FC2ブログ


撫子「暦お兄ちゃん、彼女、いるんだ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:20:36.59 ID:2mKqiJFo0

1、

暇を持て余した僕は、ついでの事のように、と言っちゃ悪いけど
――――忘れていた千石との遊ぶ約束を思い出して、千石と色々話して。

ツイスターゲームを終えた後の話になる――――――――

「ん、ああ、言ってなかったっけ」

というより、前は居ないって言ったんだっけ。

「うん、撫子初耳だよ」

そういった、千石の声は、クローゼットの話題を僕が持ち出した時と同じ声をしていた。
いや、正直怖い
というかめっちゃ怖い
何かしたか?僕。

「ううん、暦お兄ちゃんは、何もしてないよ」

「悪いのは、ふふ」

続けて話した千石の顔は、どう見ても、いつもの千石のそれと同じではなかった。
――――――――何か起きそう
そう、いつも危機に遭う、僕の直感が、言っていた。
でも千石が?
何かする?
いや、ないない。だって千石だぜ?というよりお兄ちゃんが妹疑ってしまってはいけない。


化物語 千石撫子 (1/8スケール PVC製塗装済完成品)

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:27:23.47 ID:2mKqiJFo0

「どうかした? 暦お兄ちゃん」

僕の心配そうな顔を察知したのか、千石が、心配そうに覗き込んできた。

「ああ、いや、何でもない。ちょっと考え事をしてただけだ」

「彼女さんのこと?」

いやいや、そうじゃないけど。

「ふぅん」

と、千石は、ちょっと何かを溜めたような雰囲気で答えた。
何を溜めたんだ。

「不満?」

「いや、なんでお前が聞いてくるんだ」

暦お兄ちゃんは、撫子のこと、何でも知ってるから

そういって、千石は僕の耳元へ口を近づけ

「彼女が居るんなら、もう、手加減は要らないね」

――――――――その声が、聞こえたときには、僕の意識はもう、無かった。



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:29:20.52 ID:K1xJpEXl0

これは…

期待

http://amzn.to/11Rjd8V



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:31:03.94 ID:2mKqiJFo0

2、

速報。
緊急速報。

なんで僕はこんな事になっているんだ。

というより、なんだこの状況。

ヤバくね?

「暦お兄ちゃぁん」

いつもとは違う色っぽい声の千石が僕の下から聞こえた。

下って。

慕って。


その上僕らは裸だった。

裸って。

憚って。

「さ、続き、しよ?」

そう言った、千石の声に、僕はまた。
――――――――意識を闇に葬られた。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:37:55.25 ID:2mKqiJFo0

身体が怠い。
更に、なんだろう、この熱さは。

下半身が、生暖かいし。
ん、下半身?

「ん、あっ、んん、暦お兄ちゃんっ、激しいよっ」

今さっきと同じ体制、同じ位置、同じ格好で

ただ一つ、今さっきと違ったのは

「な、んで、僕は千石とヤッてる、んだ・・・・・・・」

仕事のように、動かしていた腰を止める。
何をしているんだ、僕は。
というより
何をしていたんだ、僕は。

「何って、セックス、だよ?暦お兄ちゃん、可笑しいの」

ふふふ、と小悪魔のように、千石は笑う。

「千石、一つ聞きたいことがある」

まだ、呆然、合体したまま僕は千石に聞く

「何で僕はこんな事をしている。あとここは何処だ」

「ふふ、暦お兄ちゃん。質問が二つだよ? あと、こんな事、なんて酷いなぁ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:44:50.51 ID:2mKqiJFo0

千石の部屋でも、僕の部屋でも
あの廃墟でも
僕の見たことのある、どの部屋とも

全く違う部屋に、僕らは居た。

ピンク。一面がピンクだ。

「一つ目の答え。暦お兄ちゃん、聞きたい?」

僕と、千石の接合部を指でくりくりと弄りながら、心底楽しそうに、千石は言った。

「ああ、聞きたい」

僕がそう言うと、僕の下で、横になっていた身体の上半身を少し起こし
そして

「暦お兄ちゃんが、撫子とセックスしたい、っていうから」

そんな事を、あの、小悪魔のような笑顔で、言った。
小悪魔。
もう悪魔なんじゃないだろうか。
恐怖すら感じる笑顔なんて。

「ね、暦お兄ちゃん。撫子、まだ足りない」

僕が恐怖を感じているというのに。
千石は、僕に、そんな事を

「セックス、しよ?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:50:20.33 ID:2mKqiJFo0

「駄目だ」

僕は、そう言う。
そう言わなければならない。

「僕には、言っただろう。彼女が居る」

「変なの、暦お兄ちゃん。暦お兄ちゃんがヤろう?って誘ったのに、ダメだなんて」

ふふふ、と
また千石は笑う。

「千石。こんな事を言う僕は、無責任で、無自覚で、大馬鹿野郎だとは思うけど」

でも

「僕にはそう、千石に言った記憶がないんだ。仮にそう言って、事を成してしまったとしても」

「僕は、千石の誘いを断らなければならない」

矛盾している。言ってて思う。
でも、言わなきゃいけないんだ。

「やっぱり、暦お兄ちゃんは、暦お兄ちゃんだね」

「悪い」

精一杯の、謝罪文は。
たった2文字になってしまった。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 20:55:07.12 ID:2mKqiJFo0

「・・・・・・・・・・・・・・・・うーん」

逡巡、千石は唸った後

「でも、ダーメ」

とか、前にも聞いたことがあるような、そんなフレーズを残し

「一杯、一杯、中に出してもらうんだからね」


千石がそう言った途端。

僕の身体は、一切の自由が効かなくなった。

「んー、意識はもう無くせないのかなぁ、残念」

「でもいっか。きちんと、暦お兄ちゃんに見ててもらおうっと」

千石は

そんな、意味のわからないことを言う。

「ほら、暦お兄ちゃん、腰、動かして」

その言葉に釣られたかのように

僕の腰は動く。


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:01:17.73 ID:2mKqiJFo0

「んっ、あんっ、暦お兄ちゃん、激しっ」

千石が喘ぐ

「気持ちいいよ・・・・暦お兄ちゃんっ」

気持ちいい。
僕も、気持ちいい。
でも

「んっ・・・・・ん、今さっきよりも、激しく無くなったなぁ」

千石が僕の目を見つめる

「理性なんて、捨てちゃえばいいんだよ?」

箍が、外れそうになる。

その、甘い声に

「気持ちよくなろうよ? ね? 暦お兄ちゃ」

――――――――ん

その時。僕は。戦場ヶ原も。神原の事も。
八九寺のことも
妹達のことも
忍のことも。

全てを忘れて、一心不乱に腰を振った。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:05:41.59 ID:2mKqiJFo0

「そっ、うっ、だよ、暦お兄ちゃんっ」

快楽に顔を歪め
声を歪めた千石は言う

「気持ちよければっ、いいんだよっ、っん」

温かい。

生暖かい。

「こっちも触ってよ、暦お兄ちゃん」

僕の右手を
千石の右手が

千石の未発達な乳房へと誘導する。

「ほらっ、んん、柔らかい?」

柔、らかい

「ふふっ、あっ、ん、じゃあ、揉んでよ」

そう言われた僕は。
どうしようもなく。

千石の胸を、これまた一心不乱に弄んだ。



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:11:03.19 ID:2mKqiJFo0

「吸ってっ、よっ、乳首、も」

千石は言う

僕は従う

「ひゃっ、う、んっっ、ちょっと痛いかもっ」

――――――――でもそれもいいかも

千石は。
そんな風に千石は言うので。

「んんっ、暦お兄ちゃん、なんか可愛いっ」

可愛い
だなんて

「んんんっ、ひゃうっ」

僕は快楽に顔を歪める千石が可愛くて
また、忙しなく、腰を振る

「んっ、あっ、そ、こはっ」

そこを突くと、千石は一層顔を歪めた。
それを見て、僕は、そこを攻める

「っっっっっっ、暦お兄ちゃん、やめ、っ」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:14:14.27 ID:2mKqiJFo0

――――――――逝きそう

千石が言う。

「だから、暦お兄ちゃんも逝ってよ」

その言葉の所為で
いや、その言葉のせいじゃないのかも知れないけど
でも

僕も、下腹部が熱くなる

射精の合図だと、わかる

「っ、――――――――――――――――――――――――――――――――!!」


声なき声を上げた千石は、腰を痙攣させ。

その動きに対応するように。
僕も刻み良く

出してしまっていた。

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:20:52.02 ID:2mKqiJFo0

3、

「ふふふ、暦お兄ちゃん。ナカダシ、しちゃったね?」

ベッドの上で、脱力したように寝そべる千石は

「もう、喋れるんじゃない?」

そう言った。
そして

「ああ、喋れる」

それに呼応して、僕は喋った。

「ふふ、吸血鬼と人間の子供だよ?」

千石は茶化して言う。
茶化して言える内容では全くないのに。

「千石、これは、どういう事だ」

明らかに人間の所業じゃない。
ましてや吸血鬼もどきの僕を。
自由の効かない状態に出来るなんて。

おまじないのレベルなんかじゃ、ない

「メデューサ」
千石は、一言、告げた



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:31:14.83 ID:2mKqiJFo0

「暦お兄ちゃん」

怠そうに、気怠そうに起き上がり

「撫子のこと、好き?」

と、唐突に聞くのだった。

「嫌いじゃない。でも千石」

――――――――お前じゃないんだ

――――――――僕の愛してる人は

――――――――お前じゃないんだ

そう、千石に告げた。

「分かってた。そういうと思ったよ、暦お兄ちゃん」

「だから」

――――――――だから撫子も

――――――――こんな風に

こんな風に、したのだと。

彼女は、悲しそうに、楽しそうに、そう、言った。


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:35:49.99 ID:2mKqiJFo0

「いいから、質問に先ず答えてくれ、千石」

お前のその力は、何なんだ。
メデューサとは、一体なんなんだ。

「うーんと」

何から言えばいいかなぁ、と
千石は漏らす。

「蛇のおまじないの時、その時に見たんだよね」

「メデューサの事」

――――――――千石が言うには

何処かの神話のメデューサとやらの、その力を
人を石化するという力を。
違うように使い
人を操る

そういう魔術の本が有ったらしい。
あの本屋は何を売っているんだ。

「あの時、暦お兄ちゃん、女の子と一緒にいたでしょ」

「羽川か」

そう、と


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:39:39.48 ID:2mKqiJFo0

「その羽川さんが、暦お兄ちゃんの彼女さんに見えたんだ」

「だから、魔術の本で見たことを、覚えた」

「呼び出し方も」

「そして」

「使い方も」

「どれもこれも」

――――――――暦お兄ちゃんの為なんだよ

と、千石はいつの間にか、僕の首へと手を回し

そして

口づけをした

「んっ、っ、っ、っ――――――――――――――――」

戦場ヶ原とした時よりも

長く

「――――――――っぷはぁ。もう、暦お兄ちゃんは、離さないんだから」

エロかった。


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 21:43:26.93 ID:2mKqiJFo0

「さ、誓いのキスも済んだし」

千石は、腕を僕の首からゆっくりと下ろし

「2回目、やっちゃおうか」

その両手は、僕を迎えるかのごとく
ハの字に開き

「ほら、早く、入れてよ」

そして。僕は、千石に迎えられた。





その日から、僕は



千石とずっと一緒になった。




〜fin〜



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 22:37:38.40 ID:sXZ/6frQ0

暦(6月某日。つまり千石の『おまじない』の事件から少し経った頃――)

撫子「お、お邪魔、します」

月火「いらっしゃーい」

暦(――千石撫子が僕の家を訪問した)

撫子「暦お兄ちゃん、ららちゃん、今日はありがとう」

暦「いやいや。ほら、月火とは久しぶりなんだし、僕は邪魔だろう。出かけてくるわ」

撫子「え……」

月火「いやいやいや。お兄ちゃんも私達と遊ぶんだよ。昔もそうだし、今日、そしてこれからも。そうだよね?」

暦(なぜそんな怖い顔をする……)

暦「まあ、お前に言われちゃあ仕方ない」

撫子「ほっ」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 22:46:40.03 ID:sXZ/6frQ0

撫子「……」

暦(ついこないだ神原と来たばかりの僕の部屋で、もじもじとする千石。そりゃ友達と遊ぼうとしたら兄貴がいるんだ、気まずいよなー)

暦「なあ、やっぱり出かけてくるよ。今さらこのメンツで人生ゲームのないだろ?」

月火「耳元で話しかけないでちょうだいよ、気持ち悪い。あのね、せんちゃん今日何しに来たか、お兄ちゃんわかる?」

暦「僕に誘われて遊びに来たんだろ。お前と再開させてやろうと思ってな」

月火「同級生との再開も私はいいけど、せんちゃんの気持ちってもんが」

撫子「あ、あの」

暦「なんだ、千石?」

撫子「あ、あ、あ」

暦(どもる千石)

撫子「あ、アルバムとか、見たいなー。なんて。ごめんなさい」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 22:56:23.46 ID:sXZ/6frQ0

暦(千石の希望により、月火が部屋からアルバムを取ってきた)

月火「旧知の友達の家に行ったら、まずはアルバムだよねー」

暦「旧知の友達? それ何て意味の日本語だ?」

月火「人前に出せなくなるからそういうこと言わないで」

撫子「危機、ってことかな……」

月火「窮地じゃない」

暦(思わぬところでボケ・ツッコミ属性が発覚したがそれはおいといて)

月火「小学校……3年生かな? ほら、他の子も一緒に写ってるよ」

撫子「わぁ。暦お兄ちゃん、かわいい」

暦(幼き日の僕ら。ところでこの写真誰が撮ってるんだろう?)

月火「ほら、これこれ。お兄ちゃんがスマブラで私達に負けてマジ泣きしてるとこ。情けないなー」

暦「本当に誰が撮ったんだよ!?」

撫子「暦お兄ちゃん、かわいそう。大丈夫、負けても、次、ファイトだよ」

暦「10年前の記憶に次もないけどな……」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 23:07:00.04 ID:sXZ/6frQ0

月火「この頃はけっこうこのメンツで遊んでいたよね」

撫子「うん」

暦「そうだったかなあ」

月火「はあ……まあ、想い出を大切にしない人は友達がいなくなって当然だね」

暦「お前そろそろ殴るぞ」

撫子「……でも、暦お兄ちゃん、撫子のこと、覚えていてくれたよね」

暦(愛しそうに写真を見つめる千石。郷愁に浸っているのかもしれない)

月火「年下の女の子しか友達がいなかったしね」

暦「ぐうっ……、いや、いた、いたよ! ほら、利根川の健太郎くん!」

月火「誰よそれ」

暦「当時の脳内友達」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 23:14:58.01 ID:sXZ/6frQ0

月火「…………」

暦(なんだろう。目を逸らしたがっている気配を月火から感じる。でも見ちゃう、みたいな。気持ちいい)

月火「どこでこうなっちゃったんだろうね……、ちなみにここに写ってる子、今クラスメイト」

暦(そう言って、ツインテールの女の子を指す月火。ふむ、なかなか見込みがありそうな子だ)

月火「こういうさ、なんていうの、ノスタルジア? そういうのと無縁の一生なんだろうねー」

撫子「……暦お兄ちゃんは、ここに写ってる子と他に連絡とってないの?」

暦「うん」

撫子「じゃ、じゃあ、暦お兄ちゃんには友達がいないの?」

暦「…………」




91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 23:44:45.88 ID:sXZ/6frQ0

暦「いや、いる。いるよ」

月火「うそつけ」

暦「うぜえなあ。ほら、千石、こないだ会った神原」

撫子「ああ」

月火「脳内友達2号?」

暦「後輩だっつーんだよ! あとそれからそれから」

月火「その様から察するに、実在したとしても数えるほどしかいないのね」

暦「ぐぬぬぅ。あっ! そーだ、こないだ眼鏡のヤツに会ったろ?」

撫子「眼鏡……?」

暦「僕の学校の校門前でさ」

撫子「……誰か、会ったかなあ」

暦(そういえば逃げ出したんだったな。これからお前のことをシャイ千石と呼ぼう)

撫子「――ああ、女の人で」

暦「そうそう」

撫子「――暦お兄ちゃん、彼女、いるんだ」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/21 23:56:59.78 ID:sXZ/6frQ0

暦(なぜ、そうなる。いや、彼女はいるが羽川は彼女ではない)

撫子「あの時、校門でその人と待ち合わせしてたよね」

月火「せんちゃん、それ本当? この変態兄貴にとてもそんな甲斐性があるとは思えないけれど」

撫子「阿良々木くん――って、親しそうに声をかけてたよね。あ、阿良々木くん、って」

暦「どんだけ突飛な発想だ。あれはそれこそクラスメイトで」

暦(月火が『ほぉら、やっぱり』みたいにニヤついている。いちいち癪にさわるやつだ)

暦(いっそ戦場ヶ原のことを話すか。いや、まだその時期じゃない気がする。それに千石みたいないい子(まあ月火にも)あいつと関わりを持ってほしくない)

撫子「クラスメイト?」

暦「僕、学級委員で副委員長なんだよ。あいつは委員長」

撫子「ああ。それであんなテンプレな属性だらけだったのかあ」

暦「どんな解釈だ」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:05:07.12 ID:DlP1BxbW0

暦(そっか、そっか、と頷く千石)

撫子「暦お兄ちゃん、彼女、いないんだ」

暦「…………」

暦(今更否定するわけにもいかない。ああ、でもなんか悔しい)

撫子「その人たちといつも遊んでるの?」

暦(遊びの関係と言ったのは神原だったか。言いえて妙だが)

暦「あれ、そういや遊んだことはないなあ」

月火「お兄ちゃんってコミュニケーション能力はあるのに、人づきあい下手だね」

暦「お前はそろそろ死ね」

月火「お前が死ね」

撫子「じゃあ、暦お兄ちゃんとスマブラしたり、人生ゲームするのはららちゃん以外に、撫子だけなんだね」

暦「ああ。僕は友達が少ない」

月火「…………」

暦(ん? ツッコミ待ちなんだけど? 月火ちゃーん?」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:14:09.13 ID:DlP1BxbW0

月火「そういや、さっき言ったこの子さ」

暦(再び写真を指す月火)

月火「この子、お兄ちゃんのこと好きだったんだよ」

暦「えっ、マジでっ!?」

暦(八九寺に似て愛らしいこのお穣ちゃんが!? そういうことは早く言ってよー)

月火「そこまで露骨に嬉しそうな顔されても引くわ」

暦(いいじゃないか。愛される喜びくらい許せよ)

月火「せんちゃんとも再会したし、今度この子も誘ってみよっか」

暦「ほう。期待できるんだろうな」

撫子「…………」

月火「もちのロロロロローン、だよ。学年男子使用率は私の調べで90%を超えているね」

暦「何の使用率だとか、お前がなんで知ってるとか色々言いたいことはあるが、よしなに。月火ちゃんよ」

暦(もしかしてあれか、今年は僕、モテ期ってやつか)

月火「まあ、その子、高校生の彼氏いるけどね」

暦「これだから3次元はァっ!」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:23:00.73 ID:DlP1BxbW0

月火「ま、中学生女子なんてそんなもんすよ」

暦「もうお前からリアルな話は聞きたくない」

撫子「暦お兄ちゃん」

暦「うん?」

暦(顔を真っ赤にし、しかし意を決したように千石は続けた)

撫子「撫子、彼氏、いないんだ」

月火「…………」

暦「そっかー」

暦(先の事件を思い出せばこいつはモテないわけではないようだが。ああ、好きな人がいるんだったな)

暦「はやく彼氏できるといいなあ」

撫子「……うん。頑張るよ」

月火「せんちゃん、よかったら男の子紹介しようか」

撫子「いらない」

暦(スッパリ、であった。そこはノーサンキュー的な意味で『いい』とか返しそうなもんだが、なんだろう)

暦(意中の男子以外はいらない、みたいな)



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:42:39.36 ID:DlP1BxbW0

暦(アルバム鑑賞もそこそこに、なぜかプレステ1を引っぱりだし)

暦(なぜかなぜか3人で『るろうに剣心〜維新激闘編〜』なんかプレイしてしまった)

暦(斎藤一使いの月火に僕らはボロ負け。ちなみに僕は薫、千石は刃衛)

暦(夕刻になると、千石は帰っていった)

撫子「暦お兄ちゃん、今度は撫子の家に遊びに来てね」

暦「ああ」

月火「じゃあねー」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:51:05.13 ID:DlP1BxbW0

暦「全然変わってないなー、あいつ」

月火「……まあね」

暦「ん、久しぶりの再会だったのに、あまり面白くなさそうだな」

月火「同級生っていっても、長いこと会ってなかったし、会っても戸惑うほうが勝っちゃうんだよね」

暦「おいおい。千石が嫌いだって言いたいのか?」

月火「そうじゃないけどさ……、だいたい、せんちゃん私なんて眼中になかったじゃない」

暦「ん?」

月火「本当変わってない。怖いくらい。ううん、引くよ。気持ち悪い」

月火「それに、まだ『暦お兄ちゃん』って呼ぶとか。どうかしてるよ」

暦「同化してるよ? 千石がいつメタモルフォーゼする化物になったんだ?」

月火「ああ、お兄ちゃん。ちなみにさっきの子、お兄ちゃんのこと好きだったって、あれ嘘」

暦「なに!?」

暦(――こんな、初夏のことである)






109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 00:52:20.37 ID:r6V37CjC0



110 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 : [] 2011/06/22 00:56:24.15 ID:V22+Jw6B0

最後が見えない



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 01:02:24.61 ID:GcK86GTI0

ごめん、最後の行が見えない

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/22 01:02:29.18 ID:FmeygZhd0

なん・・・だと・・・



化物語 第四巻 / なでこスネイク【完全生産限定版】 [Blu-ray]
化物語 第四巻 / なでこスネイク【完全生産限定版】 [Blu-ray]
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/09/24 20:14 ] SS一覧 化物語 | TB(0) | CM(1)

忍は暦と痛覚を共有していて
痛みやらなんやらをダイレクトに共有している
つまり快楽も同じで
忍と暦がキャッキャウフフしたら、、、
なんてSSはないかな?
[ 2013/09/24 22:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: