FC2ブログ


【ミリマス】静香・志保・紬「めんどくさいガールズ!?」

1: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:36:37.69 ID:KdAqW0bLo

劇場――事務室

ミリP(以降P表記)「ちょ、ちょっとまて! 誤解しないでくれ!」

静香「わざわざレッスンの合間に私たちを呼び出しておいて」

志保「呼び出された先の事務室のテーブルにこのメモ」

紬「……」

静香「なにが誤解なんですか?」

志保「私たちにあてた言葉と受け取るほかないんですが」

紬「……」

P「ち、違うんだ。そのメモはお前たちに見せるつもりじゃなかったんだ。意外とお前たちが集まるのが早くて……」
 
【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 01 Brand New Theater! (デカジャケット付)

2: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:38:22.06 ID:KdAqW0bLo

静香「そう。見せるつもりではなかったんですか」

志保「つまり、腹の中で思っていたことがうっかり漏れてしまったようなものだと」

紬「…………」

静香「だいたい人のことを呼び出しておいて意外と早かったなんて」

志保「仕事の話かもしれないと思って急いで来たっていうのに」

紬「…………」

静香・志保「プロデューサー(さん)って本当に……!」

P「だからちょっと待ってくれって、……あれ、紬?」

紬「は、はいっ?」


3: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:39:41.28 ID:KdAqW0bLo

P「どうかしたのか? 黙り込んで」

志保「人のことをあんな風に言っておきながら、どうかしたかなんて。呆れてるって分かりそうなものですけど」

P「い、いやだからこれはな」

紬「あ、あのっ!」

静香「……紬さん?」

紬「その、私の……、私の努力が足りなかったのでしょうか!?」

P「え?」

紬「この、めんどくさいというのは私がアイドルとしてのお仕事やレッスンに不真面目だと、怠惰であると、そう言っているのでしょう!?」

P「……え?」


5: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:40:51.47 ID:KdAqW0bLo

紬「静香さんや志保さんのような努力家である方たちと一緒に呼ばれた理由はわかりかねますが、私が至らぬばかりに……」

紬「ダンスレッスンでもまだ遅れることが多いですし、先のライブも十全な出来とはとても言えませんでした」

紬「初めてお会いした時プロデューサーは私にトップアイドルになれる、と言ってくださいましたが」

紬「今の私の努力はそれに見合っていないものだと――」

P「そんなわけあるか! バカじゃないのか紬は!」ガシッ

紬「なっ、バカとは」

P「ああ、勘違いさせたのは完全に俺が悪い。だけど、紬の努力が足りてないなんてそんなバカな話があるか!」

紬「……え?」


6: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:41:46.83 ID:KdAqW0bLo

P「レッスンも、撮影もライブも紬はいつだって真剣に、前向きに頑張っているじゃないか」

紬「で、でもそんなん、当たり前やし……」

P「当たり前なんかじゃないよ。この前のライブだって紬は気にしてるけど、俺は良かったって思ってる」

紬「でも、ダンスも歌も反省するべき点がたくさん――」

P「初ライブだぞ? 本番前に緊張しないほうが珍しいって言ったのと同じで、完璧にやれって言うほうが無茶だ」

P「あの時は今できる最高のパフォーマンスを発揮していたと思うし、お客さんの盛り上がりも見ただろ?」

紬「……はい」

P「あのライブは大成功って言ってよかったし、あの後も紬は慢心せず反省点を生かしてレッスンに取り組んでる」


7: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:42:41.97 ID:KdAqW0bLo

P「……正直、今はあの時よりずっと強く思ってるよ。白石紬は間違いなく――トップアイドルになれるって」

紬「そう、ですか。……安心、しました。」

P「わかってくれたか?」

紬「ええ。人をその気にさせておいて、勝手に見限られたのかと、裏切られたのかと不安になりましたが」

P「だから悪かったって」

紬「まあ、プロデューサーの真剣な言葉が聞けたのでいいでしょう。あなたは時々不安になるほどのん気なことを言われますし」

P「そ、そうかな」

紬「まさか自覚がないのですか? 恐ろしいことです」

P「ははは……」

志保「話は済みましたか?」


8: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:43:41.96 ID:KdAqW0bLo

P「え?」

静香「まさか、私たちがいることを忘れていたんじゃないでしょうね?」

P「ま、まさかそんなわけないだろ?」

静香「そうですか。では、いい加減紬さんの肩から手を離されては?」

P・紬「!!」バッ

P「わ、悪い。つい夢中になって」

紬「い、いえ……」

静香「はぁ、なんでレッスンも終わってないのにこんなことしてるんだろ」

志保「まあ、それには同意しますけど。紬さん」

紬「は、はいっ?」


9: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:44:46.92 ID:KdAqW0bLo

志保「誤解がとけたようですけど、じゃあ改めてこの言葉の意味ってなんなんでしょうね?」

紬「お、お恥ずかしい勘違いをしてしまいましたが……。ええと、そうですね」

志保「まあ、時間ももったいないですし、さっさとはっきりさせますけど。つまり……」

静香「ええ、そうね。プロデューサー?」

P「お、おう?」

志保「頑なで、ひとりよがりで」

静香「協調性がなくて、無関心で」

志保「子供っぽくて、生意気で」

静香「人の力も借りれず、孤立して」

紬「え?」


10: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:46:29.40 ID:KdAqW0bLo

志保「物言いがきつい割に、無駄にネガティブで」

静香「早とちりで、割とポンコツな」

紬「え? え? ぽんこつ?」

静香「そんなところが」

志保「めんどくさいと」

紬「……言いたいのですか?」

P「い、いやー、えっとそのだな」

紬「あなたは、……あなたは」ワナワナ

紬「本当によくもまあそれで、人に向かってバカなどと言えたものですね。本当に、あなたは……!」

紬「不躾で、無遠慮で、わざわざ波風を立てるようなことを……、本当にバカなのですね?」


11: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:48:43.98 ID:KdAqW0bLo

P「その、めんどくさいとまでは俺は思っては……」

紬「……まあ、でも理解できました」

志保「そうですね」

静香「そうね」

P「え?」

静香「プロデューサーの配慮が足りないのを指摘しててもしょうがないですし」

志保「ええ。本当に時間ももったいないですしね」

紬「はい、致し方ないことと思います。ですから……」

静香「志保、紬さん。「二人」ともプロデューサーの誤解を解いて――」
志保「紬さん、静香。「二人」ともしっかりして――」
紬「静香さん、志保さん。「二人」ともプロデューサーの言うことを聞いて――」


12: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:50:27.43 ID:KdAqW0bLo

静香「えっ?」
志保「は?」
紬「はい?」

P「おお……?」

静香「待って。まさかあなたたちなにか勘違いしてないかしら?」

志保「……はぁ、何をいってるんだろ。プロデューサーさんはどう考えても二人のことを言ってるのに」

紬「もしや、あなた達にまでプロデューサーの鈍感が移ってしまったなどというのではないですよね?」

静香「志保。あなたまさか自分は違うと思っているの?」

志保「静香こそ、そんな自分は大丈夫みたいな言い方は白々しいと思うけど」


13: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:52:39.89 ID:KdAqW0bLo

静香「認めたくないなんて、あなたそんなに子供だったかしら」

志保「事実を認められない静香には言われたくないわね」

紬「あの、お二人のそういうところがめんどくさいとプロデューサーは」

静香・志保「「確定してる人は黙っててください」」

紬「か、確定!? まさか二人とも私がプロデューサーにめんどくさいと思われていると言いたいのですか!?」

志保「いえ、どう考えても紬さんはめんどくさいじゃないですか」

静香「さっきも一人で勘違いして落ち込んでいましたし」

紬「あ、あれはその……、ですがそれとこれとは!」


14: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:57:25.62 ID:KdAqW0bLo

志保「いえ、そういうことだと思いますよ」

静香「まあ、プロデューサーにも悪いところがあるとは思いますが」

紬「ふ、ふふ。まさか反抗期真っ盛りみたいな静香さんと、協調性ゼロの志保さんにそのように思われていたとは……。青天の霹靂とはこのことですね」

静香「反抗期真っ盛り?」ピク

志保「協調性ゼロ?」ピク

紬「ええ、怖いものですね。幼いゆえに真っ当な自己評価ができず、あまつさえ人を悪し様に罵り」

紬「これではお二人のことをプロデューサーがめんどくさいと思ってしまうのは、致し方ないことかと」

静香「……まったく、不快ね」

志保「……奇遇ね、私もよ」

紬「一番不快なのは私です。まさか、あなた方と同列に捉えられているとは」

三人「「「ふふふ……」」」


15: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:05:36.82 ID:KdAqW0bLo

P「お、おいお前たち」

三人「「「プロデューサーは黙っててください!!!」」」

静香「――!!」
志保「――!!」
紬「――!!」

P「まいったな……」

「火種を投げ込んだ人が言っていいセリフではないのでは?」

P「ああ、そうなんだけどな」

「……ところで、プロデューサー」

P「ん?」

千早「私が同じように呼ばれたことも、意図があるんですよね?」

P「……」

千早「きちんとこちらを見てください」


16: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:06:40.65 ID:KdAqW0bLo

P「……千早」

千早「はい」

P「……」

千早「……」

P「文句も何も言わないんだな」

千早「まあ、プロデューサーのすることですから。何か、考えがあるんだろうなと。それに……」

P「?」

千早「私は、そう言われても仕方ありませんから。プロデューサーにも迷惑をかけてきましたし」

P「迷惑だなんて」

千早「いえ、自分が一番分かっています。以前の私は本当に……。とはいえ、今もそれほど立派になれたとは言えませんが」


18: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:08:44.33 ID:KdAqW0bLo

P「いや、千早は成長したよ。本当に」

千早「そう、でしょうか」

P「そうだろ? 今の千早は自分の仕事をしっかりとこなしながら、後輩にも気を配ってくれてる」

千早「プロデューサーに、そう感じて頂けているなら嬉しいです」

P「俺だけじゃないさ。それこそ、静香のレッスン時々見てるんだろ? 静香も毎回緊張してるみたいだけど嬉しそうにしてたぞ」

千早「そうですか。迷惑になっていないのならよかったです」

P「志保もあまり口には出さないけど、千早を慕っていると思うぞ」

千早「なんとなく、なんですけど」

P「うん?」

千早「あの子たちを見ていると、昔の自分を思い出して。とはいっても、あの子たちほど私はいい子でも、しっかりもしていなかったですけれど」


19: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:11:30.40 ID:KdAqW0bLo

千早「プロデューサーの取ってきてくれた仕事にも、あれは嫌、これも嫌、と文句ばかり」

千早「レッスンも歌以外はおろそかで、愛想もなくて、そんななのにオーディションに落ちたら一丁前に落ち込んで」

P「そんな時も、あったなぁ」

千早「ふふっ。自分ひとりじゃ何もできないってわかっているくせに、プライドばかり高くて」

千早「……そんな私が、今こうしてアイドルとして認めてもらえるようになったのは、プロデューサーや春香たち、みんなのおかげです」

P「千早が努力したからでもあるだろ?」

千早「もちろん努力はしました。でも、きっとそれだけじゃどこかで折れて、立ち上がれなくなってしまってたと思う」

千早「だから、私が折れないように支えてくれたみんなのように、私もあの子たちの歩みを少しでも支えてあげられたらと、そう思うんです」

P「千早……」


20: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:13:16.80 ID:KdAqW0bLo

千早「ふふっ。まだまだ私も精進しなければいけない立場なのに、偉そうかなとも思いますが」

P「いや、千早は本当にいい先輩になってくれてるよ」

千早「ですが、プロデューサーがあの子たちをめんどくさいなどと言ってしまっては元も子もないのでは?」

P「……、すまん」

千早「私に謝られても」

P「そうだな、おーいみんなもうその辺に」

静香「どの口が言うのよ!!」

P「す、すまん!」

志保「はあ、もうほんっと、めんどくさい!」

P「本当にすまん!」

紬「なんなん、もう、あてがいなことばっかり!」

P「すいませんでした!」


21: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:17:02.47 ID:KdAqW0bLo

静香「もうはっきりプロデューサーの口からこの二人に言ってください!」

志保「この期に及んでまだ認めないのね、本当にもう……!」

紬「二人とも本当に強情っぱり……!」

P「だから待ってくれ! 勘違いなんだって」

紬「勘違いとは……」

志保「どういうことですか」

P「そもそも集まってもらったのは仕事の話だったんだよ」

静香「仕事の……?」

P「ああ。実現するとしてもまだ先の話で、確定したわけでもないんだが。その、三人をメインにしたユニットを組もうっていう話が出てきてな」

志保「ユニット?」

静香「私たちが、ですか?」


22: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:18:53.21 ID:KdAqW0bLo

P「ああ、そうだ。だから今後の動きとかを――」

紬「あなたは、本気でおっしゃっているのですか?」

P「え? ああ、もちろん」

紬「今まで、私たちが何をしていたのかを承知した上で、そのように言っているのですね」

P「は、はい」

紬「今、私は確信いたしました。あなたはバカですね」

P「うっ!」

静香「本当よ。こんな風に悪口の言い合いをさせられて今さらユニットだなんて」

志保「仕事といえど、うんざりしますね」

P「そ、そんなこと言うなよ」


23: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:23:47.20 ID:KdAqW0bLo

静香「だいたい、結局このメモはなんだったんですか?」

紬「プロデューサーのものではなかった、というわけではありませんよね」

志保「いえ、プロデューサーさんの字ですよ。メモ書きなのでいつもより崩れていますけど」

P「そ、それはだな」

静香「それは?」

P「ユ、ユニット名を考えていて、とりあえずいろいろ書いてみたのの一つなんだけど」

志保「やっぱりそう思っているんじゃないですか」

P「いやそれ書いた時はもう、本当に行き詰まってて! その周りとか見てもらうとわかると思う!」

静香「えっと、【しずしほつむ】? 名前を繋げただけじゃないですか……。語呂も悪いし」

紬「【和風うどんのぬいぐるみ】? うどんは元々和風ですし、うどんのぬいぐるみとは……?」

志保「【妖精たちとYO! SAY!】 。はぁ……、ただのダジャレじゃないです――」

「プッ、くふふっ……!」


24: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:25:58.07 ID:KdAqW0bLo

志保「え?」

静香「! 千早さん!?」

千早「ふふふ、あ」

千早「こほん、みんなお疲れ様」

三人「「「おつかれさまです!」」」

志保「なぜ千早さんが……?」

紬「というか、もしやさっきからずっといらっしゃったのでは……?」

千早「あ、ごめんなさい。私もプロデューサーに呼ばれてきたんだけど、声をかけるタイミングがなくて」

静香「ぷ、プロデューサー! どういうことです。なぜ千早さんまで!」

P「あ、ああ。三人をメインにしたユニットのつもりなんだが、サポートで千早にもユニットに入ってもらおうかと思っ、て!?」

静香「つ、つまり、千早さんも入るユニットにこんな名前をつけようとした、と?」


25: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:27:30.21 ID:KdAqW0bLo

P「い、いや、それはだから候補ですらないレベルで」

静香「それでもっ! こ、こんな名前を! プロデューサーは一体どこまで……!」

千早「最上さん、落ち着いて。私は、大丈夫だから」

静香「で、でも」

千早「名前なんて、これからいくらでも考える機会はあるわ。それよりも、めんどくさいって言われることに対して、本当に心当たりはない?」

静香「え?」

千早「もちろん、今回のことはプロデューサーの方が悪いと思うわ。プロデューサー、反省してくださいね」

P「ああ、みんな本当にすまなかった」

静香「ま、まあ、きちんと謝っていただければ」

志保「そうね、……なんであんなに熱くなっちゃってたんだろ」

紬「そう、ですね」


26: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:29:02.04 ID:KdAqW0bLo

千早「うん。じゃあ、今度はお互いに対してどう思う?」

志保「お互いに対してって、なんで」

千早「だって、これからユニットを組む仲間になるでしょ?」

紬「あ、あの千早さんは……」

千早「ええ、私はやってみたいって思うけど。みんなはどう?」

志保「私は、正直……」

紬「先ほども言いましたが、あれだけ言い合った後にユニットと言われましても」

千早「そう……」チラ

静香「! ……私は、その」


27: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:34:26.49 ID:KdAqW0bLo

千早「もったいないわ。きっといいユニットになると思うけど」

紬「え?」

志保「あの…、千早さん本気ですか?」

千早「ええ、もちろん本気よ」

志保「私には、そうは思えませんけど」

千早「本当にそう思うの? 志保」

志保「……、すみませんが千早さんの言っている意味が私にはわかりません」

千早「そうね……、志保はさっき二人に言われたこと、どう思ってる?」

志保「そんなの、不快なだけでした」

千早「本当にそれだけ? 二人に言われたようなことは全然ないって、はっきり言える?」

志保「……っ!」

千早「あっ、ごめんね。志保を責めたいわけじゃないのよ。白石さん、最上さんはどうかしら」


28: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:36:08.99 ID:KdAqW0bLo

静香「……」

紬「私は……」

千早「ちなみに、私は心当たりたくさんあるわ」

静香「えっ?」

千早「さっきプロデューサーとも話していたんだけど、私にはめんどくさいって言われる心当たりがありすぎて」

千早「あのユニット名でも、まあ仕方がないなんて思ったの」

志保「……」

千早「まあ、それはいいんだけど。えっと、私はね? 自分の悪いところに気づいてくれる人って大事だと思うの」

紬「悪い、ところに……」


29: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:37:13.20 ID:KdAqW0bLo

千早「面と向かって言われると腹も立つし、なかなか受け入れられない時もあると思うけど」

千早「それでも悪いところに気づかないでいたら、いいことなんて一つもない」

千早「誤解を生んで、周囲を不快にさせて、傷つけて、いつか一人ぼっちになって」

千早「そんな風になってしまうことだって、あるかもしれない」

静香「……」

千早「別に、常日頃から悪口を言い合えってことではないわ。でも……」

紬「いえ、おっしゃりたいことはわかりました」

千早「白石さん……」


30: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:38:44.20 ID:KdAqW0bLo

紬「その、確かに先ほどは頭に血が上ってしまっていましたが、冷静に考えると私にも顧みる点はあったのではないか、と」

志保「……、私もそうです。そもそも、的外れだったらあんなに怒りませんし」

静香「そう、ね。私も、図星を突かれたのもあって余計に熱くなってしまって……」

P「よし、じゃあ仲直りだな!」

静香「え?」
志保「は?」
紬「はい?」

P「……、え?」


31: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:40:14.26 ID:KdAqW0bLo

静香「あの、なぜプロデューサーがそんな風に言えるんですか?」

紬「私たちを諭して下さったのは千早さんですし、あなたは聞いていただけではありませんか」

志保「そもそも、プロデューサーさんのメモが発端だったことに変わりはないんですからね?」

P「は、はい」

紬「いつも思いますが、プロデューサーは時々異様なまでに失礼な時があります」

志保「最近は、まあ割といろいろ見てくれているとも思いましたけど、今日はこんなでしたし」

静香「結局、私たちのことなんて生意気な子供程度にしか思ってないんじゃないですか」

P「そ、そんなことないって!」

静香「まあ、いいわ」

志保「そうね。戻りましょうか」

紬「そうですね」

ガチャ


32: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:42:42.70 ID:KdAqW0bLo

P「ま、待ってくれ! まだ、話は」

静香「どうせ、まだ先の話なんですよね?」

志保「でしたら、今はレッスンを優先すべきですし」

紬「お話としては頭に入れておきますので」

バタン

P「……」

千早「あの、プロデューサー」

P「あ、ああ、千早ありがとうな。正直、俺だけじゃ収拾つかなくなってたよ」

千早「いえ、それは構いませんけど。なんだか、ちょっと情けなくなりました?」

P「うっ!? いや、すまん……」


33: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:44:36.82 ID:KdAqW0bLo

千早「あっ、あの! 冗談、ですからね?」

P「あー、いやまあ人も増えたし、なかなかコミュニケーションは万全ともいかなくてなぁ」

千早「なんだか大変そうですね。あの、私に手伝えることがあったら言ってください。仕事のことでなくても構いませんので」

P「……ありがとう、千早。正直なとこ、千早がそう言ってくれるようになって本当に助かってるよ」

千早「気にしないでください。それに、あの子たちだって、そう遠くないうちにプロデューサーを助けてくれるようになると思いますよ?」

P「そうかな?」

千早「ええ。だって……、元祖めんどくさいガールも、少しはそうなれてるんですよね?」

P「……、そうか」

P「そうだな。そうなってくれるよう、また頑張らないとな」

千早「ええ」


34: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:48:37.91 ID:KdAqW0bLo


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタスタ

静香「ねえ、志保」

志保「何?」

静香「紬さん」

紬「はい?」

静香「さっきは、ごめんなさい。言い過ぎたわ」

志保「……、私もよ。悪かったわ」

紬「……、申し訳ありませんでした」


35: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:50:52.62 ID:KdAqW0bLo

静香「ねえ、私たちが本当にユニットを組むことになったら、どうなるかな」

志保「まだ分からないんでしょ?」

静香「もしもの話よ」

紬「でも、きっと、いつも言い争いをしているような気がします」

静香「ふふっ」

志保「くすっ、そうね。そんな気がするわね」

紬「衣装で揉めて?」

志保「配置で揉めて」

静香「歌で揉める」

静香「ふふっ、そうなりそうね。でも――」


「めんどくさくは、ないわね」


37: ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 18:52:09.13 ID:KdAqW0bLo


以上です。

めんどくさい三人も、牙の抜けた千早もどっちもかわいい


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/30(日) 20:25:56.33 ID:/g7rZL5no

乙するの('A`)メンドクセ




関連記事

Powered By 画RSS
[ 2017/08/18 00:00 ] SS一覧 ミリマス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: