FC2ブログ


アルミン「訓練兵団ハロウィン広報部隊だよ!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:28:53 ID:P7JB0bXE

エレン「!?」

アルミン「今日は西の方の区のお祭り、ハロウィーンだってことはみんな知ってると思う…」

アルミン「僕逹はそれを兵団内で普及させたいんだ。みんなも協力してくれないかな?」

マルコ「あ、あの、アルミン…」

アルミン「なんだいマルコ?」

ユミル「いや…なんだい、じゃねぇだろ。お前…」



ユミル「なんで猫耳なんだよ!」

ライナー「」

ミーナ「これは…」

アニ(普通にかわいい)

進撃の巨人(10) (講談社コミックス)

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:31:16 ID:P7JB0bXE

アルミン「ハロウィーンの仮装だよ。そもそもハロウィンっていうのは西の地区では死者が帰ってくるお祭りで、人々は自分の正体がバレない様に仮面を付け…ジャン「いや、そういう意味じゃねぇよ」

ジャン「なんでだよ…なんでお前が猫耳なんだよ」

クリスタ「すごく似合ってるよ、アルミン!」

アルミン「ありがとう、クリスタ」

ミーナ「いいよ!すごいいいよアルミン!!!」

アルミン「嬉しいよ。ありがとう」

エレン「よく出来てるな…」

アルミン「そう?頑張って作ったんだ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:34:50 ID:P7JB0bXE

ライナー「素晴らしい…」

アルミン「尻尾とか大変だったよ」フリフリ

ライナー「ぐふっ」

アニ「…まぁ悪くないんじゃない?」

アルミン「ふふふ、ありがとう」

マルコ「でも…なんで猫なんだい、アルミン」

ユミル「お前はそれでいいのか…」

アルミン「かっこいいでしょ?」

クリスタ「え」

ミーナ「え」

ライナー「え」

アニ「え」

マルコ「え」

ユミル「え」


アルミン「え…?」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:37:26 ID:P7JB0bXE

エレン「…アルミン。それ、かっこいいと思って着てたのか?」

アルミン「え…うん」

クリスタ「!?」

アルミン「え…だって妖怪だよ?ほら…」

アニ「尻尾が裂けてるけど…それがどうかしたの?」

ユミル「あぁ…猫又か」

ライナー「猫又?」

アルミン「そう、猫又だよ!東洋の文献に伝わる猫の妖怪で、長い間生きた猫が人間に化けて現世に紛れ込み、人を襲ったり拐ったりするんだ!」

ミーナ「アルミンが襲ったり拐ったりされそうだけどね」

ライナー「あぁ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:40:13 ID:P7JB0bXE

アルミン「そんなこと無いよ!猫又は見た目は人間だけど力が強いし、不思議な力を持ってるっていう話もあるんだ!」

ユミル(そういう意味じゃねぇよ)

クリスタ「不思議な力…?」

ユミル「…クリスタ、何興味持ってんだよ」

クリスタ「だってかわいいし…面白そうだよ」

アルミン「いや、猫又は恐ろしい怪物なんだからね。身近に潜んでるかもしれない人知を越えた力ってのが…ほら、牙だってあるし」ニッ

アニ(かわいい)

ライナー「かわいい」

ジャン「!?」

マルコ「…楽しそうだね。アルミン」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:43:42 ID:P7JB0bXE

アルミン「楽しいよ。だからみんなにもハロウィンを普及して欲しいんだ!」

エレン「アルミンは昔から、そういう伝承とかの話好きだったもんな」

アルミン「うん!」

マルコ「でも普及って、何をするんだ?」

アルミン「ハロウィンを楽しんでもらうだけだよ!そうして楽しさが広まっていくはずだからね」

アルミン「みんなは参加してくれるの?」

クリスタ「わたしは参加するよ!面白そうだし」

ユミル「…だったらわたしもだ」

ライナー「俺も」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:46:45 ID:P7JB0bXE

エレン「俺ももちろん協力するぞ」

マルコ「僕も」

ミーナ「やるやる!」

アニ「…まぁ、暇だし」

アルミン「そっか。ありがとうみんな」

マルコ「ジャン、君は?」

ジャン「俺はいい。ミカサもいねぇし…」

エレン「そういやミカサはどこ行ったんだ?」

アルミン「ふふふ…ミカサ、出てきてくれ!」

アニ「…?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:49:30 ID:P7JB0bXE

ミカサ「…エレン」スッ

ジャン「!?」

ユミル「おぉ…」

アニ「綺麗…」

クリスタ「それは何の仮装なの、ミカサ?」

ミカサ「雪女。小さいころお母さんがよく話してくれた」

ライナー「雪女?」

アルミン「これも東洋の妖怪だね。雪の降る晩に山荘に訪れる女の妖怪で、手が凍えるほど冷たくて正体を気付いた者は、吹雪で凍え死んでしまうんだ」

ミカサ「そう。だから冬の夜はドアを開けてはいけない」

マルコ「なるほど…面白いね」

ミーナ「その白い服、似合ってるよ!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:52:28 ID:P7JB0bXE

ミカサ「ありがとう。裾が長いので歩き辛い」

ジャン「み、ミカサ!すごく綺れ…ミカサ「エレン」

ミカサ「どう…変じゃない?」

エレン「ん、似合ってるぞ」

ミカサ「あ、ありがとう//」

ジャン「」

マルコ「ジャン…」

ユミル「仮装してるってことは…お前も協力してんのか?」

ミカサ「そう。アルミンに手伝ってくれと頼まれた。そして、わたしがアルミンの頼みを断るわけがない」

アニ「そ、そうかい」

アルミン「ありがとうミカサ。みんなも出てきなよ」

クリスタ「みんな…?」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:55:28 ID:P7JB0bXE

コニー「トリック・オア…えーっと、なんだっけ」ヒョコッ

アルミン「トリートだよ」

ミーナ「コニーはスケルトンだね」

ライナー「骨か」

コニー「首がカタカタするやつ出来るぜ!」カタカタ

エレン「おぉ!上手いな」

アニ「なんか、すごいしっくりくるね」

アルミン「コニーには石膏で作った骨を身体中に張り付けて骸骨になってもらったんだ。やっぱりハロウィーンにはスケルトンがいないとね」

マルコ「完成度高いね」

ユミル「おい、馬鹿が協力してるってことは次は…」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 20:59:02 ID:P7JB0bXE

サシャ「おかしをくれなきゃ、ぶんどります!!!」シュタッ

ユミル「いや、いたずらしろよ」

クリスタ「かわいい!サシャは狼だね」

サシャ「狼人間です。狩人の敵ですが、おかしをもらえるというので」

ライナー「まさに狼だもんな」

ジャン「選択完璧過ぎるだろ」

マルコ「うん」

アルミン「ありがとう。僕が選んだんだ。尻尾はなかなか作るのが大変だったよ」

サシャ「お菓子ぃぃぃぃぃぃ!」

ミカサ「サシャ、お座り」

サシャ「犬じゃないですよ!」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:00:07 ID:P7JB0bXE

ミーナ「これで全員?」

アルミン「いや、まだベルトルトが…」

ユラアッ

アニ「?」


ベルトルト「…やあ」ヌッ

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:02:13 ID:P7JB0bXE

ジャン「!?」

クリスタ「あ…」

マルコ「うわぁぁぁぁ!!」

ミーナ「きゃあぁぁぁ!!」

アニ「」

エレン「ば、化け物が!駆逐してやる!!!」

ユミル「お前…」

ライナー「……べ、ベル、トル、ト、か…?」

ベルトルト「…そうだよ」

エレン「!?」

ミカサ「……」

サシャ「……」

コニー「俺だけじゃねぇよな…みんな怖いよな…」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:05:42 ID:P7JB0bXE

アルミン「ゾンビだからね。顔は青白くして、所々皮膚が垂れてる様に演出。目の周りには大量の隈を描いて目と口の端から血を垂らしてみた」

ベルトルト「……」

アルミン「後は無言・無表情でいる様に頼んでおいたよ」

ベルトルト「……」

ライナー「怖い!!!」

エレン「こ、この化け物が…!」

ミカサ「落ち着いてエレン」

ユミル「ったく…大丈夫か、クリスタ?」

クリスタ「う、うん…」

ミーナ「本当にびっくりしたねーアニ」

アニ「」

ミーナ「あれ…アニ?」

アニ「」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:08:25 ID:P7JB0bXE

ベルトルト「え…嘘だよねアニ…僕だよ…?」

アニ「」

ベルトルト「アニ!!?」

ライナー「ベルトルト…」

ミーナ「…ちょっとアニから離れてあげて」

ベルトルト「」

ユミル「怖すぎんだよ、お前は…」

ベルトルト「」

アルミン「3人も協力してくれたんだ」

ベルトルト「…今は後悔してるけど、ちょっと脅かしてみたかったから」

サシャ「お菓子をもらえると聞いたので!」

コニー「なんか楽しそうだったからな」

アルミン「みんなの分の仮装も用意してあるよ」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:12:40 ID:P7JB0bXE

ジャン「よし、じゃあ着替えてくるか…」

ミカサ「?ジャン、あなたは参加しないのでは?」

ジャン「え…」

ユミル「お…そうだったな!お前はいいって言ってたもんな」

ジャン「い、いや…でもほら…」

ミカサ「無理する必要は無い。嫌なら誰も強制はしない」

ジャン「」

アルミン「…ジャン、大丈夫だよ。君の分も用意してあるから」

ジャン「!アルミンお前…」

アルミン「早く着替えてきなよ」ニコッ

ジャン「あ、アルミン!」

ミカサ「?」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:15:19 ID:P7JB0bXE

――――――

――――

サシャ「まだですかねー早くしてくれないと飢え死にしてしまいますよ~」

ベルトルト「そろそろじゃないかな」

コニー「アルミンはどうしたんだ?」

ミカサ「みんなを手伝いに行った」


アルミン「お待たせー用意できたよ!」ヒョコッ

サシャ「おぉ!終わりましたか」

アルミン「せっかくだからみんな一人ずつ出て来てもらうことにしたよ」

ミカサ「楽しみ」

ベルトルト「うん」

アルミン「じゃあどうぞー」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:18:30 ID:P7JB0bXE

ライナー「よ」ヌッ

サシャ「これは…」

アルミン「ミノタロスだよ、ギリシャ神話の。ライナーはがっしりしてるから似合うと思って」

ベルトルト「本当、似合ってるよ…」

コニー「すげぇ筋肉だな!」

ミカサ「えぇ。だけど腹筋はもっと絞ることが出来る…」

サシャ「狩る側って感じですね!」

ライナー「ふっ…ありがとなみんな」

アルミン「うん。用意したのは角と毛皮だけなのに…かっこいいよライナー」ニコッ

ライナー「そ、そうか//」

ミカサ「次は…」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:21:14 ID:P7JB0bXE

ミーナ「ど、どうもー//」ヒョコッ

サシャ「お、パンプキンですね!」

アルミン「やっぱりハロウィンにスケルトンとパンプキンは外せないからね。カボチャのドレスは買って来たやつだけど…」

ミカサ「かわいい。やはり似合っている」

ベルトルト「そうだね」

ライナー「かわいいは正義だ」

コニー「なんかハロウィンって気分になるな」

ミーナ「ありがとう//」

ミカサ「…では次は」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:23:27 ID:P7JB0bXE

マルコ「なんか恥ずかしいな…」スッ

サシャ「海賊ですか!」

アルミン「うん。海賊の船長だ。マルコには船長とか似合いそうだと思って」

ミカサ「確かに。マルコは船長らしい…」

ミーナ「かっこいいね!」

ベルトルト「…みんなまともで羨ましいよ」

ライナー「お前は…相変わらず怖いな」

コニー「帽子かっこいいなマルコ!」

マルコ「ははは…ありがとう」

ミカサ「とても似合ってる…では次は」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:26:14 ID:P7JB0bXE

アニ「……」スッ

ベルトルト「!」

ライナー「お、やっぱり魔女か。お前とサシャは似合いすぎだww」

アニ「…ふん」

ミーナ「かわいいよアニ!」

ミカサ「知的な感じがする」

サシャ「魔法でおかしを増やして欲しいですねー」

コニー「魔法で魔法使いにして欲しいぜ!」

マルコ(コニー…やはり天才か…)

アルミン「アニは大人っぽいから魔女が似合うかなって」

アニ「…ありがと」

ベルトルト「かわいいよ、アニ!」

アニ「う…あんまり近付かないで…」

ベルトルト「」

ミカサ「…そして次は」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:29:09 ID:6GE18tSA

支援

http://amzn.to/1aQmKGB


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/31(木) 21:29:34 ID:P7JB0bXE

エレン「どうだ?」ヒョッ

ミカサ「!!!」

アルミン「お待ちかねのエレンはバンパイアだよ。エレンは目付きが悪いし、似合うと思ったんだ」

エレン「目付きが悪いって…」

ミカサ「似合ってる!とても…とてもかっこいい!」

エレン「…そうか?」

マルコ「うん。キバが似合ってるね」

ライナー「ちょっと凶悪さが増した感じがするけどな」

ミカサ「それがかっこいい」

マルコ(ジャンがいなくて良かった…)

ミーナ「確かにエレンは吸血鬼っぽいね」

アニ「…まぁいいんじゃないの?」

サシャ「血よりも肉がいいですねー」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:41:29 ID:T6A1bD4I

ユミル「なんでも食べ物に絡めるな」バシッ

サシャ「ぎゃうっ」

エレン「お…その格好は…」

ミーナ「デビルだね!」

コニー「実際悪魔だもんな!」

ユミル「あ?」

ベルトルト「似合ってるよユミル」

ユミル「この流れで言われてもな…」

ライナー「色っぽい」

ユミル「…お前は誰かれかまわずかよ」

アルミン「ユミルはかっこよさを押してみたんだ」

サシャ「ロックって感じですねー」

ミカサ「まさに悪魔的」

ユミル「はっ…」


29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:43:38 ID:T6A1bD4I

クリスタ「かっこいいね、ユミル」ヒョコッ

ユミル「お、クリスタは…」クルッ

ユミル「!?こ、これは…」

クリスタ「あ、あんまり見ないでよユミル//」

ライナー「」

コニー「ん?なんの仮装だよアルミン?」

アルミン「女神」

コニー「え?」

エレン「それ、ハロウィン関係ないんじゃ…」

アルミン「女神。説明不要」

エレン「えー…」

ライナー「天使が女神を作り出した…なんて哲学的なんだ…」

ベルトルト「気持ち悪いよ…ライナー」

アニ「今のあんたよりはマシだよ…」

ベルトルト「」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:46:40 ID:T6A1bD4I

ユミル「アルミン…お前が神か…」

アルミン「ふっ…あんまり褒めないでよ」ニコッ

ライナー「ぐふっ」

クリスタ「大丈夫ライナー?」

ライナー「ぐはぁっ!」

マルコ「これ、ライナー死ぬんじゃない?」

ミーナ「すごくかわいいよクリスタ!」

ミカサ「神々しい」

クリスタ「えへへ//ありがとう」

サシャ「あるべき姿に戻っただけですよ。あるべき姿に…」

ユミル「あぁ」

ミカサ「とても美しい。では、訓練所を回ろう…」

アニ「あぁ。そうだね」

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:48:59 ID:T6A1bD4I

ライナー「もう悔いはない。いい、人生だった…」

ユミル「だな」

サシャ「来ましたぁぁぁぁ!ついにお菓子タイムですッ!!!!」

クリスタ「慌てちゃダメだよサシャ」

コニー「脅かしてやるぜ!」

エレン「あぁ!!」

マルコ「ベルトルトはあんまりやり過ぎないで」

ベルトルト「……」

ミーナ「じゃあ、どこから…」

ジャン「…おい」

エレン「ん?」

ユミル「あ、そういやお前のこと忘れ…」クルッ

ユミル「!?」

ライナー「ジャン、お前…」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:53:25 ID:T6A1bD4I

マルコ「それって…」

ジャン「…」


アルミン「馬だよ」

ジャン「…」ヒヒーン

エレン「ふっ」

ライナー「馬じゃんwwww馬の着ぐるみじゃんwwwwwwwww」

アニ「似合ってる」

ベルトルト「似合ってるね」

クリスタ「えっと、かわいいよ」

サシャ「かわいいのは着ぐるみですけどね」

ミーナ「うん」

ジャン「…」

ユミル「おい、重ね馬かよwww」

マルコ「…ふっ」

ジャン「マルコ!?」

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:56:08 ID:T6A1bD4I

アルミン「ごめん、ジャン…君のイメージでいろいろ考えてみようかと思ったんだけど…馬しか思いつかなくて」

ジャン「なんでだよ…」

アルミン「ごめん…」

ミカサ「アルミンは何も悪くない。わたしが考えたとしても馬しか思いつかなかっただろう」

ジャン「」

ユミル「あるべき姿に戻っただけだ。あるべき姿に…」

マルコ「…っふ」

ジャン「おい!?」

サシャ「そんなことよりお菓子ですよ。お菓子!!」

エレン「おう。早く回ろうぜ!」

ミカサ「えぇ」

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 20:59:02 ID:T6A1bD4I

アルミン「じゃあみんなで訓練所内を回って、ハロウィンを普及するよ!」

全「「おぉ!!!」」

ワイワイワイワイワイ

――――

――――――

――――

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:00:10 ID:T6A1bD4I



アルミン「ふぅ…楽しかったね」

エレン「おう!」

コニー「みんな驚いてたなー」

ジャン「…まぁ、なんやかんやで楽しかったな」

サシャ「わたしは、存分に楽しみました!」モグモグ

ユミル「お前は楽しみすぎだ」

マルコ「けっこう喜んでくれたしね」

クリスタ「ね!」

アルミン「うん。本当に良かった…」

ミカサ「……」

ライナー「今日が終わるのが惜しいな」

ベルトルト「うん」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:03:09 ID:T6A1bD4I

アニ「あんたは早くそれ、落とした方がいいよ…」

ミーナ「泣き出しちゃった子もいたもんね…」

ベルトルト「」


ユミル「よし、そろそろ戻るぞ」

クリスタ「そうだね」

サシャ「はい。名残惜しいですが」

アルミン「…だね。じゃあ、もう寝ようか」

ジャン「おう」

ミーナ「アニ、いっしょに戻ろう」

アニ「あぁ…」

ライナー「お前もうずくまってないで早く帰るぞ」

ベルトルト「…うん」

コニー「楽しかったぜ!」

マルコ「本当に」

ザワザワザワ

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:07:24 ID:T6A1bD4I

エレン「…よし、俺達も帰るか」

アルミン「あ、うん…」

ミカサ「…アルミン」

エレン「ん?まだいたのかミカサ」

ミカサ「…どうして、ハロウィンを開こうと思ったの?」

エレン「は?」

アルミン「……」

ミカサ「あんなにたくさんの衣装を作るのはかなり大変だったはず。そこまでして…」

エレン「…そういえば」

アルミン「……」

アルミン「…僕は」


アルミン「後悔、したくない…って、思ったんだ…」

ミカサ「後悔…?」

アルミン「…うん」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:08:52 ID:T6A1bD4I

アルミン「僕達は、もう一年後には兵士だ」

エレン「おぅ」

アルミン「だから」

アルミン「死ぬ必要があれば死ななきゃならない」

ミカサ「……」

アルミン「…覚悟は出来てる。逃げ出したいわけじゃないんだ…ただ」

アルミン「きっと後悔するだろうなって思ったんだ。その人が死んだって聞いた時に…」

アルミン「もし、何の思い出もなかったりしたら」

ミカサ「…アルミン」

アルミン「…僕はそんなの嫌だよ。思い出があったら悲しいかもしれないけど、後悔するより…ずっと良い」

エレン「……」

アルミン「…それに」

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:10:44 ID:T6A1bD4I

アルミン「何より、僕が死んだ時…みんなに少しでも思い出して欲しかった…のかな」ハハ…

ミカサ「少しだなんて…そんなこと」

エレン「…アルミン」


ユミル「…ま、少し位なら思い出してやってもいいぜ」ヒョイッ


アルミン「!?」

ミカサ「ユミル!」


サシャ「少しと言われると困りますねー」

ライナー「おぅ。そんなこともったいなくて出来ないな」

クリスタ「アルミンのこと、忘れたり出来るわけないもん」

ジャン「お前みたいに冗談が通じないやつは珍しいからな」

アルミン「…みんな」

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:11:22 ID:T6A1bD4I

コニー「俺…難しいことはよくわかんねぇけど」

コニー「今日楽しかったことは忘れねぇし、それはアルミンのおかげだ。そうだよな?」

ミーナ「うん。本当に楽しかった」

アニ「……」

ベルトルト「……」

マルコ「…アルミン」


マルコ「この衣装、預かってもいいかな?」


アルミン「え…?」

マルコ「だって」


マルコ「また、来年のハロウィンの時まで…アルミンに持っててもらうのは悪いからね」

アルミン「…マルコ」

サシャ「えぇ。そうですね!」

クリスタ「うん!」

アルミン「…」

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:13:31 ID:T6A1bD4I

エレン「…アルミン」

エレン「俺達は三年間もいっしょに暮らしてきたんだ。そう簡単に忘れたりしねぇよ。……それに」

エレン「思い出ならこれからだって作っていけるんだ」

エレン「いつだって、何度だって」

アルミン「……」

ミカサ「エレン…」

アルミン「……」

アルミン「…ははは」

アルミン「そう、だね…」

アルミン「…うん」

アルミン「そうだよ」

アルミン「……」

アルミン「また」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:17:42 ID:T6A1bD4I

アルミン「来年も、ハロウィンの普及…手伝って、くれるかな?」

コニー「おぅ!」

サシャ「もちろんです!」

クリスタ「うん!」

ユミル「クリスタの仮装が見れるからな」

ライナー「あぁ」

ジャン「…暇だったらな」

ミカサ「…アルミン」


ミカサ「素敵なハロウィンを、ありがとう」ニコッ


アルミン「……」

アルミン「…うん!」

ワイワイワイワイ

――――

――――――

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:20:40 ID:T6A1bD4I

――――――

――――

キース「……」

キース「……」

キース「ふむ…」

キース「……」

キース「…」チラッ


お菓子の山「…」ズーン


キース「……」

キース「……」

キース「……」

キース「自分で、食べるか…」



おしまい

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 21:28:41 ID:IlfBxXfY


104期生が仲良くてほっこりした

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/01(金) 22:59:23 ID:.FRUyPh.

乙!
キースかわいそうww

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/02(土) 00:24:35 ID:XUXi0enE

乙!

皆仲良し最高です!

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/07(木) 01:00:53 ID:PVfZ1SYE

乙です
すごくよかった!



ラジオCD「進撃の巨人ラジオ~梶と下野の進め!電波兵団~」Vol.1 (CD+CD-ROM)
ラジオCD「進撃の巨人ラジオ~梶と下野の進め!電波兵団~」Vol.1 (CD+CD-ROM)
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/11/26 16:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)

ほっこり(´ω`*)
[ 2014/01/18 07:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: