オチのない話【ブレイブウィッチーズ】

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/09(金) 20:41:36.02 ID:sl2ryR1T0


ジョゼ「報告します、本日ニパさんが一度も墜落しませんでした」

菅野「マジかよ、やったな!」

ニパ「ヒカリーやったよ私一回も落ちなかった!」

ひかり「うぇ!?お、おめでとうございます?」

サーシャ「ニパさんが落ちない日があるなんて…ありがとう」

ロスマン「お祝いをしなくちゃいけないわね」

下原「ご馳走を用意しますねニパさん」

クルピンスキー「今夜はたっぷり褒めてあげるよ子猫ちゃん」




ラル「なんだコレは」



終わり
 

TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」エンディング・テーマ コレクション【DVD付き限定盤】

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 22:46:46.84 ID:63AKGkj+0


ジョゼ「私ケガない人は治せないんです」

ハげ「そんなっ」


終わり


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 22:51:40.18 ID:63AKGkj+0


少女「…」

クルピンスキー「今日も来てくれたのかい子猫ちゃん」

少女「…」

クルピンスキー「君のために用意したご馳走さ、いっぱい食べていいよ」

少女「…」パクパク

クルピスキー「…」スッ

少女「…」バシッ

クルピンスキー「…つれないね子猫ちゃん」

少女「にゃー」



終わり


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:00:52.44 ID:63AKGkj+0


ニパ「あるーひ」

管野「あるーひ」

ニパ「もりのなかっ」

管野「もりのなかっ」

ニパ「クマさんに」

管野「クマさんに」

ニパ「であった」

管野「であった」

サーシャ「今私の話したかしら」

ニパ管野「「ぎゃー!!」」


終わり


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:06:36.96 ID:63AKGkj+0


下原「…」ペラッ

ひかり「あっ下原さんだ」

下原「雁淵さんどうしたの」

ひかり「何読んでるのかなーって」

下原「これ?…コミ○クLOです」

ひかり「え?」

下原「今夜雁淵さんの部屋に行っていいですか?」

ひかり「え?」


終わり


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:13:54.74 ID:63AKGkj+0


管野「…」ペラッ

ひかり「あ、管野さんだ」

管野「おうどうした」

ひかり「何読んでるんですか?」

管野「これか?…胡蝶の夢だぜ」

ひかり「そういう反応に困るのやめてもらえます?」

管野「お前が聞いてきたんじゃねーか!」



終わり


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:33:35.41 ID:63AKGkj+0


ジョゼ「にしてもアレは危なかったね」

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima472086.jpg

下原「下が凍っていたら万が一もあったかもしれません」

ひかり「でもさっきロスマン先生もやってましたよ?ほらあそこ」

ジョゼ「えっ」

下原「嘘っ」

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima472087.jpg

ロスマン「あれは私じゃなくて本当のキツネよ!」



終わり

『キツネ 雪』で画像検索すると幸せな気持ちになれるぞ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:42:33.62 ID:63AKGkj+0


ひかり「ラル隊長はコルセットしてますけど腰が悪いんですか?」

ラル「ああそうだ」

ラル「前にネウロイの攻撃を被弾してな」

ラル「治癒魔法をかけてもらったが中々調子が上がらなくて」

ラル「コルセットで何とか持たせている」

ラル「そんな時出逢ったのが世○谷自○食品の青汁」

ひかり「へんなの!」


終わり


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/10(土) 23:42:59.17 ID:63AKGkj+0

以上です


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 17:45:14.90 ID:mjcKA26E0


ひかり「おはようございます!」

管野「おう、おはよう」

下原「おはようございます」

ニパ「Moi!Huomenta!」

ラル「Guten Morgen」

サーシャ「Доброе утро」

ジョゼ「Bonjour」

ロスマン「Könnte ich mit dir schlafen?」

クルピンスキー「Es ist gut.Warten auf dem Zimmer.」

ひかり「ちょっとおかしいこと言ってる人がいますね」


終わり


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 18:00:21.04 ID:mjcKA26E0


下原「ぴょん、ぴょん、ぴょーん♪」

ひかり「その歌何ですか?」

下原「エイラさんに作ってもらったんですよ、曲名はブックマーク・ラ・ビットって言うんです」

ひかり「へえ~いいなあ。私にも歌を作ってくださいエイラさん!」

エイラ「下原に~?うーんそうダナ」

エイラ「これなんてどうだ?」

つ「パンツマンの唄」


終わり


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 18:10:29.07 ID:mjcKA26E0


サーシャ「訓練お疲れ様」

ひかり「う゛ぇ~やっと終わった~」

サーシャ「流石のひかりさんも堪えたみたいね」

ひかり「お、お水~」

サーシャ「はい水よ」

ひかり「ありがとうございます」グビッ

ひかり「ブッ…けほっ、な、何ですかこれ」

サーシャ「何ってオラーシャの"水"よ?」



終わり


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 18:19:05.44 ID:mjcKA26E0

ジョゼ「ガリアでは最初のHは声を出さないんですよ」

ひかり「私ガリアに生まれないでよかった…」

ひかり「相手も初めてだったせいか不思議に思われなかったみたいだけど、そうとう大きい声出しちゃいました」

管野「な、な、な、何を言ってるんだお前ら///」

ジョゼ「ガリア語の話ですよ?」

ひかり「野球の話ですよ?思わずはしゃいでしまって」

ジョゼひかり「「あれ?」」


終わり


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 18:33:28.90 ID:mjcKA26E0


ロスマン(最近皆が私のことを変顔面白お姉さんと思ってるみたいだわ)

ロスマン(サーシャさんは才色兼備完璧お姉さんなのに)

ロスマン(どこで差がついた…)

ロスマン(こうなったら私の評価をどうにかして取り戻して見せるわ)

ロスマン「…」キッ

ラル「先生、今日は冷徹キャラでいくのか?可愛いな」ナデナデ

ロスマン「うぅ……んもぅ//」プルプル


終わり


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 20:57:01.96 ID:mjcKA26E0


クルピンスキー「扶桑から物資の補給が来たよ」

ラル「扶桑語でリストを寄越すのはやめて欲しいといつも言っているのに」

ラル「先生、この漢字読めるか?」

ロスマン「つーん」

クルピンスキー「あれパウラ、お怒りかい?」

ラル「すまん、少しな」

クルピンスキー「仕方ない、ここは僕が読んであげよう。ナオちゃんに少し教えてもらったからね」

ラル「ああ、頼む」

クルピンスキー「うーんこれは『姉』だね。『干した姉』」

ラル「姉?雁淵孝美中尉のことか?」

クルピンスキー「干された孝美ちゃんが届くなんてビックリだね」

ロスマン「………それは柿よ」


終わり



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:58:30.25 ID:mjcKA26E0


ひかり「私の魔眼って役に立たないのかな…」

サーニャ「諦めるには早いわ」

ひかり「サーニャさん!?」

サーニャ「501ではミーナ中佐と坂本少佐が能力を共有したことがあるの」

ひかり「能力を?」

サーニャ「空間把握と魔眼を合体させていたわ」

ひかり「ということは遠視の能力と合体すれば…」

下原「話は聞かせてもらいました」

ひかり「下原さん!」

下原「雁淵さん、合体しましょう」

ひかり「はい!」

下原「では私が後ろから抱きつきますね」

ひかり「えっ…はい」

サーニャ「どう、何か見える?」

ひかり「いつもと変わりません~」

サーニャ「おかしいわね、下原少尉は?」

下原「はぁはぁ雁淵さんかわいい」クンカクンカ


終わり


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/11(日) 22:59:04.15 ID:mjcKA26E0

以上です


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 21:37:56.10 ID:Ggyg8BwT0


ニパ「ヒカリーオチのない話だからって私このSSにあんまり出てないよー」

ひかり「今日何回落ちました?」

ニパ「3回!」


終わり


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 21:46:33.54 ID:Ggyg8BwT0


ニパ「このババ抜きの相手イッルなんだっ」

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima472383.jpg

エイラ「"ダイヤのエース"を取れないとはまだまだなんダナ」

ニパ「誰にも取られたことないくせにー」

エイラ「あるゾ」

ニパ「誰に?」

エイラ「サーニャに」

ニパ「イッルをサーニャさんに取られたああぁ」


終わり


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 21:53:18.09 ID:Ggyg8BwT0


ニパ「ヒカリは犬ぞりって知ってる?」

ひかり「犬がそりに乗るんですか?」

ニパ「ううん、こんな風に犬にそりを牽かせるんだ」

ニパ「意外とスピード出るから寒い地域だと重宝するんだよ」

管野「俺は犬じゃねえええええええええ」ダダダダダ

ひかり「使い魔犬ですよね?」


終わり


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 22:03:31.98 ID:Ggyg8BwT0


サーシャ「南極で風邪をひかないというのは間違いよ」

サーシャ「極寒地域であっても風邪のウィルスは生きていられるの」

サーシャ「人が少ないから人に感染しにくいってだけね」

サーシャ「分かったかしら」

ひかり「はっくしゅん!…ふぇ、なんですか、きいてませんでしたぁ」

サーシャ「…風邪をひいた時はなんだかんだ言って温かくして水分を取って寝ているのが一番よ」


終わり


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 22:11:56.59 ID:Ggyg8BwT0


サーシャ「ニパさんは…」

ニパ(正座か!?)

サーシャ「私の膝に座って!」

ニパ「はい!」シュバ

サーシャ「はぁ…あったかい…」

ニパ「あれ?」


終わり


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 22:14:40.80 ID:Ggyg8BwT0


下原「ジョゼも私の膝に座らない?」

ジョゼ「えーどうしよっかな~」

下原(明日から食事が一人分少なくなりそうですね)ボソッ

ジョゼ「嘘、私もちょうど定ちゃんに座りたいなって思ってたところなの」

下原「食事の力って凄いんですね」


終わり


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 22:30:42.99 ID:Ggyg8BwT0


クルピンスキー「最近アナグラムに興味があるんだ」

ロスマン「アナグラム?クリスマス(Christmas)はお金を浪費する(trims cash)みたいなのだったわね」

クルピンスキー「そうそう、そこで一つ考えてみたよ」

ロスマン「何かしら?」

クルピンスキー「エディータ・ロスマンはディタ(ライチリキュール)を飲むエロスマン」

ロスマン「誰がエロスマンよ!」


終わり


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/12(月) 22:32:48.25 ID:Ggyg8BwT0

以上です
即興でしてるんでネタが思い付かない


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:15:21.75 ID:PFe4plIg0


『我が深淵にて煌めく蒼金の刻印よ…大いなる腕(かいな)となりて我が右手に集え…砕け!剣一閃!!』

ひかり「というのはどうでしょう」

管野「何だこりゃあ」

ひかり「詠唱ですよ。短縮詠唱と完全詠唱と詠唱破棄と皆がくれた最後の一撃バージョンを使い分けることで画的に映えますよ?」

管野「待て最後のは使ったら俺の魔力が切れるパターンの奴だろ」

ひかり「完全詠唱は一度失敗しておくとOPが貯まりやすいですよ」

管野「なんだOPって?」

ひかり「OP(オサレポイント)です」


終わり


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 22:19:30.21 ID:PFe4plIg0


管野「ダメだ!」カーン

ひかり「ダメじゃない!」カーン

管野「ダメだ!」カーン

ひかり「ダメじゃない!」カーン

管野「ダメだ!」カーン

ひかり「もうダメぇ……zzZ」

管野「おいバカ寝るな…まだ全然終わってないのに、くそっこうなったら徹夜で薪割りするしかねえ」

ニパ「zzZ」


終わり


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:03:17.85 ID:PFe4plIg0


クルピンスキー「やあやあ」

ひかり「あ、クルピンスキーさんこんにちは」

管野「よお」

クルピンスキー「突然だがひかりちゃん、君にプレゼントだ。大人の茶色い飲み物さ」

ひかり「え、でも私未成年ですよ」

クルピンスキー「郷に入っては郷に従え、君たちの言葉だったよね。大丈夫僕の国じゃその年齢で飲むのが普通だから」

ひかり「わ、分かりました」ゴクッ

管野「てめっひかりに何飲ませてんだ。ひかり!今すぐ吐き出せ」

ひかり「管野さん…これ、ただの麦茶です」

管野「は?…はぁ!?」

クルピンスキー「あはははは、ナオちゃんの顔サイコーだね。僕が幼気な子にお酒を勧めるわけがないじゃん」

管野「ちくしょー最近こんなんばっかだ!」


終わり


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:50:16.64 ID:PFe4plIg0


クルピンスキー「扶桑ではお酒の代わりに本みりんをお湯割りで飲むこともあるのか…」

クルピンスキー「…!」ピコーン

クルピンスキー(確か厨房に置いてあったはず)コソコソ

下原「何をしているんですか?クルピンスキーさん」

クルピンスキー「下原ちゃん!?」

下原「…ロスマンさーん」

クルピンスキー「ちょ、ちょっと待って。見逃しておくれよ」

下原「ダメです」

ロスマン「呼んだ?」

クルピンスキー「いつの間に!」

ロスマン「覚悟はいいかしら、伯爵?」

クルピンスキー「ぎゃあああああああああああ」


終わり


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/13(火) 23:58:26.31 ID:PFe4plIg0


ひかり「直枝お姉ちゃん!」

管野「おう、俺が守ってやるからな」

ひかり「定子お姉ちゃん!」

下原「今日は一緒にお風呂入ろうね、ひかり」

ひかり「ジョゼお姉ちゃん!」

ジョゼ「部屋は綺麗にしなきゃダメだよ」

ひかり「ニパお姉ちゃん!」

ニパ「一緒に遊びに行こうヒカリ」

ひかり「ヴァルトルートお姉ちゃん!」

クルピンスキー「一緒に"遊び"に行こうか」

ひかり「サーシャお姉ちゃん!」

サーシャ「もう甘えん坊ですね」

ひかり「エディータお姉ちゃん!」

ロスマン「ひかり!たくさん食べないと大きくなれないわよ」


ラル「…」ソワソワ

ひかり「ラル隊長!」

ラル「………くっ」


終わり


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 22:07:06.20 ID:E5K7fZkV0


ニパ「おーいジョゼー」

ジョゼ「ん……ぅん…」

ニパ「起きないと朝ご飯無くなっちゃうよー」

ジョゼ「んぁ?……」

ニパ「起きたジョゼ?」

ジョゼ「…あ…こんなところにお饅頭が」モミ

ニパ「え、ちょっと…///」

ジョゼ「こんなに大きいの食べきれないよー」モミモミモミ

ニパ「離してよおお」


終わり


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 22:15:33.15 ID:E5K7fZkV0


ジョゼ(管野さんの部屋を掃除していたら一冊の本が落ちていました)

ジョゼ(ガリア書院出版…)

ジョゼ(ちょっと読んでもバレないよね)

ジョゼ(………)

ジョゼ(…う、うわああああ、え、嘘。こんな…///)

ジョゼ「///」プシュー

ジョゼ「か、菅野さんもこういうの読むんですね」



??「あれ?あの本どこにいったんだろ」


終わり


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 22:27:43.45 ID:E5K7fZkV0


サーシャ「北極圏のトナカイが小型化してるらしいわね」

サーシャ「雪じゃなくて雨が降ることが多くなったことで氷が貼って植物を食べるのが難しくなったせいらしいわ」

サーシャ「頭数自体は増えてて環境の変化に対する適応が見て取れます」

サーシャ「クリスマスの絵本では2頭のトナカイがそりを牽いてることが多いけれど、これからはもっと数が必要になるかもね」


終わり

※駐日スオムス大使館TwのRTより



42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 22:51:16.63 ID:E5K7fZkV0


ニパ「冬爺さんと雪娘のお話聞かせて!」

サーシャ「いいわよ。オラーシャにはサンタ・クロースに当たる精霊が3人いるの、その内の一人が冬爺さんことジェド・マロースね」

サーシャ「ジェドが出てくる話にこんなのがいるわ」

サーシャ「継母に虐げられていた娘と溺愛されていた連れ子がいました。継母はある日娘を雪が吹きすさぶ野に置いてきました。そこにジェドが現れ冷たい風を吹き付けながら『寒いか』と娘に聞くのです。娘が『暖かい』と答えるとジェドは毛布や食料を与えました。帰ってきた娘の話を聞き継母は連れ子にも幸運を受けさせようと野に置いてきます。連れ子にもジェドが現れ同じように『寒いか』と聞きますが、連れ子は『寒い』と答えます。ジェドは連れ子に何もしませんでした。」

ニパ「連れ子は亡くなったの?」

サーシャ「えぇ」

ニパ「結構残酷な話なんだね」

サーシャ「そうね、正直よりも従順であることが美徳とされていた時代の教訓が現れているわ」

サーシャ「雪娘のスネグーラチカはジェドの娘で脇役みたいなものだったけれど最近は女の子が雪娘に扮装したりケーキにも二人で飾られるようになったり扱いが変わってきたわね」

ニパ「へえ~」


終わり


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/14(水) 23:07:48.53 ID:E5K7fZkV0


ラル「ストライカーユニットを装着したウィッチの脚部は異空間に移動しているというのは本当か?」

ロスマン「宮藤理論の資料を読みましたが、どうやらそのようですね」

ラル「異空間とは何だ?全てのユニットは異空間を通じて繋がっているのか?それともそれぞれ分離して存在しているのか?空気や重力といった概念は存在するのか?魔法力を介してゲートが開かれるのならばもっと大きな扉を作って利用すればいいのではないのか?もし全てのユニットが繋がっているのであれば長距離の物資輸送に活かせるのではないのか?逆に分離しているであればネウロイを閉じ込めるという荒業を使えるのでないのか?」

ロスマン「た、隊長落ち着いてください。ユニットはまだ黎明期ですよ。これから解析が進むはずですから」

ラル「そうか」


終わり


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:01:43.79 ID:BxtMyfoN0


サーシャ「最近ブレイクの3人に正座があんまり効果ないみたい…」

サーシャ「やりすぎて慣れちゃったということかしら」

サーシャ「うーん…」

サーシャ「石抱…ファラリスの雄牛…スコールド・ブライドル…」ブツブツ


ニパ管野クルピンスキー「…っ……!」ガクガク


終わり


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:20:19.77 ID:BxtMyfoN0


下原「はい、ジョゼにプレゼントです」

ジョゼ「これは四つ葉のクローバーかな?」

下原「ええ、扶桑では幸運のアイテムなんですよ」

ジョゼ「わあ、ありがとう定ちゃん!じゃあ私はスズランをあげるね」

下原「ガリアだとスズランが幸運のアイテムなの?」

ジョゼ「うん、そうなの」

下原「へえ、ありがとう!」

下原ジョゼ「「ふふっ」」



ニパ「幸運の象徴の天道虫を描いたよ!」

サーシャ「これは…レンコンの断面?」

ニパ「ガーン」


終わり


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:33:05.34 ID:BxtMyfoN0


クルピンスキー「ラッキーアイテムか」

クルピンスキー「カールスラントではアマニータ、青い鳥、エーデルワイス、馬蹄なんかがあるね」

クルピンスキー「他には勿忘草だね」

クルピンスキー「初対面の女の子によくプレゼントするよ、僕のことを忘れないでねって」


ロスマン「心配しなくてもアンタのことはまず忘れないわよ」


終わり


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 01:50:35.79 ID:BxtMyfoN0


下原「水団が不評だったのでニョッキを作ってみました、トマトソースを添えてあります」

ジョゼ「ロマーニャの料理だね、美味しい!」

下原「ピエロギを作ってみました、ニパさんの採ってきたキノコをふんだんに使ってます」

ジョゼ「オラーシャの料理だね、美味しい!!」

下原「キッシュを作ってみました、グリュイエールチーズとナッツを加えてあります」

ジョゼ「ガリアの料理だね、美味しい!!!」

ひかり(餌付けされてる…)


終わり


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:40:29.55 ID:y2J50AcS0


ひかり「コタツを持ってきてもらいました!」

ひかり「でも…」


ロスマン「これが扶桑の暖房器具ね」ヌクヌク

クルピンスキー「背中が少し寒いけど温くていいねこれは」ヌクヌク

サーシャ「隊長もどうぞ入ってください」ヌクヌク

ラル「ああ、すまんな……ふぅ」ヌクヌク


ウウウゥゥーーーーーーーーー!


ひかり「あ、サイレン鳴ってますよ」ヌクヌク

ラル「ネウロイか、誰か行ってきてくれ」ヌクヌク

クルピンスキー「えー隊長行ってきてよ」ヌクヌク

サーシャ「誰か出撃するんじゃないですか?」ヌクヌク

ロスマン「それもそうね」ヌクヌク


ネウロイ「^^」ビーム


5 0 2 全 滅

ひかり「なんてことになるかも…」

ロスマン「ならないわよ」


終わり


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 22:52:42.67 ID:y2J50AcS0


下原「コタツを持ってきてもらいました」

下原「でも…」


ジョゼ「わあ、あったかいね」ヌクヌク

管野「やっぱ冬といったらコタツだよな」ヌクヌク

ニパ「私コタツに住むことにしたよ」ヌクヌク

ネウロイ「いや~今日も寒いっすねえ。あ、ミカン取ってもらっていっすか?」ヌクヌク

下原「はい、どうぞ」ヌクヌク

ネウロイ「あざっす、やっぱコタツにはミカンっすよね」ヌクヌク

ニパ「え~雪見大福だよ~」ヌクヌク

ジョゼ「おでんがいいなあ」ヌクヌク

管野「熱いお茶だろ」ヌクヌク

下原「お汁粉もいいですよ」ヌクヌク

ネウロイ「下原ちゃんの作るお汁粉出されたら勝てないわ~」ヌクヌク

管野「てめっ何色目使ってんだ」ヌクヌク

ネウロイ「勘弁してくださいよー菅野さん」ヌクヌク

ジョゼ「ふふ」ヌクヌク

ニパ「あはは」ヌクヌク


和 解 E N D

下原「なんてことになるかも…」

ジョゼ「ならないよ定ちゃん」


終わり


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/15(木) 23:31:33.91 ID:y2J50AcS0


ニパ「あと中型が一機か、このまま押し切ろう」

ひかり「うわあああニパさーん」

ニパ「え、ヒカリ?なんでこっち突っ込んで…」

ドーン

ニパ「うわああああ」

管野「何やってんだ、来るぞ」

ニパ「来るぞって…」

ネウロイ「ビーム」

ニパ「あぶなっ」バシュウ

サーシャ「ニパさん!」

ニパ「サーシャさん!?」

サーシャ「正座!」

ニパ「え??ここ空中…」

サーシャ「いいから」

ニパ「はい!っておかしいよね!!?」

ロスマン「ニパさん、前見て」

ニパ「前?…うわっ鳥が」

ニパ「かわせないっ…こうなったら使い魔仕舞って…」

ニパ「……ふぅ…そしてもう一回ユニットを回す!」

ニパ「あれ?回んない。嘘、整備不良!?」

ニパ(このままじゃ落ち…)

にぱ「うわあああああぁぁ…」




ニパ「はっ」ハァハァ

ニパ「夢、かぁ…よかったあ」


本当に終わり


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 00:48:06.62 ID:GjYbmMh30


管野「おにぎりの具と言ったら梅だろうが」

ニパ「ツナマヨだって」

サーシャ「鮭が一番よ」

ひかり「昆布がいいです」

ロスマン「高菜も美味しいわよ」

クルピンスキー「カツオの酒盗もイケるよね」

ラル「天むす」

下原「沢山作ったのでどれでも好きなの取って食べてくださいね」

ジョゼ「わーい」


終わり


62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 00:49:07.86 ID:GjYbmMh30


ラル「これから雪上訓練を行う」

ラル「ルール1、これは対抗戦だ。なお敵と共謀することは禁止する」

ラル「ルール2、武器は雪を野球ボール大に固めたもののみとする。雪に石等を入れるもしくは雪をコーティングするといった行為は禁止する」

ラル「ルール3、3回雪を当てられた者は戦闘不能と見なす。なお投擲以外の方法で当てた場合無効とする」

ラル「ルール4、負けたチームと禁則事項を犯した者はネヴァ川で寒中水泳大会だ」

ラル「エディータ管野ニパ雁淵のチームキツネさん、サーシャクルピンスキージョゼ下原のチームクマさんに分かれろ」

ひかり「これってただの雪合戦ですよね?」

ニパ「しー、分かってても言っちゃダメだよ」

ラル「試合開始!」


終わり


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 00:50:21.86 ID:GjYbmMh30


-チームクマさん-

クルピンスキー「さてどうしますか」

サーシャ「んーそうね、下原さんが索敵、ジョゼさんが後方警戒、クルピンスキーさんが接敵した際の前衛をお願いできるかしら」

サーシャ「私はトラップの警戒に当たるわ」

ジョゼ「流石サーシャさんです!」

下原「分かりました、相手はロスマンさんがいますから慎重に行きましょう」


終わり


64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 00:51:14.04 ID:GjYbmMh30


-チームキツネさん-

ロスマン「では作戦を立てるわよ」

管野「先手必勝!!行くぞ、ニパ!雁淵!」

ニパ「おー」

ひかり「おー」

ロスマン「あ、こら、待ちなさいっ」



ひかり(1/3)「二人ともやられちゃいましたー」

管野(0/3)「…」チーン
ニパ(0/3)「…」ガクッ

ロスマン「だから言ったのに…」


終わり


66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 01:06:32.95 ID:GjYbmMh30


ジョゼ「これで後ロスマンさんとひかりちゃんだけですね」

サーシャ「この試合貰いましたね」

ビュッビュッビュッ

クルピンスキー「!…危ないっ」

下原「きゃっ」

クルピンスキー(0/3)「不意打ちとは意地が悪いねえ……隊長さんは」

ラル「最も戦闘力の高いお前が味方を庇って脱落とはな」

クルピンスキー「可愛い子ちゃんは守りたいからね」

サーシャ「そんなっ隊長も参加してるんですか!?」

ラル「ルール5、試合にアクシンデントは付き物」

ラル「これは4対4対1の対抗戦だ。チームオオカミさん行くぞっ」




なんやかんやあって


ひかり(1/3)「やったー勝ちましたー」

ラル(0/3)「くっ」

ロスマン「隊長がほとんど倒して最後ひかりさんが持ち前のスタミナで翻弄するとは…分からないものね」



終わり



67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 01:24:22.47 ID:GjYbmMh30


ニパ「ひかりは好きな人いるの?」

ひかり「いますよー」

ニパ「意外っウィッチは男女の恋愛禁止されてるのに」

ジョゼ「どんな方なんですか?」

ひかり「それはちょっと…恥ずかしいです//」

ニパ「えー教えてよー」

ひかり「うーんと…じゃあ特徴だけでもいいですか?」

ニパ「うん!」

ひかり「優しくて強くて飛んでる姿がキレイで私の歳には学校卒業するくらい才能あってリバウ撤退で傷ついてもみんなを守るくらいカッコよくて一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりします!」

管野「おいそれ孝美の特徴じゃねえか」


終わり


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 01:36:26.02 ID:GjYbmMh30


下原「小さくて可愛らしい方が好きです」

クルピンスキー「女性は誰でも恋愛対象さ」

ニパ「この二人はちょっとアレだから近づかないようにしようね」

ひかり「は、はい!」

下原「え~一緒に仲良しさんした仲じゃないですか」

クルピンスキー「なんだい仲良しさんって僕も今度混ぜて欲しいな」

下原「クルピンスキーさんは大きいのでダメです」

クルピンスキー「厳しいなあ下原ちゃんは」


終わり


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:35:50.42 ID:GjYbmMh30


ニパ「走るとき揺れて疲れるんだよね」

下原「私もちょっと気になります…」

ニパ「ねー」

下原「ちゃんと固定できてないと体の揺れと合わなくて変な感じしますよね」

ニパ「うん、気になって余計な体力使っちゃうよね」

下原「ニパさん程大きいと固定しても効果薄いんじゃないですか?」

ニパ「あはは、そうなんだよね。だから思いっきり走ると痛くてさあ」


管野「全然羨ましくねえ!」

ロスマン「もう諦めたわ」

サーシャ「私はもう少し欲しいですね…」


終わり


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 22:47:25.25 ID:GjYbmMh30


孝美「ひかりー」

ひかり?「お姉ちゃーん」

孝美「会いたかったよひかり!」

ひかり?「私も」モミモミ

孝美「ねえなんで私の胸揉んでるの?」

ひかり?「えへへーつい」

孝美「貴方ひかりじゃないわね!?」

ひかり?「ちっ、バレてしまったら仕方ない」

ひかり?「私は淫獣型ネウロイ、ミヤフ・ジ・ヨシーカ!」




孝美「…ん」

芳佳「あ、起きましたか?」

孝美「はっ貴方はヨシーカ!」

芳佳「へ?確かに芳佳ですけどどうしました?」

孝美「ネウロイは殲滅よ」

芳佳「ええ!?誤解ですってえええ」


終わり


76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 23:13:23.72 ID:GjYbmMh30


ニパ「私の名前はニッカ・エドワーディン・カタヤイネン。通称ツイてないカタヤイネン!」

ニパ「でも実はツイてるんだ」

ひかり「本当ですか!?」

ニパ「うん、ほら」ビンビン

ひかり「うわっ、本当に付いてますね///」

ニパ「キノコ食べたら生えてきちゃった」テヘッ


終わり


77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 23:14:59.59 ID:GjYbmMh30


クルピンスキー「エールビールって知ってるかい?」

ひかり「ビールなら知ってますよ!」

クルピンスキー「うーんひかりちゃんのお父さんはどうやってビールを飲むか分かる?」

ひかり「お父さんですか?えーっとすっごく冷やしてから飲んでたような」

クルピンスキー「なるほど、それはラガービールだね」

ひかり「どう違うんですか?」

クルピンスキー「ラガーは長い時間をかけて冷やしながら発酵させるんだ。たぶん扶桑だとそれが一般的なんだろうね」

クルピンスキー「代わってエールは常温で発酵させるから熟成までの時間が短いんだ。カールスラントだとこっちが主流だね」

クルピンスキー「オクトーバーフェストっていうビールのお祭りがあってそこでどっちも味わえるから大人になったら来てみなよ」

ひかり「分かりましたー絶対に行きます!」

クルピンスキー「乾杯する時の掛け声は『プロ―スト』だよ」

ひかり「ちょっと練習してみませんか?」

クルピンスキー「練習?いいよ」

ひかり「せーの」

クルピンスキーひかり「「プロースト!!」」


ロスマン「何変な知識教えてるのよ」


終わり


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 23:47:25.69 ID:GjYbmMh30


ジョゼ「今年の汚れは今年の内に!」

ジョゼ「年末の大掃除の時間です」

ジョゼ「ということで今からネウロイの巣・グレゴーリを倒したいと思います」

ジョゼ「行きますよっこれが私の全力全開ッ!」


ジョゼ「スターライトブレイカアアアアアアァァアア!!」


ジョぜ「なんてことができたらいいんですけどね…」

ジョゼ「それよりこっちの黒い虫の方が優先です」

G「カサカサ」

ジョゼ「待てー」


終わり


85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:18:08.49 ID:k4q/Q0Fh0


-佐世保航空予備学校-

三角美也「雁淵さん!」

ひかり「どうしたの?」

三角「あなたにお姉さま…じゃなかった、雁淵中尉は勿体ないわ」

ひかり「それは、どういうことですか!?」

三角「私は雁淵中尉のことは何でも知っているの」

三角「雁淵孝美中尉。1926年10月22日生まれの16歳、身長は164cm。容姿端麗で楚々とした佇まいの中尉は『佐世保の英雄』の二つ名を持つわ。使い魔は丹頂鶴、固有魔法は魔眼。使用ユニットは試製紫電改二。原隊は扶桑皇国海軍遣欧艦隊で…」

ひかり「三角さんってお姉ちゃんのストーカーなの?」

三角「な!?ち、違うわよ、ちょっと憧れが強いだけ!」


終わり

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima473749.jpg


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:19:33.61 ID:k4q/Q0Fh0


友達A「はいひかり、クッキーだよ」

ひかり「うん、あーん」サクサクサク

友達B「ねえ次の授業何だっけ」

友達A「うーん射撃訓練じゃなかったっけ?」

友達B「マジかあ、私射撃って苦手なんだよね」

友達A「あんた衝撃吸収するのヘタだもんね」

友達B「それは言わないでっ」

友達A「ふふ」

友達B「あ、ひかり、はいプレッツェルだよ」

ひかり「うん、あーん」ポリポリポリ

友達A(かわいい)
友達B(かわいい)


終わり

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima473750.jpg


87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:21:19.36 ID:k4q/Q0Fh0


下原「管野さん、羽根突きしませんか?」

管野「いいぜ、ルールはどうする」

下原「追羽根で」

下原「ただし墨の代わりに負けた方は勝った方の言うことを聞くというのはどうでしょう?」

管野「言うことを?んー分かった」

下原「絶対ですよ?」

管野「ああ、俺が負けるわけないけどな」

下原「11点先取でやりますよ」

管野「かかって来い!」



管野「俺が完敗……した?」ガクッ

下原「ふふふ、私羽根突き結構得意なんですよ」

管野「ちくしょー煮るなり焼くなり好きにしやがれ」

下原「では私の部屋に行きましょうか」

管野「おう……ん?」


終わり

※羽根突きのルール
追羽根―2人で羽根を打ち合い、打ち損なった場合顔に墨を付けられる
揚羽根―1人で羽根を打ち上げ続け、その回数を競い合う



88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:32:24.94 ID:k4q/Q0Fh0


ラル「今年は酉年。孝美の年だ」

ラル「干支を決める際犬と猿が喧嘩しながら来たことから犬猿の仲という言葉が生まれたが、それを取り持ったのが鳥というわけだ」

ラル「故に申年と戌年の間に酉年があると言われているな」
※所説あります

ラル「孝美が姉妹の仲を最初から上手く取り持つことができなかったのは残念だ」

ラル「全く不器用だな」

ラル「ちなみに扶桑以外にも干支が存在する国があり、ここオラーシャにもあるぞ」


終わり


90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:42:40.18 ID:k4q/Q0Fh0


孝美「ひかり、どうして貴方がここにいるの?貴方の本来の任地はカウハバ基地だったはず」

孝美「こんな危険な場所に居ちゃいけないわ」

ひかり「私はお姉ちゃんに少しでも近付きたくて…」

孝美「そんなことは聞いてないわ」

ひかり「私はっ!」

ひかり「お姉ちゃんと一緒に飛びたかっただけなの!!」

孝美「…すぐに荷物をまとめてカウハバに行きなさい」

ひかり「お姉ちゃんこそ知ってるの?」

孝美「…何を?」

ひかり「エイラさんが言ってたよ。カウハバはキケンがアブナイ所だって、特訓と称して裸で相撲を取る所だって!」

孝美「!?」

ひかり「そんな所に行かせようとしてたの?酷いよお姉ちゃん」ウルウル

孝美「それはいけないわ」

孝美「安全だと思ったからカウハバに行くことを賛成したのに…。今すぐひかりがペテルブルグ基地にいられるようにラル少佐に具申しましょう。部屋も同じにしてもらって訓練も私が見て…それで、戦う時は絶対お姉ちゃんから離れないでね」

ひかり「うん!」


終わり


91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 22:46:46.35 ID:k4q/Q0Fh0


-こんなひかりは嫌だ-


孝美「ひかり、ここは貴方の居て良い場所ではないわ」

ひかり「でも私扶桑に居た時より強くなったんだよ!?」

ひかり「ほら、こんなに!」ムキッ

孝美「な、何その筋肉は!?」

ひかり「魔法使わなくても指だけでオベリスク登れるようになったし」ムキッ

ひかり「ネウロイのビームを片手で弾けるようになったし」ムキッ

ひかり「コア見つけてそのまま殴り倒せるようになったんだよ!!」ムキッ

孝美「一々ポーズ取るのやめてっ」

ひかり「これでもここに居ちゃだめなの?」ぎゅー

孝美「待ってひかり、痛い痛い痛い!」メキメキメキ


ラル「孝美が倒れただと!?」

ロスマン「どうやらひかりさんの鯖折りもとい抱擁を受けたみたいです」

ラル「…そうか」


終わり


94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 00:55:41.19 ID:CVCKF7cf0


下原「隊長…そんなに砂糖入れるんですか?」

ラル「ああ、ブラックコーヒーなのだから当然だろう」

下原「え?ブラックって何も入れないことを言うのでは…」

ロスマン「それは扶桑だけよ下原さん」

下原「そうなんですか?」

ロスマン「ええ、リベリアンのコーヒーみたいに薄い場合入れないで飲むこともあるけれど、深煎りなのに砂糖もミルクも入れないで飲むことはまずないわ」

ラル「深煎りのコーヒーをそのまま飲む扶桑は特異的と言えるな」

ロスマン「砂糖を入れても入れなくてもブラックと言うの」

下原「へーそうなんですね、憶えておきます」


終わり

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima473818.jpg


95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 00:57:21.06 ID:CVCKF7cf0


サーシャ「最近あんまり映画を見ていないわね」

ニパ「サーシャさん映画見るの好きなの?」

サーシャ「ええ、好きよ」

ニパ「へえー意外、やっぱり流行りの恋愛物とかかな」

サーシャ「そんな大衆向けの映画は見ないわよ」

ニパ「じゃあ何見てるの」

サーシャ「シャイニング、キューブ、トレマーズ、バタリアン、アイアンスカイ、スパイダーパニック、バトルシップ、ジュラシックシャーク、ミスト、スネークフライト、ブレードランナー、マッドマックス怒りのデスロード、ザ・グリード、ミミック、ムカデ人間、ザ・フライ、ザ・シューター、オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主…」

ニパ「なんでそんなにクソ映画ばっかり…」


終わり


96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 00:59:04.53 ID:CVCKF7cf0

※サーシャさんはクソ映画ハンターではないです


97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 01:01:18.96 ID:CVCKF7cf0


クルピンスキー「キスのしやすい身長差って知ってるかい?」

ひかり「クルピンスキーさんまた変なこと吹き込もうとしてますよね」

クルピンスキー「まあまあ、ひかりちゃんもいずれそういう時が来るから覚えておいた方がいいって」

ひかり「むぅ…それで何cmくらいなんですか?」

クルピンスキー「大体10cmくらいだね」

ひかり(156cm)「じゃあ私は対象外ですね、よかったー」

クルピンスキー(175cm)「じゃあ孝美ちゃん(164cm)は貰っていくね」

ひかり「えーお姉ちゃんはダメです!」

クルピンスキー「手厳しいなあ」

ひかり「いーだ!」

クルピンスキー「ちなみに抱きしめやすい身長差は大体20cmなんだよ」

ひかり「やっぱり私のこと狙ってるじゃないですか」



下原「座ってれば身長差なんて関係ないですよね」ぎゅー

管野「おい下原離せっ」

下原「何でも言うこと聞くって言いましたよね」

管野「くぅ」


終わり



98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 01:02:42.97 ID:CVCKF7cf0


-占い食堂inペテルブルグ基地-


ニパ「ここが新しくできた占い部屋かあ」


ニパ「入るよ」

謎の占い少女「!…どうぞお掛けになってください」

ニパ「う、うん…なんだか雰囲気あるな」

少女「あなたの悩みは運がないことですね?」

ニパ「どうして分かったの!?」

少女「もちろんです、プロですから」

ニパ「占い師ってスゴイ…」

少女「では占いますね」

ニパ「よろしくお願いします!」

少女「…」サッサッ

ニパ「へータロット使うんだ」

少女「ネコペンギン!!!」ドロー

ニパ「!?」ビクッ

少女「出ました、死神の逆位置です」

ニパ「死神!私死ぬの!?」

少女「安心してください、死神は事の終わり…つまり転機を表すカードで死そのものを指すわけではありません」

ニパ「なんだ、よかったぁ」

少女「正位置の場合マイナスな面が強いですが今回は逆位置なのでプラスに考えていいでしょう」

ニパ「ホントに!?やったー」

少女「ただし!ゆっくりとした変化なので現状から一転することはないですよ」

ニパ「むーそう簡単にはいかないかー」

少女「あなたは雷に打たれたり故障や虫が原因でよく堕ちてはユニットを壊しているようですが、そんな不幸の中でも生きているという幸運をポジティブに考えてみてはいかがでしょう」

ニパ「逆転の発想だね…でもなんでその事を知ってるの?」

少女「プロですから」

ニパ「占い師ってスゴイ…」


終わり


99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 01:04:21.84 ID:CVCKF7cf0


管野「入るぜー」

謎の占い少女「いらっしゃい」

管野「占いをやってるんだろ?」

少女「そうですよ」

管野「じゃあ俺を手っ取り早く強くしてくれ!ネウロイを一撃で沈められるくらい強く!」

少女「そういう便利屋ではありません」

管野「なんだそうなのか」

少女「強くなるための占いならできますよ?」

管野「仕方ねえ、それで頼む」

少女「分かりました」サッサッ

少女「セキセイ丸!!!」ドロー

管野「!?」ビクッ

少女「出ました、隠者の正位置です」

管野「それはどういう意味なんだ?」

少女「一度思索に耽た方が良いということですね」

管野「つまり強くなるためには自分で考えろってことか?あんまり解決になってねえぞ」

少女「いえあなたの強くなりたいはおそらく技術的肉体的に強くなりたいのでしょう」

管野「ああ、そうだよ」

少女「無鉄砲に突撃するのではなく今持っている技術・肉体の使い方を変えることで得られる強さもあるということです」

管野「それは今のスタイルを捨てろってことか?でもサーシャに教わった戦法だしなあ」

管野「孝美やクルピンスキーみたくスマートに強いのは羨ましいけど真似事じゃ越えられないしなあ」

管野「うーん分かった、考えてみるよ。ありがとう」

少女「また来て欲しいんダナ」


終わり


100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/06(金) 01:05:53.25 ID:CVCKF7cf0


ひかり「失礼しまーす」

少女「いらっしゃい」

ひかり「占いやってるって聞いて来ました」

少女「ええ、どんなことを占って欲しいですか?」

ひかり「あ、何も考えてませんでしたー」

少女「…ではあなたの未来を占ってみましょう」

ひかり「お願いします!」

少女「…」サッサッ

少女「エンドレスチャット!!!」ドロー

ひかり「!?」ビクッ

少女「出ました、節制の正位置です」

ひかり「何を指しているんですか?」

少女「バランスです。何かを与えられてきたのならば、その恩恵をどんな形でも返すといいでしょう」

少女「逆に何かを与えていた場合恵みが来るということですね」

ひかり「そうなんですか」

ひかり「…」

ひかり「私は…この502に居場所をもらって、チドリと一緒に飛べるようになって、戦い方も教えてもらって…そして仲間だと言ってもらいました」

ひかり「そんな私が皆さんに返せることってなんですか?」

少女「それはネウロイを倒すことではないでしょうか」

ひかり「でも私そんな力…」

少女「やってみなくちゃ分からない、ダロ?」

ひかり「!?…エイラさん!」

エイラ「やる前から諦めちゃダメじゃないカ」

ひかり「そう、ですね…そうですよね。私は諦めたくない……私は、何もしないで諦めたくない!」

エイラ「そうそう、ひかりは前より強くなったんだからもっと自信持てよ」

ひかり「はい!」


終わり


106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 00:22:43.69 ID:zdkgBpUU0


ひかり「うーん、なかなか一位になれないなあ」

ジョゼ「ひかりさん、何を見てるの?」

ひかり「これですか?502の色んなランキングです!」

ジョゼ「それって隔週やってるラジオのだっけ?」

ひかり「そうなんですけど…私一位になったことがなくて」

ジョゼ「ちょっと見せてもらってもいいかな」

ひかり「はい、どうぞっ」


名前が長いウィッチランキング
1位:サーシャ 2位:ニパ 3位:クルピンスキー  6位:ひかり

嫁にしたいウィッチランキング(見た目のみ)
1位:ニパ 2位:ジョゼ 3位:サーシャ   4位:ひかり

旦那にしたいウィッチランキング(見た目のみ)
1位:クルピンスキー 2位:ラル 3位:ニパ  10位:ひかり

身体が硬そうなウィッチランキング
1位:ラル 2位:ニパ 3位:管野  以下順不同

お風呂が長そうなウィッチランキング
1位:サーシャ 2位:ロスマン 3位:ニパ  6位:ひかり


ジョゼ「ニパさんとサーシャさんが上位に来ること多いんですね」

ひかり「これ本当に公平なランキングなんですか?」

ジョゼ「基地に従事してる人にアンケート取ってるらしいから多少の色眼鏡は入るかもね」

ひかり「むぅ…」

ジョゼ「あ、でもお嫁さんにしたいランキングで4位じゃないですか」

ひかり「4位と3位の得票差かなりありますよ!」

ジョゼ「あ、あはは」

ひかり「それにジョゼさん2位ですよね、パンを咥えた姿が可愛らしいって」

http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima474245.png

ジョゼ「私がお嫁さんかあ…えへへ」

ひかり「羨ましいです!私も上位に、できれば一位取りたいです!」

ジョゼ「妹にしたいウィッチランキングとか良いんじゃないかな?」

ひかり「そういう不確定要素があるのはダメだと思います、もっと確実に」

ジョゼ「じゃあスタミナがあるウィッチランキングとか?」

ジョゼ「ひかりさんのスタミナに勝てる人たぶんいないと思いますし」

ひかり「あっそれです!それならきっと私も…早速担当の人に次のランキングにしてもらうよう頼んできます!」



???「そんなリクエストは受け付けてない、ムリダナ」

ひかり「そんなあ」


終わり


107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 00:25:20.02 ID:zdkgBpUU0


狼「皆聞け、この度新たに仲間となるリスだ」

リス「扶桑から来ました、リスです。みんなほど強くはないけれど役に立ちたいです。よろしくお願いします!」

ブルドッグ「俺と同じ国か、精々足を引っ張るんじゃねえぞ」

リス「は、はい!」

雪イタチ「そんなこと言っちゃ失礼だよ…えっとよろしく!」

ペルシャ猫「よ、よろしくお願いします」

扶桑ウサギ「よろしくお願いします、お菓子食べますか?」

リス「ありがとうございます、頂きます!」

ホッキョクグマ「よろしくね」

リス「ひぃっ大きい!?」

ワイマラナー「可愛いリスちゃんだね…食べたくなるよ」

リス「食べたくなる…!?」

キツネ「またそんなことを言って…咬まれたいのかしら」

ワイマラナー「それはご褒美かい?」

リス「あ、あはは…この群れでうまくやっていけるかな…」


終わり


108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 00:28:06.67 ID:zdkgBpUU0


※MMD苦手な方注意


http://fsm.vip2ch.com/-/sukima/sukima474247.png

ロスマン「残念ながら502のMMDモデルは誰も作られていないわ」

サーニャ「501の皆さんは全員分作られているみたいです」

ロスマン「そうね、しかもネウロイまであるらしいのよ」

サーニャ「はい…あれ、でもそのモデルどうしたんですか?」

ロスマン「これはサーニャさんの体と、東の方から頭を借りてきてさっき急造されたものです」

サーニャ「だから瞳の色とか服が違うんですね…」

ロスマン「ええ、ところでサーニャさんはどうしてその恰好を?」

サーニャ「それは聞かないでください」

ロスマン「…首がないのはなぜ?」

サーニャ「それも聞かないでください」

ロスマン「…お互い顔と体のバランスがおかしいのは?」

サーニャ「すみません、少し静かにしてもらえますか」カチャ

ロスマン「ええ!?」


終わり


109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/09(月) 00:30:37.93 ID:zdkgBpUU0


ジョゼ「わっ停電です」

サーシャ「落ち着いて、ロウソクを灯りにしましょう」



ニパ「ロウソクの光見てるとサトゥルヌス祭を思い出すね」

ジョゼ「そうですね…暖かくて優しい光です」

サーシャ「ロウソクと言えば北欧の端っこにある国を思い出すわね」

ジョゼ「何かあったんですか?」

サーシャ「その国では冬の日照時間がとても短くて、ずっと真っ暗なんです」

ニパ「ずーっと暗いと気が滅入りそうだね」

サーシャ「ええ、だから家のあちこちにロウソクを立てて気を紛らわすの」

サーシャ「それに道にもロウソクを立てるのよ」

ジョゼ「街灯は点けないんですか」

サーシャ「いえ、ロウソクは妖精のためよ」

ニパ「妖精ってスオムスのトントみたいな?」

サーシャ「そうよ、妖精さんが道に迷わないように、無事に家に来てくれるようにって」

ジョゼ「優しい国なんですね」

サーシャ「ただ人間を食べちゃう妖精もいて、子供が悪いことしたらその妖精に連れて行かれるぞーって脅すのよ」

ニパ「あはは、どこにでもそういうのってあるんだね」


終わり


116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:45:09.33 ID:fp2TtbYX0


ゴゴゴゴゴゴ・・・

管野「何だ何だ」

ニパ「襲撃!?」

サーシャ「警報はなってない…まさかじ、地震!?」

管野「なーんだ地震か」

ニパ「なーんだ、じゃないよ!早く逃げようよ!」

管野「そんなに大きくないしその内収まるだろ」

サーシャ「分からない分からない分からない分からない分からない」

ニパ「ああダメだ、サーシャさんが壊れた…」

管野「おいニパ、後で基地中に貼ろうぜ」パシャパシャ

ニパ「もーサーシャさんの写真撮ってる場合じゃないって」

ニパ「石造りなんだから逃げないと危ないってばああああ!!」




ラルクルピンロスマン「」ガクガク

ひかり「テーブルの下で震えてどうしたんですかー?」


終わり


117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:46:16.55 ID:fp2TtbYX0


ひかり「うーん疲れたー!」

孝美「今日は何をしてたの?」

ひかり「えっとね」

ひかり「ジョゼさんとお部屋の掃除をして」

ひかり「ニパさんとそり遊びして」

ひかり「ロスマンさんと買い物して」

ひかり「ラル隊長の書類を手伝って」

ひかり「下原さんに料理を教えてもらって」

ひかり「サーシャさんとユニット整備して」

ひかり「クルピンスキーさんとサウナで競争して」

ひかり「管野さんに貸してもらった本を読んで」

ひかり「お姉ちゃんとお喋りしてる!」

孝美「非番の日なのに色んなことしたんだね」

ひかり「うん、扶桑にいた頃と全然違うよ」

孝美「こっちに来て後悔してる?」

ひかり「ううん」

孝美「そうね、ひかりは後悔したこと一回もないもんね」

ひかり「私の意思で来て後悔なんてあるはずないよ」

孝美「寂しくはないの?」

ひかり「それは…ちょっとだけ。でもここの生活とっても楽しいから!」

孝美「そう…良かったわ、明日も楽しい日になるといいね」

ひかり「うん!」

孝美「おやすみひかり」

ひかり「おやすみお姉ちゃん」


終わり


118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:47:38.09 ID:fp2TtbYX0


ラル「カウハバ基地にスオムス空軍が視察に来るということで…雁淵!」

ひかり「はい!」

ラル「お前をカウハバ基地に派遣する」

ひかり「私が、ですか?」

ラル「お前は書類上507部隊に在籍していることになっている、諸々の事情を加味し向こうの了承を得てこちらに従事しているが上の目は欺かねばならん」

ラル「そこで2日間あちらで過ごしてもらう」

ひかり「了解!」

ロスマン「…ひかりさん、護身用にこれを持っていきなさい」

ひかり「わー小さくてカワイイ銃!」

ロスマン「それはデリンジャーよ、キケンが迫ったら撃ちなさい…たとえウィッチでも」

ひかり「え、人に撃つんですか?」

ロスマン「威力を抑えてあるから心配は不要よ」

クルピンスキー「向こうには夜の撃墜王がいるからね…」

ひかり「夜の?…夜間戦闘が得意なんですね」

ロスマン「ま、まあそうとも言えるわね」

ひかり「?」

ロスマン「いい?カウハバではウルスラさんを頼りなさい、そしていざとなったらこれを服の上から押し付けるように撃つのよ?」

ひかり「は、はい、分かりました」




ひかり「雁淵ひかり、軍曹です。ペテルブルグ基地より派遣されて来ました」

ハルカ「迫水ハルカ、一等飛行兵曹です、よろしくねひかりさん」

ひかり(よかった、良い人みたい…みんな心配してたけど無事に過ごせそう)





ひかり「タダイマモドリマシタ」

孝美「ひかりいいいいいいいいい」


終わり


119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:48:39.46 ID:fp2TtbYX0

ごめん、いらん子はちょっと分からないです
まあそれを言ったら501も502もアニメしか見てないから設定とか全然知らないんだけど


120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:50:18.70 ID:fp2TtbYX0


超大型列車砲「ドドドドドド」

クルピンスキー「凄いね、列車砲が自走するなんて」

ラル「あれはウィッチの魔力を補助動力として活用してるそうだ」

下原「ウィッチに不可能はないですからね」

サーシャ「それと通常のアウトリガーだけでは発射の衝撃を緩和できないので魔力で安定性を高めてるらしいわ」

下原「ウィッチに不可能はないですからね」

ジョゼ「10人で1tの砲弾持ち上げられると思わなかったよ」

下原「ウィッチに不可能はないですからね」

管野「おいその言葉乱発すんな、軽くなるじゃねーか」


終わり




121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/11(水) 23:51:45.18 ID:fp2TtbYX0


ロスマン「私も今日で20歳か…」

ロスマン「もう潮時かしらね…」

クルピンスキー「こんな所で感傷に浸って…まるで老衰の戦士みたいだよ」

ロスマン「…伯爵、私はもうすぐ戦えなくなるわ、似たようなものよ」

クルピンスキー「…時の流れは残酷だね」

ロスマン「でも教導という道があるわ」

クルピンスキー「ああ、君が身に着けた技術を一代限りで終わらせるのは勿体ない」

ロスマン「本当はアナタや隊長の技術を伝えられたらいいんだけどね」

クルピンスキー「僕の戦闘は自前の魔力に飽かせたものだから他の子には無理さ」

ロスマン「そう、エースと呼ばれる人は皆教本には載ってない戦い方ができる人ばかり」

ロスマン「私の教え方ではエースを育てることはできないわ」

クルピンスキー「ハルトマンは?」

ロスマン「あの子も持ち前のセンスと固有魔法があったからよ」

クルピンスキー「教本通りでは並のウィッチしか育たない…か」

ロスマン「ええ、でも将来的にエース級と遜色ないレベルの並のウィッチが当たり前になったら面白いと思わない?」

クルピンスキー「随分と大きく出たね」

ロスマン「私は本気よ」

クルピンスキー「落ち込んでると思ったら野心に燃えてただけだったか」

ロスマン「ふふ、やれることはまだまだあるわ」

クルピンスキー「先生」

ロスマン「ん?」

クルピンスキー「誕生日おめでとう」

ロスマン「ええ、ありがとう」


終わり


122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 00:00:50.33 ID:yrMG9q7K0


サーシャ「第一回第502統合戦闘航空団料理王決定戦も決勝を迎えました」

サーシャ「解説はグンドュラ・ラル、審査員はジョーゼット・ルマール、そして実況は私、アレクサンドラ・I・ポクルイーシキンでお送りします。お二人ともよろしくお願いします」

ラル「よろしく」

ジョゼ「よろしくお願いします」

サーシャ「さてロスマン選手の砂糖と塩を取り間違える凡ミスやニパ選手・管野選手の爆発は芸術だと言わんばかりのブレイク料理という波乱の予選でしたが、大方の予想通り扶桑のこの二人が勝ち上がってきました」

サーシャ「選手紹介を致します」

サーシャ「東方、広島は尾道からやってきたクッキング地母神…守備範囲は扶桑料理だけではない、オラーシャ料理からガリア料理まで何でもござれ。502の胃袋を握るのは私だ!下原定子選手!!!」

下原「今日は全力を以ってあたらせていただきます!」

サーシャ「対します西方、長崎は佐世保からやってきた台所の女神…扶桑料理に特化した腕前はプロをも唸らせる。最前線の厨房に新たな風を吹かせることができるか!?雁淵孝美選手!!!」

孝美「妹の手前、負けるわけにはいきません!」

サーシャ「決勝のテーマは郷土料理ということで下原選手は尾道ラーメン、孝美選手は長崎ちゃんぽんとの予想が目立ちますが一体何を作ってくれるのか!?さあ、いよいよ決戦の幕が切って落とされます」






ジョゼ「…」

下原「…」ゴクッ

孝美「…」ゴクッ

ジョゼ「引き分けっ!!!」


終わり


123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 00:02:25.35 ID:yrMG9q7K0


ひかり「ちいさなっつーばさは~びくともしないー♪」

孝美「よるのむこうにあるー、みらいさがーすよー♪」

サーシャ「LITTLE WINGは良い曲ね」

管野「ああ、流石ミッシェルガンエレファントやハイスタンダードなんかと一緒に一時代を築いたバンドだけあるぜ」

下原「公式で歌うなんて初めてでとても緊張しました」

ジョゼ「わ、私もあんまりこういう機会ってないから…」

ニパ「私、隊長があんなに歌声カッコイイと思わなかったよ」

ロスマン「そうね、艶っぽいというか聞き惚れる歌声だったわ」

クルピンスキー「え~僕も結構気合い入れて歌ったんだけどなあ」

ラル「ふふ、『ブレイブウィッチーズ EDテーマコレクション』好評発売中だ!」


本当に終わり


125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 00:05:20.72 ID:yrMG9q7K0

以上、オチのない話第二弾でした

結構書き貯めしてあったネタを1~3レスにまとめて終わらせるのどうかと思ったのですが、やれることはやりきったんでスッキリしました



TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」オリジナル・サウンドトラック
音楽:長岡成貢
日本コロムビア (2016-12-21)
売り上げランキング: 54,524

関連記事

Powered By 画RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 05月 【192件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: