未央「末っ子しぶりん」凛「認めない…」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:04:30.58 ID:NJ0xeWKE0


未央「しぶりんってさ」

凛「うん」

未央「どっちかって言ったら末っ子タイプだよね」

凛「ふーん…」


凛「…」












凛「ふーーーーーーーーーん…」

未央(あっこれめんどくさいやつだ…)


THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 06

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:07:01.87 ID:NJ0xeWKE0

凛「ふーーーーーーーーーーーーん、私が末っ子ね…」

未央「しまったなぁ…迂闊だったなぁ…」

凛「未央って弟の面倒見てるからかも知れないけど、そういうところあるよね」

未央「帰りたいなぁ…」


 ガチャ


卯月「おはようございます!」

凛「…おはよ」

卯月「凛ちゃん!機嫌悪いですね?生理ですか?」

未央「開口一番でやめなよ!」

卯月「あっでも今日は凛ちゃんの周期じゃないですよね…」

未央「だからやめろ!!」

卯月「うう…未央ちゃんもカリカリしてます…でも」

未央「この前来たばっかだよ!そういうは話題やめよほんとに!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:08:44.97 ID:NJ0xeWKE0


卯月「それで、どうして凛ちゃんはこんな調子なんですか?」

凛「あ、聞いてよ卯月、未央が私の事末っ子っぽいって言うんだよ」

卯月「わかります!だって凛ちゃん」
凛「ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!」

凛「卯月もそういうこと言うんだ!ふーーーーーーーーーん!!!」

未央「なあーもうこれ絶対に収拾付かない流れだもん!」

凛「何?私の何がそんなに弱そうなの?」

未央「その価値基準が既に幼いんだよ!」

凛「納得いかない…未央なら片手でノせるのに」

未央「その自信は何!?喧嘩売ってるなら受けて立つぞ!?」

凛「卯月は私のどこが弱そうって思うわけ?」

未央「だから!」

卯月「うーん、凛ちゃんなら勝てるだろうなっていうのはありますけど」

未央「なんでこう武闘派が多いわけ!?」

卯月「やっぱり凛ちゃんは可愛いですから…」

凛「……」

未央「……」





凛「ふーん…」

未央「意志が弱いぞ渋谷ァ!!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:11:59.97 ID:NJ0xeWKE0

凛「ほ、絆されなんだから」

卯月「えへへ、凛ちゃんはかわいいです♪」

凛「ふうぅぅぅぅぅうううん……」

未央「てか何それ鳴き声なの!?」

卯月「りーんちゃん♪」

凛「ふぅぅぅん…ふぅぅぅん…こ、このままだと負ける…私の威厳が…」

未央「今まであったとでも?」



凛「―――――――ハッ!?そうか…」


凛「ふふふ、理解った、理解ったよ未央…」

未央「読みが変だよ」

凛「わかったよ未央」

未央「言い直さなくてもいいけど…」

凛「このユニットの中で私が末っ子っていうなら、私の妹になれるアイドルを探せばいいんだ…」スクッ

卯月「凛ちゃん?」

凛「そうすれば私は末っ子って事じゃなくなる…」

凛「だよね?未央、卯月…」

未央「そうかなァ…」








凛「…私より弱いやつに会いに行く!」

未央「発想がクズい…」





 ※


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:23:13.27 ID:NJ0xeWKE0




未央「さてやってきましたるは女子寮でございます…」

凛「ふふ、この中に私の妹が居るんだね」

未央「通報かなぁ…でも友達なんだよな…」

卯月「ええっと、義妹って言うんでしたっけ…私から見ると…」

未央「何結婚してんの!?いつの間に籍入れてたの!?友達としてショックだよ!?」

凛「やっぱり、あんまり騒がれると、ね……」

卯月「結婚式は小さな教会で、身内だけで挙げようって…」

未央「冗談なのか違うのかだけはっきりさせよう!怖いから!ね!」




クラリス「でしたら、是非私どもの教会を…」

未央「ほらなんか営業の人来ちゃったし…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 18:42:20.87 ID:NJ0xeWKE0


クラリス「ふふふ…おかげさまで、大分立て直しもなってきましたので。お手伝いできることがあれば…」

凛「身内ならいろいろと融通が利きそうだけし…卯月、どうかな」

卯月「私は、凛ちゃんさえよければ…」テレテレ

未央「ええい薄ら寒い!!今後の付き合い方考えかねないから冗談だって早く言って!!!」

クラリス「あら、愛の形とは人それぞれ。そう頭ごなしに否定するものではありませんよ…」

未央「味方はいないのか!!!」


未央「ていうか宗教的に大丈夫なのさ!?キリストでしょ!?」

クラリス「そんなこと言ってしまうと、アイドル活動なんてモロ偶像崇拝ですわ」

未央「あ確かに………モロとか言ってるよこの人」

卯月「意外とルールはガバガバなんですね!」

未央「しまむー!!!!!!!」

凛「クラリスがガバガバ…」

未央「しぶりん…」



凛「ブッフフォ!!!!」

未央「渋谷ァ!!!」



クラリス「…なんと、失敬な」ムス

未央「そうだよちょっと言ってやって!」

クラリス「ちゃんとキツキツです」

未央「あんたが一番ノっちゃだめでしょ!!!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 19:11:09.30 ID:NJ0xeWKE0

凛「まぁ結婚式の話は冗談なんだけどさ」

未央「あ、冗談なんだ…よかった…」


卯月「私とは遊びだったんですか…?」

未央「もーしまむー収拾付かないからさ…」


凛「卯月、耳貸して」

卯月「?はい」



凛「ほら言っとかないとさ…こうやって結婚式には呼ばないでおいて…」ヒソヒソ

未央「聞こえてるよ!!!厄介者扱いしてくれちゃってさ!もー!!」


フラリス「…冗談。…ふふ、そんなことだろうとは思いましたが」

凛「ごめんねちょっと騒がせちゃってさ」

クラリス「いえ、お構いなく」

未央「いやそこはもうほんとに謝る、ほんとに」

凛「でさ、騒がせついでにもう一つ」

クラリス「はい、なんでしょう?」

凛「クラリスは妹っぽいアイドルって誰だと思う?」

クラリス「妹ですか」

卯月「凛ちゃん、妹を欲しがってるです」

クラリス「でしたら、ご両親に相談なされた方が…」

未央「なるほど産めよ増やせよ。って違うそういう話じゃないの!!」

凛「わぁ、ノリツッコミだ」

卯月「うーん、60点?」

未央「何目線だ!」

クラリス「違うのでしたら、どういうなの事でしょう?」

凛「もっとこう…概念的にというかさ」

未央「伝わるぅ?それ」

クラリス「…ああ、そういう事でしたら、私の母校では上級生を『お姉様』と呼び慕う風習などありましたわ」

未央「伝わった」

卯月「わぁ…漫画とかで見るのと同じでしょうか…」

クラリス「ふふ…まあ、ご想像にお任せしますわ」

凛「なるほどヒントは女学校系百合…」

未央「その無体な変換どうにかならない?」

凛「ありがとうクラリス。その時はよろしくね」

クラリス「いえ、私でもお力になれたのなら」

未央「あ、ちょっと待ってよしぶりん!ほんと、ごめんなさい!…しまむーも!」





 ※


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 19:40:12.76 ID:NJ0xeWKE0



 ※


未央「さてやってきましたるはしぶりん曰く『百合臭い女の居る場所』だそうです…」

凛「テンション低いよレポーター」

未央「帰りたい…」

卯月「帰ってもいいんですよ」

未央「二人を野放しにしておく恐怖が勝つの!」

卯月「未央ちゃん、優しくて好きですよ♪」

未央「ありがとう今じゃなかったら少しはときめいたかも…」



凛(は~いじゃあ、今からお邪魔するこのお部屋)ヒソヒソ

未央「…寝起きドッキリ?」

卯月(未央ちゃん!声!)

未央(…まったくもー…)



 ガチャガチャ



凛(…鍵がかかってるね…)

未央(…そこレッスン室だから開いてるでしょ)
卯月(未央ちゃん)


凛(だけど…、…タダーン、マスターキーを借りてきちゃった)

未央(…それって)
卯月(本田)


未央(…ひどくない?)


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 19:57:50.29 ID:NJ0xeWKE0



凛(ご開錠~~……さてこの中には、速水奏さんがいらっしゃるとのことで…)

未央(で、寝てる訳じゃないのにどうドッキリさせるのさ…)

凛「…………」





凛「うーんと……、…」











 ドン!ドン!ドン!


凛「開けろ速水ィ!!!!」ドン!ドン!ドン!


 ドン!ドン!ドン!


未央「間を置いた割にはえらく雑だな!?」


凛「そこに居るのはわかってんだァ!!開けろォ!!」ドン!ドン!ドン!




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 19:59:02.41 ID:NJ0xeWKE0

未央「てか今マスターキーで開けたんでしょ!?シチュエーションどうなってんのさ!」


凛「はァーーーーやァーーーーみィーーーー…」ドン!ドン!ドン!

未央「あーもう縁切りたい…」


未央「ん?しまむーが居ない」




 ガチャ



凛「あ、来た」




 キィ…









拓海「…………よォ」

凛「…………」







凛「ウッスシツレイシマス」ソソクサ


未央「オーッっと逃げちゃだめだよしぶりん」ガッシリ

凛「待って聞いてない待って聞いてない待って聞いてない待って待って待って待って」ジタバタ

拓海「ワリィ、奏のヤロウぁもういねェんだが…ちょうどいいや。ちょっと暇してんだ。面ァ貸せよ、な?」

凛「あああああああああ待って卯月はどこに居るの!?!」

未央「多分いち早く察して逃げた」

凛「畜生!あの畜生ノーマルタイプ!」

拓海「なーにお前とは前から気が合いそうだって思ってたんだ…仲良くやろうぜ!」

凛「その先の風に連れて行かれる!その先の風に連れて行かれる!」

未央(ウワッ気持ち良い~…)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 22:20:01.31 ID:NJ0xeWKE0





 




凛「ひどい目に遭った」

未央「遭ってないでしょ。…たくみんが冗談のわかるヤンキーで良かったね?」

凛「けど私はめげないよ、私に相応しい妹を見つけるまで」

未央「めげてくれないかなぁ…」



卯月「凛ちゃーん!未央ちゃーん!」


未央「あ、しまむー」
凛「ここで会ったが百年目ェ!!!!」バッ


凛「たとえ卯月と言っても今日という今日は

卯月「…」ドスッ!

凛「ウッ…」ドサァ…

未央「呆気な!」


卯月「わわわ…!凛ちゃん大丈夫ですか~!?」

未央「そして白々しい…」


凛「グゥゥゥゥゥゥ…島村卯月…」


卯月「えっと、私、二人に飲み物買ってきてあげようと思って…それで…」



卯月「でも凛ちゃん……、…勝手に居なくなったの、怒ってるんですか…?」



凛「卯月…」




卯月「私、悪気は無くて……でも、怒らせちゃったんですよね…ごめんなさい…」



凛「………」









凛「そんなことない、愛してるよ卯月…」ギュ…

卯月「凛ちゃん…」

未央「ほーらまたそうやって三流メロドラマ始める」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 22:40:13.19 ID:NJ0xeWKE0


凛「何?嫉妬?見苦しいよ」

未央「申し訳ないけどレズに嫉妬はしないかな」

卯月「藍子ちゃんとはよろしくヤってないんですか?」

未央「イントネーションに悪意を感じるんだよ!人の友達を勝手にレズにしないでよ結構タチ悪いよ!?」

凛「ふっ、閉塞的な価値観だね…私たちは今時代の最先端を歩いてるの。わかる?」

未央「もう今日はこのテンションなんだキッツいなぁ…ファッションみたいに言わないでよ」

凛「これがホントのファッションレズ」

未央「認めてんじゃん!ファッションだって認めてんじゃん!」

卯月「でも、奏ちゃんもファッションレズみたいなことしてますし、会うなら合わせた方が良いかなって…」

未央「ほんっと毒吐くね~~~~!はやみーに言ったら絶対へそ曲げるからやめなよ!」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 23:15:30.77 ID:NJ0xeWKE0


未央「っていうかなんではやみーなの?」

凛「えっ?弱そうじゃない?」

未央「その判断基準続けるんだ」

凛「腕相撲とかやったら速攻叩き折るよ?」シュッシュッ

未央「しまむーに叩き潰された後でよくそのセリフ吐けるね」

凛「私、止まる気はないから」

未央「もっとカッコいい台詞だったと思うんだけどなんでかなー…」

凛「全部倒して私の妹にする」

卯月「わぁ、頑張ってくださいね!」

未央「皮肉!…じゃない?純粋な応援だよね?」

凛「そのためには勝てるところから着実に、ね」

卯月「仁奈ちゃんとか妹にしたらとってもかわいいと思います!」

未央「おおいこの文脈で9歳児を勧めないでよ!?もうやただの虐待にしかならいからね!?」

凛「奏の次の予定が決まったね」フッ

未央「全力で阻止するからな!!??骨の一本二本覚悟しなよ!!??」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/24(日) 23:55:53.48 ID:NJ0xeWKE0


 ※


凛「そんなわけでやってきたのは仮眠室」

卯月「中で誰かとファッションレズしてるんでしょうか…」

未央「一線越えちゃったらもうファッション言ってられないと思うな―私」

卯月「でも一発までなら遊びで済みますし…」

未央「ごめんほんとやめてその価値観!やめよう!アイドルとしてまずい!」

凛「大丈夫だよどうせみんな隠れて…」

未央「業界の闇に触れようとするんじゃないよ!」

凛「ラクロスしてる」

未央「……」





未央「苦し紛れにもほどがあるんだよせめてツッコミどころの分かりやすいボケを投げろォ!!」ギリギリギリギリギリギリギリギリ

凛「卍固め!卍固め!」ギリギリギリギリギリギリギリギリ

未央「それはそれでイライラするんだよォ!!!」ギリギリギリギリギリギリギリギリ

凛「片手でノせるのに!片手でノせるのに!」ギリギリギリギリギリギリギリギリ

未央「何の言い訳だ渋谷ァ!!!」ギリギリギリギリギリギリギリギリ

凛「あだだあだだだだだだだだだだだだあだだだだ」ギリギリギリギリギリギリギリギリ


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 00:21:46.57 ID:JAYBtZH60


凛「もう、すぐ手を出そうとするんだから…」

未央「どの口が言う?」

卯月「凛ちゃん可愛かったですよ!」

未央「愛が歪んでるな!?」

卯月「私、もっと凛ちゃんの可愛いところ見たくなってきました…えへへ…」

未央「おいしぶりん危ないよ!?加虐癖が牙を剥いてるよ!?」

凛「ふふっ、今夜は激しいね」

未央「肝だけは据わりやがってこんちくしょう!」

凛「気を取り直してこの中」


未央「ていうか、今度こそ寝起きドッキリの真似するべきなんじゃないの?」

凛「分かってないね。同じこと二回やる奴は頭使ってないってことなの」

卯月「素敵です!誰の言葉を借りたんですか?」

凛「『桐生つかさのガチで☆惚れさす名言集』から抜粋」

未央「ねえそのタイトルホントに本人監修してるの?」

凛「聞いたら『はァ?そんな本出した覚え無いけど』って」

未央「今すぐ訴えよう!勝てるから!」

凛「桐生社長の名言に則って私は正面から行くよ」

未央「ああもう、好きにして良いから」







 ドン!ドン!ドン!


凛「たのもォーーッ!!!!」ドン!ドン!ドン!


 ドン!ドン!ドン!

未央「一番肝心なところに頭使ってないなコイツ!!!」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 07:47:15.77 ID:JAYBtZH6o

未央「てか仮眠室のドアなだけむしろ悪化してるよね!?」

凛「…でも正直仮眠室なんてマトモな動機で使う人居なくない?」

卯月「でも交尾の邪魔されて怒らない生き物は居ませんし…」

未央「そのセックス思考を今すぐやめろ!」

凛「私だってラクロスの練習でぐらいしか使わないよ」

未央「隠れてラクロスは冗談じゃ…!? そもそも室内でやるんじゃないよ!迷惑にも程があるでしょ!」

卯月「今なら誰が怒りに来てもなんとかできますよ!」

未央「ねえそれ何の自信まさか物理的な話してないよね」

卯月「島村卯月、がんばります!」

未央「否定しろ!」

凛「ねえそろそろ行って良いかな…」ウンザリ

未央「お前にその擬音を出す資格なんて無い!!」

卯月「お、お邪魔しまーす…」キィ…





奏「………zz」スゥ…スゥ…


凛「…」






凛「…何普通に寝
未央(普通だからだよちょっと静かにしなよ!!)


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 07:58:51.49 ID:JAYBtZH6o

卯月「ぐっすりですね…」

未央「当たり前でしょ壁ドンされてまだ寝てるんだから」

凛「……………」ゴソゴソ

卯月「なんだか珍しいもの見ちゃいましたね…」パシャパシャ

未央「そう撮らないの……」


未央「……おいそこの残念ブルーなに人のことまさぐってんだ」ドカッ

凛「いっ…!?殴った!今」

未央「だって声出して突っ込めないじゃん」

卯月「どんな下着でしたか?」

未央「そうやって聞かない」

凛「『今日これから死ぬ気で受精するセックスします』っていう感じかな」

未央「怒鳴り散らしたい…」ギリギリ



36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 14:37:34.56 ID:JAYBtZH60

凛「でも困った、このままだと私寝こみを襲う卑怯者にしかなれないよ」

未央「知らないよ、諦めたら?」

凛「なんとか合法的に奏に起きてもらう方法、無いかな?」

卯月「うーん、寝こみを襲われるのは、油断してるのが悪いだけだと思うんですけど…」

凛「アイドルとしてそれはちょっとね…」

未央「今更だけどさ、二人にとってアイドルって何さ」

凛「みんなに夢と希望を与える存在だよ」

卯月「みんなを笑顔にできる存在です!」

未央「この期に及んでそれが言える神経だけはリスペクトするよ」

卯月「というか、奏ちゃん一人だけなんですね…」

未央「何残念そうにしてるのさ…」

卯月「撮って…、…強請れるかなって…」

未央「何を!?」


奏「…ん」ピク


凛「あ」

未央「あっ」

卯月「あ…」

凛「……」


凛「ふふっ、未央大きい声出したからマイナス1奏ポイントね」

未央「何それッ、……なんで私が悪いことしたみたいな空気なのさ…」

凛「私は今マイナス50くらいあるから」

未央「自覚はあるんだね」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 20:49:39.08 ID:JAYBtZH60



卯月「わわわ…凛ちゃんのファーストキスが取られちゃいます…」

未央「そういう設定なんだ?今考えた?」

凛「奏ポイントが溜まりきるよりも先に卯月ポイント貯めればワンチャンあるよ」

卯月「あー…はい、がんばります。」

未央「あれ?そこは乗り気じゃない?」

凛「ふふっ、卯月ったらシャイなんだ」

未央「大丈夫?これしぶりんカモられてるだけじゃない?」

卯月「そんなことより」

未央「ほらこれ」

卯月「そもそもどうして寝てるんでしょうか?」

凛「奏にも眠い時ぐらいあるんじゃないの?」

未央「…ああ、うん、気にしないならいいけど」

卯月「だれか何か知ってる人居ませんかね~……」




 ガチャ




ありす(with水とタオル)「…あれ、ニュージェネレーションのみなさんじゃないですか。どうしたんですか?」

未央「ありすちゃん、そっちこそ」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 21:55:07.22 ID:JAYBtZH60


卯月「その水とタオルは?」

ありす「え、いや、なんでもいいじゃないですか…目線がなんかイヤなんですけど」

凛「……………ははん、隅に置けないね」

ありす「何を………、……」





ありす「……ッ!」





凛「さしずめ、奏は16歳まで待てなかったってところかな?」

未央「おい」

ありす「な、なななッ!?何を言い始めるんですか!?///」
未央「あーそんな声出しちゃうとー…」

凛「でも奏の方を先にダウンさせちゃうなんて、やるね。ありす」

ありす「は、破廉恥です!!いきなり何を言い出すんですか!?///」

凛「ん?あれ私何か変な事言ったかなー?」

ありす「ううー…!そんな話が…!」

未央「ねえ相手小学生」

凛「ふふ…ありす。意外とおませさんなんだね」

ありす「~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッッッ!!!!!!」


ありす「いい加減にしてください!!!!!」

ありす「いいですか!??大体、同性愛なんて非生産的すぎます!!!!」

ありす「それに、まるで私と奏さんがその………そういう関係にあるみたいな言い方は!!!あまりにデリカシーに欠けていると思います!!!」

ありす「凛さんだって女性でしょう!??!?もっと淑やかに、嫋やかに、そういう事に恥じらいを持つようでなければ―――――」



未央「あ、ありすちゃーん……」

ありす「はい?……」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 22:03:31.77 ID:JAYBtZH60


未央「そ、そこ…」

ありす「………」


ありす「……ぁ」





奏(寝起き)「………………………」ムクリ






卯月「おはようございます!」

未央「お、おはよ…」

凛「…………」プイ





奏(寝起き)「………」フラフラ




奏「……」グリン

凛「わ、私」




奏「…、…」ヨロヨロ

凛「何…、」





奏「・・・・・・・・」ジーッ

凛「や、やだなぁ…奏、そんなに近くで見つめられると…」



41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 22:04:36.93 ID:JAYBtZH60





奏「………」ジトーッ…

凛「………」




42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 22:05:17.99 ID:JAYBtZH60








奏「チッ……」







43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 22:08:30.59 ID:JAYBtZH60





 スタスタスタ……




 ガチャ

 バタン







卯月「………」

未央「………」

ありす「………っ」サーッ

凛「…………、」サーッ















未央「寝起き悪っ………」




 ※


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/25(月) 23:16:59.62 ID:JAYBtZH60






凛「奏との勝負はお流れになっちゃったね…」

未央「いやあしぶりん負けてたでしょあれは」

凛「ま、負けてなんかないし…次会ったら勝つし…」

卯月「それじゃあ、次は仁奈ちゃんを探しに行くんですか?」

未央「あ、やるの?だったら未央ちゃん今ここで阻止しちゃうよ?」ゴキゴキ

凛「ひっ………!?…あ、いや、そうは考えてないかな、うん」

未央「うん、続けて」

凛「…いや奏に勝ててないのはアレだから、同じようなレベルのアイドルを探そうかなって」

卯月「たとえば?」

凛「飛鳥とか蘭子」

未央「いやレベル下げに行ってるじゃん!!やっぱさっきので萎縮してるんじゃん!!」

凛「わ、私があれぐらいで取り乱すわけないでしょ、に、睨み返してやったんだから」

未央「こっちは血の気の引いたしぶりんの顔見てるんだよ!!」

卯月「えっ?奏ちゃんと、蘭子ちゃんと、飛鳥ちゃん。…そんなに違うんでしょうか?」

未央「はいはいーいしまむーの言いたいことわかるけどちょーっと遠慮しておこうねー」

凛「ほんっと恥ずかしくないのかな…ンッふふふっwww」

未央「しぶりんは人の事言えないでしょ!!この後しぶりんがライブのMCやってる時の映像見せてやろうか!?」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 00:34:52.19 ID:sfP2vlyd0


凛「そうと決まれば、二人はどこにいるかな?」

未央「あの二人寮暮らしでしょ?だったらこのまま部屋でも探せばいいんじゃない?」

凛「ふふっ、未央もようやく乗り気になってきたね」

未央「悟ったんだよ、とっとと終わらせちゃった方が楽かなって」

卯月「未央ちゃんが協力してくれたら心強いです!」

未央「あー、うん、任せて、なんとなく部屋の場所は知ってるから」


未央(しぶりんなら思ったより簡単に極められたしなんとかなるでしょ…)





 ※





凛「ふふ、ここが私の妹の部屋だね」

未央「立派な死亡フラグじみてきたねそれ」

卯月「三度目の正直ですよ!凛ちゃん!」

凛「ああ…今なら絶対勝てる気がする…」



凛「さーてと…」







凛「…………」






凛「……」





凛「…」










凛「飛鳥、蘭子。居るー?」コンコン

未央「ねえ今なんか考えて何も思いつかなかったんでしょ、そういう間でしょ今の」

凛「居るー!?」ドン!ドン!ドン!

未央「すぐドンドンに逃げるのやめなよ!!発想力は良いからモラルは持ってよ!!」


56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 21:31:48.10 ID:sfP2vlyd0



 ガチャ


飛鳥「騒がしいのは好きじゃないんだが」

凛「蘭子は?」

蘭子「私達の牙城に足を踏み入れようとはな…ククク…」

凛「よーしよし…」

卯月「えっと、凛ちゃんの話を聞いてほしんですけど…」

飛鳥「アポなしというのも感心しない。人の部屋と言うのは無二のパーソナリティスペースだと理解すべきじゃないのかな」

蘭子「まぁ、言うでない…闇は懐が深いものよ」

飛鳥「……………」


飛鳥「まったく、今日のボクの機嫌が悪く無くて良かったね」

未央(わかりやすいなぁ…)

卯月「お二人とも、とっても仲が良いんですね!」

飛鳥「、…さて、何の話をしているのかな…」


57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 22:13:54.27 ID:sfP2vlyd0


蘭子「クク、歓迎しようぞ。さあ、楽にするがよい…」

凛「ポテチ、ポテチとかない?ジュースも」

飛鳥「………無いよ」

凛「無いの?備えが悪いね…先輩として教えてあげる。こういう来客はいつあるか分からないから、食べ物は常備しておくこと」

卯月「私はクッキーとか好きですよ!」

飛鳥「………」

凛「返事も無い。まあ若い頃はそんなもんだけどさ…」

飛鳥「…」


凛「ふふ、今のお姉ちゃんっぽかったでしょ?」

未央「私だったら月一でも口利きたくない」

卯月「きっと立派に独り立ちしてくれると思いますよ!」


飛鳥「フゥー…じゃあ次は無礼が無いようにするから、ここは仕切り直し。また次の機会という事でどうかな?凛…」

未央「あちょっと待って!!これは後でぶん殴っておくから!話だけでも聞いて!?」

蘭子「あ、飛鳥ちゃん、落ち着こう?」

飛鳥「…ふむ、未央さんが言うなら、まだ考える気にもなる。機嫌を損ねていることは、意識してほしいが」

蘭子「わ、我らが邪気に長く身を浸せばただでは済まぬと知れ!闇は無慈悲であるぞ!」

凛「ふふ、闇に屈する私なんかじゃないよ?」

飛鳥「……、」

蘭子「わわわ…」

未央「うん…ごめん、ほんとに」


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 23:07:54.37 ID:sfP2vlyd0


凛「ほら未央、私なんか呼び捨てだよ?これは距離が縮まってる証拠でしかないよ。…ふふ、また一つ姉ステータスが上がったね」

未央「しぶりん、後であすあすがどんな相手を呼び捨てにしてるか教えてあげるね」

飛鳥「あー…さっきから聞いてるその「姉」っていうのがキーワードなのかい?」

凛「そうだよ飛鳥。そして蘭子。これから二人には私の妹になってもらうの」

蘭子「ぃ…いもう、と?」

飛鳥「……ふ、キミも人肌恋しくなったのかい?ボクには理解らない感情だが…」

卯月「わかります!体は簡単に許したくはないですよね!」

未央「一発までは遊びとどっちが真実なの?」

卯月「人は矛盾を孕んで生きるものですよ!えへへ!」

未央「中二に当てられたか?」


凛「それで、どう?」

飛鳥「どうって」

凛「私の妹になるつもりがあるかどうか」

蘭子「偽りの縁とは、度し難い…」

飛鳥「…フン残念ながら、ボクはそう素直な方じゃあなくてね」

凛「……へえ」


凛「じゃあ無理やりにでも認めさせてあげる」

飛鳥「蘭子、下がってて」

蘭子「ひぃ…」

未央「ちょっとしぶりん
飛鳥「待ってくれ未央さん」


飛鳥「…売られた喧嘩は、なんとやらという事もある」



未央「あすあすも喧嘩っ早いんだ…」

卯月「アイドルですから!」

未央「プロデューサーやファンのみんなが聞いたらどう思うかな…」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/26(火) 23:53:28.06 ID:sfP2vlyd0




卯月「はい!二人とも準備は良いですか?」


凛「後悔しなよ…私と腕相撲の土俵に上がってしまった事を」ニギニギ

飛鳥「そうやって頭ごなしに否定する…成る程。反目するべき年長者としては、よくできている…」グゥッ…


蘭子「あ、飛鳥ちゃん、頑張って…」

未央「ぶっ潰せあすあすー!」


凛「………なんの。卯月!見てて!」

卯月「はっけよーい…」

凛「えちょ、」


卯月「ぅのこった!」

凛「ふーーーーーーーん!!」
飛鳥「くっ…」



未央「…………」




凛「ふぅぅぅぅぅぅぅぅん…ふぅぅぅぅぅぅぅん」

飛鳥「くっ…はははッ…!」



未央「………」



凛「ふーん……ふぅんッ!!」

飛鳥「ッ……」


未央「………………」






卯月「凄いです!二人とも互角です!」

未央「しぶりんそれマジなの…」



凛「ふうんッ!ふうんッ!」

飛鳥「くぅッ……」


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:16:12.33 ID:JI86umr40



未央「ねえしぶりん、結構ガタイ差あるよ?傍から見てるとあすあす凄いんだけど、これどう判断したらいいの?」



凛「ちょっとッ……気が散るッ……」

飛鳥「………ッ」



卯月「うーん、拮抗してますね…」

蘭子「………~~~ッ」ギュッ




蘭子「飛鳥ちゃん頑張って!」


飛鳥「!!」

凛「!」



飛鳥「これは、頑張らなくちゃな…!」グググッ

凛「ふーん…!?」



未央「そうだぞあすあす!そのあんちきしょうなんかに負けちゃダメだよ!」



飛鳥「ぐぐ、ぐ……!」

凛「ふぅぅぅぅうううん……!」




卯月「……あああ、これは、飛鳥ちゃん…!」



飛鳥「流れは貰ったァ……!」ググググググ…

凛「ふううんんんんんんんんん……!!!」





65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:18:02.13 ID:JI86umr40







    バタンッ!………







66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:25:27.45 ID:JI86umr40





蘭子「ぁ…………」






未央「…………」






飛鳥「………」

凛「………」








卯月「か、勝ったのは……」









卯月「凛ちゃ
凛「ウオオオオオォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッ!!!!!!!」



凛「やったあああああああああああああああああああああっ!!!」




凛「やった勝ったーーーーーーーーーーーっ!!!!」


凛「ふふっ!これで飛鳥は私の妹だね!さあ!」


凛「早くお姉ちゃんって呼んでよ飛鳥!ああ……ふふふ!」



凛「三度目の正直だよ卯月!未央!ね私ようやく――――――」
未央「しぶりん」



凛「―――――ん?何?」

未央「あのさ」






未央「もう死んだら?」

凛「ハッ――――――!?!?!?」


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:31:15.78 ID:JI86umr40




凛「な、なんでよ未央、そんなひどい」

未央「まずさ、空気読もうよ」



未央「第一大人気ないし」



未央「その喜びよう何?ガタイ差ある相手だし、第一中二が相手なんだよ?」



未央「あのさ、もう、恥ずかしいっていうか、なんか、死んでほしい…引く…」


凛「」


69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:47:36.92 ID:JI86umr40




凛「な、……」




凛「………な、なんでよ」



凛「大人気ないって、そんな」








凛「――――私だってまだ15歳なのにぃぃいいいいいいいい!!!!!」


凛「ひどいよぉ!!ちょっと体大きいだけでさ!!そんな大人みたいに振る舞えってさ!ひどいよぉ!!」

未央「うるっさいな!!?年下扱いが嫌だって言い始めたくせに!年を言い訳にする資格なんてないよ!!!」

凛「ひどいよぉ!!ひどいよぉ!!」

未央「そーいうんだから末っ子扱いしたくなるんでしょ!!もーーっ!!!」

凛「ううっ…ひぐっ…もういいもん…実績だけ作るもん…」


凛「蘭子!腕だしなよ!!」

蘭子「ひえっ!?」


未央「あ最低だこいつ!!よりによってらんらんを!」

凛「知らないもん!子供だもん!背伸びしたりしないもん!」

未央「十分背高いくせに!らんらん!付き合わなくていいよ!!もうこっちで何とかするから!!」


飛鳥「済まない蘭子…せめて、キミだけでも」

蘭子「飛鳥ちゃん……」







蘭子「っ…!」グッ

飛鳥「蘭子!?」

未央「らんらん!?」


70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 00:58:08.71 ID:JI86umr40




蘭子「…ふ、言ったのはアナタだったはず。我らは一にして全、全にして一。と…」


蘭子「…一人になんて、させない…」

飛鳥「キミってやつは…」

未央「わかったよ、止めないよ…」


卯月「準備はできましたか?じゃあ二回戦始めますよ!」


凛「妹…妹…」

蘭子「~~~~~っ」

卯月「はっけよーい…」








卯月「ぅのこった!!」

蘭子「えいっ!!」グイッ!
凛「ぇ―――?」










71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 01:02:01.16 ID:JI86umr40






 ※








72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 01:12:05.57 ID:JI86umr40










凛「」





凛「」

卯月「凛ちゃん…」

未央「わ、私も、つい言いすぎちゃったところあるから…そう、気を落とさないで」



凛「に、」




凛「二回戦だっt
卯月「瞬殺でしたね……」

凛「」


未央「まずらんらんが自分でびっくりしてたもんね…」

卯月「飛鳥ちゃん蘭子ちゃんを見る目変わってましたもんね…」



凛「……あのさ」


未央「仁奈ちゃんたち、探そっか」

凛「…」

未央「それでさ、話聞いてもらって、最後にしよ?」

凛「…」


凛「…うん」コクリ

未央「さーそれじゃあ子供たちは今どこにいるかなーッ!!NG探険隊しゅっぱーつ!」

卯月「か、可愛いところも凛ちゃんの素敵なところですよ!」

凛「うん…」





 ※




77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 19:37:00.36 ID:JI86umr40






未央「へー!仁奈ちゃん!居るかい!」

仁奈「あ、未央おねーさん!一体どうしやがったでごぜーますか!」

みりあ「ニュージェネのみんなだー!遊びに来てくれたのー!?」

卯月「こんにちは♪今日も元気いっぱいですね!」

凛「…ふふ…ほんとに…」

未央「みりあちゃん!なんだちょうどいいじゃん!ねーちょっとお話聞いてくれないかな?」

みりあ「えー?仁奈ちゃんは平気ー?」

仁奈「仁奈は全然大丈夫でごぜーます!」

みりあ「じゃあみりあも平気ー!」

未央「ああ~~!!いい子たちだなあ~~~~!!」

みりあ「あはは!くすぐったいよー!」



凛「子供の相手が上手だね、未央は」

卯月「凛ちゃん…」


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 20:12:01.49 ID:JI86umr40


未央「今日はね、しぶりんから二人にお願いしたいことがあるんだって~!」

仁奈「お願いでごぜーますか!」

みりあ「何かなー?」

未央「なんだろねー?」


未央「…ホラ、しぶりん!」

凛「……」




凛「…ねえ二人とも、お姉ちゃんが欲しいって思った事ある?」

仁奈「おねーさんでごぜーますか?」

凛「そう、お姉さん」

仁奈「うーん…よくわからないでごぜーます」


仁奈「前だったら思ったかも知れねーですけど…」

仁奈「…でも今は事務所のみんなに優しくしてもらってるから、欲しいとは思わねーですよ!」

卯月「仁奈ちゃん…」

仁奈「だって仁奈にはもうおねーさんがいっぱいいるでごぜーますから!」

未央「あ、やばめっちゃいい子…」

凛「仁奈…」


79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 20:36:01.77 ID:JI86umr40


みりあ「…凛ちゃんどうかしたの?」

凛「え、いや…」

卯月「凛ちゃん、お姉さんになるんですって♪」

凛「卯月」

みりあ「お姉さんになるの!?お父さんとお母さん頑張ったんだね!みりあとお姉ちゃん仲間だねー!」

凛「えっ?いやまだ」
みりあ「あのねあのね!妹ってね!すっごくかわいいんだよー!柔らかくてー見てると胸がきゅーっとね!」

凛「……、」

未央「まあまあ」

みりあ「…でもね、お姉ちゃんってすっごく大変なんだー…」

みりあ「お母さんも、あんまり私にかまってくれなくなるし、私も妹の面倒見なくちゃいけないし、正直たいへん…」


みりあ「…でもね!みりあそういう事で嫌な気持ちにならないって決めたの!」


みりあ「お姉ちゃんってすごく大変だけど、でも嬉しいこともいっぱいだしね!」


みりあ「それにもう『お姉ちゃん』だから、ワガママなんかいっちゃいけないよねって!決めたの!」


みりあ「お姉ちゃん大変だからね!困ったことがあったらみりあに相談してね!お姉ちゃんの先輩だから!」



みりあ「えっへん!」

凛「………」













凛「………っ」ポロポロ

未央「しぶりん!?」


80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 20:57:59.19 ID:JI86umr40



凛「ダメだなあ…私」


凛「妹にする妹にするって、周りを振り回してばかりで、全然…」


凛「相手に押し付けてばっかりで、自分が変わろうなんてしてなくて…」


みりあ「凛ちゃん?」

仁奈「ど、どこか悪くしたでごぜーますか!誰か呼びやがりますか!?」

未央「あー…うん、ごめんね、勝手で悪いんだけど、ちょっと席離していいかな?」

みりあ「…うん、よくわかんないけど、お姉ちゃんにも泣きたいときあるもんね!」

卯月「ごめんなさい、後でいっぱい遊びましょうね!」

凛「…」グスッ





 ※





未央「…はい、しぶりん。続けていいよ」

凛「私、私、ずっと妹ができればいいって思ってた…」

凛「でもちがうんだね、妹を作るんじゃなくて、姉にならなきゃいけなかったんだね…」

凛「なんだろう、もう、自分勝手でさ、相手に役割を押し付けて、それで満足しようとしちゃって…」

凛「ごめん、未央、卯月、今日はいっぱい迷惑かけちゃって…」

卯月「…大丈夫ですよ♪間違えて、それで前に進めばいいんですから…」

未央「これはこれで、楽しかったしね!」

凛「…うん、うん、ありがとう…ごめん…私…」


凛「ちょっと、帰るね…」

未央「…うん!」

卯月「また明日ですね…」

凛「うん…」











未央「……」

卯月「……」


81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:05:57.99 ID:JI86umr40




卯月「一件落着、ですかね?」

未央「…」






卯月「じゃあ私たちもいったん帰りましょうか!」

未央「………」










未央「『お父さんとお母さん頑張ったんだね!』」

卯月「」ピクッ


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:25:18.10 ID:JI86umr40



未央「いやあびっくりしてねー私。みりあちゃん以外とおませさんなんだねー」

卯月「さ、最近の子は色々早いって言いますし…」

未央「どうやって知ったんだろうねー…誰かに教えてもらったのかな?」

卯月「さ、さあ?誰なんでしょうね?」

未央「………」

卯月「………」






卯月「で、でも私思うんです、そういうの早めに知って、心構えをしておくっていうのも一つの考えだって…」

未央「そうだねー一つの考えではあるねー」

卯月「………」

未央「………」










卯月「」ダッ

未央「あっコラァ待てェ!お前か淫乱ノーマルタイプ!!」ダッ

卯月「保健体育!保健体育!」ダダダダダダダダダ…

未央「言い訳はそれで済んだか島村ァ!!」ダダダダダダダダダダ…






 ――――待てェ島村ァ!…





―――――――――――――……………………

―――――――…………


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:41:24.41 ID:JI86umr40

―――――――…………

―――――――――――――……………………



凛「―――ってことがあってさ」


奈緒「ふーん…」

加蓮「…それでさ、何?」


凛「うん」フンスフンス


加蓮「いやその、鼻息…」

奈緒「…なんか嫌な予感するぞあたし」

凛「甘えていいよ」フンスフンス

加蓮「…あーね」

凛「いやだからね?私、まず姉の気分を知るところから始めようと思うんだ」

奈緒「そーか」

凛「だから、甘えていいよ」フンスフンス

奈緒「……」

加蓮「……」

凛「……」フンスフンス


89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:46:17.99 ID:JI86umr40

加蓮「凛ってさ」

奈緒「あ、おい加蓮」

凛「うん」

加蓮「思ったよりバカだよね」

凛「ふーん…」


凛「…」












凛「ふーーーーーーーーーん…」

加蓮「しまった」

奈緒「なあ未央、ちょっとこっちに来てくれないか?…えぇ?ダメかぁ?ダメェ?」


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:47:10.70 ID:JI86umr40


尾張です


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/27(水) 21:55:09.33 ID:JI86umr40

あと偶像崇拝云々に関しては自分でも調べてみましたが、よくわからなかったので宗教ネタは手を出さないのが無難だと思いました。まる。

ラジオCD「アイマスタジオ」vol.16
ラジオCD「アイマスタジオ」vol.16
関連記事

Powered By 画RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 10月 【152件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: