FC2ブログ


恭介 「リトバスアニメ第1話を見たんだが」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 13:57:20 ID:PANh3SAQ

恭介 「なんだあれは......」

理樹 「え?いきなりどうしたの?」

恭介 「リトバスのアニメ、あれはなんだと言ったんだ!」

理樹 「ふ、普通によかったと思うけど......?」

恭介 「あれじゃ俺たちの良さが伝わらないじゃないか!!」

ラジオCD 「ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ! 」 vol.1 通常版

2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 14:07:15 ID:PANh3SAQ

真人 「お?どうした、何かあったのか?」

恭介 「おお、お前らちょうどいいとこに」

恭介 「我らがリトルバスターズのアニメ、正直どう思う?」

謙吾 「どうって?俺は普通にいいと思ったが?」

鈴 「同感だ」

真人 「なにぃ?ありゃ駄目だろ......どう見ても筋肉が足りねぇ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 14:15:01 ID:PANh3SAQ

恭介 「見事に意見が割れたな......」

恭介 「よしっ、それでは今からリトバスアニメの鑑賞会を行うことにする!」

真人 「ふっ、ついに俺を解き放つか」

理樹 「えぇ!?」

謙吾 「ほう、いいだろう」

鈴 「なんでもいいからとっとと始めろ」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 14:35:00 ID:PANh3SAQ

恭介 「よし、それじゃあ始めるぞ」

恭介 「まず俺が就職活動から帰ってくるシーンだな」

理樹 「ここかぁ、今からアニメが始まるんだってどきどきしたよね!」

恭介「ああ、正直この時点では俺も期待に満ちあふれていた」

恭介 「そして次のシーンだ」

真人 「恭介が帰ってきたと聞いて俺が謙吾に戦いに行くシーンか」

謙吾「ここのお前、なんか妙にさわやかだったな、戦いさぁ」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 14:44:42 ID:PANh3SAQ

真人 「気持ち悪ぃ真似すんじゃねぇよっ!!」

真人 「もう少し不敵な笑みで言い放つつもりだったんだよ!」

恭介 「まぁ正直このへんはどうでもいい、次にいくぞ」

真人 「どうでもいいのかよっ!!」

恭介 「次のシーン、お前らがバトルを始めたところだ」

謙吾 「ここの演出は良かったな、俺の華麗な技が見事に映しだされてた」

真人 「どこがだよ......つーか俺が一方的にやられてる感じが納得いかん」

理樹 「それは原作でも同じだったじゃない」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:02:59 ID:PANh3SAQ

真人 「うるせぇーよ!ていうか野次の無駄な解説がねぇと俺のパンチがどれだけ凄いのか伝わらねぇじゃねぇか!」

恭介 「そうだな、あれは野次の解説があってこそのバトルのはずだが......あれじゃただの喧嘩だな」

真人 「しかもあれだと恭介が帰ってきた=バトルという風に見えるんだが......ちょっと違くねーか」

謙吾 「まぁ実際はその通りだが......確かにあれでは恭介が帰ってきたから俺たちは意味もなくバトルしてるように見えるな」

恭介 「まぁ実際その通りなんだからいいだろ、その後理樹が喧嘩を止めるため俺を見つけるわけだが」

理樹 「なぜか恭介の前だけギャラリーいなくて見つけやすかったよ」

恭介 「まぁその辺は大人の都合だ」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:15:03 ID:PANh3SAQ

理樹 「就活帰りで疲れてるはずなのに無駄にさわやかだったね」

恭介 「細かいことを気にしたら駄目だ」

恭介 「そして次に俺がバトルのルールを提案するわけだが」

恭介 「お前ら渋い顔一つせずに従ったな」

真人 「いや、時間が押してると思ってよ」

謙吾 「同感だ」

恭介 「......それにしても「やるのか?」の一言はあってもいいと思ったんだが」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:22:25 ID:PANh3SAQ

恭介 「まぁそれはいい問題は次だ」

恭介 「くだらないものの中から謙吾は豆鉄砲、真人は俺が投げいれた猫を武器に戦うわけだが」

恭介 「鈴、お前はなんでバトルも始めてないのに切れた?」

鈴「うっ......」

真人 「しかも弱いものいじめがどうとか......まだ何もしてねーよ!!」

鈴 「うっさい!時間が押してると思ったんじゃ!!」

真人 「嘘付けっ!さっき俺が言った言い訳じゃねーか!」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:32:54 ID:PANh3SAQ

恭介 「時間がないのは確かに事実だしな、良しとしよう」

恭介 「それで次に喧嘩になった理由を話すわけだが」

恭介 「ここはそれなりだな、真人の指の動きがキモイが」

鈴 「というか真人の動きがいちいちキモイ」

真人 「うわぁぁーー!だからアニメはいやだったんだぁー!」

理樹 「うわっ、真人が否定的だったのはこれが理由だったんだ」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:38:04 ID:PANh3SAQ

真人 「そうだよ!なんだよあの動きはよ!筋トレも腹筋にしとけよ!なんでがに股なんだよ!!」

恭介 「おいおい、それは後の話だろ落ち着けよ」

真人 「これが落ち着いてられるかよっ!!」

理樹 「どうどうどう、それで次に鈴とバトルになるんだよね」

真人 「あぁ、俺が逆にうなぎパイに食われたとこか......」チラッ

謙吾 「くっ......」

鈴 「しかしあそこの私のカットインは良かったな!」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:46:38 ID:PANh3SAQ

恭介 「三節棍のとこか確かにあれは良かったな」

恭介 「だが真人がうなぎぱいを破壊されたときの......」

真人 「うあぁぁぁぁーーーーっ!うなぎパイがあぁぁーっ!」

恭介 「がなかったのは少し寂しかったな」

恭介 「それでこの後に俺たちの昔話に入るわけだが」

恭介 「正直ここは言うことはない、少し絵は少ないが」

理樹 「えぇー......」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 15:59:19 ID:IBIpvtCY

恭介 「それで回想が終わり俺たちのこれからの話しになるんだが」

恭介 「ここも言うことはない」

真人 「ないのかよっ!!」

謙吾 「真人が無駄に黄昏てたのにはすこし違和感があったがな」

真人 「なんだと!?てめぇだって意味もなく瞑想みたいな格好してただろうがっ!!」

謙吾 「なんだとぉ?」

恭介 「まぁ俺もCMやらPVでこのシーンを見たがまさかここで使われるとは思ってなかった......」

恭介 「それでOPにはいるわけだが」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:03:12 ID:PANh3SAQ

恭介 「OPの感想をどうぞ」

鈴 「うん、いいんじゃないか」

理樹 「すごいファインプレーだよ!」

真人 「まぁ見てて飽きないOPではあるわな」

謙吾 「グッジョブだJC」

恭介 「俺もOP,EDは良かったと思う。これが思い出補正ってやつだな」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:11:22 ID:PANh3SAQ

恭介 「OPが終わり次に初の野球シーンに入るわけだが」

恭介 「鈴、お前なんでいきなりライジングニャットボールクラスの球投げてるんだ......」

鈴 「うっ......」

恭介 「あれじゃノーコン以前にその破壊力に目が奪われるだろ」

恭介 「進行上、俺も強引に神なるノーコンの称号をお前に与えたが」

恭介 「あれはどう見ても破壊神だ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:21:35 ID:PANh3SAQ

真人 「そうだっ!あんな球よそ見してなくても避けれねーよ!!」

理樹 「というよりあれは鈴が猫を蹴られた怒りで覚醒したから投げれた球なのに......」

恭介 「ああ、このままではアニメでライジングニャットボールを投げるとき」

恭介 「真人を球場の外に吹っ飛ばすくらいしないと駄目だな」

真人 「えぇ......」

恭介 「そうでなくては最初からその球投げれてるじゃん?って話しになるだろ」

恭介 「切れても普通と同じじゃかっこがつかないしドラマチックじゃない」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:35:17 ID:BQXMXVYw

支援

http://amzn.to/1ajfQXQ


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:41:14 ID:PANh3SAQ

真人 「まぁたしかにな......しかも理樹はバッターじゃなくてキャッチャーを先にやるのか」

恭介 「それだ!」

恭介 「理樹はこれからむちゃくちゃ練習を重ね数々の敵を相手に立ち向かっていかなくてはならない」

恭介 「そういう意味で理樹のバッティングは重要なポイントだが」

恭介 「バッティングの描写ゼロ、まぁ今後画かれるだろうが」

恭介 「この辺りから先のこと考えてるのかと不安いっぱいになってきた」

理樹 「そ、そうなんだ......」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:52:57 ID:PANh3SAQ

恭介 「まぁその辺りはいい、今後描かれるだろうからな」

恭介 「次に野球を始める理由について語るシーンだが」

謙吾 「お前のあの訳がわからない理由のところか」

恭介 「ああそうだ、あのシーンはお前らの空気が大事な場面だろ!」

恭介 「それをなんだあの先を急ぎすぎて空気もへったくれもないシーンは!!」

真人 「いや、時間がねぇと思ったんだよ......」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 16:58:41 ID:PANh3SAQ

恭介 「お前ら......さっきから時間時間ってそんな中途半端なギャグならいれるなっ!!」

謙吾 「いや、あれはストーリーの進行上必要な会話だったからな」

真人 「むしろいらなかったのはこの後の名言集だな」

鈴 「その前に真人の気持ち悪い筋トレが......」

理樹 「もうそこには触れないであげてよ」

真人 「うおぉぉぉーーー!」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:04:05 ID:PANh3SAQ

恭介 「名言集か......あれは最初の長いくだりがあってお前らがいやいや名言を言い始めてようやくおもしろいくなるからな」

理樹 「いきなり「猫が棒から落ちる」とか「こいつ馬鹿だ!」とか「んまっ、つぁ、ちょぎっ!」とか言われてもねぇ」

鈴 「わけわからん」

謙吾 「正直このシーンはいらなかったな」

真人 「お前のうなぎぱいもなかったしな」

謙吾 「くぅぅ......」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:16:59 ID:PANh3SAQ

恭介 「その次は......ああ勧誘のとこか」

真人 「なんかどうでもいい感じだな」

恭介 「ここはもうどうしようもなさそうだからな......」

恭介 「ただ一つ気がかりなのがなんで俺がうんざりした顔で「こんばんわ」だと言ったのかだ」

理樹 「こういうときの恭介はむしろ率先してやりそうなのにね」

謙吾 「これじゃ恭介が俺たちの茶番にいやいや付き合ってると思われかねん」

真人 「むしろこいつの茶番に俺たちが付き合ってるのだがな」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:31:09 ID:PANh3SAQ

恭介 「というかここは理樹の突っ込み役としての出番なんだがな」

真人 「しかし理樹の突っ込みはほぼなかったな」

恭介 「まぁこのシーンも笹瀬川とのバトルに発展するための布石代わりになっちまったな」

鈴 「でもそのバトル展開もいやに速かったな」

真人 「つーかなんだよあのバババッってガトリングでも発射してるんじゃねーかと思う音だったぜ」

鈴 「ざざみの取り巻きに打ったやつか、多分蹴りの連打だと思う」

恭介 「ここでのバトル描写一切なし」

恭介 「しかもバトル終了後なぜか取り巻きは汚れ一つなし」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:44:17 ID:PANh3SAQ

恭介 「正直バトルは一つの見せ所だと思っていたんだがな」

真人 「見事になんもなかったな」

謙吾 「ここを描かなくてむしろどこを描くんだというレベルだな」

恭介 「バトル描写なしのギャグ中途半端ではさすがにまずい......」

恭介 「だが諸君!われわれにはまだ野球がある!」

恭介 「そして次回栄えある第一号の進入部員の小毬が参戦する」

鈴 「小毬ちゃん!」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 17:50:23 ID:PANh3SAQ

恭介 「そうだ小毬ちゃんだ」

恭介 「小毬参戦による入部テストや鈴との掛け合いなど見所は満載だ」

恭介 「更には!勧誘による電車ごっこなどまだ挽回のチャンスはある!!」

理樹 「そうだよ僕達の話はまだ始まったばかりだ!」

真人 「あいつの不思議キャラが万人に受けるかは謎だけどな」

恭介 「第一話はいろいろ入れなきゃ駄目だったんだろう」

恭介 「正直急ぎすぎてて何がなんだかさっぱりだったが次回は期待できるだろ」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/08(月) 18:04:23 ID:PANh3SAQ

恭介 「これで一応アニメ第一話は終わりだな」

恭介 「ちなみにみんなEDはどう思った?」

恭介 「俺は泣いた」

理樹 「葉留佳さんが可愛い」

謙吾 「泣いた」

真人 「泣いた」

鈴 「みんなで海に行きたい」

終了

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 20:20:11 ID:LOUDAEKs

恭介「よしリトバスアニメ第2話の鑑賞会を始めるぞッ!」

恭介「はい拍手~」

真人「つーかまたやんのかよ......」

鈴「今回は小毬ちゃんが出るんだぞ!?真面目に見ろバカ!」

真人「真面目に見るってなんだよ!」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 20:23:08 ID:LOUDAEKs

理樹「まぁまぁ、これからメンバーも増えてにぎやかになるしきっと面白くなるよ!」

真人「嫌な予感しかしないんだが」

恭介「とりあえず見てみよう、感想を言うのはそれからだ」

謙吾「真人がまともな感想を言うとは思わないがな」

真人「なんだと!?」

真人「ちくしょうこうなったらマジでいい感想言って、あの子ちょっとイケてるんじゃない?ってとこ見せてやる!」

鈴「こいつアホだ」

恭介「期待してるぜ、それじゃあ鑑賞会スタートだ!」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 20:29:35 ID:LOUDAEKs

恭介「まずは前回の続き、理樹と小毬が屋上で出会うシーンからだ」

理樹「ここの小毬さん僕を先生と勘違いしてたんだよね」

鈴「コラッ、小毬ちゃんが怖がってるだろ!」

理樹「いやいや、どうしろっていうのさ!?」

真人「先生じゃない風で接近すればよかったんじゃね?」

理樹「どういう感じだよそれ......」

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 20:44:22 ID:LOUDAEKs

真人「ラップでも口ずさみながらとかどうだ!?」

真人「YOYO 俺 直枝 おまえは」

恭介「確かにそれなら誰も教師とは思わないな」

理樹「それよりなんでいきなりそんな登場の仕方しなきゃいけないのさ!」

謙吾「アホなこといってないでさっさと先に進め」

恭介「そうだな、おお......小毬が何かに挟まって出られなくなるとこか」

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 20:47:02 ID:LOUDAEKs

鈴「小毬ちゃんパンツ丸出しだ」

恭介「さすがの理樹もパンツには釘付けだな」

理樹「く、釘付けになってないって!!」

恭介「理樹はああいう子供っぽいパンツが好きなのか?」

鈴「なにぃ!?」

理樹「いやいやいや......」

謙吾「いい加減話しが進まないぞ」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:13:26 ID:LOUDAEKs

恭介「そうだったな。先に進もう」

真人「ここからは小毬のアホアホトーク炸裂か」

鈴「アホっていうな、可愛いだろ!」

恭介「まぁ小毬は天然系の中でも独特な雰囲気を出してるからな」

恭介「人によってはそこがいいんだろうが......しかしどことなくJCの作画にはあってるな」

理樹「た、たしかに」

鈴「小毬ちゃんはアニメ化で更に可愛くなったな!」

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:20:27 ID:LOUDAEKs

真人「アホさ加減は変わってねぇけどな」

謙吾「真人にアホと言われる神北には多少同情する」

真人「なんだと!てめぇやんのか!?」

恭介「おい落ち着け、いい加減話が長くなってる。先を急ぐぞ」

真人「つーか誰のせいだよ......」

恭介「まだOPすら始まってなかったんでな......さすがにマズい」

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:27:14 ID:LOUDAEKs

謙吾「そのOPが終わったぞ」

恭介「そうか、相変わらずいいOPだったな」

恭介「そして次は朝食のシーンか、真人がアレだけある茶碗の中からわざわざ鈴の茶碗を取る意味はなんだ」

真人「わかんねーよ!ごめんなさいでしたーっ!」

鈴「なにーッ!?意味もわかんないでやったのか、あたしのご飯返せッ!」

恭介「だから落ち着けって......正直このシーンはどうでもいい次にいくぞ」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:31:49 ID:LOUDAEKs

真人「お前、なんか前から俺の扱いひどくね?」

恭介「そんなことはない、それにお前の見せ場はこんなとこじゃないはずだぜ?」

真人「......へっ」

真人「さすが恭介......わかってやがるな」

真人「よっしゃあ!次はお待ちかね、俺のバトルシーンだぁ!」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:35:43 ID:LOUDAEKs

理樹「ポク......」

謙吾「ポク......」

恭介「チーン」

鈴「ショボい」

真人「......」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:41:25 ID:LOUDAEKs

真人「なんなんだよこのバトル!ぜんぜん熱くねぇじゃねぇか!」

恭介「俺たちはバトルも全力でやるはずだが......JCではギャグに行く傾向が強いな」

謙吾「まぁまだ2話目だ。これから変わっていくのだろう」

恭介「残念だが真人、今回のお前の見せ場は終わった」

真人「うおおおおぉぉぉぉーーーー」

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 21:47:27 ID:LOUDAEKs

恭介「次、教室のシーンだ」

謙吾「この二人は来々谷にやらr......」

理樹「ストーップ!次行こう次!!」

理樹「こ、この後に僕が鈴を呼びに中庭に向かうんだよね!」

恭介「そして鈴が遊んでいたレノンに付けられていた手紙に気づく」

恭介「一体誰がこんな手紙を寄越したんだろうな......」

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:02:59 ID:LOUDAEKs

恭介「そ、そういえばここでの理樹がフラッシュバックするシーンはなかなか鳥肌ものだったな」

恭介「ただし既プレイ者に限る」

理樹「多分アニメから入るひとには何がなんだかわかんなかっただろうね」

真人「んなもん今に始まったことじゃねぇだろ」

恭介「しかも地味にネタバレ含まれてるな......」

真人「それも既プレイのやつしかわからねぇだろ」

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:11:47 ID:LOUDAEKs

4人 「......」

恭介「確かに......なら問題ないな」

恭介「よし次だ、ここで理樹のバッティングについて触れてきたか」

理樹「というかなんでグローブでボクシング......」

謙吾「アニメだと真人はアホというよりキチガイだな」

真人「うおおおおぉぉぉぉーーーーー」

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:16:41 ID:LOUDAEKs

恭介「それで掃除イベントに移るわけだが」

恭介「ここでようやくでた真人の十八番である筋肉イェイイェーイだが」

理樹「わけがわからないね......」

真人「もう......いっそ殺してくれ......」

恭介「確かに動き的にはあってる......だが」

理樹「これじゃない感がすごいね」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:24:40 ID:LOUDAEKs

真人「やっぱり筋肉がたりねぇ」

恭介「ま、まぁこの件は置いておこう......アニメは難しいだろうからな」

恭介「そして小毬が参加しての微笑ましいシーンの数々......」

恭介「やはりJCはほのぼのとしてるシーンが合うな」

真人「俺たちのほのぼのとしたシーンは前半の今だけなんじゃないか?」

理樹「これじゃあ物語の後半やリフレインだと......」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:32:31 ID:LOUDAEKs

恭介「マズいな」

恭介「どのくらいマズいかと言うと......眉間に寄ったしわが戻らない」

鈴「それはこの後使うギャグシーンだろ!」

恭介「おっとそうだった」

恭介「そしてお待ちかね!小毬の入部テストだったんだが......」

理樹「ど、どうしたの恭介......」

恭介「ここでのテストシーンだが......演出が気にくわん」

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:40:09 ID:LOUDAEKs

真人「なにが駄目なんだよ?」

鈴「小毬ちゃんはがんばってただろッ!」

恭介「小毬はいい、バッティングやランニング、ノックの演出は悪くない」

恭介「だが俺が合格を言うシーンだが......」

恭介「ここは俺の合格発言に対してそんなんでいいのかよ!というシュールさを出さなければいけないシーンだろ」

恭介「だったら俺の発言を目立たせるために俺をアップにするべきじゃないのか、なぜ小毬の後ろで小さくなんだ......」

恭介「しかも画面転換がパッパと切り替わるもんだから正直何が起きたかわからん」

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:44:36 ID:LOUDAEKs

恭介「俺はアップで映されたってかまわない、ドヤ顔だってしたさ」

恭介「なのになんだアレは......小毬の後ろでわけのわからないポーズ取らされて」

恭介「俺たちのギャグは......演出で殺されている」

真人「そうだそうだ!」

理樹「こ、これはこれでいいんじゃないの?」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 22:59:54 ID:LOUDAEKs

恭介「更に!このシーン2回も使われるが一度でいい」

恭介「まず2回やる意味がわからん、だったらタメや引いてるシーンのような時間を使う演出を入れた方がいいに決まってる」

理樹「きょ、恭介落ち着いて......」

恭介「......ハッ、すまん俺のギャグが消されて熱くなっちまった」

理樹「ひ、人によっては面白かったとおもうよ?」

恭介「そ、そうだな......次へ行こう」

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:04:51 ID:LOUDAEKs

恭介「なんだかんだ言ったが......このラストシーンは好きだ」

理樹「そうだねここのシーンは僕達らしさがよく出てたと思うよ」

真人「やっぱりほのぼのシーンなんだな」

恭介「真人の優しさ、小毬の積極性、そして鈴の人見知りが克服される兆しとなかなか見ごたえのあるシーンだった」

理樹(ここは恭介の顔も......)

恭介「このあと理樹のナルコレプシーで眠りに落ちるとき小毬より鈴の方が反応が早かったのも好印象だ」

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:05:19 ID:LOUDAEKs

恭介「俺たちの方が理樹との付き合いは長いからな。こういう細かい演出は割と好きだ」

恭介「とりあえず第2話はこんなところだな」

理樹「あれ?謙吾は?」

謙吾「ここにいる」

真人「うおっ!お前いたのか、ぜんぜん気づかなかったぜ」

恭介「2話で謙吾の出番は少なかったからな」

謙吾「くっ......こんなことなら俺も早いうちに野球を......」

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:05:38 ID:LOUDAEKs

恭介「まぁ慌てるなお前の見せ場だってこんなとこじゃないはずだろ?」

謙吾「......ふっ、そうだったな」

恭介「後半でのお前の壊れっぷりにも俺は期待しているぜ」

謙吾「おうとも!」

真人「しかしアレだな......小毬のやつはこのアニメにやたらあってたな」

理樹「ほんとだね小毬さんはゲーム以上に可愛かったよ」

鈴「まぁ当然だな。小毬ちゃんは可愛いからな」

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:06:00 ID:LOUDAEKs

恭介「JCは可愛い演出が得意みたいだな」

恭介「そのせいか俺たちの泥臭い、汗臭い演出がさわやかになっている」

恭介「まぁリトルバスターズはギャルゲ、エロゲの範囲だからこっちの方がいいんだろうが」

真人「だが俺たちは友情をテーマにしてるんだぜ」

恭介「ああ、眉間によったシワが戻らない」

鈴「お前、それがいいたいだけだろ」

恭介「とにかく相変わらず次の展開に期待だな」

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:06:16 ID:LOUDAEKs

恭介「次は来々谷が参戦する。あいつはエロスの権化だからなJCの可愛い作画でどう表現されるか見ものだな」

理樹「来々谷さんかー、かっこいいお姉さんって感じだから確かに見ものだね」

謙吾「あいつは動きも映えるからな期待できるだろう」

鈴「く、来々谷か......」

恭介「鈴と小毬との絡みも見ものだな」

真人「そして俺とのバトル!今から燃えてきたああああああああ!」

恭介「よし今日はとりあえずこんなところだな、それじゃあ解散」

- 完 -

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/23(火) 23:08:14 ID:23FS4MaY

確かにアニメから入るとイミフ多いな
原作keyは大丈夫かと思ったんだが

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/10/24(水) 00:04:47 ID:IBszdE32

正論すぎワロタww



ラジオ リトルバスターズ!ナツメブラザーズ!(21) vol.4
ラジオ リトルバスターズ!ナツメブラザーズ!(21) vol.4
関連記事

Powered By 画RSS

JCに足りなかった愛を感じるいいSSでした
ぐっじょぶ!
[ 2014/03/05 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: