fc2ブログ


【艦これ】海兵「本日付けで着任しました一等海兵です」 叢雲「・・・・」

1 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 01:59:47.82 ID:YvP5OaIqo

深夜のほうも落ちたうえ速報も依頼出しちゃったから性懲りもなく新しく立てます

完結まで書ききったから一気に投下します


艦隊これくしょん 艦これ 叢雲 時計

2 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:01:04.85 ID:/AAdunj/0

海兵「よろしくお願いします!!!」

叢雲「・・・」ビクッ

叢雲「一等兵・・・?」

海兵「は、はい・・・」

叢雲「指令として普通配属されるのって佐官クラスじゃないの・・・?」

海兵「自分も良くわからないですけど、教育隊終えて配置電報見てみたら・・・」

叢雲「・・・」


3 : ◆SNu5mStssE [sage]:2014/03/08(土) 02:02:13.51 ID:YvP5OaIqo

支援

http://bitly.com/1aLLiTb


4 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:02:20.68 ID:/AAdunj/0

叢雲「まぁいいわ。私は特型駆逐艦の5番艦、叢雲よ」

叢雲「何かの間違いだとは思うけど、一応私は秘書艦でアンタは上司なんだからみっともないマネはしないでよね?」

海兵「はい、了解しました!!!」ビシィ

叢雲「・・・!」ビクッ

叢雲「き、急に大きな声出さないでよね!」

叢雲「びっくりするじゃない・・・」

海兵「も、申し訳ありません・・・」

海兵「教育隊での癖で・・・」

叢雲「・・・」


6 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:02:55.64 ID:/AAdunj/0

~鎮守府の朝~
パプーッ!

海兵「!」バッ

海兵「・・・!」バババッ サッサッサッ

海兵「・・・!!」ダダダダダダッ・・・


鎮守府玄関前

海兵「・・・」チョクリツフドウ


8 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:04:06.66 ID:7ISCpOWT0

~鎮守府の朝~
パプーッ!

海兵「!」バッ

海兵「・・・!」バババッ サッサッサッ

海兵「・・・!!」ダダダダダダッ・・・


鎮守府玄関前

海兵「・・・」チョクリツフドウ




海兵「・・・あれ?」


10 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:04:51.30 ID:7ISCpOWT0

バタンッ ダダダダダタダッ・・・

叢雲「・・・!」ビクッ

叢雲「な、なに今の・・・?」

・・・・・・

叢雲「何やってるの・・・?」

海兵「え、朝の点呼は・・・?」

叢雲「司令官がそんなことするなんて聞いたことないわよ?!」

海兵「はっ、すいませんでしたぁ!!!」

叢雲「声がデカイ!」


12 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:05:32.71 ID:7ISCpOWT0

海兵「それで司令官は何をすればいいのでしょうか?」

叢雲「・・・何で敬語なのよ?」

海兵「いえ、叢雲さんのほうが先に配属されてるから先輩なのでは・・・」

叢雲「アンタ、立場的に私の上司なんじゃないの・・・」

海兵「すいませ・・・!!!」

叢雲「だから声がデカイのよ!」ビクッ

叢雲「あとその敬語何とかしなさい! 示しがつかないじゃないの・・・」


14 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:06:17.79 ID:gQ5ZSIkU0

叢雲「まぁ、いいわ・・・」

叢雲「まずはこの書類に目を通してどうするか処理しなさい」

海兵「はい・・・!!!」

叢雲「・・・」ジッ

海兵「はい・・・」


・・・・・・


叢雲「終わった?」

海兵「あ、あの・・・、どうしていいか全くわからないのですが・・・」

叢雲「・・・」


16 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:06:45.81 ID:gQ5ZSIkU0

叢雲「総監部に問い合わせたら司令官教育用のプログラムが送られてきたわ」

海兵「はいっ」

叢雲「ていうかこれが送られてくるってことはこの人事自体は手違いじゃないのね・・・」

海兵「そうですか・・・」

叢雲「アンタなんでこんな希望出したのよ?」

海兵「いえ、自分はそもそも艦艇の希望はだしてないです」

叢雲「え?」

海兵「第一希望は航空部隊でした」

叢雲「・・・え?」


18 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:07:43.75 ID:f2H9jWKu0

叢雲「・・!、・・・ッ!」ギャーギャー

ガチャンッ

叢雲「人員不足だから実験的な意味合いも含めてこんな人事なったって言われた・・・」

海兵「そうですか・・・。あ、お茶どうぞ」

叢雲「悪いわね」ズズーッ

叢雲「ふー・・・、ってなんでお茶汲みなんかしてるのよ?!」

海兵「え、・・・あ」

叢雲「しかも結構おいしいし!」

叢雲「ていうか私も自然に提督用のデスクで寛いでるし!」

海兵「」ビクッ

叢雲「アンタも秘書艦みたいに自然に立ってるんじゃないわよ?!」

海兵「!」ビクッ


20 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:08:31.38 ID:4HnxyPgK0

叢雲「とにかくとうぶんはアンタに司令官教育受けてもらうわよ」

叢雲「その間も一応決済なんかもしてもらうからね」

海兵「はいっ」

叢雲「とりあえず午前中は簡単な書類から処理するからここ座りなさい」

海兵「は、はい」オズオズ

叢雲「それじゃまずは・・・」

海兵(ち、近い///)ドキッ

叢雲「? どうしたのよ?」

叢雲「って何考えてるのよ、この変態?!」

海兵「は、すいません?!」バッバッ グッグッグッ・・・

叢雲「何で腕立てしてるのよ・・・?」

海兵「いえ、これは自分が失礼なことをした罰として・・・」

叢雲「いいからやめなさい! さっさと書類片付けるわよ?!」


22 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:09:13.54 ID:PgOMKYmb0

オヒルデスヨー

叢雲「あら、もうこんな時間なのね」

叢雲「ひとまずここで区切るわよ」

海兵「はい。うー・・・なにがなにやらわからなくて頭が・・・」

叢雲「冷静になって考えてみれば、いち海兵が司令の仕事について
知ってるわけないんだからできなくて当然よね」

海兵「もうしわけあr・・・」

叢雲「敬語」

海兵「あ・・・、すいません・・・」

叢雲「・・・まぁいいわ。少しずつ慣れてきなさい」

海兵「はい、努力します」


24 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:09:51.51 ID:PgOMKYmb0

叢雲「さぁお昼食べに行くわよ! 今日はカレーの日なんだから!」

海兵「あ、そういえばそうですね」

~食堂~

ワイワイガヤガヤ・・・

給養「どぞー」

叢雲「ありがとうね」

海兵「ありがとうございます」

叢雲「さ、さっさと座って食べるわよ。てどこ行くの?」

海兵「はい? 自分の席は向こうの・・・」

叢雲「何言ってるの、アンタはこっちでしょ?」

幹部席「ドウゾシレイカン」

海兵「・・・?!」

叢雲「難しいでしょうけどがんばって慣れなさい・・・」


26 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:10:22.22 ID:PgOMKYmb0

叢雲海兵「いただきまーす」

叢雲「ん、今日はビーフカレーね」モグモグ

海兵「」パクッ モグモグ

海兵「・・・?!」

海兵「・・・!!!」ガツガツッ

叢雲「ど、どうしたのよそんなにがっついて? そんなにお腹減ってたの?」

海兵「いえ・・・、こんなにおいしいカレーは実家をでて以来だったので・・・!」グスッ モグモグ

叢雲「あなた、いったいどんなモノ食べてきたのよ・・・」ナクコトナイジャナイ


28 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:10:53.50 ID:PgOMKYmb0

海兵「おいしかったです!」

叢雲「食べるの早いわね」

海兵「はい、教育隊では常に時間に時間がなかったので自然と・・・」

海兵「もたもた食べてると途中で切り上げられることも・・・」

叢雲「そうだったの。でもここではそこまで急がなくても大丈夫よ?」

海兵「はい!」

叢雲「それと足りなかったらお替りしてきたら? 別に誰も文句言わないから」

海兵「! お替り行ってきます!」ガタッタタタッ

叢雲(苦労してきたのね・・・)


30 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:11:24.09 ID:PgOMKYmb0

ソロソロオシゴトデスヨー

叢雲「ん、そろそろ午後の仕事の時間ね」

海兵「」スタスタ

叢雲「どこいくのよ?」

海兵「え、仕事始めの体操を・・・。あ、なんでもないです」

叢雲「はー・・・」スタスタ

海兵「あ、あの」

叢雲「なにしてるの、体操するんじゃないの?」

海兵「あ、はい!」

叢雲「体操が終わったら午後からは特別授業!」


32 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:11:49.89 ID:PgOMKYmb0

モウスグオシゴトオワリデスヨー

叢雲「はい、じゃぁ今日はここまでよ」

海兵「はい! 講義ありがとうございました!」

叢雲「ん、どういたしまして。それじゃ先に食堂に行って晩御飯食べてきなさい。
私は後から行くから」

海兵「はい、わかr・・・、ありがとう先に行きますね!」

叢雲「ふふっ、また後でね」フリフリ

叢雲「・・・さて」

叢雲(あまりできなかった、というかだいぶ残ってる仕事片付けますか)


34 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:12:27.54 ID:Yb2vX/XY0

叢雲(しかしとんでもない人事のおかげでこれから大変になりそうね・・・)

叢雲(やり方を教えながらの書類の処理に特別教育・・・)

叢雲(とうぶんは残業が続きそうね)

叢雲(あの人に責任はないんだからしょうがないわ。がんばるわよ!)


・・・・・・


一時間くらい経って

叢雲「」モクモク チラッ

叢雲「! ・・・いけない海兵が食堂で待ってるんだった!」


36 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:12:49.55 ID:Yb2vX/XY0

ガチャ

海兵「しつれs、はいりますよー」カチャカチャ

叢雲「え、なんで戻ってきたのよ?!」

海兵「いえ、先に行って待ってたのですg、待っていたんだけどなかなかこなかったので
様子を見に戻ったら・・・」

叢雲「あ・・・、ごめんなさい・・・」

海兵「それで給養の方に頼んで二人分の食事用意していただいて持ってきました!」

叢雲「あ」

海兵「それに一人で食堂で食べてるとなんだか居心地悪かったので・・・」

叢雲「あ、ありがとう・・・」

海兵「いえいえ。さ、早く食べて仕事の続きしましょう!」

叢雲「?! か、感謝なんてしないわよ!!?」


38 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:13:28.40 ID:UNUvWry50

叢雲「ふぅ・・・。今日はこの辺にするわよ」

海兵「はい、お疲れ様でした! でもあまり減りませんでしたね・・・」オチャドウゾ

叢雲「あたりまえでしょ。二人でやってるとはいえアンタに教えながらやってるんだから
実質私ひとりでやっているのとかわらないわ」アリガト

海兵「すいません、自分が配属されたばっかりに・・・」

叢雲「まったくよ。早く一人でも仕事できるように精進なさい」

海兵「・・・本当に申し訳ありません」ズーン

叢雲「・・・っ。ま、まぁもとはといえば? 総監の人事が馬鹿みたいなこと考えたのが原因なんだから
しょうがないわよ!」

叢雲「そ、それに悪いことばかりじゃないでしょ?! 若くして司令官なんて椅子に座れるんだし
エリートコースまっしぐらよ!?」

叢雲「おまけに私みたい優秀で容姿端麗な艦娘が秘書官なんだから多少の悲観はあれど文句なって
ないでしょ?!」

海兵「そう、ですね・・・。そうですよね。うじうじしているのではなくもっと前向きに考えるべきでしたね!」

叢雲「そうよ、その心意気よ。まだまだ大変だろうけどがんばっていきましょう、ね?」

海兵「はい!」


40 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:14:15.11 ID:UNUvWry50

叢雲「さ、早く部屋に行って休みましょう? 明日に差し障るわ。お茶ご馳走様」

海兵「お粗末さまでした。おやすみなさい」

叢雲「はい、おやすみ」


・・・・・・


海兵「おはようございます、叢雲さん!」

叢雲「・・・ん、おはよう」

叢雲(本来なら向こうのほうが上官なのに・・・。早く慣れてほしいわ)

叢雲「さて、今日はこの鎮守府内の案内をしようと思うわ。本当なら昨日やるはずだったのに何でか仕事をしちゃったし・・・」

海兵「了解です!」

叢雲「さ、それじゃあ早速いくわよ」


42 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:14:42.47 ID:UNUvWry50

~食堂~

叢雲「ここはもう利用してるから特に説明は要らないけど、改めてね」

叢雲「この鎮守府で勤務している人たちの食事を賄っているわ。ちなみに他はどうか知らないけど
鎮守府内に住んでいる人でなくても食券を買えばここで食事することができるわ」

海兵「? どういうことですか?」

叢雲「本来なら既婚者や鎮守府内で長く住みすぎて外で下宿を借りざるを得なくなった人は
利用できないの。前者はともかく、後者は毎年新たな隊員の部屋を確保するためにやむなく
出なければならなくなったのよ。その人たちの生活の負担を減らそうということで今では食堂
の利用を許可しているの」

叢雲「食券を買わなければいけないとは言ったけど、値段は外で食事するよりも断然安上がりよ」

海兵「なるほど、とても隊員のこと考えているんですね」

叢雲「といってもみんな利用するのはお昼くらいなものだけどね。あと毎月更新される食堂のメニューは
ここに置いてあるから持っていって執務室や自分の部屋に貼っておくといいわ」ピラッ


44 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:15:05.89 ID:UNUvWry50

~道場・運動場~

叢雲「ここは道場よ。ここを出て目の前は運動場ね」

海兵「なかなかに大きいですね」

叢雲「時間のあるときに好きに使うといいわ。あとは個人の好意で剣道や柔道の教室なんかも
開いてる人もいるから興味があったら覗いてみるのもいいわよ?」


46 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:15:39.71 ID:/PCqP4T80

~工廠~

叢雲「さて、ここから私たちが最もお世話になる施設になるわ。まずは工廠」

叢雲「ここでは各種の兵装や艦載機、新造艦のための艤装開発などが行われているわ」

海兵「おぉー、なんだか良くわかりませんがいろんな機材やら重機がありますね」

叢雲「んじゃ少し紹介したい人がいるからこっちに来て」

・・・・・・

叢雲「この方がここの責任者でアナタもお世話になる・・・」

技術妖精「技術妖精っていうものだ。よろしく頼むよー」フリフリ

叢雲「技術妖精さん、こっちが・・・」

海兵「こちらに新たに着任しました一等海兵と申します!」ビシッ

技術妖精「あんたがうわさのペーペーか。話には聞いてたけど大変ねー」

海兵「学ぶことが多すぎて大変でありますが、精一杯がんばっていこうと思っています!」

技術妖精「ん、いい心構えだね、あたしも応援するよ。そう肩肘張んなくていいから気楽にねー」

海兵「ど、努力します・・・」


48 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:16:07.50 ID:/PCqP4T80

~ドック~

叢雲「ここは各種兵装のメンテナンスや修復作業を行ってるところよ」

海兵「さっきの工廠にどことなく似ていますね」

叢雲「工廠が作る場所ならここは作られたものを治したり、手を加えたりする場所だからね。
機材なんかは似たような物があるのは当然ね」

キャッキャッ・・・

海兵「? なんだか女性の声が・・・。なんでこんなところに暖簾が」

叢雲「はいストップ。それ以上近づくと酸素魚雷食らわせるわよ?」ゴゴゴゴ・・・・

海兵「ヒィ・・・!? 了解しましたっ!!」ガクガク


50 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:16:56.34 ID:/PCqP4T80

叢雲「さて、一通り見て回ったわね」

海兵「はい、ありがとうございました。あ、お茶どうぞ」カチャ

叢雲「・・・もう何も言わないわ。ありがとう」ズズー

叢雲「さ、何か質問はあるかしら?」

海兵「そうですね、道場は早朝などでも使えるのでしょうか?」

叢雲「道場の使用時間ね。あそこが使えるのは基本的に旗揚げから19時だった気がするけど・・・」

海兵「そうですか・・・」


52 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:17:50.78 ID:/PCqP4T80

叢雲「なぁに? アンタ剣道かなんかやってたの?」

海兵「いえ、教育時代の鍛錬活動の中に剣道があったのでその時に少々やってたくらいです」

叢雲「あら、そうなの。ダメもとで道場を管理してる人に聞いてみたら? もしかしたら司令官権限で使わせてもらえるかもしれないわよ?」

海兵「なるほど、試してみます」

叢雲「後は何か気になることはあるかしら?」

海兵「はい、大丈夫です」

叢雲「そ、わかったわ。いまから講義始めたところで中途半端になるからお昼まで書類仕事でもしましょうか?」

海兵「はい、よろしくお願いします!」


54 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:18:35.61 ID:MEe1Jg520

海兵部屋前

叢雲「海兵いるー?」コンコン

叢雲「・・・」

叢雲「入るわよー?」ガチャ

叢雲「いないわね。どこ行ったのかしら? 夕飯はもう食べただろうし、あとは・・・」

~道場~

叢雲(思い当たるのはここくらいかしらね)

叢雲「海兵いるー?」ガラッ

海兵「・・・」スー・・・ フゥー・・・

叢雲「ここにいたのね、明日のことなんだけど・・・」


56 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:18:59.46 ID:MEe1Jg520

叢雲「・・・っ!」ゾクッ

叢雲(何かしらっ・・・、海兵は背中向けてるのになぜかこっちを見たような・・・!)

叢雲(違う、視られた・・・?)

叢雲「・・・、海兵・・・?」スッ

海兵「・・・!」ババッ

叢雲「ひぁっ?!」

海兵「・・・っ、ふぅー・・・」

海兵「・・・ん、叢雲か・・・。どうかしたか?」カマエトキ

叢雲「え、あ・・・。あ、明日の予定なんだけど・・・」

叢雲「・・・って、びっくりさせないでよね!? 静かに座禅でもやってると思ったら急に立ち上がって構えるし!」

海兵「あ、すいません・・・。集中してて気づきませんでした・・・」

叢雲「? まぁいいわ。それで明日のことなんだけど・・・」

叢雲(なんだったのかしら・・・? 一瞬別人みたいだったけど・・・、気のせいかしら?)


58 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:19:37.52 ID:HNseMe740

叢雲「ねぇ、アンタ剣道やってたのよね?」

海兵「やっていたと言えるほどではないですよ? ほんとに教育時代に初めてやったくらいですから」

叢雲「あらそうなの? でも、その割にはこの間は妙にさまになっていた・・・わよ? たぶん・・・??」

海兵「何故疑問系なんでしょうか・・・」

叢雲「何でもいいわ。今日仕事が終わったらちょっと付き合って。試しにどんなもんか見てあげるわ」

海兵「はぁ、わかりました」


60 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:20:19.78 ID:HNseMe740

~道場~

叢雲「さて、それじゃいってみましょうか。ルールはアンタは素人と変わらないからお互い突きなし一本勝負よ」

海兵「わかりました」

叢雲「それじゃあ・・・」スッ

海兵「・・・」スッ

 よろしくお願いします


62 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:20:48.50 ID:xEPOu4KH0

叢雲(何かしら・・・、やっぱりあの時と同じ感じがするわ・・・)

叢雲(私のわずかな動きも見逃すまいというような気迫・・・? とも言えないけど確かに、視られてる)

海兵「・・・」スゥー・・・ フゥー・・・

叢雲(構えにも隙が・・・)

叢雲「・・・・・・」

叢雲(・・・隙だらけ???)

叢雲(そういうこと。あえて隙だらけにしてこちらから打ってきたところをかえr・・・)

海兵「いあああああああ!!!」

叢雲「・・・っ?!(嘘っ、打ち込んできた?!)」

叢雲「やあああああああ!!!」


スパーン


64 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:21:20.14 ID:xEPOu4KH0

海兵「・・・まいりました」グデーン

叢雲「・・・(???)」ポカーン

叢雲(え、私が一本取ったの???)

海兵「ふぅ、やはり素人の動きはお見通しか。流石だな叢雲」

叢雲「あ、えと・・・。そ、そうでもないわよ? 私だってそんな大した経験がるわけでもないし」

海兵「いやいや、そんな謙遜することないぞ? 叢雲は強いよ」

叢雲「あ、ありがとう・・・」

叢雲(ていうか、構えもそれっぽくやってるだけで、私竹刀を持つのも初めてなのに・・・)

海兵「うん、いい機会だから剣道教室にも参加しみるかな!」

叢雲(うん、間違いない)


海兵はとんでもなく弱い!


66 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:21:46.16 ID:xEPOu4KH0

海兵「へー。金曜日のカレーにもいろいろ種類があるんですね」

叢雲「ビーフ、ポーク、チキンにチーフード。あとは定番の海軍カレーね」

叢雲「ちなみに私はビーフが一番好きね。アンタは?」

海兵「自分ですか? そうですね、どれも好きですがあえて挙げるなら自分もビーフですね。大きめに切った牛肉がゴロゴロ入ってる感じがいいですね」

叢雲「私も同じよ。あと鎮守府ごとに入れる材料や調味料にこだわりがあったりして秘伝のレシピみたいになってるらしいわよ?」

海兵「そうなんですか。それを聞くと他のところのカレーも食べたくなりますね」

叢雲「ちなみに舞鶴のカレーなら食べたことあるわ」フフーン

海兵「そうなんですか? ちなみに味の方はどうでしたか?」

叢雲「ふっふっふっ・・・、秘密よ!」

海兵「えー! 叢雲さんの意地悪・・・」


68 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:22:13.88 ID:OwtkoRDp0

叢雲「ま、そのうちもしかしたら食べる機会があるかもしれないわよ?」

海兵「そうですね・・・。ところで一つイイですか?」

叢雲「何よ?」

海兵「海軍カレーって他のカレーと何が違うんですかね?」

叢雲「・・・そういわれるとそうね。気になるわ・・・」

海兵「叢雲さん知らないんですか?」

叢雲「なによ知ってなきゃいけないわけでもあるの?」

海兵「そ、そういうわけではないですよ! ただ食べたことあるなら違いが分かるのかなぁ、って」

叢雲「遠まわしに違いの分からない人間て言ってるのかしら? 酸素魚雷打ち込むわよ?」

海兵「ち、違いますよ?!」


70 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:22:50.69 ID:OwtkoRDp0

~お昼~

叢雲海兵「いただきまーす」

叢雲「」モグモグ

海兵「・・・」ジー

叢雲「・・・、何よじーっと見て。から揚げはあげないけどブロッコリーならあげるわよ?」

海兵「好き嫌いは良くないかと・・・」

叢雲「うっさい、余計なお世話よっ」

海兵「す、すいません・・・、じゃなくてなんで叢雲さん牛乳二つも取ってるんですか?」

叢雲「な、なによいけないの?」


72 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:23:26.93 ID:OwtkoRDp0

海兵「いえ、そういうわけじゃ・・・。ただ牛乳は一人ひとつじゃないのかなぁ、と思いまして」

叢雲「イイのよ別にどうせ余るんだし。捨てられるくらいなら余計に貰っても問題ないでしょ?」

海兵「そ、そういうものですか」

叢雲「そうよそういうことよ」プスッ チュー

叢雲「ぷはっ」

海兵(小さいこと気にしてるのかな)

叢雲「酸素魚雷打ち込まれたいの?」

海兵「え、なんでですか?!」

叢雲「ふんっ」プスッ チュー


74 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:24:10.35 ID:OwtkoRDp0

海兵「そういえば叢雲さん」カリカリ

叢雲「なによ」カリカリ ペラ

海兵「叢雲さんって艦娘ですよんね。あ、この書類これで大丈夫ですか?」

叢雲「なに言ってるのよ、どこからどう見ても優秀な艦娘でしょ? ん、大丈夫よ」

叢雲「突然なに言い出すのよ」

海兵「鎮守府の中で他の艦隊の子とか見かけるんですけど」

叢雲「どうせ鼻の下伸ばしながら見てるんでしょ? ド助平・・・」

海兵「いえ、やましいことは考えてませんよ?! 女っ気の無い生活が長かったおかげで大変眼福ではありますが・・・」

叢雲「・・・あとで鎮守府内に言って回ってあげるわ」

海兵「申し訳ありませんそれだけは御勘弁を・・・」


76 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:24:37.93 ID:OwtkoRDp0

海兵「あぁ、話がずれてしまった・・・。他の子と見比べて叢雲さんはなんだか物足りない気がしまして・・・」

叢雲「よし、そこに立ちなさい、今すぐ。酸素魚雷ぶち込んであげるから」ガタッ

海兵「何でですか?! 違いますよ! なんかすっきりしすぎてると言うか・・・。んー、なんていえばいいんでしょうか・・・」

叢雲「確かに私は重巡や軽巡に比べたらいろいろ足りないわよ?! 悪かったわねそんなに物足りなくって!!!」グスッ

海兵「えー?! 違います違います! 泣かないでくださいよお願いしますから・・・!」

・・・・・・


78 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:25:11.97 ID:LIoMZVD70

叢雲「・・・ぐすっ」タイイクズワリ

海兵「あのー、叢雲さん・・・?」

叢雲「・・・うるさいっ」ツーン

海兵「・・・まいったなぁ。えーと、んー・・・」

海兵「! そうだ!」

海兵「他の子たちは連装砲とかいろいろ持ってるじゃないですか?! 叢雲さんは普段から持ってるところを見ないのでそれで少し気になってですね!!」

叢雲「・・・」

海兵「あのー・・・?」

叢雲「お茶・・・」

海兵「え」

叢雲「お茶! あとお茶請けに甘いもの! 早くしなさいっ!!!」

海兵「りょ、了解しました!!」ビシィ


80 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:25:37.05 ID:LIoMZVD70

叢雲「ふぅ・・・」カチャ

海兵「お気に召して頂けたでしょうか叢雲様・・・?」

叢雲「ん、ご苦労様。褒めて遣わす」

海兵「有難き幸せ」

叢雲「・・・悪かったわね、取り乱して・・・」

海兵「いえ、あれは自分の頭の無さが招いた自業自得ですので・・・」

叢雲「いいわ、このことは忘れましょう。ね?」


82 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:26:04.03 ID:LIoMZVD70

叢雲「それで、私が何で普段艤装を持ってないからよね?」

海兵「はい」

叢雲「邪魔なのよ、デスクワークのときは。それに今は出撃することもほとんどないし、
ていうか今のアンタに艦隊の指揮とか無理でしょ」

海兵「も、申し訳ないですこんな上司で・・・」

叢雲「いいわよ、気にしなくて。がんばって早く私を指揮できるようになってよね?」

海兵「はい!」


84 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:26:37.68 ID:LIoMZVD70

叢雲「・・・んー・・・」カリカリ サッ

叢雲「これは・・・。あー、これかー・・・」ブツブツ

海兵「叢雲さんお茶を入れたので一息入れませんか?」

叢雲「んー・・・。ありがとうね、そこに置いといて・・・」

叢雲「・・・」カリカリカリカリカリ・・・

海兵「あ、あのぅ叢雲さん・・・」

叢雲「もおおおおおおおおお!!!」

海兵「はい、申し訳ありませんでした!!!」

叢雲「声がデカイっ!」


86 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:27:06.37 ID:GmNPGYx90

叢雲「もぅー・・・。終わる気がしないわ、この量は・・・」ズズズッ

海兵「自分もようやく一人でもできるようになったとはいえ、まだまだ焼け石に水ですね・・・。今日のお茶請けは栗ドラ焼きです」

叢雲「ありがとうね。んー! 疲れた脳に糖分が染み渡るぅ~!」パクッ フルフル

叢雲「これはまじめにあの件を上に打診しようかしら・・・」

海兵「あの件とは?」



88 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:27:39.17 ID:GmNPGYx90

叢雲「人手不足だから少し人員を補充してもらうのよ」モグモグ

海兵「それがいいかもしれませんね。実質叢雲さんひとりで処理するのは無理がありますからね」

叢雲「そうと決まれば・・・! あむっ」パクッ ゴクン

叢雲「早速書類つくるわよ!」

海兵「了解です!」

叢雲「・・・また書類・・・」バタッ

海兵「叢雲さーん?!」


90 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:28:09.85 ID:7eFs+YUL0

~一週間後~

叢雲「上から補充要因の件で返事が来たわ。けっこう早かったわね」

海兵「きっと上の方もこちらのことを考えていただけたんだと思いますよ?」

叢雲「人手が増えるのならこの際何でもいいわ。あ、でも仕事ができないのがきたら・・・」

海兵「それはさすがに・・・」アハハ・・・

叢雲「ええと、着任は明日の午後ね」

海兵「どんな方が来るんですかね」

叢雲「あ・・・」

海兵「どうかしました?」

叢雲「ん、なんでもないわ。明日は午後に着任らしいけど、お昼食べる前に一緒に迎えにいくわよ」

海兵「お昼前にですか?」

叢雲「ええ。そのまま自己紹介もかねて一緒に食べようかと思ってね」

海兵「いいと思います。では明日お昼前に」


92 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:28:43.62 ID:7eFs+YUL0

ソロソロオヒルデスヨー

叢雲「そろそろいい時間ね。行きましょうか」

海兵「はい。ところでどこに行くんですか?」

叢雲「ここの鎮守府において最高の水雷戦隊といわれている艦隊の司令官、大将のところよ」

海兵「はい?」

叢雲「ちなみに私の元上司でもあるわ」

海兵「はいぃぃぃぃ?!」


94 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:29:22.58 ID:7eFs+YUL0

コンコンコン

叢雲「叢雲、他一名入ります」

海兵「は、入ります!」

叢雲「特型駆逐艦・叢雲、着任者のお迎えに上がりました」

海兵「・・・」ビクビク

男「うん、待っていたよ。元気にしていたかい?」

叢雲「はい。ご無沙汰しております、大将殿」

大将「うん、久しぶりだな」


96 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:30:02.26 ID:LXmrY2rW0

大将「新しい司令官が来るということで秘書艦を出してほしいと上からお達しがあったから、十分経験を積んだとはいえないお前を出したが・・・」チラッ

海兵「・・・!」ビクッ

大将「ちょっとすまないことをしてしまったな」ハハハッ・・・

叢雲「はい、毎日大変な思いをしております」

大将「ははは! 君も大変だね、教育期間を終え配属された先が艦隊の司令官とは」

海兵「は、はい! 大変ではありますが、日々精進していく所存であります!!」ビシィ


98 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:30:52.85 ID:LXmrY2rW0

大将「そのおかげで君に対しては少々寂しかったのだよ?」

叢雲「あらそれは悪かったわね。まぁ私は優秀だから? 大将を頼る前に何でも済ませてしまうのよ」

叢雲「まぁ、さすがの私も今回ばかりはお手上げでね・・・」

叢雲「日々増えていくだけでなかなか減らない事務処理に」チラッ

海兵「・・・!」ビビクッ

叢雲「この人の教育までしないといけないとなるとねぇ」ヤレヤレ

叢雲「それで、うちにくる子はどこかしら? お昼はその子も一緒にと考えているのよ」

大将「む? 私としてはもう少し話していたかったのだが・・・。そうか、ならば仕方ないな。入りなさい」

???「失礼します。新しくこちらの鎮守府に着任しました」


千歳「水上機母艦の千歳といいます」


100 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:31:28.72 ID:LXmrY2rW0

~食堂~

叢雲「改めて自己紹介しましょうか。私は特型駆逐艦・叢雲よ。よろしくね」

海兵「一応司令官の一等海兵と申します。よろしくお願いします!」

千歳「水上機母艦・千歳といいます。お二人ともこれからよろしくお願いしますね」

千歳「ところで・・・」

千歳「本当に司令官は海兵なのですね・・・。大将さんから聞いてはいましたが、いざお話しているとなんといえばいいんでしょう・・・」


102 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:32:06.68 ID:LXmrY2rW0

叢雲「正直に言っていいのよ。全く司令官らしくない、って」

千歳「あの、その・・・」

海兵「気にしなくても大丈夫です。もう慣れましたので」アハハ・・・

海兵「自分のことは海兵と呼んでください。それに司令官と呼ばれるのはまだ慣れませんし、その能力もありませんので・・・」

千歳「そうですか・・・。では改めましてよろしくお願いしますね、海兵さん。不束者ですが海兵さんのためにがんばりますね!」

千歳「お二人も私のことは気軽に千歳、と呼んでくださいね♪」


104 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:32:42.92 ID:LXmrY2rW0

叢雲「千歳、これお願いしていい?」カリカリカリ

千歳「はい、わかりました。あ、海兵さんそこはこうしたほうがいいですよ。はい、良くできました」

千歳「叢雲さん、これ終わりましたので確認お願いします」

叢雲「わかったわ、ご苦労様。ん、オッケーね」

海兵「・・・あ」カリカリカ・・・

叢雲「・・・」ハァ

千歳「気にしなくてもいいですよ、ほら見せてください」

海兵「なんどもすいません・・・」シュン

千歳「いいんですよ。一緒になおしましょ、ね?」

海兵「はい・・・」


106 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 02:34:06.89 ID:KKTM9MM80

海兵「・・・」カリカリカリ

叢雲「・・・」カリカリカリ

千歳「・・・」カリカリカリ



カリカリカリカリカリカリ


111 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:38:38.57 ID:7Tm/KhYg0

カリカリカリカリ サッ カリカリカリカリ

海兵「お茶が入りました。本日のお茶請けは雪見大福です」

叢雲「ん、ありがとう」ズズー カリカリカリ

千歳「ありがとう、いただきますね」ズズー

海兵「叢雲さん、お茶飲みながら書類整理はあまりよろしくないと思うのですが。うー、さむさむ!」

海兵「コタツってやっぱりいいですよねー」ヌクヌク

112 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:39:33.45 ID:MwoIo81g0

叢雲「同感だわ。雪見大福とかアンタもわかってて選んだわね」

海兵「何のことでしょうか?」

千歳「いつもおいしいお茶ありがとうございます。本当だったら私がやるべきなのですが・・・」

叢雲「いいのよ、こいつが好きでやってるんだから」モチーンモグモグ

海兵「自分はお二人に比べてあまり仕事ができないですからねー。せめてお茶だけでも入れて労いたいとー・・・」

千歳「お心遣い、うれしいです♪」

叢雲「まぁ一応感謝してあげるわ」

113 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:40:10.67 ID:MwoIo81g0

海兵叢雲千歳「「「はふぅー」」」ヌクヌク

千歳「ところでここに来てから気になってたんですが」ズズー

叢雲「なによ」モチーンモグモグ

叢雲「海兵、お茶のおかわりちょうだい」

海兵「了解しました」

千歳「なぜ執務室にコタツがあるのでしょうか?」

叢雲「・・・」モグモグ

海兵「・・・」カチャカチャ トポポポ

千歳「・・・」

114 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:41:41.78 ID:MwoIo81g0

海兵「なにか変ですかね? おかわりどうぞ」

叢雲「んく、ありがと。変かしら?」

千歳「そ、そう言われるとなんだか自信がなくなるんですけど・・・」

千歳「私の中で執務室は重厚な質感の机に書棚があるようなイメージだったので、こちらに来たときコタツがあってちょっとびっくりしたんです」

叢雲「あむ。まぁ最初はこの部屋もそんな感じだったわよ?」

叢雲「あるとき鎮守府内で取り扱ってる備品のカタラグを見ててね? そのときこのコタツを見つけて」

叢雲「最初は何かの冗談かと思ったのよ。でも実際に請求してみたら本当に来ちゃったのよ」

115 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:44:39.63 ID:dsJ2dBTa0

海兵「自分も驚きましたねー。でもこのコタツが来てからは何がとはいえないんですけど、雰囲気が和らいだ気がするんですよー」

海兵「ここ最近叢雲さんも仕事でのストレスがちょっと和らいだような気もしますしー」

叢雲「コタツの魔力とでも言うのかしらね。ただ欠点が一つあるわ」

千歳「欠点ですか?」

叢雲「のんびりし過ぎちゃって仕事の進みが悪いことかしら」

海兵「お茶、よく飲むようになりましたからねー」

116 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:45:34.31 ID:6i0gmkI/0

千歳「あはは・・・、そうなんですか・・・」

叢雲「貴女が来てくれたおかげでそれも問題にならないんだけどね」

海兵「そうですねー。あ、千歳さんおかわりどうしますかー?」

千歳「あ、いただきますね」

海兵「はいー。どうぞー」


ズズズ・・・

一同「ふぅー・・・」

叢雲(コタツのおかげかわからないけど海兵もゆるくなってるのよね。本人は気づいてないと思うけど)

117 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:46:41.44 ID:6i0gmkI/0

叢雲「千歳がいないときの私はよくがんばったものね・・・」トオイメ

海兵「ははは・・・。でもこれでようやく、ですね」

叢雲「そうね。いきなりガンガン、ってのは無理だから少しずつになるだろうけど・・・」

叢雲「本格的に司令官としての仕事が始まるのよ!」

海兵「自分が・・・司令官・・・!」

叢雲「あぁ、いよいよ戦場ね・・・!」

118 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:47:59.19 ID:SZngbQn50

千歳「ふふ、とても嬉しそうですね。そんなお二人に私からささやかながら贈り物があります♪」

海兵叢雲「?」

千歳「実は給養の方にお願いして宴会用の料理をお願いしておきました♪」

海兵叢雲「!」

千歳「あまり大騒ぎはできませんが、今日はお祝いです!」


・・・・・・

119 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:49:13.34 ID:ZOMfhFkf0

叢雲「改めて海兵、お疲れ様。良くがんばったわね」

海兵「こちらこそ、叢雲さんありがとうございました!」

千歳「明日からはいよいよ艦隊出撃ですね」

叢雲「そう、いよいよこれからが私たちの本当の戦いよ」

叢雲「長ったらしい挨拶はやめにしましょう。二人ともグラスいいかしら?」

海兵「はい!」

千歳「いつでも♪」

叢雲「それじゃあ・・・」



叢雲「暁の水平線に勝利を刻むわよ!」

120 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:49:55.10 ID:ZOMfhFkf0

~次の日~

叢雲「さぁ今日から艦隊出撃よ」

叢雲「司令官としての初の仕事ね。頼むわよ?」

海兵「はい!」

海兵「本日は鎮守府正面海域にて警備行動を行ってもらいま・・・あ、行ってもらう」

叢雲「いいわよ、気にしなくて? 私も逆にちょっとしっくりしてきちゃってるしね」クスクス

海兵「あはは・・・。では各種兵装の準備を整えた後に待機。ヒトマルマルマルに出撃してください」

海兵「なお今回は単艦での出撃となるので自分はこっちで叢雲さんの帰還を待っています」

海兵「千歳さんはあくまで臨時の派出要因ということなので自分の艦隊指揮下には加わりません。今までがんばっていただいたお礼に今日は休暇をとって貰いました」

海兵「以上です。では叢雲さん・・・いえ叢雲、よい報告を待っています」

叢雲「了解。特型駆逐艦・叢雲、出撃するわ!」ビシッ

海兵「がんばってくださいね!」

121 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:50:53.37 ID:ZOMfhFkf0

海兵「さて、自分もできることをがんばりますか!」

海兵「まずは書類の方から・・・」

海兵「」カリカリカリ

・・・・・・

オヒルデスヨー

海兵「うん? もうそんな時間か」

海兵「ひとりでやれるか少し心配だったけど意外と大丈夫だったな」

122 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:51:29.83 ID:ZOMfhFkf0

海兵「・・・」

シーン

海兵「執務室ってこんなに静かだったのか・・・」

海兵「今まで叢雲さんと二人でやってきたからひとりでやることはなかったから余計にそう感じるな・・・」

海兵「・・・」

海兵「午後は少し鎮守府内を見て回るか・・・。そういえばたしか・・・」ガサガサ

海兵「あった、工廠の開発計画書」ペラ

海兵「案内してもらって以来行ってなかったからな。午後は開発の相談でもしてみようかな」

海兵「とりあえずお昼食べに行くかな」

ガチャ バタン

123 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:52:05.03 ID:ZOMfhFkf0

コンコンコン シツレイシマース

任務娘「任務娘入ります。海兵司令官殿に指令の電報をお持ちしました」ペコ

任務娘「あら、留守でしたか。お昼だから入れ違いになっちゃったかしら?」

任務娘「しょうがない、机に置いておきますか」

124 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:52:37.77 ID:ZOMfhFkf0

~工廠~

海兵「失礼します。技術妖精さんはいらっしゃいますか?」

技術妖精「はいはーい、いるよー」アタマボリボリ

海兵「あ、お疲れ様です。すいません、ちょっと開発のことについて相談が・・・」

技術妖精「ん? あんただれだい? 新しく着任した司令官かい?」

海兵「え?」

技術妖精「ん?」

125 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:54:33.68 ID:MwoIo81g0

技術妖精「あー! あんただったのかい!」

技術妖精「あれ以来全く顔見ないからすっかり忘れてたよ」ケラケラ

海兵「あはは・・・。まぁしょうがないですよね忘れられても」ズーン

技術妖精「まぁそんなに落ち込みなさんなって。今日からいよいよ艦隊指揮官なんだろ?」

技術妖精「これからはちょくちょくここにくることもあるんだからさ、改めてよろしく頼むよ?」

海兵「はい!」

126 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:55:09.77 ID:Id9EWEU70

技術妖精「で、今日はどうしたんだい」

海兵「あ、それで開発のことについていろいろ聞いておこうかと思いまして」

海兵「指令教育のときに勉強はしたんですが、聞くのと見るのとでは違うと思ったので」

技術妖精「百聞は一見に如かず、ってことか」

技術妖精「うん、そういう考えあたしは好きだよ。ドンドン聞いてくれてかまわんよ!」

海兵「ありがとうございます! 早速なんですがちょっと開発をお願いしたいと思いまして」

海兵「希望としては駆逐艦に搭載できる装備を欲しいのですが」

技術妖精「ふむ、駆逐艦か・・・。あんたのとこの気の強いお嬢さんの為ってとこかい?」ニヤニヤ

海兵「はい・・・」テレテレ

127 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:55:47.54 ID:Id9EWEU70

海兵「日ごろから装備の手入れはしていたと聞いてはいたのですが、やはり長い間出撃してないと誤作動の懸念もあると思って」

海兵「そこで今までのお礼に新しい装備を贈ろうと考えてみました」

技術妖精「ほうほう、なかなか艦娘思いなことだね」

海兵「できれば性能のいいものをプレゼントしたいのですが・・・」

技術妖精「なるほで。まぁ気持ちはわかるが生憎と開発の情報は勝手に閲覧できないんだよ」

技術妖精「他のとこの司令官に閲覧許可もらえれば問題ないんだがね」

海兵「まぁ、そうですよね。予想はしてました」

技術妖精「情報意外でいいものを作ろうとしたら・・・」

海兵「わかります」

海兵「資材コストですね」

128 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:56:20.07 ID:Id9EWEU70

技術妖精「うん、ちゃんと勉強してるようだね」

海兵「はい。でも自分のところは艦隊運用していなかったので資源があまり供給されていなかったので・・・」

技術妖精「ふっふっふっ・・・。そんなお前さんに朗報だよ。なんと今朝方、あんた宛にその資材が届いたのさ!」

海兵「え・・・。ほ、本当ですか?!」

技術妖精「いいタイミングよかったじゃないか。で、どうするんだい?」

海兵「はい。では叢雲さんの兵装の維持費などを考慮してこれでお願いします」

技術妖精「あいよ、任せときな!」

129 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:56:53.21 ID:Id9EWEU70

~叢雲が出撃した日から一ヵ月後~

http://www.youtube.com/watch?v=q_1XB_xMivw

叢雲「・・・」

海兵「・・・」

叢雲「・・・さぁ、始めましょうか・・・」

海兵「・・・はい」

海兵「叢雲さん、長いようで短かかったですがお世話になりました」

130 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:57:52.45 ID:Id9EWEU70

海兵「叢雲さんからいただいたこの司令官の名詞。これは・・・」

叢雲「いらないわね。もうアンタは司令官じゃないもの・・・」

海兵「そ、そうですよね・・・。あはは・・・」

海兵「そ、そうだ。このピカピカに磨いた短靴は」

叢雲「いらないわ。今度からはこれを使いなさい」

海兵「あ、安全靴ですか。重量物とか扱うんですね・・・」

131 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 07:59:25.44 ID:5SoNANK50

叢雲「あと、これ救命胴衣」

海兵「船ですか? 船なんですか?!」

叢雲「いざという時は1分以内に着れるようになるのよ」

海兵「・・・はい」

海兵「ちなみにどのあたりの海域なんですかね・・・?」

叢雲「」ガサガサ

132 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:00:13.96 ID:5SoNANK50

叢雲「ここよ・・・」

海兵「あ、ここって・・・」

叢雲「私からの選別よ。寒いから、風・・引かないように・・・ね・・・・!」

海兵「北方海域・・・」

海兵「が~んばれ~! まけ~んな~!」

海兵「ち~から~の、かぎり~! い~きてやる~!」


133 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:00:41.26 ID:CldG/pn10

叢雲「アンタが勝手なことしなければこんなことにならなかったに・・・!」

海兵「本っっっ当にっ・・・! 申し訳ありませんでしたっ・・・!!!」ドゲザ


134 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:02:21.32 ID:5SoNANK50

~一ヶ月前~

叢雲「艦隊帰投したわ」中破

叢雲「久しぶりの出撃でちょっと張り切りすぎちゃったわ・・・。先にドックで修復したいから報告は・・・」

海兵「・・・」ウツムキ

叢雲「どうしたのよ海兵?」

海兵「叢雲さん、すいませんでした・・・」ボソ

叢雲「え。な、なに・・・?」

海兵「すいませんでしたああぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」ドゲザ

叢雲「・・・!」ビクッ

叢雲「え、え、なによ? なにかやらかしたの・・・?」

千歳「失礼します・・・」

叢雲「千歳、いったい何があったの・・・?」

千歳「・・・実は」

135 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:03:15.60 ID:dd6pDnfA0

海兵「~♪~♪~♪」スキップスキップ

海兵(できたら酸素魚雷が欲しいなぁ、と思ってたけどまさか四連装のができるとは思わなかったなぁ♪)

海兵「叢雲さん喜んでくれるかなぁ」~♪

海兵「ん? なんだろこれ?」

海兵「艦隊増強指令? 艦娘が叢雲さんしかいないから新しい子を艦隊に入れろってことかな?」

海兵「新しく新造しても言いといわれても資材がなぁ。なになに・・・」

海兵「! 新造に関して資材の支給されるのか!」

海兵「これなら安心して建造できるな。で、資材のほうは、工廠に・・・」

海兵「工廠に、資材・・・?」

海兵「・・・」チラッ

酸素魚雷「ドウモシザイデス」

海兵「・・・」ダラダラ

136 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:03:48.79 ID:pwH4g5u40

千歳「艦娘建造の資材なので結構な量の資材が支給されたんですが・・・」

千歳「魚雷の開発にほぼ全て使ってしまったみたいで建造ができなくなってしまったようで・・・」

叢雲「・・・」ポカーン

千歳「それでこのことが上に知られちゃったようで・・・、それでこの電報が・・・」サッ

叢雲「・・・!」バシッ


艦隊司令官 一等海兵 北方海域補給艦への乗艦を命ずる


叢雲「」パサッ

千歳「叢雲さん・・・」

叢雲「ありえないわあああああああああああああああ!!!!!」

137 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:06:01.13 ID:HYWI+DoW0

叢雲「あいつがいなくなってもうすぐ1年、か・・・」

叢雲「・・・」ズズズ

叢雲「・・・バカ」

コンコンコン シツレイシマス

叢雲「入りなさい」

任務娘「入ります。電報が届きましたのでお持ちしました」

叢雲「そう、ありがとうね」

任務娘「では失礼します」ペコ

叢雲「人事電報。新しい司令官が来るのね。今度はちゃんとした人事みたいね」

138 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:06:39.14 ID:itnbSGCU0

間違えた



叢雲「・・・」カリカリカリカリ

叢雲「・・・」カリカリカリカリ

叢雲「・・・」カリカリカリカリ

叢雲「ふぅ・・・」

叢雲「少し休憩しようかしら・・・」

叢雲「・・・」カチャ トポポポ

139 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:07:06.54 ID:itnbSGCU0

叢雲(海兵の資材使い込みは、当初は海兵にだけ罪があるように見られていたけど)

叢雲(工廠でともに開発を行った技術妖精にも、資材の出所をしっかりと確認しなかったという点で同罪ということで処分が下された)

叢雲(かといって海兵の処分は軽くなったというわけでもなく補給艦へ乗艦となってしまった)

叢雲(私のほうも海兵の尻拭いという意味合いも含めて、一度大将殿の艦隊の預かりとなって半年間、使ってしまった資材の調達を行いもとの配置に戻った)

叢雲(もともと臨時派出だった千歳も大将のもとにもどった)

叢雲(今私はあいつがいなくなった艦隊でひとり書類仕事をする日々を送っている)

140 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:07:48.90 ID:itnbSGCU0

叢雲「あいつがいなくなってもうすぐ1年、か・・・」

叢雲「・・・」ズズズ

叢雲「・・・バカ」

コンコンコン シツレイシマス

叢雲「入りなさい」

任務娘「入ります。電報が届きましたのでお持ちしました」

叢雲「そう、ありがとうね」

任務娘「では失礼します」ペコ

叢雲「人事電報。新しい司令官が来るのね。今度はちゃんとした人事みたいね」

141 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:08:35.18 ID:itnbSGCU0

叢雲「いつまでも艦娘ひとりの艦隊というわけにはいかないわよね・・・」

叢雲「・・・」

叢雲「はぁ・・・」

叢雲「引きずるのはよくないって、分かってはいるわよ・・・」

叢雲「分かってるけど・・・」

叢雲「印象が強すぎて忘れるのは難しいわよ・・・」

142 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:09:11.31 ID:itnbSGCU0

叢雲「そもそも最初からおかしかったのよ!」

叢雲「なんで新米ペーペーの下っ端が艦隊の司令官なのよ!」

叢雲「ちゃんと教育なんてされてるわけもなく私が面倒みなきゃならないし・・・!」

叢雲「最後は問題を起こして左遷なんて・・・」

叢雲「・・・っ」フルフル

叢雲「・・・はぁ。今日は休みましょう・・・」

143 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:09:49.16 ID:6cO6IJOY0

パプー! アサデスヨー

叢雲「・・・ん」ショボショボ

叢雲「んー・・・!」ノビー

叢雲「はぁ・・・」

叢雲「そういえば新しい司令官が来るのね」

叢雲「仕度しなきゃ・・・」

144 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:17:17.66 ID:oOzbIrMy0

叢雲「・・・」カリカリカリ

コンコン

叢雲「・・・」カリ・・・

叢雲「入りなさい」

ガチャ

千歳「千歳他一名、入ります」

叢雲「千歳?」

千歳「お久しぶりです、叢雲さん。お元気でしたか?」

叢雲「久しぶりね、千歳。まぁ、ぼちぼちやってるわ」

145 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:17:44.99 ID:oOzbIrMy0

千歳「・・・」

千歳「あまり元気ではなさそうですね・・・」

叢雲「そうかしら? いたって調子はいいほうよ」

千歳「調子はいいかもしれませんが以前の覇気はあまりないようですよ?」

叢雲「気のせいじゃない? あいつがいなくなって仕事もかなり楽になったし、前よりだいぶ充実してるわよ?」

叢雲「あいつがいた頃なんか残業は当たり前。仕事の面倒もみなくちゃならないし、おまけに特別教育までしなきゃならなかったんだから」

叢雲「貴女が来てくれてからはかなり楽になったけど、それでも四六時中あいつの面倒みなきゃならないのは骨が折れたのよ?」

叢雲「出撃もできないから色々溜まったりもしたわ・・・」

叢雲「その頃に比べれば今なんて極楽よ。定時には上がれるし、空いた時間で好きなこともできる」

叢雲「うん、これ以上ないくらい充実してるわね」

146 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:18:12.56 ID:oOzbIrMy0

千歳「本当にそうなんですか?」

叢雲「・・・」

千歳「本当にそう思ってるんですか?」

叢雲「・・・何が言いたいの?」

千歳「海兵さんがいなくなって楽にはなりましたね。いつも何かしら悩まされることもなくなったでしょう」

千歳「でもなんででしょう・・・」

千歳「なんであなたは・・・」

千歳「そんなに空っぽに見えるんですか?」

千歳「苦労が絶えなかった。毎日悩まされてた。毎日怒ってばかりでした」

千歳「今と比べれば大変だったけど、前のあなたはもっと感情豊かだったと思うんです」

千歳「でも、今の叢雲さんは心ここに在らず。そう感じます・・・」

147 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:19:07.70 ID:dsJ2dBTa0

叢雲「・・・なんでもいいわ。さっさと新しい司令官を紹介して頂戴」

千歳「・・・分かりました。入ってください・・・」



  「入ります」


  「本日付でこちらに配属されました」


海兵「海兵と申します」

148 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:19:46.19 ID:dsJ2dBTa0

叢雲「・・・!」

叢雲「心のどこかでそうだったらいいな、とは思ってたんだけどね・・・」

叢雲「電報にあった名前と違ったのは大将の仕業ね」

千歳「・・・」

叢雲「千歳、あんたの言うとおりよ」

叢雲「最近の私は心に穴が空いたみたいなってたわ。毎日ただ機械的に書類に目を通して処理するだけ」

叢雲「仕事が終わっても何をするわけでもでなく、ただぼーっとするだけ」

叢雲「人にあっても顔もあわせないで適当に挨拶を交わすだけ」

叢雲「そりゃ気づかれるわよね。でもそんなことどうでもいいのよ」

叢雲「どっかから聞いたんでしょうね。そんな私に大将がどんな手を使ったか知らないけど」

叢雲「海兵をもう一度ここに呼んだ。違う?」

千歳「叢雲さん・・・」

海兵「・・・」

149 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:20:30.67 ID:0D0IN3YX0

叢雲「でも残念ね。今更海兵が戻ってきたところでもう何も感じないわ」

叢雲「あの時と立場が逆転しちゃったわね、海兵」

海兵「・・・」スー・・・

叢雲「一応言っておいてあげるわ。おかえりなs・・・」

海兵「渇っっっ!!!!」

叢雲「・・・!」ビクッ

千歳「・・・!」ビクッ

海兵「ふー・・・」

海兵「で、君は誰なんだい?」

叢雲「は? なに言ってんのよあんt」

海兵「君は誰なんだと聞いているんだっ!!!」

叢雲「・・・っ!」

150 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:21:12.76 ID:0D0IN3YX0

海兵「前私がここにいたときは叢雲という子がいたはずなのだが・・・」

叢雲「何言ってるのよ、私が・・・」

海兵「違う。私が知っているの君ではない」

叢雲「・・・誰のせいだと思ってるのよっ」

海兵「以前の私が不甲斐ないせいでいつもいつも迷惑をかけてしまった」

叢雲「誰のせいだと思ってるのよっ?!」

海兵「・・・」

叢雲「・・・!」フーフー

151 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:22:41.21 ID:SPRqyWAR0

海兵「紹介したい子がいる。入りなさい」



  「し、失礼します・・・」



磯波「あ、あの・・・磯波ともうします。よろしくお願いします」 

152 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:23:25.44 ID:lIckDP+90

海兵「補給間に乗艦しているとき護衛として一緒にいた磯波だ」

海兵「私がこの子を連れてきた」

叢雲「・・・そういうことね」ワナワナ

叢雲「もう用済みの私の代わりはいるってこと?! 私にさっさとここから出て行けと?!」

磯波「あ、あの!」

叢雲「なによ!」

磯波「うっ・・・」ビクッ

叢雲「言いたいことがあるならはっきり言いなさいよ!?」

磯波「うぅー・・・」ビクビク

153 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:24:16.25 ID:UB3G1HFG0

叢雲「なによ、黙っててもしょうがないでしょ! 何か言いなさ・・・」




パァン!




千歳「!」

磯波「あ・・・」

154 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:24:48.79 ID:XcTL83Ry0

叢雲「・・・え?」ヒリヒリ

叢雲「海・・・兵・・・?」ジワ・・・

海兵「・・・」

叢雲「・・・な、なにすんのよっ!!!」ブン


バキィ!


海兵「・・・!」グラッ

叢雲「なんで・・・なんであんたに私がぶたれなきゃならないのよ!」ブン


ボグッ!


海兵「・・・!」フラ

叢雲「なんで、なんでよ・・・!」ボロボロ

磯波「わ、わたしの『司令官』をこれ以上傷つけないでください!」

155 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:25:38.78 ID:iAhRwhJJ0

叢雲「し、司令官・・・?」

磯波「そうです! わたしみたいな頼りない艦娘を拾ってくれた大切な司令官ですっ!」

磯波「ま、前は確かに頼りなかったのかもしれません。でも司令官は役立たずでどうしようもなくて乗艦させられたわたしを拾ってくれました!」

磯波「司令官は忙しい艦上作業があったのにわたしをちゃんと指揮してくれました。わたしが失敗しても・・・」

磯波「わたしを見捨てないで、それだけじゃなくてわたしをこの鎮守府に連れてきてくれました・・・」ポロポロ

磯波「だから・・・!」

156 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:26:14.65 ID:dsJ2dBTa0

海兵「磯波、ありがとう」

海兵「叢雲さん、手を上げてしまってすいませんでした」

叢雲「あ、あんたなんで・・・」

海兵「自分のせいで変わってしまった叢雲さんを叱咤するつもりでしたが、やっぱり自分はだめですね・・・」

叢雲「そ・・・」

磯波「そんなことありません! あ、ごめんなさい・・・」シュン

叢雲「・・・」

海兵「叢雲さんは自分が戻ってきたのが大将殿のせいだと言ってましたが、ここに戻ってきたのは自分の力です」

海兵「乗艦してからがんばりました。本当にがんばりました」

海兵「不甲斐ない自分が許せなくてがむしゃらに、余裕もないのに調子に乗って磯波の指揮なんかもしてしまいましたが・・・」

海兵「でもそのおかげで戻ってこれました」

157 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:27:09.69 ID:N6/VyQBj0

海兵「叢雲さん、自分はまだ頼りないでしょうか」

海兵「いえ、頼りないかもしれませんがもう一度自分と・・・」

海兵「自分と叢雲さんと磯波と一緒にがんばってみませんか?」

磯波「お、お願いします!」ペコ

叢雲「・・・わかったわよ」

叢雲「もう、わかったわよ! ただし今後一切の失敗は許さないんだからね?!」

海兵「はい、叢雲さん! ありがとうございます!」

磯波「ありがとうございます! よ、よろしくお願いします!」

海兵「では改めて・・・」


158 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:27:58.49 ID:Y4TwOj1G0

海兵「本日付で着任しました海兵長です」

叢雲「・・・!」


159 : ◆SNu5mStssE [saga]:2014/03/08(土) 08:39:51.23 ID:szuAfMYR0

初めてSS書いてみて自分はちょっとでも間を空けると長くなるってのが分かった。次書くときがあったら書ききってからの投下にしようかと思ってます

資材溶かして最初の建造任務できなかったのはマジの話です。後日建造した際に出たのも磯波だったりします

完結できてよかった




最近叢雲が可愛くてしょうがない



艦隊これくしょん 雪風 抱き枕カバー 2Wayトリコット
艦隊これくしょん 雪風 抱き枕カバー 2Wayトリコット
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/03/10 18:00 ] SS一覧 艦これ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【217件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: