モバP「純真流麗天然妹」

1: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:53:52.83 ID:Vqm5zDad0



モバP「ぐぅ...」

―――様、お兄様――

モバP「...んぐ...」

―――お兄様、朝ですよ...起きてください

モバP「ん...」

翠「起きませんね...困りました、早く起きてくれないと遅刻します」

モバP「...」

翠「しかし、無理矢理起こすというのもなんだか...」

モバP「......」ソワソワ

翠「...いえ、ここは心を鬼にするべきですね。遅刻をしては大変ですから」

モバP「......」

翠「とりあえず、お布団を」ガシッ

モバP「」ギュッ

翠「...離してくれません。どうしましょうか」


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 001

2: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:54:50.18 ID:Vqm5zDad0


モバP「叩き起こすってのは?」

翠「いえ、暴力はいけま...あら?」

モバP「おはよう、翠」

翠「お早うございます、お兄様。ふふっ、ちょうど起きてくれたんですね 」ニコッ

モバP「はは、気づいてないか」

翠「? 起きたことはわかりましたが...」

モバP「まあ気にしない気にしない」

翠「はい、わかりました。...さて、朝食が冷めてしまいますから、用意ができたら降りてきてくださいね」

モバP「はいよー」


3: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:56:09.04 ID:Vqm5zDad0


居間


翠「では、いただきます」

モバP「いただきます。...うん、おいしい」

翠「ふふ、ありがとうございます。昨日の残り物で申し訳ないですが...」

モバP「いやいや、手作りってだけで十分だぞ。暖かみがあってな...」

翠「お兄様、一人では料理を作っていなかったのですか?」

モバP「まあ、作れんことはないよ。炒めるだけなら簡単だしな」

翠「なるほど...一度、お兄様の手料理も食べてみたいです」

モバP「いやあ、手料理と言ってもそんなに凝ったものは作れんぞ」

翠「お兄様の手料理だからこそ、いいんです」

モバP「はは、期待してくれるなら頑張ってみようかな」

翠「はい、期待していますね♪」

モバP「...さてと、ごちそうさま。それじゃあ俺は洗い物しとくから、食べ終わったら学校の準備してな」

翠「ありがとうございます、お兄様。...あ、そうだ」

モバP「ん?」

翠「本日はお弁当を用意していますよ」

モバP「おっ、弁当か。楽しみだな」ハハハ

翠「...よし、忘れないよう鞄の中に入れておきますね」

モバP「おう、ありがとさん」


4: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:57:39.91 ID:Vqm5zDad0



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「さてと、忘れ物ないな?」

翠「ええ、大丈夫ですよ」

モバP「...ほんとにほんとか?そういいつつ三日に一回は...」

翠「いえ、大丈夫です。昨日の内から念入りに確認しておりますから」

モバP「いつもやってるような...まあ、そんなに自信あるなら大丈夫、かな」

翠「もう、お兄様は心配性ですね」クスッ

モバP「そりゃあな、翠は天然なんだから...」

翠「? 私、天然ではありませんよ?」キョトン

モバP「うむ、相変わらず自覚はないか」

翠「変なお兄様ですね。ふふ」

モバP「...まあいいか。よし、じゃあ行ってきます」

翠「はい、行ってらっしゃい。...ではお兄様、行ってきます」

モバP「おう、行ってらっしゃい」


5: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:58:31.03 ID:Vqm5zDad0


昼前


事務所



モバP「...はあ」

ちひろ「どうしましたか、プロデューサーさん?」

モバP「いや、翠は今何してるかなーっておもいまして」

ちひろ「ああ...また兄バカ発動ですか」

モバP「ははは、何とでも言うがいい」

ちひろ「開き直っちゃって...」

モバP「うーん、ちゃんと勉強できてるだろうか...」

ちひろ「...まあ聞く限りでは、プロデューサーさんと違って真面目そうですからね。そこは大丈夫ではないですか?」

モバP「ははは、耳が痛い」

ちひろ「はあ、そんなに自慢の妹なんだったら一度見て見たいですね」

モバP「あれ、そういえば見せたことありませんでしたっけ?」

ちひろ「ええ、散々語られてはいますけど...いまだに見たことはありませんよ」


6: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 13:59:44.58 ID:Vqm5zDad0


モバP「そうか...よし、じゃあ今度写真撮ってきます」

ちひろ「はあ、まあ...期待してますね」

モバP「いやーすっごい美しいんでね、びっくりして腰ぬかしますよ」

ちひろ「はいはい」クスッ

モバP「そうそう、今日はお弁当も作ってくれてて...あ」ゴソゴソ

ちひろ「どうしました?」

モバP「いやー、あの...なんかお弁当が二つありまして」

ちひろ「あー、それって妹ちゃんのですか」

モバP「はい、朝俺の鞄に入れてくれてたんですが...自分のも入れちゃってたか」

ちひろ「どうするんですか?」

モバP「そりゃあ...翠がおなかすかせて悲しくなってたらいけませんから、届けに行きます」

ちひろ「はあ、まあすぐ帰ってきてくださいね」

モバP「大丈夫です、翠の高校すぐそこですから。...あ、ついでに写真も撮ってきましょうか」

ちひろ「まあ、大丈夫なら...中で撮って、お世話にならないよう気を付けてくださいね」

モバP「その辺は大丈夫ですよ。...たぶん」


7: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:00:46.47 ID:Vqm5zDad0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


学校前


モバP「さて、着いたんだけど...」

ガヤガヤ


モバP「なんだ、もしかして今日お昼までだったのか?」

翠「あ、お兄様!」

モバP「おお翠、もう今日は終わりか?」

翠「ええ、今日はお昼までの授業だったので...弓道部もお休みですので、帰ろうかと」

モバP「じゃあ翠、別にお弁当いらなかったのに自分の分作っちゃったのか」

翠「え?」

モバP「ほらこれ、俺の鞄の中に入ってたぞ」スッ

翠「まあ...なんと、私としたことが」

モバP「二重でミスしちゃうだなんて、翠らしいな」ハハハ

翠「もう、からかわないでください」クスッ

モバP「ははは、ごめんごめん」

翠「...そうだ、せっかくですから...一緒にお弁当を食べませんか?」

モバP「おう、そうだな。じゃあうちの事務所まで行こうか」

翠「お兄様の事務所...緊張します」

モバP「いやいや、そんな堅苦しいとこじゃないよ。割と自由というか、気軽なとこだし」

翠「そう...ですか。では少しお邪魔させてもらいますね」

モバP「おう、大歓迎大歓迎」ハハハ

モバP「それにな、うちの自慢の妹を紹介したかったし」

翠「じ、自慢の妹だなんて...照れてしまいます」

モバP「翠はとってもいい子だし、凛々しくてかっこいいからなあ」

翠「もう...お兄様ったら」テレテレ

モバP「翠の良い所ならいくらでもあげられるぞ。他にも...」

翠「は、恥ずかしいから...これ以上は」

モバP「はっはっは...さて、あそこだ」

翠「そぐそこだったんですね、なるほど...」

モバP「まあちょっと物が多くて狭いかもしれんが、ゆっくりしてってくれ」


8: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:01:53.00 ID:Vqm5zDad0


事務所


ちひろ「はあ...さ、寒い」


ガチャ


モバP「ただいま戻りましたー」

ちひろ「あっ、プロデューサーさん、おかえりなさい」

モバP「ほら翠、入ってきていいぞ」

翠「はい、お兄様。...ここが、お兄様の職場なのですね」

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん、その子は?」

モバP「ああはい、この子がうちの妹の翠です」

翠「いつも兄がお世話になっております...水野翠と申します」ペコ

ちひろ「こ、こちらこそよろしくお願いします。千川ちひろです...」ペコ

モバP「どうですかちひろさん、うちの妹は?」

ちひろ「...いや、ものすごく丁寧な子ですね。プロデューサーさんの妹とは思えないぐらい」

モバP「むっ、しつれいな」

翠「お兄様は私のお兄様ですよ?」


9: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:03:07.06 ID:Vqm5zDad0


ちひろ「はあ...いや、それにしても綺麗な方ですね」

翠「ふふっ、ありがとうございます♪」

モバP「いやあ、翠は綺麗で凛々しいだけではないんですよ。可愛らしい所もいっぱいあってね」

モバP「昨日もそうですね、俺にコーヒーを淹れてくれようとしてたんですよ」

モバP「俺のために砂糖入れて甘くしようとしてくれてたんですけど、砂糖と塩間違えちゃってて...」

モバP「味見しても甘くならないって言って、ずーっと塩いれ続けてしょっぱくなってきたときにやっと気づいたんですよ」

モバP「それで気づかれないように淹れなおして、何事もなかったかのように振る舞ってるんですけどね、俺は一部始終見てたので」

翠「お兄様、全部見ていたのですか!?」

モバP「はは、もちろんだとも。気づいて顔が赤くなってたところまでばっちり見てたからな」

翠「もう、お兄様ったら...」テレテレ

ちひろ「ふふっ、意外と天然さんなんですね♪」

翠「いえ、わたしはそんなつもりは...ないのですが」


10: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:05:31.17 ID:Vqm5zDad0


モバP「...おっと、そういえばお昼なんだったな。飯にしましょうか」

ちひろ「ああ、そうですね」

モバP「今日は翠が作ってくれたお弁当ですからね、楽しみ...おっと、お茶淹れてきます」ガチャ

翠「すいませんお兄様、お願いします」

ちひろ「...ふふ、翠ちゃん、でいいでしょうか?」

翠「はい、そのように呼んでいただけたら大丈夫です。ええと...千川さん」

ちひろ「はい、私もそれで♪...翠ちゃん、あなたのことはいつもお兄さんから聞いてましたよ」

翠「お兄様が、ですか」

ちひろ「いつもいつも自慢されますからね、うちの妹はー、昨日妹がーって」

翠「まあ...」

ちひろ「ふふっ、お兄さんは翠ちゃんのことが本当に大好きなんですね♪」

翠「それは、なにより嬉しいです。私もお兄様のことが大好きですから」ニコッ

ちひろ「」ドキッ

翠「? どうしました?」


11: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:06:30.38 ID:Vqm5zDad0


ちひろ「い、いえ。佇まいや聞いてたお話から凛々しいってイメージが強かったから...笑顔がとってもかわいらしくて」

翠「ふふっ、照れてしまいますね...ありがとうございます」

モバP「そうでしょうそうでしょう!」

ちひろ「あっ、プロデューサーさん」

モバP「翠はね、ほんと可愛いですから。凛々しくもありますが...ていうかあれです、凛々しさと可愛さが超融合してるんですよ」

翠「もう、お兄様...やめてくださいと言っているのに」

モバP「でも、まだ凛々しいとは言えなかった昔はホントに天使の様に可愛くてね。見つけたらずーっと俺の後をついてくるんですよ。『おにいさまー』って言いながらね」

翠「む、昔の話は恥ずかしいからやめてください!」

モバP「あ、その頃の映像もまだ残ってるんですよ。ほらこれ」スッ

ちひろ「どれどれ...あら、かわいい♪」

翠「も、もう...いじわるなんですから」カアア

モバP「ほら、見てくださいこの目。今もそうですがちょっとたれ目がちなこの目がキュートさを表してて...」


12: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:09:04.60 ID:Vqm5zDad0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


モバP「それでですね...はっ、語ってたら時間が...」

翠「そういえば...もう3時、ですか」

ちひろ「あはは...まあ翠ちゃんの可愛さはよくわかりましたから、そろそろお仕事しましょうね」

モバP「そうですね...じゃあそうだな、どうする翠?」

翠「せっかくですから、お兄様の仕事場をもう少し見ていてもよろしいですか?」

モバP「おう、いいぞ。といっても今日は事務仕事ばっかりだしあんまり見ることはないと思うけど...」

翠「いえ、頑張っている姿が良いんです♪」

ちひろ「まあ...そうですね、そろそろ誰か来る頃ですし、話し相手にもなるかもしれませんね」

モバP「そうですね...っと、噂をすれば何とやらかな」トトトト

ガチャ

美由紀「おはようございまーす!」

モバP「おう、おはようさん美由紀」

ちひろ「美由紀ちゃん、おはようございます♪」


13: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:10:22.77 ID:Vqm5zDad0


美由紀「おはよう!...あれ、あなたは誰?」

翠「初めまして、水野翠と申します」ペコ

美由紀「みゆきは柳瀬美由紀だよ!...あれ、水野ってもしかして」

モバP「そうそう、翠はいつも話してた俺の妹だ」

美由紀「わー!あなたが妹さんなんだね!」

翠「え、ええ。そうですが...」

美由紀「すごーい!とってもきれいな人だね!」キャッキャッ

翠「どうも、ありがとうございます。ええと...柳瀬さん」

美由紀「ねえねえ、ここに来たってことは一緒にアイドルやってくれるの?」

翠「あ、アイドル...ですか?」

モバP「いやいや、そういうわけじゃないんだ。ただちょっと連れてきてみたくなってさ」

美由紀「そっかー」

翠「アイドル...わたしが、アイドルにですか...」

ちひろ「もしかして、ちょっと興味がおありですか?」

翠「...いえ、それは...ふむ」

美由紀「まあいいや。ねえ、えっと...翠さん、来てくれたんだしあそぼー!」

翠「はい、いいですよ♪」

美由紀「わーい♪」

モバP「うっし、じゃあ俺たちはお仕事してるからな。そっちの方に居間があるんで好きに使っていいぞ」

翠「はい、わかりました」

美由紀「翠さん、こっちこっちー!」


14: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:11:08.67 ID:Vqm5zDad0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


夕方

帰り道


モバP「ふー、今日も疲れたな」

翠「ふふっ、一生懸命お仕事していましたものね」

モバP「翠もありがとうな、美由紀の面倒見ててくれて」

翠「柳瀬さん、とっても元気でいい子でしたから。またお会いしたいですね」

モバP「...なあ翠、さっきの話だけどさ」

翠「アイドル...の話ですね」

モバP「ああ、なんか興味あったみたいだから...どうなんだ?まあ、やりたいなら止めはしないが...」

翠「...正直、迷っています。興味はありますが、私に務まるかどうか...」

モバP「んー、まあ兄妹びいきもあるかもしれないけどさ...翠だったら全然大丈夫だと思うぞ」

翠「そう、でしょうか」

モバP「ああ、なんせ俺の自慢の妹なんだからな」

翠「ふふっ、説得力がありませんよ」クスッ

モバP「いいのいいの。こういうのは心が大事なんだから」


15: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:11:52.80 ID:Vqm5zDad0


翠「そうですね、では少し体験としてやってみても...よろしいでしょうか」

モバP「おう、また時間が空いた時に来てくれればいいからな。色々用意はしておくからさ」

翠「はい、お願いします...ふふ」

モバP「おっ、どうした翠?」

翠「いえ、お兄様と一緒にお仕事というのが何か不思議な気がしまして...」

モバP「まあそうだな、なんだか新鮮かも」

翠「あと、お兄様と一緒にいられるのはやはりうれしいですから」

モバP「み、翠...お前ってやつは、なんて兄思いなんだ」

翠「兄妹ですから、当然ですよ」

モバP「あー感動した!よし、今日は俺が手料理をふるってあげよう」

翠「やった!楽しみです」

モバP「なにが良い?なんでも作ってさしあげよう」

翠「そうですね...手料理ならなんでも、と言いたいですが...冬ですから、お鍋なんてどうでしょうか」

モバP「おっ、鍋か。いいだろう、男の料理という物を見せて差し上げよう」

翠「期待していますね♪」


16: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:13:09.67 ID:Vqm5zDad0


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





水野家


モバP「ふぅー、今日も疲れたな...」

翠「お兄様、本日もお疲れ様です」

モバP「ああ、ありがと。...さってと、お風呂湧いてっから先に入っちゃいなさい」

翠「いえ、お兄様こそお疲れでしょうから...お先にどうぞ」

モバP「いやいや、ここはレディーファーストで...」

翠「いえいえ、年長者からお先に...」

モバP「...」

翠「...」

モバP「...ふう、わかった。じゃあじゃんけんで決めようか」

翠「ええ、いいでしょう。負けませんよ...!」メラメラ

モバP(凄い気合...じゃあグーだせば勝てるな)

翠「行きますよ、じゃん、けん...!」


17: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:13:54.95 ID:Vqm5zDad0


風呂


翠「ふう...」チャポン

翠(私がアイドル、ですか...)

翠(考えてみたことも...いえ、いくつかありましたがそこまで)バシャ

翠(...お兄様がついててくれるとはいえ、やはり不安ですね...見たこともない世界ですから)ゴシゴシ

翠(いえ、臆してはいけませんね。水野翠、ここは思い切って挑戦してみるべきです)ジャバー

翠(これも新しい自分を見つけ成長するため、です)キュッキュッ

ガラガラ

翠(さて、しかしアイドルとはどういったものなのでしょうか...おぼろげながらはわかりますが、具体的にどのような物なのかはわかりませんね)パサパサ

翠(...とりあえずお兄様に聞いてみましょうか)

ガラッ

パンッ

翠「!?」

モバP「翠、お誕生日おめでとー!」

翠「あ、ああ...そういえば、今日は私の...」

モバP「いやー、隠しておくのが大変だったよ。でもまあ、サプライズは成功したみたいでなによりだ」

翠「...お兄様、ありがとうございます」


18: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:14:58.32 ID:Vqm5zDad0


モバP「ほら、ケーキも用意してるからな。二人で食べよう!」

翠「ええ。...わあ、おいしそうなケーキ...」

モバP「ふふ、喜んでもらえて何よりだよ」

翠「私、お兄様がくれるものならどんなものも嬉しいですから...こんなに素敵な物をもらえて、幸せです」

モバP「よし、じゃあ記念撮影するからな。ほら笑ってー」

翠「」ニコッ

モバP「はい、チーズ!」

カシャッ

モバP「うん、いい写真が撮れたぞ」

翠「うふふ、少し照れくさいですね」

モバP「さてと、じゃあ食べようか。ケーキがぬるくなっちゃうしな」

翠「はい。...そうだお兄様」

モバP「ん?」

翠「良かったら、昔みたいに...その、あーんしてもらってよろしいでしょうか」

モバP「お、おう?どうした急に」

翠「いえ、今日は昔のお話ばかりしていたものですから...ふと、思い出してしまい」

モバP「まあ、いいぞ。ほら翠、あーん」

翠「あー」パクッ

モバP「どうだ翠、おいしいか?」

翠「はい、とっても...おいしいです♪」

モバP「はは、気に入ってくれて良かったよ」

翠「では、お返しに私からも...はいお兄様、あーん」

モバP「あー」パクッ

翠「どうでしょう、おいしいですか?」

モバP「うーん、最高かな」

翠「喜んでくれたみたいで、うれしいです♪」

モバP「な、なんか照れくさいな...えーいじゃあお返しだ。ほら翠、あーん」

翠「あー」パクッ

モバP「ふふっ、ほんとに昔の頃みたいだな」

翠「私だって。ほらお兄様、あーん」

モバP「あー...」

............


......


...


19: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:15:34.81 ID:Vqm5zDad0


翌朝



翠「すぅ...すぅ...」

翠「すぅ...うむ、むむ...」

翠「ふぁあ...いい朝ですね」ググー

モバP「ぐぅ...」

翠「さてと...まだ起こさないようにして、朝ごはんの準備にしましょうか。...今日は朝練もありますから」チラ

モバP「んむ、むむ...」

翠「...ふふっ、今日も一日頑張りましょうね♪」ナデ

モバP「んむむ...ふふ」





20: ◆Xz1yv1fzOo 2016/12/06(火) 14:16:35.59 ID:Vqm5zDad0


終わりです。遅れてしまいましたが翠さん、お誕生日おめでとうございます。
依頼出してきます。



ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.1108 アイドルマスター シンデレラガールズ 『本田未央』Part.2
ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.1108 アイドルマスター シンデレラガールズ 『本田未央』Part.2
関連記事

Powered By 画RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 05月 【203件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: