FC2ブログ


提督「成層圏で昼食を」

1: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:08:13.81 ID:p36lE3hT0

艦これSS。同じ艦娘が複数体存在する設定、キャラ崩壊注意


特装版 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します!4 (ファミ通文庫)

2: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:09:01.49 ID:p36lE3hT0


――

――――


「ホントウニ、ワタシヲニガシテ、イイノカ」

「ここに居たって頭のお堅ーい連中に捕まるだけよ」

「それよりもアナタには、やってもらわなきゃ困る事があるの」

「オマエガ、コマル?」

「そ。アナタのお仲間にも愛を伝えて」

「アナタが愛の伝道師になるのよ」

「ワタシガ?」

「デキルダロウカ?」

「アナタになら出来るわ。いえ、アナタにしか出来ない事なの」

「ル級さんなら大丈夫ですよ!私が保証します!」

「フブキ」

「……ワカッタ。ゼンリョクヲ、ツクソウ」


3: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:09:41.28 ID:p36lE3hT0


「……さて、アッチはアレでいいとして……吹雪、ちょっとこのドック滅茶苦茶にしてくんない?」

「いいんですか?」

「ここの修理費なんて、この戦争を終わらせる事に比べたら安いモンよ。さ、ぱーっとやってちょうだい」

「解りました!ラブ!アンド!ピイイイイイイイイイイイイイイイイスッ!!」


「うわー大変だー。確保していたル級が逃げたぞー」

「どこだー、どこに逃げたー」

「大変だー。宿舎に泊まってる軍の人達の安全を第一にしろー」


―――

――


4: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:10:21.08 ID:p36lE3hT0


――数日後・パラオ泊地


比叡「全艦大破により撤退……スコールと高波の影響により……」

比叡「旗艦、金剛……航行不可となり……」

提督「……もういい……」ギュッ

比叡「……うっ……うぅっ……」


朝潮「司令!大変です!近海に深海棲艦の姿が確認されました!!」

提督「な……戦力は!?」

朝潮「はいっ!それが――」


5: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:11:03.38 ID:p36lE3hT0


カ級「……」

金剛「……もう大丈夫ですヨ……降ろして下さいネ……」

カ級「……」

金剛「このまま進んだら……アナタが撃たれてしまうネ……」

カ級「……ナラ、ソレデイイ」

金剛「ダメですヨー……アナタはワタシの恩人デス……」

金剛「一緒なら砲弾の雨より……ティータイムを楽しみたいネ……」


カ級「……?」

金剛「あれは……偵察機ですネ……」フリフリ

カ級「……」

カ級「……」フリフリ

金剛「……アナタは……手を振らなくていいんデスヨ」クスッ

カ級「……?」


6: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:12:09.71 ID:p36lE3hT0


某月某日 パラオ泊地にて

単艦、海上に姿を現したままの深海棲艦カ級が

悪天候により未帰還であった金剛を曳航してきた

この件に関しては関係者一同口外を禁じられ

その日の戦闘詳報、及び当直日誌にも記述されていない

この情報が公開されたのは――


7: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:13:09.80 ID:p36lE3hT0


――数日後・ジャム島近海


扶桑「……もうすぐ撤退ポイントよ。皆、もう少しだけ頑張って」

摩耶「あんだぁ?まだ来てないのか、あの野郎」

摩耶「こっちは全員損傷してるってのによー……」

瑞鶴「まさか、コッチに来るまでに敵に襲われてたり……?」

加賀「滅多な事を言わないで頂戴」

瑞鶴「す、すいません……」

曙「ま、あのクソ提督なら大丈夫でしょ。悪運だけは強いんだから」

漣「そう言いながらも心配する曙であった」

曙「ちょっと。変なナレーション入れないで」

漣「サーセン」


8: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:14:03.87 ID:p36lE3hT0


扶桑「……っ!三時の方向より深海棲艦!重巡1!雷巡2!軽巡3!」

摩耶「はぁ!?」

曙「もうっ!こんな時に!」

扶桑「加賀さん、航空援護をお願いします」

加賀「はい。任せて下さい」

瑞鶴「私は弓も折れちゃってるから……前に出ますね」

加賀「……無理はしないで頂戴」

瑞鶴「解ってますよ」ニッ

摩耶「駆逐二人は下がってな。いくら避けられるつっても大破じゃハラハラしちまう」

曙「うっ……わ、解ったわ……」

漣「ぐぅ、何も言えねぇ……おぉ?」


9: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:15:03.87 ID:p36lE3hT0


漣「……っ!メシマズ!!お昼の方からも深海棲艦!!」

曙「十二時の方向からって言いなさいよバカッ!戦艦2!って、ええっ!?」

摩耶「言ってる場合か!囲まれちまうぞ!」


扶桑「蒼いわー空あんな蒼いわー」

加賀「心配無いわー鎧袖一触だから心配無いわー」

摩耶「現実逃避してんじゃねェッ!!」

瑞鶴「大丈夫……私だけは大丈夫……」ブツブツ

摩耶「幸運に任せて生き残ろうとすんなッ!!」


10: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:16:14.27 ID:p36lE3hT0


漣「まぁまぁ摩耶さん。ところでそろそろ向こうの射程に入るんだけどどう思う?」

曙「ふっざけんじゃないわよお!!」

摩耶「戦艦!主砲発射したぞ!回避ー!!」

扶桑「ごめんなさい提督……」

摩耶「諦めんなよ扶桑!」

扶桑「昨日、山城のプリン食べたのは私よ……」

摩耶「よっしオマエ帰ったら謝れよ!それ絶対謝れよ!」


11: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:17:16.63 ID:p36lE3hT0


加賀「沈む訳にはいかないわ……」

瑞鶴「加賀さん……」

瑞鶴「そうね。こんな所で沈む訳にはいかないわ!」

加賀「間宮アイスが私を待っているんだもの」

瑞鶴「台無しよ!!」


漣「ちくしょう転職だ」

曙「なんでそんな余裕なのよ!!」

漣「え?だってさー」

漣「あの主砲、コッチ向いてないよ?」

曙「へ?」


12: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:18:18.77 ID:p36lE3hT0


漣「……っ!おやつの方の軽巡に着弾!いいぞやっちまえ!」

瑞鶴「何よ、あれ……」

曙「どういう事よ!仲間割れ!?」

扶桑「……なんだか判らないけれど……目標!三時の方向!敵艦隊!」

扶桑「加賀!航空隊発艦始めて!」

摩耶「正面の方はどうすんだよ!くそっ!砲雷撃戦用意!」

加賀「考えるのは後にしましょう。全機、発艦」


13: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 20:20:25.47 ID:p36lE3hT0


摩耶「――さて、と。弾薬尽きたぜー」

加賀「艦載機燃料、もうありません」

扶桑「私も、もう弾切れね……」

漣「コッチもダメですな~……魚雷管もとっくにやられちまってますし」

曙「どこで油売ってんのよ!あのクソ提督!」

瑞鶴「……戦艦2、こっちに向かってくるわよ」

摩耶「チッ……聞こえってかコラー!やるなら一思いにやれー!」

瑞鶴「動く的が撃ちたいなら動いてやるわよー!」

漣「私を倒しても第二第三の私が――」

曙「やめなさいよ!」

扶桑「……あら?手旗信号……?」


我戦意ナシ 貴艦達ノ護衛ヲ 務メン 面会 求ム

愛シテルゼ ベイビー


「「「「……はぁ?」」」」


15: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:12:19.00 ID:p36lE3hT0


タ級「……ン」

ル級「……無事デ、ナニヨリダ」

扶桑「……」

ル級「ソウ警戒、スルナ」

漣「……まぁ、恩人である事には変わりないけど……チラッチラッ」

摩耶「こっち見んじゃねぇ。あー……お前ら、どういうつもりだ?」

扶桑「摩耶、それより先に言う事があるでしょう」

摩耶「何だよ?」

扶桑「……お二人とも、危ない所を救って頂いて感謝します」ペコリ

「「「「「!!!」」」」」


16: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:13:10.77 ID:p36lE3hT0


摩耶「扶桑が頭下げる事なんて――!」

扶桑「そうかしら?助けて頂いたのは事実でしょう?」

摩耶「……あぁー!!!」ガシガシガシガシ

扶桑「摩耶?あまり前髪を掻くと、生え際が後退するわよ?」クスクス

摩耶「もうっ!!……あー、アタシからもありがとな!」

加賀「ありがとうございました」

瑞鶴「あ、ありがと……」

漣「感謝感激アメフラシー!!」

タ級「……ナンダ?」

ル級「感謝サレタ」

タ級「……ソウカ」

曙「ありがとう……ねぇ、それよりさっきから気になったんだけど……」

タ級「ナンダ?」


曙「なんでアンタ達、そんなにボロボロなのよ」


17: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:14:09.16 ID:p36lE3hT0


――数刻後・艦娘輸送艦『小林丸』


扶桑「――という訳なのだけど……」

提督「ふむ……」

タ級「……」

ル級「……」

提督「……狭い船内で済まないね。小林丸へようこそ。一先ず、彼女達を助けてくれてありがとう」

ル級「……礼ニハ、及バン」

タ級「……ン」

曙「それで?何で撤退ポイントにいなかったのよ?」

提督「あぁ、煙幕弾とデコイを撒いた後、撤退ポイントに向かう途中で羅針盤がアッチコッチ向いてな」

提督「その度に航路を引き直してたら遅れてしまった。すまなかったな」

摩耶「ん?どういう事だ?」

提督「恐らくお前達と交戦した連中のように、予想されていた箇所以外にも深海棲艦が居たようだ」

提督「……私の未熟だ。本当に申し訳ない」


18: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:16:05.81 ID:p36lE3hT0


ル級「……ソレハ、私達ノ、セイカモ、知レナイ」

提督「……何か知ってるようだが、後で聞こう。いつまでもこの海域にいる訳にもいかん」

提督「小林丸、全艦娘収容した。これより帰投する」

提督「……ウチのドックで治せるかな」

扶桑「そう言われれば……そうよね……」

ル級「大丈夫ダ」

摩耶「なんで言い切れんだ?」

ル級「私ハ、以前、入渠シタ事ガ、アル」


19: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:17:35.72 ID:p36lE3hT0


――翌日・某鎮守府・船着場


鬼怒「係留ロープ!よーし!」

長良「皆お疲れ様!!」

提督「出迎えご苦労」

伊勢「おかえりなさい。早かったけど大丈夫?」

提督「あぁ、撤退はしたが皆無事だ。留守をありがとうな」

山城「姉様!こんな姿に……御労しい……」

扶桑「ただいま、山城。大丈夫よ、すぐに治るわ……」

伊勢「山城は相変わらずね……そうだ、次回分の物資の積み込みやっとく?先にご飯かしら?」

提督「いや、全艦修理だ」

伊勢「!何かあったの!?」

提督「あぁ、ちょっとした――」

タ級「……ン」ヒョコッ

ル級「コラ、マダ出テ、イイトハ、言ワレテナイ」グイッ

伊勢「」

長良「」

鬼怒「」

提督「――トラブルだ」


20: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:19:18.71 ID:p36lE3hT0


――艦娘療養施設


伊勢「――で」

提督「おぉ、治癒湯掛けても問題ない……ホントだったんだな」

ル級「アア。シュウフクザイ?モ使ッテ大丈夫ダ」

提督「へぇー」

タ級「……」キョロキョロ

瑞鶴「早く出て行ってよ!」

曙「なんでドックにいるのよこのクソ提督!出てけ!」

提督「へいへい、なんかあったら呼べよー」


21: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:20:20.31 ID:p36lE3hT0


<バタン

伊勢「……深海棲艦の、しかも戦艦二隻がどうしてウチにいるのかしら?」

提督「待てお伊勢さん時に落ち着け。飛行甲板で殴られると人は死ぬ」

伊勢「落ち着いていられますか!オマケに修理までして……気でも触れた!?」

提督「ヒデぇなぁ……扶桑達の恩人なんだよ。撤退中に襲撃にあったのを助けてくれたんだ」

伊勢「……待って、よく聞こえなかったんだけど?」

提督「だから――」

<ガチャ

瑞鶴「提督大変!大変提督!」

提督「どうした?」

瑞鶴「あの二人の修復時間が大変なの!ご、五週間って!!」

提督「五時間ならそんなに慌てる事……」

提督「え、待って、五週間って言った?」

瑞鶴「妖精達に何度も確認したわよ!」

提督「……高速修復材使うわ……」

伊勢「どうなってんのよ、もう……」


22: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:21:21.05 ID:p36lE3hT0


――執務室

ル級「修理、助カッタ」

タ級「ン……助カッタ」

提督「あぁ、それで我々を助けてくれた点について聞く前に……」

伊勢「……」

古鷹「え、えっと……」

提督「なんでいんの?」

伊勢「……」ムカッ


伊勢「アナタにもしもの事があったらどうすんのよ!」ギリギリギリギリ

提督「がああああああああ」

伊勢「私達紙っ切れに戻されんのよ!?解ってんの!?」ギリギリギリギリ

提督「もっと素直に心配してくれぇ!」

ル級「見事ナ、アームロック、ダ」

タ級「ソレ以上、イケナイ」

古鷹「やめて下さい伊勢さん!」


23: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:22:07.21 ID:p36lE3hT0


提督「あいたたた……古鷹も心配してくれてるのか?」

古鷹「は、はいっ!勿論です!」

伊勢「そういう事だから、私達は断固立ち合いさせてもらいますからね?」

提督「あぁ、構わん」

提督「構わんけど艤装展開はやめろ」

古鷹「提督慌てないで。大丈夫です」

伊勢「いくら攻撃する意思が無いと言われても、にわかには信じ難い話だしさぁ」

提督「まぁそりゃそうだろうけどさ……」

ル級「私ハ、別ニ構ワン」

タ級「……ン」コクコク

提督「……本人がそう言うならいいか」


24: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:23:31.61 ID:p36lE3hT0


ル級「――ト、イウ訳ダ」

提督「ふむ……歌劇団の連中か」

伊勢「それにしたって……」

古鷹「深海棲艦を説得したなんて信じられません……」

提督「信じるも何も、本人が目の前にいるんだもんなぁ」

提督「それで、他の深海棲艦を説得して回っていた、という訳か」

ル級「アア。結果的ニ、奴ラノ戦列ヲ乱シ、オマエ達ヲ困ラセテシマッタ」

提督「あんなにボロボロになるまで、か……何と言うか……」

ル級「私達ハ、修理シナイ」

伊勢「え?」

ル級「沈ムマデ、斗ウ」

ル級「ソレガ、深海棲艦ダ」


25: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:24:24.10 ID:p36lE3hT0


古鷹「そんな……」

提督「……」

ル級「コノ恩ハ、忘レナイ」

ル級「アリガトウ。デハ、失礼スル」

タ級「……ン」

提督「……待て」

ル級「私ガ、イレバ、オマエガ、困ル」

提督「んな話聞いて放っておけるほど、私は人間出来ちゃいない」

ル級「……?」

伊勢「提督……もしかして……」

提督「戦艦ル級、タ級を我が艦隊に配属する」

伊勢「」

古鷹「」


26: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:25:45.44 ID:p36lE3hT0


タ級「……タ?」

ル級「オマエノ、名前ラシイナ」

タ級「タキュウ……ン、悪クナイ」


伊勢「正気!?」

提督「酒も薬も入ってない。このまま送り出せば夢見が悪くてかなわん」

提督「これより我が艦隊は深海棲艦を説得する方針で行くぞ」

古鷹「で、でもこんな事バレちゃったら……」

提督「大丈夫だ。なぁ大淀さん、明石さんや」パチン

大淀「この鎮守府に居る以上、私も共犯ですからね」スタッ

明石「情報操作や裏工作はお任せ下さい」スタッ

伊勢(どっから出てきたんだ……)


27: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:26:31.22 ID:p36lE3hT0


提督「大淀、歌劇団の方に連絡出来るか?」

大淀「はい、向こうにいる大淀に頼んで専用回線を用意しました。盗聴の心配はいりませんよ」

提督「手が早くて助かるよ」

提督「……あ、もしもし――」


28: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:27:09.22 ID:p36lE3hT0


提督「――はい、はい、ではまた。失礼致します」pi

提督「……ふむ」

伊勢「なんだって?」

提督「あぁ、少し情報を貰えたよ」

提督「説得するというより、洗脳を解くのに近いらしい」

古鷹「だ、誰かに操られてるんですか!?」

提督「誰か、では無いな」

提督「……っと、詳しいデータが届いたな」


29: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:28:20.89 ID:p36lE3hT0


このデータの内容をまとめると、艦娘と深海棲艦はとても近くて遠い存在のようだ

知っての通り、艦娘は過去の艦船から取り出した船霊を分霊して個体を造り、妖精が運用する艤装を組み込んだものだ

対して深海棲艦は海中で彷徨っていた船霊と妖精達、その他諸々が混ざって出来上がったものと予測する……だそうだ

自然に発生しただけあって、艦娘のように術者と契約して巫力を供給されなくても活動できるようだな

問題はここからだ

深海棲艦が、どうして大陸を襲うのか

ル級の話が記載されているな。ただ、激しい怒りに駆られていた。それ以外は覚えていない、と

……海中に漂っているのは船霊だけじゃない。乗組員達の喜怒哀楽その感情の塊もある

特に、沈むの船の中で生まれた負の感情は爆発的な物だ

私も術者になる修行で一度触らせられたが、頭がおかしくなりそうだったよ。あんなモノもう二度と触れたくない

それが、そんな物がそのまま海の中に流れ込むんだ

当然、これは艦娘の中にも混ざっている物だが……


30: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:29:37.75 ID:p36lE3hT0


伊勢「待って……つまり、深海棲艦は負の念に囚われた船霊って訳?」

提督「平たく言えばそうだな。まるで怨霊だ」

古鷹「じゃ、じゃあ私達が今まで沈めてきたのは……」

提督「古鷹、それを考えるのは後にしろ」

古鷹「でもっ!」

提督「古鷹」

古鷹「……すいません……」

提督「彼女達が艦娘に似ているのも説明がつく。色んな船霊が集まって出来た物なんだからな」

提督「カタチが歪なのは艦娘のように一枚の霊符から造られていないから、か……?」

大淀「でも、艦娘とまったく違う形の……例えばイ級なんかはどうなるんですか?」

提督「調べて見なきゃ解らんが、恐らく不完全に集まった物なんだろうな」

提督「もしくは艤装……妖精の割合が多いか……」

伊勢「霊符に戻せば解明出来るんじゃない?」

提督「戻したら多分、色んな霊符の細切れになるだろうな……」

提督「第一、そりゃ解体だ」


31: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:30:49.35 ID:p36lE3hT0


提督「……いや……もしかして……」ブツブツ

古鷹「提督?」

提督「……いや、何でもない」

提督「ともあれ、これでやる事は決まったな」

提督「伊勢、全艦娘に通達。明日の朝0800より全体会議を行う」

伊勢「……了解。この二人はどうすんの?」

提督「小林丸の中に泊まってもらおう。二人とも、少し狭いがいいか?」

ル級「アァ」

タ級「……ン」

提督「古鷹、案内を頼む」

古鷹「はっ、はい!」

提督「警備は……川内に任せておこう。早速行ってくれ」

古鷹「はい!では、こちらへ」

<バタン


32: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/14(火) 21:32:08.91 ID:p36lE3hT0


提督「大淀、明石、巻き込んで済まないな」

大淀「いえ、毒を喰らわば皿までです。役に立ちそうな情報がないか調べてみますね」バッ

明石「では、失礼します」バッ

伊勢「ホントどこに消えるのよあの二人……」

提督「あんま気にしない方がいいぞ?」

提督「さて、もう下がってくれ……私も休みたい」

伊勢「大丈夫?」

提督「ダメだな。頭がパンクしそうだ」


39: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:24:16.72 ID:TKfNxZfK0


――少し時は遡って、食堂


隼鷹「ぷはぁー!やっぱ提督が帰って来てからの酒は旨ぇなぁ!」

那智「あぁ。勝ち戦ならもっと旨かったのだろうが……」クィッ

千歳「そんな事言うもんじゃないですよ。ホラもう一杯」ズイッ

飛鷹「千歳、周りを酔い潰そうとするのはやめなさい」

千歳「えー」ケラケラ

飛鷹「あぁもうすっかり出来上がっちゃって……はい水」


40: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:25:05.73 ID:TKfNxZfK0


那智「しかし……深海棲艦を連れて帰還か。酔いも醒めるな」

隼鷹「長良と鬼怒が騒がしかったなぁ……しかも第一艦隊の命の恩人とくりゃ――」ゴッキュゴッキュ

飛鷹「それだけで連れ帰ってくるかしら?何かヘンじゃない?」

那智「……或いはスパイか、破壊工作か……」

隼鷹「あぁー……陸で戦闘になったら戦力ガタ落ちだもんねぇ……」

那智「よし。私達で監視するぞ」

那智「私達を出し抜こうとした事を公開させてやる!」ガタッ

扶桑「少し、結論を急ぎ過ぎじゃないかしら?」ヒョコッ

那智「うわぁっ!?」ビクッ

飛鷹「ふ、扶桑さん……」

扶桑「でも、そうね……いいわ。その監視の役、私がやりましょう」

山城「扶桑姉様!?」


41: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:25:53.41 ID:TKfNxZfK0


扶桑「大丈夫よ、山城。あの二人なら安心していいわ」

扶桑「なんとなくだけれども……そんな気がするの」

山城「う……い、いくら姉様でもダメです!姉様の身に何かあったらと思うと山城は……山城は……っ!」

扶桑「山城……どうしても、ダメかしら?」

山城「ダメです!」

扶桑「そう……」


扶桑「じゃあ今度から、ご飯一緒に食べてあげないから」プイッ

山城「へっ!?」


42: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:26:45.47 ID:TKfNxZfK0


扶桑「缶ジュースの蓋が開けられなくても、別の人に頼むから」

山城「あ、あ……あああ……」プルプルプルプル

扶桑「そうそう、飛行甲板に付けた飾りも、お互いで買って交換したものだったわね」

扶桑「はい。返すから貴女のも返して頂戴?」スッ

山城「」

金剛「ヘイ扶桑……ちょっとやり過ぎじゃナイデスカー?」

霧島「まぁ、山城さんも少しは懲りたでしょうけど……」

金剛「那智達まで怯えちゃってるネー」

扶桑「そうね……山城、冗談よ?」

山城「……はっ!?」


43: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:27:49.54 ID:TKfNxZfK0


山城「ヒドイです姉様!姉様のバカバカバカ!嘘です大好きですごめんなさい!」エーン

扶桑「忙しい子ね……」

金剛「ホント、扶桑ラブネー」

扶桑「この飾りは、大切な御守りよ。大事にしない訳ないじゃない」

山城「姉様ぁ……」グスッ

扶桑「それで、山城?深海棲艦の監視は任せてくれるかしら?」

山城「わ、私もやりますっ!」

霧島「私もよろしいですか?お二人で夜通し監視するより、数名で交代した方が良いと思いますし」

金剛「霧島の言う通りネ!私も参加するデース!」

金剛「那智達はどうするネー?」

那智「ん……言い出したのは私だからな。当然参加させてもらう」

飛鷹「私も参加するわ。後は……」


隼鷹「山城は見てて飽きないねぇ!」ヒャッハー

千歳「あ、隼鷹さんいい呑みっぷりですね~。もう一杯どうぞ」ズイッ

千代田「お姉ストップ!ストップ!」グググググ


44: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:28:31.06 ID:TKfNxZfK0


飛鷹「……ダメそうね」

那智「まったく……」ハァ

那智「まぁいい。監視隊、行くぞ!」


――その後、ドック内に誰も入れるなとの命を受けた川内に捕まった


45: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:32:28.30 ID:TKfNxZfK0


――翌日

提督「……よし、全員揃ったな」

提督「こうして皆に集まってもらったのは他でもない。先日我が第一艦隊が撤退中に深海棲艦に襲われた」

提督「その窮地を救ったのは深海棲艦のル級とタ級だ。入ってくれ」

<ガチャ

ル級「……」

タ級「……」

<ザワザワ

提督「静かに。この度彼女達からの証言と身体検査により判明した事実であるが――」

提督「まず我々が深海棲艦と呼んでいるモノは、元は君達艦娘と同じく船霊である」


46: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:35:45.54 ID:TKfNxZfK0


提督「少し乱暴な言い方をすれば、海中に漂う負の念に依って前後不覚になるまで暴走した船霊だ」

提督「彼女達はその負の念から解放された特別なケースである」

提督「そして……解放したのは皆も知っているな?舞鶴鎮守府……歌劇団の連中だ」

五月雨「あ、前に演習した艦隊ですよね?」

提督「そうだ。艦娘に歌劇を覚えさせた珍妙な提督率いる艦隊だが、その強さは皆も知っての通り」

提督「コテンパンにやられたのは皆の記憶にも新しいだろう」

赤城「ええ……素晴らしい統率力と豪胆さ、繊細さのバランス……あれは完敗でした」

提督「あぁ。彼らがどうして深海棲艦を説得しようと考えたのかはこの際どうでもいい」

提督「我々はこれより、この戦の短期終結を目指す為、深海棲艦を負の念から解放する事を目標とする」


47: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:36:49.18 ID:TKfNxZfK0


提督「……異論はあるか?」

赤城「……いいでしょうか?」

提督「あぁ」

赤城「深海棲艦の正体が何であれ、徹底抗戦すべきです」

赤城「でなければ、この戦いで沈んでいった多くの仲間達が浮かばれません」

赤城「そもそも深海棲艦が必ずしも説得に応じるとは思えません」

赤城「それに……」

赤城「それに、今まで私達が沈めてきたのは何だったんですか!」

赤城「喜び勇んで沈めてきた敵が!船霊だったなんてやり切れません!」

赤城「抗戦を!最後まで戦う事を!」


48: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:37:54.29 ID:TKfNxZfK0


那智「やめろ赤城」

赤城「どうしてですか!那智さんだって今まで仲間の仇だって――」

那智「その罪滅ぼしをこれからするんだろうが!」

赤城「……っ!」

那智「……自己満足と言われようが、偽善者だと言われようが、私はやるぞ」

赤城「……那智さん……」

妙高「赤城さん。やり切れないのは私達も同じです」

妙高「だからこそ、少しでも自分が救われる事をしたい……少なくとも私はそうです」

妙高「相手の事が判ったのに戦い続けるなんて、悲しい事じゃないですか……」


49: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:38:59.51 ID:TKfNxZfK0


――数刻後・執務室

『――ふーん、随分変わった赤城ね?』

提督「大本営からの頂き物ですが、たまたま個性の強いのに当たったみたいでしてね」

提督「……船だった時の記憶が強いんです」

『それを知った上で話をしたの?呆れたわねー』

提督「いつかは知る事でしたから」

『ま、そうね。全滅させた後に知るよりかはマシでしょう』

『さて本題よ。ル級とタ級の出撃は控えて、ちょっとお勉強させてあげてくれる?』

提督「……はい?」

『いやね、詳しいデータは後で送るけど、他の鎮守府でも深海棲艦に助けられた事例がちょこちょこ出てるのよ』

『あ、当然表沙汰にはなってないわよ?』

提督「は、はぁ……」


50: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:40:17.26 ID:TKfNxZfK0


『よーするに、私達が変に動かなくても説得して回ってる深海棲艦がいるって事よ』

提督「しかし、向こうは修理施設も無いんでしょう?このまま放置すれば……」

『バカねー。それこそ適当な海域に出撃した後に探して修理して放流すればいいの』

提督「ですが」

『深海棲艦の仲間を貯め込んでどーすんのよ?』

提督「うぐっ」

『もちろん戦わないなんて甘い事は言わないわよね?ル級も言ってたでしょ?』


――伊勢「どうしても説得に応じなかった深海棲艦はどうするの?」

――ル級「沈メテクレ……頼ム」


提督「……ええ」

『なら、これで、おしまい』

『戦意の無い深海棲艦の修理はアナタに任せるわ』

『それと、私がル級を逃がしたせいでちょっと監視がキツイのよねー』

『連絡はコッチからだけでいいかしら?』

提督「えぇ、構いません」

『はいはい、じゃあねー。終わったら一杯やりましょ』

提督「勘弁して下さい。では失礼します」pi


51: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:41:36.78 ID:TKfNxZfK0


<コンコン

赤城「赤城です。少し、よろしいですか?」

提督「あぁ、入ってくれ」

<ガチャ

赤城「提督、あの――」

提督「さっきはすまなかったな。赤城には辛い話だとは解っていたんだが――」

赤城「て、提督が謝る事じゃありません!頭を上げて下さい!」

提督「ふむ……いつもの調子に戻ったな」

赤城「……はい、皆に迷惑を掛けてしまいました」

提督「それで、着いてきてくれるか?」

赤城「えぇ。もちろんです」ニコ

提督「……ありがとう」


52: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/15(水) 22:44:07.56 ID:TKfNxZfK0


――

赤城『どうして我が艦隊の主戦力が駆逐艦なんですか?しかも全員戦艦並みの装甲なのはどういう事ですか?』

赤城『軽巡と駆逐はともかく戦艦1、重巡2では戦力として圧倒的に足りません。戦力強化を図るべきです』

赤城『損傷した艦娘を交代させて順次出撃させるべきです。修理なら後でいくらでも出来ます』

赤城『提督は敵に手加減をするつもりですか?』


赤城『戦う事だけを考えておかしいですか?私は兵器なのに……』

――


提督「……人間らしくなったなぁ」


55: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:04:38.22 ID:KIQM8L/v0


――鎮守府中庭


ごろん ごろん ごろん


提督「……」カリカリ

涼風「おー提督!お疲れー!」

タ級「……オツカレー」

提督「あぁ涼風……とタ級か。どうした?」

涼風「タ級に鎮守府の案内をしてたんだよ」

提督「そうか、ありがとう。ル級の方は?」

涼風「あぁ、なんか料理に興味持ったみたいで厨房に張り付いてるよ」

提督「ふむ……後で見に行ってみるか」

タ級「……涼風、コレハ、ナニ?」

涼風「あぁ、これは天気輪ってんだ!」

タ級「テンキ、リン?」

提督「私達提督の占い道具の一つだ。こうやって……」グッ


ごろん ごろん ごろん


提督「石輪を回して占う」


56: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:05:47.24 ID:KIQM8L/v0


タ級「……ン」

涼風「これを小っちゃくしたのがさっき見せた羅針盤さ!」

涼風「どっちもアタイ達の航海を助ける重要アイテムってヤツだねぇ」ウンウン

涼風「ところで提督、何占ってんだい?」

提督「あぁ、各海域の航海図を引き直そうと思ってな」カリカリ

涼風「敵さんの居場所かい?」

提督「いや、戦意の無い深海棲艦の居場所だ」グッ


ごろん ごろん ごろん


涼風「そっか。修理してやんなきゃな!」

提督「海上に姿を出していれば衛星で見つけられるんだがなぁ……」カリカリ

涼風「でも大丈夫なのかい?寮を増設する時なんて言い訳すんのさ?」

提督「え?」

涼風「だーかーらー、深海棲艦の寝泊りする場所!」

提督「……あぁ、その件なら心配いらん。予定変更だ」グッ

涼風「へ?」


ごろん ごろん ごろん


タ級「……」ジーッ


57: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:06:38.87 ID:KIQM8L/v0


――食堂

ル級「……」ジーッ

鳳翔「はい、味見お願いしますル級さん♪」

ル級「ン……オイシイ」

鳳翔「よかった♪タ級さんの口にも合えばいいんですけど――」

間宮「……なんで鳳翔さんそんな馴染んでるんですかぁ……」

祥鳳「私にはまだ無理そうです……」

鳳翔「あ、そうだ。サラダ作るの手伝ってくれませんか?」

ル級「イイノカ?」ワクワク


祥鳳(悪い人?ではなさそうだけど……)

間宮(あ、ちょっと可愛いかも)


58: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:07:24.50 ID:KIQM8L/v0


――食堂前廊下

天龍「……で、怖くて逃げだしちまったってか……」

伊良湖「は、はいぃ……」ウルウル

龍田「仕事を放棄しちゃダメよ~?」ズイッ

伊良湖「ぴぃっ!?」ビクッ

天龍「こら、あんま怖がらせんな」

龍田「えぇ~?怖がらせようとなんかしてないよ~?」

龍田「そのつもりならそうしてるし~」

天龍「どうだか……」

龍田「フフ、怖いか」キリッ

天龍「テメェ!」

龍田「うっふふふふ♪」ダッ

天龍「待てコラ!」ダッ


伊良湖「……」ポカーン

北上「まー、そりゃ怖いよねー」ヒョコッ

伊良湖「ぴぃっ!?」ビクッ


59: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:08:30.14 ID:KIQM8L/v0


北上「そんなビックリしなくてもいいじゃん伊良湖っちー」アハハ

伊良湖「うぅ……き、北上さんはどう思われますかっ?」

北上「んー……まー、アタシも怖くない訳じゃないし、提督の判断に不満が無い訳じゃないけどさー」

伊良湖「やっぱりそうですよねっ!」

北上「うん。でもまー、やってみなきゃ判らない事もあるよねー」

伊良湖「え?……えっと、それってどういう……?」

北上「もしあの二人が本当は敵だったとしても、それはそん時に考えればいいじゃん」

北上「アタシ的には、ずっと疑ってかかるなんて肩のコリそうな事は無理だからねー」

伊良湖「……」

北上「伊良湖っちもさー、肩の力抜いてみたら?」

加賀「貴女は力を抜き過ぎじゃないかしら」

北上「うわぁおぅっ!?」ビクッ


60: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:09:28.02 ID:KIQM8L/v0


北上「もぉー!ビックリさせないでよー!」

加賀「ごめんなさい。あんまりにも無防備な背中だったものだから」

北上「えぇいこのお茶目さんめ……そーいや加賀さんはル級、タ級と一緒に帰って来たんだよね?」

北上「そんな加賀さんから見てどう思うの?」

加賀「そうね……少なくとも今は敵ではないと判断したわ」

加賀「後は北上さんの言った通り。必要があれば必要な措置を取るだけよ」

北上「ふーん……だってさ伊良湖っち」

伊良湖「……ほ、本当に大丈夫でしょうか……?」

加賀「保証は無いわ。けれど……」ジッ

伊良湖「……?」


61: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/16(木) 22:10:55.52 ID:KIQM8L/v0


鳳翔「じゃあコレ、各テーブルに一皿ずつ置いて下さいね♪」コト

ル級「アァ」


加賀「……あの姿を見てどう思うか。それだけよ」

北上「あーあー鳳翔さんすっかり馴染んちゃってー……」

伊良湖「……あ、あのっ!お二人ともありがとうございましたっ!」ペコッ

伊良湖「まだちょっと怖いですけど……私、行ってきます!」ギクシャク

北上「右手と右足が一緒になっちゃってるよー」

加賀「えぇ。楽しみにしているわ」

加賀「所で北上さん」

北上「なんです?」

加賀「まだ加賀っちって呼んでくれないのね」

北上「勘弁して下さいよぉ……あ、そんな顔しないでってばー!」

加賀「冗談よ北上っち」

北上「もおぉー!」


64: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/20(月) 21:56:30.97 ID:3UqBI9bZ0


提督「……ふむ。大丈夫そうだな」

涼風「ル級がお手伝いねぇ……なんか、あんま実感わかないなぁ」

提督「……実を言うと私もだ」

涼風「提督もかい?」

提督「あぁ。提督になってから半年も経たん内にこんな事になったんだからな」

提督「正直、荷が重過ぎる」

涼風「なんだいなんだい、しっかりしなよ!」バシッ

涼風「アタイの提督がこんな事でヘコたれてんじゃないよ?」

提督「こんな事、か……あぁ、そうだな」

タ級「……」ジーッ

提督「さ、飯の時間まで私は少し作業するが、お前達はどうする?」

涼風「あ、まだ執務室は案内してないから着いて行くよ。いいかい?」

提督「構わんよ」

涼風「じゃあしゅっぱーつ!」

タ級「……ン」コク


65: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/20(月) 21:57:25.14 ID:3UqBI9bZ0


――執務室

タ級「……コレハ?」

涼風「これは惑星儀ってんだ。!提督の趣味だよ!」

タ級「ワクセイ、ギ……」ジーッ

涼風「提督は、この戦争が終わったらアタイ達を連れて宇宙に行くのが夢なんだ!」

タ級「ウチュウ?」

提督「涼風、本人の前で恥ずかしい話をするんじゃない」

涼風「なんでさー?白露姉さん達と話してたじゃないか」

涼風「妖精さん達の技術力があれば、宇宙船だってすぐに造れんだろ?」

涼風「アタイも月に行ってみたいしね!そん時は皆も一緒だよ!」

タ級「……ン」ジーッ

提督「あのなぁ……」ハァ

<コンコン

提督「入ってくれ」


66: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/20(月) 21:58:07.38 ID:3UqBI9bZ0


<ガチャ

伊勢「提督ー、そろそろご飯の……あ、涼風とタ級もいたんだ」

タ級「ン……」

涼風「白露姉さん達と順番で鎮守府を案内してたんだ!」

伊勢「へーぇ……ありがと」ナデナデ

涼風「へへっ♪」

提督「じゃあ行こうか」ガタッ

タ級「……ン」

<バタン

提督「そうだ伊勢、皆の様子は?」

伊勢「混乱らしい混乱は無いよ。今のトコはね」

伊勢「でも那智が言った通り、皆が皆不満が無い訳じゃないだろうね」

提督「それをフォローするのが私か……気が重い」

伊勢「ちょっとー、しっかりしてよ?」バシッ

涼風「もぉー、さっき言ったばっかだろー!」バシッ

提督「へいへい……」


67: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/20(月) 21:59:44.11 ID:3UqBI9bZ0


タ級「……」ジーッ

タ級「……」バシッ

提督「おぉぅっ!?」

伊勢「ほら、タ級もしっかりしろってさ」ニシシ

涼風「いいぞタ級!しっかり気合入れてやってくれ!」

提督「まったく……コレじゃ失敗出来んなぁ……」

タ級「……提督」

提督「ん?」

タ級「……皆、アタシ達、一緒」

提督「……あぁ、一緒に頑張ろうな」

タ級「……ン……」


キアイ イレテ イキマス


69: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:03:10.95 ID:oNZCVjKK0


――食堂

鳳翔「はぁい、皆席に着いてー」

ル級「……」フンス


隼鷹「なぁ、なんでアイツ鳳翔さんと祥鳳の間でふんぞり返ってんだ……?」コソッ

龍驤「知らんよ……加賀、何か知っとる?」

加賀「お二人の手伝いをしていたからじゃないかしら」

隼鷹「へーえ……手伝いねぇ」

赤城「そうなんですか?」

千代田「……こないだまで戦ってた相手とは思えないな」ボソッ

千歳「千代田」

千代田「あ、ご、ごめん……」

飛鷹「その話は後にしましょう。お腹空いてぺこぺこなのよねー」


70: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:04:07.56 ID:oNZCVjKK0


利根「おぉー、今日もごちそうじゃのう!筑摩!」

筑摩「……」

利根「ちくまー?」

筑摩「え?あ、あぁ、そうね……」

提督「……」

提督(筑摩には後で私から話をしておくとして……)チラ

名取「……」ビクビク

五十鈴「……」モグモグ

長良・鬼怒「「おかわり!」」

由良「はいはい。まったく、提督さんが帰ってくるとすぐ元気になるんだから」クスッ


71: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:05:01.28 ID:oNZCVjKK0


扶桑「山城?艤装はしまいなさい?」

山城「いーえ!いくら姉様の頼みでも聞けません!」

曙「邪魔なのよアンタ!朧が椅子からはみ出ちゃってるじゃない!」

朧「いや、朧は大丈夫だから……」アハハ

山城「朧もこう言ってるじゃない」

曙「……」ムッ

扶桑「山城?昨日の今日よ?」

山城「」ビクッ

山城「ご、ごめんなさい朧。すぐしまうから」スッ

山城「も、もうしないから!……あぁ、不幸だわ……」

潮「あっ、あのっ、食事は楽しくしよ?ねっ?」

漣「そーそー。食事の時は救われてなきゃなんねーですよ」ズズッ


提督(大丈夫そう……か?)


72: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:05:42.89 ID:oNZCVjKK0


瑞鶴「どーしたの提督?」

蒼龍「眉間に皺寄っちゃってますよ?」

提督「ん?あぁ、だいじょ――」

雪風「しれぇ!好き嫌いはダメですよ!」

提督「違う」

島風「ごちそうさま!」ガタッ

提督「島風、もっとゆっくり食べなさい」

夕張「私達と同じものを食べても大丈夫なのかしら……」ブツブツ

提督「夕張、手が止まってるぞ」

伊勢「提督がゆっくり食べてる暇が無さそうだねぇ」


73: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:06:37.90 ID:oNZCVjKK0


加古「おぉ……ホントだ……ル級とタ級がいる……」

利根「なんじゃ?加古は初めて見るのか?」

古鷹「昨日は加古、提督が帰って来たのに安心して寝ちゃってましたから……」

利根「加古らしいのー……まぁ、吾輩もまだ見慣れんがな」

那智「……」

羽黒「那智姉さん、どうかした?」

那智「……いや、何でもない」

足柄「……さ!食べましょ食べましょ!」

妙高「えぇ、今日も美味しそうね」

筑摩「……」

利根「どうしたのじゃ筑摩?食べんのか?」


74: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:07:41.77 ID:oNZCVjKK0


筑摩「……ちょっと気分が優れないので、部屋で休んでますね」ガタッ

利根「あ、おい、筑摩、ちくまー?」

利根「すまん、吾輩も外すぞ」ガタッ

最上「……筑摩、大丈夫かな?」

那智「……さぁ、な」


夕立「お箸はこーやって使うんだよ!」

ル級「……難シイ……」

霧島「フォークとスプーンの方がいいのでは?」

金剛「テーブルマナーは大事ネー。和食を食べる時は和食のマナーデース!」

時雨「金剛も、前はお箸使えなかったもんね」

金剛「うぐ、時雨はよく覚えてるデスネ……」

タ級「……っ……っ……」カチャカチャ


75: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:08:33.89 ID:oNZCVjKK0


利根「筑摩、これ、待たんか」トコトコ

筑摩「……」ピタッ

利根「どうしたのじゃ筑摩?嫌いな物は入ってなかったであろう?」

筑摩「……そうじゃないですよ姉さん……」

利根「む?」


筑摩「あの……ル級さんとタ級さんについて、姉さんは何とも思わないんですか?」

利根「おぉ、あの二人か。吾輩もそう言葉を交わした訳では無いからな」

利根「これから親睦を深めて行こうと思っておるぞ」

利根「そうじゃ、食後に茶でも召そうではないか。皆も誘って――」

筑摩「……姉さんらしい、ですね」

利根「む?」

筑摩「私は……姉さんのようにはいきません……」


76: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:09:43.55 ID:oNZCVjKK0


利根「……のう、筑摩や」

利根「吾輩達はこの艦隊の眼じゃ。そんな吾輩達が色眼鏡を掛けたままでどうするのじゃ?」

筑摩「!」

利根「例え吾輩達の仲間を沈めた相手でも、吾輩達が仲間を沈めた相手でも」

利根「今、アヤツらは助けを求めておるのじゃ」

利根「吾輩はそれを見過ごす事など出来ぬ。筑摩はどうじゃ?」

筑摩「私は……」

筑摩「……私も、見て見ぬ振りは出来ませんね」クスッ

利根「うむ。それでこそ我が妹じゃ」

利根「一人では視えぬ事もある。これからも共に参ろうぞ」ニッ

筑摩「はい!ありがとう、姉さん♪」


77: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:11:19.51 ID:oNZCVjKK0


利根「さて、戻って――「いーかげんにするクマー!!」――なんじゃ?」

木曾「今は気持ちの整理がついてないんだって!」ズルズルズルズル

球磨「あんまりねーちゃんを困らせるんじゃないクマ!」ググググググ

木曾「だからアイツらとは明日ちゃんと話すって――!」

球磨「木曾」

木曾「」ビクッ

球磨「あんまりねーちゃんを困らせるんじゃない」

木曾「……ご、ごめん……」


利根「なんじゃ、食堂におらぬと思ったら……」

筑摩「語尾付けてない球磨さん初めて見ました……」ガクガク


78: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/21(火) 22:12:37.61 ID:oNZCVjKK0


提督「お、球磨達も一緒だったのか」ヒョコッ

利根「おぉ提督。どうしたのじゃ?」

球磨「筑摩と木曾なら大丈夫クマ。ちょっと休んだらよくなったクマー」

筑摩「!」ピコーン

筑摩「え、えぇ、少し休んだら良くなりました。御心配ありがとうございますね♪」

利根「なんじゃ?休んでなぞnもがっ」

木曾「あ、あぁ、悪いな提督」グググググ

利根「モガガガガガ」ジタバタ

提督「お、おう……」

球磨「さ、ご飯ご飯クマー♪」


提督(……気ィ遣われてるなぁ)ハァ


80: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/23(木) 21:29:21.35 ID:E8UwzR2z0


――大会議室

提督「――さて、全員揃ってるな?明日からの作戦を説明する」

提督「舞鶴鎮守府からの情報提供と大淀達の独自の調査によって、深海棲艦に助けられた事例が複数ある事が確認された」

提督「これはここにいるル級、タ級と同じく、傷付きながらも説得して回っている深海棲艦が居る事を示唆している」

提督「こうした深海棲艦を捜索し、修理する事が目下我々の活動内容だ」


提督「複数の事例の中から古い物、さらに我が艦隊で救助が可能であるものがバシー島沖で起きた事例だ」

提督「既に二週間前には、雷巡チ級三隻が撤退中の水雷戦隊を護衛したという報告書があげられている」

提督「これが……その時のバシー島近辺を撮影した衛星写真だ」

提督「小さく何かが写ってるのが分かるか?」

高雄「これは……艦娘輸送船では無いですね。艦娘では無いのですか?」

提督「あぁ。この海域ではぐれた艦娘がいるという報告も無い事から、私はこれをチ級と判断した」

提督「これから三十分後に西へ移動してバシー島に接近。その三十分後以降、現在まで姿を消している」


81: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/23(木) 21:31:33.04 ID:E8UwzR2z0


霧島「今も島のどこかに居る、という事ですね?」

鳥海「しかし提督、現在我々はジャム島攻略作戦に参加中です」

鳥海「それに、バシー島沖には警備艦隊がいます。どうやって探すつもりですか?」

提督「そこは少し無理をする事になる。まずジャム島海域の戦闘は極力小規模に抑えて撤退」

提督「帰り道でバシー島に寄ってチ級の捜索。無事救助できれば修理して、比較的安全な海域で解放するのが一連の流れだ」

提督「バシー島は鳥海の言った通り現在前衛基地が置かれ、複数の艦隊が交代して近海を警備している」

提督「この為、バシー島での捜索活動は夜間に行う事になる」

鳥海「戦闘の後に艦娘の目を掻い潜って捜索活動ですか……随分ハードですね」

提督「だがやらねばならん」


提督「我々の目的は深海棲艦の殲滅では無く、深海棲艦との戦を早期に終わらせる事だ」

提督「ここに、これまで戦って来たモノを敵性深海棲艦と呼称する事を決定する」


82: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/23(木) 21:32:32.99 ID:E8UwzR2z0


提督「……ここまでで、何か質問は?」

陽炎「はいはい。バシー島沖の周りは艦娘達がうろうろしてるのよね?」

陽炎「もし見つかった場合はどうするのよ?」

提督「あぁ、我に秘策あり、だ」ニヤ

伊勢(あ、悪い事考えてる顔だ)


――


提督「――よし。では明日の編成を発表する」

提督「第一艦隊。島風、不知火、陽炎、龍田、伊58、千歳」

陽炎「うげっ」

不知火「あら陽炎、そんなに嫌なの?」

陽炎「そーゆー訳じゃないんだけどさー……いきなり当たるとはねー」ハァ

伊58「ゴーヤ、見つからないのは得意だから大丈夫だよね!」

千歳「私、この飛行甲板背負ったまま探さなきゃならないって事?目立つと思うんですけど……」

提督「大丈夫だ。見つかってもさっき教えた通りやれば上手く行くさ」

龍田「うふふふっ……楽しみだなぁ……うふふふっ……」

提督「龍田、見つかるなよ?絶対見つかるなよ?」

龍田「解ってるよ~……うふふふっ♪」


83: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/23(木) 21:33:59.16 ID:E8UwzR2z0


提督「よし……第二、第三艦隊は編成に変更無し」

提督「自航して定期便の護衛任務についてくれ」

球磨「第二艦隊旗艦、球磨、了解クマー」

多摩「第三艦隊旗艦、多摩、拝命しましたにゃ」

提督「……よし!第一、第二、第三艦隊のメンバーはしっかり休んでおけ」

提督「それ以外の手の空いてる者は小林丸への物資積み込み始め!」

提督「はい間宮さんや、今日の参加賞は?」

間宮「は~い♪今日はソフトクリームで~す♪」

間宮「明日出撃の皆さんはお先にどうぞ♪」


加賀「チョコチップは譲れません」ダッ


赤城「順番は関係無いと何度言えば……」ハァ

提督「気持ちの問題ってヤツだ。そうだ、ル級とタ級も手伝ってくれ」


84: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/23(木) 21:35:24.92 ID:E8UwzR2z0


――翌日


球磨「第二艦隊、球磨、木曾、夕立、涼風、雪風、朧、遠征に出発するクマー」

多摩「第三艦隊、多摩、神通、時雨、村雨、五月雨、白露、遠征に出発しますニャ」

提督「あぁ、皆気を付けてな」

千歳「提督、出航準備整いました」

島風「てーとく!おっそーい!」

提督「……伊勢、留守の間頼んだぞ」

伊勢「任せて。安心して行ってらっしゃいなさいな」

提督「あぁ……第一艦隊、予定通り0600より出航。ジャム島に向かう」

提督「抜錨!」


88: ありがとう ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:00:32.89 ID:yJvIAoGo0


伊勢「……さて、と」

鳳翔「じゃあル級さんとタ級さんは提督から聞いた通り、お勉強ですよ」

ル級「アァ。ヨロシク、頼ム」

タ級「……ン」

金剛「HEY鳳翔!ワタシに手伝える事があったら何でも言って下さいネー!」

古鷹「私達も手伝いますから!」

長良「右に同じ!何でも言ってね!」

鳳翔「んー……では、それぞれの得意分野を教えるのはどうでしょう?」


89: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:01:32.86 ID:yJvIAoGo0


一時間目・国語


扶桑「――では、平仮名の読み書きからですね」

妙高「お手伝いします妙高です。よろしくお願いしますね」

ル級「アァ、ヨロシク、頼ム」

タ級「……ヨロシク、オ願イ、シマス」

山城「教壇に立つ姉様も素敵です!」

鳳翔「伊勢さん」

伊勢「はいはい山城は出てった出てった」ズルズル

山城「あぁ~……」ズルズル


金剛「なして私まで座らされてるデース!?」

鳳翔「報告書の誤字脱字が目立つんですよねぇ」ニコニコ

妙高「金剛さんはこちらの漢字ドリルです」スッ

金剛「 boo !! 」


90: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:03:02.26 ID:yJvIAoGo0


二時間目・算数


龍驤「まぁ、そんな難しい事考えんと肩の力抜いてくれたらええで」

黒潮「ほな基本的な計算からやるでー」

タ級「コレハ?」

ル級「?」ジャカジャカ

黒潮「これは算盤ゆーてな、ごっつー昔からある計算道具や」


金剛「何故に why !?」

鳳翔「覚えておいて損はありませんよ?」パチパチ

金剛「 awesome !! ここまで算盤の似合う艦娘もいないデース」

那智「良く出来た道具だなこれは……仕様書はどこだ?」パチパチ


91: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:04:09.13 ID:yJvIAoGo0


三時間目・社会


飛鷹「急に言われたから、何も用意してないですよ?」

隼鷹「適当に飯の話してりゃ食いついてくるだろうし、そっから貿易の話に繋げるってのはどうかな?」

飛鷹「あら、いいわねそれ」

鳳翔「では、それでお願いしますね」


金剛「ぐぬぬ……紅茶の伝統と流通ならワタシもこれくらい……」

鳳翔「それはまたいつか聞かせて下さいね?」

足柄「イギリスに行った話は役に立つかしら?」

鳳翔「……覚えてます?」

足柄「……あんまり」


92: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:05:46.92 ID:yJvIAoGo0


四時間目・体育


長良「よーっし!じゃあ簡単な体力測定から――」

五十鈴「姉さん?もしかして外でやるつもり?」

長良「うん。だって体育館なんて無いよ?」

五十鈴「外から丸見えでしょッ!見つかったらどうすんのよ!」

長良「新型艦娘って言って通らないかなぁ?」

名取「無理じゃないかなぁ……」

由良「今度からは家庭科にするっていうのは、どう?」

鬼怒「そうだね!皆でご飯作るのにちょうどいい時間だし!」

鳳翔「そうですね……ええ、そうしましょう♪」


93: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:06:26.87 ID:yJvIAoGo0


金剛「話し合いは終わったデース?」

タ級「アツッ」

羽黒「あぁっ!ちゃんと冷まさないとダメですよ?」

ル級「……ふー……ふー……」

鳳翔「何しれっとティータイムにしてるんですか」


94: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:07:40.86 ID:yJvIAoGo0


お昼


金剛「うぅ……普段と時間の流れ方が違うデスネー……」

古鷹「あ、お疲れ様です!」

加賀「お疲れ様です。もう用意できてますよ」

金剛「 wow !! ありがとうございマース!」

金剛「って what ? 空母の皆サンは何を教えるデース?」

加賀「……」

瑞鶴「いや、私達で教えられる事って何か無いか話し合ったんだけどね……」

~~~

赤城「戦術に関してなら」

加賀「右に同じ」

蒼龍「んんーと……えっと……」

祥鳳「えぇと……」

千代田「……瑞鶴は?」

瑞鶴「……正直私も……」

~~~

瑞鶴「だから今回はサポートに回る事にしたの」

赤城「面目ないです」

金剛「 sorry ... 聞いたワタシが悪かったデース……」


95: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:09:36.46 ID:yJvIAoGo0


川内「夜からは夜戦訓練!絶対夜戦訓練するからね!!」

那珂「川内」

川内「はい」

那珂「それ外から見られたら責任取れるの?」

川内「……ゴメン」

那珂「分かればよろしい。さっ、ご飯だよー♪」


北上「まぁ、ああいうのもいるからさ」

金剛「 oh ... あ、他の皆サンは?」


96: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/24(金) 22:11:07.83 ID:yJvIAoGo0


伊勢「あぁ、私達で通常業務を回してるよ」

最上「この辺の当番も決めておかなくちゃね」

古鷹「そうですね、じゃあ後で当番表用意しておきます」

伊168「流石、手慣れてるわね」

曙「そりゃあ、この中でも古株だもの……まぁ、私達もだけど」

ワイワイ

タ級「……」

漣「ん?どうしたのタ級さんや?」

タ級「……わからない……デモ、なにか、わくわくする」

ル級「オ前モ、か」

漣(んんー……楽しい、って事でいいんですかね?)


99: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:21:40.70 ID:qYOEz20f0


――二日後・バシー島沖


提督「では最終確認を始める」

提督「我々は現在バシー島南東、五キロの地点に居る」

提督「皆は出発後、バシー島東側へと接近し沿岸沿いに深海棲艦を捜索してもらう」

提督「捜索範囲はバシー島の中央付近に置かれた前衛基地からの見通しが悪く、海上を警備する艦娘達も重点的に見回るチェックポイントだ」

提督「この警備隊は探照灯を装備している。もたもたしていると確実に見つかる事になるから気を付けてくれ」

提督「タイムリミットは2300まで」

提督「何か質問は?」

提督「……よし、時計合わせ。2200……十……九……八――」


100: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:22:31.72 ID:qYOEz20f0


――

島風「さーあ!行っくよー!」

龍田「はぁ~い。移動しながらでいいから、皆ちょっと聞いて~」

島風「なーにー?後じゃダメ?」

龍田「この作戦の話だからね~。今聞いて欲しいの」

不知火「……この作戦、何か?」

龍田「ふふっ……皆はこの作戦、変だと思わない?」

陽炎「何よ今更」

島風「深海棲艦を助ける事って、いい事じゃないの?」

龍田「そうじゃないよ~。ねぇ、千歳さん?」クスクス

千歳「ええ。提督の狙いはただ一つ。私達が見つかって、この件が噂として広まる事でしょう」

伊58「……どーゆーこと?」


101: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:23:29.09 ID:qYOEz20f0


龍田「そうね~……見つかった時の対処法は教えられたけど、見つからない為の知恵は教えられてないでしょ~?」

不知火「それは……完全に見つからない事が不可能だからこういう作戦になったのでは?」

陽炎「そうね。あの司令あんまり頭良さそうじゃないし……」

龍田「まぁ、確かに頭は良くないわね」クスクス

龍田「でも考えて見て?深海棲艦との一件、私達だけで何とか出来ると思う?」

不知火「理解者は多い方がいい内容ではありますが……」

島風「だったらル級とタ級を表にばーんと出しちゃえばいーじゃん!」

陽炎「今そんな事したら、私達の身が危ないじゃ……」ハッ

陽炎「……なるほど、今は出来ないけど噂が広まれば……」

不知火「実際に助けられた艦隊、その本人達の耳にも入る。そうすれば受け入れられる土壌が出来上がる……」

不知火「……司令への評価が変わりそうです」

龍田「うふふっ♪」


102: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:24:18.80 ID:qYOEz20f0


不知火「龍田さん」

龍田「なにかしら~?」

不知火「司令は、龍田さんがこのような話を私達にする事も読んでいたのでしょうか?」

龍田「読んでたと思うわよ~?」クスクス

龍田「だからこそ、その期待には全力で応えないと、ね?」

不知火「……分かりました。今回の作戦、見つかる事に賛成します」

陽炎「同じく。上手く行く気がしてきたわ」

島風「見つかった方がいいんだよね!任せて!」

伊58「ほ、ホントに見つかっちゃって大丈夫?怒られたりしないかな……」

千歳「大丈夫よゴーヤちゃん。見つからなくても褒めてもらえるけど――」

龍田「見つかった方がも~っと褒められるわよ~?」

伊58「うぅ……が、頑張ります!」


103: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:25:07.54 ID:qYOEz20f0


――

暁「こちら警備隊よ。これより島の東側に入るわ」

天龍『こちら前衛基地、了解。レーザー通信も利かなくなる。気を付けてくれよ』

暁「了解よ。みんな、探照灯は持った?」

雷「準備バッチリよ」

電「んしょっと……OKなのです!」

響「大丈夫だよ」

暁「よし!じゃあしゅっぱーつ!」


104: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:28:23.73 ID:qYOEz20f0


暁「――根っこ」

電「こ……こ……こおろぎ!」

雷「んー……義理チョコ」

響「こ……こ……待って、何か動いた」

暁「!」

雷「誰かいるの!?出て来なさい!」

伊58「ひゃっ!?」

龍田「あーあー……見つかっちゃった」

暁「警備隊のメンバーじゃないわね?」

雷「所属は?何をしてるの?」

伊58「ゴーヤ達は極秘任務の真っ最中でち!」

電「ご、極秘任務……ですか?」

龍田「ごめんね~?何も答えられないの~」クスクス

響「……そうか、お疲れ様です。じゃあ、私達は警備にもど――」

雷「待ちなさい」


105: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:29:13.74 ID:qYOEz20f0


~~~

提督「極秘の任務なので内容についてはお話しできません、で済む」

陽炎「……はぁ?」

利根「成程、それならば余計な詮索をされる心配も無いな」

愛宕「何も見なかった事にするしかないわよねぇ」

提督「その通りだ。だがそれだけじゃない」

利根「む?」

提督「知っての通りバシー島は攻略済みで、現在では前衛基地が置かれ、敵性深海棲艦との戦闘も散発的だ」

提督「この前衛基地には各地から遠征で警備任務に当たる艦隊が詰めている」

提督「こう言っちゃ何だが、非常につまらん任務な訳だ」

~~~


106: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:30:00.44 ID:qYOEz20f0


雷「内容によっては私達も手伝うわよ?」

暁「えぇ、とーぜんよ」フンス

龍田「えぇ~?気持ちは嬉しいけど、でも秘密の任務だから~」

雷「大丈夫よ!秘密は守るわ!」

電「こ、こんなに暗い中で灯りも無いと大変そうなのです……」

暁「一人前のレディとして!困ってる人は見過ごせないわ!」

響「ちょ、ちょっと待ってよみんな――」

龍田「んん~……絶対秘密を守れるなら、手伝ってもらってもいいんだけど~」

暁・雷「「大丈夫大丈夫!」」

龍田「ん~……わかった♪じゃあ指切りね♪」

響(何故だろう。嫌な予感しかしない――!!)


107: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:31:05.51 ID:qYOEz20f0


~~~

提督「そんな彼女達が自分達の警備している海域でコソコソしてる艦隊を発見し、聞いてみれば極秘任務だと言う」

提督「さぁどうなる龍驤さんや」

龍驤「そらぁ、気になるやろなぁ」

提督「その通り。加えて遠征任務という都合上、編成の多くは水雷戦隊。軽巡と駆逐艦が主となっている」

提督「艦娘の中でも責任感、正義感、更に好奇心まで強い者が多い艦種だ。とくれば――」

龍田「提督も人が悪いですね~♪」

鳳翔「彼女達を利用するおつもりですか?あまり良い作戦とは思えません……」

夕立「夕立、そんな手に引っかからないもん!」プンスコ

白露「アタシだって引っかからないからね!」プンスコ

提督「じゃあ二人とも、私が夜中にコソコソ歩いてる所を見つけたらどうする?」

白露・夕立「「何してるか聞く!」」

提督「秘密だって答えたら?」

白露・夕立「「教えてもらえるまで聞く!」」

提督「な?」

白露「あれ?」

夕立「ぽい?」

~~~


108: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:31:52.79 ID:qYOEz20f0


雷「それで?どんな任務なのかしら?」ワクワク

暁「パパッとやっちゃいましょ」ワクワク

龍田「簡単よ~。この辺りから深海棲艦を探すの」

暁・雷「「えっ」」

電「し、深海棲艦ですか!?」

響「この辺りで発見報告は無いはずだけど……」

伊58「ただの深海棲艦じゃないよ?」

龍田「ゴーヤちゃん?それは言っちゃダメよ?」

伊58「あっ」

雷「なになになに?気になるじゃない!」ズィッ

暁「ただの深海棲艦じゃないって、どういう事かしら?」ズィッ


109: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/25(土) 23:33:18.26 ID:qYOEz20f0


~~~



提督「あ~秘密なんだけどな~これ秘密なんだけどな~」

夕立「っぽい!秘密は守るから大丈夫!」

白露「手伝っちゃうよ!一番頑張っちゃうよ!」




時雨「容易に想像できるね……」

村雨「私も気にならない自信が……」

五十鈴「私達もそう思われてるのかしら……」

由良「姉さんやめて……」

提督「いや、それも含めて君達の強みであり魅力だと思ってるよ」

天龍「殴るぞ」

提督「……実際、ずっとこの鎮守府を支えてくれているのは軽巡、駆逐の皆だ」

提督「私は片時も、その事を忘れた事は無い」

伊勢「どうしたの提督?何か悪い物でも食べた?」

提督「たまに真面目になったらコレだ」

提督「どうもこういうのは性に合わんな……信頼も感謝もしているのは事実だ」

提督「改めて皆、これからもよろしく頼む」

提督「……よし。では明日の編成を発表する」

~~~


111: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:39:37.98 ID:6oNAO6p10


龍田「私達が探してるのは、味方を助けた深海棲艦なの」

電「――!!」

暁「味方って……艦娘を助けたって事?」

雷「深海棲艦が?」

龍田「そうなの~。あ~あ、喋っちゃった~」

電「秘密は絶対守ります!あ、あの、それで、その、深海棲艦さんを探してどうするのです?」

響「……こういうのは大抵、あまりよくない事になりそうなんだけど?」

龍田「うふふ……そうねぇ~……」

伊58「あ、それは……そ、そう!それはゴーヤ達も知らないでち!」

暁「本当に?」ズィッ

雷「味方を助けた相手よ?手を出すつもりなら、私達が相手になるわよ!」ズィッ

電「そ、そうなのです!」

響「秘密は守るけど、邪魔をしないとは言ってないしね」

伊58「わわ……」

龍田「へぇ~」ニコニコ


112: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:42:16.69 ID:6oNAO6p10


伊58「ど、どぉしよぉ龍田さぁん」オロオロ

龍田(……天然なのか狙ってやってるのか分かんないなぁ)

龍田(でもこの子達がコッチ側なのは明白だし、包み隠さず話した方が良さそう)

龍田「仕方ないなぁ~……ゴーヤちゃん、もう全部話しちゃおっか~」

伊58「だ、大丈夫なの?」

龍田「ゴーヤちゃんも隠し事は苦手でしょ~?」

伊58「『も』ってどういう事?笑う所なの?」

暁「やっぱり何か隠してたのね!」

雷「白状なさい!」

龍田「そうねぇ~……話すけど、後でい~い?」

龍田「コッチにはちょっと、せっかちさんがいるのよね~」


113: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:43:39.78 ID:6oNAO6p10


島風「おっ」




島風「っそおおおおおおおおおおおおおおおおい」

陽炎「はいはい、よく大声出すの我慢できたわね」

千歳「偉い偉い」ナデナデ

島風「むぅ~……」ぷくー

不知火「ふざけてる場合じゃありません。龍田さん、そちらが?」

龍田「えぇ、捜索の手伝いをしてくれるんだって~」

雷「但し、条件付きよ」

不知火「条件?」

暁「私達に包み隠さず本当の事を教える事!それが条件よ!」

千歳「へぇ……龍田さん、大丈夫なのね?」

龍田「大丈夫だよ~♪」

電「秘密は絶対に守るのです!」

響「うん、その辺りは安心して欲しい」


114: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:46:04.80 ID:6oNAO6p10


伊58「そっちは見つかったの?」

千歳「まだなんです。でも場所は絞れましたよ」

陽炎「それらしい穴はあったけど、中が暗くて見えないのよね」

暁「それなら任せて!」

雷「探照灯ならここにあるわ!」

不知火「ではお願いします」

島風「早く行こっ!!はやくー!」バチャバチャ

龍田「はいはい、もうちょっと大人しくしててね~?」


115: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:48:27.72 ID:6oNAO6p10


――

チ級「……」

チ級「……マ?」

暁「み、見つけたわ」

電「ボロボロ……なのです……」

不知火「三隻居たはずでは?」

伊58「あ!後ろ!」

千歳「……お墓ね……」

チ級「……」ググッ

龍田「大丈夫よ~」ザッ

チ級「……グッ……!」ググッ

龍田「無理しないで……頑張ったね……頑張ったねぇ……」ギュッ

チ級「……」ダラン

龍田「よしよし♪」

響「……」

陽炎「……暁、響、雷、電……手伝ってくれてありがとね」

島風「に、任務完了!帰投するよ!」


116: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:49:38.02 ID:6oNAO6p10


千歳「ゴーヤちゃん、曳航お願いできる?」

伊58「任せて!ほら、つかまって……」グイッ

電「あっ、あのっ!」

電「ちゃんと助けて……修理してあげて下さい!」ペコッ

龍田「大丈夫よ~♪」

雷「何か私達で手伝える事が無いか……必ず見つけるわ」

千歳「ええ。楽しみにしています」ニコ

陽炎「じゃあここでお別れね」

不知火「では、失礼します」

暁「えぇ……さ、私達も戻るわよ。時間は?」

響「2247……あ」

電「はわっ!?」

雷「い、急ぐわよ!天龍に怒られるわ!」


117: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:51:15.45 ID:6oNAO6p10


――バシー島・前衛基地

天龍「こぉんな時間まで何してたんだ!!」

神通「何かあったの?心配したんですよ?」

暁「え、えっと~……」

電「ひ、秘密なのです!」

雷「こらっ!」

天龍「ほーお……秘密かぁ……」

電「あ……」

天龍「あのなぁオマエら。これが休日に、街に遊びに行って、ちょっと遅れたってんならオレも何も言わねぇよ」

天龍「けどなぁ……警備で遅れてきた挙句!何があったかは秘密だなんて通用しねぇぞ!」バンッ

電「ひぅっ!」ビクッ

響「」ビクッ

神通「まぁまぁ天龍さん、抑えて下さい」

天龍「だってよぉ……コイツらに何かあったら、コイツらの提督に申し訳立たねぇじゃねぇか」

神通「それは私も一緒です。だからこそ――」

神通「皆には何があったのか、ちゃんと話して欲しいの」


118: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:53:54.46 ID:6oNAO6p10


暁「う……」

響「……」

電「……」

雷「……」

天龍「だんまりか……」ガタッ

天龍「……警備隊、聞こえるか?島の東側を徹底的に捜索してくれ。何かあるぞ」

電「ま、待って欲しいのです!」

天龍「待たねぇよ」フン

暁「わ、分かったわよ!言うわよ!」

電「お姉ちゃん!」

暁「約束は大事よ!だけど……」

暁「だけど、私達が秘密にしててもどうしようもないじゃない!」

響「……そうだね」

電「響お姉ちゃんまで……」

雷「電、気持ちは分かるけど暁の言う通りよ……」

電「……わかったのです……」

神通「じゃあ改めて聞くけど……何があったの?」


119: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:54:59.26 ID:6oNAO6p10


――小林丸

提督「――よし、皆お疲れ様。ほらココア」

龍田「あったまるわ~♪ありがと♪」

陽炎「まったく、ココアじゃ足りないくらいよ」ズズッ

提督「今はそれで我慢してくれ。帰ったら好きなもん買ってやるから」

不知火「物で釣るおつもりですか?」ズズッ

提督「厳しいなぁ……褒賞はあって然るべきだと考えてるだけだ」

千歳「あら、じゃあ何を買ってもらいましょうか……楽しみですね」ニコニコ

提督「あんま高いモンは勘弁してくれよ?さ、私は上にいるから何かあったら呼んでくれ」

チ級「……」

島風「だ、大丈夫?飲める?」

伊58「少し冷ました方がいいかも……」


120: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:56:13.86 ID:6oNAO6p10


陽炎「……にしてもこの作戦。私達が小破止まりで済んでたからよかったものの――」

陽炎「中破、大破してたらどうするつもりだったのかしら?」

千歳「今更な話ね……そりゃあ、ココで待機させてたでしょう」ズズッ

不知火「確かに今更ですが、全員が大破する可能性もあったはずです」

島風「そうだよねー。まぁ、私が本気を出せば全部避けられるけどね!」

不知火(そう言って避けた事ないじゃない……)

伊58「今回はゴーヤも頑張ったよ!」

龍田「そうねぇ。よく避けてたもんね。えらいえらい」ナデナデ

伊58「えっへん」フンス

龍田「まぁ、皆が中破してたら提督一人でやってただろうな~」

陽炎「へ?」

不知火「……この船を島に近付けるつもりだった、と?」


121: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 21:59:48.91 ID:6oNAO6p10


龍田「……あぁ、皆は知らないんだっけ~?」

千歳「この中だと私と龍田さんだけですね」

陽炎「何がよ?」

千歳「提督さん……いえ、術者の皆さん全員そうだけど、艤装が使えるの」

「「「「え?」」」」

龍田「一応、私達のプロトタイプにあたるのかなぁ?」


「「「「えぇーっ!?」」」」


122: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/10/28(火) 22:02:45.68 ID:6oNAO6p10


<ガチャ

提督「おーい皆、朗報だ朗報」

陽炎「提督が私達のプロトタイプってどういう事よ!」

不知火「あ、司令」

島風「てーとくっ!どーいう事!?」

提督「何の話だ?いや、それより皆、よくやってくれたな」ワシャワシャ

陽炎「わわ……」

不知火「な、なんですか一体……」

提督「大淀からの報告があってな」

提督「前衛基地にいた艦隊の鎮守府から、衛星写真の過去のデータへのアクセスがあったそうだ」

龍田「……うふふふっ♪」

千歳「大成功、ですね」

提督「あぁ、予想以上の効果だ。こりゃきっと面白い事になるぞ」


125: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:33:11.41 ID:tMEkzbXW0


――少し時は遡ってバシー島東側・洞穴


天龍「……」

神通「……」

天龍「……深海棲艦の墓、か」

天龍「オレは提督と電話してくる」

神通「あ、じゃあ、お線香あったら持って来てもらえますか?蝋燭でもいいですから」

神通「私達はこの辺りを綺麗にしておきます」

天龍「……あぁ、頼んます」


126: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:33:53.53 ID:tMEkzbXW0


――


天龍「あぁ提督、この辺の衛星写真って入手出来るか?」

天龍「――出来るんだな?じゃあ先月一杯から今日までの写真にしっかり目ェ通しておいてくれ。んでコッチにも送ってくれ」

天龍「――何かも何もねぇよ!味方が深海棲艦に助けられてるトコが写ってるハズなんだ!」

天龍「――ウッセェ!いいからさっさとしろこの節穴提督!」

天龍「……まったく……あ、蝋燭蝋燭……」


127: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:34:42.26 ID:tMEkzbXW0


――


大淀「小林丸、提督聞こえますか?今また別の鎮守府からアクセスがありました」

大淀「――ええ……あ、鎮守府間の交信が活発になってますね。傍受しますか?」

大淀「――わかりました、では私ももう休みますね。おやすみなさい」

大淀「……ふぅっ」

明石「お疲れー。上手くいったね」ニシシ

大淀「うん。まさか地図衛星が役に立つなんて思わなかったなぁ」

明石「海の中までは見えないもんねぇ」

大淀「でもこうなったら別でしょうね……さ、寝ましょ寝ましょ」

明石「ちょっと飲んでからにしない?」

大淀「んー……いいわ。付き合ったげる♪」


128: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:35:39.99 ID:tMEkzbXW0


――翌朝・船着場


長良「あ、見えてきたよ!」

鬼怒「よーし!じゃあ二人とも、教えた通りにやってみて!」

提督(……ん?ありゃル級とタ級じゃないか)

鬼怒「おかえりー!」

島風「ただいまー!係留ロープ投げるよー!」

タ級「がってんだー!」

島風「おうっ!?」

千歳「あら、ル級がタラップ持って待機してますよ」

ル級「……」フンス

提督「……ふむ」


129: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:36:26.33 ID:tMEkzbXW0


提督「出迎えご苦労様。第一艦隊はすぐに修理に入ってくれ」

伊勢「おかえり、どうだった?」

提督「ただいま。チ級一人を無事に保護できたよ」

ル級「良かった。ありがとう、提督」

提督「失礼。どちらさまで?」

タ級「ル級だよ?もしかして忘れたんじゃないだろうね?」

提督「いや……随分流暢に喋るようになったな……」

伊勢「お勉強の成果ってやつよ。報告いる?」

提督「あぁ、是非とも聞かせてくれ」

タ級「あ、アタイ達は授業に行ってくるよ」

ル級「また後で話そう」

提督「あ、あぁ……また後で」


提督「……ふむ、大した学習能力だな」

伊勢「先生がいいのよ」


130: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/02(日) 21:37:28.35 ID:tMEkzbXW0


――廊下


黒潮「おー、皆はんおかえりー!お疲れさまやー!」バタバタ

不知火「黒潮……何ですか?その書類の束は?」

黒潮「あぁこれなー。ウチ、今先生やっとるからな!」フンス

陽炎・不知火「「先生?」」

陽炎「そーいえば、深海棲艦を教育するって言ってたような……」

不知火「言ってたわね」

黒潮「そーゆーことや!ほな、また後でなー!」バタバタ

陽炎「……随分張り切ってるわね」

不知火「……そうね」


133: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:15:41.41 ID:pCSy3e4i0


――修理ドック


陽炎「……にしても、我らが司令官様は何を考えてらっしゃるのかしらねぇ?」チャプ

不知火「龍田さんが昨日言っていた通り、戦後の事を考えてるんでしょうね」チャプ

不知火「以前は司令自らが艦娘に教え事をしていたそうだけど……」

陽炎「……」


カポーン


不知火「……」バチャバチャ

陽炎「白露達に聞けば分かるかしら」

不知火「この鎮守府の初期艦は五月雨だと聞いてるわ。彼女に話を聞いてみましょう」

陽炎「五月雨かぁ……あんま話した事無いなー……」

不知火「不知火もよ」バシャバシャ

陽炎「……バタ足やめなさい。コッチに飛んでくるんだから」

不知火「じっとしてるのは性に合わないの」バシャバシャ


134: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:16:37.47 ID:pCSy3e4i0


――廊下


陽炎「あ、そういえばさ」トコトコ

不知火「何?」トコトコ

陽炎「司令が私達のプロトタイプって話、結局深く聞けなかったわね」

那智「ほう」

不知火「なら今から……では遅いわね。もう次の出撃の準備に入ってるだろうし――」

陽炎「え?」

不知火「え?」

那智「その話、詳しく聞かせてもらおうか」


135: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:17:19.08 ID:pCSy3e4i0


――執務室


<コンコン


提督「開いている」

赤城「失礼します。任務、お疲れ様でした」

提督「あぁ、おはよう赤城。ありがとう」

赤城「は……おはよう、ございます」

伊勢「はい提督サンドイッチ……あら赤城、珍しいじゃん」

提督「ありがとう伊勢。それで、何かあったのか赤城?」

赤城「……少し、相談したい事が」

提督「ふむ?」

伊勢「?」


136: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:18:47.09 ID:pCSy3e4i0


伊勢「ぷふっ……」プルプル

提督「こらお伊勢さん、笑うもんじゃないよ」

赤城「……」ムスー

伊勢「いやだってさー、今まで戦闘一本槍だった赤城がこんな事言うなんて思わなくて」

赤城「何か、おかしいですか?」

伊勢「ごめんごめん。私ゃ嬉しいよ赤城♪」

提督「あぁ、何かに興味を持ち、自分から動こうとするのは偉いぞ赤城」

赤城「……なんだか子ども扱いされているようで不愉快です」プイッ

提督「そうでもないさ。冗談はさて置いて何かを教えたい、か……なら何かを学ぶ必要がある」

提督「赤城も授業を受けてみるといいんじゃないか?」

赤城「私がですか?読み書きは出来ますし、算盤など使えても……」


137: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:19:41.36 ID:pCSy3e4i0


伊勢「赤城、それじゃダメなんだよ」

伊勢「『学ぶ事は道具を手に持つ事に過ぎず、その道具で如何に創意工夫するかが重要である』」

加賀「……」ヒョコッ

伊勢「誰かさんの受け売りだけど、ね」

提督「加賀、何してるんだ」

加賀「赤城さんが心配で覗きに来ました」

加賀「私も赤城さんと同じく、戦いの事しか考えてませんでしたから」

提督「加賀……」


赤城「加賀はご飯の献立を気にしてばかりいるように思うのですが」

伊勢「加賀……」

加賀「そんな目で見ないで下さい。美味しいご飯が悪いんです」


138: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:20:57.14 ID:pCSy3e4i0


提督「じゃあ加賀は、しばらく厨房に入ってもらう事にするか」

提督「作ってもらう側から作る側になってみれば、また違うだろうし」

加賀「やりました」

伊勢「つまみ食いはダメだからね?」

加賀「……問題ありません」

伊勢「目を合わせなさい」


赤城「しかし提督、それは戦力外通知では?」

提督「現状、交代要員の育成も兼ねて出撃回数の低い者から編成している」

提督「空母組はしばらく休んでもらう事になるからちょうどいいじゃないか」

赤城「うぐ……」


139: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:23:13.42 ID:pCSy3e4i0


赤城(交代要員の建造を推し進めたのは私)

赤城(私がここに来た時は極端に戦力が少なく、それを危惧しての事だったけれど)


~~~

赤城『戦艦は扶桑型2、金剛型2』

赤城『重巡が妙高型4、利根型2、高雄型4』

赤城『空母が3。軽空母5』

赤城『千歳型も軽空母に改装完了、と』

赤城『……軽巡に球磨型4、夕張』

赤城『潜水艦2、駆逐艦4……』

赤城『戦力が整ってきましたね』

~~~


赤城「増やし過ぎた……いや、でもまだ……」ボソッ

提督「しかし最近は出ずっぱりで、一人一人と触れ合う機会も減ってしまったよ」

赤城「……申し訳ありません」

提督「あ、いや、赤城を責めた訳では無いんだ」

赤城(確かに……私は提督の人となりを知らない)


140: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/03(月) 21:24:45.40 ID:pCSy3e4i0


提督「えぇと、赤城?」

赤城「あ、はい。何でしょうか」

提督「加賀だけじゃ心配だから、赤城も厨房に入って貰っていいか?」

赤城「……了解しました。しばらくの間、糧食班として活動します」

赤城「加賀、行きます……何してるんですか」

伊勢「いやぁ、加賀の頬っぺた柔らかくてつい」ムニムニ

加賀「ふゃむふぇぶははい」ムニラレムニラレ

赤城「……」ハァ

<ガチャ

那智「提督、いるか?」

提督「ん?どうした?」

那智「あぁ、陽炎達から聞いたぞ。貴様、艤装を使えるそうだな?」

赤城「えっ」

提督「あぁ……使えるが」

加賀「えっ」


那智「なら一度、手合せ願いたい」


143: ◇gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:07:57.87 ID:WSHOULFz0


――午後・鎮守府前海域


赤城「――では審判を務めさせて頂きます」

赤城「試合には着色弾を用い、これを三発命中させた者が勝ちとなります」

赤城「何か質問は?」

那智「命中箇所はどこでもいいのだな?」

赤城「構いません。提督からは何かありますか?」

提督「いや……随分ギャラリーが騒がしいな」

赤城「?」


144: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:08:46.15 ID:WSHOULFz0


夕張「最上さーん、この辺に置いとけばいいかしら?」ガチャガチャ

最上「あ、ありがとー」

陽炎「夕張、何それ?」

夕張「ふっふっふ、よくぞ聞いてくれたわね陽炎……」

夕張「これはデジタルカメラ!テープが要らない優れものよ!」

陽炎「マジで!?」

不知火「噂には聞いていましたが……これが……」

夕張「でも私、使い方知らないのよね……」

最上「ボクが知ってるから大丈夫。教えようか?」

夕張「是非お願いしますっ!」


145: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:09:55.81 ID:WSHOULFz0


利根「ほう、提督の艤装は古鷹のと似ておるのう」

古鷹「はい、当時は長良さんのような銃みたいな形か、ああいった装着する形の艤装しかなかったそうですよ?」

利根「ほぉー……左手のアレは何じゃ?」

扶桑「私達の主砲の装甲……かしら?」

古鷹「正解です。盾代わりですね」

扶桑「えぇと……私達の艤装も造られていた、という事かしら?」

山城「人間に背負える大きさじゃないですよ……?」

伊勢「戦闘用の船舶に搭載する火器として開発されてたって話よ」

伊勢「妖精が操作するのは変わらないからね」

利根「ほぉ……よく知っておるのう」

古鷹「えぇ、色々教えてもらいましたからね」

伊勢「利根達もその内教わる事になると思うわよ?」

利根「おぉ、そりゃ楽しみじゃ」


146: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:10:50.14 ID:WSHOULFz0


タ級「ん……那智と、えっと、提督は何してんだい?」

涼風「あぁー……えっとー……」

涼風「……ケンカ!ケンカだよ!」

ル級「ケンカ?」

神通「涼風ちゃん、それはちょっと違うと思うの……」

那珂「まぁ似たようなモンだよねー。自分の上司に手合せ願うとか」

漣「『私より強い者でなければ従わんぞー』」

鬼怒「おほん……『では確かめてみるがよい!』」

川内「ってかさ、提督は大丈夫なの?今朝帰って来たばっかりでしょ?」

五月雨「川内さん……もっと言ってあげて下さい」グスッ

川内「え、泣くほど気にされてないの?」


龍驤「さぁさぁ締め切るで!はったはった!」

加賀「……決めました。那智に今後一週間分のデザートです」

<オオオオオオオ


147: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:11:58.02 ID:WSHOULFz0


川内「なるほどこりゃヒドイ」

五月雨「もうっ!提督は相当お疲れなんですからね!?」

蒼龍「そうですよねぇ。私も那智さんに一週間分のデザート賭けます!」

五月雨「そうじゃなくてですね!」

龍驤「なんやさっきから那智ばっかやないか。これじゃ賭けにならんよー」

千歳「じゃあ私は提督に一週間分のデザートよ」

龍田「千歳さんに同じく~♪」

五月雨「お二人まで一緒になってどうするんですかー!!」

伊勢「なになに?」

龍驤「あ、伊勢……いや、これはやなぁ、娯楽の少ない皆にちょっとでも楽しんでもらおうと思ってやな……」オロオロ

五月雨「伊勢さんガツンと言ってあげて下さい!」

伊勢「そうねぇ」


伊勢「私も提督にデザート一週間分よ。五月雨もいいわね?」

五月雨「伊勢さあああああん!!」


148: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:13:09.61 ID:WSHOULFz0


加賀「これで一週間はデザートがたくさん……夢のようね」

加賀「瑞鶴はどうするの?」

瑞鶴「んー……人数合わせに提督に賭けるわ」

加賀「ふ……せいぜいデザートの無い一週間を楽しむといいわ」

瑞鶴「赤城さんからも慢心するなって言われてるのにこの人は……」ハァ

加賀「これでもし仮に万が一提督が勝てば、臍で茶を沸かしましょう」

瑞鶴(あ、これは勝つかも)


149: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:16:51.74 ID:WSHOULFz0


――数刻後


提督「まだ船の動きが強いな。腕をもっと自由に動かす事を意識してみるといい」

提督「後は両肩の二番、三番は腰の回転で照準を合わせるように。身体ごとはマズい」

提督「時間を見つけて、左舷に標的を置いて右に旋回しながら当てられるように訓練してみてくれ」

那智「そんな曲撃ちのような事を……いや、わかった。指導感謝する」

五月雨「倒れたんですからもっと大人しくしてて下さい!もうっ!」

提督「すまないな。少し横になれば良くなると思うんだが……」

伊勢「無理しちゃってまぁ……」

霧島「予想以上の試合でしたね……両者とも被弾二になった時は手に汗を握りました」

金剛「調子が良かったら perfect だったかもしれませんネー!惜しかったデス!」


150: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/06(木) 22:18:00.73 ID:WSHOULFz0


夕張「しっかり録画しておきましたから、後で見直してみましょう」ウキウキ

摩耶「なぁ、今度良かったら私とも試合を――」

五月雨「ちゃんとお休みしてからですっ」キッ

摩耶「お、おう、ワリィ……」

提督「そうだ龍驤。さっきの賭けの表を見せてくれ」

龍驤「ふぇ!?え、えぇへへへ……バレてた?」スッ

提督「……この賭博に組した者全て、一週間のデザート抜き――」

加賀「!?」ピィー

瑞鶴「あ、ほんとに沸いた」

提督「――と言いたい所だが、この賭けは無かった事にするだけに収めておく」

提督「それでは解散」


153: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/07(金) 22:04:59.60 ID:xKRSVOx60


――医務室


提督「ヴぁー……」

五月雨「まったくもう!無理なら無理でどうして断らなかったんですか!」プンスコ

提督「いやぁ、那智の方からああやって言って来たのが嬉しくてなぁ」

五月雨「だからって張り切り過ぎですよ、もう……」

提督「面目無い」

那智「失礼する……提督、大丈夫か?」

提督「あぁ、軽い貧血みたいなもんだ。どうした?」

那智「いや、その……すまなかった、な。疲労困憊していたというのに……」

提督「それは那智が気にする所では無いよ。部下に稽古を付けるのに疲れている、は言い訳にならん」

五月雨「ていとくー?」ジトッ

提督「わかった、わかったからそう睨むな五月雨」ナデナデ

五月雨「むー……」

那智「……ふ」クスッ

提督「ん?」


154: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/07(金) 22:06:30.36 ID:xKRSVOx60


那智「いや……いい司令官の下に付けた。これからもよろしく頼む」

提督「……あぁ、こちらこそ改めてよろしく頼む」

伊勢「おーい提督ー。一週間休み取って来たよー」

提督「おう、ありがとう」

五月雨「やったぁ!提督、私また町に買い物に行きたいです!」

那智「一週間……だと……?」

提督「あぁ、他の皆も一緒にな」ナデナデ

五月雨「はいっ!」

那智「ま、待て待て待て!貴様、一週間も休まねばならん状態なのか!?」

伊勢「そんな訳無いじゃん」ネー

提督「そんな重症に見えるか?」ネー

那智「ならば何故一週間も……いや待てよ?そもそも上層部が何故許可を出したのだ?」

提督「そりゃまぁ、私は軍人じゃないからな」


155: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/07(金) 22:07:30.73 ID:xKRSVOx60


那智「」

那智「」

那智「なんだとぉう!?」

五月雨「ひゃっ!?」

伊勢「この辺は刷り込みされてないもんねぇ」ケラケラ

提督「あー、その辺りも含めてこの一週間で叩き込むつもりなんだが」

提督「確かに私は階級も貰ってるし軍属ではあるが、元は民間の術者だよ」

提督「それも、君達と言う強力な軍勢を指揮できると来たもんだ」

那智「!……反乱を防ぐ為、か」

提督「そう。その為には多少のご機嫌取りもするって事だ」

提督「とは言え、度が過ぎた者はクビが飛んだがね」

那智「な、なるほど……」


156: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/07(金) 22:08:44.12 ID:xKRSVOx60


提督「っと、皆はどうしてる?」

伊勢「あぁ、さっきの試合の映像を見て勉強してたり、小林丸の整備をして過ごしてるよ」


――


愛宕「ヴォェ……ハァハァ……フヴォェッ!ゥオェッ!」

鳥海「姉さん大丈夫?」サスサス

長良「刺激が強すぎたかなぁ?はい水」

高雄「船底って……こんなに気持ち悪いのね……ウェップ……」

由良「最近やってなかったからビッシリね。フジツボ」

鬼怒「さっさと終わらせちゃおー!」ガシガシ

摩耶(夢に出そう)プルプル


――


赤城「……止めて頂戴。まず最初に提督が命中させた所ね」

金剛「ヘイ夕張!なんでここアップで撮らなかったデース!?」

夕張「試合全体が見えなきゃ意味ないでしょ!?」

金剛「あぁ~……主砲を構えた凛々しいテートクの姿がこんな小さくしか映ってないなんて……」

赤城「金剛、真面目に戦闘分析する気が無いなら出て行きなさい」

金剛「私はいつだって真面目デース!」

利根「提督の顔など、いつでも見られるでは無いか」

金剛「 No !! 戦ってる姿は別デース!」


157: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/07(金) 22:09:33.72 ID:xKRSVOx60


――


伊勢「そうそう、それと遅くなったけどチ級の修理が終わったわ」

チ級「……」

提督「お、治ったか。調子はどうか?」

チ級「……助ケテクレタ事、感謝スル、クマ」

五月雨「くま?」

提督「ふむ……球磨の口調か」

チ級「クマ?」

提督「いや、こちらの話だ。今後の件はル級とタ級から聞いてるかな?」

チ級「アァ、ドコカニ、逃ガスト、聞イテイル、クマ」

提督「その通りだ。出発は明日の昼頃を予定しているから、それまでゆっくり休んでくれ」

チ級「クマ」


162: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:14:03.75 ID:kf43NR4j0


――同じ頃・パラオ泊地


金剛「ヘイテートクゥー、アナタから呼び出しと聞いて飛んできましたヨー!」バーン

比叡「私達まで呼んで、どうしたんです?」

提督「あぁ、妙な噂話が飛び交っていてな。お前達にも聞かせておこうと思ったんだ」

霧島「噂話ですか……」

榛名「どんな話なんです?」

提督「あぁ、我々を……」

提督「艦娘を助けた深海棲艦が居る、と」

「「「「!!」」」」

金剛「詳しくお願いしマース!!」

提督「場所はバシー島。ココでチ級三隻が味方を助けた、という話だ」

金剛「……カ級じゃないデス?」

提督「金剛を助けたモノとは違うようだが、この話には続きがあってな」

提督「このチ級は三隻とも大きなダメージを受けていたらしく、内二隻は沈んだが――」

提督「残った一隻が墓を作っていたそうだ」


163: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:15:01.44 ID:kf43NR4j0


榛名「お墓って……それじゃまるで人間じゃないですか」

霧島「あくまで噂話でしょう?」

霧島「もしその話が本当だとして、最後の一隻はドコに行ったんです?」

霧島「バシー島の基地で保護されてる、とかじゃないですよね?」

提督「それなんだが……どうもコレに関しては特務隊が動いてるそうなんだ」

霧島「……特務隊、ですか……」

比叡「えぇと、つまり……何も判ってないって事ですよね?」

提督「あぁ。噂話の域を出ない事は確かだが、火の無い所に煙が立たないのも確かだ」

提督「ウチの金剛以外にも助けられた艦娘がいる可能性がある、と俺は睨んでいる」


164: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:15:56.33 ID:kf43NR4j0


金剛「テートク……」

提督「さて、お前達四姉妹……いや第四艦隊に遠征任務を命じる。明日の1000よりバシー島前衛基地へ向かえ」


――


チ級「ヘックショイクマァ!」

伊勢「おぉっ!?く、くしゃみ?」

那智「……深海棲艦もくしゃみするのか……」

チ級「誰カニ、噂サレタ、気ガスル、クマ」ズズッ


165: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:16:45.01 ID:kf43NR4j0


愛宕「あんな生き物認めない……絶対に認めないわよ……」ブツブツ

摩耶「あぁもうしっかりしろよ姉さん!ほらしっかり歩け!」

伊勢「あら高雄姉妹じゃん……愛宕、顔色悪いけど大丈夫?」

愛宕「……」ブツブツ

高雄「フジツボを見てからずっとこの調子で……」

伊勢「あぁー……」

那智「ふじつぼ?なんだそれは?」

チ級「クマ?」

鳥海「あぁ、フジツボというのはですね――「思い出させないでぇっ!!」ひゃっ!?」ビクッ

愛宕「うぅ……おぇっ……」プルプル

摩耶「ちょ、姉さん今は抑えてくれ!ほらもうすぐ医務室だから!」


166: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:17:49.29 ID:kf43NR4j0


摩耶「っつーかさっさと連れてくわ!ほら頑張れ姉さん!」グイッ

愛宕「ごめんね摩耶ちゃん……アタシもう限界……」グッタリ

摩耶「うっせぇさっさと歩けほら!肩貸してるだけでも重いな!」グイグイ

愛宕「まーやー……覚えてなさいよー……」ヨタヨタ

チ級「……手伝ウ、クマ」スッ

摩耶「おぉ、サンキュー」



伊勢「小林丸の整備、ありがとね」

高雄「お陰様で貴重な経験が出来ましたよぉ」ピクピク

那智「高雄も顔色が悪いが、大丈夫なのか?」

鳥海「精神的なダメージが大きいようです。実は私もですけれど……」

那智「そ、そうか……」


167: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/08(土) 22:19:06.42 ID:kf43NR4j0


鳥海「そういえば、艦娘輸送艦って他に無いんですか?」

鳥海「遠征に出る艦隊用の物が無いのって、気になるんですけど」

高雄「あんなのが幾つもあってたまる物ですか」

那智(ふじつぼとはそんなにヒドイ物なのか)

伊勢「あぁ、そりゃあの船は提督の艤装だからね」

伊勢「普通の船なら、都合が付けば貰えるんじゃないかなー」

鳥海「え?あれ艤装なんですか?」

伊勢「あー……違うかもしんないけどさ」

伊勢「ホラ、小林丸動かしてんのは妖精さん達でしょ?」

伊勢「んでその妖精さん達を指揮してるのは提督じゃん?私達と艤装の関係と一緒でしょ?」


170: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/11(火) 22:44:22.53 ID:T/xXinfL0


――医務室


愛宕「ヴァー……す、すいません……すぐ直りますから……」

チ級「ホラ、チャント、横ニナッテル、クマ」

提督「そうか、小林丸の整備でか……そういえば私も最初はこうだったなぁ」

摩耶「そうなのか?」

提督「あぁ、情けない事に飯も喉を通らずぶっ倒れた事もある」

提督「愛宕、一週間ほどは出撃しないつもりだからゆっくり養生してくれ」

愛宕「は、はい……」

摩耶「あの、出撃しないって……何かあったのか?」

提督「あぁ、今回の試合の件もあるが、君達と話す時間が欲しくてな」

提督「二人ともこうやってゆっくり話すのは初めてじゃないか?」

摩耶「そういえば出撃ばっかで鎮守府にいない事の方が多いもんな」

愛宕「こ、こら摩耶!」


171: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/11(火) 22:45:20.41 ID:T/xXinfL0


提督「いや、構わない。事実だ」

愛宕「も、申し訳ありません提督」

チ級「……」クマー

提督「出撃しても艦橋に籠ってる事の方が多いし、ココにいても航海路の引き直しばかり……」

提督「沖ノ島攻略以降か……ろくに話せなくて申し訳無い」

愛宕「提督が謝る事ではありません!……あ、その、執務のお邪魔はしたくありませんし……」

提督「大丈夫だ。そんなに気を遣ってくれなくていい」

愛宕「え、えぇと……はい……」

摩耶「……」

提督「摩耶もだよ。これでも君達とはもっとフランクな付き合いをしたいと思ってるんだが……」

提督「そうだ、先程私と手合せしたいと言っていたな?」

摩耶「……聞いてたのか」

提督「あぁ。明日か明後日には私も万全になってるだろうし、その時に相手しよう」


172: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/11(火) 22:50:19.56 ID:T/xXinfL0


摩耶「……あー、何となくだけど最上の言ってた事が分かった気がする」ポリポリ

提督「ふむ。何て言ってた?」

摩耶「提督とは家族だ、ってさ」

提督「そうか……」

愛宕(あ、こんな風に笑うのね)

摩耶「私からしたら、まだよく解らない上司ってトコだけどな」

提督「あぁ、今はそれで構わない。これから知っていけばいい」

摩耶「……ん、姉妹達共々よろしくな」

愛宕「もう、摩耶ったら……改めまして提督、よろしくお願いしますね?」ニコッ

提督「あぁ、こちらこそよろしく頼む」

チ級「……仲良シ、クマー」

愛宕「あ、でもその気取った話し方は少し……どうかと思いますよ?」

提督「ふむ……バレバレか」


173: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/11(火) 22:51:29.24 ID:T/xXinfL0


――数刻後・食堂


提督「――とまぁそういう訳で、気取るのはヤメにしようと思う」ズズッ

伊勢「まぁ……その方がいいだろうねぇ」クスッ

夕立「提督さん提督さん!明日からお休みって聞いたけどホント!?」ガバッ

提督「おーう、一週間くらいな」ワシャワシャ

夕立「わーい♪何して遊ぼっかなー♪」

提督「あと夕立、お茶飲んでる人の後ろから抱きつくのはやめなさい」

夕立「はーい!ごめんなさい!」


赤城「……」ガタッ

龍驤「あー、やめとき赤城」

赤城「……龍驤は何とも思わないのですか?」

龍驤「何とも思わんっちゅうかなぁ……」

龍驤「ウチらの事、兵器として見ない所は嬉しいと思っとるよ?」

赤城「……そう、ですね……すいません。取り乱してしまいました」ストン

龍驤「優し過ぎるのも考えもんやけどねー……」

赤城「?」


金剛「……あのレヴェルのスキンシップが許されるデース?いやもしかしたらロリコンなだけでいやでもロリコンなら
   あんなに軽く流す訳無いデースイコールテートクはアダルト趣味のはずデースそうに決まってるデース……」ブツブツ

山城(隣席の高速戦艦がブツブツ言ってて不幸だわ……)


174: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/11(火) 22:52:32.76 ID:T/xXinfL0


球磨「クマー!」ヘーイ

チ級「クマー!」ヘーイ

北上「おぉー、さすが球磨姉」

木曾「打ち解けんの早くないか!?」

多摩「木曾、球磨型なら当然にゃ」

チ級「クマー!」ヘーイ

北上「んお、はいはいくまー」ヘーイ


提督「スゲェな球磨型」

伊勢「元が同じ船霊ってのもあるんだろうけど……ね」


球磨「ホラ筑摩もやるクマ」

筑摩「えぇっと……く、くまー?」ヘーイ

利根「もっと元気よくやらんか!クマー!」ヘーイ

チ級「クマー♪」ヘーイ


177: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:34:34.76 ID:bH3NKvvy0


――翌朝・バシー島前衛基地


天龍「ぐぅぉおおおおお……」キリキリ

電「た、大変なのです!天龍さんが苦しそうなのです!」

雷「大丈夫なの天龍!?ぽんぽん痛いの!?」

神通「はい天龍さん、胃薬です」スッ

天龍「神通さん……」ジワッ

天龍「うわあああん行かないでくれよぉ!」ガシッ

神通「そう言われましても、遠征任務は今日までですし……」

那珂「お姉ちゃーん、帰りの準備でき……どうしたの?」

川内「おぉ、何泣いてんのさ天龍」

天龍「聞いてくれよぉ」グスッ


178: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:35:49.56 ID:bH3NKvvy0


川内「――私達を引き継ぐのが戦艦四隻ぃ!?」

神通「」

那珂「」

天龍「そうなんだよぉ……ぜってぇあの噂の調査だよコレェ……」プルプル

神通「で、でもそうだと決まった訳では――」

那珂「こんな僻地に戦艦四隻なんて編成で遠征に出すと思わないナッ☆」

神通「――無いわよねぇ……」ハァ

天龍「だろ?」キリキリ

暁「何よ、そんな事で悩んでるの?」ヒョコッ

暁「事実をそのまま話すのよ。簡単な事じゃない」

天龍「暁……」



天龍「出来るかァー!!」バッ

暁「あっ!ちょっと帽子返しなさいよ!返して!」ピョンピョン


179: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:36:52.61 ID:bH3NKvvy0


天龍「オレの提督ドコにいると思ってんだ!横須賀だぞよーこーすーかー!」

天龍「大本営の御膝元の鎮守府の艦娘がそんな事言ってみろオマエ!」


~~~

偉い人「はっはっは、おかしな事を言う艦娘ですな。解体な。オマエはクビな」

~~~


天龍「――とかなっちまうだろうが!」

暁「ごめんなさい!悪かったから帽子返して!」ピョンピョン


川内「……なるの?」

那珂「まぁ、上司の監督不行き届きだよね」

那珂「内容が内容だからクビはクビでも物理的な意味だろうけどネッ☆」


180: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:38:37.10 ID:bH3NKvvy0


天龍「だからって嘘ついた所でどうしようもねぇし」

天龍「いやいっそ闇討ちしちまえば……」ハァハァ

川内「それはダメだって天龍」

那珂「わぁ、追い詰められると精神って暴走しちゃうんだネッ☆」

神通「か、考えすぎですよ天龍さん?」


響「……天龍、ちょっといいかな?」

天龍「あんだよぉ……オレちょっと刀研ぐのに忙しいんデスけど」シャーコシャーコ

響「戦艦四隻を相手にするつもりなら止めないけど、こういうのはどうかな――?」


181: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:39:37.66 ID:bH3NKvvy0


――数刻後


神通「大湊第二艦隊、パラオ第四艦隊へ業務を引き渡します」

金剛「パラオ第四艦隊、これより業務を引き継ぎマ……引き継ぎます」

天龍「それじゃ神通さん、那珂、川内、お疲れさん。またな」ヒラヒラ

神通「はい、また」ザザザ

那珂「じゃーねー!みんな愛してるよー☆」ザザザ

川内「それじゃお先にー!」ザザザ


天龍「さて、と……」

天龍「ようこそバシー島前衛基地へ。この基地を任されている横須賀鎮守府の天龍だ」

暁「私達は宿毛湾第二艦隊の暁型よ。よろしくね」

金剛「よろしくお願いしマース!」


182: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:40:35.45 ID:bH3NKvvy0


天龍「まぁ立ち話もなんだし入ってくれ」

雷「じゃあお茶淹れて来るわ!」タッ

電「私も行ってくるのです」タッ

天龍「おう、あんがとなー」

天龍「……しっかし、こんなトコに戦艦四隻だなんてどうしたんだ?左遷か?」

金剛「……いえ、例の噂話についてデス」

天龍「!」

響「!」

天龍「あぁ、あの件ならただの噂話だ」

天龍「オレ達が浜辺に打ち上げられてた深海棲艦どもの死体を埋めたって話が誤解されたみてーだな」


183: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/12(水) 21:41:40.71 ID:bH3NKvvy0


響(さぁ、軍の調査なら埋めた事について言及してくるはず)ジッ

金剛「そう……でしたカ……」シュン

天龍「あん?」

響「天龍」コソッ

天龍「……あぁ、解ってる」コソッ


天龍「どうやら軍の調査じゃねぇみてぇだな」

霧島「……カマかけですか」

比叡「え、そうなの?」

天龍「あぁ、悪かった。オレらも慎重にやりたいもんでね」

金剛「……って事は」

榛名「あの話は本当って事ですか!?」


186: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:01:42.86 ID:5/niK0al0


――バシー島・洞穴内


金剛「……」

比叡「……」

霧島「……」

榛名「……」

金剛「……案内、ありがとうございマス」

天龍「いや……もういいのか?」

金剛「ハイ。手を合わせられましたカラ」ニコ

霧島「……さて、例の噂話について聞きたいのですが――」

金剛「 wait 霧島、私の話を先にした方がこの子達も安心しマース」

霧島「ん……そうですね」

天龍「?」

響「?」

金剛「私は少し前、深海棲艦に助けられたんデス」


187: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:02:38.65 ID:5/niK0al0


天龍「……」

響「……」

天龍「んだよ……先に言ってくれよぉ……」ヘナヘナ

金剛「そ、ソーリー……」

榛名「大丈夫ですか?」グィッ

比叡「よっと、随分張り詰めてたんだね」グィッ

響「こんな所に戦艦四隻だからね。何事かと思ったんだ」

霧島「事前に教えられれば良かったのですが、盗聴の心配もありましたから……」

天龍「そりゃ仕方ねぇよ。いやぁー……良かったぁー……」ハァ

響「じゃあ、お互い包み隠さず話せそうだね。基地に戻ろう」


188: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:03:20.99 ID:5/niK0al0


――バシー島・前衛基地


金剛「ワタシは撤退中に深海棲艦に襲われ、皆を逃がす為にシンガリを務めまシタ」

金剛「何とか皆を逃がす事は出来マシたけど、ワタシの艤装へのダメージと――」

金剛「悪天候もあって動けなくなってたんデス」

金剛「そんな時に助けてくれたのが――」


189: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:04:25.24 ID:5/niK0al0



~~~


金剛(……皆は無事離脱出来たようデスネ……さてと)

金剛( oops ……浸水とは困りましたネー……これじゃ浮けないデス)

金剛「んっ……」

金剛(駄目デスネ。自航で帰るには巫力が足りないし……)

金剛「……沈んじゃうデス?」

金剛「……」ジワッ


金剛「ノウ!絶対にノウデース!」バチャバチャ

金剛「やデース!テートクのハートをゲットするまで沈まないデース!」バチャ バチャ

金剛「沈むならもっと天気のいい日がいいデース!」バチャ

金剛「こんな……暗い海と雨は嫌デス……テートクぅ……」


190: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:05:18.29 ID:5/niK0al0


カ級「……」ナデナデ

金剛「……慰めはいらないデース……」ハァ

カ級「……」ポンポン

金剛「……」


金剛「ほわぁーっつ!?」

カ級「」ビクッ

金剛(深海棲艦!?砲はもう沈んで使えないしえぇとええと――!!)

金剛「 BOW WOW !!」ガウガウ

カ級「……ゲンキ、ソウ」スッ

金剛「 GRRRRRR ……」

カ級「……ツカマレ、シズムゾ」

金剛「……何のつもりデース?」

カ級「……コマッテル、カンムスヲ、タスケル、メイレイ」


191: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:06:41.63 ID:5/niK0al0


金剛「命令?誰がデス?」

カ級「……ツヨイヤツダ。ダカラ、ワタシ、シタガウ」

金剛「 what ?」

カ級「……デモ、アイツラ、シタガワナカッタ」

カ級「ダカラ、ウッタ」

金剛「……もしかして、さっきワタシ達を襲った連中の事デス?」

カ級「……ダカラ、ウッタ」

金剛(泣いてるデス?)

カ級「オマエ、ドコカラ、キタ?」

カ級「ハコンデヤル。ノレ」グイッ


~~~


192: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/13(木) 22:07:37.51 ID:5/niK0al0


金剛「――カ級に運ばれて、無事に帰還できたんデス!」

天龍「へーえ……良いヤツじゃねぇか」

金剛「ハイ!だから絶対に探し出して、ちゃんとお礼したいデース!」フンス


霧島「あの時は大変でしたね」ハァ

榛名「比叡姉様なんか涙でぐちゃぐちゃでしたし、朝潮は砲を構えたまま固まってましたし……」

比叡「なっ、そりゃ泣くに決まってるでしょ!?」

響「……と言う事は、貴女達の提督もカ級に会ってるって事かな?」

雷「待って、先に私達の話をしておきましょ」

響「……そうだね。じゃあ私達の話だけど――」


195: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/14(金) 21:57:35.34 ID:umcLlldI0


響「――以上が、例の噂話の真相だよ」

金剛「 hmmmm ... 」

比叡「むー……その特務隊って何者なんだろう?」

暁「私もそこは知りたいわね」

天龍「その時間帯の衛星写真も送ってもらったんだがな……」ゴソゴソ

霧島「……何か?」

天龍「あぁ、何も映ってねぇんだよ」ピラッ

榛名「暁ちゃん達しか映ってませんね……」

霧島「誰かが画像を差し替えた……?」

電「きっと特務隊の皆さんなのです!隠蔽工作ってヤツなのです!」


196: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/14(金) 21:58:30.45 ID:umcLlldI0


金剛「でも、こんな噂が流れてるのにしっかりとした調査が行われないのも不思議ネー」

天龍「そりゃあ……助けられたって本人が名乗り出てねーからじゃねぇか?」

比叡「なるほど、噂は噂って事か」

天龍「しっかし……カ級が言ってた強いヤツと特務隊……謎が増えたなぁ」ハァ

暁「……ねぇ、カ級は強いヤツに従うって言ってたのよね?」

金剛「ハイ。道中聞いてみたらそういうもんだと言ってたヨー」

暁「じゃあカ級が従った強いヤツが従った強いヤツがいるんじゃない?」

比叡「あ!じゃあその強いヤツが従った強いヤツがいてそれが従った強いヤツが……あれ?」

霧島「……比叡姉様は置いといて、そういう事になるわね」

榛名「でも、それが何か?」

暁「それってつまり、金剛以外にも助けられた艦娘がいるって事じゃないかしら?」

響「そうだね。もしかしたら、もっと前から行動していたのかもしれない」


197: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/14(金) 22:00:07.94 ID:umcLlldI0


――


提督「へっくしょい!」

ル級「ヘックション!」


「「あ゛ぁー」」


摩耶「なーに仲良くくしゃみしてんだよ……」

提督「すまない。えー、まとめると術者は妖精を直接指揮出来る。妖精は艤装を作動させられる」

提督「術者は妖精が君達の言う事を聞くように勅令を出す」

提督「こうして君達は艤装が使える、という訳だ」

利根「ややこしいのう……」

提督「あぁ。さらに君達は術者から巫力を供給されないと数週間で力尽きてしまう」

提督「恐らくこれは本来必要無いモノなんだろうね。足枷みたいなもんだ」

木曾「気に入らねぇな……」

提督「同感だ。さ、次は艤装の装備に関してだ」

夕張「待ってました!」ガタッ


<バターン!!


大淀「提督大変です!」

提督「何事だ?」

大淀「例の調査がすでに始まっていたようです!」

<ザワザワ

提督「ほう……よし、授業は一時中断する」


198: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/14(金) 22:02:18.58 ID:umcLlldI0


大淀「極秘任務で機密も機密だったので発見が遅れてしまったのですが、内容はバシー島での件に関する調査です」

大淀「この特務は佐世保の青葉、一人だけに任されています」

提督「青葉か……鎮守府内で拾えるネタが無かったんだろうなぁ」ハァ

提督「しかし真実を暴けば最悪闇に葬られるようなネタだ。放っておく訳にもいかんな」

提督「……そういう訳だ。皆にも協力してもらいたい」

赤城「どうするおつもりですか?」

提督「ウチに呼んで事情を説明する」


赤城「……すいません、よく聞き取れなかったのでもう一度お聞きしたいのですが?」

提督「ウチに呼んで、自分がどれだけ危ないネタを扱っているかを懇切丁寧に説明する」

赤城「」

提督「大淀さんや、その青葉と連絡は取れるか?」

大淀「如何様にも。彼女は各鎮守府で情報収集しては佐世保に帰還しているようなので」

大淀「その際に接触してみます」

提督「じゃあ頼んだ」


203: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 22:54:13.90 ID:6UPTl68b0


――

青葉「……んー……」

青葉(有力な情報無し……やっぱ直接バシー島に突撃した方がいいのかなぁ)

青葉(特務だから派手に動けないし、かといって夜の海を一隻で走るのは怖いし……)

大淀「お困りですね」スッ

青葉「ワッ!?」

大淀「極秘任務でお困りの貴女に特ダネを用意していますよ?」ニコリ

青葉「……何者ですかアナタ」

大淀「少なくとも敵ではありませんよ。まぁこれを受け取って下さい」スッ

青葉「……USBメモリ?これって何です?」

大淀「大丈夫ですよ、ウイルスの類ではありませんから。ただの動画です」

青葉「は、はぁ……?」チラッ

大淀「では、失礼しますね」スゥッ

青葉「え……?」


青葉(消えた!?)

青葉(……取りあえず、帰ったら見るだけ見てみましょうか……)


204: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 22:55:21.53 ID:6UPTl68b0


――――

――


鳳翔『はい、じゃあル級さんもやってみて下さい♪』

ル級『わかったわ。ん?大淀、それは?』

大淀『ホームビデオの撮影ですよ。どうぞお気になさらず続けて下さい』

鳳翔『撮ってるんですか?ちょ、ちょっと恥ずかしいですね……』

ル級『そうかしら?あ、ちょっと加賀、危ないから押さないで頂戴』

加賀『……』ピース

チ級『クマ』ピース

赤城『二人とも、こちらを手伝って下さい』

加賀『はい』

チ級『クマー』

ル級『……っと。どうかしら』

鳳翔『わぁ♪上手ですよ♪』

タ級『んー、三枚おろしって難しいんだねぇ』ガチャガチャ

瑞鶴『ちょ、そんな力任せにするんじゃないわよ!!』


大淀『こんな素敵な鎮守府の所在地はコチラです。是非足を運んで下さいね♪』ニコリ


――

――――


青葉「なんだこれ」



青葉「なんだこれ」


205: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 22:57:07.59 ID:6UPTl68b0


――翌日


青葉「どうも~!佐世保鎮守府の青葉です~!」

提督「あぁいらっしゃい。特務ご苦労様」

青葉「……」ピクッ

大淀「では、私はこれで失礼しますね」

提督「あぁ、ありがとう」


<バタン


206: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 22:57:50.70 ID:6UPTl68b0


青葉「……本題に入る前に一つ聞いておきたい事があるんですが」

提督「何なりと」

青葉「あの大淀さんに何をしたんですか?」

青葉「鎮守府付きの大淀さんは大本営との連絡と、司令官の監視が主な仕事のはずです」

青葉「あのような……いえ、今回のような事に手を貸す訳無いはずですが?」

提督「その通り。通常の大淀であれば手伝って貰えなかっただろうな」

提督「私は彼女、いや、ここに所属する艦娘全員のマインドコントロールを解いているんだ」

青葉「マインドコントロール?」

提督「我々提督に不信感を抱かないように、反逆を企てないように――」

提督「好意を抱くように設定されたマインドコントロール。初耳だろう?」


207: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 22:59:16.04 ID:6UPTl68b0


青葉「それは……あ、う、嘘ですね!そんな事しなくても巫力の事を考えれば反逆だなんてバカな事は――!」

提督「提督を脅せば簡単だろう?私達はただの人間だからね」

青葉「そ、それは……」

提督「ふむ……簡単な事だ。今、私に砲を向けてみてくれ」

青葉「な、何言ってるんですか!そ、そんな事……!」

提督「別に撃ってくれと言う訳じゃない。構えるだけでいい」

青葉「……し、失礼します。こ、こうですか……?」ガチャ

提督「そう、そのまま構え続けて……十秒くらいかな」

青葉(……う……なんだか頭が痛く……)

青葉「も、もう降ろしていいですか?」

提督「まだ五秒も経って無い」


208: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/19(水) 23:00:18.77 ID:6UPTl68b0


青葉「う……うぇっ……」ガシャン

提督「……失礼、刺激が強かったようだね」

青葉「……こ、これが……マインドコントロール、ですか……?」ハァハァ

提督「あぁ。人に砲を向ければ頭痛、嘔吐、発汗、眩暈、震え等々の症状が出る」

提督「立ってられんだろう?」

青葉「……どうして」ハァハァ

青葉「……どうして……解いたんですか……?」ハァハァ

提督「君達の自由の為だ」

提督「大本営は」

提督「いや我々は」

提督「船霊を兵器として利用するなどという冒涜的な事をした上、その自由を縛った」

提督「私にはそれが我慢ならない」


212: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:19:37.76 ID:3zbfaoUu0


提督「――落ち着いたかな?」

青葉「えぇ、ありがとうございます」フゥ

青葉「……あの、マインドコントロールの話……」

青葉「わた、いえ、皆さんが司令官に抱いている好意……これも……」

提督「あぁ、基本的には強制的なモノだが……年月を経て培った絆は違う」

提督「そこは安心してくれ」

青葉「そっか……えへへ……」

提督「……さて、そろそろ本題に入ろう」

青葉「あ、はい!何か特ダネを掴んでおられると聞いておりますよ?」


213: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:20:29.85 ID:3zbfaoUu0


提督「あぁ、情報提供の前に一つ」

青葉「?」

提督「この噂話について、どう思っているか聞かせて貰いたい」

青葉「そーですねぇ……火の無い所に煙は立たずって言いますからね」

青葉「半分くらいは事実じゃないかと思ってます」

提督「結構。ではこちらの資料を」パサッ

青葉「拝見します♪」ペラッ

青葉「~♪」

青葉「……」

青葉「……」プルプルプルプル

青葉「あ、あの、これって……」ガタガタガタガタ

提督「あぁ。大本営の機密情報だ」

提督「それも特務を言い渡された君にすら知らされていない程の、ね」

青葉「」ガクガクブルブル

提督「顔色が悪いぞ?」


214: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:21:21.48 ID:3zbfaoUu0


青葉「……え?でもこれ、五件も、深海棲艦に助けられて……え?え?」ガクガクブルブル

提督「事例があったのも一月以上前だろう?」

青葉「だ、大本営は……」

提督「そう、大本営はこの事を発表しない」

提督「知られたくない理由があるんだろうな」

青葉「そ、そうなんでしょうか?」

提督「そう。深海棲艦が我々の敵でなければ困る理由。講和を結びたくない理由」

青葉「!」

提督「例えば、我々が深海棲艦を殲滅したとしよう。諸国からは英雄扱いだ」

提督「日本は近代兵器を以ってしても敵わなかった敵を殲滅した兵器を保有する国になる」

提督「兵器、すなわち戦力が武器になるのは外交も同じ」

提督「戦後は恐らく、いや確実に戦後も君達は利用され続ける事になる」


215: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:22:03.22 ID:3zbfaoUu0


青葉「……深海棲艦の件は明るみに出ない訳ですね?」

提督「その通り。今、君が調査しているのも火消しの為だろうな」

提督「火種を見つけたら関係者ごとポイッってな」

青葉「……」

青葉「……私だって消されるかもしれない……それは薄々考えてましたが……」

青葉「でも……こんな事……」

提督「これだけじゃないぞ。もう一つ」パサッ

青葉「……今度は何ですか?」

提督「現段階に於ける深海棲艦の調査書だ」

青葉「……拝見します」ペラッ

青葉「……こ、これって……」

青葉「じゃ、じゃあ私達は!私達が沈めてきたのは――!!」


216: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:22:55.09 ID:3zbfaoUu0


提督「大本営は恐らくこの事を知っていたんだろうな」

提督「でなければ船霊を兵器にしよう、なんて発想は浮かばん」

提督「艤装を着けた我々と、式神で充分だったはずだ」

提督「実際、艦娘が完成するまではそうだったんだからな」

青葉「でも、それでは不充分だった……」

青葉「深海棲艦に助けられるような事があれば……」

青葉「あ……もしかしてマインドコントロールを受けたのでは!?」

提督「御名答。大本営に対して疑問を持たないようにされたよ」

提督「まぁ、私も含めて極一部は掛かったフリをしていただけだがね」

提督「君の……佐世保の提督もそうだ」

青葉「司令官が……」


217: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:23:57.94 ID:3zbfaoUu0


提督「さて、ここまで話せば君の追っているネタの大きさも解ってもらえたと思う」

提督「自らの命も含めて全てを無かった事にするか」

提督「全てを暴露し君達と深海棲艦の未来を築くか」

青葉「……あはは……」

青葉「……青葉には……荷が重過ぎます……ね」

提督「ああ。鎮守府に帰って提督とじっくり話し合ってくれ」

青葉「えぇ……」

提督「では、今日は急に呼び出して済まなかったね」

青葉「……いえ!情報提供、感謝致します!」


218: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/20(木) 22:39:52.93 ID:3zbfaoUu0

本日はここまで
本編中に出る予定が今の所無いので少し設定のお話

式神は隼鷹や龍驤が艦載機として使ってるアレ。少し大型の物を囮として射出する装置が艦娘輸送艦に搭載されていて
煙幕弾と同時に展開して戦闘海域からの離脱に用いられている

艦娘輸送艦/輸送船は中型~大型のクルーザーに艦娘が装備しているのと同じ武装を施した艦船(ホントは武装が先で艦娘が後)
乗組員は妖精。術者にとっての艤装で開戦当初は前線で戦っていた
人間サイズの艦娘を運ぶのに手頃なサイズだが、中には小型の漁船や釣り船を使っている者もいるとか
通常は艦娘自身が持ち運ぶ予備の燃料・弾薬・お菓子なんかも積める事と
海上で野ざらしにされる事を防ぐ事などから艦娘達からの評判は上々


220: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/21(金) 22:27:07.75 ID:7HWfYrxO0


青葉「あ、最後に一つよろしいですか?」

提督「何なりと」

青葉「先程、我々が兵器として利用されている事を我慢ならないと仰っていましたが――」

青葉「これは、どういう事でしょうか?」

提督「――ッ」


~~~


赤城『どういう事でしょうか?』

赤城『我々は兵器です。それ以上でも以下でもありません』


~~~


提督「……」

青葉「あ、あの、失礼な質問だったでしょうか?」

提督「いや、大丈夫だ。同じ事を赤城にも聞かれたのを思い出してね」

青葉「赤城さんですかぁ~、珍しいですよねぇ長袴の赤城さんなんて」

提督「婦女子たるもの濫りに肌を見せるものではありません、とさ」

青葉「ほうほう……そりゃまた前時代的ですねぇ……」

提督「あぁ……さて、君は九十九神を知っているかね?」

青葉「付喪神……あぁ、長く使った物には魂が宿るってヤツですね」

青葉「でもアレって妖怪ってヤツですよね?」

提督「その通り。君達船霊も九十九神であり妖怪なんだよ」

青葉「……なんか納得行きませんが……」


221: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/21(金) 22:27:57.51 ID:7HWfYrxO0


提督「そう暗い顔になる話じゃないぞ?九十九神というのは神様見習いでな」

提督「徳を積む事で神様になる……まぁ次席候補みたいなもんだと思ってくれ」

青葉「はは~ん……なるほどなるほど、術者としては神様見習いを無下に扱うのは嫌だって事ですね?」

提督「理解が早くて助かるよ」

青葉「そして更に更に~?同族である深海棲艦と戦わせてると知って~?ふむふむ……」

青葉「よぉっし!青葉!期待に応えちゃいます!」グッ

提督(あ、ちょっと心配)


222: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/21(金) 22:28:48.89 ID:7HWfYrxO0



<ガチャ


タ級「てーとくっ!」バーン

夕立「遊びにきたよー!!」バーン

青葉「ホァッ!?」

提督「おう、時間まであと十分あるんだけど」

タ級「十分前行動は社会人としてのマナーだろ?」

夕立「そうだそうだー!」

青葉「あれ?タ級?タ級なんで?」

提督「……大淀から聞いてないのか?」

青葉「あ、いえ、実際に見るとまた違うもんですから……」アハハ

夕立「折角だし青葉さんも一緒にあそぼ!」

提督「こら夕立、邪魔しちゃダメだろう」

青葉「んー、折角ですからご一緒しますよ♪」

提督「……気遣い感謝する」


223: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/21(金) 22:29:29.19 ID:7HWfYrxO0


青葉「さーあ、何して遊びますか~?」

タ級「これなんかどうだい!」バッ

夕立「シュワちゃん危機一髪!」バッ

提督「どっから持ってきたそんなもん」

タ級「夕張が貸してくれたよ?」

提督「夕張かよ……何だよコレ……」

夕立「お気に召さなかったっぽい?」

タ級「じゃあ次だ夕立!」

夕立「じゃんっ!ジョン・マクレーン危機一髪!!」

提督(剣の代わりにアスピリンかよ……)

青葉「わー、よくできてますねー♪」


224: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/21(金) 22:30:27.85 ID:7HWfYrxO0


――数刻後・バシー島北五キロ地点・小林丸後部デッキ


提督「……本当にここでいいのか?」

チ級「クマ。妹達に手を合わせたいし……」

チ級「何よりあの時助けてくれた子達がいるんだから、挨拶しておくクマ」

提督「そうか……分かった。前衛基地の方にも連絡して――」

伊勢「提督!アレ!」

五月雨「深海棲艦です!」

提督「くそ、目標右弦!距離500!撃ち方用意!」

ル級「待って。あの子達は大丈夫よ」

提督「……信じるぞ。用意やめ!通常警戒に移れ!」


227: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/22(土) 21:42:20.45 ID:mK0JWMvP0


五月雨「軽巡2、ホ級とヘ級!駆逐1、ロ級です!」

伊勢「……本当に大丈夫なの?」

ル級「えぇ。ほら」

ホ級「どうしたのー!?何か困りごとー!?」

ヘ級「初遭遇……ども……」

ヘ級「ウチらみたいに人間と接触してる深海棲艦、他にいますかね……?っていねーか。ははっ」

ロ級「いや普通に目の前におるやん」

提督「……大丈夫そうだ」

ホ級「なによ?それより、何かあるなら手伝うわよ?」

ロ級「いやぁーすんまへんなぁ。なーんか強い霊力感じたさかいに来てみたんやけど」

タ級「アタイ達の事かい?」

ホ級「みたいね。人間からも強い霊力を感じるけど」

ヘ級「かたやウチらは海の波間に揺られて呟くんすわ。空はあんなに蒼いのに」

ロ級「アンタちょっと黙っとり」


228: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/22(土) 21:43:19.18 ID:mK0JWMvP0


五月雨「えぇっと、皆さん日本語お上手ですねっ!」

提督「流石五月雨、目の付け所がシャープ」

伊勢「どこかで言葉を教えてもらったのかしら?」

ヘ級「狂ってる?それ、誉め言葉ね」

ロ級「姉さん、ホンマ黙ってて?」

ホ級「他の仲間に教えてもらったのよ。ソイツはもう沈んじゃったけど」

提督「……そうか……」

ル級「……悔やんでも仕方ないわ。アナタ達、この子の下に着いてくれる?」

チ級「クマ?」

ロ級「ええけど、そっちの人間は何なん?」


229: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/22(土) 21:44:54.35 ID:mK0JWMvP0


タ級「えぇい控えい控えい!この方を何方と心得てやがるんでい!」

タ級「この方はアタイ達の提督様でぇ!頭が高い!」

ホ級・ロ級「「ははーっ!」」

ヘ級「尊敬する人間 提督(反逆行為はNO)」

提督「……朧に時代劇勧められたのか……」

ル級「気に入ったみたいよ?」


提督「えー、突然な話で申し訳ないんだが、チ級と共にこの海域の事を頼みたい」

ホ級「まっかせなさい!」

ロ級「言うても提督はん、あの島に艦娘らおるから一筋縄ではいかんでー?」

ヘ級「あ~あ、敵対関係の辛いとこね、これ」

チ級「大丈夫クマ。あの島にいるのは味方だクマ」

ホ級「え、マジ?」

提督「正確にはすぐに味方になりそう、だが……」


230: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/22(土) 21:46:33.59 ID:mK0JWMvP0


――バシー島・前衛基地


霧島「……」

榛名「……」

雷「……」

比叡「……」

暁「……」

金剛「……」

電「……」

響「……」

天龍「……さて、じゃあオレ達に今出来る事は何もない、って事でいいな?」


233: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 21:56:02.51 ID:hUQ8FxwN0


電「はい、なのです……」

金剛「悔しいですケド……その通りデス……」

比叡「うぅ~……何か手はあるハズなのにぃ~……」

雷「比叡、皆で話し合った結果よ?それに、今は手が無くてもその内……ね?」

比叡「うぅ~……雷ちゃぁ~ん」

霧島「そうですね。どんな状況であれ、チャンスは必ず巡ってくるはずです!」

天龍「オレとしちゃあ待つだけってのは気に入らねぇんだけどなぁ」

榛名「最期までゴネていたのも天龍さんでしたものね」クス

天龍「う、うっせぇ……」プイッ


234: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 21:56:48.75 ID:hUQ8FxwN0


響「でも、この基地に、このメンバーで居続けられるのもあと一週間もないよ?」

暁「天龍も交代で本国に戻るし、私達も……それまでに何とかしなきゃ、って事よね」

比叡「何とかって言われてもー……」


< pipipipipi


天龍「」ビクッ

電「」ビクッ

天龍「……はい、こちらバシー島前衛基地」pi


『……バシー島前衛基地、臨時司令官へ』

『以前、チ級捜索の際に世話になった者だ』


電「!」ガタッ

響「特務隊……?」


天龍「……特務隊、ってぇ事でいいのか?」

『その通り。さて、少しそちらにお邪魔したいのだが大丈夫かな?』

天龍「へ?」


235: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 21:57:49.63 ID:hUQ8FxwN0


――

電「無事でよがっだのでずうううううう」ギュウウウウ

チ級「ぐ、グマ、ちょっと離ずグマ……」

タ級「アンタちょっと落ち着きねぇ」


提督「いやぁ、突然お邪魔しちゃって申し訳ないね」

天龍「来るなら連絡を……って、内容が内容だけに無理か」ハァ

伊勢「ごめんね、行き当たりばったりな提督だから」ジト

提督「否定できないなぁ」ハッハッハ


五月雨「へ~!金剛さんも助けられたんですか!」

金剛「 YES ただ――」

ホ級「あんまりベタベタ触らないでくれる?」

比叡「あ、ごめん」

ロ級「大丈夫やでー。そんな怒ってる訳ちゃうし」ケラケラ

金剛「――あんなに流暢に喋ってませんデシタケド」

榛名「あ、確かにそうでしたね。片言でした」

ル級「私達もつい数日前までは片言だったわよ?」

霧島「とてもそうは見えませんが……」

ヘ級「大人たちはいつもそう……色眼鏡でウチらを見て本当の色なんて見えちゃいない」

霧島「え、えぇと……?」

ロ級「あ、そっちは放っといてええからなー」


236: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 21:58:28.96 ID:hUQ8FxwN0


――

提督「――さて、墓参りも済ませた所で本題に入ろう」

提督「深海棲艦に助けられた艦隊がいる、という噂話が本国の方でまことしやかに流れているのは知っているかな?」

天龍「あぁ、金剛から聞いたぜ」

暁「金剛達はその話を聞いてここに来たのよ」

提督「そうなのか?」

金剛「ア、ハイ。ワタシもカ級に助けられた事から、テートクが便宜を図ってくれたんデス」

提督「ふむ……よし、続けよう。さらに大本営は極秘の任務として、この噂話の真相を調査している」

響「……アナタ達は大本営の特務隊じゃない、って事だね?」

提督「騙す形になってしまって済まなかった」

天龍「……そうだったのか……」クッ

響「本気にしてたんだね?そして憧れてたんだね?」


237: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 21:59:25.77 ID:hUQ8FxwN0


霧島「それで、その調査隊がこちらに来る予定があるという話でしょうか?」

提督「その通り。とは言っても、私の方ですでに接触済みでね」

提督「ちょっと入れ知恵をしてあるから心配しなくていい」

比叡「入れ知恵って……何です?」

提督「それは――」

伊勢「それは私から話すわ」

伊勢「同じ艦娘として、その辺りの話も貴女達に聞いてもらいたいの。これを見て」カタカタ

伊勢「深海棲艦をこちらで調査した内容よ」ッターン

チ級「いきなり見せて大丈夫クマ?」

伊勢「そうね……辛い内容だけれど……」

伊勢「でも、貴女達なら乗り越えられると信じるわ」


238: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 22:01:02.00 ID:hUQ8FxwN0


――

比叡「なんですかこれ!こんな……こんなもの見せてどうしろって言うんですか!!」

金剛「比叡、落ち着くデス」

比叡「いくらお姉様の言う事でも聞けません!こんなの!じゃあ私達が沈めてたのは――!!」

金剛「だからってこの人達に怒っても仕方ないデショ!?」

比叡「!!……はい……ご、ごめんなさい」

伊勢「大丈夫よ。私達も初めて聞いた時は同じ気持ちだったからね」

五月雨「とっても遣る瀬無い気持ちで……どこにもぶつけられない気持ちでした」

金剛「ワタシも同じデス……」

金剛「ハラワタが煮えくり返りますね」

比叡「」ビクッ

霧島「」ビクッ

榛名「」ビクッ

五月雨「そうですね!」

霧島(ブチギレ金剛姉様に動じないなんて――!)

比叡(恐るべし五月雨ちゃん――!)

榛名(あ、腰抜けちゃった……)


239: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/23(日) 22:02:08.36 ID:hUQ8FxwN0


金剛「それで?ワタシ達は今後どう動けばいいのでしょうか?」

提督「あ、あぁ、そんなに難しい事じゃない」

金剛「馬鹿にしてますか?馬鹿にしてますね?難しい事は出来ないと思ってますね?」

比叡「ヒエエエエエエエ」ガクガクガクガク

五月雨「違いますよ!難しくて危ない事は全部提督と私達で引き受けるって事です!」フンス

霧島(お外の空気吸いたい)プルプル

提督(そんなつもり無いんだけどなぁ)


金剛「……分かりました。ではどうぞお続け下さい?」

提督「いや、さっきも話した青葉……極秘任務を受けているヤツなんだが――」

提督「そいつが近日中、早ければ明日にでもここに取材に来るはずだ」


242: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:55:32.67 ID:DDQMTg1Z0


――佐世保鎮守府


提督「……っぷは」ゴクン

青葉「司令官、胃薬そんなに飲んじゃって大丈夫ですか?」

提督「誰のせいだよ誰のぉ!とんでもねぇ話に巻き込まれたじゃねぇか!」

青葉「話を受けられたのは司令官です!」

提督「そうだったなチクショウ!!」

提督「クソッ……特務だからって甘い汁吸えると思ったらコレかよ……」ブツブツ

青葉「いやぁー、ジャーナリスト魂に火が点きますねぇ!燃えて来ましたよぉ!」グッ

青葉「艦娘ジャーナリストとして後世まで名を残せる偉業ですよこれは!司令官!やりましょう!!」

青葉「今すぐこの事実を全世界に発信するんです!!」

提督「アホ。今公表した所で何にもなんねーよ」


243: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:56:22.17 ID:DDQMTg1Z0


青葉「えー?そうでしょうか?」

提督「こんな内容の文書だけならどうとでも書けるし処理できる」

提督「いち艦娘が書いた記事と大本営の御言葉、他人はどっちを信じると思う?」

青葉「それじゃ記事も書けないじゃないですか!!」

提督「そーだよ、記事ってのは取材して書くもんだからな」

提督「オメーは他所の人が集めた資料に目を通しただけだろ?」

青葉「ぐぬぬ……」

提督「ま、どんな事にもタイミングってもんがあんだからよぉ」

提督「もうちょい様子を見て――「行きましょう!!」――はぁ?」

青葉「バシー島に取材ですよ!今すぐにでも発ちますよ!!」ガタッ

提督「明日にしろアホ!しっかり休め!」


244: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:57:09.68 ID:DDQMTg1Z0


――バシー島前衛基地


金剛「それで?」

提督「あぁ、その時の様子を全世界の全チャンネルで放送する」

雷「は?」

提督「すでに衛星ネットワークの方は準備出来てるし、機材の方もこちらで用意してあるから――」

金剛「そんな事をすればどうなると思ってるんですか?」

提督「簡単な事だ。隠蔽できないくらい大きな騒ぎになるだろう」

提督「それが狙いだよ」


245: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:58:06.01 ID:DDQMTg1Z0


――翌日・大本営


元帥「お、そろそろのど自慢の時間じゃな」

弥生「はい。業務も滞りありませんし休憩にしましょう」

<ガチャ

睦月「ご飯持ってきましたよー♪」ガラガラ

卯月「うーちゃんも手伝ったっぴょん!」

元帥「おぉ、二人ともありがとうなぁ」ナデナデ

睦月・卯月「「ヘヘー♪」」

弥生「……」

元帥「弥生も、手伝ってくれてありがとうなぁ」ナデナデ

弥生「ん♪……いえ、秘書艦ですから」

卯月「テレビ付けるっぴょん!」ピ


246: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:58:45.50 ID:DDQMTg1Z0


青葉『ヘ級さんもそう思われますか?』

ヘ級『そうですね、お互いに話し合う機会を設ける事で平和的解決に繋げる事によってですね――』


元帥「」

睦月「はぇ?」

弥生「深海……棲艦……?」

卯月「うーちゃんより先にテレビに出るとかどうなってるっぴょん!?」

弥生「卯月、それちょっと違うと思う」


247: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 20:59:28.13 ID:DDQMTg1Z0


――大湊鎮守府


提督「神通達の話、ホントだったのね」

神通「ですから、何度も申し上げたじゃないですか」プイッ

提督「ごーめんごめん、なんかイマイチピンと来なくてさー」アハハ

那珂「ナカちゃんもこんな風にインタビュー受けて見たいなぁ……」

川内「もう少し任期がずれてたら受けてたかもね」


248: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 21:00:11.93 ID:DDQMTg1Z0


――横須賀鎮守府


提督C「」

提督A「どういう事だよオイ……」

提督B「……」

提督A「あ、バシー島の臨時司令官って確か、お前のトコの天龍じゃなかったか?」

提督C「その事実から全力で目を背けてんだからヤメロ」


天龍『これ以上無益な争いをしないためにも、この放送を見た全ての人に協力して欲しい』キリッ


提督C「なんでお前が仕切ってんだよ!!」バン

提督B「……なぁ、もしも、もしもだぞ?」

提督B「俺の艦隊も助けられたことがあるって言ったらどうする?」

提督A「え?」

提督C「マジで?」


249: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/24(月) 21:02:24.56 ID:DDQMTg1Z0


――舞鶴鎮守府


提督「おーおー……やってくれたじゃないの♪」

吹雪「これ全世界に放送されてるんですよね!?」

提督「そうよー♪」

吹雪「いいなぁ~……私もいつかはあんな風に……」

提督「なるわよ~。戦いが終われば『密着!歌劇団の艦娘達!』とか言って」

吹雪「サイン頼まれたりとか……えへ……えへへ……」

提督(彼に頼んで正解だったようね……さて、後は――)


254: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/25(火) 22:37:20.04 ID:RTJktnGS0


――佐世保鎮守府・執務室


青葉「大淀さん!?」

佐世保提督「テメェ、何のつもりだ」

大淀「大本営からの命令です。全艦隊の全力出撃を以って深海棲艦を殲滅せよ」

佐世保提督「……ハッ!オレに砲を向けるたぁ大した度胸だぜ」

大淀「命令です」

佐世保提督「言いてぇ事はそれだけか?」

大淀「従わなければ――」


255: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/25(火) 22:38:05.26 ID:RTJktnGS0


青葉「司令官!」

佐世保提督「気絶させただけだ。ったく……」

佐世保提督「青葉ァ、コイツふんじばっとけ」グイッ

大淀「きゅう」

青葉「は、はい!」

佐世保提督(洗脳ってのはコワイねぇ……しっかし強硬策に出るとはなぁ)

佐世保提督(他所もこうだとすれば……)

佐世保提督「あン?青葉、オメーちょっとオレに砲向けて見ろ」

青葉「はぁ!?何言ってるんですか司令官!?」

佐世保提督「いいからさっさとしろ!命令だ!」

青葉「……あーもう!失礼しますっ!」


青葉「……あ、あれ?」


256: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/25(火) 22:39:15.06 ID:RTJktnGS0


佐世保提督「やっぱりか……アイツんトコで洗脳解いてきたな」

青葉「え?そ、そんな事されてませんよ!」

佐世保提督「握手かなんかされたろ。多分そん時だァ」

青葉「あ、そういえば別れ際に握手しましたね」

佐世保提督「だろうな。でなきゃ――」

<ガチャ

青葉「!」

衣笠「命令です」

加古「命令です」

古鷹「命令です」

佐世保提督「――あぁなってるはずだからなァ」

青葉「ヒッ」

佐世保提督「青葉ァ!ダッシュでオレの艤装取って来い!!」


257: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/25(火) 22:40:10.76 ID:RTJktnGS0


――大湊鎮守府・執務室


大湊提督「――えぇ、私のトコもやっと静かになった所よ」

大湊提督「まったく、手のかかる子達で困るわ」クスッ

佐世保提督『まったくだぜ。んでモノは相談してる暇も惜しいんだけどよ』

佐世保提督『ちょっくら他所のトコの面倒も見てやってくんねーか?』

大湊提督「選択肢も無い事聞かないで?」

佐世保提督『ワリィな姉貴。今度飯奢るわ』

大湊提督「あら、そう言って奢ってくれた事ないじゃない』

佐世保提督『あー……そうだっけかァ?』

大湊提督「ふふ……期待しないで待ってるわ」


258: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/25(火) 22:41:12.56 ID:RTJktnGS0


――某鎮守府


提督「……強行策、か……」

大淀「ええ。提督、ありがとうございますね」

提督「ん?」

大淀「マインドコントロールを解かれていてよかったです」

大淀「アナタに砲を向けていたかも知れないと考えるとゾッとしますよ」

提督「まったくだ……状況は?」

大淀「一部の鎮守府を除いて混乱しているのか連絡が付かない状況です」

大淀「素直に命令に従っているのはごく少数……海外の泊地は全てですね」

提督「……バシー島の基地は?」

大淀「無事ですよ。ただ、今回の発令で混乱している様子でしたが……」

提督「チ級達もいるし大丈夫だろう。問題はコッチ側だ」

提督「全員を集めてくれ」


261: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 17:58:12.18 ID:SyWx97T40


――

提督「さて、以上の通り大本営様は強行策に出た」

提督「これから私が行う事は命令違反だ。従うも従わないも皆に任せる」


「「「「……」」」」


提督「皆には隠していたが本来艦娘にはマインドコントロール、所謂洗脳を施されていてね」

提督「人を撃たぬよう、命令違反した術者を始末するように出来ている」

提督「私は、私の一存で皆の洗脳を解き今までやってきた」


「「「「……」」」」


提督「……巫力による束縛を解く方法も、研究段階ではあるが残してある」

提督「後は実現できる術者さえいれば、皆はもう自由だ」


262: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 17:59:04.62 ID:SyWx97T40


提督「これより、西方海域及び北方海域に向かう艦娘達を止めに行く」

提督「……これからも私に付き合ってくれる者は、十分後に船着き場に集まってくれ」

提督「その後の指示はそこで――」

五月雨「移動する必要はありませんよ、提督!」

伊勢「私達が貴方に付いて行かないと思ってるの?ねぇ皆?」

山城「とんだ提督の下についたわね……不幸だわ……」

扶桑「山城?その割には嬉しそうよ?」

利根「他の艦娘達が苦しんでおると言うのに、胡坐をかける訳がないじゃろう?」

筑摩「そうですね♪私達もお付き合い致しますよ?」

白露「白露隊!行けます!」

長良「長良隊!同じく最期まで付き合いますよ!」

天龍「よっしゃあ!やるぞオマエら!」

雪風「はいっ!雪風、皆を助けます!」

陽炎「不知火、黒潮もいいわね?」

黒潮「当ったり前やんか!」

不知火「共に参ります」


263: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 17:59:55.58 ID:SyWx97T40


龍驤「よーっし!空母隊はどうや!?」

赤城「無論、一航戦の誇りに掛けて」

加賀「全員の答えを聞いている時間も惜しいです。具体的に何をすればよろしいのですか?」

北上「おぉ、加賀さんが真面目だ……」

加賀「いつでも真面目なのだけれど……」

瑞鶴「さりげに私達の出番潰そうとしたわよね?」

加賀「やりました」

瑞鶴「もおおおおー!!」ジタバタ

加賀(可愛い)

提督「あ、あぁ……全員、付いてきてくれるのか……」

球磨「間違った事をしようってんなら部下として止めるクマ」

球磨「けど、提督は間違った事をしてないクマ。だから付いてくクマ」


264: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:00:51.94 ID:SyWx97T40


提督「みんな……ありがとう」

五月雨「さぁ!早く終わらせちゃいましょう!」

千歳「ご命令を、提督」

提督「……あぁ。皆には二手に別れてもらう」

提督「一方は各地の鎮守府に赴き、艦娘のマインドコントロールを解く術を渡しに行ってもらい」

提督「もう一方はすでに海域に向かっている艦娘達を止めてもらう事になる」

提督「ル級、タ級。深海棲艦の説得は任せた」

タ級「合点だ!任せて!」

ル級「了解よ」

提督「大淀、明石は残って逐次状況を伝えてくれ」

赤城「提督はどうなさるおつもりですか?」

提督「私は大本営にいる元帥の方に向かう。何かあってからではマズい」

提督「海上で相手をする艦娘達はただの操り人形と化している。今の君達なら簡単に無力化できるはずだ」

提督「出撃準備!急げ!」


265: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:01:54.70 ID:SyWx97T40


――舞鶴鎮守府


舞鶴提督「術者の洗脳を解く術をあの映像に仕組むより」

舞鶴提督「この子達の洗脳を解く術を仕組んでおいて欲しかったわねぇ……」

吹雪「――」

長門「――」

舞鶴提督「……アンタ達をそんな風に育てた覚えは無いわよ」

榛名「――」

日向「――」

舞鶴提督「愛が足りないわ!!」


266: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:02:46.33 ID:SyWx97T40


――大本営


元帥「ワシも操られていたに過ぎぬ、か」

睦月「――」

弥生「――」

元帥「だが、あんなものを見せられた後では出撃する訳にはいかん」

元帥「撃ちたければ撃て。ワシは君達に手を上げる事など出来ん」


<ドタドタドタドタ

<ガチャ


佐世保提督「孫バカやってんじゃねぇぞジジイ」

元帥「……君か」

睦月「――!」

弥生「――!」

青葉「ごめんなさい!」ドゴッ

佐世保提督「オレ様に勝とうなんざ十年早ぇんだよ!」ドゴッ

元帥「睦月いいいい!弥生いいいいいい!あぁっ!廊下に他の子も!!」

佐世保提督「気絶させただけだから安心しろジジイ!ああもう泣くんじゃねぇ!」


267: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:03:49.28 ID:SyWx97T40


――

提督「――そうか」ホッ

佐世保提督「これ以外に方法が無かったもんでな」

提督「いや、ありがとう……元帥、無事で何よりです」

元帥「あぁ……あのバシー島での放送を仕組んだのは君か」

提督「……はい。処罰は後ほどお受けいたします」

元帥「そんなつもりは無い。よくワシらの目を覚ましてくれた」

提督「はっ。光栄です」

佐世保提督「んでぇ?コレからどーすんだよ?」

提督「すでに海に出ている艦隊は我が艦隊が止めに走っています」

提督「それと、お二方にはこれを」スッ

佐世保提督「なんだこりゃ?」

提督「艦娘達の洗脳を解く術を記しておきました。他の術者の手にもそろそろ渡っている頃でしょう」


268: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:04:27.16 ID:SyWx97T40


佐世保提督「……決まりだな。オレは鎮守府に戻ってアイツらを起こして来る」

佐世保提督「すぐにオマエの艦隊に合流してやるぜ」

提督「あぁ、頼む」

元帥「ワシの艦隊もすぐに向けさせよう。これ以上上の言いなりになる訳にはいかん」

元帥「二人とも、苦労を掛けたな」

佐世保提督「そういうのは後にしろよジジイ。まだ上の連中との戦いが残ってんだからよ」

提督「そうですよ師匠。全てが終わってから、また皆が集まった時にしましょう」

元帥「……そうじゃな。では――」

元帥「海軍総出撃!全力でこの馬鹿げた戦を止めるぞ!」


269: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:11:04.56 ID:SyWx97T40


――西方海域・ジャム島東10キロ


摩耶「おらぁっ!!」ゴシカァン

扶桑「――!」グラッ

那智「はっ!アイツの言う通りだったな!前進して撃つしか能が無い!」ゴシカァン

山城「――!?」バシャッ

摩耶「オマケに自分が船だと思い込んでやがると来たもんだ!こかせば止まるぞ!」

扶桑「あの子達、私に何か恨みでもあるのかしら……?」

山城「容赦ないですね……あ、姉様アレ」

伊勢「――」

日向「――」

扶桑「ふ、ふふ……伊勢、日向には負けないわよ……」

山城「あの二人相手なら手加減いりませんね!姉様!」


270: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:12:03.12 ID:SyWx97T40


――北方海域・西14キロ


高雄「せっ!!」グイッ

那智「――!――!」バタバタ

愛宕「見事なアームロックね!えぃっ!」グイッ

武蔵「――!?」バッシャアアアア

五十鈴「アンタの一本背負いもスゴイわよ……っと、後ろ!!」

愛宕「柔術っていいわよねぇ……もう一本!えぃっ!」

陸奥「――!!」バッシャアアア

長門「――」ガクン

長門「――?」クルゥリ

伊58「海の中からこんにちはー!舵は貰ったよ!」ポイッ

長門「――!?」

伊168「こっちはスクリューもーらい!」ポイッ

島風「――!?――!?」グルグル


271: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:12:46.40 ID:SyWx97T40


――西方海域・ジャム島近海


ル級「ざっと百隻って所かしら?」

タ級「よぉーっし!こんだけ揃えばいいだろ!」

タ級「みんな付いてこーい!!」

深海棲艦's「「「「「ウラー!!」」」」」


272: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:13:33.28 ID:SyWx97T40


――北方海域・南5キロ


曙「あぁもうっ!キリが無いじゃない!!」

漣「一体ずつじゃ効率が悪いよ!それっ!」ドンッ

天龍「何撃ってんだ漣コラアアア!!」

龍田「漣ちゃん!?」


ポンッ


モワッ


潮「あ、あれって……?」

漣「こんな事もあろうかと用意しておいた胡椒弾さ」フッ

朧「イタズラに使うつもりだったでしょ?」

漣「さ、さぁ?何の事でしょう?」

天龍「……くしゃみで動き止まってやがるな」

龍田「私達も突入できないけどね~?」


273: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:14:32.29 ID:SyWx97T40


由良「漣ちゃん、その弾はあと何発あるの?」

漣「え?いやぁ~……四発しかないんだな、これが」

曙「あの数相手に四発しかないの!?」

加賀「大丈夫よ。心配いらないわ」スッ

龍田「何してたんですか~?」

加賀「見てからのお楽しみです」ビュンッ

赤城「艦載機をこんな風に使うのは初めてですが……行けっ!!」ビュンッ

天龍「なるほど、戦闘機どうしをロープで繋げて絡めるのか!」

龍田「流石ね~♪」

瑞鶴「あぁぁ私の艦載機たちが胡椒まみれに……」ビュンッ

蒼龍「瑞鶴、諦めなさい」ビュンッ


274: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:15:32.14 ID:SyWx97T40


由良「?……向こうからも艦隊が来るわ!」

曙「もう!そのくらいじゃ驚かないんだから……ってあれ?こっちに手を振ってる?」

天龍「なんだぁ?」


長門「舞鶴鎮守府所属第一艦隊!旗艦長門!これより援護に入る!!」

長門(提督、僭越ながらこの言葉を使わせてもらうぞ……!)

長門「私の歌を聞けええええええええええええええええええ!!!」


275: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:16:30.65 ID:SyWx97T40


――西方海域・ジャム島東10キロ


摩耶「クソがっ!!」

扶桑「気絶させた艦まで起きてきたわね……」

妙高「縛っておく暇が無いのに……もうっ!」

鳥海「けど、引く訳には!!」

足柄「絶対に通さないんだから!」


ザバババババババババババババババババ


足柄「……あら?」

妙高「全員沈みましたね……?」

カ級「……」ザバァッ

カ級「……」b

羽黒「し、深海棲艦!それもあんなに!」

妙高「間に合ったのね……」ホッ

山城「いやいや全部浮かんできてるけど大丈夫なのアレ?」

鳥海「き、気絶してるだけですよきっと。うん」


276: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:17:29.67 ID:SyWx97T40


――


舞鶴鎮守府の『歌劇団』を先頭に多くの艦娘、深海棲艦達が暴走した艦娘達を止める事に成功

全ての艦娘に施されていたマインドコントロールも解かれた

こうして艦娘と深海棲艦による総力戦は防がれた訳である

各地の鎮守府、泊地は深海棲艦を招き入れて交流を図る事と相成った


これと同時に海軍は深海棲艦の正体を知っていながら戦争を始めた大本営に対して遺憾の意を表明

艦娘と深海棲艦、つまりは船霊達の未来の為に尽力する事を誓い、半ば独立する形で活動を始めた


しかしそれでもなお怨嗟の念に囚われ、戦う事をやめない敵性深海棲艦達が北方海域

アルフォンシーノ方面に集結している事が判明

レ級、及び北方棲姫を筆頭に戦闘行為を続ける敵性深海棲艦に対し、海軍は艦娘と深海棲艦の混合艦隊を編成

そして二月九日。最後の降伏勧告がなされたこの日、戦争は幕を下ろした


277: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:18:07.95 ID:SyWx97T40


一人になっても戦い続けた敵性深海棲艦、レ級の最期はこう伝えられている

憎い。ただひたすら憎いと叫んでいた、と

怨嗟から解かれた彼女は現在、昏睡状態となっている


深海棲艦が囚われていた怨嗟とはなんだったのか

それは現在でも調査中であるが、当の深海棲艦達自身が覚えていないため難航している

しかし、筆者はこう思うのだ

彼女達が囚われていたのは、誰しもが持つ心の闇だったのではないか、と



――佐世保の青葉 著『艦娘による手記』より


278: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:19:37.85 ID:SyWx97T40


――某日・バシー島・前衛基地


金剛「……無事で……無事でよかったデエエエエエエズ」エグッエグッ

カ級「あぁ、もう……ありがとう。私も、嬉しいぞ」ギュ

金剛「ううぇええええええええええええ」ビエー

カ級「……」ナデナデ


ホ級「……」グスッ

比叡「よかったあああああ」グスッ

霧島「えぇ……」グスッ

榛名「子供みたいに泣いちゃって……もう」クスッ

ロ級「ええ話やなぁ」ポロポロ

チ級「涙腺緩んだクマー」ポロポロ

暁「はいハンカチ」

ヘ級「私達の戦いはこれからだ」

ロ級「姉さんやめて」


279: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:20:13.02 ID:SyWx97T40


某月某日 パラオ泊地にて

単艦、海上に姿を現したままの深海棲艦カ級が

悪天候により未帰還であった金剛を曳航してきた

この件に関しては関係者一同口外を禁じられ

その日の戦闘詳報、及び当直日誌にも記述されていない

この情報が公開されたのは戦後、一週間が経ってからであった



――佐世保の青葉 著『口外禁止ヲ禁ズ』より


280: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:21:15.93 ID:SyWx97T40


――某日・某飲食店


佐世保提督「飯奢るとは言ったけどよぉ……」

佐世保提督「姉貴の艦隊にまで奢るとは言ってねぇぞ!?」

大湊提督「なにどっかの穴が小さい事言ってんのよ。それくらい我慢なさい」

赤城「弟さん、次これ頼んでいいですか!?」モグモグ

佐世保提督「あぁもう好きにしやがれ!」


281: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:22:08.71 ID:SyWx97T40


――半年後・ジャム島・ロボオリムー通り


ル級「ただいまー」

タ級「あ、おかえりー!あとちょっと早く帰ってくればよかったのに!」

ル級「誰か来てたの?」

タ級「高雄達が来てたんだけどさ!噂の次世代型艦娘も一緒だったんだよ!」

ル級「あら、そうなの……そりゃ残念だわ」

タ級「まぁまぁそう落ち込むなって!今度はアタイ達の方から遊びに行こうよ!」

ル級「んー……そーねぇ……」


<ごめんくださーい


ル級「お店が休みの時に、ね?」

タ級「合点だ!連絡しとくよ!」

ル級「お願いね。はーい!いらっしゃいませー!」


282: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:22:55.75 ID:SyWx97T40


――同じ頃・地上450キロ・宇宙ステーション『コバヤシマル』司令室


提督「……」カタカタ

伊勢「はい提督、お昼持ってきたわよ」スィー

提督「おー、サンキュー」

伊勢「成層圏で昼食を、ってね」クス

提督「昨日見た映画か?」

伊勢「そうそう。いい映画だったわよ?」

伊勢「……ねぇ、書類仕事、まだ終わらないの?」

提督「あぁ、夕張のヤツが新型の宇宙用艤装のプランを送ってきてな」

伊勢「へーえ、どれどれ……何これ?タコ?」

提督「まぁ確かに空間作業に向いた形状ではあるんだが……着けたいかコレ?」

伊勢「ちょ、勘弁してよー」

提督「だよなぁ。ボツっと……」カタカタ


283: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:23:37.51 ID:SyWx97T40


提督「そうだ、月面開発船の方は?」

伊勢「建造は順調よ。このペースなら予定通り、来週には月面に向けて発艦できると思うわ」

提督「この宇宙ステーションの時も思ったけど、スゲェな妖精……」カタカタ

伊勢「全くよ。宇宙でも動けるなんてねぇ……」

伊勢「まぁ、それは私達も一緒か」アハハ

提督「お陰で宇宙開発も順調だよ。付いてきてくれてありがとな」

伊勢「何よ今更。楽しそうだから付いてきたのよ?」

提督「それでもだよ」

伊勢「それ、他の子達にも言ってあげてね?喜ぶだろうから」

提督「あぁ。そういえば最近話してなかったなぁ」

伊勢「もうっ」


284: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:24:23.86 ID:SyWx97T40


伊勢「そうそう。募集してた月面開発船の名前、結構集まってるわよ」

提督「ふむ……あ、これいいんじゃないか?ラビットフット」

伊勢「ウサギの足?確かに船長は卯月だけど……」

提督「いや、どこぞじゃ幸運の御守りにウサギの足を持つそうだからね」

伊勢「なるほど。そりゃいいわね」


伊勢「じゃ、私は農産エリアに行ってくるけど……ご飯ちゃんと食べといてね?」

提督「あぁ、もう書類仕事も……今終わったし大丈夫だよ」

提督「食べ終わったら久し振りに散歩でもするかな」

伊勢「ん。ならよし」クスッ

伊勢「じゃ、また後でね」


提督「……成層圏で昼食を、か」プチッ

提督「……」チュー

提督「……いや、ここは電離層か」


285: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:25:14.07 ID:SyWx97T40


提督「成層圏で昼食を」おしまい


→ちっさい金剛型一番艦
ttp://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1408/14084/1408413778.html


286: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 18:26:45.84 ID:SyWx97T40

一先ずここまで
長い間お付き合い頂きありがとうございました



288: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/28(金) 19:15:10.90 ID:lWfb7Qifo

お疲れ様です、良い物を読ませて頂きました!

部下達が人類と和解する中でほっぽちゃんとレ級を除いた
姫・鬼クラスはどういう感じだったのかが気になりました


290: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 20:24:47.25 ID:SyWx97T40

おまけ二レスほど投下……の前に

>>288
すいません考えてませんでした
ただ、こちらの深海棲艦は怨霊状態なので周りとの意思疎通とか無く、ただ負の念に惹かれて動いてるイメージですね
昆虫みたいに周りが沈もうが寝返ろうがお構いなしで進軍。洗脳状態の艦娘、術者も同様です
なので


戦艦棲姫「もぉー!残ってるの私達だけじゃない!」プンスコ

港湾棲姫「怒らないで……カルシウム不足……していませんか?」

戦艦棲姫「してないわよ!」

離島棲姫(転職しよ)


みたいなやり取りは生まれません。残念


291: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 20:26:50.47 ID:SyWx97T40


おまけ1


――枚方鎮守府


日向「戦艦、航空戦艦を経て宇宙戦艦か……胸が熱くなるな」

加賀「では私は宇宙空母ですか……流石に気分が高揚します」

吹雪「じゃあ私達は宇宙駆逐艦?」

川内「宇宙軽巡洋艦……なんかしっくりこないなぁ」

漣「それならこういうのはどう?」

漣「スペースライトクルーザー、スペースデストロイアー」

川内「おぉ」

吹雪「なんかカッコいい!」


舞鶴提督「アンタ達、バカな事言ってないで荷造りしてなさい」

舞鶴提督「月面公演まで時間ないわよー!」


おまけ1・おしまい


292: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 20:29:33.94 ID:SyWx97T40


おまけ2



二月九日・戦闘詳報より統計


出撃した霧島の数・27人

帰還した霧島の数・27人

戦闘中に確認された霧島の数・28人



行方不明の一人については目下調査中



おまけ2・おしまい


293: ◆gKIVhd2ytqPb 2014/11/28(金) 20:31:44.66 ID:SyWx97T40

改めまして、読んで下さった皆様ありがとうございました
ではまた、機会があれば



ぷぎゅット 艦隊これくしょん~艦これ~ ぬいぐるみマスコット Vol.3
ぷぎゅット 艦隊これくしょん~艦これ~ ぬいぐるみマスコット Vol.3
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2014/12/07 18:00 ] SS一覧 艦これ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: