FC2ブログ


エレン「大丈夫だ!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:01:06 ID:4cLMYmPU

ミカサ「大丈夫」
エレン「大丈夫」
アルミン「大丈夫」の続き的なもの。

電車に揺られ考えていたありがち話…かな。
多分これで最後。
さらにほとばしる蛇足感。

進撃の巨人(10)

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:01:42 ID:4cLMYmPU

―――ン…

――――レン…

誰かが何か言っている。

―――――エレン…

ああ、俺の名前を呼んでいるのか。

重い瞼を開いた。

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:02:44 ID:4cLMYmPU

「おはようエレン」

目に入ったのは仰向けになった俺の顔を覗き込んでいるミカサだった。

どうやら俺は眠っていたらしい。

「…おはよう…」

体を起こし伸びをした。

「どれくらい俺は眠ってたんだ?」

「結構長い時間…と思う」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:03:19 ID:4cLMYmPU

ここはどこだ?

記憶がない。

辺りを見回すと何もないただ白い空間が広がっていた。

「…ここはエレンの夢の世界」

俺の言いたい事を察したミカサが口を開く。

「夢?」

夢なのにおはようなんておかしな話である。

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:03:56 ID:4cLMYmPU

でもなんとなく納得してしまう。

こんなに何もない空間なんてあるわけないよな。

どこまでも白くて…壁がない。

「なんで俺はこんな真っ白な夢を見てるんだ…」

「ここはエレンにとって都合のいい夢の世界。壁がなくてただ自由な広い場所。

白いのはきっとエレンの想像力が足りないんだと思う」

「…なんだそれ」

「エレンの壁の外のイメージが出来ていない。多分、壁の外を探検したら景色が完成する…と思う」

「そうか、じゃあはやく巨人を駆逐して壁の外を見たいな」

少しだけわくわくした。

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:04:37 ID:4cLMYmPU

「壁の外を見たら景色が出来ていくって事はおまえも壁の外を見る事が出来るな」

…あれ?おかしい。どうして俺はこんな言い回しをするんだ?

まるでミカサが一緒に行けないみたいな…

「そう。楽しみにしてる」

ミカサが微笑む。

少しドキドキしてしまう。

ミカサ相手に何考えてんだよ俺は。

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:05:22 ID:4cLMYmPU

―よっと…

そんな思考を誤魔化すように俺は立ち上がった。

「!」

急に頭がクラクラして地面に倒れ込みそうになる。

そんな俺をミカサが抱きとめた。

「急に立ち上がってはだめ…エレンは今血を失っている」

「え?」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:05:58 ID:4cLMYmPU

今気付いたが俺の服は自分の血で染まっていた。

夢とはいえ、全く気付かなかった。

「なんで俺は血まみれなんだ?」

「エレンは今死にかけている」

…この量の血を流しているなら俺は相当危ないんじゃないか?

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:06:36 ID:4cLMYmPU

「はやく元の場所に帰った方がいい。あっちに帰り道がある」

ミカサの指差した方を見る。

ただ真っ白な空間が広がっているだけだった。

「本当にあっちに進めばいいのか?」

「ええ」

「じゃあはやく行こうぜ」

そう言ってミカサの手を掴んだ。

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:07:24 ID:4cLMYmPU

「…私は行けない」

「…なんで」

心臓がドクンドクンと存在感を増す。

俺はミカサの『行けない』理由を知っている。

さらにドクンドクンと心臓がうるさくなる。

…ミカサはどうしてマフラーをしていない?

…どうして掴んだ手がこんなにも冷たい?

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:08:01 ID:4cLMYmPU

「私の手…冷たいでしょう?」

今度は遠慮がちにミカサは笑った。

「関係ねぇだろ…」

もう一度強くミカサの手を握る。

そうすれば暖かくなるような気がした。

「エレン…痛い…」

なんで暖かくならないのに痛いのは感じるんだよ…おかしいだろ…

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:08:51 ID:4cLMYmPU

ミカサと目を合わせられなくなる。

目から零れ落ちる涙を見られたくない。

「なんで…なんで…今更俺の夢に出てくるんだよ…!!」

歯を食いしばりながら言葉を紡いだ。

「…ごめんなさい」

俺が勝手に見ている夢の中でミカサは謝る。

俺がミカサを鬱陶しがって文句を行った時にする表情に似ていた。

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:09:31 ID:4cLMYmPU

「エレンが心配だった…やはり私がいないと早死にしそうになってる」

「…おまえにだけは言われたくねーよ」

ぶっきら棒に言ってしまう。

違う。

そう言う風に言いたいんじゃない。


俺はミカサが死んで後悔した。

もう二度と後悔しないように、そして自己満足の償いに女の子に優しくした。

…どうしてその優しくがこいつには出来ないんだ…

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:10:24 ID:4cLMYmPU

「エレン、そろそろ行かないと帰れなくなる」

「…また、会えるのか?」

「わからない。これはエレンの都合のいい夢だから」

「…そうか」

「…でも私は、遠い未来にずっと一緒にいられると思ってる。

エレンが巨人を駆逐して壁の外を探検してしわくちゃのお爺さんになったらまた会おう」

「奇遇だな。土産話は聞かせてやるつもりだったよ」

「やはりエレンは優しい」

「しかし…しわくちゃの爺さんなんて嫌だろ」

「私はどんなエレンでも…いい」

「そうか。変わった奴だな」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:11:05 ID:4cLMYmPU

にこっとミカサは笑う。

「じゃあな」

そう言うと俺はミカサに背を向け一歩踏み出した。

「………………」

「エレン?」

そのまま歩きださない俺を見つめるミカサの視線を感じた。

もう一度ミカサに向き直る。

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:12:00 ID:4cLMYmPU

ミカサの姿を目に焼き付けよう。

…俺とミカサの背丈は同じくらいだった。

昔はそれが少しだけ悔しかった。

でも今は見下ろすほど背が伸びた。

都合のいいよう夢を見ているだけかもしれないが。

よし。

男の威厳を保てた気がする。

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:12:38 ID:4cLMYmPU

俺はミカサの腕を掴み抱きよせた。

懐かしい匂いがする。

予想以上にミカサの体は俺の腕の中に収まった。

優越感を感じてしまう。

ミカサを見ると頬を赤らめ固まっている。

こいつもこんな風になるんだな。

…もっと早くこうすればよかった。

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:13:19 ID:4cLMYmPU

「エレン…これは…」

「おまえが死んだ後こうすれば女が喜ぶって知ったんだ。

…知ってるか?今俺結構モテるんだぞ」

「…そう。少しだけ嫉妬してしまう。でもその女の子達は見る目が無い」

「なんでだよ」

「こんな事しなくてもエレンはいつだって素敵だった。…多分私しか知らない」

そう言って俺の服を掴んだ。

今度は俺が顔を赤らめる番だった。

…平気でそんな恥ずかしい事言うな。

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:13:52 ID:4cLMYmPU

しばらくそのまま二人で固まっていた。


「エレン、…名残惜しいけどそろそろ行かないと」

「わかった」

そう言うともう一度だけミカサを強く抱きしめた。

腕の中でくぐもった声が聞える。

なんだかミカサの体が暖かい気がした。

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:14:48 ID:4cLMYmPU

「それじゃあエレン」

「あー、別れの挨拶は無しだ」

「…わかった」

「マフラー…また会った時に巻いてやるからこれは俺が預かっておく」

「うん」

「じゃあ、またな」

「道に迷わないように気をつけて」

「大丈夫だ!」

全く、ミカサは変わらないよな。

…安心した。

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:15:20 ID:4cLMYmPU

――

―――

――――ン…

―――――レン…

――――――エレン…!!

…既視感を感じる。

俺は重い瞼を開いた。

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:15:58 ID:4cLMYmPU

「よかったエレン!!」

目に入ってきたのは俺の顔を覗き込むアルミンの瞳だった。

「このまま目を覚まさなかったらどうしようかと思った!」

「…ここは…?」

「壁の中だよ。あ、あんまり動かない方がいい。傷が開くかもしれないから」

服を見ると大量の自分の血で染まっていた。

…よく助かったな。

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:16:43 ID:4cLMYmPU

「すごい出血で危なかったんだよ…もしかしてミカサが助けてくれたのかな?」

そう言ってアルミンは微笑む。

俺は自分の服を撫でた。

「いや、なんかすっげー長い夢を見ていた気がするんだけど……なんだったっけ。思いだせねぇな」

「! どうして泣いてるの?」

「え…!?」

気付くと一筋の涙が流れていた。

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:17:56 ID:4cLMYmPU

「本当だ。なんでだろ?」

「もしかして悲しい夢でもみたんじゃない?」

「覚えてない。 …覚えてないけど…」

「なんだか暖かい夢だった」

風でマフラーが揺れる。

懐かしい匂いがした。




おわり

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:19:40 ID:4cLMYmPU

おまけ

http://i.imgur.com/WxdV2Lc.jpg


なんか長々とすいませんでした。
これで終わりだと思う。

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 03:26:14 ID:VwuuNXgY

乙乙
最初のから読んでたが切ないのう…
絵も凄く良い

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/15(金) 09:54:57 ID:1SI929LY


凄く良い




COSSKY2013の新品【送料無料】進撃の巨人 attack on titan 調査兵団 リヴァイ マントを付き コスプレ衣装 女性Mサイズ
COSSKY2013の新品【送料無料】進撃の巨人 attack on titan 調査兵団 リヴァイ マントを付き コスプレ衣装 女性Mサイズ
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/12/05 06:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: