち込まれた。

エレン、アルミンは深く反省した。



アニはベルトルトに支えられながら、ゆっくりと日常生活に戻っていった。

最近アニは明るくなり、女子たちにこんなことを言っていた。

アニ「あれはさ、喪失って言わないんだ。本当のはもっと深く挿し込まれるんだ。」

そういえば、ベルトルトとよく話すのを見かける。



ライナーはというと、ホモであることを気持ち悪がられて・・・。

ということはなく、みんな受け入れてくれた。

本当の自分が受け入れられて、ライナーは嬉しそうだ。


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 10:40:19.76 ID:Y/v+/t4G0

尻尾はというと、本当に必要とする人のところに送られたらしい。一体誰だろう?



ハンジ「うっひょおおお!これがお尻に刺すと感情がわかるってやつか!」

リヴァイ「何だそれ、気持ち悪いな。」

ハンジ「次の壁外調査で、巨人に試してみよう!」



おしまい


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/10(月) 12:57:55.09 ID:V3gukqf3o

おつ
巨人編はよ



SCMart 進撃の巨人 超大型巨人 全身タイツ バージョン2 コスプレ  【XLサイズ】 (オーダーメイド可能) かわいい進撃の巨人キャラクターポストカード付き
SCMart 進撃の巨人 超大型巨人 全身タイツ バージョン2 コスプレ  【XLサイズ】 (オーダーメイド可能) かわいい進撃の巨人キャラクターポストカード付き
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2015/09/24 18:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【217件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: