【コラボ企画】ことり「一人咲く花の涙」

1 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:25:35.26 ID:gSojJcPG0

少し前に宣伝した、おやつの人、エリチ推しにわか勢のコラボ企画SSとなってます!
http://lilymate.blog.fc2.com/blog-entry-3377.html
↑一応これの続きとなってるので参照下さい。
形式は完全に短編。二人で連絡取り合って互いに書きあって、推敲しただけです。なんか拍子抜けでサーセン。

注意!
少し暗めの話です。人が死んだりはしませんがほんの少しのR15要素とヤンデレ要素があります。
甘いイチャコラだけが見たい人は戻るボタンを。
違和感はことりのおやつにしてください!!

ラブライブ!Solo Live! II from μ’s 南ことり

2 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:26:58.46 ID:gSojJcPG0

海未「それでは今日の練習はここまでです」

皆「「「「「お疲れ様でしたー!」」」」」

凛「今日も疲れたにゃー……よし、かよちん!ラーメン食べに行こう!真姫ちゃんの奢りで!」

花陽「え、えー……今からだと晩御飯が食べれなくなっちゃう気が……」

真姫「ちょっと!なにさりげなく私の奢りにしようとしてんのよ!」

凛「え~駄目なの?」

真姫「逆にどうしていいと思ったのよ…」ハァ

希「賑やかやなぁ」

絵里「ふふ、そうね」

絵里「ほら、もう下校の時間なんだから早く帰りの用意する!」

皆「「「「「はーい」」」」」

3 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:27:53.05 ID:gSojJcPG0

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん!一緒に帰ろ!」

ことり「うん♪」

海未「ふふ、三人で帰るのは久しぶりですね」

ことり「あ!」

海未「どうしました、ことり?」

ことり「えーと…教室に忘れ物しちゃった……ごめん、すぐとってくるね!」

パタパタパタ

4 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:29:27.44 ID:gSojJcPG0

穂乃果「ねえ海未ちゃん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど…」

海未「?どうしました?」

穂乃果「えっと、無理してない?」

海未「………え?」

穂乃果「最近、海未ちゃんが様子おかしかったから…。特にほら、その…私と絵里ちゃんが付き合ってるって言った日あたりから」

海未「……気づいていたのですか?」

穂乃果「なんとなく…ね。絵里ちゃんも心配してたし…」

海未「ふふっ。穂乃果も少しは周りが見えるようになったんですね」

穂乃果「なんなのさー!せっかく人が心配してるのに~」

海未「それもそうですね、ごめんなさい」

海未「でももう…大丈夫ですよ?」

穂乃果「え、そうなの?」

海未「ええ…。とある優しさに助けてもらったんです」

海未「憧れてしまうくらいの、本当の優しさに…」

5 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:30:31.08 ID:gSojJcPG0

穂乃果「えっ…何それ、私知らない」

海未「でしょうね、隠してましたし」

穂乃果「私が聞いたらまずいの…?」

海未「そこまでではないですけど…お互いのため、といいますか」

穂乃果「う~ん、何か分からないけど、よかったら話して欲しいな」

穂乃果「だって…友達だもん」

海未「…それもそうですね。あんなこともありましたし」

穂乃果「そうそう。なんか後悔しちゃいそうで…」

海未「はぁ…聞いてから後悔しても知りませんよ?」

穂乃果「…?」

海未「まさか今更用意していた言葉を言うだなんて…驚きですね」

海未「…。ずっと、好きでしたよ、穂乃果」

穂乃果「…うん?ありがとう」

6 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:31:25.87 ID:gSojJcPG0

海未「違いますよ、絵里と同じです。その…恋愛的な意味で」穂乃果「……え?」

穂乃果「海未ちゃんが…穂乃果のこと…?」

海未「ふふ、驚きましたか?」

穂乃果「え、えっと…い、今、穂乃果は絵里ちゃんと付き合ってて…その…」

海未「穂乃果、早とちりしないでください」

穂乃果「え?」海未「確かに穂乃果のことは好きでした。それで悩んで、絵里のことを恨んだり…そんな自分が嫌になったり…」

海未「あの時はとても辛かったんですよ…」

海未「そして、その時私を支えてくれたのがことりだったんです」

海未「ことりは私のことが好きだったようで、そのことを知らなかった私は、ことりに穂乃果のことが好きだとそれとなく伝えてしまいました」

海未「ことりはとても辛かったと思います…それでも、私が失恋した時に励ましてくれて…一緒に泣いてくれて…」

海未「お恥ずかしい話ですが、そんな優しいことりのことが好きになってしまいました」

海未「それで、この間からお付き合いさせて頂いているんですよ」

7 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:32:11.57 ID:gSojJcPG0

穂乃果「そうだったんだ…穂乃果、海未ちゃんとことりちゃんが付き合ってるなんて全然知らなかったよ」

海未「まあ、言っていませんでしたからね」

穂乃果「えっと…おめでとう?」

海未「ふふ、ありがとうございます」

海未「まあ、少し複雑ですけどね」

穂乃果「海未ちゃん……」

海未「もう、そんな悲しそうな顔をしないでください」

海未「いろいろありましたけど、私は今、とても幸せなんですよ?」

8 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:32:50.05 ID:gSojJcPG0



ことり「はぁはぁ…早く戻らなきゃ」

ことり「まさかロッカーの中に入れてたなんて…完全に忘れてたよぉ…」

ことり「あ!…ことりがいない時って、気まずかったりするのかなぁ…?」

ことり「のぞいてみようっと」

ほのうみ(ワイワイ

ことり「…」(よかった、普段通り

海未「ずっと好きでしたよ、穂乃果」

ことり「…え?今海未ちゃん…」

私に聞こえたのは風の音だけ。そうだよね?聞き間違い、だよね?

海未「違いますよ…。…恋愛的な意味で」

…。否定された。風の音なんてはかない逃げは否定されてしまった。

9 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:33:53.90 ID:gSojJcPG0




海未「しかしことりは遅いですね」

穂乃果「…心配?」

海未「まぁ…恋人ですし」

穂乃果「うーん…探すのが長引いてるだけだと思うんだけどね」

穂乃果「………あれ?」

穂乃果「ことりちゃんからメール来てた!」

海未「もう…それなら先に言ってくださいよ」

穂乃果「先に帰ってて、だって。どうしたのかな?」

海未「穂乃果、先に帰っててください。少し探してみます」

穂乃果「え?なら私も…」

海未「…話は聞いたでしょう?私…どうやら独占欲が強いみたいです」

海未「ないがしろにするつもりじゃないんですけど…私のところにメールが無いのも気になりますし」

10 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:34:52.14 ID:gSojJcPG0

穂乃果「もう…おあついねぇ。そんなこと言われたら穂乃果は絵里ちゃんとイチャイチャするもん!」

海未「…私の立場的に反応に困るんですけど」

穂乃果「それもそうだね…」

海未「全く…やっぱり穂乃果は変わりませんね」

穂乃果「うっ…」

海未「そういうところ、嫌いじゃないですよ。じゃあ今日はこれで」

穂乃果「ねぇ、海未ちゃん」

海未「何ですか?」

穂乃果「きっと、海未ちゃんに想われるのは幸せだよね。こんなにやさしいもん」

海未「…さっきの話、聞いてました?」

穂乃果「えへへ…ことりちゃんは幸せだねって言いたかったの。じゃあね」

海未「ええ。また明日」

11 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:35:36.89 ID:gSojJcPG0

海未「ひとまず教室に行ってみましょうか」

海未「もしかすると、何かトラブルがあったのかもしれませんしね」


スタスタ


海未「………それにしても、どうして私に連絡をくれなかったのでしょうか?」

海未「恋人…なのですから、私にメールをくれても…」

海未「もしかして、何かことりを怒らせるようなことをしてしまったのでは…」

海未「といっても、これといって思い当たりませんね」

海未「……………」

海未「まずはことりを見つけましょうか」

12 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:36:57.26 ID:gSojJcPG0

ガラッ

海未「ことり、いますか?」

ことり「……海未ちゃん」

海未「どうしたんですか?教室に一人残って」

海未「それに、そこは私の席ですよ」

ことり「…ごめんね」

海未「いえ、別に怒っているわけでは…」

ことり「……………」

海未「その…私のせいですか?」

ことり「え……?」

海未「私が何か、ことりを困らせるようなことをしてしまったんじゃないかと…」


違うよ、海未ちゃん。困らせているのはことりの方。

13 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:40:51.82 ID:gSojJcPG0

海未「その、私には連絡がなかったので、ことりを怒らせてしまったんじゃないかと思いまして」

海未「ことりは優しいので、私に不満を言ったりするのは難しいですよね」

やめてよ…優しいなんて言わないで、優しくなんてしないで
ことりには…そんな資格ないんだから

海未「ただ、もう少し本音を打ち明けて欲しいんです」

海未「私たち…恋人でしょう?」

ことり「………っ」

海未ちゃんは、本当は穂乃果ちゃんが好きなのに?

海未「…ことり?」

ことりが縛ってしまっているだけなのに?

海未「聞いているんですか?」

でも…それでも…

ことり「ねぇ、海未ちゃん」

海未「はい、なんでしょうか」


ことり「今日、ことりの家に泊まりに来てくれないかな?」


海未ちゃんを……失いたくはないの

14 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:41:48.52 ID:gSojJcPG0

ーーーーことりの部屋

海未「泊まりにきてほしいだなんて…流石に急すぎますよ」

ことり「ごめんね?お父さんとお母さんが今日は帰ってこないから…心細くって」

海未「ふふ、別に構いませんよ」

海未「それに、ことりに頼りにされるて悪い気はしません」

海未「…………あれ?」

海未「一つ聞いてもよろしいでしょうか?」

ことり「どうしたの?」

海未「ことりは今日家に一 人になってしまうから悩んでいたのですよね?」

ことり「うん、そうだよ」

海未「でしたら……どうして私に連絡してくれなかったんですか?」

ことり「!」

15 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:43:34.13 ID:gSojJcPG0

海未「嫉妬…なのかもしれまんせが、どうしても気になってしまいまして…」

海未「よかったら教えて頂けないでしょうか?」

ことり「え…ええと…」

海未ちゃんが穂乃果ちゃんに告白しているところを見たから、なんて言えずに困ってしまう

16 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:44:21.08 ID:gSojJcPG0

ことり「その…ね?」

だって……それを言ってしまったら、この関係も終わってしまうんだよね?

ことり「恥ずかしかったから…」

だからことりは知らないふりをしなくちゃいけない。

海未「恥ずかしい?」

ことり「うん…海未ちゃんに話したら、理由を聞かれちゃいそうで…」

たとえ、それが海未ちゃんの優しさとしての嘘で絡まれていても。それでもことりにとってはそれが真実で、それを守りたくて

ことり「高校生になって、寂しい…っていうのはね?」

だから、そうやってことりは誤魔化した。大丈夫かな、ことり、顔がひきつったりしていないかな?


海未「全く…そんな理由だったんですか」

海未「ことりに嫌われてしまったんじゃないかと不安になってしまったんですよ?」

ことり「えへへ、ごめんなさい」



ねぇ、海未ちゃん…もっとことりを見てよ……もっとことりに気づいてよ……
私はたった一輪の花。小さくてはかなくて、誰にも振り向いてもらえなくて。
でも…海未ちゃんにだけでもいいから、気づいて欲しいの。手折られて、その手に収めて?海未ちゃんの中がことりでいっぱいになるように…

17 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:48:20.38 ID:gSojJcPG0



海未「ふぅ…もうこんな時間ですか」

ことり「…本当だ」

海未「寂しさ…まぎれましたか?」

ことり「う、うんっ!」


…嘘の理由で心配してくれる海未ちゃん。心にナイフを突きつけられているような、そんな罪悪感があって。でも…そんな海未ちゃんを一人占めしたいの。
たとえことりが縛っていたとしても、海未ちゃんは私の彼女なんだもん。
それを…確かめたくて。

ことり「ねぇ…そろそろ寝よっか、海未ちゃん」

海未「ええ、そうですね」

ことり「その…もし、よかったらなんだけど…一緒の…」

海未「ええ、分かってますよ。もともと寂しさを紛らわせるのが目的でしょう?」

ことり「…えへへ」

18 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/06(木) 22:50:31.92 ID:gSojJcPG0

ことり「海未ちゃん、あったかい…」

海未「こ、ことり…?」

ことり「……。」

海未「まだ、紛れていないんですか…?不安が収まるまで、私でよければ、好きにしてくださいね?」

ことり「…!」

邪な考えが頭をよぎる。…なんて浅ましい人間なんだろう。
でもね…?普通、そんなセリフ言わないよ…。海未ちゃんが悪いんだもん。
誘ってるの…?

ことり「海未ちゃぁん…」(ガサッ

海未ちゃん「ことり?!」

そうしてことりは、ときめきと不安に誘われて、流されて




…海未ちゃんを抱いた。


20 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:11:26.10 ID:/c1IuYh70

海未「こ、ことりっ…あっ…」

ことり「海未ちゃんっ!ぁっ…」


また。またダメだった。どうしてだろう。海未ちゃんと体の距離はこんなに近いのに、心の距離が遠くて。
何度海未ちゃんの名前をよんでも…好きって、愛してるって言えないの。
私はこんなに愛おしくて、恋しいのに、言えないの。
ねぇ…もっと私を感じて?ここにいるのはことりだよ。そういいたいのに。

海未「まっ…や、やめっ」

ことり「…」(クチュクチュ

海未「あああっ…ことりっ!やめてください…」

ことり「やだ」

やだ。そんなのヤダ。海未ちゃんが離れちゃう。私から離れちゃう。
私の、私の海未ちゃんが…。

海未「やめてくださいっ!」

海未「ことりが…泣いているじゃないですかっ!」

ことり「…へ?」(ピタッ

海未「ことり、もう寝ましょう…?今日のことりは少しおかしいです」

ことり「う、うん…」

21 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:13:20.89 ID:/c1IuYh70

チュンチュン

ことり「…………」

ことり「朝……かぁ」

海未ちゃんと身体を重ねてしまった。
優しさにつけこんで、自分の不安を払拭するために。
ことりは………最低だ。

海未「……んぅ」

海未「おや、もう起きていたのですか?」

海未「おはようございます、ことり」

ことり「…おはよう、海未ちゃん」

海未「その…少し恥ずかしいですね…」カアッ

海未「……ですが、ことりと一つになれて、とても嬉しいです」ニコッ

ことり「……っ」

海未ちゃんの澄んだ笑顔が眩しくて、ことりは目を背けた。
22:27 ノーネーム 海未「ことり……?」

ことり「ごめんね、ことり、今日日直だから早くいかないと」

海未「え……?」

ことり「また学校でね、それじゃあ」
海未「ち、ちょっとまーー」

バタン

本当にごめんなさい、海未ちゃん。

22 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:14:18.10 ID:/c1IuYh70

ーーーー学校
海未「おはようございます、ことり、穂乃果」

穂乃果「おはよう、海未ちゃん!」

ことり「ぁ…おはよう…海未ちゃん」

海未「ことり、昨日はーー」

ことり「……っ」

ガタッ

ことり「ことり、ちょっとお花摘みにいってくるね」

パタパタパタ

海未 ポカーン

穂乃果「えーと…ことりちゃんと何かあったの?」

海未「え!?なななな何もありませんでしたよ!?」

穂乃果「いや、流石にそれは解かりやすすぎるんじゃないかな」

海未「う……」

海未「そ、その…い、色々ありまして///」

穂乃果「な、なんで頬染めてるの?本当に何があったの!?」

海未「秘密です///」

23 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:15:27.39 ID:/c1IuYh70

ーーーー10分休憩

海未「ことり、次の衣装のことなんですが…」

ことり「えっと、にこちゃんに次のライブについて聞かなくちゃいけないから後でね」

ーーーーお昼時間

海未「ことり、一緒に食べましょう」

ことり「今日は屋上で食べようかなって思ってて、ごめんね?」

海未「それなら私もーー」

ことり「ま、また後でね!」

パタパタパタ

ーーーー練習中

絵里「はーい、二人組作ってー」

海未「ことり、私と一緒にーー」

ことり「り、凛ちゃん!一緒に練習しよ!」

海未「ことり……」

24 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:17:09.31 ID:/c1IuYh70

海未「はぁ……」

海未(今日はことりと全く喋れませんでした)

海未「避けられているのでしょうか…?」

海未「でも、 どうして……」

海未「もしかして、昨日の行為中に何かしてしまったのでは…」

海未「私が下手すぎた…とか、そんな理由ではありませんよね?」

海未「…………」

海未「き、きっと心の整理がついてないだけですよ」

海未「明日になれば…きっと…」

海未(私のこと、嫌いになっていませんよね…?)

25 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:17:37.62 ID:/c1IuYh70

ーーーー次の日

海未(結局、不安であまり眠れませんでした…)

海未(我ながら情けない話です)

海未(いえ、弱気になっていてはいけません、いつも通りに…)

海未「こ、ことり、おはようございます」

ことり「おはよう、海未ちゃん…」

海未「…………」

ことり「…………」

海未(あれ?)

海未「え、えっと、今日もいい天気ですね」

ことり「そうだね…」

海未「…………」

ことり「…………」

海未(会話が続かない…)

26 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:21:22.00 ID:/c1IuYh70

海未「その、私、何かしてしまいましたか?」

ことり「え…?」

海未「いえ、昨日からなんだかことりに避けられている気がして…」

海未「ことりは優しいので、直接口にだしたりはできないでしょう?」

海未「本当は、ことりはわたしのことを嫌いなんじゃないかと…」

ことり「そんなことない!!!」

海未「っ!?」

ことり「ことりが海未ちゃんを嫌いになるわけないもんっ!」

ことり「だってことりはっ!」


海未ちゃんのことが好きだから

27 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:21:59.75 ID:/c1IuYh70

ことり「………っ」

海未「……ことり?」

ことり「……怒鳴っちゃって、ごめんね」

海未「い、いえ、別に構いませんが…」

ことり「…………」

海未「…………」

やっちゃった。…海未ちゃんは何も悪くないのに…

海未「…嫌われていないのなら、よかったです」

ことり「う、うん」

海未「…ことり、私といると辛いですか?」

ことり「…へ?」

海未「…何かあるんでしょう?気が変わったら私に話してくださいね?」

海未「これはこれで…私が辛いですけど」

ことり「ち、ちがっ…」

海未「ではまた明日です、ことり」

ことり「海未ちゃん!」

海未「…」(スタスタ

28 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:23:35.68 ID:/c1IuYh70



海未「はぁ」

海未「ことりには一番辛い時に助けてもらったのに…私には何もできません」

海未「…なんて無力なのでしょうか」

穂乃果「はぁ…」

海未「…穂乃果?」

穂乃果「海未ちゃん…?」

海未「どうしたのです?溜息なんてらしくもない」

穂乃果「そのままお返ししたいよっ…!」

海未「そういえばそうですね」

穂乃果「う~ん…何かあったの?」

海未「じ、実は…」

29 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:24:02.46 ID:/c1IuYh70

説明中…

穂乃果「なるほど…ことりちゃんの様子がおかしいんだけど、それを助けてあげられない、と」

海未「ええ。まぁそれは私の問題として…。」

海未「穂乃果はどうしたんですか?μ’sの問題ではないですよね?」

穂乃果「じ、実は絵里ちゃんと喧嘩しちゃって…」

海未「あなたたちが喧嘩…?珍しい」

穂乃果「そ、そんなことだってあるんだよ。それこそことりちゃんと気まずくなってる海未ちゃんだって珍しいよ~」

海未「それは確かに」

穂乃果「…えへへ。私たちもしかして似たもの同士?」

海未「…そうですね」

30 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:25:04.82 ID:/c1IuYh70

海未「しかしどうしたものでしょう。私はことりに一番辛い時に助けてもらいました。どうにか…」

穂乃果「ほ、穂乃果だって絵里ちゃんと話せないと辛いもんっ…」

海未「私も辛いですよ…。はぁ、ことり…」

穂乃果「…絵里ちゃん」

ほのうみ「…」

穂乃果「あ、そうだ!」

海未「…?」

穂乃果「ちょっと海未ちゃん耳貸して?」

海未「はい?」(スッ

31 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:26:21.86 ID:/c1IuYh70


ことり「はぁ……」

海未ちゃんに心配をかけてしまった。
全部ことりが悪いのに。

ことり「どうしてこうなっちゃうんだろう…」

いつだってことりは海未ちゃんの優しさに甘えていた。
本当は、海未ちゃんがことりと一緒にいるのが辛かったんじゃ…?

このままだと、本当に…

ことり「海未ちゃんに……嫌われちゃう」

ことり「……っ」

そんなの絶対に嫌だ。
そんなことになったら、ことりはもう生きていられない。

ことり「……」

ことり「うぅん、そんなはずないよね」

ことり「だって海未ちゃんは…」

ことりの恋人なんだもん。

ことり「そうだよ、さっきだって、ことりのことを考えてくれてのことだったし…」

ことり「きっと、話せばわかってくれるもん」

そうだよね……海未ちゃん。

32 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:27:57.23 ID:/c1IuYh70

ことり「うーん、海未ちゃんどこにいるんだろ?」

ことり「部室に入てくれたらいいんだけど…」

ことり「海未ちゃん、いるーーー!?」

ガチャ


ことり「………え?」

なんで?
海未ちゃんはことりの恋人さんなんでしょ?
それなのに…どうして…
そんなに体を近くにしてるの?
どうして…




穂乃果ちゃんとキスしてるの……?

33 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:28:48.33 ID:/c1IuYh70

穂乃果「あ、ことりちゃん!」

海未「ことり……」

ことり「………の?」

海未「え?」


ことり「そんなに穂乃果ちゃんがいいの!?」

海未「……っ!?」

ことり「海未ちゃんはことりの恋人なんでしょ!?」

ことり「それならどうしてことりのことをもっと見てくれないの!?」

ことり「どうしてことりのことを考えてくれないの!?」

海未「こ、ことり、落ち着いてーー」

ことり「落ち着いてなんかいられないよ!!」

ことり「それとも海未ちゃんにとってことりとの関係は遊びだったの!?」

海未「そんなわけありません!」

ことり「あるもん!!!」



ことり「だって、海未ちゃんはまだ穂乃果ちゃんのことが好きなんでしょ!?」

34 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:30:05.06 ID:/c1IuYh70

ことり「嘘つき!嘘つき!!嘘つき!!!」

ことり「ことりと付き合ってるのに穂乃果ちゃんとキスなんかして!」

ことり「どうせことりを穂乃果ちゃんの代用品としか見てないんでしょ!?」

ことり「本当は好きなんかじゃなかったんでしょ!?」

ことり「だったら優しくなんてしないでよ!」

ことり「そんなの…むなしいだけだよ…」ポロポロ

穂乃果「ふ、二人とも、いったん落ち着こうよ」

穂乃果「ほら、海未ちゃんも元気だしーー」

ことり「海未ちゃんに触るな!!」ガタッ


穂乃果「え……!?」

ことり「穂乃果ちゃんさえいなければ…海未ちゃんはことりのものなのに!」

ことり「なんで海未ちゃんに近づくの!?どうしてことりから海未ちゃんを奪おうとするの!?」

穂乃果「こ、ことりちゃ…落ち着いて…」

ことり「うるさい!海未ちゃんを誑かしておいて…お前なんかいなくなっーー」

バチーン!

ことり「………え?」

海未「…………」

ことり「海未…ちゃん?」

35 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:31:18.49 ID:/c1IuYh70

海未「……頭は冷えましたか?」

今…叩かれたの?海未ちゃんに?

ことり「なんで…」

海未「あなたが今していることは…最低です」

なんでことりの味方をしてくれないの?
どうして穂乃果ちゃんの味方をするの?
如何シテ…?如何シテ…?何処ヲ間違エタノ?
海未ちゃんに好かれるために、ことりは一生懸命頑張ったんだよ?

海未「……ことり?」

それでも、海未ちゃんが選ぶのは穂乃果ちゃんなの?

ことり「そうだよ……ね」

ことり「海未ちゃんは…穂乃果ちゃんが…好きなんだもんね…」

ことり「ことりじゃ……なくて」ポロポロ

海未「ことりっ!」

ことり「今まで………ありがとう」


ことり「さようなら」

海未「ま、待ってくださーー」

バタンッ

ことり「っ……」ポロポロ
こんなに好きなのに、大好きなのに…
どうしてこんな想いをしなくちゃいけないの?
こんな…こんなにも辛い思いをしなくちゃいけないのなら
海未ちゃんへの愛も、想いも、全て枯れてしまえ
そして、ことりも………

36 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:36:29.26 ID:/c1IuYh70

穂乃果「…こ、ことりちゃん?」

海未「…」

穂乃果「き、キスって言ってたよね!?ど、どういうこと!?私まだ絵里ちゃんともしてないのに…」

海未「…少なくともそういう問題じゃありませんよ。…おそらく、さっきの耳打ちをそう勘違いしたのでしょう」

穂乃果「どどどどうしよ~!」

海未「私がどうにかします。しかし…ことりはそんな勘違いを。これでつじつまが合いました」

海未「はぁ…まったく、穂乃果には振り回されっぱなしですよ」

穂乃果「だ、だって!互いに互いの相手を説得するっていい案だと思ったんだもん!」

海未「…耳打ちする理由にはなってませんが?まぁいいです、でも、この状況は私にしかどうにかなりません」

海未「絵里の事は自分でどうにかしてくださいね?」(ニッコリ

37 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:37:02.58 ID:/c1IuYh70

穂乃果「うっ…。でも…どうするの?そ、その、私のせいで…」(シュン

海未「大丈夫です。私には…ことりの気持ちが分かりますから」

海未「…想っている相手が別の相手を想っている辛さを」

穂乃果「へ?」

海未「ふふっ、穂乃果には関係ありませんよ。…行ってきます」

穂乃果「う、海未ちゃん!」

海未「…はい?」

穂乃果「こ、ことりちゃんに謝っておいて?」

海未「もちろん」(ダッ

38 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:37:30.13 ID:/c1IuYh70

公園 

海未「…ここに居ましたか」

ことり「……」

海未「よく、ここで二人で話しましたっけ。留学の時以来ですか?」

ことり「……」

海未「…ことりは、勘違いしているのですよ。ごめんなさい、私がそんな種をまいたばっかりに」

ことり「…だって!海未ちゃんは穂乃果ちゃんに告白してたよね?それにキスだって!いったいそれの何が」

海未「…」(ギュッ

ことり「!」

ことり「…もう、やめてよ。ことりに優しくしないで、お願い…」(ポロポロ

ことり「私、また海未ちゃんのこと…一人で」

海未「お断りします」

39 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:38:00.04 ID:/c1IuYh70

ことり「どうして?だって海未ちゃんは」

海未「キスじゃありません、耳打ちです。告白なんかじゃありません、過去の事を伝えただけです」

海未「あなたが助けてくれたとき、落ち込んでいた私を気にしていたようで」

ことり「そ、そんなのっ…」

海未「でも、ごめんなさい。ことりに勘違いをさせてしまった。キチンと報告すればよかったのです。穂乃果に、昔の気持ちを伝えたと」




海未「今、ことりがこんなに愛おしいと」

40 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:38:38.49 ID:/c1IuYh70

海未「辛かったですよね、不安ですよね。想っている相手が別の相手を想っているじゃないかって。しかもそれは自分の恋人だというのに」

海未「私は…その辛さを分かっていたはずなのに」

海未「私は不器用みたいで。ことりのようには解決できませんでした。それどころか、手を挙げてしまいましたね。私は最低です」


海未「でも…そんな私でもいいのなら、ことりと居させてください。…もう一人じゃないんですよ、ことり」

ことり「……」

ことり「…海未ちゃんが最低なら私、どうにかなっちゃうね」

ことり「勝手に一人で誤解して…海未ちゃんや穂乃果ちゃんに迷惑かけて…」


ことり「ことりこそ、こんな嫉妬深い人間でよければ…一緒に居てください」

41 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:39:08.63 ID:/c1IuYh70

海未「…ええ、喜んで」

ことり「…でも、私なんて言って戻ろうかな」

海未「あ、一つ伝言を聞いていました」

ことり「ん?」

海未「ことりに謝っておいてくれって、エサをとられた犬のような様子で穂乃果から」

ことり「穂乃果ちゃんらしいね」

海未「全く、ねぇ」

ことり「ごめんね海未ちゃん、私…」

海未「いいんですよもう。私も、ことりがいなければ、きっとあの時絵里にあんな態度を取っていたでしょうから」

ことり「…私たち、似たもの同士だね」

海未「…そうですね」

終われ

42 : ◆Z.i5r/.QfZVi2014/03/07(金) 22:43:33.38 ID:/c1IuYh70

と、SSは以上です。いかがだったでしょうか…?

えっと、要望があればどちらがどこの場所を担当したかは載せたいとは思ってます。
今回は代表として俺がうpりましたけど(交互にあげるの面倒なため)きちんとおやつの人も参戦してます
というかあの人が主戦力でした。

また、何かあれば一緒に書いてみたいです。
読んでくださってありがとうございました。

43 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします2014/03/08(土) 01:14:18.61 ID:T5Qv7sk40

乙でした!
いやぁことうみとか俺得でしたわ(・8・)
これからも期待してます



原作 ラブライブ! Love Live! 南 ことり アニメ周辺 抱き枕カバー (2WAYトリコット, 150*50cm)
原作 ラブライブ! Love Live! 南 ことり アニメ周辺 抱き枕カバー (2WAYトリコット, 150*50cm)
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/05/15 19:00 ] SS一覧 ラブライブ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 10月 【127件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: