FC2ブログ


【ゆるゆり】綾乃「傘を忘れちゃったわ」

1 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:29:37.46

綾乃「職員室の傘は大室さんので最後だったしどうしよう東照宮」

あかり「あれ? 杉浦先輩?」

綾乃「うわぁ! あ、赤座さん?」

あかり「ご、ごめんなさい! びっくりさせちゃいました?」

綾乃「う、ううん、平気よ」

綾乃(いつもながら全く気配が感じられなかったわね)

あかり「それならよかったです。それで、どうしたんですか? なんだか困ったような顔してますけど」

綾乃「実は、その、傘を忘れちゃって」

あかり「傘ですか? それなら職員室に――」

綾乃「行ったけど残り一本しかなくて、大室さんに譲ったわ」

あかり「そういえば櫻子ちゃん雨が降り出した時に、授業中なのに傘忘れたって叫んで先生に怒られてました」

綾乃「結構強いしほんとどうしよう……」

あかり「あか……私のを一緒に使います?」

綾乃「ええ!? い、一緒って……」

綾乃(相合傘!?)

あかり「少し大きめですから二人でも大丈夫だと思いますけど」

綾乃「う、う~」

綾乃(恥ずかしいけどいつまでもこうしてるわけにはいかないし……)

綾乃「……お願いするわ」

あかり「はい! じゃあ一緒に帰りましょう!」

ゆるゆり (11)巻 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)

2 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:30:47.26

あかり「雨強くなってきましたね」



綾乃「え、ええ」



綾乃(私の心臓の鼓動も強くなってきてるわ……ええい落ち着け私。赤座さんとはもう何度も会ってきた仲でしょう)



あかり「杉浦先輩とこうして二人っきりになったのって初めてな気がします」



綾乃「そ、そうね……」



綾乃(そうよ、初めてじゃないのよ赤座さんと二人っきりなんて! というか誰かを介さず直接会話することすら初めてな気がするわ!)



綾乃(それがいきなり相合傘なんて、やっぱり落ち着かないわ!)



あかり「あっ、一度だけ二人っきりになったことありましたね。杉浦先輩ガスマスクみたいなの付けてて最初は誰だかわかりませんでしたけど」



綾乃「あ、あああれは! か、花粉症で、歳納京子に無理やり付けさせられてて!」



あかり「わかってますよぉ。杉浦先輩は自分からああいうことする人じゃありませんからね」



綾乃「え、ええ、そうよ」



綾乃(付けようかどうか迷ったけどね)



あかり「こうして遅くまで生徒会の仕事を頑張ってますし、自分が困るのに櫻子ちゃんに傘譲ってあげたりしてますし、優しくて尊敬できる先輩だって思ってます」



綾乃「あ、ありがとう……」



綾乃(本当は大室さんの勢いに圧されて傘忘れてること言いだせなかっただけなんだけど)

3 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:31:41.19

あかり「櫻子ちゃんもいつも飴とかプリンとかくれる優しい先輩だって言ってました」



綾乃「ま、まあ、部下を労うのも副会長の務めだから」



綾乃(本当は自分で食べようと……ってなんだか私すっごい勘違いされてない!?)



あかり「あっそうだ! 杉浦先輩に聞きたいことがあるんです」



綾乃「な、何かしら?」



あかり「どうやったら目立てるようになりますか?」



綾乃「えっ!?」



あかり「生徒会役員になるには選挙で目立たないといけませんよね? ですから目立つようになる秘訣を教えてほしいんです!」



綾乃「ええ? いや、その……」



綾乃(め、目立つ秘訣って……特に何もしてないし逆に私が目立たなくなる秘訣を聞きたいくらいなのに!)



綾乃「……ま、まだあなたには早いわ赤座さん」



あかり「そんなぁ! 杉浦先輩まで。あかりまだ大人っぽさが足りないのかなぁ」



綾乃「そうね、もう少し大人にならないとこれは教えられないわ」



あかり「よーし! 私、頑張って大人っぽさを磨きます!」



綾乃(うぅ、罪悪感が……)

4 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:32:17.39

あかり「大人かぁ、どうやったら大人になれるのかなぁ?」



綾乃(う~ん、でも勘違いされてることって副会長の威厳を保つためだし、よく取り繕ってるって自分を褒めるべきなのかしら? けど……)



あかり「あっ!」



綾乃「わっ! どうかした? 赤座さん」



あかり(前からトラックが……これは早速大人っぽくなるチャンスだよぉ!)ダッ



綾乃「赤座さん!?」



あかり「わっぷ!」バシャ



綾乃「きゃっ! 赤座さん、あなた私の盾に?」



あかり「えへへ、大丈夫でしたか杉浦先輩?」



綾乃「ええまあトラックがはねた水はかからなかったけど、傘は赤座さんが持ってるから雨が……」ズブヌレ



あかり「あっ」



綾乃「……もうすぐ家だし寄っていきなさい」



あかり「お願いします……」

5 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:32:58.75

綾乃「ただいまー」



綾乃母「おかえりなさい。心配してたのよ傘忘れてたみたいだし……あら? あなたは?」



あかり「はじめまして。赤座あかりです」



綾乃「後輩の友達で一緒に傘を使わせてくれたの」



綾乃母「そうだったの。ありがとねあかりちゃん」



あかり「いえ、結局二人ともこんなになっちゃいましたし」



綾乃母「そうね、そのままだと風邪ひいちゃうわ。お風呂沸かしてあるから二人で入っちゃいなさい」



綾乃「お、お風呂!?」



あかり「そんな悪いですよ」



綾乃母「遠慮しないの。見たところ随分打たれて身体も冷えてるでしょうし、せっかく沸かしたんだから、ね?」



綾乃(相合傘でもあんなだったのにお風呂なんて無理無理!)



あかり「えっと、じゃあお願いします」



綾乃「ちょっ!」



綾乃母「よし。じゃあ私はあかりちゃんが着られそうな着替えを見繕うから、綾ちゃんは案内はお願いね」



綾乃「や、お母さん!?」



あかり「杉浦先輩? なんだか顔が赤いですけど、もしかしてもう風邪ひいちゃ――くしゅん!」



綾乃「っ!」



あかり「えへへ、私の方がひいちゃったかもしれません」



綾乃(ああもう、ごちゃごちゃ言ってる場合じゃないわ!)

6 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:33:36.08

あかり「ふあ……あったかい」



綾乃(落ち着きなさい杉浦綾乃。女同士よ恥ずかしがることなんてないじゃない)



あかり「すいませんでした杉浦先輩」



綾乃「へっ?」



あかり「傘大きいから大丈夫だなんて言ったのに結局濡らしてしまいました」



綾乃「……いいのよ、私を守ろうとしてくれたんだから。ありがとね赤座さん」



あかり「そんなお礼なんて」



綾乃「二人とも傘に入るくらい近かったらたぶん盾になっても防ぎきれなかったわ。だからもう気にしないで」



あかり「はい……」



あかり(こうしてお風呂まで借りちゃってるし、大人っぽさからさらに遠ざかっちゃったなぁ)



綾乃(深呼吸して……うん、落ち着いてきた)



あかり「……」ジーッ



綾乃「あ、赤座さん? どうして私の胸をそんなに見つめてるのかしら?」



あかり「杉浦先輩も結構胸ありますよね」



綾乃「なぅ!?」



あかり「向日葵ちゃんと結衣ちゃんも大きいし、やっぱり大人っぽい性格してると胸も大きくなるのかなぁ?」



綾乃「そ、そんなに見つめられると少し恥ずかしいわ」



あかり「あっ、すいません」



綾乃(も~、せっかく落ち着いてきたのに~!)

7 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:34:27.30

綾乃(はぁ……やっと解放された)



あかり「う~ん、やっぱりこういうの穿いてた方が大人っぽく――」



綾乃「て、赤座さん! それ私も使ってるのだからそんなまじまじ見つめないで!」



あかり「杉浦先輩が使ってるんですね。あかりもそろそろ動物さんのパンツは卒業しなきゃいけないのかなぁ?」



綾乃「そ、そんなに特別なパンツじゃないから! いいから早く穿きなさい!」







綾乃母「ちょっと袖余っちゃってるけど大丈夫そうね」



あかり「はい、お風呂も服もありがとうございます」



綾乃母「どういたしまして」



綾乃「それにしても雨止みそうにないどころか強くなってるわね。なんだか風も吹いてきてるし」



綾乃母「天気予報じゃ明日まで続くって言ってたわ」



あかり「どうしましょう、これだと傘を差してても杉浦先輩の服が濡れちゃいますよぉ」



綾乃「服は構わないけどまた赤座さんが濡れちゃったら大変よ」



綾乃母「じゃああかりちゃん、今日は家に泊っていきなさい」



あかり綾乃「ええっ!?」

8 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:35:09.77

綾乃「お母さん!」



綾乃母「しょうがないじゃないの。この雨と風じゃ濡れるどころじゃすまなくなるかもしれないわ。綾ちゃんのお友達にそんなことさせられません」



綾乃「や、でも……」



綾乃母「綾ちゃんはあかりちゃんが嫌いなの?」



綾乃「そ、そんなことあるわけないでしょ!」



綾乃母「じゃあ、いいわね」



綾乃「それとこれとは話が……」



あかり「あの、お泊りさせてもらえるのは嬉しいですけど、ほんとにいいんですか?」



綾乃母「ええ。でもお家に連絡は入れるのよ、もしかしたらもう帰りが遅いって心配してるかもしれないから」



あかり「はい、ありがとうございます!」



綾乃「あの、赤座さん?」



綾乃母「いーえ。さてと、そうと決まれば今日のお夕飯は豪華にしなきゃね」



あかり「お母さんお泊り許してくれるかなぁ?」



綾乃(なんかもう泊ることに確定してるし! 相合傘に一緒にお風呂にお泊りって、まともに話したこともなかったのに~!)

9 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:35:54.57

あかり「うん、うん。大丈夫だよぉ。うん、ちゃんと暖かくして身体に気をつけるよ。えっ? そういう意味じゃないってどういう意味? うーん、よくわからないけどじゃあねお姉ちゃん」



綾乃「終わった?」



あかり「はい。お姉ちゃんの様子が少し変でしたけど、迷惑をかけないようにってお泊り許してくれました」



綾乃「そう、よかったわ」



あかり「はい! 杉浦先輩、ふつつか者ですけどよろしくお願いします」



綾乃「こちらこそよろしく。でもそれなんか違うわよ赤座さん」



綾乃(なんかもう一週回って落ち着いてきたわ。うん、そうよね。千歳の家にお泊りしたことだってあるんだし、緊張する必要なんてないないナイアガラよ!)



綾乃「それじゃ赤座さん、遠慮せずにくつろいじゃっていいからね」



あかり「はい……」キョロキョロ



綾乃「私の部屋何か変かしら?」



あかり「いえ、とても綺麗だなって思いまして。最近は入れてもらえないからよくわからないんですけど、お姉ちゃんの部屋は散らかってるそうですから」



綾乃「お姉さんの部屋?」



あかり「はい。お部屋のお掃除についてはお姉ちゃんより杉浦先輩の方が大人なんだなって」



綾乃「お姉さんより大人って、お姉さんはいくつなの?」



あかり「19歳です。それより上だと本当に大人ですね」



綾乃「ふふ、そうね」

10 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:36:46.93

綾乃(お姉さん、か。家族構成が謎の会長を除けば、生徒会で妹がいないの私だけなのよね)



綾乃(赤座さんなら船見さんの時より恥ずかしくなさそうだし、少しお姉さんぶっちゃっても……)



あかり「あっ、雷」



綾乃「ひっ!」ダキッ



あかり「わっ! 杉浦先輩?」



綾乃「こ、これは、違うのよ! 雷怖いとかそんなんじゃなくて!」



あかり「あっ、また」



綾乃「ひぃいい!」ギュ



あかり「うぐぇ、杉浦先輩、少し苦しい……」



綾乃「ご、ごめんなさい!」



あかり「やっぱり雷怖いんですね」



綾乃「あ、赤座さんは大丈夫なの?」



あかり「もう中学生ですから」



綾乃「私だって中学生……ひっ!」



あかり「少し近づいてきたみたいですね」



綾乃「う、家に落ちないかしら?」



あかり「大丈夫ですよ、私のお家にだって落ちたことありませんし。それに落ちても中の人はそんなに危なくないらしいですよ」



綾乃「そうなの?」



あかり「はい。あっ、でも家電とかは壊れちゃうらしいです」



綾乃「そうだったんだ」

11 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:37:31.92

あかり「落ち着きました?」



綾乃「ええ、けど……」



あかり「大きな音はびっくりしますよね。落ち着くならこのまま私に抱きついててもいいですよ」



綾乃「あ、ありがとう」



あかり「でもあんまりキツく締めないでくださいね?」



綾乃「わかった――ひぃぃ!」



あかり「ぐぇええ!」







あかり「雷もう止みましたね」



綾乃「ふぅ……」



綾乃(結局離れられなかったわ。これじゃ頼れるお姉さんどころか……)



あかり「お掃除の面ではお姉ちゃんですけど怖がりなところは妹みたいですね」



綾乃「~~~っ!」



あかり「ちょっとだけお姉さん気分が味わえて楽しかったです」



綾乃「だ、誰しも怖いものや苦手なものの一つくらいはあるわ!」



綾乃(逆にお姉さんぶられちゃうなんて。見てなさいこれから私のお姉さんらしいところたくさん見せてあげるんだから!)

12 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:38:28.82

綾乃母「いっぱい食べてねあかりちゃん」



綾乃「お母さんちょっと作りすぎじゃない?」



あかり「こんなに豪華にしてもらわなくても……」



綾乃母「綾ちゃんが友達を連れてくるなんてことあんまりないからはりきっちゃった」



綾乃「お、お母さん」



あかり「杉浦先輩はあんまりお友達をお家に呼ばないんですね」



綾乃母「この子引っ込み思案だから」



綾乃「お母さん!」



あかり「引っ込み思案? そんなことないですよ。杉浦先輩いつも元気ですよ。京子ちゃんを呼ぶ時なんて歳納京子ーって叫んでますし」



綾乃「と、歳納京子は関係ないでしょ!?」



綾乃母「あら、歳納さん家の子とお友達なの?」



あかり「お母さん達が友達で私達も小さい頃から友達なんです」



綾乃母「幼馴染なのね。私もね歳納さん……京子ちゃんのお母さんとお友達なの。綾ちゃんの服とか貰ったり仲良くさせてもらってるのよ」



あかり「へぇ~、京子ちゃんのお母さんもお友達に服あげてるんですね。京子ちゃんも皆にゲームセンターで取ったパジャマをプレゼントしてくれたんですよ」



綾乃母「パジャマってもしかして動物のきぐるみの? あれも京子ちゃんから貰ったのね。貰ってばかりで申し訳なくなってくるわ」



綾乃「い、いいのよ、歳納京子だって私のプリン勝手に食べたりするし、いつも迷惑かけられてるんだから! もうそんなのいいのから早く食べましょう!」



あかり「そうですね。でも杉浦先輩、左右で違う箸同士になってますよ?」



綾乃「えっ、ほんとだ」



綾乃母「あらほんと、ごめんね綾ちゃん。使う前に気が付けてよかったわ。ありがとうあかりちゃん」



あかり「お役に立てたならよかったです」



綾乃(くっ……でもこれはお母さんの失敗だから私のお姉さんらしさには関係ないわよね!)

13 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:39:10.04

あかり「杉浦先輩のはひつじさんなんですね、これも可愛いなぁ」



綾乃「似合ってるわよ赤座さん」



あかり「えへへ、ありがとうございます。でも杉浦先輩はこのパジャマじゃなくていいんですか?」



綾乃「いいわよそんな子供っぽいの。どうしてもって言うから貰ってあげただけ」



あかり「可愛いのにもったいないですよぉ。あれ? でも結構しわがついてるような――」



綾乃「あ、あぁ! ちょっと乱暴にしまってたからかしら!? 駄目よね一応貰い物なんだし!」



あかり「すごい丁寧にたたんであったように見えましたけど」



綾乃「うぇっ!? えーっと……」



あかり「恥ずかしがらなくていいですよぉ。私も京子ちゃんから貰ったわんわんのパジャマ使ってますから」



綾乃「は、恥ずかしがってないわよ!」



あかり「ふふっ」



綾乃(なんなのよもう! これじゃ大人ぶろうとして空回りする子供みたいじゃないの!)



綾乃「もう寝るわよ! 早寝早起きは健康の基本よ!」



あかり「もう十時ですからね。いつもより一時間も夜更かししちゃいました」



綾乃「いつも九時に寝てるの!?」



あかり「はい、九時に寝て七時に起きます」



綾乃(くぅ~また負けた! や、でも九時は逆に早すぎるんじゃ……)

14 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:40:14.27

綾乃「それじゃあ電気消すわよ?」



あかり「はい、おやすみなさい」



綾乃「おやすみなさい」



綾乃(はぁ……上手くいかないものね。これじゃお姉さんらしさも先輩としての威厳もぼろぼろボロブドゥールね)



あかり「あの、杉浦先輩」



綾乃「……あっ、どうかした? 赤座さん」



あかり「えっと、せっかくお布団敷いてもらったんですけど、そっちに行ってもいいですか?」



綾乃「うぇ!? 一緒に寝たいの?」



あかり「は、はい」



綾乃(なんでいきなり……もしかしてああ見えて結構心細かったりするのかしら? 今までまともに話したこともなかった人の家だもの、赤座さんだって心細くなるわよね)



綾乃「しょうがないわね、ほら来なさい」



あかり「ありがとうございます!」



綾乃「もしかして心細かったりした?」



あかり「そ、そんなことないですよ! ただ結衣ちゃんやちなつちゃんの家に泊るのとは違うなって思っただけで」



綾乃「ごらく部の皆と一緒の時より息苦しい?」



あかり「息苦しいだなんてとんでもないですよぉ!」



綾乃「いいのよ。私も正直に言えばあんまり話したことのなかった赤座さんとの距離が一気に詰まって戸惑ってたの」

15 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/16(日) 21:41:03.15

あかり「杉浦先輩……」



綾乃(もう威厳を取り繕う必要もなくなったしここはいっそ――)



綾乃「……そうね、先ずはその先輩っていうのをやめましょうか」



あかり「へっ?」



綾乃「こうして一緒のベッドで寝てるんですもの、もう他人行儀はやめましょう。そうすればもっと自然でいられるでしょ?」



あかり「そうですね。じゃあなんて呼べばいいでしょうか?」



綾乃「お姉ちゃん」



あかり「えっ?」



綾乃(~~~! 何言ってるのよ私は!?)



綾乃「ご、ごめんなさい冗談よ。そうね、綾乃さん? いやさんも他人行儀ね。綾乃ちゃんって呼んで」



あかり「綾乃ちゃん、ですか?」



綾乃「そう、綾乃ちゃん。それと自分のこと無理に私って言うのもやめなさい」



あかり「それなら杉浦先輩――じゃなくて綾乃ちゃんもわた……あかりのことあかりって呼んでくださいね」



綾乃「えっ! わ、わかったわ、あかり……」



あかり「はい、綾乃ちゃん……」



綾乃あかり「……」



綾乃「ふふっ、なんか恥ずかしいわね」



あかり「けど仲良くなれたって感じがして嬉しいです。これからよろしくお願いします綾乃ちゃん」



綾乃「こちらこそ、よろしくねあかり」



あかり「はい! えへへ、こうやってしっかり導いてくれるところは頼れるお姉ちゃんです」



綾乃「と、当然よ! いくらでも頼っていいんだからね!」



綾乃(やった! ようやくお姉さんらしいところを見せられたわ!)



あかり「あっ、雷」



綾乃「きゃあ!」ダキッ



あかり「やっぱり雷が鳴ってると妹ですね」



綾乃(も~! せっかくお姉さんらしさは見せられたのに~! 雷のバカ~!)

24 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:16:42.56

綾乃母「この天気ならきっと乾くから放課後取りに来てね」



あかり「はい。ご迷惑をおかけしました」



綾乃母「ううん迷惑だなんてとんでもない。また泊りに来てね」



あかり「是非!」



綾乃「あかり~、そろそろ行くわよ~」



あかり「あっ、待ってくださいよ綾乃ちゃん~」



綾乃母「綾ちゃん、あかりちゃんもいってらっしゃい」



綾乃あかり「いってきます」



綾乃母「綾乃ちゃんにあかり、か。一晩でずいぶん仲良くなったわね。あかりちゃんの言うとおり引っ込み思案少しは治ったみたいね」







あかり「制服貸していただいてありがとうございます」



綾乃「いくらでも頼っていいって言ったでしょ? それくらいお安いご用よ」



あかり「なんだか新鮮です。いつもと違う制服で、いつもと違う道を、いつもと違う人と歩いてますから」



綾乃「私の制服だけど同じ制服じゃない」



あかり「それでも違いますよぉ。ちょっと丈が長いですし、それに綾乃ちゃんの匂いがします」



綾乃「に、匂いとか言うのなんか恥ずかしいからやめて」



あかり「いい匂いですよ?」



綾乃「そ、それでも駄目! そういうこと言うと罰金バッキンガムなんだからね!」

25 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:17:33.96

一年教室



綾乃「それじゃあかり、また放課後にね。しっかり勉強するのよ?」



あかり「はい! がんばります!」



綾乃「うん、いい返事。まったく歳納京子とどっちが年上だかわからないわね」



京子「呼んだ?」



綾乃「うわぁ!? と、歳納京子!?」



結衣「おはよう綾乃、あかり」



あかり「おはよう京子ちゃん、結衣ちゃん」



綾乃「な、何で一年の教室に来るのよ!?」



結衣「あかりを呼びに行ったら綾乃の家に泊ったって言うから様子見に」



京子「私は悲しいぞあかり! まさかあかりが裏切りものだったなんて! プリンか!? 綾乃のプリンで買収されたのか!? 生徒会に行けばいつでも食べられるのに!」



あかり「う、裏切りもの?」



綾乃「いつでもは置いてないし食べさせないわよ!」



京子「くっそ~、まさかごらく部にししシチューの虫が紛れ込んでとは!」



結衣「獅子心中の虫な。大体私らと生徒会は敵同士ってわけじゃないだろ」



京子「あかり~、戻って来てくれ~。あかりがいなきゃ締め切り間際に頼れるのが結衣だけになっちゃうよ~」



結衣「人に頼らないという発想はないのか!?」



あかり「よ、よくわからないけど、あかりはどこかに行ったりしないよ。ずっと京子ちゃんと一緒だから」



京子「うお~! あかり~、心の友よ~!」



あかり「ちょ、京子ちゃん! お団子が取れる~!」

26 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:18:09.48

二年教室



結衣「ったく。朝っぱらから下級生のクラスで騒ぐなよ」



京子「だってあかりが綾乃に取られたかと思ったんだもん」



綾乃「と、取られたって……」



京子「あかり、綾乃ちゃんなんて呼び合うようになってるしさ。妬けちゃうな~この女たらし」



綾乃「女たらし!?」



京子「けどあかりは渡さないからな! あかりは私の女だからな!」



綾乃「女って、ええっ!?」



結衣「いつお前の女になった。お前が好きなのはちなつちゃんだろ」



京子「ちなつちゃんは本妻。あかりは愛人だよ」



結衣「ただれてるな」



京子「ほらちなつちゃんってばツンデレだから、ツンが辛い時にあかりの優しさで癒されたいって思うじゃん?」



結衣「思うじゃん? じゃねぇよ」



綾乃「不潔よそんなの!」



京子「ふっ、愛の形は人それぞれなのさ」



結衣「全然かっこよくないからな」



綾乃「なんにせよ! 不純な行為はこの生徒会副会長杉浦綾乃が許しません!」



京子「私は純粋に二人を愛してるんだよ!」



綾乃「二人を愛してる時点で純粋じゃないでしょ。さっきあかりはアシスタントみたいな扱いだったし」



京子「愛の形は――」



結衣「もういいよそれは!」

27 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:18:52.90

一年教室



櫻子「へぇ~、あかりちゃん杉浦先輩の家に泊ったんだ」



あかり「うん」



向日葵「私達でもお伺いしたことありませんのに」



櫻子「まさかあかりちゃんを次の副会長にしようとして!?」



あかり「いや、一緒に雨に濡れただけだよぉ」



ちなつ「傘忘れてたんだっけ? 杉浦先輩も意外におっちょいね」



向日葵「あなたが無理やり持ってくから」



櫻子「しょうがないじゃん私だって忘れてたんだから! それにちゃんと聞いたし!」



向日葵「あの聞きかたでは言い出しづらいでしょう。もっと先輩に気をつかいなさいな」



櫻子「だったら私が濡れて帰ればよかったって言うのか!?」



あかり「ま、まあまあ。そのおかげで綾乃ちゃんと仲良くなれたんだから」



櫻子「ほら! 私はねこれを見越してたんだよ!」



向日葵「嘘おっしゃい!」



ちなつ「けど綾乃ちゃん、ねぇ。先輩をちゃん付けで呼ぶのってなんだか気が引けるよね」



あかり「あかりもそうだったんだけど京子ちゃんと結衣ちゃんがいるから」



ちなつ「それは幼馴染だからでしょ? 私は無理だなぁ」



櫻子「私も綾乃ちゃんって呼んで次の選挙へのアピールをしておこうかな」



向日葵「あなたこの前つきまとって迷惑がられてたでしょう。適度な距離感を保つことが人間関係を円滑にする秘訣ですわ」



櫻子「冷血おっぱい魔人がわかったようなこと言って」



向日葵「なんですって!?」



あかり「わわっ、もう喧嘩しないでよぉ!」



ちなつ「私はいつか結衣先輩のこと結衣って……きゃああ! そんな恐れ多いですぅ!」

28 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:19:39.18

生徒会室



櫻子「というわけで、私も綾乃ちゃんって呼んでいいですか?」



綾乃「というわけってどういうわけ?」



櫻子「ですから、私もあかりちゃんと同じように綾乃ちゃんって呼ばせてほしいんです!」



綾乃「えっと、どうして?」



櫻子「副会長になるためです!」



綾乃「……?」



向日葵「それじゃ意味がわからないでしょ」



千歳「綾乃ちゃんとなかようなって次の選挙に有利になりたいんやね」



櫻子「そうです!」



向日葵「伝わった!?」



綾乃「仲良くなりたいっていうのは嬉しいけど……」



櫻子「やっぱり一緒に寝た仲じゃなきゃ駄目なんですか!?」



綾乃「い、一緒に寝たってそんな」



向日葵「櫻子! もっと言い回しを考えなさい」



千歳「確かにうちとは一緒に寝とるなぁ」



綾乃「千歳!」



千歳「冗談やん」



櫻子「む~、じゃあ会長に頼みます! りせちゃんって呼んでいいですか?」



向日葵「こら、櫻子!」



りせ「……」



櫻子「……いいわよ(裏声) ほんとですか? やったぁ!」



向日葵「櫻子! 失礼でしょうが! すいません会長、失礼なこと言いましたら私が黙らせますんで」



りせ「……」



りせ(ほんとにいいって言ったのに)

29 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:20:42.02

綾乃(思えば私結構大胆なこと言ったわね)



千歳「綾乃ちゃん頑張ったなぁ」



綾乃「なっ、なによ藪から棒に」



千歳「一回決めた呼び方変えるんも変えられるんも恥ずかしかったやろ?」



綾乃「別に! 前から先輩なんて他人行儀だなって思ってたし」



千歳「せやったら大室さんが綾乃ちゃん呼ぶの許したってもええやん?」



綾乃「それはまあそうだけど……生徒会では威厳を保っていたいというか……」



千歳「赤座さんには威厳保たんでええん?」



綾乃「保たなくていいというか、保てなかったというか」



千歳「あはは、そらしゃーないな」



綾乃「あかりは抜けてるところもあるけどそれなりにしっかりしてて、ちょっとお姉さんぶろうかなって思ってたら駄目なとこばかり見せちゃった」



千歳「ああ見えて気が利く子やからな。うちが鼻血出しとったらいつもティッシュくれるんよ。礼儀もしっかりしとるし」



綾乃「そうね、やめてって言うまでずっと自分のこと私って言ってたもの」



千歳「うちの時もそやったで。せやけどあんまり角ばった感じはせんし、親しみやすくてうちは好きやで可愛ええしな」



綾乃「かわっ……まあそうだけども」



千歳「綾乃ちゃんが素を見せられる相手が増えてうちも嬉しいわ」



綾乃「素を見せられるというか、これからは先輩としてじゃなくて姉として――」



千歳「へぇ、そういう感じなんやね」



綾乃「~~~っ!」



千歳「ふふっ、これは歳納さんから乗り換えることもありえるかもしれへんな」



綾乃「なぁ!?」



千歳「だって姉ってお姉さま~ってやつやろ?」



綾乃「だっ、そっ……そんな不純な感情じゃないわよ! 大体乗り換えるって何よ!? 元々歳納京子になんて乗ってないわよ!」



櫻子「歳納先輩に乗る?」



向日葵「何の話をしてらっしゃるんですか?」



綾乃「いや、あっ、もうこんな時間! 今日の生徒会終わり! 私はあかりを呼ばないといけないから先に帰るわね! さよなら!」

31 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:21:35.33

千歳(ちょっとからかいすぎたみたいやね)



向日葵「結局何の話してたんです?」



千歳「ちょっと赤座さんのことを。せや! うちのことやったら千歳ちゃんて呼んでええで?」



櫻子「ええ~、池田先輩だと会長って付く役職狙えないじゃないですか」



向日葵「櫻子! 失礼なこと言わない!」



櫻子「そういえば前から聞きたかったんですけど、池田先輩って何の役職なんですか?」



千歳「う~ん、なんやったっけ?」



櫻子「ていうか私自分の役職すらわからないんですけど」



向日葵「実を言えば私も……」



千歳「そらあかんなぁ。会長、うちらなんて役職でしたっけ?」



りせ「……」



櫻子「……わかんないよ!」



向日葵「けど西垣先生には聞こえるんですからちゃんと喋ってはいるはずですわ」



千歳「耳近付けたら聞こえるかもしれへんな」



櫻子「どれどれ……」



りせ「……ふ~」



櫻子「うひゃあ!?」



向日葵「な、何をなさるんですの!?」



りせ「……」



櫻子「ぞわってしましたよもう! やられたらやり返しますよ! ふ~ふ~」



向日葵「顔に息吹きかけてどうしますの」



りせ「……」



千歳(声も聞こえへんし表情も変わってへんけどなんや楽しそうやな。会長も皆となかようしたいんやろか?)

32 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:22:23.80

ごらく部



京子「あかりが綾乃の呼び方変えたみたいに、今日は皆の呼び方を変えてみよう」



結衣「また変なこと思いついて」



あかり「呼び方を変えるっていきなり言われても……」



京子「実はこのためにみんなの名前BOXを作成しておいたんだ」



ちなつ「作成したっていつもの箱じゃないですか」



結衣「もうそろそろ名前を書くスペースが足りなくなってきたな」



京子「一枚ずつ中の紙を引いて書かれてる今日の皆の名前。皆そう呼ぶように」



結衣「どうせ変なのばっかなんだろ?」



京子「それは引いてのおたのしみ。さあ引いた引いた」



ちなつ「じゃあ私から……○○ちゅ?」



京子「○○には引いた人の名前が当てはまるんだよ。つまりちなちゅってこと」



ちなつ「これ私じゃないと語呂合わなくないですか?」



京子「見事引き当てたんだからいいじゃないちなちゅ」



ちなつ「ちなちゅ言う……」



京子「へへ~ん、今回はそれを引いたちなちゅが悪いんだからね。ちなちゅ~、ちなちゅ~、ちなちゅっちゅ~」



ちなつ「キィ~! ムカつくぅ~!」



結衣「落ち着いてちなつちゃん、じゃないち、ちなちゅ……」



ちなつ「あはぁ! はい、もういくらでもちなちゅって呼んでください。本当にちゅってしちゃう勢いで!」



京子「いつもながらこの扱いの差! 慰めてくれ愛人よ」



あかり「ん!? 愛人ってなんのこと!? あかりもうそれで決定しちゃってるの!?」

33 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:23:09.21

京子「ほい、じゃあ次結衣」



結衣「頼むから恥ずかしいのこないでくれ……○○たん……」



京子「は~い、ゆいたん決定!」



結衣「ゆ、ゆいたん……」



ちなつ「可愛らしいじゃないですかゆいたん。とてもいいと思いますよ!」



結衣「や、私にそんな可愛らしいの似合わないって」



京子「駄目だぞ結衣。皆からって言っただろ? その皆には自分も入ってるんだぞ」



結衣ちなつ「はぁ!?」



京子「ゆいたんとちなちゅを一人称として使わなきゃ」



結衣「そ、そんなこと出来るわけないだろ!」



ちなつ「そうですよ!」



京子「あのさ二人とも。今日一日それが皆の名前だって言ったじゃん。それを一人称に使うのが嫌だって言うのはさ、いつも一人称に自分の名前使ってるあかりに失礼だと思わない?」



結衣「……っ! いやそれは……」



ちなつ「そういうことじゃなくてですね……」



あかり「い、いいんだよ二人とも! あかりも子供っぽいなって思ってるの。だから先輩の前では私って言うようにしてるし」



結衣ちなつ「……」



結衣「いや、子供っぽくはないとわた……ゆいたんは思うぞ」



ちなつ「ち、ちなちゅもそう思うよあかりちゃん」



あかり「む、無理しなくていいんだよ二人とも」



結衣「ゆいたん無理なんてしてないよ。ねえちなちゅ……」



ちなつ「はい、ちなちゅも平常運転ですよゆいたん……」



あかり(そんなたこさんみたいに真っ赤になって涙目で言われても!)

34 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:24:07.13

京子「さてと次は私か……○○りん。よし皆今日はきょうこりんのこときょうこりんって呼んでね?」



結衣「こいつ、恥ずかしげもなく言いやがって……」



京子「こいつ、じゃなくてきょうこりんだよぉ」



ちなつ「なんでそんな腹立つ声の出し方になるんですか!?」



京子「いや~ん、きょうこりんこわ~い」



あかり「最後はあかりだね。何が出るかな……あれ? 何も書いてないよ?」



京子「ああそれ当てちゃった? じゃああかりは名無しだね。今日一日誰からも名前を呼ばれない」



あかり「ええっ!?」



結衣「名前呼ばれないってお前なぁ」



京子「だって思いつかなかったんだもん。きゃぴぴん!」



ちなつ「だからその声やめてくださいってば!」



あかり「うぅ……なんであかりだけこんな」



京子「こら! え~っと、君は名前がないのに一人称使わない!」



あかり「あう、ごめんなさい」



ちなつ「名前ないって番号で呼ばれる刑務所よりひどいですよ」



京子「それだけの大きな罪を犯したということだよ」



あかり「白紙の紙を引いただけだよぉ!」

35 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:25:42.91

京子「いや! 君は生徒会に我がごらく部の機密情報を漏らしただろう!」



あかり「ええっ!? そんなことしてないよぉ!」



京子「嘘を吐け! ならば何故今朝綾乃がきょうこりんが宿題をしてないことを知っていた!?」



結衣「いつものことだからだろ」



ちなつ「むしろ……その子が知らなかったと思いますよ、そのどうでもいい機密情報」



京子「綾乃が度々プリントを取り立てに来るのは君がきょうこりんの居場所を綾乃に密告しているからだろう! 違うか!?」



あかり「ち、違いますぅ!」



結衣「それはきょうこりんがプリント出さないことにそもそもの原因があるだろ」



ちなつ「きょうこりんが最初から出してればすむ話じゃないですか」



京子「ええい外野は黙ってろ! とにかく、容疑がはれるまで君は名無しだ! いいな!?」



結衣「お前さっきとキャラ変わりすぎだろ」



あかり「名無しだなんて……」



ちなつ「元気出して、あ~、ね?」



結衣「そんなに気にするなよ、え~、な?」



あかり(うぅ、名前を呼んでもらえないのってこんなに悲しいんだ)



綾乃「あかり~、そろそろ帰るわよ~」



あかり「綾乃ちゃ~ん!」ダキッ



綾乃「うわぁっ!? な、なに、どうしたの?」



あかり「うえ~ん、もっと名前を呼んでください~」



綾乃「よ、よくわからないけど泣かないであかり」

36 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:26:33.27

綾乃「まったくもう! いくら遊びでもやっていいことと悪いことがあるでしょ」



京子「そうだね。悪かったよあかり、ごめんな」



あかり「ううん、元はと言えばあかりが白紙の紙を引いちゃったのが悪いんだし」



ちなつ「いや呼び方を変える遊びなのにそもそも呼ばれないなんておかしいよ。反省してくださいきょうこりん」



結衣「そうだぞ反省しろきょうこりん」



京子「はい、きょうこりん反省します」



綾乃「……反省してるように聞こえないわね」



京子「とりあえず反省したところで綾乃も引いとく?」



綾乃「なんでそうなるのよ!?」



京子「大丈夫だって、もう白紙の紙はないから」



綾乃「そういう問題じゃないわよ!」



京子「いいからいいから」



綾乃「もう、わかったわよ」



京子「何が出るかな~?」



綾乃「これで……お姉ちゃん!?」

37 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:27:22.53

京子「おっ、やったじゃん。確か前に妹欲しいって言ってたよね」



綾乃「言ったけど……」



綾乃(タイミングよすぎない!?)



京子「念願叶ってよかったねお姉ちゃん」



綾乃「っ!」



結衣「まあ出たやつの中では一番マシだと思うよ、お、お姉ちゃん」



ちなつ「ぴったりじゃないですかお姉ちゃん」



綾乃「や、ちょっと……」



あかり「お姉ちゃんっ!」



綾乃「~~~っ! もう帰るわよあかり! 明るい内に服回収しとかないと、暗くなってから一人で帰るはめになるわよ!」



あかり「は~い、それじゃちなちゅ、ゆいたん、きょうこりんまたね」



京子「ばいば~い、あかり、お姉ちゃん」



結衣「じゃあねあかり、お姉ちゃん」



ちなつ「あかりちゃん、お姉ちゃん、気をつけて帰ってください」



綾乃「お、お姉ちゃんはやめてってば!」

38 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/17(月) 21:28:21.04

綾乃「歳納京子は変なことばかり思いつくんだから」



あかり「きょうこりん、ですよお姉ちゃん」



綾乃「だからお姉ちゃんは……」



あかり「お姉ちゃんは?」



綾乃「……あかりがそう呼びたいなら呼んでもいいわ」



あかり「じゃあそう呼びますねお姉ちゃん」



綾乃「~~~っ!」



綾乃(もう! 千歳が変なこと言うから意識しちゃうじゃないの! 私は歳納京子が――って別に歳納京子のことだって好きじゃないわよ!)



あかり「いきなり首振ったりしてどうしたんですかお姉ちゃん?」



綾乃「な、なんでもないわ!」



あかり「そうですか? 心なしか顔も赤いみたいですけど」



綾乃「なんでもないって言ってるでしょ! それよりも……そう! お姉ちゃんって呼んでるのに敬語なのはおかしくないかしら?」



綾乃(わ~! 勢いで話題逸らそうとしたらまた変なこと口走っちゃった!)



あかり「そう言われればそうですね」



綾乃「でしょ? これからは敬語を使うのもやめていいわよ」



あかり「本当にいいんですか?」



綾乃「歳納京子や船見さんにも使ってないでしょ? 幼馴染だからなんだろうけど私とだって、その……友達になったんだから」



あかり「わかりました。じゃない、わかったよぉ。これからは敬語は使わないよお姉ちゃん」



綾乃「うん、よろしい」



綾乃(ああ、昨日から怒涛の展開過ぎてついていけなくなりそう。ほとんど自業自得だけど)



あかり「えへへ、また仲良くなれたねお姉ちゃん」



綾乃「……っ! そう呼ぶこと許したからって何度も呼ばなくていいでしょ」



あかり「ええ~、今日一日だけなんだから呼べるだけ呼んだ方が楽しいよぉ。お姉ちゃん、お姉ちゃん!」



綾乃「や、やめてぇ!」

44 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:54:08.53

綾乃母「袋は捨てちゃっていいからね」



あかり「はい」



綾乃母「少しお茶でも飲んでいく?」



あかり「いえ、暗くなっちゃうと危ないですから」



綾乃母「あら、お家は遠いの?」



あかり「えっと、そうですね。ここからだと少し時間がかかってしまいます」



綾乃母「残念。じゃあ朝も言ったけどまた泊りに来てね。ごちそう用意して待ってるから」



あかり「はい、ありがとうございます」



綾乃「明日も寝坊しないようにね」



綾乃母「あら、いつもよりずいぶん早く起きてきたのはあかりちゃんのおかげだと思ってたんだけど」



綾乃「そ、それは内緒にしててよ!」



あかり「あはは、あかりは大丈夫だよぉ。お姉ちゃんも気をつけてね」



綾乃母「お姉ちゃん?」



綾乃「あ、遊び! そう呼ばれるっていう遊びよ!」



あかり「それじゃああかりはもう行きますね。お世話になりました!」



綾乃母「またね~」



綾乃「また明日」



綾乃(ふぅ……ようやく一区切りついたわ)



綾乃母「あかりちゃん、学校の方に行ったわね」



綾乃「えっ?」



綾乃母「お家反対方向なのかもしれないわ」



綾乃(そういえば今朝いつもと違う道って言ってたわ。そうなると、あの雨の中わざわざ反対の道に来てくれたってこと? 私のために?)



綾乃母「ちゃんとお礼言うのよ?」



綾乃「うん……」

45 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:54:45.29

綾乃「はぁ……もう完敗ね」



綾乃(一人の部屋……いつも通りなのになんだか寂しい気がするのは、それだけ衝撃的だったってことかしらね)



綾乃(赤座あかり。歳納京子の友達で知らないうちに不憫な目にあってる子。それくらいにしか思ってなかったのにな)



――あかり「お姉ちゃん!」



綾乃「妹かぁ……」



綾乃(ほしいとは言うけどどう接すればいいのかわからないわ。今度は空回らないように、そもそもお姉さんらしさってなんなのかを考えるべきよね)



綾乃「お姉さんらしさ……」







あかり『お姉ちゃん』



綾乃『なあにあかり?』



あかり『宿題わからないところ教えてほしいな』



綾乃『ちゃんと自分で考えたの?』



あかり『考えたよぉ! それでもわからないからお姉ちゃんに聞きに来たの』



綾乃『しょうがない子ね。どこがわからないの?』



あかり『わぁい! ありがとうお姉ちゃん!』







綾乃「宿題を見てあげるのは確かにお姉さんらしいわよね? よし、今度見てあげよう。他には……」

46 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:55:30.60

綾乃『あかりちょっとこれ着てみて』



あかり『これお姉ちゃんの服だよね?』



綾乃『そうだけどあかりにあげようかと思って』



あかり『いいの? わぁい!』



綾乃『やっぱり私よりも似合ってるわよ。大事にしなさいね』



あかり『うん! お姉ちゃんから貰った服だもん。あかり大事に使うね!』







綾乃「おさがりの服をあげるのも姉妹ならではよね。でもあげられる服なんてあったかしら?」



綾乃「そうだ! あかりが昨日興味ありそうに見てたパンツをあげ――ってそれじゃ変態じゃないのよ!? 服をあげるっていうのも歳納京子の二番煎じだし」



綾乃「それが駄目ならあとは……ああん、思いつかない!」



綾乃(実際に妹がいる人がどうしてるか思い出してみましょう。妹がいる人……千歳。千歳みたいに――)







あかり『お姉ちゃん、あかり怖いよ……』



綾乃『心配はノンノンノートルダムよ。これはね、あかりを大人にするために必要なことよ』



あかり『わかってるよ、わかってるけど……』



綾乃『安心アンコールワットよ。全部私がしてあげるから、あかりは天井のシミを数えてればいいわ』



あかり『うん……お姉ちゃん、あかりを大人にしてください』







綾乃「――って違う! 千歳みたいにってそうじゃないでしょ!?」



綾乃母「綾ちゃ~ん、ちょっとうるさいわよ~」



綾乃「は、は~い、ごめんなさ~い!」



綾乃(まだ千歳の言葉を意識しちゃってるの? とりあえず今日は考えるのをやめて、明日皆に聞こう)

47 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:56:23.82

あかり「ただいま~」



あかね「おかえりなさいあかり」



あかり「お姉ちゃん、もう帰ってたんだ」



あかね「あかりが帰ってくる日ですもの」



あかり「帰ってくる日って、たった一日だけじゃない」



あかね「いいえ、私にとってはまさに一日千秋の思いだったわ。あかりが変なことされてないかって心配で心配で」



あかり「変なことって?」



あかね「それは、その……一緒に寝たり抱きつかれたりとか」



あかり「うん? したけどそれって変なことなの?」



あかね「ええっ!? そんなベッドに無理やり連れ込まれて!?」



あかり「いや、無理やりは連れ込まれてないけど。あかりの方から一緒に寝てもいい? ってお姉ちゃんに頼んだの」



あかね「あかりの方から!? というかお姉ちゃん!?」



あかり「ああ、お姉ちゃんっていうのは今日一日だけそう呼ぶっていう遊びをしてるの」



あかね「そ、そう、でも抱きつかれたっていうのは?」



あかり「お姉ちゃん……ってお姉ちゃんに言うと紛らわしいね。綾乃ちゃん雷怖がってあかりに抱きつくから、落ち着くならそうしてていいよって言ったの」



あかね「あや、綾乃ちゃん? 昨日は杉浦先輩って呼んでなかった?」



あかり「そうなんだけど他人行儀はやめようって綾乃ちゃんが。あかりのこともあかりって呼んでくれるようになったんだよ」



あかね「へ、へぇ~、仲良くなったのね」



あかり「うん! 前から大人っぽくて素敵だなって思ってたんだけど、雷を怖がってるところとか可愛いところもあって仲良くなれてうれしいよぉ」



あかね(こ、これは由々しき事態だわ!)



あかね「あかり、今日はお姉ちゃんと一緒に寝ましょう」



あかり「いいけどどうしたの急に?」



あかね「お姉ちゃんも話を聞いてたら久しぶりに一緒に寝たくなっちゃったの」



あかね(対策練っておかないといけないわね)

48 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:57:06.63

生徒会室



千歳「妹とどう接しとるか?」



綾乃「ええ、姉らしいってどんな感じなのかなって思って」



千歳「そうやな~、千鶴はしっかりしとるからあんまり姉らしいことは出来とらへんかもしれんな」



綾乃「う~ん、そっか」



千歳「強いていえば千鶴はよう本読んどるからおもろそうな本探したりはしとるけど」



綾乃「本……趣味に付き合ってあげるってこと?」



千歳「せやね。けど赤座さんと千鶴は性格とかあんまり似とらへんし参考にならんとちゃう?」



綾乃「あ、あかりは関係ないわよ!」



千歳「そうなん? 姉として接したい言うとったから赤座さんのことやと思うたんやけど」



綾乃「きょ、興味があっただけよ。私一人っ子だから」



千歳(なるほど姉としてっていうのもそのせいなんやね)



櫻子「こんにちは!」



向日葵「お待たせしました先輩方」

49 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:58:02.81

千歳「こんにちは。せや、二人も妹おったよなぁ?」



櫻子「いますよ。私に似ず出来の悪い子ですけどね」



向日葵「確かにあなたには似てませんわね」



千歳「綾乃ちゃんがな、妹と普段どんなふうに接しとるか教えてほしい言うてん」



綾乃「純粋な興味としてね!」



向日葵「普段どんなふうに……特別なにかしてるわけではありませんわ。一緒におでかけしたいと言われた時について行ったりとかはしますけども」



櫻子「姉がいのない奴だな。私はちゃんと姉やってますよ。髪の毛いじってやったり、風邪ひいたときおかゆ作ってやったり」



向日葵「髪は切ろうとして逃げられたし、おかゆのレシピを教えたのは私でしょうに」



櫻子「う、うるさい! 他にも色々やってやってるんだよ!」



向日葵「色々やって迷惑かけてるんでしょう? 花子ちゃんが撫子さんを見習ってくれて本当によかったですわ」



綾乃「そういえば大室さんにはお姉さんもいるんだったわね。お姉さんはいつもどんなふうにしてるのかしら?」



櫻子「撫子ねーちゃんですか? こっちも私に似ず出来が悪いですからね~」



向日葵「花子ちゃん含め私に似ず出来がいいの間違いですわ」



櫻子「そうですね~、アイス勝手に食べたって私にせんざいかけたり」



千歳「洗剤?」



向日葵「冤罪のことですわ」



櫻子「漫画のネタバレされたくないからって私に土下座してきたり、まあどっちが姉だかわからないような関係ですよ」



向日葵「どっちが姉だかわからないのは櫻子と花子ちゃんの方ですわ」



櫻子「さっきからうるさいんだよお前は!」



向日葵「事実を言ってるだけですわ」

50 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:58:51.86

綾乃「一緒におでかけに料理を作ってあげる、か。他にはどんなことしてるの?」



向日葵「他にですか」



櫻子「他に……何かやってたっけ?」



千歳「うちは双子やしずっと一緒に暮らしてきて、それが普通になっとるからなぁ」



向日葵「ええ、私も楓がいるのが普通ですから特別になにかしてると言われても思いつきませんわ」



櫻子「ああ、それわかるかも」



綾乃「妹がいることが普通……」



綾乃(やっぱりいるのといないのとじゃ全然違うのね)



千歳「心配せんでもええよ」



綾乃「千歳?」



千歳「特別なことせぇへんでも付きおうとるうちに自然にお姉ちゃんになれるよ。綾乃ちゃんはうちらの中で一番お姉ちゃんっぽい性格しとるから」



綾乃「千歳……ありがとう」



向日葵「あの、もしかして杉浦先輩、妹が出来るんですの?」



綾乃「えっ!?」

51 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/18(火) 21:59:46.47

櫻子「赤ちゃん生まれるんですか!? 見に行っていいですか!?」



向日葵「バカが移るからやめなさい」



櫻子「うっさい! お前こそおっぱいが移るから近づくな!」



向日葵「おっぱいが移るってなんですの!?」



綾乃「いや二人ともちょっと待って」



千歳「赤ちゃんが妹になるんやなくてあかちゃんを妹にしようとしとるんよ」



綾乃「なに上手いこと言ってるのよ千歳!?」



千歳「ほ~う、やっぱり赤座さんのことやったんやね」



綾乃「うっ……ああっ! そろそろ無駄話はやめて仕事するわよ仕事! ほらっ! さっきから会長は一人で黙々とプリントを整えてるわ!」



りせ「……」



櫻子「おおっ! 手伝いますよ会長。すいませんねあのおっぱいは気がきかなくて。なんで次期生徒会長には気がきく私をお願いします」



向日葵「露骨すぎますわよ櫻子! 会長、私も手伝います」



綾乃「はぁ……もうやめてよ千歳」



千歳「あはは、だって慌てとる綾乃ちゃん可愛ええんやもん」



綾乃「それはどうも!」



千歳「これで赤座さんと付き合っていけそう?」



綾乃「……うん」



千歳「それはなによりやわ」



千歳(なによりやけど、これから綾乃ちゃんが赤座さんと関わることあるんやろか?)

55 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:07:25.23

ごらく部



結衣「ふ~ん、綾乃に敬語使うのやめたんだ」



あかり「うん。友達に敬語はおかしいからね」



ちなつ「なんだか凄い勢いで仲良くなってくね」



京子「女たらしはあかりのほうだったか。私というものがありながら綾乃にうつつをぬかすなんて!」



あかり「あかり女たらしじゃないよぉ!」



ちなつ「でも実際杉浦先輩のことどう思ってるの?」



あかり「どうって……頼りになるもう一人のお姉ちゃん、かな?」



京子「お姉ちゃん……それ本当のねーちゃんの前で言わないほうがいいぞ」



あかり「なんで?」



京子「最悪綾乃が消される」



結衣「何言ってんだよ、あかねさんそんな人じゃないだろ」



京子「結衣はあの部屋見てないからなぁ」



結衣「……?」



ちなつ(やっぱり怖い人なの? でもお姉ちゃんはあかりちゃんみたいな人だって言ってたし)

56 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:07:52.38

あかり「んもぉ~、いくら京子ちゃんでもお姉ちゃんの悪口言うと怒るよ」



京子「ごめんごめん」



結衣「けど綾乃がお姉さんはなのはいいよね。しっかりしてるし頼りになる」



ちなつ「そんな!? 結衣先輩は杉浦先輩の妹になりたいんですか!?」



結衣「いや、お姉さんがほしいと思うことはあるけど別に綾乃の妹になりたいとは。恥ずかしかったし」



京子「よし! 綾乃に負けないように今日はあかりを妹にしてみよう!」



あかり「どうせならあかりがお姉さんになるほうがいいんだけど」



京子「あかりが私のお姉さんなんて十年早い!」



結衣「昔はあかりのほうがお姉さんっぽかったけどな」



ちなつ「なんでこんなんになってしまったんですかね」



京子「こんなん言うな! とにかく今日は私がお姉ちゃんだ! 存分に甘えるがいいぞ!」



あかり「えっと、じゃあ京子お姉ちゃん!」



京子「あかり? あかりなの? 小さい頃時空の扉を開いて飛び込んでいった?」



結衣「またその設定か」

57 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:08:19.04

あかり「そうだよ。色んな世界を旅してようやく帰ってこれたんだよぉ」



ちなつ「あ、乗るのね」



京子「ごめんなさいあかり、私はもう人間じゃないの。全身サイボーグになってお腹からは大砲が出る。こんな体じゃもうあなたを抱きしめてあげられないわ」



結衣「私の時より深刻な雰囲気だな」



あかり「そんなことないよ! どんな姿になっても京子お姉ちゃんは京子お姉ちゃんだよ! ずっと会いたかったんだもん、もう離れたくないよぉ!」ダキッ



京子「あかり……」



あかり「京子お姉ちゃん、大好き……」



京子「はぅあ!? な、なんだかすっごいきゅんきゅんする!」



結衣「前は面白くもなんともないとか思ってたくせに」



京子「あかりの妹力がお姉ちゃんという言葉によって発揮されて、破壊力を増したんだ」



ちなつ「なんですか妹力って」



京子「あかり~、お姉ちゃんももう一生離さないからな~」



あかり「んにゅ……京子お姉ちゃん苦しい」



京子「ああごめんね。こんなに抱きしめてたらあかりの笑顔が見れないもの」



あかり「笑顔?」



京子「ええ、私はあかりの笑顔を見ているだけで幸せになれるの。さあ笑顔を見せてあかり」



結衣「なんか気持ち悪いぞお前」

58 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:08:50.21

京子「そんなに言うんだったら結衣もやってみろよ!」



結衣「別に私は……」



あかり「結衣お姉ちゃん!」



結衣「……っ!?」



京子「どうだ、きゅんきゅんするだろ?」



結衣「し、しない」



京子「そうか、じゃああかりちょっとこっち来て」



あかり「えっと……ふんふん、そんなことするの?」



結衣(なにドキドキしてんだ。お姉ちゃんって呼ばれただけだろ)



あかり「結衣お姉ちゃん、あかりみかんが食べたいな」



結衣「あ、ああ、ほら、剥いてやるよ」



あかり「あ~ん」



結衣「な、なにしてるんだ?」



あかり「結衣お姉ちゃんが食べさせて」



結衣「はっ!?」



あかり「結衣お姉ちゃんにあ~んしてほしいな」



結衣「きょ、京子!」



京子(存分に楽しめ!)



結衣(なにドヤ顔で親指立ててんだ!)

59 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:09:30.87

あかり「結衣お姉ちゃん~、はやくぅ~」



結衣「ち、近いよあかり」



結衣(なんかえさを待ってる小鳥みたいで可愛い……)



結衣「あ、あ~ん」



あかり「あ~――」



ちなつ「あ~ん! 足がすべったぁ!」



あかり「ぐえぇ!」



ちなつ「ほ~らあかりちゃん、みかんなら私がいくらでも食べさせてあげるよぉ~」



あかり「ちなつちゃん、丸ごとは無理……せめて皮剥いてから……!」



結衣「ふぅ……」



京子「どうでしたかな?」



結衣「そ、それはその、可愛かったよ……」



京子「私らずっと近くにいたからわからなかったんだな、あかりが妹としてはこんなに可愛いことを」



結衣「妹としてはって言いかたはないだろ。まあいつもより可愛かったような気がするけど」



京子「これは綾乃も夢中になるわけだ」



結衣「夢中にはなってないだろ」



ちなつ「ほらほらおかわりもたくさんあるよ~」



あかり「ごめんなさいちなつちゃん、もうしないから許してください……」

60 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:10:14.46

あかり「死ぬかと思ったよぉ……」



ちなつ「結衣先輩、妹がほしいなら私に言ってくださいよぉ! 私ならいつでもどこでもお姉さまって呼んでさしあげますから!」



結衣「あ、ありがとう」



京子「私のことも呼んでくれていいんだよちなちゅ」



ちなつ「頼まれても呼びません。というかちなちゅ言うな、期間はもう終わりましたよ」



京子「くそっ! こうなったら私もお姉ちゃんの紙を引き当ててやる。そうすればあかりからもちなつちゃんからもお姉ちゃんって呼んでもらえる」



ちなつ「私はもうやりませんよ」



結衣「お姉ちゃんの紙まだ入ってるのか?」



京子「お姉ちゃんはもうないけどあと十一通りの姉の呼び方が入ってるんだ」



結衣「十一通りもよく考え付くな」



京子「京子ちゃんのインスピレーションにかかればこんなもん、よっ! ○○るん? 違う!」



結衣「引きなおすのはずるいだろ」



京子「私が作ったんだ、製作者特権だよ!」



結衣「そんなに呼ばれたいのか」



あかり「そんなことしなくてもあかりならいつでもそう呼ぶよ京子お姉ちゃん」



京子「ぐはぁ! ある意味嫌いって言われるよりも強いショックだ。あかりのねーちゃんはこれにやられたのか」

61 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:10:45.47

綾乃「歳納京子~! あなたまたプリント――なんで床に倒れてもがいてるの?」



京子「もがいてるんじゃない、もだえてるんだ!」



綾乃「もだえてる?」



京子「あかりにお姉ちゃんって呼ばれるとなんかこうぞくぞくするんだよ!」



綾乃「……っ!?」



京子「それで綾乃はなにしに来たの? あかりを奪いに来たなら渡さないからな。あかりは私の妹だ!」



結衣「愛人からランクアップしたな」



綾乃「うばっ……プリント取りに来たのよ! いい加減わざとやってるでしょあなた!」



京子「プリントかぁ。それなら何枚でも持っていっていいよほら」



綾乃「書いてるなら最初から提出しなさいよ」



京子「え~、めんどくさい」



綾乃「私だって取りに来るのめんどくさいのよ!」



あかり「京子お姉ちゃん、綾乃ちゃんに迷惑かけちゃだめだよぉ」



京子「そうね、ごめんなさい綾乃。これからはしっかりと提出するようにするわ」



綾乃「え、ええ」



結衣「手なずけられてる……」



ちなつ「なんでお姉ちゃんって呼ばれたら微妙に口調が丁寧になるんですかね」

62 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:11:18.62

京子「んふふふ、あかり~」



あかり「京子ちゃんくすぐったいよぉ」



京子「お姉ちゃんだろ~?」



綾乃(抱きついて頬ずりまでして……!)



綾乃「は、離れなさい歳納京子! あかりが嫌がってるでしょ!」



京子「嫌がってないよ、なああかり」



あかり「えっと……」



綾乃「ほら見なさい」



京子「そんな! あかりはお姉ちゃんのことが嫌いなの!?」



あかり「嫌いじゃないけど……」



京子「だったらいいよね~」



結衣「京子、いい加減にしろ」グイッ



京子「ああ、あかり~」



ちなつ「昨日に引き続きキャラが迷子ですね」



あかり「ごめんね綾乃ちゃん忙しいのに」



綾乃「あかりが謝ることじゃないでしょ」



綾乃(そっか、お姉ちゃんは昨日一日だけだったわね……全然残念じゃないないナイアガラなんだからね!)

63 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/19(水) 20:12:00.79

あかり「生徒会のお仕事がんばってね」



綾乃「ええ、それじゃあね」



京子「じゃあな~」



綾乃「……あかり!」



あかり「なあに?」



綾乃「あの、あのね、今度の休み、どこか遊びに行かない? いや、予定があるなら無理にとは言わないけど」



京子「デートか!? お姉ちゃんは許さんぞ!」



結衣「お前は少し大人しくしてろ」



あかり「うん、いいよ」



綾乃「ほんと!? そ、それじゃあ携帯のアドレスと番号を教えてくれる?」



あかり「あっ、そういえばまだ交換してなかったね。携帯は……あった!」



京子「こうなったら、私たちもデートしようちなつちゃん」



ちなつ「なにがこうなったらなんですかしませんよ。あっ、結衣先輩となら今からでもご一緒しますよ」



結衣「今からはちょっと……」



あかり「これでよし」



綾乃「あかりが行きたいところとか出来たら連絡してね」



あかり「うん!」







綾乃(ふ、不自然じゃなかったわよね? 仲良くなったばかりの友達と親交を深めたいと思うのは自然よね?)



綾乃(とにかく、ここからが正念場よ。あかりにお姉さんらしいところたくさん見せないと)



綾乃「……」



――綾乃(抱きついて頬ずりまでして……!)



綾乃(認めたくないけど私あの時嫉妬してた。だけど……)



綾乃「どっちに嫉妬してたんだろう……?」

70 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/20(木) 22:25:36.53

休日



綾乃(あかり遅いわね……もしかしてなにか事件に巻き込まれてるんじゃ――)



あかり「綾乃ちゃ~ん!」



綾乃「あかり!」



あかり「ごめんね待たせちゃって。お姉ちゃんが中々離してくれなかったの」



綾乃「そうだったの。あなたのことだからまたなにか不憫な目にあってるんじゃないかって心配したのよ」



あかり「あかりだって毎日そんな目にあってるわけじゃないよぉ!」



綾乃「はいはい。それじゃあ行きましょう」



あかり「遅れたこと怒ってないの?」



綾乃「理由があるなら怒らないわよ。そんな大した遅れでもないしね。さっ、遅れを取り戻す勢いで行きましょう」



あかり「うん!」



綾乃(はからずも心の広さをアピールして姉らしさを見せられたわね。このまま姉としての地位を確固たるものにしていきましょう)

71 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/20(木) 22:26:20.90

京子「こちらアルファ、目標は移動を開始した。どうぞ」



千歳「こちらベータ、追跡開始するで。どうぞ」



結衣「無線機どころか携帯すら使ってないんだから普通に話せよ」



京子「も~、ノリが悪いぞガンマ」



結衣「だれがガンマだ」



千歳「なんかカッコええやん、うち憧れててん」



京子「なあカッコいいよな」



結衣「カッコいいかどうかはおいといて、人のあとつけ回すなんて趣味が悪いぞ。京子はともかく千歳まで」



京子「つけ回しはしない。ただ同じ場所を同じ順で回るだけだ」



結衣「それをつけ回すって言うんだろ」



千歳「綾乃ちゃんが心配なんや。邪魔はせえへんしええやん」



京子「大体結衣だって私たちに付き合うつもりなんだろ?」



結衣「わ、私はお前が暴走しないように見張る役目だ」



京子「嘘つけ。あかりにお姉ちゃんって呼ばれたときにあんなにデレデレしてたんだ。綾乃に取られないかどうか心配なんだろ?」



結衣「で、デレデレしてたのはお前だろ!」



千歳「二人ともしーやで。あんまり大きい声で話しとると気付かれんで」



結衣「あ、うん」



京子「ふふふ、お姉ちゃんとして不純な行為は見張ってやらないとな」



千歳(綾乃ちゃんの赤座さんに対する想いが本当に姉になりたいってものなのかどうか見定めなな)

72 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/20(木) 22:27:06.90

あかり「今日は最初に服を買いに行くんですよね」



綾乃「ええ、そこで吉川さんとも会ったしきっとあかりが気に入るものもあるわ」



あかり「ちなつちゃん可愛い服いっぱい持ってるもんね」



綾乃(おさがりの服は袖が余っちゃうからあげられないけど、一緒に服を買いに行くことは出来るわ。これでおでかけと服はクリアよ……買ってあげるわけじゃないから微妙かもしれないけど)



綾乃(やっぱりあげようかしらおさがりの服。袖が余ってるの結構可愛かったし。いやでも外で着れないわよね)



あかり「綾乃ちゃんが今着てる服もそこで買ったの?」



綾乃「今着てる服? これは……」



綾乃(歳納京子から貰った服……)



あかり「どこかミラクるんの服に似てて可愛いなぁ。綾乃ちゃんにとってもよく似合ってるよ」



綾乃「こ、この服は貰いものよ。そういうあかりだってか、可愛くなってるわよ」



あかり「そう? がんばっておめかししたかいがあったよぉ」



綾乃(がんばっておめかしした? それって――)



あかり「って、がんばったのはお姉ちゃんなんだけど」



綾乃「お、お姉ちゃん?」



あかり「お姉ちゃんに選んでもらったんです。それで時間がかかっちゃって」







あかね「変な格好させて相手を幻滅させてやろうと思ったけど、あかりに恥をかかせるなんて真似出来なかった。はぁ……まさか邪魔するどころかサポートしちゃうなんて」

73 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/20(木) 22:27:40.29

京子「ぐぬぬ、元は私の服なのに」



結衣「自分で捨てたんだろ? 後悔しても遅い」



京子「くそ~、フリルが、もっとフリルさえあれば!」



千歳「あれでも十分フリフリやない?」



京子「覚醒ミラクるんの服にするにはまだ足りないんだよ」



結衣「そうしたらもう別物になるから結局意味ないだろ」



京子「そうだけどさ~」



千歳「なあ、歳納さんと船見さんは赤座さんのことが好きなん?」



結衣「はぁっ!? 千歳何言って――」



京子「好きだよ」



結衣「京子!?」



京子「むしろ愛していると言ってもいい。姉として!」



千歳「姉?」



京子「そう、姉。ずっと一緒に過ごして来たからね。もう妹みたいなもんだよ」



結衣「……昔はあかりのほうがお姉さんっぽかったけどな」



京子「過去は振り返らないのさ。まあ姉として好きだから色々と心配になっちゃうってことだよ」



結衣「妹としての可愛さには最近気が付いたくせに。そういう意味だったら私もあかりのこと好きだよ」



京子「みかんあ~んするような仲だもんな」



結衣「うるさい!」



千歳(二人は本当にお姉さんとしての好きみたいやね。綾乃ちゃんは……まだわからへん)

79 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:01:13.54

あかり「う~ん……」



綾乃「悩んでるわね」



あかり「こっちは可愛いけど子供っぽくて、こっちは大人っぽいけどあんまり可愛くない」



綾乃「可愛い服が欲しかったんじゃないの?」



あかり「でも大人な服も欲しいの」



綾乃「大人な服と言ってもそれが似合わなければ背伸びしてる子供にしか見えないわよ」



あかり「そうだけど……ってあっ! それってあかりに大人な服は似合わないって言ってる?」



綾乃「別にそういうわけじゃないわよ」



あかり「嘘ばっかり! 目が泳いでるもん!」



綾乃「や~、だって、ねぇ?」



あかり「む~、だったら今からこれ着てくる」



綾乃「試着するならそっちも持っていったら? どっちが似合ってるか見てあげるから」



あかり「ちゃんと正直に言ってよ?」



綾乃「はいはい。いってらっしゃい」

80 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:02:09.82

千歳「だいぶんなれてきたようやね」



結衣「うん。あんまりおどおどしてないみたいだ」



千歳「綾乃ちゃんすぐ動揺するからなぁ。そこが可愛ええとこでもあるんやけど」



結衣「しっかりものでもあるんだけどね」



京子「おおっ! このスポブラはライバるんの衣装に改造出来そうだ!」



結衣「その点はあいつに見習ってもらいたいな」



千歳「歳納さん監視そっちのけやね」



京子「なんだこのパンツすけすけじゃん!」



結衣「おい京子、お前目的忘れてるだろ」



京子「忘れてないよ。でも今はあかり着替え中だしすることないじゃん」



結衣「だからってなんで下着コーナーで遊んでるんだよ!」



京子「だってすごいのいっぱいあるんだよ」



結衣「うわっ、なんだそれ!?」



京子「ちょっと興味あるけど自分じゃはけないよね。誰かにはいてもらうか」



千歳「……っ!?」スチャ

81 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:03:30.39

京子『綾乃、これはいてみて』



綾乃『こ、こんなのはけないわよ……』



京子『お願い、私はあなたの全てを見たいの』



綾乃『歳納京子……』



綾乃『はずかしいのならこっちへ来て、私がはかせてあげるから。でもその前に脱がさないとね』







千歳「あは~……」



結衣「千歳!?」



京子「おっとあぶない」ポイッ



結衣「なにパンツ投げ捨ててんだよ!?」



京子「だって鼻血付いたら買わなきゃいけなくなるじゃん」



結衣「そうだけど……」



千歳「かんにんな歳納さん」



京子「なに気にすることはない」



結衣(京子がパンツ投げたの試着室のほうだったような)

82 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:03:59.11

綾乃(まだかしらあかり)パサッ



綾乃(頭になにかやわらかいものが……なにこれ!?)



あかり「おまたせ~。どう綾乃ちゃん似合って……」



綾乃「あ、あかり!? これはちがっ!」



あかり「……そ、そうだよね。大人な服には大人な下着を付けなきゃだめだよね」



綾乃「待ってあかりそれは――」



あかり「ちょっと待っててね!」



綾乃(持って試着室に入っちゃったわよ!? ああもう、なんで下着が落ちてくるのよ!?)



――綾乃「あかりが昨日興味ありそうに見てたパンツをあげ――」



綾乃(私があんなこと考えたから!? いやでも考え直したしあんなハレンチなパンツじゃなかったわ!)



あかり「あ、綾乃ちゃん」



綾乃「な、なにかしら?」



あかり「に、似合ってるかどうか確認するんだよね?」



綾乃「うえぇ!?」



綾乃(たしかに言ったけど……というか今はいてるのあれを!?)



あかり「さすがに外じゃ見せられないから中に来てもらってもいい?」



綾乃「な、中っ!?」

83 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:04:27.24

綾乃(中って試着室の中のことでしょ? そんな狭いところに二人きりなんて……いやいやおちつけ入る必要ないでしょ)



綾乃「あかり、その下着はまちが――」



櫻子「私と向日葵の姉力の違いを見せるためだ、さあなんでも選んでいいぞ花子」



花子「見せるってだれにだし」



綾乃(大室さん!?)



花子「どうせ櫻子のおこづかいじゃくつした買うくらいでせいいっぱいだし」



櫻子「なんだと!? 手袋だって買えるよ!」



花子「一緒だし」



綾乃(こっちに来る! 隠れなきゃ!)







あかり「あの、ほんとに確認するの?」



綾乃(なんで隠れる必要があるのよ! 隠れるにしたって他に場所あったでしょうに!)



綾乃「あかり、あれはちが――」



あかり「お、大人はパンツ見られるくらいではずかしがっちゃだめなんだよね! よ、よ~し!」



綾乃「あかり!? やめっ――」

84 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:04:55.67

あかり「う、う~……」



綾乃(スカートのすそを持ってもじもじしてる……さすがに無理よね。はいただけでもよくやったわ)



綾乃(……はいてるのよね? ばかばか! なにちょっと見てみたいなんて思ってるの!)



綾乃「あかり、無理しなくていいのよ」



あかり「大丈夫、あかりは大人になるんだもん」



綾乃「口ではそう言ってるけど少しも持ち上がってないわよ」



あかり「そ、そんなことないよぉ!」



綾乃「ちょっ!」



綾乃(少しずつ上げだした!?)



綾乃「あ、あか、やめ、め……」



綾乃(気が動転して呂律が回らないわ!?)



あかり(もうあとには引けないふんいきになっちゃったよぉ!)



綾乃(た、倒れそうだわ……)



あかり(こうなったらもう――)



あかり「綾乃ちゃん、あかりを大人にしてくださいっ!」



綾乃「そ、それはっ!?」

85 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:06:01.50

櫻子「すいませ~ん、入ってます~?」



あかり綾乃「っ!?」



花子「くつ置いてあるんだから入ってるに決まってるし」



櫻子「ほんとだ。いや~、私お姉ちゃんで背が高いから気付かなかったよ~」



花子「すぐ追いぬいてやるし……!」



あかり「……綾乃ちゃん、やっぱりあかりまだ大人にはなれないみたい」



綾乃「う、うん」



あかり「服も可愛いほう買うことにするよぉ」



綾乃「そ、それがいいわよ」



あかり「……」



綾乃「……」



あかり「えっと、あかり着替えるから」



綾乃「あ、ああ! ごめんねすぐ出るから」



綾乃(助かったぁ。大室さんには今度なにかお礼しておきましょう)



あかり(ありがとう櫻子ちゃん。今度なにかお礼するからね)

86 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:06:46.79

あかり「ごめんねリボン買ってもらっちゃって」



綾乃「安物だしまあ迷惑料みたいなものよ」



あかり「も、もう気にしてないよぉ!」



綾乃「わ、私が気になるから。それはともかくあかりリボンなんてつけるの?」



あかり「一度付けて学校に行ったこともあるんだよ」



綾乃「そうなの?」



あかり「誰も気づいてくれなかったけど」



綾乃「それはまた……」



あかり「綾乃ちゃんもだよぉ!」



綾乃「えっ! 私も!?」



あかり「そうだよぉ!」



綾乃「えぇ、付けてたことあったかしら?」



あかり「あかりがおしゃれしててもだれも興味ないんだよね。やっぱりこのリボンも――」



綾乃「そ、その時はそうだったかもしれないけど今は違うわ! 今はちゃんとあかりのこと見てる!」



あかり「綾乃ちゃん……」

87 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/24(月) 22:07:30.93

あかり「そうだね、今はその頃とは違うもんね」



あかり「なんども皆で一緒に遊んだのにあんまり話したことがなくて」



あかり「それなのに今は二人でおでかけするようになってるんだね」



綾乃「ええ……」



綾乃(そう、私たちの関係は変わった。そしてお互いに対する想いもきっと)



――あかり「あかりを大人にしてくださいっ!」



綾乃(いつかの妄想と同じ台詞……違うわ! 私のあかりに対する想いはそんなんじゃない!)



あかり「綾乃ちゃん」



綾乃「ど、どうしたの?」



あかり「手、つなごう?」



綾乃「はぇっ!?」



あかり「仲良くなれたんだって思ったら嬉しくて。だめかな?」



綾乃「……いいわよ」



あかり「わぁい! わっ、すっごいあったかいね」



綾乃「……あかりもね」



あかり「そうですか? えへへ」



綾乃(そんなんじゃないのに……どうしてこんなに胸が高鳴るの?)

93 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:10:43.06

京子「一緒に試着室から出てきたと思ったら手をつなぐなんて。中でどんなけしからんことをしたんだ!?」



結衣「お前の発想がけしからんわ」



京子「だって一緒に試着室だぞ?」



千歳「大室さんに赤座さんと一緒にいるとこ見られとうなかったとんとちゃう?」



結衣「たぶんそんなとこだろ」



京子「え~、せっかくイベント発生したのにそれじゃつまんないよ」



結衣「イベントってゲームじゃないんだから。というかお前、綾乃とあかりに仲良くなってもらいたくないんじゃなかったのか?」



京子「ぶっちゃけおもしろかったらどっちでもいいです!」



結衣「お前な……」



京子「おっ、コンビニ入ってった。私たちも昼ごはん買おう」



結衣「聞けよ」



京子「さ~て、ここからも京子ちゃんが素敵なイベント起こしまくっちゃうぞ!」



結衣「ほどほどにな」



千歳(……綾乃ちゃん、残念やけどこれは歳納さん脈なしやで)

94 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:11:12.33

あかり「はい、ハトさん」



綾乃「ビスケットを買って公園に来てなにするのかと思えば、ハトにあげるために買ったのね」



あかり「あかりも食べるけどハトさんにもおすそわけしてるんだよ」



綾乃「へぇ~、よくやってるの?」



あかり「うん。よくやってる」



綾乃(楽しいのかしら?)



あかり「けど寝てたらハトさんに襲われたこともあるんだよぉ」



綾乃「ハトってそんなに凶暴なの?」



あかり「いつもはそんなことないんだけど」



綾乃「だったらその時たまたま機嫌が悪かったんでしょう」



あかり「そうなのかな?」



綾乃「あかりが公園に入ってきたらすぐに寄って来たじゃない。顔を覚えてるのよ」



あかり「そっかぁ? えへへ、ありがとねハトさん」



綾乃「これがあかりの趣味なの?」



あかり「趣味っていえば趣味なのかな。あかりお散歩するのが好きだから、休憩するときによくやってるんだけど」



綾乃「散歩……」



綾乃(趣味につきあってあげるのも姉らしさ。なら一緒にお散歩してあげればいいのかしら?)



綾乃(でも私とあかりの家は学校から見て反対同士。どこかで待ち合わせないといけないわよね? それじゃまるでデート――)



綾乃(ちょっと待って? 今の状況も十分デートじゃない!?)

95 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:11:44.93

あかり「綾乃ちゃんもする?」



綾乃「……あっ、うん!」



綾乃(違う違う。姉妹のおでかけをデートとは呼ばないでしょ。家が違うから待ち合わせる必要があるだけ、それだけよ!)



あかり「綾乃ちゃんのことも覚えてね」



綾乃「や、私は毎回あげるわけじゃないから覚えられても困るわ」



あかり「毎回あげるようにすればいいんだよぉ」



綾乃「そんなに余裕ないわよ私」



あかり「あかりのを分けてあげるから大丈夫」



綾乃「毎回あかりが一緒とは限らないし」



あかり「ん~、じゃあここに来るときはあかりを呼んで」



綾乃「わざわざハトのえさのために?」



あかり「ハトさんのためだけじゃなくて、綾乃ちゃんと一緒だと楽しいから」



綾乃「た、楽しい?」



あかり「うん、すっごく楽しいよ。だから一緒に遊ぶ口実、だよぉ」



綾乃「そう、ありがと……」



綾乃(いちいちドキドキしないでよ私の心臓!)

96 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:12:14.20

あかり「ん……そろそろお昼食べに行こう?」



綾乃「もうそんな時間か」



あかり「楽しいと時間がたつのはやく感じるね」



綾乃「そうね」



あかり「どこに行こっか?」



綾乃「いや……あのね」



あかり「なあに?」



綾乃「その、お弁当作ってきてるの」



あかり「本当!?」



綾乃「う、うん、これなんだけど」



あかり「わぁ~、これ全部綾乃ちゃんが作ったの?」



綾乃「ま、まあね」



綾乃(お母さんに手伝ってもらったけど)



あかり「すごいな~、あかりお菓子作る他は結衣ちゃんのお手伝いくらいしか出来ないのに」



綾乃「これくらいできて当然!」



綾乃(ああ、また余計な嘘をついてしまった)

97 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:12:42.99

綾乃「さっ、食べましょう」



あかり「わ~い!」



綾乃「箸は……あっ!」



綾乃(箸が一つしか入ってない……)



あかり「綾乃ちゃん?」



綾乃「……ごめんなさいあかり。箸入れ忘れて一つしかないの」



綾乃(また箸でミスするなんて学習しなさいよ私!)



あかり「一つはあるんだね」



綾乃「ええここに」



あかり「それだったら大丈夫だよぉ」



綾乃「なにが大丈夫なの?」



あかり「貸して」



綾乃「ちょっとあかり?」



あかり「はい、あ~ん」



綾乃「なっ!?」



あかり「一つしかなくてもこうやって食べさせあえばいいんだよ」

98 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:13:11.44

綾乃「た、食べさせあうって……」



あかり「綾乃ちゃんお口あけて」



綾乃「あ、あかり、それは……」



あかり「はやくあ~ん」



綾乃(ち、近い!)



綾乃「ま、待って、このお弁当はあかりに食べさせようと思って作ったのきたのよ」



あかり「あかりに?」



綾乃「そう! 私はいいからあかりだけで食べなさい」



あかり「じゃあなんで箸が一つしかないってあやまったの?」



綾乃「うっ!」



あかり「お腹減ってるんだよね? だめだよちゃんと食べないと」



綾乃「で、でもぉ~」



綾乃(こんな公園食べさせあいっこなんて!)



あかり「せっかく作ったんだから食べないともったないよ」



綾乃「う~……」

99 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:13:39.35

あかり「ほら、あ~ん」



綾乃「わ、わかったわよ……あ~ん」



あかり「おいしい?」



綾乃「う、うん」



綾乃(味なんかわかんないわよ!)



あかり「じゃああかりも食べようっと」



綾乃「っ!」



綾乃(これって間接キスじゃない!?)



綾乃「待ってあかり!」



あかり「わっと、なあに?」



綾乃「えっと……」



綾乃(勢いで止めちゃったけどどうしよう? 食べるなとは言えないし)



あかり「もしかして綾乃ちゃんもあ~んしてくれるの?」



綾乃「はいぃ!?」



あかり「ちがった?」



綾乃「うゅえ、ええ、私が食べさせてあげるわ」



綾乃(た、食べさせてあげるならこっちでタイミングはかれるし!)

101 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:14:11.08

あかり「えへへ、嬉しいな。ほんとに仲良しさんじゃないとできないもんね」



綾乃「これでいい?」



あかり「うん、お願いね」



綾乃「じゃ、じゃあ、あ、あ~ん」



あかり「あ~……」



綾乃(息をはいて、吸って……よし!」



綾乃「はいっ!」



あかり「ん! うん、おいしいよ綾乃ちゃん」



綾乃「ふ、ふふふ、これが私の実力よ」



あかり「お料理の面ではお姉ちゃんだね」



綾乃「おねっ!?」



あかり「わぁ、箸が落ちちゃう!」



綾乃「きゅっ!?」



綾乃(あかりが私の手を掴んでっ!?)

102 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/03/31(月) 21:14:37.46

あかり「危ないところだったよぉ」



綾乃(さっき手を繋いだときよりもずっと衝撃が……)



あかり「綾乃ちゃん大丈夫?」



綾乃「ダ、ダイジョウブ」



あかり「なんか声おかしいけど?」



綾乃(ちょっとこれは無理……!)



綾乃「ノミモノカッテクルー!」



あかり「あっ、綾乃ちゃん!」

122 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:11:53.19

京子「あははは、綾乃のやつ顔真っ赤だ」



結衣「でもあれは私でもちょっとはずかしいな」



千歳「赤座さんって年上への礼儀はちゃゃんとしとるけど、結構距離感近いねんな」



結衣「そうだな。こいつが馴れ馴れしいなら、あかりは無邪気って感じだ」



京子「失礼な! 私だって歳上には敬語使うぞ!」



結衣「大室さんのお姉さんにやったこと思い出してみろ」



京子「……それは置いといて、あかりが無邪気ってのには同意する」



結衣「無邪気すぎて心配になることあるからな」



京子「だな~、まだ動物がプリントされたパンツなんてはいてんだもんな」



結衣「それはお前もだろ」



京子「恋の一つでもして大人になってくれれば、京子お姉ちゃんも安心なんだけど」



結衣「あかりが恋ねぇ」



京子「ここはときなもで鍛えた私の恋愛力で落としてしんぜよう」



結衣「迫ってる相手にことごとくうざがられてるくせになに言ってんだ」



千歳(恋、かぁ。今まで見とる限り、やっぱり綾乃ちゃんは赤座さんに……)

123 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:12:33.50

あかり「ごちそうさまでした」



綾乃「お粗末さまでした」



綾乃(スーパーで割りばしもらってきて、なんとか事なきを得たわ)



あかり「とってもおいしかったよ」



綾乃「そう、口にあったならよかったわ」



あかり「今度はあかりがなにかごちそうするね」



綾乃「そんな気にしなくていいのに」



あかり「ううん、こんなにおいしいもの食べさせてもらったんだもん。お礼しなきゃ」



綾乃「そんな大げさな」



あかり「大げさじゃないよぉ。でもあかりが作れるのはお菓子くらいなんだけど」



綾乃「いいわよお菓子で。私甘いの好きだし」



あかり「そっか、いつも生徒会室でプリン食べてるんだったね」



綾乃「い、いつもじゃないわよ!」



あかり「でもよく食べてるんでしょ? だったらプリン作ってくるよぉ」



綾乃「作れるの?」



あかり「わからないけどがんばる」



綾乃「期待しないで待ってるわ」



あかり「そんなこと言って! ぜったいほっぺた落ちちゃうようなプリン作るんだから!」

124 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:13:05.52

あかり「それで、これからどうするの?」



綾乃「少しここでゆっくりしていきましょう」



綾乃(色々疲れたからね)



あかり「わかったよぉ」



綾乃(はぁ……ただ服を買って、ごはんを食べただけなのになんでこんなに疲れてるのかな?)



あかり「お日様がぽかぽかで気持ちいいなぁ」



綾乃(あかり……私はあかりのことをどう思ってるのかな?)



あかり「う~ん」



綾乃「えっ!?」



綾乃(な、なんでいきなり寄りかかって!?)



あかり「あっ、ごめんね綾乃ちゃん。天気もいいしお腹もいっぱいだからちょっと眠くなっちゃった」



綾乃「ごめんなさい、私が一人で考え込んだりしちゃったから」



あかり「ううん、あかり昨日寝付けなかったからそのせいだよぉ」



綾乃「寝付けなかった?」



あかり「うん。今日が楽しみだったからね」

125 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:13:43.41

綾乃「そんなに楽しみだったの? その、私とデー……遊びに行くの」



あかり「うん! だってはじめてだもん、綾乃ちゃんと二人でおでかけするの」



綾乃(そっか、楽しみにしててくれたんだ)



あかり「ごらく部で旅行に行ったときも、前の日に中々寝れなくて行きの電車で寝ちゃったんだよぉ」



綾乃「まだまだ子供ね」



あかり「む~、綾乃ちゃんはそういうことないの?」



綾乃「私はないわよ。なんてったって生徒会副会長ですもの」



あかり「修学旅行とかわくわくしなかったの?」



綾乃「し、しなかったわよ」



綾乃(本当はすっごいしてたけど)



あかり「しなかったんだ、そうなんだ……」



綾乃(なんか落ち込んでる? あっ!)



綾乃「けど、きょ、今日はその、楽しみにしてたわよ私も」



あかり「えっ?」



綾乃「だ、だから、あかりと遊びに行くのは楽しみにしてった言ってるの!」

126 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:14:22.69

あかり「本当?」



綾乃「私から誘ったんだから当然でしょ」



あかり「えへへ、嬉しいなぁ」



綾乃(よかった、笑ってくれた)



あかり「それじゃあ、もっともっと楽しまないとね」



綾乃「ええ、そうね」



あかり「そういうわけで、そろそろいこっか? ふぁ……」



綾乃(あくびしてる、本当は結構眠いのね)



綾乃「……いいえ、もう少しここにいましょう」



あかり「どうしたの? まだ疲れてる?」



綾乃「眠いままだと楽しむものも楽しめないでしょ。少し寝ていきなさい」



あかり「でも……」



綾乃「いいから。その、私のひざ貸してあげるから……」



あかり「ひざまくらしてくれるの?」



綾乃「ま、まあ! 眠くてふらふらして車道にでも出たら危ないし! しょうがなくよ!」



あかり「そうだね。お願いするよぉ」

127 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:15:15.75

綾乃「じゃあ、どうぞ!」



あかり「えっと、おじゃまします」



綾乃(あっ、思ったより軽いのね)



あかり「わぁ、あったかくてやわらかくて、気持ちいいよぉ」



綾乃「あ、あかり、なんかはずかしいからやめて」



あかり「ごめんね。でも本当にいい寝心地だよ」



綾乃「そ、そう……」



綾乃(この角度から見上げられるのはなれないわね)



あかり「ん~……」



綾乃(……手持無沙汰だわ。ひざまくらなんてしたことないから、なにをすればいいのかわからないわ)



綾乃(動物とかを抱いたときは……)ナデナデ



あかり「んんっ……」



綾乃「あっ、嫌だった?」



あかり「ううん、むしろ気持ちよかったからもっとしてほしいな」



綾乃「わ、わかった」

128 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:15:53.53

京子「ひざまくらしてなでなでとか、なんだよ私がイベント起こすまでもないじゃん!」



結衣「私はするのもされるのもいやだな」



千歳「はずかしいから?」



結衣「うん。まりちゃんくらいちっちゃい子だったらいいけど」



京子「結衣ってそっち系?」



結衣「ちげぇよ!」



千歳「まりちゃんって?」



結衣「親戚の子だよ。まだ小さいからそれならはずかしくないかなって」



京子「まりちゃんだとロリコンというよりペド――」



結衣「まだ言うか!」



千歳「確かにちっちゃい子だったらはずかしくないなぁ」



京子「だらしないなぁ二人とも。私は今ここで二人をひざまくらしたって、はずかしくもなんともないのに」



結衣「だからっておもむろにひざまくらしますよって体制に入るんじゃねぇ。されるのもはずかしいって言っただろ」



千歳「うちも遠慮するわ」



京子「ノリ悪いなぁ」

129 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:16:31.18

綾乃「髪の毛、さらさらしてて綺麗ね」



あかり「綾乃ちゃんの髪のほうがさらさらだよぉ……」



綾乃「なんでわかるの?」



あかり「何度も抱きつかれたらわかるに決まってるよぉ……」



綾乃「~~~っ! そ、そんなに抱きついてないでしょ!」



あかり「そんなに抱きついたよぉ……」



綾乃「う、嘘!」



あかり「嘘じゃないよぉ……」



綾乃(そ、そんなに抱きついたっけ!?)



あかり「あのときとは逆だね……今度は綾乃ちゃんがあかりを寝かせてくれ……」



綾乃「あかり?」



あかり「……」



綾乃「寝ちゃったか」

130 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/05/11(日) 21:17:41.39

綾乃(あのときか。もうずいぶん前のことのように思えるわ)



綾乃(あのときはただはずかしくてドキドキしてたけど――)



綾乃(今はどう? あのときと同じで、はずかしくてドキドキしてるけど)



綾乃(うれしいって思ってる。あかりが私のひざで眠ってくれてることを。寝顔が可愛くてドキドキしてる)



綾乃(もうごまかしようがないわ。私はあかりのことが――)



綾乃「好き……」

155 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:10:48.15

あかり「今日はありがとね綾乃ちゃん。とっても楽しかったよ」



綾乃「ええ」



あかり「また遊びに行こうね」



綾乃「ええ」



あかり「綾乃ちゃん?」



綾乃「えっ、なに?」



あかり「さっきから上の空だけどどうしたの?」



綾乃「な、なんでもないわ!」



あかり「もしかして綾乃ちゃんは退屈だった?」



綾乃「そ、そんなことないわよ! 私も楽しかったわ! これは……そう! ちょっと疲れちゃっただけよ!」



あかり「そっか、じゃあちゃんと休んで疲れとらなきゃね」



綾乃「あかりこそ寝坊したら罰金バッキンガムよ」



あかり「寝坊なんてしないよぉ。もししちゃっても京子ちゃん達が起こしてくれるしね」



綾乃「そ、そう」



あかり「それじゃ綾乃ちゃん、またね」



綾乃「気をつけて帰るのよ」



綾乃「……歳納京子」



綾乃(私はあかりのことがす、好き。それは認めざるをえないわ。けど)



綾乃(なんでまだあいつのことがチラつくの? 私はそんな……)

156 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:11:41.61

京子「茶化す雰囲気じゃなくなって出られなかったな」



結衣「はじめから茶化すもんでもなかっただろ」



千歳(綾乃ちゃん、自覚したんはええけど口に出さんでもええのに)



京子「まさか綾乃があかりのこと好きだったなんてな」



結衣「驚いたよ。私はてっきり……」



京子「てっきり?」



結衣「いや、なんでもない」



京子「?」



千歳「なあ、二人はどう思うん?」



京子「どうって言われてもなぁ」



結衣「うん、唐突すぎてなんかよくわからないよ。千歳はどうなの?」



千歳「うちはなんとなくそうなんやないかって思っとったから」



京子「私は全然気付かなかったのにすごいな千歳」



結衣「いつも一緒にいるだけはあるな」



千歳「ちょっと二人より一緒におる時間が長いだけやで。それでうちはどう思っとるかってことやけど、応援したい思っとる。ただ……」



京子「ただ?」



千歳(歳納さんへの気持ちの整理もついとらんのんやろうなぁ)



千歳「ううん、なんでもない」



京子「なんでさっきから二人とも、私見て意味深な顔すんだよ~!」

157 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:13:26.88

生徒会室



綾乃「歳納京子のアイス……」



綾乃(食べてしまえばこの想いも振りきれるかなって思ったけど)



綾乃(なんで手が動かないのよ!)



櫻子「こんにちは!」



向日葵「こんにちはですわ杉浦先輩」



千歳「やっと掃除終わったで~」



綾乃「お、大室さんと古谷さん、こんにちは。千歳はお疲れ様」



櫻子「あ~! そのアイスついに食べちゃうんですか? 私にも一口ください!」



向日葵「図々しいですわよ櫻子! いつもプリンもらってるでしょう!」



綾乃「ごめんなさい大室さん。これはまだ食べないわ」



櫻子「ええ~。早く食べないと賞味期限切れちゃいますよ」



千歳「アイスには賞味期限ないんよ大室さん」



綾乃(情けないわねほんと)



――二人を愛してる時点で純粋じゃないでしょ



綾乃(あんなこと言っといてこれなんだもん。こんな私じゃ、あの純粋さのかたまりみたいなあかりにはふさわしくないわ)



千歳(綾乃ちゃん……)

158 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:14:12.36

京子「杉浦綾乃~!」



櫻子「うわっ! なに、敵襲!?」



向日葵「歳納先輩?」



綾乃「と、歳納京子!?」



綾乃(なんでこんなときに!)



千歳「歳納さんなんか綾乃ちゃんに用?」



京子「うん、ちょっと話がね」



綾乃「な、なによ?」



京子「ここじゃ話しづらいから場所変えよう。ほら」



綾乃「ちょ、ちょっと! ひっぱらないでよ!」



京子「ははは~! さらばだ生徒会諸君、綾乃はもらっていく!」



櫻子「大変だよ、杉浦先輩がさらわれた!」



向日葵「いやただお話しに行っただけでしょう」



千歳(歳納さんなに言う気なんやろ?)



櫻子「ここは私が臨時副会長になるしかないな!」



向日葵「はぁ!? なにを言ってますの、その役目は私の方が適任ですわよ!」



りせ(なんでもいいからプリント整理手伝ってほしい)

159 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:14:55.00

京子「う~ん、ここらへんでいっか」



綾乃「こ、こんな人気のないところに連れてきて、なんの話よ?」



京子「少し聞きたいことがあんだ」



綾乃「だからなによ?」



京子「あかりのことどう思ってる?」



綾乃「なっ!?」



綾乃「な、なにを急に、そんな」



京子「答えて」



綾乃「っ!」



綾乃(こんな真面目な顔の歳納京子はじめて見た)



綾乃「……好きよ」



京子「どんな意味で?」



綾乃「どん……どうしたのよ歳納京子、なんだか変よあなた」



京子「ごめん綾乃、私見てたんだ。綾乃とあかりのデート」



綾乃「ええっ!? 見てたって……ああっ!?」



綾乃(聞かれてたの、私があかりに好きって言ってたの!?)

160 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:15:38.37

綾乃「ちがっ、あれ、あれは」



京子「教えて綾乃。あの好きは友達としてのもの?」



綾乃「あれは、あれは、その、れ、恋愛的な意味の、好き、よ」



京子「そっか、わかった」



綾乃「な、なによその淡白な反応! 人がこんなにはずかしい思いして言ったのに!」



京子「いやぶっちゃけわかってたし」



綾乃「ならわざわざ言わせないでよ!」



京子「万が一ってことがあるじゃん。曖昧なままにしたくなかったんだよ」



綾乃「あかりのこと大事に思ってるのね」



京子「ふっ、なんたって私はあかりのお姉ちゃんだから!」



綾乃「いや幼馴染でしょ」



京子「まあともかく、綾乃にならあかりを任せられるよ。がんばってね」



綾乃「……ねえ歳納京子」



京子「なに?」



綾乃「もしも、もしもよ。私が好きなのはあかりじゃなくてあなただって言ったら、どうする?」

161 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:16:32.24

京子「急に変な質問するなぁ」



綾乃「先に変な質問したのはそっちでしょ」



京子「そうでした。う~ん、そうだなぁ。京子ちゃんはみんなの京子ちゃんだから、誰か一人のモノにはなれないな」



綾乃「……」



京子「あ~、綾乃とは今の関係が心地いいっていうかさ、なんていうかその」



綾乃「ふふっ、なに真面目に答えてるのよ。私が好きなのはあかりだって言ったでしょ」



京子「いやだってさぁ。もう~、なんでみんなしてそう意味深な顔するかなぁ」



綾乃(知ってたわ、あなたが私のことそんなふうに思ってないなんてこと。けどやっぱり胸が少し痛い。それでも)



綾乃「ありがとう」



綾乃(これで私は前へ進めるわ)



京子「へっ? なにが?」



綾乃「なんでもいいから」



京子「よくわからんけどどういたしまして!」



綾乃「さてとお礼は言ったし次はこの前のお返ししなきゃね」



京子「お返し?」



綾乃「あのパンツ投げたのあなたでしょ」



京子「さ、さあ、なんのことやら」



綾乃「しらばっくれるんじゃないわよ! 私があのときどれだけはずかしかったか! そこになおりなさい!」



京子「私だけのせいじゃないんだってば~!」

162 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:17:12.31

綾乃「ただいま」



千歳「おかえり」



櫻子「私の方が多いよ!」



向日葵「いいえ、私の方が多く整理いたしました!」



綾乃「またやってるのね」



千歳「今日は臨時副会長の座をかけてプリント整理勝負しとったんよ。おかげでうちは楽できたわ」



櫻子「私の方が多いですよね会長!」



向日葵「私の方ですわよね」



りせ「……」



櫻子「どっちなんですか!」



向日葵「はっきり言ってください!」



りせ「……」オロオロ



綾乃「こら二人とも、会長を困らせないの」



櫻子「杉浦先輩!?」



向日葵「帰ってらしたんですね。すいません気づかなくて」



綾乃「会長を補佐するのが副会長の役目よ。この調子じゃどっちにも任せられないわね」



櫻子「そんな~!」



向日葵「くっ、私としたことが熱くなりすぎましたわ」

163 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:18:03.26

綾乃「けどプリントの整理を終わらせてくれたのね。ご褒美にプリンあげるわ」



櫻子「わ~い!」



向日葵「私にもですか? あ、ありがとうございます」



綾乃「私はこれを」



千歳「綾乃ちゃん、そのアイス」



綾乃「もう、いいの。けじめはつけてきたから」



千歳「そうなん。それやったらよかった」



千歳(ありがとな歳納さん)



綾乃「そうそう千歳」



千歳「どしたん?」



綾乃「あなたも歳納京子と一緒になって、私とあかりをつけ回してくれたそうね」



千歳「い、いや~、あははは」



綾乃「笑ってごまかそうとしてるんじゃないわよ!」



千歳「かんにんしてや~! 心配やったんよ~!」



綾乃「待ちなさい千歳~!」



千歳(前言撤回、うらむで歳納さん!)

164 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/09(月) 22:18:35.92

千歳「あたた、綾乃ちゃんにはたかれるん久しぶりやな」



綾乃「正当な罰よ」



千歳「そんで、これからどうするん?」



綾乃「決まってるわ、あかりに告白する!」



千歳「おお、どうしたん綾乃ちゃん、積極的やね」



綾乃「いつも積極的じゃないみたいな言い方ね。とにかく、ごらく部に行くわよ!」



千歳(歳納さんのときと違って自分で認めとるから行動が早いんかな?)



綾乃「……」



千歳「綾乃ちゃん? なんで固まっとるん?」



綾乃「移り気な女だって思われたらどうしよう」



千歳「は?」



綾乃「歳納京子のことが好きだったのに、すぐにあかりを好きになって。またすぐに別の人のこと好きになるんでしょって言われるかも」



千歳「綾乃ちゃんなに言ってるん?」



綾乃「そうじゃなくても、歳納京子が駄目だったから自分にしたんでしょって思われるかも」



千歳(あかん、やっぱりいつもの綾乃ちゃんや)



綾乃「うう、やっぱり無理~!」



千歳「綾乃ちゃん! はぁ、行ってもうた」



千歳(これは、どないしよう?)

184 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:13:28.97

ごらく部



あかり「うん、ちゃんと冷えてる」



ちなつ「なにが?」



あかり「綾乃ちゃんにあげるプリン」



ちなつ「ああ、杉浦先輩好きだもんね」



結衣「これ、自分で作ったの?」



あかり「そうだよ、がんばったんだから」



京子「私の分は?」



あかり「がんばったけど一個しか成功しなかったから」



ちなつ「はじめてならそれでも十分だよ」



結衣「この前のお礼だろ、たかるな」



京子「私の方が綾乃よりもよっぽど恩があるだろ~」



ちなつ「あかりちゃんからの恩も多そうですけどね」



結衣「そっちの方が多いよ」



京子「ひどい!」

185 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:13:58.49

あかり「綾乃ちゃん喜んでくれるかな?」



京子「……なあ、あかり。あかりは綾乃のことどう思ってる?」



あかり「えっ? この前言わなかったっけ?」



京子「もう一人のお姉ちゃんみたい、だろ。でもこの前デートして印象変わったんじゃない?」



あかり「で、デートじゃないよぉ!」



京子「デートかデートじゃないかはどうでもいいんだけど、どうなの?」



あかり「ええっと」



ちなつ「京子先輩どうしたんですかね?」



結衣「ああ、ちょっとね」



結衣(先ずはあかりの気持ちも確かめないとね)



あかり「前とは変ったと思う」



京子「ほうほう、どんなふうに?」



あかり「わからないの」



京子「わからない?」

187 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:14:31.43

あかり「綾乃ちゃんと一緒にいるとね、お姉さんになった気持ちになれるの」



京子「お姉さんになった気持ちって?」



あかり「綾乃ちゃん、ちょっとそそっかしいところがあるから色々失敗しちゃったりするんだよぉ」



ちなつ「仲良くなったきっかけも杉浦先輩のうっかりだもんね」



結衣「それをフォローするからお姉さんになったみたいって?」



あかり「うん。でもあかりもドジだから失敗するのは同じで、そんなときは綾乃ちゃんが助けてくれるんだ」



京子「持ちつ持たれつってやつなんだな」



あかり「お姉さんになった気持ちと、新しいお姉ちゃんが出来たみたいな気持ちが一緒に感じられて、なんだか不思議な気持ちになるの」



結衣(そこまで悪印象はなさそうだな)



あかり「それにね、綾乃ちゃんあかりのことちゃんと見てくれるって言ってくれたんだ」



京子「それどういう意味?」



あかり「あかりがおめかししてても誰も気づいてくれなかったって言ったら、今はちゃんと見てるから大丈夫だって言ってくれたんだよぉ」



ちなつ(おめかしっていつのことだろう?)

188 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:15:07.20

あかり「あかりすごい嬉しかった。あかりのことちゃんと見ててくれる人がいるんだって」



あかり「妹みたいで、でもお姉ちゃんみたいで、あかりのこと見ててる言ってくれた人。上手く言えないけど大切な人だよぉ」



ちなつ「あ~、あかりちゃん、一つ確認するね。プリン作ってるときどんな気持ちだった?」



あかり「どんな気持ちって、おいしいって言ってくれるようなプリンをプレゼントしたいなって気持ちだよ」



ちなつ「けっこう失敗しちゃったんだよね?」



あかり「それでも綾乃ちゃんの笑顔が見たかったの。あのね、綾乃ちゃんは笑顔も綺麗なときと可愛いときがあって――」



ちなつ「うん、わかった。あかりちゃん、杉浦先輩のこと好きなんだね」



あかり「うん? 好きだけどそれがどうしたの?」



ちなつ「言い方が悪かったね、あかりちゃんは杉浦先輩に恋してるの」



あかり「ええっ!? 恋って、そんなことないよぉ!」



ちなつ「や、だって笑顔を見るためなら失敗も気にならないって、恋じゃなきゃなんなの?」

189 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:15:40.08

あかり「それは、お礼! お弁当のお礼だからっ!」



ちなつ「本当にそう思ってるなら、さっき聞いたときそう言ってるはずよね?」



あかり「で、でも、恋したらお胸がドキドキするんでしょ? あかり、綾乃ちゃんといるとむしろ安心するんだよ?」



ちなつ「それはそうだよ、好きな人がそばにいるんだもん。安心するのは当たり前だよ」



あかり「でも、だって……」



あかり(ひざまくらしてなでてくれたとき、気持ちよくて安心して……)



ちなつ「あかりちゃんが恋なんて、今日はお赤飯炊かなきゃね」



あかり「ち、ちがうよぉ! からかわないでよちなつちゃん! あかり、プリン届けに行ってくる!」



ちなつ「ついでに愛のメッセージも届けちゃえば?」



あかり「もお~! 知らない!」

190 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:16:10.67

ちなつ「いや~、けどあかりちゃんが杉浦先輩にですか。驚きましたね」



京子「う、うん」



結衣「ぐいぐいいくねちなつちゃん。おかげで助かったけど」



ちなつ「えっ、なにがですか?」



結衣「い、いや、なんでもないよ」



京子(これであかりの気持ちもわかったわけだけど)



結衣(どうするんだ? まだ好きかどうかわからないって感じだったけど)



京子(そこは綾乃にがんばってもらおう。おあつらえ向きの天気だしね)







あかり「はぁ、ちなつちゃんってば変なこと言うんだから」



あかり「……綾乃ちゃん」



――綾乃「今はちゃんとあかりのこと見てる!」



あかり「恋、なのかな?」



あかり(綾乃ちゃんが買ってくれたこのリボン。結局今日も誰も気づいてくれなかったけど……)

191 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:18:33.41

綾乃「はぁ……」



向日葵「最近杉浦先輩いつもああしてため息ついてません?」



櫻子「なんか元気ないね」



綾乃(今日こそは、今日こそは絶対、って昨日も同じこと考えたよね)



千歳(あれから告白どころか一回も赤座さんに会いに行かんで、ああやってため息ついてばかりやね)



あかり「こんにちは~」



櫻子「あっ、あかりちゃん!」



綾乃「っ!?」



向日葵「赤座さんが生徒会にくるなんて珍しいですわね」



あかり「綾乃ちゃんに用事があるの」



綾乃「な、なにかしら!?」



あかり(いつもどおりに、よしっ!)



あかり「この前のお礼のプリン。やっと作れたから持って来たんだよぉ」



綾乃「あ、ほんとに作ったんだ」



あかり「ふふ~ん、あかりだってこれくらいできるもん」

192 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:19:13.63

綾乃「い、いただきます」



あかり「どうぞ、めしあがれ」



綾乃「……おいしい」



あかり「やったぁ! がんばったかいがあったよぉ」



櫻子「いいなぁ、先輩、私にも一口くださいよ」



向日葵「やめなさい櫻子。お礼だと言ってたでしょう」



あかり「ごめんね櫻子ちゃん。これは綾乃ちゃんのために作ったプリンだから」



綾乃(私のために、そんな特別な意味はないんだろうけど、すごくうれしい)



櫻子「じゃあ今度は私に作ってよ」



あかり「材料なくなっちゃったから、とうぶん先になっちゃうけど」



櫻子「ええ~、しょうがない。向日葵作れ」



向日葵「なに偉そうに命令してますの、自分で作りなさいな!」



綾乃(材料がなくなったってことは、本当にがんばってくれたのね)



あかり「ふふっ」



綾乃「なっ、なんで私の顔見て笑うの? プリンついちゃってる?」

193 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:19:49.57

あかり「ううん、ほんとうにおいしそうな顔して食べてくれるから、あかりも嬉しくなっちゃったの」



あかり(おいしい物を食べるときの笑顔は可愛いんだよね)



綾乃「そ、そんな顔してる?」



あかり「してるよぉ、とっても可愛い顔してる」



綾乃「か、可愛い!?」



あかり「うん、可愛いよ綾乃ちゃん」



綾乃「と、と、年上、年上に可愛いとか言うんじゃないわよ!」



あかり「年上でも可愛いものは可愛いよぉ」



綾乃「も、もう!」



あかり「あ~、なんで背中向けるの? こっち向いてよぉ!」



綾乃「いやよ」



綾乃(こんな真っ赤な顔、見せられないわよ)



あかり「いいよ、あかりが動くもんね」



綾乃「私も動くわよ」



あかり「む~!」



櫻子「杉浦先輩元気出たみたい」



向日葵「そのようですわね」



千歳(一雨来そうやし、今日が勝負どころやね)

194 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:20:18.51

綾乃「おいしかったわ」



あかり「あんまり顔見れなかった」



綾乃「見せ物じゃないもの」



あかり「可愛かったのに」



綾乃「そ、そんなに見たかったら、ま、また作ってきなさい。私も、お弁当がんばるから」



綾乃(今度は全部一人で作れるように)



あかり「うん! それと綾乃ちゃん」



綾乃「なに?」



あかり「今度はほんとうに口にプリンついてるよ」



綾乃「えっ!?」



あかり「動かないで、とってあげるよぉ」



綾乃「や、自分でとれる」



あかり「はい、とれたよ」



綾乃「自分でとれるって言ったのに」



あかり「今日はお礼しに来たんだもん」



綾乃「そ、そう、まあ、ありがとう」



あかり「どういたしまして」

195 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:20:51.37

櫻子「これは、あかりちゃんも副会長の座を狙って印象をよくしようとしてるのか?」



向日葵「赤座さんがそんなことするわけないでしょう」



千歳「二人ともいちゃいちゃするんはいいけど、そろそろ下校時間やで」



綾乃「い、いちゃいちゃなんかしてないわよ!」



あかり「そ、そうですよぉ! 池田先輩まで変なこと言わないでください!」



千歳「うちまで?」



あかり「あっ、なんでもないです」



向日葵「雨が降ってますわね」



櫻子「ふっふ~ん、今日は傘持ってきたもんね」



向日葵「当たり前のことしてなにを偉そうにしていますの」



綾乃「雨、か」



綾乃(ぼーっとしてて天気予報見てなかったわ)



あかり「傘は鞄と一緒に部室に置いてきちゃったよぉ! 取りに行かなきゃ」



千歳「歳納さん達が持ってきてくれるって。玄関で待っとってって」



綾乃(また相合傘できるかも、なんて図々しいよね)

196 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:21:26.39

京子「ほい、あかり」



あかり「ありがとう京子ちゃん」



京子(綾乃が傘持ってるなら、あかりの傘もってっちゃおうと思ったけど)



綾乃(やっぱりだめ、千歳に頼もう)



綾乃「ちと――」



京子「千歳、私傘忘れちゃったから一緒に入れて!」



千歳「ええよ」



綾乃(ええっ!? じゃ、じゃあ大室さんか古谷さんに――)



櫻子「私が入れるの!」



向日葵「私の傘の方が大きいですわ!」



りせ「……」



櫻子「やった! 私の方に……って違うんですか?」



向日葵「今度は私の方へ? 二人の傘に交互に入るということでしょうか?」



りせ「……」コクリ



りせ(そうしないと帰れなさそうだし)

197 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:22:00.77

綾乃(会長も傘忘れてたのね。それだったら船見さんに)



ちなつ「あかりちゃん、がんばってね。私もがんばるから」



あかり「な、なにを?」



結衣(抱きつかれて歩きづらいけど、あかりと綾乃のためだ)



綾乃(吉川さんも!?)



あかり「えっと、綾乃ちゃんもしかしてまた傘忘れた?」



綾乃「や、あの……」



あかり「また一緒に帰ろっか」



綾乃「そ、その……はい、おねがいします」



あかり「なんで敬語?」



綾乃(こんな気持ちでまた相合傘なんて)



あかり(もっと一緒にいたら、この気持ちがなんなのかわかるかな)



京子(なんとかこの状況にまでもっていけたな)



結衣(あとはもう二人次第だ)



千歳(勇気出すんやで綾乃ちゃん)

199 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:22:32.58

千歳「ほな綾乃ちゃん、赤座さんまたな」



京子「風邪ひくなよ~」



あかり「ばいばい京子ちゃん、池田先輩」



綾乃「またね二人とも」



あかり「二人きりになっちゃったね」



綾乃「そ、そうね」



あかり「……」



綾乃「……」



綾乃(な、なにか話題、話題は)



あかり(綾乃ちゃんやっぱり気づいてないのかな)



綾乃(ん? あかりがいじってるのって、あれ私があげたリボン?)



綾乃「に、似合ってるわよ」



あかり「えっ?」



綾乃「だから、そのリボン」



あかり「ほんと?」



綾乃「ほんとよ。私も似合うと思って買ったんだし」

200 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:23:18.04

あかり「気づいてくれたんだね」



綾乃「言ったじゃない、あかりのこと見てるって」



あかり「……うんっ!」



綾乃(そうよ、私はあかりのことを見てるって言った。それなのに、いつまでもうじうじして、目をそむけてちゃいけないわよね)



綾乃「あかり、また少し家に寄ってくれないかしら?」



あかり「いいけど、どうしたの?」



綾乃「話したいことがあるの」







あかり「それで、話したいことって?」



綾乃(ここまで来たらもう逃げられないわ。覚悟を決めるのよ綾乃!)



綾乃「私、私ね、あか――」



――綾乃「私が好きなのはあかりじゃなくてあなただって言ったら――」



あかり「綾乃ちゃん?」



綾乃「……私ね、好きな人がいるの」



あかり「っ! そ、そうなんだ」



あかり(きっとあかりのことじゃないよね。残念なんかじゃないもん)

201 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:24:00.79

綾乃「でも、私はずっと前から別の人のことが好きだった」



綾乃「わからなくなったの。私はどっちのことが本当に好きなのか」



綾乃「そしたらその好きだった人に、好きになった人のことがバレちゃって、私になら任せられるって言われちゃった」



綾乃「それで、どうしてもがまんできなくて、私が好きなのがあなただったらどうするってその人の聞いたの」



綾乃「結果はまあお察しよ。任せられるなんて言われた時点でわかってたんだけどね」



綾乃「でもその人に私が今好きなのはあか――別の人だって言って、ようやく私は誰のことが好きなのかわかったんだ」



あかり「そう、だったんだ」



あかり(辛くなんかないもん。綾乃ちゃんが誰のことを好きだって、あかりは……)



綾乃「だからその人に告白しに行こうと思ったんだけど、色々といやな想像ばかりしちゃって」



あかり「いやな想像?」



綾乃「移り気だって思われたり、好きだった人にフラれたから選んだんでしょって思われたらどうしようとかそんなこと」



綾乃「ねえあかり、あなたはどう思う?」

202 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:24:52.29

あかり「どう、って」



綾乃「私のこと移り気で身勝手だって思う?」



あかり「そんなことないよ!」



あかり「あかりもね自分の気持ちがわからなくなることあるよ」



あかり「今も悩んでることあるし、それにどっちが好きかわからなくなるって言ったら、オムライスとうすしおのポテチ」



綾乃「は? オムライスとポテチ?」



あかり「うん、あかりどっちも大好きだけど、どっちの方が好きなのかなって迷うときがあるんだよぉ」



あかり「そんなときは食べ比べて、こっちの方が好きだって確認するの」



綾乃「あのねあかり、食べ物の話じゃないのよ?」



あかり「でも綾乃ちゃんだってどっちが好きなのか確かめてみたんでしょ?」



綾乃「そ、そうだけど」



あかり「だったら同じだよぉ。それに綾乃ちゃんはフラれたから選んだわけじゃないんだよね?」



綾乃「もちろんよ!」



あかり「それなら綾乃ちゃんは身勝手なんかじゃないよ。少なくともあかりはそう思う」

203 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:25:29.98

綾乃「あかり……」



あかり「綾乃ちゃんは胸を張ってその人に告白していいんだよぉ」



あかり(あかりは綾乃ちゃんの笑顔が好きだから。あかりに向けられたものじゃなくたって)



綾乃「ありがとうあかり。わかったわ、あなたの言うとおり胸を張って告白するわ」



あかり「それがいいよぉ」



綾乃「あかり、私が好きなのはあなたよ」



あかり「……えっ?」



綾乃「あんなこと聞いてからなんて卑怯かもしれないけど、私はあかりが好きなの」



あかり「えっ、だって、そんな、なんで?」



綾乃「雨の中わざわざ遠い私の家までついてきてくれる優しいところ。自分が傘を持ってるの忘れちゃうおっちょこちょいなところ。雷が怖くて抱きついたときのあったかさ。一緒の布団で寝ようって言ってくる可愛いところ。それに――」



あかり「も、もういいよぉ!」



綾乃「そうね、私も言ってて自分ではずかしくなってきたわ」

204 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:26:31.28

綾乃「仲良くなってからあんまり時間はたってないけど、それでもあかりの色んな姿を見てきたわ」



綾乃「どこか抜けてて目が離せなくて、でもしっかりしてるところに助けられて、がんばり屋さんで、いつも笑顔で可愛いあかりが、私は好き」



綾乃(やっと言えた。すごいはずかしいけどやっと言えたわ!)



あかり「も、もういいって言ったのにぃ~!」



綾乃「ごめんなさい。けどこれが私の本当の気持ちよ」



あかり「本当の気持ち……」



綾乃「あかりは? 私のことどう思ってる?」



あかり「あかりは、あかりはわからないの」



あかり「ちなつちゃんは恋だって言ってた。けど、恋ってドキドキするものなんだよね?」



あかり「はずかしくてドキドキしたことはあるけど、あかりは綾乃ちゃんといると安心するからドキドキしないの」



あかり「好きだって言ってくれてすごくうれしい。だけどあかりは自分の気持ちを確かめなきゃ、答えられないよぉ」



綾乃「確かめるってどうやって?」



あかり「……キス」

205 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:27:10.55

綾乃「き、キス!?」



あかり「う、うん。あかりが綾乃ちゃんのこと好きなら、前とはきっと違うと思うから」



綾乃(ま、前って、あっ、酔った千歳にむりやりされたときか)



あかり(あのときのちなつちゃん怖かったなぁ)



綾乃「で、でもキスって、もしあかりの気持ちが、その、違ったら?」



あかり「だ、だいじょうぶ、それで綾乃ちゃんのこと嫌いになったりしないから」



綾乃「や、でも……」



あかり「綾乃ちゃんがいっぱい悩んで伝えてくれたほんとうの気持ちに、あかりもほんとうの気持ちで答えたい」



あかり「だからおねがい綾乃ちゃん」



綾乃「あかり……わ、わかったわ」



あかり「ありがとう綾乃ちゃん……」



綾乃(うぅ、目を閉じてキスを待ってる顔、可愛いけど、可愛いけどぉ)



綾乃「あ、あかり、今ドキドキしてないの?」



あかり「し、してるけど、これはほんとうの気持ちがわかるかもしれないことへのドキドキだよぉ」

206 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:27:55.57

綾乃(ここまでくればほとんど確定してるようなもんでしょうに、強情なのか鈍感なのか。ほんとうの気持ちがわからなかったのは私も一緒だけど)



綾乃(ああもう! 好きな人とキスできるのになにを悩む必要があるの! どんどん攻めロンドンよ!)



綾乃「い、いくわよ!?」



あかり「う、うんっ!」



綾乃(あかりのにおい、雨となんだか甘いにおいがする)



あかり(制服貸してもらったときよりも強く、綾乃ちゃんのにおいがするよぉ)



綾乃(あかり、すごいふるえてる。怖いのかな? それとも期待してる?)



あかり(やっぱり怖いけど、いやなドキドキじゃないような気がする)



綾乃(あかりの息がくすぐったい……)



あかり(綾乃ちゃんの息、くすぐったい……もうこんなに近くにいるんだね……)



綾乃(だめだ、私も目を閉じて――)



あかり(まだ、かな――)



チュッ

207 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:28:28.19

綾乃(わぁ、やわらかい……)



あかり(ふあっ、綾乃ちゃんのくちびるやわらかいよぉ)



綾乃(ずっと、こうしてたい。だけど、これ以上してたらおかしくなりそう)



あかり「あっ……」



綾乃(そんな名残惜しそうな目で見ないでよ! 反則よそんなの!)



綾乃「で、ど、どうだったのよ?」



あかり「どう?」



綾乃「自分の気持ちに気づけたの?」



あかり「えっとね、すごいドキドキして、なんだかふわふわした気分になって、気持ちよくて……あと、プリン」



綾乃「プリン?」



あかり「プリンの味がした」



綾乃「っ! そ、それは、さっき食べたからっ!」



あかり「えへへ、ほんとにおいしいね」



綾乃「~~~っ! もう、ばかっ!」

208 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:29:14.43

あかり(ちなつちゃんのときとも、池田先輩のときとも違う。あたたかいこの気持ち。これが、恋なんだね)



あかり「綾乃ちゃん、あかりも綾乃ちゃんが好きみたい。ううん、みたいじゃなくて好き」



綾乃「そうでしょうね」



あかり「ええ~! なんなのそのうすい反応は!」



綾乃「だってわかってたもの」



あかり「だからってそんなの、嬉しくないの!?」



綾乃「嬉しいわよ」



あかり「そう見えないよぉ!」



綾乃「感情が振りきれて冷静になっちゃってるのよ。こう見えて、心臓すごいことになってるんだから。聞いてみる?」



あかり「う、うん」



綾乃「じゃあ、はい」ダキッ



あかり「うわっ、すごいドキドキしてる! 大丈夫なの?」



綾乃「大丈夫じゃないかもね。でもあかりも結構ドキドキしてるみたいね」



あかり「う、うん。だって好きな人に抱きしめられてるんだもん」

209 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:29:49.46

綾乃「私といると安心するんじゃなかったの?」



あかり「するけど、ドキドキもするようになったの!」



綾乃「そう、よかった。私はドキドキしっぱなしだったのに、あかりがしてないなんてしゃくだもの」



あかり「綾乃ちゃんはあかりと一緒のとき、ずっとドキドキしてたの?」



綾乃「ええ、してたわ」



あかり「そうなんだ」



綾乃「……」



あかり「……」



あかり綾乃(なにやってるんだろう私(あかり))



あかり「あの、二人とも好き同士なんだから、恋人さんになるんだよね?」



綾乃「そう、なるのかしらね?」



あかり「こ、恋人さんってなにするの?」



綾乃「わ、私だって知らないわよ!」

210 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:30:22.07

あかり「で、デート?」



綾乃「このどしゃぶりの中で?」



あかり「じゃ、じゃあ、もう一回キス、する?」



綾乃「こ、恋人同士になったからって、そんなに軽々しくするものじゃないわよ!」



あかり「そ、そっか、そうだよね」



綾乃「今までが急ぎすぎてたのよ。少し落ち着いてもいいんじゃない?」



あかり「うん、これからもまだ時間はいっぱいあるもんね」



綾乃「ええ」



あかり「これからよろしくね綾乃ちゃん」



綾乃「こちらこそ、よろしくねあかり」

211 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:31:52.43

数日後 生徒会



綾乃「私はあかりを迎えに行くから、また明日ね」



千歳「うん、ばいばい綾乃ちゃん」



櫻子「さようなら杉浦先輩」



向日葵「お気をつけて」



櫻子「ちぇっ、杉浦先輩あかりちゃんとつきあいはじめてから、いつもあかりちゃんと帰ってるよね」



向日葵「恋人なのですから当たり前ですわ」



櫻子「これじゃ次の副会長はあかりちゃんに決まったようなもんだよ」



千歳「綾乃ちゃんが決めるわけやないんやで?」



櫻子「けど有利になるじゃないですか!」



向日葵「有利も何も赤座さんは副会長に興味がなさそうじゃありませんの」



櫻子「杉浦先輩のそばにいたいからって、立候補するかもしれないじゃん! こうなったら私も!」



櫻子「会長! 私とつきあってください!」



向日葵「はぁっ!? なに言ってますの!?」



りせ「……」

212 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:32:59.13

櫻子「すごい冷めた目でこっちを見ていらっしゃる」



向日葵「あからさまに打算でつきあってくださいとか言うからですわ」



櫻子「打算じゃないし! 私、会長のこと好きだもん!」



向日葵「はいっ!?」



櫻子「髪めっちゃ綺麗でサラサラだし、人形みたいで可愛いし!」



りせ「……」カァ



櫻子「それに向日葵みたいにガミガミうるさくないし、お嬢様みたいな喋り方してる向日葵よりもよっぽど上品だし!」



向日葵「なんですのそのまるで私が下品かのような言い草は!?」



櫻子「実際そうだろ! そんなおっぱいぶらさげてさぁ!」



向日葵「あなたの方がよっぽど下品じゃありませんの! こんなのとつきあっては松本先輩の品性が問題視されてしまいますわ!」



向日葵「松本先輩、私とつきあいましょう」



りせ「……!?」



櫻子「こらおっぱい魔人! 私が先に言ったんだぞ!」



向日葵「後も先も関係ありませんわ。大事なのは松本先輩の気持ち。さあどうなんですの先輩?」



櫻子「私ですよね?」



りせ「……」オロオロ



千歳「ほらほら二人とも、会長困らせたらあかんてこん前も言われたやろ」



千歳(綾乃ちゃんが落ち着くまではうちがしきろう思うとったけど、案外しんどいわこれ)

213 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:33:37.03

あかり「綾乃ちゃんまだかな?」



京子「あかりぃ~、今日も綾乃と帰るのかぁ~?」



あかり「うん。ごめんね最近一緒に帰れなくて」



京子「ごめんって思ってるなら一緒に帰ろうよ~」



あかり「う、う~ん、あかりは綾乃ちゃんの恋人さんだから、綾乃ちゃんと一緒に帰りたいよ」



京子「うわぁ~! あかりに捨てられたよぉ!」



あかり「す、捨ててなんかないよぉ!」



ちなつ「なんなんですかあれ?」



結衣「応援したはいいけど、実際にあかりが離れたら予想以上に寂しくなったんだろうね」



京子「お願いだあかり、私を一人にしないでくれ~!」



あかり「いや、一人じゃないよね!?」



京子「私もうあかりなしじゃ、生きられない体になっちゃったんだよ?」



あかり「な、なんでそんなことになっちゃったの!?」

214 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:34:19.15

綾乃「あかり、迎えにきたわよ」



あかり「綾乃ちゃん!」



京子「出たな諸悪の根源め! あかりは渡さんぞ!」



綾乃「ちょっと、歳納京子?」



京子「あかりはうちの子じゃ~い!」



結衣「いい加減にしろ!」



京子「げぼ~!」



綾乃「一体どうしたの?」



ちなつ「あかりちゃんが離れちゃうのが想像以上に寂しかったみたいです」



綾乃「はぁ、あなたねぇ、私にがんばれだの、あかりを任せられるだの言ったくせに」



京子「うぅ、あかりぃ……」



あかり「……京子お姉ちゃん。あかりは離れてても、ずっと京子お姉ちゃんのこと大切に想ってるから」



京子「あ、あかり……そうね私はお姉ちゃんだもの。いつまでも情けない姿見せてられないわね。いってらっしゃい、あかり」



あかり「いってきます!」



綾乃結衣ちなつ(なにこの茶番)

215 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:35:12.71

京子「あぁ~、あかりぃ~」



ちなつ「また戻ってるし」



結衣「まったく、お前が望んだとおり、あかりは恋して少し大人になったんだぞ」



京子「やだやだ! 大人になんかならなくていいの!」



ちなつ「もううっとうしいから、ネバーランドでもどこでもどっか行っちゃってください!」



京子「ちなつちゃんまで冷たい~!」



ちなつ「はぁ、疲れる」



結衣「こいつはほんとにもう」



ちなつ「人を子供っぽいとか心配するなら、自分が大人になってくださいよ」



京子「えっ、ちなつちゃん私と大人の階段昇りたいって?」



ちなつ「言ってませんよ!」



結衣「変わり身早いな!」



京子「ふっふっふ、私は大人だぜ? なにせ今度のコムケの題材は私によるあかりNTR本だとたった今決め――」



結衣「やめんか!」

216 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:35:52.11

綾乃「歳納京子ったら!」



あかり「ふふふ、でもあかりはちょっと嬉しいな。京子ちゃんがあれだけあかりのこと大切に思ってくれてるってわかって」



綾乃「わ、私の方が大切に想ってるわよ!」



あかり「それはわかってるよぉ」



綾乃「だ、だったらいいのよ」



あかり「えへへ、やっぱり綾乃ちゃんは可愛いね」



綾乃「だ、だからっ! 年上に可愛いとか――あら?」



あかり「わっ、わっ、雨? 晴れてるのに?」



綾乃「天気雨ね。すぐ止むだろうけど、これ使いましょう」



あかり「折り畳み傘?」



綾乃「もう二度と傘忘れたりしないように、鞄に入れておくことにしたのよ」



あかり「あかりは今日傘持ってきてないよぉ」



綾乃「ならやっとお返しができるわね。折り畳みだから少し窮屈だけれど」



あかり「ありがとう綾乃ちゃん!」

217 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:37:26.95

綾乃「あかり濡れてない?」



あかり「大丈夫だよ綾乃ちゃん」



綾乃(あれから恋人らしいことなんてしてないし、あかりとの仲はあんまり進展してない)



綾乃(けど、ゆっくりだけど、着実に前に進んでる。普通の傘と折り畳み傘の大きさの差分、距離が縮まったみたいに)



綾乃(そう、ゆっくりでいいわ)



綾乃「天気雨が上がったあとはね、虹が出やすいのよ」



あかり「へぇ~、だったらこの雨があがったら出るのかな?」



綾乃「探してみましょう」



あかり「うん!」



綾乃(こんなふうに他愛のない会話をしながら、ゆっくりと距離を縮めていけばいい)



あかり「あっ、雨あがったよ!」



綾乃(ゆっくりと、恋人らしくなっていけばいい)



あかり「もっとお空をよく見渡せるところに行こうよ!」



綾乃「ええ。ちょっと待ってね、傘しまうから……よし!」



あかり「虹出てるかな?」



綾乃「出てるわよ、きっと」



あかり「そうだよね、きっと出てるよね」



綾乃「ええ、それじゃあ行こっか、あかり!」



あかり「うん! 綾乃ちゃん!」

218 : ◆OZdrvgD4ZQ :2014/06/26(木) 00:38:39.35

これで完結となります

あまり待たせないとか言っといて最後までこの体たらくですが、今までお付き合いいただきありがとうございました

219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/26(木) 00:41:02.99



素敵な話だった



ゆるゆり♪♪ ラバーキーチェーンマスコット 全4種セット
ゆるゆり♪♪ ラバーキーチェーンマスコット 全4種セット
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/07/01 13:30 ] SS一覧 ゆるゆり | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: