FC2ブログ


アルミン「ミカサがいない?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:24:56 ID:xSBzPV8M

初スレ立て。
エレミカ
エロなし。
完結している。

進撃の巨人 ねんどろいど ミカサ・アッカーマン (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:27:26 ID:xSBzPV8

20歳くらい。巨人全てを駆逐していないけど、ウォールマリアを奪還して、シガンシナに住んでいると思ってほしい。

エレン「そうなんだよ、帰ってきてないんだ。さっき、ミカサに会いにサシャが家に来たんだけど、あいつがいきなり退団したって。理由を聞きに来たっていうんだ」

アルミン「ミカサが退団?エレン何か聞いてないのかい?」

エレン「何も。アルミンも、何も聞いてないのか」

アルミン「う、うん」

エレン「今、サシャたちにも、ミカサを探してもらってるんだ」

アルミン「僕も行くよ」

エレン「こんな夜遅くにごめんな」

アルミン「なに言ってるのさ。ねぇ、ところでエレンは、ミカサがいなくなったことに心当たりはないの?」

エレン「いや、特にないな…」

アルミン「…そう」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:33:41 ID:xSBzPV8M




ミカサ『アルミンに相談がある』

アルミン『ミカサ、眉間にしわがよってる。折角の、綺麗な顔が台無しだよ…どうしたの?』

ミカサ『…子供が出来た』

アルミン『ふーん、子供が…って、え!?子供!?』

ミカサ『アルミン、声が大きい』

アルミン『あ、ご、ごめん。その…相手は、エレン?』

ミカサ『…』

アルミン『やだなぁ、二人とも水臭いよ。いつから付き合ってたのさ』

ミカサ『付き合ってはいない』

アルミン『え…それって、身体だけの関係ってこと?』

ミカサ『そう』

アルミン『…いったい、いつから』

ミカサ『かれこれ、2年くらい』

アルミン『いったい、どうしてそんなことに』

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:34:24 ID:xSBzPV8M

ミカサ『きっかけは忘れた。
エレンが私のことをどう思ってるかは知らない。
でも私はずっとエレンのことを想ってた。だから、そのことはいいの』

アルミン『僕は良くないと思う』

ミカサ『それよりも、子供がいてはエレンを守ることが、出来ない。だから子供を堕ろそうと思った…が、出来なった』

ミカサ「このお腹にエレンとの子供…なんだか、とても愛おしくなって…この子を産みたい、そう思った』

アルミン『エレンはなんて?』

ミカサ『エレンには、まだ何も話してない。この子は、きっとエレンの重荷になるから』

アルミン『そんなことないと思うよ。それで、ミカサはどうしたいの?』

ミカサ「それがわからなくて、アルミンに相談に来た。

エレンを守るためには、子供を下ろさなくてはいけない。

でも、子供は下ろしたくない。

ただ私が近くにいたから、エレンは私に触れた。…そんな相手に子供が出来ても…』

アルミン『ミカサ…とにかく、エレンに話すんだ。これは君一人の問題じゃない』

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:35:24 ID:xSBzPV8M

ミカサ『もし、もしエレンに言って…下ろせと言われたら。
…私は、それが怖い…』

アルミン『ミカサ…』

ミカサ『…ごめんなさい、取り乱した』

アルミン『ううん、いいんだよ。今、すごく不安なんだろう?無理しないほうがいい。でも、帰ったらきちんとエレンと話をするんだよ』



7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:48:30 ID:xSBzPV8M
順番間違えた。
とにかく続ける。




エレン「アルミン!何かわかったか!?」

アルミン「…」頭フルフル

エレン「あいつ、本当にどこに行ったんだよ…!」

アルミン「エレン…もう3日も経った。エレンにも僕にも何も言わないのはおかしいよ、何かきっかけがあったと思うんだ」
「エレンには、本当に心当たりはないの」

エレン「…ない、と思う」

アルミン「やけに弱気だよね。本当は何か思いあたる節があるんじゃないのかい?」

エレン「…いや、ない。…アルミン、今度はあっちに…」

アルミン「まって、今日の探索はやめにしよう。あれから、一睡もしてないんだろう。エレンも少しは休まないと」

エレン「いや、ミカサがみつかるま…」グラッ

アルミン「エレン!」ガッ

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:50:20 ID:xSBzPV8M

アルミン「身体が限界なんだよ!ほら一旦帰ろう」

エレン「…帰りたくない…」

アルミン「へ?」

エレン「あいつがいない家には、帰りたくないんだ」

アルミン「エレン」

エレン「家に帰って、ミカサがいないことに気付いて…あいつの荷物もなくて…ミカサが、二度と帰ってこない、そんな部屋には行きたくない」

アルミン「エレン…わかった、じゃあ僕の部屋に置いでよ」

エレン「アルミン!俺は…」

アルミン「ミカサの手がかりが見つかったんだ」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:52:15 ID:xSBzPV8M

エレン「なんだって!?アルミン、何がわかったんだ!」

アルミン「ミカサはどうやら船に乗ったらしい。船に乗った人が見てたんだ」

エレン「船?よし、船着場に行くぞ」

アルミン「エレン、この時間に船は出ないよ。明日、朝一番の船に乗ろう。そのために、今は身体を休めるんだ」

エレン「…」

アルミン「ミカサが見つかっても、今の弱ったエレンには、ミカサを捕まえられないだろうね」

エレン「わかった。アルミンの言うとおりだ……アルミン、ごめん、俺、ちゃんと家に帰るよ」

アルミン「きちんと寝るって、約束だよ」

エレン「あぁ…約束する」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/18(金) 23:58:31 ID:xSBzPV8M

船着き場の人「珍しい顔立ちの女の子。赤いマフラー。多分、その子で間違いないと思うぞ」

エレン「本当ですか?そいつが、どこに行ったか分かりますか?」

船着き場の人「ここだったなぁ」

エレン「!」

アルミン「うーん、なんか辺鄙なところだね。ミカサと縁のある場所なのかな?」

エレン「ここ…」

船着き場の人「んー確かに、小さな村と、森しかないようなところだな」

エレン「ここ、ミカサの家があった場所だ」

アルミン「ミカサの家?」

エレン「一回、父さんに連れて行ってもらったことがある。…ミカサは、きっとそこだ」

アルミン「じゃあ、ここまでの乗車券を下さい」

船着き場の人「はいよ。2枚ね」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:00:11 ID:rHcGnox.


アルミン「いえ、1枚で大丈夫です」

エレン「アルミン?」

アルミン「エレン、ミカサが妊娠したって」

エレン「…妊娠?」

アルミン「エレン、君にとって、ミカサはどんな存在なの?」

ミカサ「…家族」

アルミン「家族の定義は広いよ。それじゃあ、答えにならない。ミカサももう一人の素敵な女性だ。はっきりさせるべきだよ」

エレン「そんなこと…言わなくたって、アルミン、わかってるだろう?」

アルミン「さぁ、僕には君の考えていることなんて、わからないさ。ミカサも一緒だと思うよ」

エレン「…言葉になんてしなくても、伝わるものがあるはずだ」

アルミン「それでも、言葉が必要な時も、ある」

エレン「アルミン!俺は…」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:02:23 ID:rHcGnox.

アルミン「ミカサは悩んでた。エレンに愛されてるか、生むのを喜んでくれるだろうかって」

エレン「ミカサがそう言ったのか」

船着き場の人「にいちゃんたち、そろそろ船が出る時間だよ」

アルミン「きちんと話をしなかったミカサは大馬鹿だけど。きちんと言うべきとこを言ってないエレンにも、非がなかったとは言えない。だから、エレン、君が迎えに行けよ」

エレン「言うべきこと…」

アルミン「ほら、ミカサが待ってるぞ!」

(出航)


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:10:35 ID:rHcGnox.

支援

http://amzn.to/1aQmKGB


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:13:00 ID:rHcGnox.

エレン「あそこだ…ミカサが、幼い頃住んでた家」
「ミカサ、いないのか!?」

ミカサ「エレン?」

エレン「ミカサ!!」だきつ

ミカサ「エレン?なぜここにいるの?」

エレン「馬鹿野郎!心配、したんだぞ、なんで何も言わずに、消えたんだ!!」

ミカサ「心配?どうして?」

エレン「どうしてって、お前が突然退団して、家からも消えたから-」

ミカサ「私は、退団などしていない」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:14:30 ID:rHcGnox.

エレン「だから、俺ずっと―へ?」

ミカサ「私は、退団などしていない…休暇中」

エレン「きゅ、休暇?」

ミカサ「ええ、長期休暇をもらったから…」

エレン「だって、サシャが、おまえが退団したって」

ミカサ「サシャには、ちゃんと事情を話してある。それに、ここに来る事は、きちんとアルミンに伝えてある」

エレン「???え、アルミンは知ってた?」

「ええ」

『ミカサがいなくなったことについて、心当たりはないの?』
『ミカサは船に乗ったらしい』
『君が迎えにいくんだ』

「俺…?もしかして、アルミン!!?」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:17:39 ID:rHcGnox.

ミカサ「…なんとなく、理解した。アルミンが仕向けた事、違う?」

エレン「お、お前も俺を騙したのか!?」

ミカサ「いえ、私は何も…ねぇ、エレン」

エレン「なんだよ!!」

ミカサ「…心配して、私を捜してくれたの?」

エレン「心配なんてしてない!!」

ミカサ「耳が赤い」

エレン「!…そうだよ、悪いか」

ミカサ「嬉しい」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:22:33 ID:rHcGnox.

エレン「…お前、こんなところまで一人で…何かあったらどうするんだよ」

ミカサ「問題ない」

エレン「いや、お前が問題なくても…その、いるんだろ、俺との、子供が、そこに」

ミカサ「…ええ、いる。」

エレン「俺、あんまり詳しい事は知らないけど…妊娠したばかりは、流産しやすいんだろ」

ミカサ「エレンは心配性。大丈夫、エレンとの子供は、私が命にかけて護るから」

エレン「お前は、これからどうするつもりなんだ?」

ミカサ「?生んでしばらくしたら、また調査兵団に戻るつもり」

エレン「お前、子供生んで、兵士に戻るつもりなのか?」

ミカサ「だって、そうしないとエレンを守れないから」

エレン「…ったく…お前、兵士をやめろよ」

ミカサ「いや。エレンを守れなくなる」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:23:11 ID:rHcGnox.

エレン「俺は、そんなの望んじゃいない」

ミカサ「でも」

エレン「お前には、俺の代わりに、守らなきゃいけない存在があるだろ?」

ミカサ「…」

エレン「俺たちの子供を守る、お前を俺に守らせてくれ」

ミカサ「…エレン?」

エレン「ミカサ、今まで言葉にしなくてごめん
お前が好きだ。…家族として、一人の女性として、愛している」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:25:27 ID:rHcGnox.

ミカサ「えれ…」

チュ

ミカサ「エレン…」

エレン「アルミンに言われて気付いたんだ。俺、お前がそばにいる事に甘えて、ずっと言葉にしなかった。それを、お前が不安に思っているなんて知らなかったんだ」

ミカサ「…」

エレン「お前が、いなくなったと思った時。怖かった。お前を失ったら、俺は生きていけない」

ミカサ「…」

エレン「一生、俺と一緒に生きてくれ」

ミカサ「エレン…」

エレン「うわ、み、ミカサ、泣くな、泣くなよ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:28:26 ID:rHcGnox.

ミカサ「私は、ずっとそれが不安だった」

エレン「ごめん」

ミカサ「でも、私も一緒だった。
エレンの傍にいられるだけでよかったと、エレンに私の思いを伝えていなかったから。エレンと一緒にいられなくなると思うと、怖かったから」

エレン「ああ、俺もだ」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:29:06 ID:rHcGnox.

ミカサ「赤ちゃんがいると聞いて…
私も、エレンに伝えると決めてた。
エレンの事が好きだって」

エレン「ミカサ」

ミカサ「エレンと、ずっと一緒にいたい。ずっと一生生きていきたい」

エレン「ああ、ずっと、ずっと一緒に生きよう」

ミカサ「この子も、一緒に」

エレン「ああ、もちろんだ!!ミカサ、ありがとう」

ミカサ「ど、どうして?」

エレン「俺の家族になってくれて、俺の思いを受け止めてくれて、俺の子供を授かってくれて…俺と、生きてくれて」

ミカサ「エレン、それは私の台詞。
あなたは、私に生きる術を教えてくれた。新しい命をくれた。そして…幸せを教えてくれた」

「「ありがとう」」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:31:31 ID:rHcGnox.



ミカサ『アルミン、私は、生む事にした』

アルミン『エレンと話し合ったのかい?』

ミカサ『いえ、それはまだ。でも、エレンが反対したとしても、私は子供を生もうと思う』

アルミン『うん、子供を生む事は僕も賛成だけど、エレンに言わずに、一人で抱え込む事ないんだよ』

エレン『アルミン。エレンは確かに、私に言葉はくれていない。
でも、エレンは言葉ではなくて、行動や全てで、私を想ってくれていると気付いた
始めてあったとき。訓練所のときや、審議書のとき。巨人から守ってくれたとき。
エレンは、ずっと私を守ってくれていた。
言葉はもらえなくても。エレンに愛されている。
それを教えに、きっとこの子を授かったような気がする』

ミカサ『この子が来てから、世界がとっても美しく感じるようになった。
だから、きっと。
エレンは、この子の事を、喜んでくれる。そう、思えるようになった』

アルミン『ぼくもそう思うよ』

ミカサ『ふふ。アルミンもそういってくれるから、きっと平気。でも、やっぱりちょっと不安なので、逃げ道を作ってから、エレンに話そうと思う』
 
アルミン『逃げ道?』

ミカサ『ええ。万が一、エレンがこの子をいらないと言ったら、この子と二人で、すめるお家を用意しなければいけないから』

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:32:15 ID:rHcGnox.

エレンと二人、シガンシナの家に帰る。
手をつないで帰宅すると、アルミンが祝福とともに迎えてくれた。

今、世界はとても美しい。
空も、風が葉を揺らす音、水のせせらぎ。
私の世界がこんなにも美しいのは、エレンと一緒にいる事で、私が満たされているから。
私が生きてきた喜びも悲しみも全て、そしてこれからも、ずっとエレンとともに。

26 :sage:2013/10/19(土) 00:34:30 ID:rHcGnox.

終了。

地の文で書いてたんだけど、私生活が忙しくてお蔵入りにするので、どうせならとここで投稿させてもらった。
自己満足におつきあい、ありがとうございました。

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/19(土) 00:37:07 ID:93i2kALM

乙!



忠実再現 進撃の巨人 ミカサ アッカーマン コスプレ コスチューム ウィッグ 4点セット ( 高品質耐熱ウィッグ + マフラー + ウィッグネット + ウィッグスタンド ) WATER LILY製 c170
忠実再現 進撃の巨人 ミカサ アッカーマン コスプレ コスチューム ウィッグ 4点セット ( 高品質耐熱ウィッグ + マフラー + ウィッグネット + ウィッグスタンド ) WATER LILY製 c170
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/11/08 21:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/11 03:54 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/11 11:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: