fc2ブログ


向日葵「さくひま、ひまさく短篇集」櫻子「誕生日!!」

1 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:20:27.79

①:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)

櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)

櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)

櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」

櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)

櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」



…………………………………

櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪」

綾乃「古谷さん、お誕生日おめでとうー♪」

千歳「おめでとうな~♪」

松本「♪」

西垣「松本もおめでとうと言ってるぞ」

向日葵「皆さん…私の為にわざわざ…時間をとって頂いて本当にすいません」

綾乃「いいの。これも普段から頑張ってる古谷さんの為なんだから」

千歳「せやでー。それにこういう時は『すいません』じゃなくて、『ありがとう』でええんよ~」

向日葵「先輩方々…はい!今日はありがとうございます!」

櫻子「それはもういいからケーキ食べよっケーキ♪」

向日葵「はぁ…あなたは本当に…」



綾乃「ふふっ。大室さんらしくていいじゃない」

向日葵「杉浦先輩がそう言われるなら…」

YURUYURI♪♪ 2nd.Series BESTALBUM ゆるゆりずむ♪2

5 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:42:02.28

 

………





櫻子「いっただっきま~す♪」



櫻子「もぐしっもぐしっ!うめぇ!」



向日葵「って、なんで私の皿のケーキを食べてますの!?」



櫻子(ふふふふふふふふふ)



櫻子(罠にかかったな!向日葵め!)



櫻子(私が向日葵のケーキを食べてしまえば、向日葵は私のケーキを食べることになる!)



櫻子(そうすると、自然に私が向日葵に『あーん』をすることに!)



櫻子(そして、向日葵に『あーん』で使ったフォークを私が使えば…)



櫻子(その…か、かかかかかかかか)



櫻子(間接チューに…)



櫻子(//)カァー





櫻子(さあ、向日葵!私のケーキが食べたいと言え!)

6 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:42:34.61

向日葵「…」ジー



櫻子「もぐもぐ」



向日葵「はぁ…仕方ありませんわね」



櫻子(キタ!!)





チュッ





向日葵「ん…ふ…ちゅっ…ちゅるっ」



櫻子「んっ!?」



向日葵「ぴちゃ…れるっ……」





向日葵「ぷはぁ」









向日葵「櫻子の中の私のケーキは全部頂きましたわ♪」



櫻子「あふぅ…//」







綾乃「∵」





① 終わり

7 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:52:00.22

②:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう!」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





…………………………………





櫻子「向日葵、誕生日おめでとう!」



向日葵「ありがとう、櫻子」





櫻子「誕生日祝いにこれをあげる」



向日葵「え?」



櫻子「んっ」



向日葵「?」



櫻子「早く」





向日葵(櫻子が…目を閉じて、こっちを見てますわ…)



向日葵(…)







向日葵(ぷ、ぷぷぷぷぷぷぷプレゼントって)





向日葵(櫻子のファーストキス!?)

8 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:52:27.88

向日葵(ちょ、ちょっと落ちついて私!)



向日葵(そ、そもそも櫻子のファーストキスの相手は撫子さんか花子ちゃんで)



向日葵(いや、でももしかしたら、小さい頃の私の可能性も…)



向日葵(って、私!?)





向日葵(…)



向日葵(いや、冷静になるのよ。大室向日葵…あれ?古谷でしたっけ?)



向日葵(まぁ、大室向日葵でいいですわよね)





向日葵(えーと…)



向日葵(とにかく、これは試練ですわ。いかに上手にキスするか…)



櫻子「はやく」



向日葵「っ~//」



向日葵(あああああああああああああああああああああああああああああ)



向日葵(目を閉じて、身を任せてる櫻子可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い)



櫻子「…」



向日葵(あーーーーーーーーーーーーーーーーーー//)





櫻子(早くナデナデしてくれないかな?)

9 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:53:00.21

向日葵(覚悟を決めますわよ!!)







チュッ







櫻子「へ?」



櫻子(え?いま、何があったの?)



向日葵「そ、その…ディープキスっていうんでしたっけ?」



向日葵「そういうのは私達には、まだ早いと思うんですの。だから…はぅ//」



櫻子(ディープ…『キス』!?)



櫻子「っ//」カァー





向日葵「えーと、その…順番が無茶苦茶になったかもですが…」



向日葵「私、櫻子の事が…」





櫻子「ひ」



向日葵「す…」







櫻子「向日葵のバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカ」



櫻子「ばーーーーーーーーーか!!」





向日葵「き………………え?」





ダダダダダダダッ





向日葵「行ってしまいましたわ…な、なんなんですの…もうっ」











櫻子「嬉しくなんか嬉しくなんか嬉しくなんか」



櫻子「嬉しくなんかないんだからな!ばーーーーーか!」









② 終わり

10 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 20:53:34.36

■②捕捉



向日葵「って、なんでナデナデがプレゼントですのよ!?」



櫻子「はぁ!?櫻子様の綺麗な髪が触れるんだぞ!」



向日葵「はぁ!?意味が分かりませんわ!」



櫻子「サラサラヘアーが触れるんだぞ!嬉しがれよ!」



向日葵「…」







向日葵「ま、まぁ…たしかに嬉しくない事もないですが…」



櫻子「っ!?」











「なに赤くなってんだよ!ばーーーーか!」



「あなたの方が真っ赤ですわよ!!」

11 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:00:15.50

③:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう!!」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





…………………………………





櫻子「向日葵、誕生日おめでとう!!」



向日葵「…」



櫻子「ほら、櫻子様が祝ってやってるんだぞ。もっと喜べ、うまやえ…やまうえ?」



向日葵「敬えですわ」



櫻子「そう。それそれ」



向日葵「ちなみに、今何時だと思ってますの?」



櫻子「え?6月16日ちょうどだけど?」



向日葵「そう、ちょうど0時よね?」



櫻子「一番目に祝ってあげるなんて、さすが櫻子様ですわ!」



向日葵「その口調…とってもムカつきますわね」



櫻子「ムカつきますわー♪」



櫻子「やべぇ!楽しくなってきた!」



櫻子「うーですのー♪」



向日葵「…」







バキッ





向日葵「おやすみなさい。櫻子」



櫻子「ちょ、ちょっと待って!」



向日葵「はあ?なんですの?」



櫻子「お腹ペコいからラーメン作って」



向日葵「消えろ」







………





向日葵「はぁ。なんであんなに頭が残念なのかしら…」



向日葵「ったく、こんな時間にお腹が減るなんて…」



向日葵「はぁ…」



向日葵「…」





向日葵「ラーメン------」

12 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:01:07.77

「やっぱり、向日葵もお腹減ってたんじゃん」



「あなたに合わせたんですわよ!」



「もぐしっ!うめぇ!うめぇ!」ズルズル



「まぁ、たまにはこういうのもいいですわね…」



「?」



「ほら、早く食べて帰りなさい。明日も…今日も学校なんですから」





「って、なんで私のラーメンも食べてるのよ!?」



「だって、向日葵のラーメンも美味しそうだったんだもん!」





「同じラーメンなんだから、味は一緒でしょ!このバカ!」





「向日葵のバカ!バカって言った方がバカだもんね!」





「ぐぬぬぬぬぬぬ」バチバチ

「ぎぎぎぎっぎぎぎ」バチバチ











③ 終わり

15 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:27:17.33

④:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪♪」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





…………………………………





櫻子「向日葵、誕生日おめでとう♪♪」



向日葵「ありがとう櫻子」



櫻子「ケーキ食べさせてっ♪」



向日葵「さようなら櫻子」



櫻子「ちょ、ちょちょちょっと待って!」



向日葵「なんですの?私は忙しいんですのよ?」

16 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:28:13.08

櫻子(くっ。さすが私の永遠のライバル!向日葵!)



櫻子「私の『あーん』でイチャイチャ大作戦を見破るなんて!」



櫻子(で、でもどうしよう…)



櫻子「そ、そうだ!だったら、私がケーキを買ってくれば!」



櫻子「…」



櫻子「でも、今月のお小遣い使っちゃった…」



櫻子「はぁ…『あーん』したかったなぁ…」



向日葵「え、えーと…//」





櫻子(ん?向日葵が真っ赤になってる?)



櫻子「どうかしたの?向日葵?」



向日葵「お、お小遣いがないなら仕方ありませんわね」



向日葵「どうせケーキも余ってますし…やっぱり、食べていきます?」





櫻子(ようやく私の存在価値がわかったか下僕め!)



櫻子「やったぁー♪食べる食べるー食べさせてー♪」



向日葵「っ//」





楓「さっきから、櫻子お姉ちゃんの心の声がダダ漏れなの」



櫻子「…へ?」



向日葵「//」





櫻子「え?」



向日葵「ま、まぁ、私も嫌いじゃありませんわよ//」



櫻子「っ//」ボンッ









「ち、ちげーーーーし!変なこと、考えてんじゃねーーーバーーーカ//」



「顔を真っ赤にして言っても説得力ないですわよ!」



「っ!?」







「って、ちょっと物を投げないでくださる!?」















④ 終わり

17 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:49:20.74

⑤:櫻子「ひまわり、誕生日おめでとう」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」



櫻子「その為にはまずプレゼント!」





…………………………………





櫻子「ねーちゃんは向日葵の誕生日プレゼントどうするの?」



撫子「イヤホンのちょっといいやつ。最近ひま子、音楽を良く聴いてるしね」



櫻子「じゃあ、それ頂戴」



撫子「ごめん。私のわかる言語で喋ってくれる?」



櫻子「ねーちゃんのプレゼントを私に頂戴って言ってんの!」



撫子「櫻子…」



花子(撫子お姉ちゃんが心底可愛そうな目で櫻子を見ているし)

18 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:50:17.98

 

………





向日葵「…で、なんですの?」



櫻子「ねーちゃんからプレゼント貰ったんだろ!早く見せろ!」



向日葵「まぁ…いいですが…」











櫻子「おぉー。高級イヤホン!さっそく音楽を聴いてみよう!」



~♪



向日葵(…聴いてますわね…)



櫻子「~♪」



向日葵(すごく機嫌がよさそうですわ…どうでもいいですけど)



櫻子「おぉぉぉぉ!」



向日葵「ほら、もう終わり。早く返して」



櫻子「ほら、この音楽を向日葵も聴いてみて!」



向日葵「へ?」

19 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:51:02.26

 

………





櫻子「~♪」



向日葵(イヤホンの片方を櫻子が…あと片方を私が装着して…)



向日葵(って、櫻子!?)



向日葵(近い!近い近い近い!!!)



櫻子「ふんふ~ん♪」





向日葵(櫻子が音楽にあわせて、頭を揺らして…たまに私の肩に!?)



櫻子「ふんふ~ん♪」



向日葵(…あわわわわわわわ//)



櫻子「~♪」

20 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:51:51.63

向日葵(し、しかもすっごい笑顔)



向日葵(うぅ…隣でこんな顔されたら…)



向日葵(不覚にも…本当に不覚ですが、ドキドキしてしまいますわ//)





櫻子「向日葵?」



向日葵「ひゃいっ!?」





櫻子「今のところ聴いてなかったでしょ?」



向日葵「え、えーと…」



向日葵(あなたが可愛すぎて聴く所じゃありませんわよ!)





櫻子「ほら、もう一回聴こっ」



ピトッ



向日葵「へ?」





向日葵(きゃああああああああああああああああああ//)



向日葵(櫻子が完全に横にくっついてーーーーーーーー///)



向日葵(うぅ…//)

21 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 21:52:22.18

櫻子(ん?)



櫻子(向日葵め…また聴いてないな)



櫻子(ったく、これだからおっぱいなんだよ!)



櫻子(…)



櫻子(…おっぱい?)



櫻子(そういえば、向日葵のおっぱいが近いような…)



櫻子(!?)





バッ





向日葵「え?櫻子?」



櫻子「っ~//」カァー



向日葵「さ、櫻子?」



櫻子「な、ななななななんで、こんなに近くにいるんだよ!」



向日葵「あなたが近付いてきたんでしょ!何を言ってるのよ!」





櫻子「顔真っ赤だったくせに!キッモ!!」



向日葵「あなただって、りんごのように真っ赤ですわよ!」



櫻子「なってないもんね!向日葵のバカ!」



向日葵「なんですって!」



櫻子「なんだと!」





向日葵「ぐぬぬぬぬぬ」バチバチ

櫻子「んぎぎぎぎぎぎ」バチバチ









⑤ 終わり

22 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:11:16.40

⑥:櫻子「おっぱい誕生日おめでとーおめでーと~♪」



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





…………………………………





櫻子「というわけで歌をつくりました」



向日葵「は?」



櫻子「おっぱい誕生日おめでとーおめでーと~♪」



櫻子「ふんふんふーん♪」



櫻子「ぼいーんぼいぼいーん♪」



櫻子「ふんふんふーん♪」



櫻子「あなたは櫻子様に和牛の牛の豚バラをたべさせたくなーる」



櫻子「はいはい!はい!わっしょい!」



向日葵「…」

23 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:11:52.97

櫻子「どうだ!?おっぱい!」



向日葵「ええ、あなたがバカという事が改めてわかりましたわ」ニコッ



櫻子「なんだと!?」



向日葵「ついでに、あなたってとても歌が下手なんですのね?」



櫻子「いーや!私の方が歌が上手だもんね!」





向日葵「じゃあ、私が『きらじゃないもーん』を歌いますわ」



櫻子「!?」



向日葵「これで、あなたより上手ということを証明してさしあげますわ!」



櫻子「じゃ、じゃあ、私は『それは恋ではないですの?』を歌うもんね!」



向日葵「なっ!?」

24 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:12:37.42

 

………





ちなつ「…私達なんで呼ばれたんだっけ?」



あかり「え、えーと…櫻子ちゃんと向日葵ちゃんの歌を聴いて、どっちが上手か判定する為…だと思うよ?」





櫻子「ぐぬぬぬぬぬ」



向日葵「さ、櫻子も中々やりますわね」



櫻子「じゃあ次は『恋のダブルパンチ』を歌うもんね!」



向日葵「じゃあ、私も一緒に『恋のダブルパンチ』を歌いますわ!」



櫻子「今度こそどっちが上手か決めるんだから!」



向日葵「私が櫻子に劣るなんてありえませんけどね!」



櫻子「なんだと!?」



向日葵「なによ!」



櫻子「んぎぎぎぎぎぎ」バチバチ

向日葵「ぐぬぬぬぬぬ」バチバチ





ちなつ「デュエット曲を一緒に歌うとか…イチャイチャするなら二人っきりでやってよ」



櫻子「ちなつちゃん!?」



向日葵「よ、吉川さん!これはイチャイチャじゃなく、あくまでも勝負して…」



ちなつ「はいはい。勝負ね。勝負」

25 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:13:07.44

 

~♪



あかり「あっ、そろそろ曲が始まるよぉ~」



櫻子「よ、よーーーし!向日葵!負けないんだからね!」



向日葵「も、もちろんですわ!」



ちなつ「はいはい。二人ともニヤニヤしながら言っても説得力ないから」





櫻子「ち、ちなつちゃん!?」



向日葵「に、ニヤニヤなんてしてませんわ!」



ちなつ「はいはい」





櫻子「これも向日葵のせいだぞ!」



向日葵「あなたのせいよ!」



ちなつ「はいはい」





向日葵「吉川さん信じてください!!」



櫻子「あーーーーーーもうっ!ちげーーーーーしーーーーーーーー」











⑥ 終わり

26 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:22:00.14

⑦:櫻子「向日葵、誕生日おめでとう」



櫻子「…」



櫻子「…………」



櫻子「…………………」



櫻子「!!」



櫻子(あれ!?あまり誕生日を祝ってない!?)



櫻子(そ、それにイチャイチャも全然してない気が…)



櫻子「って、別にイチャイチャなんかしたくねーし!」



向日葵「」ビクッ





向日葵「び、びっくりしましたわ…急に大声を出さないでくださる?」



櫻子「うーん…」



向日葵「って、私の話…聞いてませんわね」

27 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:23:28.78

櫻子「やっぱりプレゼント…」ブツブツ



向日葵「!?」



向日葵(も、もしかして、私の誕生日を覚えてくれて!?)



櫻子「喜ぶものは…」ブツブツ



向日葵(ふふっ。あんなに真剣に悩んでくれて…素直に嬉しいですわね)



櫻子「うーん…」



向日葵(櫻子ー。何でもいいですわー。あなたがそんなに真剣に選んでくれたものなら、何でも嬉しいですわよー♪)





櫻子「やっぱり牛乳か!」クワワッ



向日葵「なんでよ!!!」





櫻子「って、向日葵いたの!?」



向日葵「ずっといましたわよ!」

28 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:24:11.13

櫻子「はい、牛乳あげるね」



向日葵「って、それあなたの飲みかけでしょ!?そ、そそんなの貰えませんわ!」



櫻子「はぁ?この牛乳はとっても栄養があるんだぞ。いいから飲め」



向日葵「い、いえ、そういう意味じゃなくて…」



櫻子「じゃあ、どういう意味だよ?」





向日葵「そ、それを飲んだら…その…………間接…キス…で…その…」



櫻子「なっ!?」





櫻子「い、今までは気にせず飲んでただろ!何意識してるんだよ!バカっ!」



向日葵「わかりましたわよ!じゃあ普通に飲みますわよ!」



櫻子「や、やっぱり飲んじゃだめ!!」



向日葵「え?」





櫻子「え?あ、あの…その…」



櫻子「//」カァー



向日葵「も、もしかして…その…」



向日葵「意識してる?」



櫻子「なっなななななななななななな//」







「きゃぁぁぁ!牛乳を投げないで!」



「違うもんね!違うもんね!違うもんね!」



「わかった、わかったから、わかりましたからーーーーー」









⑦ 終わり

29 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:30:02.20

⑧:さくらこ「ひーまーちゃん、お誕生日おめでとう♪」



■幼少期



さくらこ「ひーまーちゃん、お誕生日おめでとう♪」



ひまわり「ありがとう。さーちゃん♪」



さくらこ「はい、プレゼント♪」



ひまわり「わぁっ。花で作った指輪だぁー♪」



さくらこ「うん。お母さんに手伝って貰って一生懸命作ったのー」



ひまわり「ありがとう。さーちゃん。大切にするねっ♪」



さくらこ「えへへ~。大切にしてくれて嬉しいな~」



ひまわり「わたしもさーちゃんからの指輪嬉しいなぁ~」





ひまわり・さくらこ「えへへ~」







■現在



櫻子(イチャイチャイチャイチャしたい!)



櫻子(だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!)



櫻子(それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!)



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子(そうだ!今日は向日葵の誕生日…)



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





撫子「はぁ…なんでこうひねくれちゃったんだか…」



櫻子「ね、ねーちゃん、盗撮禁止//」



向日葵「うぅ…//」









⑧ 終わり

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/16(月) 22:35:23.96

牛乳投げられたひまちゃんって牛乳まみれなの?

ふぅ……

31 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:38:25.18

⑨:櫻子「向日葵、13歳の誕生日おめでとう♪」



櫻子「イチャイチャイチャイチャしたい!」



櫻子「だからといって、向日葵とイチャイチャなんかしたくねーし!」



櫻子「それに、私から要求するのは負けた気がした嫌!」



櫻子「ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ!」



櫻子「そうだ!今日は向日葵の誕生日…」



櫻子「待っていろ向日葵!今日は徹底的に祝ってやるからな!」





向日葵「あ、あの…」



櫻子「って、向日葵いたの!?」



向日葵「その…私から要求すれば、えーと…イチャイチャしてくれますの?」





櫻子「!?」

32 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:39:52.87

■次の日の朝



チュンチュン



向日葵「…」



櫻子「…」





向日葵「ふぅ…世の中は摩訶不思議ですわね」



向日葵「だって、なぜか裸の櫻子が隣で寝て…」



櫻子「って、不思議ってなんだよ!」



向日葵「あら?起きてた?」



櫻子「あたりまえだし!それにこんなのイチャイチャじゃないし!



向日葵「ごめんなさい。櫻子が嫌な事をしちゃって…」





櫻子「あっ…その…嫌ってわけじゃないけど…もうちょっと優しくしてほしかったかなって…」



向日葵「…」ムラッ



櫻子「ひ、向日葵?」



向日葵「櫻子…可愛すぎですわ…」



櫻子「え?」



向日葵「ね?櫻子?もう一回…ね?」ゴゴゴゴゴ



櫻子「え?え?向日葵……さん?」







「きゃあああああああああああああああああ」









⑨ 終わり

33 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:57:55.96

⑩:櫻子「向日葵の誕生日なんて祝ってあげない事もないんだからねっ」





櫻子「あれ!?今日、向日葵の誕生日じゃん!?」



撫子「え?今更?」



櫻子「プレゼント用意してなかった…」





撫子「ったく、ひま子の誕生日を忘れるなんて…」



櫻子「違うもんね!月曜日に生まれる向日葵がいけないんだ!」



櫻子「月曜日は憂鬱な日だから忘れやすいだけだし!」



花子「…ちなみに去年の6月16日は日曜日だったし…」



櫻子「え?どういうこと?」





撫子「とりあえず、その話は置いておこっか」



櫻子「??」



撫子「えーとじゃあ、櫻子にリボン巻いて『プレゼントは私♪』って言えばひま子喜ぶと思うよ」



櫻子「それやったら向日葵に襲われた………」



撫子「そ、そう」

34 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:58:40.03

 

………





櫻子(ねーちゃんに『ちゃんと自分で考えな』って言われた…)



櫻子(う~ん)



櫻子(何をあげたら向日葵は喜ぶかな…)



櫻子「って、なんで私が向日葵の為に悩まなきゃいけないの!?」



櫻子「あーもうっ。やめやめ!面倒!」



櫻子「…」



櫻子「うーん…」



あかり「あっ、櫻子ちゃん。偶然だね~。デパートでお買い物?」



櫻子「…」ジー



あかり「さ、櫻子ちゃん?」



櫻子「お団子とか喜ぶかな?」



あかり「え?」

35 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 22:59:18.96

 

………





ガララッ



櫻子「喜べっ向日葵っ」



向日葵「はぁ…家に来る時はベルを鳴らして欲しいですわ…」



向日葵「…で、なんの用ですの?」



櫻子「えへへ~。じゃーーーん」



向日葵「え?花束?」





櫻子「ふふーん。綺麗でしょ?」



櫻子「『花より団子』って事で、綺麗な花ばかりを選んだの」



向日葵「え?団子?えーと、何これ?」



櫻子「はぁ?プレゼント!プレゼントに決まってるじゃん!」



向日葵「え?櫻子が?私に?」



櫻子「あたりまえじゃん!ったく、頭までおっぱいになったか!?このおっぱいヘッド!頭ぼいーん!」



向日葵「はぁ…相変わらず意味がわかりませんわ…」



櫻子「なんだと!!」











向日葵「でも、ありがとう櫻子」









 

36 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 23:00:21.11

向日葵「こんなに綺麗な花束…。ふふっ。櫻子がこんな女の子らしいプレゼントを…ふふっ♪」



櫻子「なんだよ…文句あるの?」



向日葵「いいえ。素直に嬉しいんですのよ」



櫻子「ふふん。まぁ、さすが櫻子様ってところだよね」



向日葵「ふふっ。そうですわね」



櫻子「…なんかムカつく」



向日葵「まぁ、それよりご馳走を作りましたの。食べます?」



櫻子「食べる♪いやー向日葵が黒毛和牛の焼き肉を作ってくれるなんて、太っ腹だなー」



向日葵「乙女にむかって『太っ腹』とかー櫻子ったらー♪」



櫻子「あははははははー♪」



向日葵「次は容赦しませんわよ?」



櫻子「…はい」

37 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 23:01:08.19

向日葵「まぁ焼き肉ではありませんが、ほら家にあがって」



櫻子「おっけー」





スタスタスタ







櫻子「あっ、そうだ」



向日葵「ん?どうかしましたの?」













櫻子「向日葵!誕生日おめでとう!」



向日葵「ふふっ。ありがとう櫻子」



櫻子「私の誕生日も忘れず祝えよっ」



向日葵「はいはい」



向日葵(ったく、私があなたの誕生日を忘れるなんてありえないですわ)

38 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 23:01:35.53

 















「ハッピバースデー トゥーユー」



「ハッピバースデー ディア ひまわりー」



「ハッピバースデー トゥーユー」





\パーンパーン/



\パーンパーン/







「向日葵ー誕生日おめでとーーー♪」



















       終わり

39 : ◆xW69XHZIXl2A :2014/06/16(月) 23:02:07.26

これにて終わりになります。

読んでくれてありがとうございました!

また、機会があればよろしくおねがいします!





あと、向日葵ちゃんお誕生日おめでとう!

40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/16(月) 23:03:40.36

終わってしまった……

乙!!!

また書いてくださいですわああああああああああああああああ!!!



ゆるゆり♪♪2013年カレンダー 【カレンダー】
ゆるゆり♪♪2013年カレンダー 【カレンダー】
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/07/02 12:00 ] SS一覧 ゆるゆり | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【217件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: