FC2ブログ


なぎさ「マミと新婚旅行に行くのです」

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:15:50.33 ID:gNH4M6Ex0

・デビほむ改変後の世界で、なんやかんやあって付き合い始めたマミとなぎさのお話です



-マミの家-

なぎさ「ご馳走様なのです!」

マミ「お粗末様。いつも残さず食べてくれてありがとね」

なぎさ「マミの作るご飯はいつも美味しいのです。残したらバチが当たるのです」

マミ「ふふっ、そう言って貰えるとこっちも作り甲斐があるわ。デザートは何が良いかしら? やっぱりチーズケーキ?」

なぎさ「はい! マミのチーズケーキ、大好きです! でも、今日は……」

なぎさ「デザートにマミを食べたい気分なのです」

魔法少女まどか☆マギカ 巴マミ 3D 立体 おっぱい マウスパッド

2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:16:27.59 ID:gNH4M6Ex0

マミ「え? それってどういう……」

なぎさ「もう、言わないと分かんないですか?」

ドサッ

マミ「きゃっ! なぎさ、ちゃん……」

なぎさ「2人きりの時くらい、呼び捨てで呼んでほしいのです」

マミ「な、なぎさ……」

なぎさ「ありがとうなのです。大好きですよマミ」チュッ

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:17:18.68 ID:gNH4M6Ex0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マミ「私は巴マミ。あなたは?」

なぎさ「なぎさ……百江なぎさなのです」

ひょんな事から知り合った見滝原中学のお姉さん、巴マミ。

お父さんが仕事の都合で、家を空ける事の多かったなぎさの面倒をマミはよく見てくれました。

優しくて、料理が上手くて、年相応にお茶目な部分もあるマミになぎさはどんどん惹かれ、いつしかマミの事を女性として意識するようになっていました。

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:18:00.01 ID:gNH4M6Ex0

杏子「それで、相談って何さ?」

なぎさ「はい。実は好きな人ができまして……」

さやか「へぇ~、なぎさも恋するお年頃かー。相手はやっぱりクラスの男子?」

なぎさ「いえ、実は……マミなんです」

さやか「そっかー、なぎさはマミさんに恋してるんだ……って、マミさん!?」

なぎさ「やっぱり変ですよね? 女の子が女の子を好きになるなんて……」

さやか「んー、まぁ変じゃないって言えばウソになるけど……相手がマミさんなら分かる気がするな」

杏子「いいんじゃねぇの? 周りの奴らにどう思われようとさ、なぎさがマミを好きだって気持ちは本物なんだろ? だったら、後はとことん突っ走るしかねーじゃん」

さやか「そうそう。当たって砕けろだよ、なぎさ」

杏子「砕けちゃダメだろ」

さやか「アハハ、こりゃ失礼」

なぎさ「さやか、杏子……ありがとうなのです!」

マミの後輩のさやかや杏子の後押しもあって、なぎさは勇気を出してマミに告白する事にしたのです。

5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:18:37.66 ID:gNH4M6Ex0

マミ「話って何かしら?」

なぎさ「は、はい! あ、あの突然こんな事を言ってマミも戸惑うと思うのですが……」

マミ「ふふっ、なーに?」スッ

なぎさ(わわっ、近いですよマミ……ドキドキが止まらないのです。でも、ここは勇気を出さないと!)

なぎさ「なぎさは……ず、ずっとマミの事が好きでした!」

マミ「え? それって……」

なぎさ「ライクじゃなくてラブの方で好きです! つ、付き合ってください!」

なぎさ(言っちゃったのです……フラれたらなぎさは、マミと今まで通りの関係を続けられるんでしょうか?)ドキドキ

しばらく2人の間に沈黙が流れます。ほんの数十秒の時間でしたが、なぎさには永遠にも感じられました。

6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:19:13.88 ID:gNH4M6Ex0

マミ「……なぎさちゃん」ギュッ

なぎさ「ふぇ!? マ、マミ……?」

マミは、沈黙を破ると同時になぎさの事を優しく抱きしめてくれました。

あの時の感触は今でも忘れられないのです。

マミ「……本当にこんな私で良いの?」

なぎさ「はい! マミじゃなきゃダメです! マミの方こそ、なぎさなんかでいいのですか?」

マミ「ええ、勿論。私もなぎさちゃんの事、大好きよ。ライクじゃなくてラブの方でね」チュッ

なぎさ「あぅっ……い、いきなりキスなんてズルいのですよ///」

それがなぎさのファーストキスでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:19:59.93 ID:gNH4M6Ex0

なぎさ「マミ……んっ、ちゅっ、んんっ」

マミ「なぎさぁっ……んむっ、ふぁっ……」

なぎさ「んっ……喉乾いたので、ちょっと休憩なのです」ぷはっ

マミ「んっ、はぁ……キスはいつも私の方からしてたのに」

なぎさ「マミが可愛かったから我慢できなかったのです。マミはなぎさの方からキスされるの、イヤでしたか?」

マミ「イ、イヤじゃなかったけど……もう、なぎさの意地悪」

なぎさ「えへへ、膨れっ面も可愛いのです」ゴクゴク

マミ「もう、年上をからかうものじゃないわよ……ねぇ、お水私にも分けてくれない?」

なぎさ「はい、口移しでいいですか?」

マミ「えっ、ちょっ……なぎさっ」ゴクゴク

なぎさ「再開なのです。明日は日曜日だから、今日はいっぱいキスできるのです」チュッ

マミ「んんっ、ふぁっ……」

こうして、なぎさ達の健全(?)な夜は更けて行きました。

8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:21:09.27 ID:gNH4M6Ex0

チュンチュン

なぎさ「もう11時……寝すぎたのです」

マミ「おはよう、なぎさ」

なぎさ「おはようございます、マミ」

マミ「お湯沸いてるけど、ココアでも飲む?」

なぎさ「はい、お願いしますのです!」

TV「こちらハワイホノルル国際空港です。早速、お正月をこちらで過ごされる芸能人の方に突撃インタビューを決行したいと思います!」

なぎさ「こういう番組を観ると、お正月だなって感じがするのです」ゴク

マミ「ふふっ、そうね」

なぎさ「ハワイとまでは行かなくても、なぎさもマミと新婚旅行に行きたいのです」

マミ「そうねぇ。2人で旅行に行けたら……って、新婚旅行!?」

なぎさ「はい。マミはなぎさのお嫁さんですから、何も間違ってないですよね?」

マミ(どっちかって言うと、私の方が旦那さんなんじゃないかしら。あっ、でも料理とかは私がやってるからやっぱり私が奥さん?……って、何考えてるのよ! 早くお昼作っちゃわないと)

マミ「あら? 夕飯の食材がほとんどないわね……なぎさ、悪いんだけど買い出しに行ってきてくれないかしら? その間にお昼ご飯作っちゃうから」

なぎさ「はいなのです!」

9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:22:29.58 ID:gNH4M6Ex0

チュンチュン

なぎさ「もう11時……寝すぎたのです」

マミ「おはよう、なぎさ」

なぎさ「おはようございます、マミ」

マミ「お湯沸いてるけど、ココアでも飲む?」

なぎさ「はい、お願いしますのです!」

TV「こちらハワイホノルル国際空港です。早速、お正月をこちらで過ごされる芸能人の方に突撃インタビューを決行したいと思います!」

なぎさ「こういう番組を観ると、お正月だなって感じがするのです」ゴク

マミ「ふふっ、そうね」

なぎさ「ハワイとまでは行かなくても、なぎさもマミと新婚旅行に行きたいのです」

マミ「そうねぇ。2人で旅行に行けたら……って、新婚旅行!?」

なぎさ「はい。マミはなぎさのお嫁さんですから、何も間違ってないですよね?」

マミ(どっちかって言うと、私の方が旦那さんなんじゃないかしら。あっ、でも料理とかは私がやってるからやっぱり私が奥さん?……って、何考えてるのよ! 早くお昼作っちゃわないと)

マミ「あら? 夕飯の食材がほとんどないわね……なぎさ、悪いんだけど買い出しに行ってきてくれないかしら? その間にお昼ご飯作っちゃうから」

なぎさ「はいなのです!」

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:23:11.07 ID:gNH4M6Ex0

-見滝原市商店街-

肉屋「はい。お釣りと福引補助券だよ」

なぎさ「ありがとうなのです。福引補助券? 今、福引をやってるんですか?」

肉屋「ああ。何でも1等は温泉旅行のペア券らしいよ」

なぎさ「温泉旅行のペア券……それなのです! でも、今日の買い物だけじゃ補助券足りなさそうなのです。どうしましょう……」

杏子「えーと、あと買わなきゃいけないものってなんだっけ?」

さやか「あとは人参、じゃがいも、玉ねぎと……」

杏子「じゃあ、次は八百屋だな」

なぎさ「さやかと杏子なのです。そうだ! あの2人に相談してみるのです」

11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:24:17.58 ID:gNH4M6Ex0

-八百屋-

杏子「なぁ、こっちの人参にしようぜ。こっちの方が旨そうだし」

さやか「ダーメ。30円も高いじゃん」

杏子「いいじゃねぇか。そんなにケチケチしなくても」

さやか「ふ~ん、そんな事言うんだ? 浮いた分のお金でうんまい棒買ってあげようと思ってたのになー」

杏子「贅沢言ってごめんなさい」

さやか「うんうん、よろしい」

なぎさ「さやか! 杏子!」

さやか「おっ、なぎさじゃん。マミさんにおつかい頼まれたの?」

12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:25:20.87 ID:gNH4M6Ex0

なぎさ「はいなのです。あの、2人は買い物した後の福引補助券ってどうしてますか?」

さやか「福引補助券? ああ、何枚か集めると福引できるっていうアレね。いつも、集める前に福引終わっちゃうんだよね~」

杏子「あたしもそんな感じだなー」

なぎさ「あの、良かったら2人の持ってる補助券をなぎさに譲ってほしいのです」

さやか「はは~ん、ひょっとしてマミさんに1等の温泉旅行をプレゼントしようって魂胆ですかな?」

なぎさ「はいなのです!」

杏子「そんな簡単に当たるもんじゃねぇと思うけどなー」

なぎさ「そうですよね……なぎさもそんな都合の良い話、あるわけないと思ってはいるんですが……」

さやか「弱気になっちゃダメだよ。福引は、絶対1等当てるんだって気持ちでやんないと。ほら、持ってる補助券全部あげる」

なぎさ「さやか……ありがとうなのです!」

さやか「そのかわり、もし温泉旅行当たったら、お土産に何か買ってきてよね」

杏子「ほれ、あたしのもやるよ。お土産は温泉饅頭でよろしくな」

なぎさ「はい、約束なのです!」

13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:25:49.56 ID:gNH4M6Ex0

-抽選会場-

なぎさ「さやかと杏子のおかげで補助券、結構溜まったのです」

係員「おっ、お嬢ちゃん。福引に挑戦するのかい?」

なぎさ「はいなのです!」

係員「よ~し、じゃあ気合い入れて回してくれ!」

なぎさ(神様仏様なのです……!)カラカラ

14 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:26:31.96 ID:gNH4M6Ex0

なぎさ「マミ、ただいまなのです!」

マミ「お帰りなぎさ。遅かったから心配してたのよ?」

なぎさ「えへへー、実はマミにプレゼントがあるのです」

マミ「あら、何かしら?」

なぎさ「じゃじゃーん! 温泉旅行のペア券なのです!」

マミ「え? どうしたのそれ……」

なぎさ「なぎさが福引で当てたのです!」

マミ「ウソ……」

なぎさ「えへへ、これで一緒に新婚旅行に行けますね」

ギュッ

なぎさ「ふぇ? マ、マミ……?」

マミ「……ありがとうなぎさ。最高のプレゼントだわ。一緒にいっぱい思い出作りましょうね?」

なぎさ「はいなのです!」

15 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:27:26.71 ID:gNH4M6Ex0

――1週間後

ガタンゴトン……

なぎさ「マミ、見てください。海が綺麗なのです」

マミ「本当、綺麗ね」

販売員「車内販売です。おやつに何かいかがですか?」

マミ「えっと、それじゃあワッフルを1つと……なぎさはチーズケーキかしら?」

なぎさ「はいなのです!」

販売員「あら、お姉ちゃんと旅行? いいわね~」

なぎさ「違うのです。マミはなぎさのお嫁さんです。今から新婚旅行に行くのです」

販売員「え?」

マミ「ごめんなさい。この子、最近恋愛ドラマにハマってて」

販売員「あっ、そうだったんですか。2人とも旅行楽しんできてくださいね」

マミ「はい、ありがとうございます……もう、突然あんな事言ったら販売員さんも驚いちゃうでしょ?」

なぎさ「なぎさは、本当の事言っただけなのです」プー

マミ「ふふっ、それはごめんなさい。チーズケーキ食べて機嫌直して、ね?」

なぎさ「食べ物でつられるほど、なぎさは軽い女じゃないのですよ?」モグ

マミ「どう、美味しい?」

なぎさ「はい……このチーズケーキに免じて、今の事は許してやらなくもないのです」モグモグ

マミ(チョロかわいい……)

16 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:28:09.39 ID:gNH4M6Ex0

-旅館-

なぎさ「旅館に着いたのです」

マミ「荷物置いたら、早速温泉に行きましょう?」

なぎさ「ええー、なぎさはふかふかのお布団でマミとゴロゴロしたいのです」

マミ「それは夕飯の後でもできるでしょ? 今行けば、ほとんど貸し切りで利用できるわよ」

なぎさ「……分かったのです。マミと温泉、貸し切るのです!」

17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:28:58.86 ID:gNH4M6Ex0

-露天風呂-

マミ「ふぅ~、生き返るわねー……」

なぎさ「極楽極楽なのです……それにしても、マミの胸はいつ見ても大きいですね~。羨ましいのです」

マミ「胸が大きいってのもあんまりいいものじゃないわよ? 肩こりだってひどいし」

なぎさ「むぅ、その発言は世の貧乳さん達に失礼なのです。謝りやがれなのです!」モミモミ

マミ「きゃっ、ちょっ、なぎさぁっ……謝るから、やめっ……ぁんっ」

なぎさ「分かればいいのです。それにしてもいくら貸し切りとはいえ、公共の場でえっちな声を出しちゃうマミは変態さんなのです」

マミ「うぅっ、だってなぎさがえっちな手つきで触るから……」

なぎさ「えへへ、本当にマミは反応が可愛いのです。夕食が済んだら、たっぷり可愛がってあげるのです」

マミ「も、もう! 小学生がそんな事言うものじゃないわよ」

マミ(でも何かしら……? この胸の高鳴り)ドキドキ

18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:30:07.56 ID:gNH4M6Ex0

-旅館の部屋-

なぎさ「ご馳走様なのです!」

マミ「ご馳走様。美味しかったわね、この寿司御膳」

なぎさ「はい! でも、マミの料理が世界一美味しいです」

マミ「あらあら、おだてても何も出ないわよ?」

なぎさ「おだててなんかないですよ? なぎさは、マミの料理が世界で一番好きなのです。いつもなぎさのために美味しい料理を作ってくれてありがとうなのです」チュッ

マミ「ふぇ!? なぎさっ……んむっ」

なぎさ「んんっ、ぷはっ……温泉の続きなのです」

ドサッ

マミ「きゃっ!」

なぎさ「ごめんなさい、マミ。いつも通りキスで終わらせるつもりでしたが、マミが可愛すぎてガマンできなくなっちゃいました。キスより先に進んでもいいですか?」

マミ(年上としてここは私がリードするべきなんじゃないかしら? ううん、抵抗しないって事は私やっぱり……)

マミ「うん。今日はなぎさの好きにして……」

なぎさ「ありがとうなのです。愛してますよ、マミ」

お父さん、なぎさは今日、一つ大人の階段を昇るのです。

19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:30:38.34 ID:gNH4M6Ex0

-後日、マミの家-

なぎさ「杏子、さやか、お土産なのです」

杏子「おっ、あんがとな」

さやか「サンキュー」

杏子「マミ、なぎさとの旅行は楽しめたか?」

マミ「ええ、とても楽しかったわ。2人で列車から海を眺めたり、露天風呂を貸し切ったり、美味しい夕食を食べたり」

なぎさ「最後はお布団の中で、お互いの事を深く知り尽くしたのです!」

杏子・さやか「えっ」

20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:31:29.60 ID:gNH4M6Ex0


マミ「ちょ、ちょっとなぎさ! 何言ってるのよ!」

なぎさ「杏子とさやかには、隠す必要ないじゃないですか。あの時のマミ、捨てられた子犬みたいで可愛かったのです」

マミ「へ、変な事言わないでよ! 私、あの時何度もやめてって言ったのに……」

なぎさ「なぎさに全部委ねてくれたのは、マミの方なのです。抵抗もしなかったし、口で言うほど嫌がってはなかったのです」

マミ「そ、それはその……」カァァッ///

さやか「あー、こりゃひょっとしてあたし達はお邪魔虫って奴ですかな?」

杏子「そうみてーだな……マミ、ケーキご馳走様!」

さやか「なぎさもお土産ありがとね。じゃ、2人ともお幸せに!」

マミ「え? ちょっと、佐倉さん! 美樹さん! 行っちゃった……」

なぎさ「2人とも、なぎさ達に気を遣ってくれたみたいなのです。せっかくだから、ここで新婚旅行の続きをしませんか?」

マミ「し、しょうがないわね……でも明日は平日なんだから、今日はキスだけよ?」

なぎさ「はいなのです!」

チュッ

21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:32:07.11 ID:gNH4M6Ex0

-杏さやの帰り道-

杏子「……」カァァッ///

さやか(どうしよう……すっごく気まずい。とりあえず何か話さないと)

さやか「な、何ていうかさ、最近の小学生は進んでるね……」

杏子「あのさ、さやか」

さやか「何、杏子?」

杏子「あたし達も、そのもっと進んだ関係になりたいなー、なんて」

さやか「……」

杏子「わ、悪ぃ! やっぱ今のは忘れてくれ、冗談だ」

さやか「……いいよ」

杏子「え?」

さやか「杏子となら進んだ関係になってもいいって言ってんの! 恥ずかしいんだから、言わせないでよバカ!」ギュッ

-おしまい-


22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 21:32:32.43 ID:gNH4M6Ex0

以上です。幼女×お姉さんっていいよね!

23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/06(月) 21:36:49.63 ID:XZnBHE8ro

からのぉ?

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/06(月) 23:25:11.63 ID:RC2tn5+L0

後日談はよ



魔法少女まどかマギカ《まどか&ほむら》BOX缶ティッシュケースアニメキャラクターグッズ通販/
魔法少女まどかマギカ《まどか&ほむら》BOX缶ティッシュケースアニメキャラクターグッズ通販/
関連記事

Powered By 画RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: