FC2ブログ


エレン「俺は、憲兵団になる……」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/11(日) 12:09:03.77 ID:tdzMHReHo

―――2年前、人類は先端の壁『ウォール・マリア』を放棄した。
原因は一つ、巨人の進撃。

100年もの平和を実現していたこの壁は、突如として現れた超大型巨人によっていとも簡単に壊されのである。

訓練兵「このスープ味が薄いな……」

当時の巨人に対する危機意識は低く、襲来には到底対応できるはずも無かった。

訓練兵A「これから3年間も鍛えるんだとよ」

最中で巨人から逃げ惑う人々。
次々と人間を暴食していく巨人。

地獄を体験した人類は、瞬く間に尊厳を失い
そして、巨人に怯える日々を過ごすのだろう。

コニー「おいおい、たったの3年でいいのか? これじゃ巨人を[ピーーー]のに不足だろ」

マルコ「大丈夫だよ。何せ教官は調査兵団の前期団長だったらしいし」

進撃の巨人 チェーン付ロングウォレット ~ミカサ~ 長財布

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:09:43.12 ID:tdzMHReHo

コニー「何? それは本当か!」

マルコ「ああ。事前に調べておいたんだ」

だが、現実は違った。

戦術の発達、情報の獲得、生み出された僅かな希望。

それらを放棄してまで現実逃避を選び、巨人に立ち向かう事を投げ出した者は比較的少なかった。

エレン「……」

訓練兵B「元調査兵団のうえに団長だったなんて、実力は相当な物だぞ!」

今では人類の大半が尊敬を取り戻しつつあり、必死で巨人に抗っている。

トーマス「よし、これで調査兵団に入っても人類の為に貢献できるな」

―――調査兵団。

壁の中で暮らす人類において唯一、巨人のいる壁外に臨む兵団。

3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:10:18.60 ID:tdzMHReHo

ミーナ「調査兵団に入ればリヴァイ兵長にも会えるのかな……」

中には、リヴァイ兵長を筆頭とした有名な実力者に会いたいが為に志願する奴もいる。

くだらない三文芝居だ。

ジャン「……」

エレン「馬鹿馬鹿しい」

訓練兵「……は?」

エレン「馬鹿馬鹿しいって言ったんだよ」

ダズ「な、何だお前!」

エレン「俺はシガンシナ区出身だ」

ミーナ「え……?」

コニー「マジかよ……!? シガンシナって、あのウォール・マリアの……」

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/11(日) 12:10:45.07 ID:tdzMHReHo

エレン「ああそうだ。俺はお前らと違って実際にこの目で巨人を見てきた」

マルコ「凄いな……じゃあ、やっぱりここに入ったのは巨人に復讐する為なのか?」

エレン「そんな訳ねーだろ。内地に行くんだ」

その明白な公言に、周囲がざわつき始めた。

訓練兵「お前、巨人と遭遇したにも関わらず内地に逃げるってのかよ!」

一人の訓練兵が席を立ち上がり、怒気を露わにしながら言う。

所詮、こいつらは政府の操り人形に過ぎない。

エレン「2年前のあの日を経験して生き残った人間は、誰一人として壁外に行こうだなんて思わない」

訓練兵「何……!」

エレン「お前らが巨人に勝てると思うのは、巨人に対して無知だからだ」

エレン「俺はあの光景を見て分かった。人類は巨人に勝てない」

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:11:38.41 ID:tdzMHReHo

ミーナ「……」

エレン「巨人の恐怖も知らないくせに、世論に流されてる風情が息巻くなよ」

ダズ「お前……言わせておけば……!」

ジャン「俺も同感だ。心底怯えるながら勇敢気取ってる奴より、よっぽど爽やかだと思うがな」

不穏な空気の中、一人の男が声を上げて賛同してきた。

珍しい。自分と同じ見解の奴がこんな所に居るとは思わなかった。

ジャン「ま、兎にも角にも突っかかって悪かったよ。ほらアンタも謝れ」

そう言いながら謝るよう示唆する。
まあ、確かにここで下手に出続ければ何をされるか分からない。

ここは上辺だけの謝罪でもしておいた方が利口か。

エレン「あーすまん。巨人を目の当たりにしてから、どうも頭が可笑しくなっちまってな」

エレン「別に気を悪くさせるつもりは無かったんだ」

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:12:21.42 ID:tdzMHReHo

マルコ「そ、そうか……」

訓練兵「………」

カンカンカン

どことなく異様な雰囲気、それを打ち壊すかのようにベルが鳴った。

晩飯の終了の合図。

それを聞いた訓練兵は、渋々とした表情をしながら食堂を後にして行った。

エレン「助かったよ。名前は?」

ジャン「ジャン・キルシュタインだ。礼なんていらないさ」

エレン「しかし、驚いたな。ジャンも内地に行く為にここに来たのか?」

ジャン「当たり前だろ。俺は兵士ごっこに興じられる程バカじゃない」

ジャン「あんたもそうだろ? こいつらは政府に踊らされ、巨人に勝てると誤信してやがる」

7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:12:59.15 ID:tdzMHReHo

エレン「ある意味、可哀想な奴らだよな」

ミカサ「エレン」

エレン「ミカサか……どうしたんだ?」

ジャン「知り合いか?」

エレン「……ああ、俺の唯一無二の家族だ」

ジャン「唯一無二……?」

エレン「母さんは巨人に喰われ、父さんは行方不明」

ジャン「ッ!………すまない」

エレン「いや、別にいいさ。で、何か用かミカサ?」

ミカサ「言いたい事がある」

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:13:25.49 ID:tdzMHReHo

エレン「なんだ?」

ミカサ「あまり、さっきの様に悪態をつくのは得策では無い」

エレン「ほっとけ。衝動的に言っちゃうんだからしょうがないだろ」

ミカサ「目を離せばいつもそう。昔からエレンは―――」


エレン「やめろ」

ミカサ「……!」

ジャン「……」

エレン「………昔の話はするな」

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:13:57.73 ID:tdzMHReHo

ミカサ「……すまない」

エレン「……そろそろ寝るよ」

ミカサの声には反応せず、どこか覚束ない足取りでゆっくりと歩き出す。

ジャン「お、おいエレン!」

エレン「じゃあな」

出口に着き、こちらを振り向かないまま別れの挨拶をする。

ミカサ「……」

困惑する二人を差し置いて、そのままエレンは出て行ってしまった。

ジャン「……」

ジャンが息を呑む。一瞬だけエレンの顔が見えたのだ。

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:14:26.96 ID:tdzMHReHo

―――顔面蒼白。これ以外にエレンの表情を言い表せる言葉はないだろう。

ジャン「あいつ、よっぽど酷い目にあったんだろうな……」

二人だけになった食堂の中心で、ジャンがポツリと呟く。

さっきまで一緒に話していた相手が、ここまで豹変するものなんだろうか。

無慈悲なこの世界では、考えても仕方のない事だった。

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/11(日) 12:15:00.31 ID:tdzMHReHo

翌日、立体起動の適性判断が行われていた。

内容は至って簡単。
両側の腰にロープを繋いでぶら下がり、更に全身のベルトでバランスを取るだけ。

ジャン「よし……!」

悪魔で初歩の初歩である為、ほぼ全員が合格する形式的な訓練である。

訓練兵「うおっ!?」

が、中には失敗する者も稀にいる。

可哀想な事に失敗すれば明日の最終試験に回され、それでも失敗すれば開拓地行きになってしまうらしい。

エレン「よかったじゃねえかジャン。これで開拓地行きは逃れたな」

ジャン「楽勝だぜこんなの。お前も潔く合格してこいよ」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/11(日) 12:15:32.71 ID:tdzMHReHo

エレン「ああ……俺は、何としても憲兵団に入るんだ」

ジャン「ハハッ! その意気だ」

キース「エレン・イェーガー!前に出ろ!」

エレン「はっ!」

整備係によって、双方のロープを両側の腰に繋げてもらう。

キース「覚悟はいいな?」

己の意思を問う、最後の警醒。

エレン「はい」

意思も覚悟も既に決まっている。

キース「そうか。始めろ!」

着々と持ち上げられていき、遂には地面から足が浮いた。

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/11(日) 12:16:00.44 ID:tdzMHReHo

が、次の瞬間―――

エレン「うおっ!?」

キース「……!」

勢いよく回転し、ロープに縛られながら宙吊りになってしまった。

ジャン「マ、マジかよ……!」

エレン「……」

こんなハズではなかった。

逆さまになりながらも周囲を見渡すと、ちらほらと嘲笑している者がいるのに気が付いた。

ミカサ「エレン……」

その中で唯一、心配そうな顔をしている者が二人。

一人は、艶やかな黒髪をした少女。

そしてもう一人は―――


―――金髪碧眼の少年。

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:16:36.05 ID:tdzMHReHo

―――うわあああ――ああ――あ――

―――エ――レ―た―――けて―――

――エ――おい――い――で――――



エレン「は……!?」

思わず飛び起きる。

身体には毛布がかかっており、地べたはふかふかだ。

どうやらベットで寝ていたらしい。

エレン「……」

―――また、思い出してしまった。

手のうちの汗を握る。たが、汗では意味がない。

手でなければ、意味がなかった。

ミカサ「エレン……よかった。気分はどう?」

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:17:02.77 ID:tdzMHReHo

エレン「ミカサ……ここは何処なんだ?」

ミカサ「ここは医務室。あなたは試験の途中で気を失ってしまった」

エレン「……そうか。じゃあ、ミカサはずっと俺に付き添ってくれてたのか?」

ミカサ「いえ、訓練が終わったので今さっき来たところ」

エレン「訓練が終わったって……そんなに寝てたのか俺は」

ミカサ「うん」

ジャン「よう! 見舞いに来てやったぜ」

扉を勢いよく開けた人物、それは誰かと思えばジャンだった。

訓練が終了して急いで来たのか、少々息が上がっている。

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:17:53.95 ID:tdzMHReHo

エレン「二人共、ありがとな」

ジャン「おいおい、別に礼なんていらねぇよ」

ミカサ「そう。私達が自発的に来ているだけ」

ジャン「まあ、どうやらその様子だと大丈夫そうだな」

エレン「まあな。それより早く、姿勢制御の練習しねえと」

ミカサ「無理はいけない。まだ安静にしてないと」

ベットから起き上がろうとしたが、ミカサによって静止される。

ジャン「あんま無茶はすんな」

続けてジャンが言う。

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/11(日) 12:18:27.08 ID:tdzMHReHo

エレン「……いや、休んでる暇はないんだ」

最終試験は明日。一刻の猶予も無かった。

ミカサ「でも……」

安易には納得してくれないようだ。

でもまあ、こいつらしい、とエレンは思う。

エレン「懸念してくれるのは嬉しい。でもな、こんなところで終わる訳にはいかない」

ミカサ「……」

ジャン「……本気なのか?」

エレン「ああ、本気だ」

ミカサ「……分かった。でも、もし気分がそぐわなくなったら必ず教えて」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/31(土) 10:20:41.40 ID:7rpTa2cDo

静まりかえったグラウンドにて、一人の訓練兵が姿勢制御に励んでいた。

エレン「おわっ……!?」

そのすぐそばには二人の訓練兵が佇んでいる。

ジャン「また失敗か……」

ミカサ「エレン、大丈夫?」

エレン「くそ……一瞬、姿勢を保ったんだがな……」

もう、何回目になるだろうか。

一発目の失敗からめげずに続けているものの、一向に成功する気配はなく。ただ延々と失敗の堂々巡りを繰り返していた。

練習開始から既に1時間は経っている。

37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/31(土) 10:21:10.02 ID:7rpTa2cDo

ジャン「でもまあ、一瞬だけでも体制を維持できたんだ。大きな進歩じゃねぇか」

エレン「……」

全く喜べなかった。

少なくとも、姿勢制御を繰り返した回数は軽く二桁を超えている。
そんなに努力したのにも関わらず、一瞬だけしか姿勢を保つことが出来ないのだ。

エレン「……こんなんじゃ駄目だ」

ミカサ「え?」

エレン「こんなところで行き詰まってる様じゃ……俺は……」

ジャン「……ならよ、もう一度ベルトの調整から見直してみたらどうだ?」

エレン「ベルト……?」

38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/31(土) 10:21:47.04 ID:7rpTa2cDo

ジャン「ほら、もしかしたらベルトに原因があるかもしれないだろ」

エレン「……ああ、なるほど」

その可能性は低いだろう、と口には出さず。
胴体から足にかけて、エレンは全身のベルトの見直しを始めた。

緩くなっている箇所は無いか、サイズはぴったり合うか、欠落している部分はないか、等。

整備項目として予め決められていた事項の確認だ。

ふと、ミカサは思案する。

――もしこれでベルトのどこかに異常があれば、それが原因で失敗していたに違いない。

ミカサ「どこかおかしな所はあった?」

その期待を胸に、ミカサは平易な言葉で簡潔に尋ねた。

39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/31(土) 10:22:17.81 ID:7rpTa2cDo

エレン「……いや、特に変わった点は見受けられないな」

だが、しかし。返ってきたその言葉は期待を裏切るものだった。

ミカサ「……え?」

思わず呆けた顔をするミカサ。

エレン「ベルトが原因なんじゃない。やっぱり、俺自身に原因があるんだよ」

ミカサ「……」

諦めのついたような、腑に落ちていないような、それらが混ざり合ったかの表情で、エレンは静かにそう告げた。




なりきり隊 進撃の巨人 コスプレ ロング ブーツ エレン ミカサ リヴァイ ブラウン 男女兼用 24.5cm
なりきり隊 進撃の巨人 コスプレ ロング ブーツ エレン ミカサ リヴァイ ブラウン 男女兼用 24.5cm
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/11/21 12:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(3)

これで終わり?
[ 2013/11/21 15:28 ] [ 編集 ]
乙!
[ 2014/07/14 00:01 ] [ 編集 ]
何でこんな中途半端なのをまとめるの?
[ 2020/07/02 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: