FC2ブログ


穂乃果「この中に1人レズビアンがいる!」

1 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/14(火) 17:34:12.37 ID:+evPNYG/0

絵里「なんですって!?」

穂乃果「確かな情報だよ!」

ことり「まさか」

海未「そんあ……一体だれなんれすか?」mgmg

希「…なに食べてるん?」

海未「ほのパンですが?」ワタシデスガ?

希「……」

花陽「ほ、ほんとにいるの?」

凛「こ、怖いにゃー」ガクプル

穂乃果「私も信じたくないよ!……でも、野放しにしてたら何がおこるか……危険だよ」

真姫「そうね……確かに危ないわね。こーんな可愛い真姫ちゃんなんて見たら暴走しちゃうかも♪」

海未「あ、別に真姫には興味ないです…」mgmg

真姫「」

にこ「残念ねー真姫ちゃん。最近の女の子はぁーにこみたいな小動物系のかわいいにこにーが好きなのよ」

海未「いえ、にこも特に…」 mgmg

にこ「」

穂乃果「……ねぇ誰なの?正直に言ってよ!」

ラブライブ! μ\'s Birth Anniversary Jun. Nozomi Tojo

6 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/14(火) 17:46:54.45 ID:4uhQAva50

絵里「ねぇ穂乃果…そんな…犯人探しみたいなことやめましょ?……みんな嫌な気持ちになるだけよ」

穂乃果「……じゃあ、もう、嫌な気持ちになった穂乃果はどうなの?」

希「そ、それって」

ことり「まさか」

穂乃果「……うん……昨日かな…穂乃果のパンツ…何枚かやられちゃった…」

海未「そんな!!許せません!!」mgmgmgmg

穂乃果「海未ちゃん」

海未「穂乃果!絶対に犯人を捕まえましょう!」mgmgmgmg

穂乃果「うん!」

にこ「友情ね」

真姫「えぇ」

希「……」

花陽「…ぁの………その…実は……花陽……」

絵里「花陽?」

花陽「……は、花陽も盗まれたんです!」

海未「ぇええええ!?」

ことり「なんだってぇ!?」

凛「ゆ、許せないにゃー!」


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/14(火) 17:57:02.13 ID:z7Tni5bX0

しえん

http://amzn.to/1mTlCZ6


8 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/14(火) 17:57:57.02 ID:vx5Rjbj80

花陽「……花陽はパンツと……お箸を」

真姫「お箸?」

にこ「お箸なんて一体何に使うの……」

凛「あー!!バカにしたにゃー!かよちんのお箸は甘くて美味しいのに、ラーメンにも合うんだにゃー!パンツは浸けてもそのままでも替え玉2回はイケるんだにゃー!!」シャー

花陽「……花陽……誰だかわからない人に使わされてると思うと……うぅっ」フラッ

海未「花陽!大丈夫ですか!?」

花陽「……ぅ……だれか……たすけて」

絵里「……どうやら事態は……相当のようね」ヒヤアセ

希「えー……KKEー」

穂乃果「これ以上被害を出さないためにも……今すぐ犯人を見つけるよ!」

ことり「どうするの?」

穂乃果「それはね、ことりちゃん……持ち物検査だよ!」

えりまきにこうみことりん「な、なんだって!?」


18 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 00:41:55.75 ID:YMvzW0gN0

絵里(持ち物検査なんて……あれだけは)

真姫(あれだけは!)

にこ(アレだけは見られちゃ)

凛(ならないにゃー!!)

ことり(…ちゅん)


希「うわー、なに考えてるか読めるわ……」

海未「?」mgmg

希「なんで一番の人間がボケッとした顔できんねん」

海未「……私何かしましたか?」mg

希「……」


穂乃果「さぁ!やるよ!名前順でいいよね」

『あ』の絢瀬さん「ま、待って穂乃果!」

穂乃果「なに?絵里ちゃん」

絵里「名前順じゃ……不公平って言うか……その……なんてゆーか……ぇえと…本当にレズなんてこの中にいるの?…」

穂乃果「もぅ!信じてないの?」

絵里「だ、だって急にレズがどうとか…言われても…ねぇ」

穂乃果「………そっか…うーんとね……これ見て!」スッ

ことり「ん?紙?」

穂乃果「この紙がね。今朝ポストに入ってたの」

ナニナニ? ガタガタ チョット!!ダレイマオシリサワッタノ!? ニッコニッコニー!! イミワカンナイ!

『μ'sの中にレズビアンがいます。気を付けてください 穂乃果さんの部屋の物が無くなってないか 確認を推奨します ただし り ゃ み くね 』


海未「ただし……の続きが読めませんが」

穂乃果「あはは、それが水溜まりに落としちゃったら滲んじゃって……」

穂乃果「でもでも、μ'sの中にレズビアンがいるってわかったでしょ?」

穂乃果「現に私のパンツが盗まれてたし、かよちゃんのも盗まれてたし」


22 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 01:10:22.81 ID:EludKPlB0

穂乃果「ね……いいでしょ?絵里ちゃん」

絵里「……う」

穂乃果「……も、もしかして……絵里ちゃんが……レズなの?」

絵里「そ、そんなわけないでしょ!?」

にこ「じゃあなんで早く出さないのよ」

絵里「わ、私は順番が不公平だって…」

真姫「別にそうじゃなかったら出せるでしょ!」

絵里「は、はらしょー」

希「ロシア禁止」

絵里「………ぅぅ…わ、わかった!わかったわよ!出せばいいんでしょ!出せば!」ボフッ

ジジーーーー(開ける音)

穂乃果「どれどれー♪」

ことり「…これは……ビデオカメラ?」

凛「前に使ったやつじゃないにゃー」

希「うん。生徒会のやないね」

真姫「…中を確認してみれば?」

絵里「ヴェエエエ!!?」

にこ「あ、モノマネうまい」

真姫「……しばくわよ?にこちゃん」

穂乃果「とりあえず……電源いれて」ポチッ

ことり「再生ボタン…をっと…」ポチッ

23 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 02:08:06.61 ID:E2tZ1jGg0

ガガー……ザッ

アハハ ソンナニー?

花陽「真っ暗だね」

ジジーー

穂乃果「あ、開いた」

海未(ワイシャツonly)『穂乃果!早く着替えましょう!』

穂乃果(練習着)『えぇ!?まだ終わったばっかで暑いからちょっと涼もうよー』パタパタ

海未『ゆっくりしていたらお店が閉店になってしまいます』

ことり(練習着)『そこをなんとか…もう、ちょっとだけ……おねがぁい!』

海未『負けません。私は負けませんからね!』

ズーーム

穂乃果「わ、海未ちゃん近くなった」

ことり「下着までちゃんとみれるね」

海未「みないでください//プライバシーの侵害です!!///」

海未『!…絵里!』

ガチャゴソガタッ

ナ、ナナナ、ナニカシラ?? イエ、コレカラサンニンデアマイモノデモタベニイクノデスガイッショニ ソ,ソソウイッテラッシャイ!!! ボスッ

ブツン


穂乃果「あ、終わった」

希「ねぇエリチ」

絵里「はい」

希「これは……何?」

絵里「……はい」

凛「凛知ってるよ!盗撮って言うんだにゃー!」

花陽「わぁ!凛ちゃんすごい!」

凛「えへへー//」

希「……決まりやね」


28 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 11:49:23.58 ID:zsa7KNVQ0

穂乃果「……絵里ちゃんがレズだったなんて……」

絵里「ち、違うのよ穂乃果!」

海未「この映像が何よりの証拠です!」

絵里「だ、だから……これは」

花陽「……レズ怖いよぉ」

にこ「にこも撮られてるかも……」

絵里「にこは撮ってないわよ」

にこ「……に……こ」グハッ

真姫「……」ピッ ウィーン ピッ ピッ

希「?……なにしてんの?」

真姫「…さっきの続きがあったんだけど…ほとんど海未ばっか……というより……海未だけ?」

絵里「……」

海未「さ、最低です!こんなの撮って何してるんですか!?私でナニしてるんですか!?」

絵里「だ、だからこれは……私のじゃなくて……」

真姫「今さら言い逃れできると思ってるの!!?」

絵里「……あ、亜里沙の……です」

8人「……………………はぁ?」


31 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 21:20:32.21 ID:zsa7KNVQ0

にこ「なんで亜里沙ちゃんが出てくるのよ」

絵里「亜里沙が撮って来てって……」

穂乃果「つまり…」

希「……エリチは亜里沙ちゃんに頼まれて盗撮してた…ってことやろ」

絵里「…はい」

ことり「頼まれてすることじゃないよ!」

絵里「さ、最初は断ったのよ!」

凛「やってからなにいってるにゃー」

絵里「だって…一緒に…夜寝てあげるって言うし……お風呂もって♪…………あれは…しかたなかった……」

真姫「そんなことで…」

花陽「絵里ちゃん……」

にこ「し、シスコン……」

希「それも重度の」

海未「……じゃ、元凶を絶ちますか」

絵里「ちょっ、暴力禁止!」

海未「……せいっ!」

絵里「ひっ!」


ガッシャアァァン バキバキ ドスドス


絵里「……うぅ…………って、あれ?」

海未「…ふぅ………とりあえずカメラは使えなくしましたし……データももう取り出せないでしょう」

絵里「そ、そうね」

海未「ですが……まだ家にありますよね?……データ」

絵里「……さ、さぁ?」

海未「消しますよね????」

絵里「そ、それは亜里沙に………それにそんなことしたら嫌われ……」

海未「 消 し ま す よ ね ?????????」

絵里「……はぃ」



穂乃果「レズより怖いものをみた気がする……けど…レズはまだ見つかってない、見つかったのは最近よくみるシスコンだけ…」

穂乃果「じゃあ次は……かよちゃんは被害者だから…次の海未ちゃん!!」


39 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/15(水) 23:52:34.54 ID:gVZS+nrP0

海未「ほう……私を疑いますか……信じられていないのですね」

穂乃果「違うよ海未ちゃん……信じてるから疑うの。疑ったその先に…本当の信頼があると思うから……穂乃果は海未ちゃんも……他のみんなも疑うんだ」

海未「…そうですか…では、どうぞ。思う存分調べてください」スッ

穂乃果「うん!」

ジジー

カラフルな布たち「ossu kuma」

穂乃果「……」

海未「……」

絵里「え?……え?」

他六人「「……」」

穂乃果「…これ……穂乃果の……パn」
海未「本当にそうでしょうか?」

穂乃果「え?」

海未「穂乃果はパンツに名前を書いてるんですか?」

穂乃果「そんなの小学校の時だけだよ」

海未「知ってます」

穂乃果「……」

海未「このパンツらしき良い匂いの布に名前は書かれてません。すなわち、これは誰の物でもないのです 。…むしろ、私の鞄に入っていたので私の物です!」

穂乃果「た、たしかに!!」

凛「その通りにゃ!」

希(うわー)

ことり「!」

にこ「……反論できないわね」

真姫「意味わかる!」

花陽「うんうん!」

絵里「えええぇぇ!?」

海未「シスコンは静かにしてください」

絵里「……ハラショー」

海未「なにか、異論はありますか?」

穂乃果「ううん、大丈夫だよ!海未ちゃんの潔白は証明されたよ!」

海未「そうですか。それはよかったです。…………あ、穂乃果、このライトグリーンとピンクのあげます」

穂乃果「え?いいの?盗られちゃったからなかったんだ!」

海未「えぇ、丁度匂いも薄れていた頃なので」

穂乃果「わーい!ありがとー海未ちゃん!大好き!!」ギュー

海未「えぇ!私もです!!」ギュー

ワイワイ キャッキャッ



希「……露骨!」


48 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/16(木) 13:59:07.97 ID:4NbVbKeb0

穂乃果「それじゃあ次の希ちゃん!」

希「ほいな」

ことり「待って!!」

穂乃果「ほぇ?」

ことり「こ、ことりのから先に見てもらってもいい?」

穂乃果「うーん……まぁいっか。じゃ、ことりちゃん」

ことり(……よし、海未ちゃんの真似すればいける!)

ジジーー

アダルティーパンツ「……」

穂乃果「」

ことり「こ、ここにあったからこれはーことりのものだー……」

穂乃果「……ことりちゃん」

ことり「な、なーに?」

穂乃果「……ことりちゃん……これ、穂乃果のだよ」

ことり「な、名前かいてないし…」

穂乃果「違うよ……名前とかそういうのじゃなくて……これは」

海未(これを盗むとはさすがことりです。ですがこれは)

穂乃果「これは…穂乃果の勝負パンツだよ!!!!」

ことり「なん……だと!?」

49 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/16(木) 14:39:58.08 ID:G2+kpHNk0

穂乃果「…ことりちゃんが…レズだったなんて」

海未「無難なものにしておけば、ごまかしがきくのに」

穂乃果「……しかも、穂乃果のパンツ……穂乃果の勝負パンツを」

海未「次やるときは気を付けてください。私にも疑いがかかるかもしれないので」

ことり「ご、ごめんなさい!!出来心で!!これ返します!!」

穂乃果「…もぅ……………いらない……」

海未「では、私が」スッ

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「レズは女の子の敵。ことりちゃんはレズ」

ことり「それは違うよ!!」

穂乃果「え?」

♪悲しみの夜♪

ことり「確かに……ことりは穂乃果ちゃんの盗った……匂いも嗅いだ…お弁当にも合わせてみた…けど…それでも私はレズじゃないの!!これだけはホントだよ
!」

穂乃果「そんな…だってパンツだよ!…女の子のパンツ盗るなんて性犯罪だよ!?レズに決まってるよ!」

ことり「…違うの……ことりは……ことりはただの……ほのキチなの!!!」

穂乃果「ほの……きち……」

ことり「……ごめんね……今まで何度か言おうと思った!……でも、やっぱり引かれちゃうんじゃないかって……言うのが怖かった!」

穂乃果「……」

ことり「…もう謝ったって遅いけど………ごめんなさい」タッ

穂乃果「待って!」ガシッ

ことり「!」







穂乃果「穂乃果!……もう十分引いてるから!!」


ことり「」

50 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/16(木) 14:51:35.53 ID:CyKHV1Bs0

絵里「あ、ことりが息してない」

ことり「」

凛「…どろぼうはよくないにゃー…」

花陽「ことりちゃんのこと、どうするの?」

真姫「そうね、レズと同等に危ないほのキチ……放っておくのもね」

希「じゃ、この荒縄で手足縛っとこ」

にこ「用意周到ね」

希「…まぁね」

海未「穂乃果…」

穂乃果「……海未ちゃん…私……ことりちゃんのこと……」

海未「それ以上は言わないでいいです」ギュッ

穂乃果「……」グスン

海未「……今日はもう解散しましょうか…」

絵里「え?ことりおいてくの?」

希「そうやな。穂乃果ちゃん心配やし」

絵里「え?ことりは?」

海未「では、また明日に」



その後


ガチャッ

ガラガラ

ピッピッピッ

???「……撮れてる撮れてる……よしよし…これでまた」

ことり「?……だれ?」ウネウネ

???「やば……」スタタタ

バタン


54 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/17(金) 02:17:59.08 ID:M5smSkyu0

海未「前回のラブライブ!」

\デン!!/

海未「穂乃果に届いた1通の手紙。その内容はμ'sに1人レズビアンがいるということ」

海未「そこで、レズを炙り出すために穂乃果は持ち物検査を開始」

海未「始めに絵里、私、ことりの3人が調べられました」

海未「絵里はシスコン、私は穂乃果と両思い、そしてことりは……ほのキチレズ」

海未「今、穂乃果とことりの友情に亀裂が……」






凛「まとめる長さじゃないにゃー」

海未「やりたかったんです//」

凛「そんなことより早く更新するにゃー!!」

海未「わ、分かってます」

凛「……あれ?……これ、海未ちゃんが…」

海未「ん?なにか?」

凛「な、なんでもないにゃー」


55 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/17(金) 02:30:30.51 ID:1vCCx5W10

ガチャッ

にこ「にっこにっこにー!」






にこ「……一番乗りか」

バタン

ガチャッ

海未「おはようございます」

穂乃果「……」

ことり「……」

にこ「にっこn…………なによ、暗いわねぇ」

海未「……今朝からこの調子でして」

にこ「あぁもう!……過去なんか引きずってないでちゃんと前向きなさい!」

穂乃果「……ん」

ことり「…………ごめ……んナサイ」

にこ「ったく……調子狂うわね…」

ガチャッ

真姫「ま、まっきまっきまー///」

花陽「ホントニヤルノォ!!!!!???」

凛「…バカみたいにゃー」

真姫「ば、ばつゲームだっていったの凛じゃない!!」

凛「ホントにやるなんて…………ぁ……」

花陽「へ?………ぅ…」

真姫「なによ?…………あ…」



穂乃果「……」



ことり「……」


56 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/17(金) 02:39:20.44 ID:UvJQSPe90

凛「あれあれ?なんでこんな重い空気にゃー?」コソコソ

花陽「し、しらないよぉ」コソコソ

真姫「…全然話が進まないじゃない」コソコソ

凛「しかも、ことりちゃん。瞬間移動してるにゃー」コソコソ

花陽「だめだよ、忘れてたなんて……今さらだよぉ」コソコソ

真姫「……と、とりあえず……脳内補完してもらうしか」コソコソ

にこ「ちょっと!あんたたち!何コソコソ話してるのよ!」

凛「な、なんでもないにゃー!」

花陽「うんうん!」

真姫「えぇ、にこちゃんには関係ない話だわ」

にこ「……な、仲間はずれ……」

海未「ちょっと外野うるさいです!本編に戻しますから」

57 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/17(金) 02:55:38.72 ID:ab0nLPWH0

穂乃果「…」

ことり「……」

穂乃果「……穂乃果はね…」

ことり「」ビクッ

穂乃果「……ことりちゃんのこと……よく分からなくなっちゃったの」

ことり「……」

穂乃果「……今までのことりちゃんと……ほのキチのことりちゃん…大切なはずの友達なのに………穂乃果がことりちゃんのこと知らなすぎたのかな……」

ことり「違うよ……違う……」

穂乃果「ううん……たぶん穂乃果ね……まだ海未ちゃんの知らない部分もあると思う……だからね、穂乃果…足りない頭使って1日考えたの……穂乃果はもっともーっと!みんなのこと知りたいな!……って」

海未(……それはまずいです穂乃果)

穂乃果「だから、二度とこんな風にならないためにも、ことりちゃんのこともっと教えてよ!」

ことり「…!」

穂乃果「あ、でも……変態的なことは止めてよね?……そうじゃなきゃ今度こそ絶交するから」

ことり「うん!ありがとう!ありがとう穂乃果ちゃん」グスッ スカッ スカッ

ことり「あ、あれ?」パチクリ

穂乃果「…ま、まだ怖いから…触るのも厳禁…」

ことり「……い、いぇっさー…」


ドア越し


絵里「解決したみたいね」

希「……あっさりしててほんまよかったわ」


62 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/17(金) 20:43:06.86 ID:u9uRbTbN0

ガチャッ

のぞえり「「おはよーみんな」」

オハヨッ! オハヨウゴザイマス オハヨー オハヨウニャー オハヨー オハヨウ マ…オハヨ



絵里「あー…ところで穂乃果」

穂乃果「ん?なーに?」

絵里「昨日のは……まだやるの?」

穂乃果「あぁ……それなんだけどね……本人はほのキチって言ってるけどレズはことりちゃんみたいだし……一応パンツも戻ったし…」

花陽「あ!花陽も……綺麗に洗われてて新品みたいなパンツと箸が返ってきました」

凛「さすがにギトギトのままじゃ返せるわけないにゃー。凛もそこまでばかじゃないってー」

穂乃果「……じゃあ…もう…しなくていい……かなぁ?」

にこまき(……ほっ)

穂乃果「あっ!でもn-」

窓「パリーン」 コツン ムェェェェェ パカラパカラ

ことり「きゃぁ!?」

真姫「なに!?なんなの!?」

海未「…これは……」スクイッ

にこ「…石が紙に巻かれてたのね…」

海未「!…字がかいてあります!……よ、読みます」


『レズは南ことりではない。真のレズはまだ隠れている。気を付けろ』


海未「……これは、穂乃果に届いたのと似ています」

穂乃果「ほんとだ」

絵里「なによ、これ……真のレズって……」

花陽「こ、この中にいるってことぉ?……ダレカタスケテー」



67 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/18(土) 09:39:30.32 ID:wt/jWtVY0

穂乃果「そんな……ことりちゃんじゃない……他のだれかが……」

絵里「だ、だれよ!……もう」

凛「凛じゃないにゃー」

海未「……でも、被害は特になさそうですが…」

希「……本当にそうかな?」

海未「え?」

希「実はウチ……昨日から妙な視線を感じてたんよ」

にこ「……妙な視線?」

希「うーん?……視線…云うより…赤外線……みたいな……人ならぬものの感じ」

真姫「はぁ?イミワカンナイ」

希「まぁまぁ……で、感じる場所を探してみたいんやけど……ちょっといいかな?」

ガラガラ ガサゴソ

にこ「ちょ、そこはにこの大事なアイドルグッズのー」

希「ほいっと」…っ小型カメラ「…」

にこ「」

花陽「ま、またカメラなの!?」

穂乃果「……」ジロッ

絵里「わ、私じゃないわよ!」

穂乃果「じゃあ」ジロー

ことり「こ、ことりでもないよ!」

希「さて……誰のかなぁー?……正直に言わないと…全員わしわしするで!」


71 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/18(土) 19:50:54.40 ID:vk2Eujcz0

穂乃果「ひぃ!」

真姫「いやぁ!!」

絵里「の、ののののぞみさん!」ピシッ

希「うん?」

絵里「エリーチカ……おうちかえるチカ!!!」ダッ

凛「あっ!逃げたにゃー!!!」

海未「卑怯者!!」

希「逃がさへんよ♪」シュンッ

絵里「え?…」

グワシッ

絵里「ひゃ//」

希「わしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわそしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわしわし!!!!」


ーー見せられないよーー



絵里「ぁ…あぇ///……ぃ…」グデン

希「10倍わしわし…や」

花陽「」ガタガタガタガタ

にこ「……はい」スッ

希「ん?にこっち?」

にこ「に、にこのです……」グスン

希「?」

にこ「に、にこのカメラです!!」ズビズビ

希「ふーん」

にこ「し、正直にいったから……許し…てください」ズビズズズズ

希「え?やだ」

にこ「」


79 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 01:09:20.38 ID:TT02uCuc0

希「……ふぅ……ちょっと汗かいてもうたわ」

にこ「」ピクピク

穂乃果「ひっ」

海未「た、たすけて」

ことり「ことりは美味しくないから美味しくないから」

希「ありゃりゃ……刺激がつよすぎたかな…?」


ーー結構経ってーー


にこ「……」正座

穂乃果「もう!にこちゃんのせいで穂乃果達がどれだけ恐い思いしたか!」

にこ「……いや、やられたのにこなんだけど」

穂乃果「うるさーい!」

にこ「……」

穂乃果「………で?」

にこ「…ふっ…」

海未「希……出番です」

希「わしわしいくよ?」
にこ「嘘です!ごめんなさい!!」

絵里「私……もうお嫁いけない……」ポロポロ

凛「…元気だすにゃー」ヨシヨシ

穂乃果「で?……カメラでなにしてたの!?」

にこ「……写真……撮ってました」

穂乃果「…だよね………にこちゃんがレズだったとは…これは予想外だ」

にこ「にこはレズじゃないわよ!」

海未「……希」

希「……」ワキワキ

にこ「うっ……だから!にこは違うって言ってるでしょ!!……ずるいわよ!希つかうなんて!」

穂乃果「本当のこと言ってよ!!」

にこ「本当だって!!」

海未「……希に屈しない意思の強さ……レズじゃないのは本当みたいですね…」

穂乃果「えぇぇ……じゃあ…写真撮って何してたの?」

にこ「……………………怒らない?」

海未「場合によります」

にこ「じゃあ喋んない!」

穂乃果「怒らないから……言って」

80 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 11:29:12.14 ID:AUxFKxHf0

にこ「………ほんとに…?」

穂乃果「うん!」

にこ「…………その……写真をね………秋葉の…そういうお店に売って……お金に…してました…。…もちろんにこ増し増し……」

真姫「はぁ!?」

凛「どこぞのスクールアイドルショップより質悪いにゃー!」

花陽「ひどいよにこちゃん!」

にこ「…し、しかたないでしょ!にこの家は……まだ小さい妹達がいて……ちゃんと食べさせてあげたいの!……でもそれには…お金が必要なの!」

穂乃果「……」スタスタ

にこ「…な、なによ…まだnー」パシンッ

穂乃果「……ばか」

にこ「……え……」ヒリヒリ

穂乃果「なんで!……なんで相談してくれないの!?…私たち友達でしょ!今までμ'sでやってきた仲間でしょ!!にこちゃんにとって私たちってそんなものだったの!!?」

にこ「言って……言ってどうなるのよ!!」

穂乃果「わかんないよ!!」

にこ「はぁ?」

穂乃果「わかんないけど……相談してよ!……また、みんなでバイトしたりすればいいじゃん!」

にこ「そんな迷惑かけられないわよ!!」

穂乃果「かけてよ!……迷惑かけてよ……穂乃果もたくさんみんなに迷惑かけてきた……μ'sだって穂乃果の迷惑で始まったようなものなんだよ?」

ことうみ「……」

にこ「……ぃのよ」

にこ「じゃあ、どうすればいいの…」

穂乃果「知るかーーー!!!」

にこ「」

81 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 11:46:45.63 ID:gHZnfdzV0

穂乃果「それを今からみんなで考えよう!3人いたらなんちゃらって言うし。穂乃果たちは9人もいるんだから怖いものなんてないよ!」

海未「そうですね」

ことり「うん!」

絵里「かしこい私に任せなさい」

希「スピリチュアルパワーでスパッと解決してあげよー」

花陽「花陽も手伝うよ!」

凛「頑張るにゃー!」

真姫「いざとなったら家族で私の家に来なさい」

にこ「………………あ、ありがと……穂乃果……みんな」


94 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 22:00:41.69 ID:FEmDq9U30

穂乃果「じゃあ……どうしよっか?」

凛「はいはーい!凛、いい方法思い付いたよ!」

穂乃果「はい!凛ちゃん!」

凛「部室のアイドルグッズ全部売っ払えばいいんだにゃー!!」

にこぱな「「だめぇぇぇぇぇ!!!!」」

凛「か、かよちん…」

花陽「だめだよ!!お宝ばっかりなんだよ?」

にこ「そうよ!アイドルを目指す上で必要不可欠なの!」

海未「……もとはといえばこんなに買ったせいなのでは…?」

にこ「……こ、これはお小遣いだから問題ないもん!……あと部費…」

真姫「でも量あるし…お金にできるならすべきじゃない?」

絵里「まぁ…全部とまではいかなくても…少し減らすぐらいなら…ね?」

にこ「………か、考えてみる…」

穂乃果「うんうん、いいねいいね!会議だね!……それじゃあ次、考えた人、挙手!」

ことり「はい!はい!はい!」

海未「…」スッ

穂乃果「じゃあ海未ちゃん」

ことり「……」

95 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 22:14:23.70 ID:o7ltVpd20

海未「やはり……お金というものは…働いて手に入れるべきです」

希「そーやな」

海未「ということで、少々時間はかかりますがバイトをしましょう」

絵里「……んーでも、私たち一応スクールアイドルだし、あんまり時間とれないんじゃないかしら?」

海未「その通りです……なので少数精鋭で行きましょう」

にこ「誰がするの?……って……にこはするのか…」

真姫「当たり前でしょ」

海未「やる人は…にこ、穂乃果、花陽そしてことりです」

ことり「ええ!?ことりもうバイトしちゃってるよ!?」

花陽「は、花陽バイトなんて無理だよぉー!」

海未「えぇ、ですのでキュアメイドカフェで働くんです。知っている人がいるところなら安心できるでしょう」

ことり「なるほど………っていきなりそんな無理だよ!」

海未「ならせめて穂乃果だけでも!」

穂乃果「えぇ!?」

海未「あ、にこでした。すみません。つい、欲が」

96 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/19(日) 23:38:09.85 ID:Q9qivOe40

海未「コホン…とにかく、働かざる者食うべからずです」

海未(前回はお店側だったので…お客側で穂乃果を見れたらと思いましたが…)

穂乃果「そっかー。うーん、どうしよ……バイトはいいんだけど………パッとこないから保留で!…他に何かある人!」

ことり「……」スッ

希「はーい!」

穂乃果「はい、希ちゃん!」

ことり「……」

希「…えーとね……まずは、にこっち」

にこ「?……なに?」

希「写真っていくらくらいで売れてたん?」

にこ「え?……あぁ…あんまり角度がよくないのだと100円ぐらいで……ちゃんと笑顔だったりしてても…高くて1000円いったかいってないかぐらいだけど…印刷代とかもあったし…」

希「じゃあ、角度とか笑顔とか……他にも色々オプションつけたら結構な額になりそうやん」

にこ「まぁ、そりゃそうでしょうよ」

希「せやったらウチの案は決まりや!……正しい方法で写真を売るんや!」

絵里「……やっぱり」

真姫「確かに、ちゃんとしてたらもっと高くなるでしょうね」

にこ(人によって値段が変わってることは言わないでおこう)

穂乃果「それ!いいね!楽しそう!!」

海未(ほのニーのバリエーションが増えますね)

花陽「ひぇえ……恥ずかしい//……けど、にこちゃんのために頑張るよ!」

凛「凛もかよちんと撮るにゃー!」

にこ「……み、みんないいの?」

8人「モーマンタイ!」

希「じゃ、早速やっちゃおー!」


100 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/20(月) 08:01:06.22 ID:cvSJvf600

そして


海未「見てください……この上目使いの穂乃果…なんて、可憐なんでしょう!触ったら雪のように溶けて消えてしまうような儚さと乙女の淡い恋心が全面に押し出されている照れた顔!かわいい!!……実はこの時私のことを見てたんです!どうですか!?最高の1品ですよね!!いえ、逸品ですね!!!」

凛「このかよちんは……ドジっ娘メイドにゃ!!ご主人様の何気ない言動を気にして考えすぎになって他のことを考えられなくなって、持ってきた飲み物をこぼして怒られちゃって『また、お前か』という主人の言葉にビクビクしててかわいいにゃぁぁぁぁぁっっはー!!!!!!」

店員(変な客につかまった)

デスデス!! ニャーニャー!!







穂乃果「あの二人に任せて平気だったかな?」

絵里「……心配ね」

希「……言葉が浮かばんな」

花陽「凛ちゃんはりきり過ぎてたから空回りしてなきゃいいけど」

真姫「心配なのはそこじゃないでしょ」

にこ「……いくらになるのかしらね…」

ことり「本当のことり達の評価ってことだし、気になるよね」

穂乃果「あ!出てきた!」



うみりん「「……はぁ」」



希「およ?どうしたん?」

海未「あそこの店員は穂乃果の凄さを理解できてないようです」

凛「かよちんの可愛さは世界一ってわからないみたいにゃ」

希「うんうん、二人とも何してくれてんの?」

穂乃果「……え?売れなかったの?」

海未「ええ……5000円で売るといったのですが、せめて2000円にしろと」

にこ「充分よ!……というかどんだけとるつもりなのよ」

海未「…だって…私でさえ持ってない写真を売ってあげようというのに」

凛「めったに写真に写りたがらない かよちんの貴重な写真を奴は」

真姫「ばかなこといってないで早く売りに行くわよ!」



そ ん で


にこ「ありがとう!みんな!」

絵里「それなりにお金増えたんじゃない?」

にこ「…ほんとに、みんなありがとうにこ!」

希「ま、定期的にやらなね」

海未「イダイ」タンコブ

凛「暴力はんたぁーい…」タンコブ

穂乃果「売れたからいいけど……店員さんの目すごかったんだからね!もう!」

うみりん「「はい」」

101 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/22(水) 02:25:02.09 ID:eIbGgp7v0

穂乃果「これで解決だよね!」

希「一件落着やん!」

ことり「…あのー…ところでー」

穂乃果「?」

ことり「……その……真のレズは…誰なのかなぁー?」

穂乃果「…ぁ……そうか……にこちゃんじゃないのか……」

にこ「…そうよ……にこは……か、金ほしさで」

絵里「まぁ…理由はどうあれにこじゃないのは確かね………で、残ったのは……」

希「ウチと真姫ちゃんやな」

穂乃果「つまり………どっちかが………変態レズ…!!」

海未「」ビクッ

穂乃果「え?」

海未「……なんでもありません」










真姫「…はぁ……だいたいの見てる人は」

凛「オチもわかってきてると思うけど」

花陽「終わるまであんまり言わないでね?」

凛「でもさぁ…やりたいことぶっこみすぎて収拾つかなくなってきてるよ?」

花陽「…それは…しかたないよ。計画性がないからね」

真姫「……完結するといいわね…」


108 :素で凛ちゃん忘れてた ◆VgOeevgJVc [saga]:2014/01/24(金) 18:09:06.14 ID:/5AtzFDI0

穂乃果「…じゃ、じゃあ荷物を希ちゃんから」

海未「待ってください」

穂乃果「へ?」

海未「前と同じでは意味ないと思います」

穂乃果「……?どういうこと?」

花陽「みんな、隠したいものは持ってこないんじゃないかな?」

絵里「私も順番が後だったら、まずいものは家に置いてこれたんだけどね……」

海未「私は肌身離さず持ってますが」

穂乃果「なるほど!じゃあ、家に行けばわかるんだね!」

希「歓迎するで♪」

凛「おもてなしするにゃー」

真姫「………あ、明日なら」

絵里「あら?……今日じゃダメな理由があるのかしら?真姫?」

真姫「へ、部屋が散らかってて」

凛「凛の部屋も散らかってるよ?」

真姫「…た、高い物もあるし」

海未「…なおさら片付けておくべきでしょう…」

真姫「…えと……えーと」

穂乃果「それじゃ、今日はみんなで真姫ちゃんちにレッッゴーだよ!」

真姫「……ぅ」


114 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/01/25(土) 00:27:25.56 ID:Wr9qJbUt0

ーー真姫ちゃんちーー

8人「 「 おじゃましまーす! 」 」

真姫ママ「いらっしゃい。……ふふ、真姫が大勢連れてくるなんて初めて♪」

真姫「よ、余計なこと言わないでいいから!」カァァ

真姫ママ「すぐ紅茶の用意するから……みんなリビングで待っててね」





真姫ママ「それじゃ、ごゆっくり♪」

絵里「ありがとうございます」

穂乃果「さてさて、真姫ちゃん」

真姫「…………ご、5分だけ時間をください」

海未「黒ですね」ジロー

ことり「黒?」

海未「…今日の穂乃果のパンツ………ま、真姫がレズだと言うことです…」コホン

ことり「……ごまかせてない」

真姫「れ、レズじゃ……」

穂乃果「なら今すぐ行っても問題ないよね!」

凛「じゃあ、真姫ちゃんの部屋に突撃するにゃー!!」スタダダダ

真姫「ヴェエエ!?」

穂乃果「穂乃果も行くー!!」ヘイッ

希「ウチも!」ヘイッ

真姫「ま、待ちなさい!」ヘイッスターダッ

ガチャ バタン


花陽「イッチャッタ……」

海未「…部屋の場所、分かるのでしょうか?」

絵里「…まぁ分かってないでしょうね」

にこ「みんあ!…ング…たべないなら…んん……もらうわよ!!」モグモグ

海未「……食い意地張りすぎです」

絵里「ついに貧乏キャラを全面に」

ことり「はぁ…………穂乃果ちゃん…」


118 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/03(月) 01:15:05.08 ID:ZB7Ht3/20

海未「前回のラブライブ!」

\デェン!/

海未「という名の謝罪です」

ことり「計画性というか…人生がもうね」

海未「それを言ったらおしまいです」

ことり「……で、いつ更新するのかな?あと、ことりはどれぐらい喋るかな?全然しゃべってないよ?」

海未「こ、更新はSSA終ったら……します」

ことり「ふーん」

海未「……ことりは…ほとんど喋りません」

ことり「……ふ、ふーん」

海未「…すみません」

ことり「い、いいもん!いいもん!次はことりがメインで書くもん!」

海未「やめてください!死にますよ!!」

ことり「じゃあ早く書いてよ!!意外と今日暇だったじゃん!」

海未「休息は必要ですので……」

ことり「……平日…」

海未「忙しいので」

ことり「ふん!書き終わらなくてもことりは関係ないからね!」

海未「……がんばります」

…イソガシスギ…シュウマツマデ…ガンバル……


121 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/10(月) 00:44:42.26 ID:pnS+nPnl0

穂乃果「ここか!」

真姫部屋『ここよ』

凛「分かりやすいにゃー」

穂乃果「ネームプレートが掛かってるからね!」

真姫「ちょっと!待って!!1分でもいいから!」ジタバタ

希「はいはい、待った待った」ガシッ

穂乃果「……開けるよ」ゴクリ

ガチャ

真姫部屋『Welcome to nicochan side』ギィーー

凛「こ、これは!?」

希「うわーこれまた…」

穂乃果「……今度こそ決ま…」

真姫「もう!最後の手段よ!!」ポチッ





ガチャ

絵里「あら?おかえりなさい早かったのね」

希「……」

穂乃果「……こ」

にこ「 ?…どうしたのよ?」

凛「あー!にこにーだ!」ペカー

希「ほんまや!にこにーや!」ペカー

にこ「へ?な、なに?急に?」

凛「にこにーにこにーにこにー!」ニッコニッコニー

希「にこにーにこにーにこにー!」ニッコニッコニー

花陽「ど、どうしちゃったのぉ!?」

穂乃果「にこにー……うっ…頭痛が……」バタッ

海未「大丈夫ですか穂乃果!?」

真姫「……」

絵里「真姫……あなた一体何を…」

真姫「…にこにーしてあげただけよ…」

絵里「はぁ?」

真姫「……にこにーに脳のキャパシティが耐えきれなかったみたい」

海未「な、なにを言ってるんですか?」

真姫「穂乃果もそろそろダメね。……ま、よく素人で耐えたと思うわ」

ことり「海未ちゃん!穂乃果ちゃんが!」

穂乃果「……」スクッ

海未「穂乃果、大丈夫ですか!?」

穂乃果「……」

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「……に…に…に、にっこにっこにー!!」


124 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/10(月) 00:57:29.59 ID:FwDrv0tN0

海未「穂乃果!?」

穂乃果「にっこにー♪にっこにー♪」

のぞりん「「にっこにー♪にこにこにー♪」」

真姫「ふふ♪もう完全ににこちゃんの虜ね」

絵里「真姫!あなたが……真の」

真姫「…どうかしらね………いっそこのまま全員バレちゃえばい楽なのかもしれないわね…」

絵里「?…いきなり何を…」

穂乃果「にこ?にこにこにー?」

真姫「そうね、みんなにも教えてあげようかしら……にこにーの素晴らしさを!」

にこ「ストォォォーーーップ!!!!!」

真姫「ヴェエ!?」

にこ「ちょっと!!真姫ちゃん!!なにしてくれてんの!?」

真姫「はぇ?…私はにこにーの素晴らしさを教えただけで」

にこ「そうじゃなくて!!」

真姫「…じゃ…じゃあなによ」

にこ「これじゃキャラが丸被りしてるじゃない!!」

真姫「」

にこ「にこにー♪はにこだけでいいの!二人も三人も要らないの!!……第一全然なってないのよ!!穂乃果!!そこはもう少し上目遣いにしなさい!!もっと媚へつらって…あ、やっぱやるんじゃないわよ!!」ビシビシ

穂乃果「にこぉ…」グデン

凛「にこにゃんにゃーんにこ」ニャン

希「にっこ………」スッ

真姫「?」

希「………んー…………あー……………飽きたわ」

真姫「ヴェエエ!?の、希!?」

希「ん?」

真姫「…あなた……解けたの?」

希「?……もしかして、あの催眠術モドキのこと?」

真姫「モドキって……ってそうじゃなくて!なんでー」

希「ウチがこれ系で負けるわけないやん♪……まぁ、あんなんに掛かるんは…ちょこーっとおバカな穂乃果ちゃんと凛ちゃんだった……ちゅう話や」

真姫「そ、そんなさっきまでやってたじゃない!」

希「面白そう…かなと…」

真「」

絵里「……なに……これ?」

希「ちゃ・ば・ん♪」


こうして真姫ちゃんは捕獲されました
部屋にはにこちゃんの写真やグッズさらにはパジャマさえもにこのプリント、至るところに にこ にこ にこ
そして……


129 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/11(火) 17:58:07.44 ID:XE6NXMbe0

穂乃果「にこにこー♪」ニコ

凛「にっこにー♪」ニコ

ことり「穂乃果ちゃん……凛ちゃん…」

海未「真姫!早く元に戻してください!」

真姫「じゃあ縄ほどきなさいよ!」

絵里「ダメに決まってるでしょ」

にこ「」ポヘー

希「にこっち部屋見てからずーっと呆けてるし」

真姫「か、かわいい//」

花陽「うわ」

真姫「……」

海未「希……何か洗脳を解く方法はないのですか?」

希「…解きたいのは山々やけど…こういう系って本人以外が無理に解こうとすると……もっとひどいことが起こる可能性あるし」

絵里「じゃあ真姫に解いてもらうしかないのね」

海未「そうですか……」

海未「……」スー ハー スー ハー

海未「…」キリッ

海未「…………真姫」

真姫「…なに」

海未「これから痛い目見るか……素直に解除するか……どちらか選んでください」

真姫「ご、拷問するき!?」

海未「拷問?……そうですね…ふふ…それも良いかもしれません……」

絵里「ちょ、ちょっと海未……もっと拷問なんてやり過ぎよ」

海未「心配しないでください。傷付くのは真姫の心と……私の心です」


131 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/11(火) 18:21:01.76 ID:9aNs1WNd0

真姫「なにそれ、イミワカンナイ!」

海未「……穂乃果……すみません」

穂乃果「にこぉ?」

海未「…」ザッ

にこ「」

海未「……」ガシッ

にこ「え?」

真「え?」

海未「……」 スッ

\ズキュゥゥゥンン/

にこ「ん!!!??」

真姫「は?…………はぁぁぁ!!??」

絵里「まぁ//」

希「ほほぉー」

海未「ん……チュルチュル……」

にこ(へ?なに?……なんで海未が……んっ…や…舌が…//)

海未「チュパ……ペロ…………ふぅ」スッ

にこ「……ハァ……ハァ……ハァ…///」

真姫「……にこ……にこちゃん…にこちゃん……はぁ?」

海未「どうですか?……解除方法教えてくれますか?」

真姫「……にこ……にこちゃん……なんで……」

海未「どうやら……まだダメなようですね……次はCまでとばします!」

にこ「にこぉー!?」

ことあとめちゃくちゃセックスした


137 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/12(水) 16:56:04.37 ID:vWrgIeN80

にこ「ハァ……ハァ……//」(下半身裸)

海未「…………」(半裸)

真姫「(^p^)」

絵里「…お、終わったのね//」

希「いきなり始めるからびっくりしてもうた//」

花陽「貝が……貝が……あわわ//」

穂乃果「にこにぃ//」

凛「にこにこ//」

海未「……では真姫の復活を待ちますか」(半裸)













真姫「はっ!!にこちゃん!!」







真姫「はぁ……はぁ……なんだ夢か」











にこ「夢じゃないわ」

真姫「ヴェエエ!?にこちゃん!!?」

にこ「驚き過ぎ……」

真姫「……う、うん?……あれ?……じゃあ…にこちゃんさっき」

にこ「さ、さっきのことは忘れて…//」

真姫「……ま、まさか……」

にこ「そんなことより!」

真姫「そ、そんなことじゃないでしょ!?」

にこ「にこの問題ですー!真姫ちゃんにとやかく言われるいわれはないにこ!」

真姫「……そ……そう…………って!ここ私の部屋!!?」

にこ「今さら」

真姫「ぎゃー!!見ちゃダメぇ!!」

にこ「今さら」

真姫「…………あ……ぅ」


139 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/15(土) 20:40:11.68 ID:m+FQdVcF0

にこ「……はぁ」

真姫「……」

にこ「……真姫ちゃんが…にこのこと……その……思ってくれてるのは嬉しい」

真姫「え?」

にこ「でも……やっぱり…真姫ちゃんをそういう風に見るのは…できないや」

真姫「………」

にこ「ごめんね」

真姫「……謝らないでいいわよ……勝手に私が……」

にこ「…ごめんね」

真姫「…だから……謝らなくて…いいって」

にこ「いや……後ろ後ろ」

真姫「へ?」



ほのりん「(^-^)」



真姫「ヴェエエ!?」

穂乃果「真姫ちゃん」カタポン

凛「覚悟するにゃー!!」シャ―!

真姫「ちょ、ちょっと!そこは…っきゃああああぁぁぁ!!!!」

140 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/15(土) 21:14:28.85 ID:MHitYtrs0

絵里「一時はどうなるかと思ったけど…さすが希ね」

希「いやぁーそれほどでも」

海未「全く最初からしてくれれば良いものを……私の純潔返してください」

希「いやいや海未ちゃんとにこちゃんのアレがなかったら…穂乃果ちゃんと凛ちゃんも戻らなかったんよ?」

海未「性的動揺で心に浸けいりやすくなった……でしたっけ?」

希「そうそう、それそれ」

海未「……なんですか……その後付け感は」

希「ほんまやって」

絵里「……まぁ穂乃果たちが元に戻って良かったじゃない……それにあなた楽しんでたじゃない」

海未「な!?私が穂乃果以外で悦ぶわけありません!!」

ことり「穂乃果ちゃーん!ここにいるよー!レズはここにいるんだよー!気づいてー!」

花陽「こ、ことりちゃん他人の家で大声出しちゃダメだよ」

ことり「っ……そういう役はことりのだと思ってたのに」


143 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/16(日) 11:13:57.48 ID:RII0dSVk0

ガチャ

海未「!……穂乃果!戻ってきたのですね」

穂乃果「海未ちゃーん!にこしか喋れなくて怖かったよぉー」ギュー

ことり「」ギリギリギリ

絵里「こ、ことりがすごい歯ぎしりしてる」

希「生き霊になるんも近いで……うん」

凛「かよちーん」ギュー

花陽「よしよし」ポンポン

海未「……あの……真姫は?」

穂乃果「2人でわしわししたら気絶しちゃってベッドに寝かせてきたんだ」

にこ「真姫ちゃん南無」




真姫「」ビクビク




海未「そうでした………にこ…先ほどは許可もなしにすみませんでした」

にこ「…」

海未「私に出来ることならなんでもしますので…」

にこ「…別に……キモチヨカッタシ…//」ゴニョゴニョ

海未「ん?…にこ?」

にこ「って//別にそんなのしなくてもいいって!女の子同士なんだからノーカンよノーカン!」ブンブン

海未「…そう言ってくれると助かります」

ことり(海未ちゃん……キミは難聴だったかい?)

凛「あのー」

絵里「どうかしたの?」

凛「凛バカだから……その見間違いかもしれないんだけど……さっきの……アレって」

花陽「さっきのアレ?」

凛「えっと//……海未ちゃんがにこちゃん抱いてたのって」

にこ「…」カァァ

凛「 海 未 ち ゃ ん か ら だ っ た よ ね ? 」

海未「!?」

凛「いや……あの時、頭くらくらして凛の夢かなーって思ってたんだけど…今の話聞いてたら…あぁホントなんだって」

海未「…り、凛それ以上は!」

凛「その……海未ちゃんが……レズなんじゃないの?」

穂乃果「!!?」

ことり「っしゃ!!」

花陽「エェェ!!?」

希(知ってた)

絵里(やっぱり)

にこ「……」


157 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/17(月) 05:49:48.26 ID:7sKIV0gu0

穂乃果「そ、そんな海未ちゃんが……レズ…!」サッ

海未「ほ、穂乃果!違います!私がレズなわけないじゃないですか!」

ことり「あれれー?持ち物検査の時に持ってたものってなんだっけぇー?」チュンチュン

海未(くっ……ことり……穂乃果と出番がそんなに欲しいですか!?)

穂乃果「!…そういえば…穂乃果のパンツに似てた気がする……!……まさか本当に!?」

海未「…そ、そんなこと―」
ことり「そんなことあるよね?………穂乃果ちゃん…海未ちゃんの部屋にもうどれくらい行ってないかな?」

穂乃果「部屋?……それは…最近……は行ってなくて…去年でもなくて…………中学?…あれ?……いつからだっけ?」

ことり「答えはそこにあるよ…」

海未「……」

穂乃果「……う、海未ちゃん…」

海未「…………分かりました……身の潔白を証明するためにも私の部屋に招待しましょう……ただし、穂乃果とことりだけです。……他のみんなは来ないでください」

にこ「ちょっとそんなの―」
希「ええよ」

にこ「の、希?」

希「…幼馴染み同士で積もる話もあるやろうし邪魔しちゃあかんよ」

にこ「でもそれともこれとは関係が―」
絵里「そうね……希が言うなら」

にこ「絵里まで…」

凛「なんだかよく分からないけど、また今度行けばいいにやー!」

花陽「そうだね♪」

にこ「…はぁ……ったく……しかたないわね」



海未「…では……参りましょう」

穂乃果「……うん」ゴクリ

ことり「……」

158 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/02/17(月) 15:05:23.82 ID:oioE5hTI0

ーー海未ちゃんちーー


海未「……どうぞ……中で待っててください。お茶の用意をしてきます」


穂乃果「あ、開けるよ!」

スー

穂乃果「……」

ことり「……」ニヤ

穂乃果「…なに……これ…………なんでパンツが壁一面に飾られてるの……」

ことり(うふふ、これで穂乃果ちゃんは海未ちゃんを嫌いになる……そしてことりのところにやってくる……)

希(ないない。それはない)

ことり(こいつ遠距離で脳内に!?)

希(おっと危ない、それじゃ)

ことり(……)

穂乃果「……これ……穂乃果がなくしたパンツに似てる……これもっ!…あれもっ!」

ことり「……どうかなー?穂乃果ちゃん……これで海未ちゃんがレズだってわかったよね?……泣きたいならことりの胸貸してあげるよ?おいでおいでぇ」

スー

海未「……どうやら……分かってしまったようですね」

穂乃果「…海未ちゃん……ねぇ……本当に海未ちゃんが…」

海未「少し……私の話を聞いてくれませんか?」

ことり「往生際が悪いよぉ?……さぁ穂乃果ちゃ―」
穂乃果「聞くよ」

ことり「え」

穂乃果「穂乃果決めたんだ。みんなのこと…もっと知りたいから。理由も言い訳も聞くよ」

海未「……ありがとうございます穂乃果」フフッ


168 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/03/03(月) 04:10:15.07 ID:RfebRgZ+0

海未「…率直に言います。私は穂乃果のことが好きです」

穂乃果「……」

海未「周りにいる人に迷惑ばかりかけてるあなたが好きです」

海未「ろくに考えずに行動しては失敗しているあなたが好きです」

海未「無邪気な笑顔で見る人みんなを笑顔にしてしまうあなたが好きです」

海未「いつまでも……私の憧れでいるあなたが好きです」

海未「……好きなんです……小さい頃からずっと穂乃果のことが大好きです」

穂乃果「……」

海未「………聞いてくれてありがとうございました」ペコリ

海未「どうぞ……煮るなり焼くなり好きにしてください」

穂乃果「……」

ことり「よーし、じゃあ手始めにはだーー」
穂乃果「明日」

海未「…」

穂乃果「……また……明日」

スタスタ

ことり「ふえぇ!?帰っちゃうの!??」

ことり「あ、じゃあこのパンtーー」
海未「……」ビシッ

ことり「……」

海未「……」

ことり「……」ソー

海未「……」ビシッ

ことり「……(・8・`)チュン」

スタスタ


海未「……また、明日」


177 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/03/23(日) 11:19:57.47 ID:QP2V3q5z0

ーー穂乃果ちゃんち ーー

ガラガラ

穂乃果「……」

穂乃果ママ「おかえりなさい」

穂乃果「うん、ただいま……」

穂乃果ママ「?…どうしたの?」

穂乃果「別に」

穂乃果「そう?……あ、亜里沙ちゃん遊びに来てるから挨拶ぐらいはしときなさいよ」

穂乃果「…うん」




穂乃果「……ふぅ」

穂乃果「…一旦忘れよう……よし」スッ


アンッ!


穂乃果「!?」ピクッ


アリサカワイイヨアリサ ヤ、ヤメテ

イイジャンイツモヤッテルンダシ デモホノカサンカエッテキチャウ イッ?!

ダメダヨホカノオンナノコノナマエダシチャ、タトエオネエチャンデモ デモホントウニカエッテキチャウヨ

……ウンワカッタ…ジャアツヅキハマタコンドネ ウン

スタスタ

ガチャ

穂乃果「!」

雪穂「え」

亜里沙「へ」(半裸)


ーーーー
ーー


184 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/03/25(火) 02:58:40.65 ID:mqsl7WYk0

ーー雪穂部屋ーー

穂乃果「………」

雪穂「……」(正座)

亜里沙「……えと………あの…」アワアワ

穂乃果「……私の嫌いなもの知ってるよね?」

雪穂「……うん。昨日聞いたし」

穂乃果「それでどう思ったんだっけ?」

雪穂「…………そ、それは気持ち悪いね……って」

穂乃果「…で、雪穂はレズなわけだけど?」

雪穂「うっ」

穂乃果「……はぁ……レズがこんなに近くにいたなんて…」

雪穂「……うぅ」グスン

亜里沙「ちょっと待ってください!」

穂乃果「…なんですか……レズさん」

亜里沙「…その……違うんです!」

穂乃果「何が違うの」

亜里沙「雪穂は……雪穂は…」

雪穂「亜里沙…もう……」

亜里沙「…えっと……女の子を好き…なんじゃなくて……その……あれです…………!……そうです!バイセクシャルなんです!」

穂乃果「バイセクシャル!?」

亜里沙「因みに亜里沙もバイです!」

穂乃果「……ま、待ってよ……じゃあ……2人はレズじゃないの?」

ゆきあり「「そうだよ!(です!)」」

穂乃果「…………」

ゆきあり「「……」」ゴクリ

穂乃果「…………」

ゆきあり「「…………」」ゴクリンコ

穂乃果「なーんだ!勘違いしちゃってごめんねー。それならそうと言ってくれればいいのに」

雪穂「い、いやー、いきなりバイって言うのはちょっとあれだしさーたははー」

亜里沙「だ、だよね、亜里沙もいきなり言うのはあれだったから」

穂乃果「……ったく、人騒がせだなーもう」

雪穂「い、いやーごめんねーうん」

穂乃果「それなら邪魔しちゃ悪いから私は部屋に戻るねー」

亜里沙「あ!…帰らなきゃ……」

雪穂「…もうこんな時間か」

穂乃果「じゃあ雪穂は送っていってあげなきゃだめだよ?」

雪穂「う、うんそのつもり」

穂乃果「じゃあね亜里沙ちゃん。雪穂とずっと仲良くしてあげてね?」

亜里沙「は、はい!」

ーーーー
ーー
185 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/03/25(火) 04:10:00.58 ID:OBjdDWse0

ーー亜里沙帰り道ーー


雪穂「……」トボトボ

亜里沙「……」トボトボ



ゆきあり((違いがわかんない……))




ーー穂むら前ーー


???「良いこと聞いたちゅん」チュンチュン


190 : ◆9.KbxBFQW0xo [saga]:2014/04/07(月) 14:01:01.37 ID:XexHHoKm0

このSSは私の時間がないので終了にします
アニメも始まっちゃったし仕事が忙しくてできないので

見てくれた方々ありがとうございます

オチとしては穂乃果と海未ちゃんが付き合ってことりちゃんは鳥()になる予定でした
二人が付き合うのもことりちゃんのおかげです

またご縁があったら是非読んでいただきたい
今度は時間があるとき HTML化依頼出してきます

191 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/07(月) 14:05:53.72 ID:idpH6FmXo

残念だけど仕方ないね
面白かったよ

192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2014/04/07(月) 14:22:12.72 ID:k/LfdJ6E0

おつ



ラブライブ! μ\'s Birth Anniversary Apr. Maki Nishikino
ラブライブ! μ\'s Birth Anniversary Apr. Maki Nishikino
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/04/12 12:00 ] SS一覧 ラブライブ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: