fc2ブログ


アルミン「就職しないと・・・」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:29:08 ID:mIt/ewvo

アルミン「もう20も過ぎたし、いつまでもエレン達にお世話になるわけにはいかないよね・・・」


進撃の巨人 デカキーホルダー 敬礼ver アルミン 敬礼ver


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:32:26 ID:mIt/ewvo

アルミン「といってもアテもないし、知り合いのコネでなんとかしてもらおう・・・」

エレン「?アルミン どうしたんだよ」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:37:39 ID:mIt/ewvo

アルミン「エレン ミカサ 僕はいつまでも二人のお世話になるのは駄目だと思っている 就職しようと思うんだ」

エレン「別に気にすんなよ 親友だろ?」

ミカサ「そう 私たちは 親友 ので、 アルミンが迷惑だとは 思わない」

アルミン「でもそれじゃあ僕の気が収まらないんだ!」

エレン「・・・じゃあうちで働けばいいじゃねぇか」

アルミン「・・・僕は料理とか得意じゃないし、これ以上ラブラブの二人の邪魔はできないよ・・・」

エレン「・・・アルミン・・・」

アルミン「と、とにかく就職先を探してくるっ!」

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:42:51 ID:mIt/ewvo

アルミン「・・・と言って居酒屋を飛び出したのはいいけど、どうしようかなぁ・・・」

アルミン「まずはバイトからでもいいから 街の掲示板とかで探してみよう」

シガンシナ区 掲示板前

アルミン「えっと・・・何々 コンビニアルバイトに・・・ カツラ」

サシャ「あれ アルミン どうしたんですか?」

アルミン「!! さ、サシャ・・・ 久しぶり・・・」

サシャ「もしかしてバイト探しですか?」

アルミン「う、うん」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:48:08 ID:mIt/ewvo

アルミン「サシャは?」

サシャ「パン工場で働いているんですよ 今から行くところです」

アルミン「パン工場・・・」

アルミン「どんな感じの職場なの?」

サシャ「清潔でいいところですよ 廃棄処分のパンもたらふく食べれますし・・・むふふ・・・」

アルミン「さ、サシャにぴったりの職場だね・・・」

サシャ「でも今はバイト募集してないみたいです」

アルミン「あ、そうなんだ・・・」

サシャ「力になれなくてごめんなさい・・・」

アルミン「い、いや!別にいいよ!今まで働かなかった僕が悪いんだし・・・」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 15:57:19 ID:mIt/ewvo

アルミン「気を使ってくれて有難う」

サシャ「いえ・・・ 友達じゃないですか」

アルミン「ありがとう・・・」

サシャ「・・・あ!」

アルミン「?」

サシャ「そういえばライナーが『猫の手も借りてぇなぁ』とツイートしていた気がしますよ 最近」

アルミン「ライナーが?」

サシャ「なんでも、最近進撃の巨人という漫画とアニメを目当てに、ゲオに客がたくさんくるそうで・・・」

アルミン「ゲオ・・・か」

サシャ「寄ってみてはどうですか?ゲオなら駅近くの坂を上った辺りにありますよ」

アルミン「・・・うん!有難うサシャ!就職できたら飯おごるね!」

サシャ「むふふ 楽しみにしてますよ・・・」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 16:26:41 ID:mIt/ewvo

ゲオ シガンシナ店

「あー らっしゃっせー・・・ ってアルミン!」

アルミン「やぁライナー 久しぶり・・・と、クリスタ?」

ライナー「あぁ 俺が店長で、クリスタが副店長だ」

クリスタ「ひ、久しぶり・・・」

アルミン「・・・」

アルミン「ふ、二人は・・・その・・・つ、つきあっ」

ライナー「結婚した」

アルミン「」

クリスタ「・・・やだ 恥ずかしい・・・」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 16:39:43 ID:mIt/ewvo

アルミン「(以外と皆結婚してるものなのかな・・・?サシャは知らないけど)」

ライナー「・・・んで、何しに来たんだ?進撃の巨人か?」

アルミン「い、いや バイトでもしようかなぁと思って・・・」

ライナー「ん?アルミン お前まだ働いてないのか?」

アルミン「うん・・・」

ライナー「マジか・・・」

クリスタ「駄目だよアルミン!ちゃんと働かないと!」

ライナー「あぁ 全くだ だが実は昨日、新人が入ってな うちぁ手は足りてんだわ」

アルミン「そ、そっか・・・」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 16:43:01 ID:mIt/ewvo

ライナー「で、同期のよしみとして教えてやるが 駅前の八百屋なら確実にバイト雇ってくれるぞ」

アルミン「ほ、本当!?」

クリスタ「うん 自給は750円と安いんだけど・・・」

アルミン「あ、有難う二人とも!」

ライナー「礼を言われるほどじゃぁない さっさと行け」

クリスタ「またね アルミン」

アルミン「うん!」

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 16:49:59 ID:mIt/ewvo

駅前 八百屋のきーす☆

アルミン「ここか・・・」

アルミン「あの~・・・」

キース「むっ」

アルミン「げぇっ キース!」

キース「アルレルトォ 久しぶりだなぁ!」

アルミン「は、はい!」

キース「貴様・・・何しにここにきた!」

アルミン「バ、バイトとして雇われにきました!」

キース「ほぉ それは結構だ・・・ だが・・・」

キース「俺は貴様の手など借りたくもない・・・」

アルミン「(な、なんだよこの人!)」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 22:22:27 ID:mIt/ewvo

キース「・・・と 言いたいところだが今は丁度手が足りてなくてな・・・ 貴様がやりたいというならいいだろう 働け」

アルミン「(な、なんて上から目線の人なんだこの人は・・・!!)」

キース「・・・」

アルミン「(なんなんだその目は!)」



エレン「アルミン 就職決まったかなぁ・・・?」

ミカサ「エレン それより私の新しいブラを見て欲しいのだけれど・・・」

エレン「・・・心配だ アイツ、考えすぎる性格だからなぁ 今までもそれで面接落ちてきたし・・・」

ミカサ「エレン ベッドのシーツはいつでも汚していいように荒ってお」

エレン「・・・・・・」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 22:26:05 ID:mIt/ewvo

キース「まずは野菜の値段、レジ打ちのやり方を覚えてもらう」

アルミン「・・・バーコードとかは ないんですか?」

キース「そんなものはない!全て覚えてもらう!」

アルミン「(な・・・!! い、いや 八百屋はこういうものなのかもしれないな 仕方ない・・・)」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 22:28:25 ID:mIt/ewvo

『アルミン「扶養してやる!1人残らずっ!!」』っていうスレかな?


25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 22:41:33 ID:mIt/ewvo

エレン「ミカサ 俺ちょっとアルミンを探しに行ってくる」

ミカサ「!!どうして・・・ ベッドのセッティングはできた・・・ 二人で交わ」

エレン「じゃあ! 休業中の札、頼むぞ」

ミカサ「・・・エレン・・・」


エレン「さて・・・ どこから探すか・・・」

エレン「アイツの事だから体力的にそんな遠いところで働くつもりはないハズ・・・」

エレン「・・・まずは知り合いをたずねてみるか・・・」


レオンハート書店

アニ「おや いらっしゃ・・・ エレン!!?」

エレン「よぉ・・・アニ 半年ぶりだな・・・」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 22:49:51 ID:mIt/ewvo

アニ「・・・ミカサはいないのかい・・・?」

エレン「店を任せてきた 留守番だけどな」

アニ「そう・・・ で、何の様?進撃新刊?」

エレン「いや・・・アルミン 見かけなかったか?」

アニ「アルミン?見てないけど」

エレン「そうか・・・ わり  仕事中に」

アニ「いや別に どうってことはない 話はそれだけ?」

エレン「あぁ それだけだ じゃあな」

アニ「・・・それだけ・・・か」

エレン「あぁ あと」

アニ「!?」

エレン「その・・・ ベルトルトにもよろしくな」

アニ「あ、あぁ・・・伝えておく」

エレン「じゃ」

アニ「・・・・・・」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:00:04 ID:mIt/ewvo

エレン「アニのところじゃないか じゃあ・・・」


エレン「ジャン」

ジャン「・・・死に急ぎ野郎」

エレン「おい 久しぶりにあってそりゃあないだろ」

ジャン「ハッ 俺はお前の面なんか見たくもねーんだよ 何しにきやがった」

エレン「いや・・・ アルミン見なかったか?」

ジャン「アルミン?アイツはお前の嫁だろう 俺が知るわけねぇじゃねぇか」

エレン「いや、俺の嫁はミカサなんだが・・・」

ジャン「うるせぇ!」

エレン「でも、そうか お前のところにも来てねぇか・・・」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:01:18 ID:mIt/ewvo

ジャン「・・・おいエレン お前もうちょっとよく考えて探したらどうだ?」

エレン「はぁ?」

ジャン「うちは農家だし、そもそも俺とアルミンはあんま仲良くねぇだろ」

エレン「ま、まぁ・・・」

ジャン「一年もあってねぇのに農家の俺を頼りにするとでも思ってんのか? あぁん?」

エレン「そ、そうだよな すまん・・・」

ジャン「あー そういうのいいから さっさとその汚ぇ面ひっこめて帰れよこのクズ野郎が」

エレン「・・・・・・あ、あぁ・・・」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:13:24 ID:mIt/ewvo

エレン「(ジャンに怒られてしまった・・・ まぁ仕方ない 次は・・・)」


ユミル「お帰りなさいませ!ご主人様♥」

エレン「・・・・・・」

ユミル「お席はこちらでありますにゃん♥」

エレン「・・・やめろ・・・」

ユミル「今日のオヌヌメは愛情たっぷり☆オムライスだぉ!」

エレン「やめてくれ・・・」

ユミル「萌~え萌~え キュン!」

エレン「やめるんだユミル!俺だ!!エレンだ!!」

ユミル「・・・」

ユミル「・・・・・・」

ユミル「・・・・・・きゅん?」

エレン「(駄目だ・・・壊れている・・・ こいつの身に一体何が・・・)」

エレン「・・・くっ」

ユミル「あ、お帰りですか!?いってらっしゃいませご主人様ぁぁ!」


34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:33:56 ID:mIt/ewvo

エレン「(・・・疲れた)」


コニー「お エレン!何してんの?」

エレン「コニー!久しぶりだな」

コニー「おう 一年と27日ぶりだな 就職難か?」

エレン「いや、俺は大丈夫だが・・・ そうだ アルミン見なかったか?」

コニー「アルミン?・・・今日俺が歩いた道のりでは見かけなかったが、最後に見かけたのは47日と23時間前かな」

エレン「そ、そうか・・・ 」

コニー「探してんのか?よければうちの警察の力を借りて強力するが・・・」

エレン「いや、いい!別に迷子とかじゃねぇから!(こいつこんなキャラだったっけ・・・?バカのイメージしかねぇんだけど・・・)」

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:43:56 ID:mIt/ewvo

コニー「そうか・・・ ま 何かあったら『シガンシナ警察署』に来てくれよ」

エレン「有難うコニー ・・・お前、意外と頼りになる奴だな」

コニー「以外は余計だ! へへっ・・・ じゃあまたな」

エレン「あぁ また・・・」

エレン「・・・」

エレン「さて、アルミンだ・・・」

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:47:53 ID:mIt/ewvo

アルミン「(結局 キースの野郎が嫌で抜け出してきちゃった・・・ ハァ・・・)」

アルミン「(僕の利口な脳が存分に活躍できる仕事先とかないかなぁ・・・)」

エレン「あっ!おい アルミン!!アルミン!!」

アルミン「!エレン・・・」

エレン「ハァ・・・ ハァ・・・ ここにいたか・・・」

アルミン「ど、どうしたの・・・?こんな息きらして・・・」

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:50:23 ID:mIt/ewvo

エレン「いや・・・お前が・・・心配だったから・・・」

アルミン「エレン・・・」

エレン「なぁ アルミン いい仕事先はみつかったか?」

アルミン「・・・・・・いや 見つからなかった・・・」

エレン「・・・・・・そうか」

アルミン「・・・・・・・・・・・・」

エレン「・・・なぁアルミン うちで働けよ」

アルミン「!?」


41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/09/30(月) 23:57:45 ID:mIt/ewvo

アルミン「い、いや!だから僕は料理もできないし居酒屋なんて・・・」

エレン「アルミン!! お前は今、我侭を言える立場なのか?」

アルミン「・・・」

エレン「アルミン・・・ お前が今こういう状況におかれているのは お前の今までの人生の形であり、結果なんだ」

エレン「あわよくば自分の特技を生かして就職しようだなんて思っているんだろうが、そんなのは実力と行動力を持った人間だけが実現できる」

エレン「お前は今まで俺たちの家でニートして・・・ネットで人を蔑んで・・・何もしてこなかった!」

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:03:39 ID:dOJPfqjQ

エレン「そんな奴が社会にポンと飛び出て、上手くいくわけがないだろう!」

アルミン「・・・・・・くっ」

エレン「そんなクズで馬鹿なお前に、チャンスが訪れている だったら居酒屋だろうがなんだろうが、そこで働いて学ぶってのが・・・」

アルミン「もういい・・・」

エレン「・・・な」

アルミン「もういいよ!!僕は賢い!人より賢い!エレンは自分が特別な才能がないからそんなことが言えるんだ!」

エレン「お、おい!!」

アルミン「僕には才能がある!ただ人が僕の才能を知らないだけなんだ!」

アルミン「見つけてやる・・・僕の理想の仕事を・・・!!」

エレン「・・・」

アルミン「絶対にエレンなんかに世話になるもんか!僕は一人だって生きれるんだ チャンスは山ほどあるんだ!!」

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:06:52 ID:dOJPfqjQ

エレン「アルミン!」

アルミン「エレンなんてもう友達でもなんでもない!どっかいっちまえー!!」

エレン「・・・・・・」

アルミン「・・・・・・」

アルミン「・・・絶対・・・ えらくなって・・・ 見下してやる・・・!」


45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:12:46 ID:dOJPfqjQ


ガチャッ

ミカサ「!エレン・・・ アルミンは?」

エレン「・・・・・・」

ミカサ「・・・・・・エレン・・・?」

エレン「悪いミカサ・・・」

エレン「暫く・・・ 一人にしてくれ・・・」

ミカサ「エレン・・・?」


キィ・・・ バタン

ミカサ「・・・・・・」

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:17:34 ID:dOJPfqjQ

エレン「(俺は・・・)」

エレン「(俺は・・・ 迷惑じゃないと言っておきながら、本当はアルミンのことを邪魔だと思っていた!)」

エレン「(仕事を見つけられないアイツに・・・腹を立てていたんだ!)」

エレン「(見下していたんだ・・・ 俺は・・・)」

エレン「(・・・・・・何が立場だ!結局俺だって人を蔑んで、力を貸さないで・・・何も変わらないじゃないか!)」

エレン「(俺にアルミンを説教する資格なんて・・・なかった・・・)」

エレン「(・・・アルミン・・・・・・)」

エレン「(ごめん・・・ ごめん!アルミン!!!)」


48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:37:50 ID:dOJPfqjQ

アルミン「・・・」

アルミン「(おかしい・・・ どこに言っても拒否られる)」

アルミン「(この僕が働いてやるって言っているのに・・・ どいつも・・・ こいつも・・・!!)」

アルミン「(常人には理解できないのかな 僕の素晴らしさが・・・全く・・・)」

アルミン「ブツブツ・・・ ブツブツ・・・」

ドガッ

リヴァイ「ってぇなぁ」

アルミン「ブツブツ・・・ ブツブツ・・・」

リヴァイ「・・・・・・おい!」

アルミン「!?」

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:40:39 ID:dOJPfqjQ

アルミン「・・・なんで・・・しょうか・・・?」

リヴァイ「なんだ?じゃねぇだろ・・・ どこに目ぇつけて歩いてんだ?お前は」

アルミン「・・・と・・・いいますと・・・?」

リヴァイ「俺の肩にてめぇの肩があたったんだよ 侘び一つくれぇ入れんのが筋ってもんじゃねぇのかぁ?あぁ?」

アルミン「(なんだこのチビ・・・ 何様だよ・・・)」

アルミン「ぶつかってきたのはそっちだろう!君が謝るべきだと僕は思うんだけど」

リヴァイ「ほぉ・・・」

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:52:46 ID:dOJPfqjQ

ズッ・・・


アルミン「あ゛・・・ ぅぁ・・・ 」

リヴァイ「これは持論だが・・・」

ガッ

アルミン「ヒィ・・・ 」

リヴァイ「躾に一番効くのは痛みだと思うのだが・・・」

リヴァイ「・・・どうだ 謝る気には なったか?」

アルミン「は・・・はひ・・・」

リヴァイ「あ?聞こえねェ・・・おい」

リヴァイ「お前 死んでみるか?」

アルミン「い・・・ いや・・・だ・・・」

リヴァイ「丁度近くにいい事務所がある」

リヴァイ「教育を施すのには ピッタリかもなぁ・・・」

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:55:22 ID:dOJPfqjQ

 ドガッ

アルミン「 ぃぃぅぅ・・・ 」

リヴァイ「楽しいなぁ おい 舌にピアス穴をあけられた気分はどうだ?」

アルミン「あひ・・・ ひ・・・」

リヴァイ「・・・オルオ」

オルオ「はい」

リヴァイ「飽きた 始末しておけ」

オルオ「了解です ボス」

アルミン「!!ひ・・・」

オルオ「・・・」

カチャリ・・・

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:57:35 ID:dOJPfqjQ

アルミン「いぃぃぃ!!ひぃぃぃ!!」

オルオ「黙れ うるせぇな・・・」

アルミン「ひは・・・ ひはぁぁ ああ゛ あぁ!!」

オルオ「・・・・・・」

リヴァイ「オルオ」

オルオ「はい」

リヴァイ「遺体はバレねぇようにな」

オルオ「もちろんです」

アルミン「あ・・・あいぃぃ!ひぃぃぃ!!」


パンッ



・・・・・・

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 00:59:03 ID:dOJPfqjQ

・・・ン・・・

エ・・・ン・・・

「エレン!!」

エレン「ん・・・・・・?」

ミカサ「起きて」

ミカサ「そろそろ行かないと日が暮れる」


55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:00:38 ID:dOJPfqjQ

エレン「・・・・・・?」

エレン「・・・あれ?」

エレン「ミカサ・・・ ・・・お前 髪伸びてないか・・・?」

ミカサ「・・・・・・・・・」

ミカサ「そんなに寝ぼけるまで熟睡してたの?」

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:02:41 ID:dOJPfqjQ

エレン「イヤッ・・・ なんか すっげー昔の夢を見ていた気がするんだけど・・・・・・
     なんだったっけ 思い出せねェな・・・」

ミカサ「・・・・・・!!」

ミカサ「エレン?」

ミカサ「どうして 泣いているの?」

エレン「え・・・?」

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:06:20 ID:dOJPfqjQ

エレン「・・・あぁ・・・ 」

ミカサ「?」

エレン「今日が命日だったからかな・・・ 思い出しちまったみたいだ・・・」

ミカサ「エレン・・・・・・」

エレン「あの日・・・・・・ 見ていたんだけどな・・・」

ミカサ「・・・・・・」

エレン「やっぱり俺は 自分が可愛かったみたいだ・・・ ハハ」

エレン「・・・アルミンを・・・見殺しにしたんだよなぁ・・・ ヒグッ」

ミカサ「エレン・・・ エレンは悪くない・・・」


59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:09:50 ID:dOJPfqjQ

エレン「・・・う・・・ お 俺は・・・ 臆病で・・・腰抜けで・・・」

エレン「俺は・・・・・・」

ミカサ「エレン」

エレン「ヒグ・・・ うぅ・・・」

ミカサ「エレン 行こう  墓参りに 」

ミカサ「アルミンも・・・ 待っている きっと・・・」

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:16:43 ID:dOJPfqjQ

エレン「・・・・・・」

エレン「あぁ・・・ そうだな・・・ 俺がこんなんじゃ アイツも怒るに怒れないよな・・・」

ミカサ「・・・」

エレン「・・・行こうか・・・ アルミンのところへ」

ミカサ「・・・うん」



とりあえず完

適当でごめん

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 01:19:20 ID:jWG9GbDo

すごいハードだな。みんな、少し様子が違ってる感じ。リヴァイは、暗黒街のボス感が漂っている。



67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/10/01(火) 07:33:52 ID:dOJPfqjQ

とりあえずこのSSは終わりです

また新しいの書きますねw今度はほのぼのとしたやつ・・・



進撃の巨人 クリスタルドーム ストラップ (ゲートデザイン) 03. アルミン
進撃の巨人 クリスタルドーム ストラップ (ゲートデザイン) 03. アルミン
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2013/12/21 06:00 ] SS一覧 進撃の巨人 | TB(0) | CM(1)

ど…どういうことだってばよ?
[ 2014/01/18 07:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【217件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: