向日葵「おだんごヘアーの櫻子と」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:31:04.63 ID:U65WxNMDo

櫻子「ちなつちゃ~ん!」

ちなつ「あ、櫻子ちゃん。なにか用?」

櫻子「あのー、ちょっとちなつちゃんにお願いがあるんだけど……///」もじもじ

ちなつ「お願い……? 櫻子ちゃんが私に?」

櫻子「やってくれるかなぁ、どうかなぁ」

ちなつ「何をそんなに恥ずかしがって……はっ、まさか……! いやいや櫻子ちゃんそれは! それはさすがに!」

櫻子「やっぱりだめかなぁ……」

ちなつ「いやだめっていうか……別に私は櫻子ちゃんのこと好きだしいいんだけど、向日葵ちゃんとかあかりちゃんの目もあることだし、でもそれでも我慢できないっていうなら、誰にも見られない所に行って……///」


ゆるゆり (13)巻 特装版 (IDコミックス 百合姫コミックス)

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:31:43.24 ID:U65WxNMDo

櫻子「もふもふ作ってほしいの!!」ばーん


ちなつ「…………はい?」

櫻子「いめちぇんだよ! 髪型変えてみようかなって思っててさ、試しにちなつちゃんと同じ感じにしたらどうなるかなって思って。だから作ってほしいの!」

ちなつ「えっちじゃ……ない!?」がーん

櫻子「えっちって……はあ!? 何言ってるの!?///」

ちなつ「てっきりえっちの話だとばっかり!」

櫻子「てっきりえっちの話しないよ!」

ちなつ「てっちの話かと思って!」

櫻子「てっちって何!? てっきりえっちの略!?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:32:18.32 ID:U65WxNMDo




櫻子「わーい楽しみー♪」

ちなつ「できるかなぁ……櫻子ちゃんって毛先がウワーンってなってるからさ」

櫻子「ウワーンってなってるのは生まれつき! 仕方ないでしょー」

ちなつ「変な形のもふもふになっちゃうかも……まあでもできるだけ頑張るね」すっすっ



あかり「あれぇ、櫻子ちゃんとちなつちゃん何してるの?」

櫻子「ちなつちゃんに髪型変えてもらうの!」

ちなつ「私と同じにしたいんだってさ」

あかり「わぁ、どんな感じになるか楽しみだよぉ♪」

櫻子「予想では似合う気がする!」

ちなつ「自分で言うんだ……でも確かに櫻子ちゃんみたいな元気な子の方が似合うと思うな。少なくとも向日葵ちゃんよりはイメージに合ってるよ」

櫻子「あいつのもふもふ姿なんて想像すらできん……」

あかり「向日葵ちゃんはもっと落ち着いてる方が似合うもんねぇ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:32:53.23 ID:U65WxNMDo

ちなつ「私のもふもふはね、最初はおねえちゃんが作ってくれたの」

櫻子「へー!」

ちなつ「小さい頃はね、うちの親も朝は忙しそうにしてて……でも可愛い髪型にしたい! ってわがまま言ってた私に、おねえちゃんが頑張って作ってくれたの。そこからは毎朝やってもらったりして……こうして今でも変えずにいるんだ」

あかり「いいお話だよぉ~」

櫻子「ちなつちゃんにしては純情なエピソードだね」

ちなつ「ちょっと! まるで普段の私が不純な話しかしてないみたいな言い方!」

櫻子「だってさっきてっちの話してたじゃん!」

ちなつ「あかりちゃんの前でてっちの話しないで!///」

あかり(てっちって何……?)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:33:52.41 ID:U65WxNMDo

ちなつ「……まあ、そんな感じで結構思い入れの強い髪型だから、櫻子ちゃんも大切にしていってね」

櫻子「はーい!」

あかり「あっ、出来てきたよぉ」


ちなつ「よし、っと……こんな感じかな?」

櫻子「できた!?」

あかり「手鏡あるよぉ、はい」


櫻子「お~! もふもふだ~!」もふもふ

ちなつ「何とかうまくいったね。ちょっと大きくなっちゃったけど」

あかり「櫻子ちゃん似合ってるよぉ~」

櫻子「えへへへ……みんなのアイドル、チーナだよ!」びしっ

あかり「わぁ、ちなつちゃんにそっくり~」

ちなつ「そんなポーズしたことないよ……」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:34:27.30 ID:U65WxNMDo

向日葵「あら吉川さん、賑やかにしてどうしたんですの?」

ちなつ「あっ向日葵ちゃん。見てやってあれ」

向日葵「一体どうし…………」


櫻子「あっ、ちょうどいいところに! どうこれ、似合う?」もふもふ


向日葵「…………///」


あかり「……あれ、向日葵ちゃん固まっちゃったよぉ」

櫻子「ちょっと、何とか言ってよ」



向日葵「かっ、か……かわ…………///」

櫻子「んー?」


向日葵「かわい……くない、こともない……ですけど……」

向日葵(うそうそ可愛い可愛い可愛い可愛い)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:35:15.91 ID:U65WxNMDo

ちなつ「も~向日葵ちゃん、素直に褒めてあげてよ。ここまでもふもふが似合う子は中々いないんだよ?」

櫻子「そうなの? なんか嬉しいな」


あかり「なんだかちなつちゃんと櫻子ちゃん、姉妹みたいだねぇ」

櫻子「ほんと?」

向日葵「ま、まあこれを機に櫻子にも、吉川さんの良いところを見習って欲しいものですわね」

櫻子「ちなつちゃんに良いところなんてあったっけ?」

ちなつ「おい」



???「あっ、いたいた……おーい、あかり~!」

あかり「?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:35:44.82 ID:U65WxNMDo

京子「ちなっちゃーん、あかりー!」

あかり「あっ、京子ちゃんと結衣ちゃんだ」

ちなつ「結衣先輩! 私に会いにきてく……」


「ゆいせんぱ~~~~い!!!!」だっ


結衣「うわっ!」

ちなつ「!?」

向日葵「え!?」

京子「なっ……!?」



櫻子「結衣先輩……会いたかったですぅ~~~!」すりすり

結衣「お、大室……さん……?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:36:26.80 ID:U65WxNMDo

ちなつ「な……な……何してんの櫻子ちゃん!!!」ばっ

あかり「櫻子ちゃんが……結衣ちゃんに抱きついてる……!」


京子「あれ!? さくっちゃんって、そんな結衣にアレしてたっけ!? というか髪型変えた!?」

あかり「さっきちなつちゃんにいじってもらったんだよ~」

櫻子「へへ……結衣せんぱーい……///」

ちなつ「ちょっとどいて! そこは私の特等席なの~!」

結衣「お、大室さん、急にどうしたの……? なんだか今日はちなつちゃんそっくりだね」

櫻子「えへへへ……///」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:37:04.16 ID:U65WxNMDo

向日葵「ちょっと櫻子! いくら吉川さんと同じ髪型にしたからって、そんな所まで真似しなくても……!///」

ちなつ「そうだよ櫻子ちゃん! 遊びで結衣先輩の特等席を取らないで!」


櫻子「遊びなんかじゃないもん! 私は本気で結衣先輩が好きなんだもん!!」


結衣「え……///」どきっ

京子「なっ……」



ぐぐぐ……

あかり「ああっ、激しい動きしてたから櫻子ちゃんの髪留めが……!」


ぽーん!


櫻子「…………」ふぁさっ

ちなつ「あーっ、もふもふ壊れちゃった!」

櫻子「あれ? 私……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:37:45.46 ID:U65WxNMDo

結衣「大室さん、ゴム落ちたよ。はい」

櫻子「ああ船見先輩! あざーす」

結衣(あれっ)


京子「なっ……急激にいつものさくっちゃんに戻った……?」

あかり「櫻子ちゃん……?」

櫻子「なに? どうしたのみんな、私の顔に何かついてる?」

ちなつ「いやいや、さっきとんでもないことしてたでしょうが! 結衣先輩と熱い抱擁を交わし合ってたでしょうが!」

結衣「いや、一方的に私が締め付けられてただけというか……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:38:26.34 ID:U65WxNMDo

櫻子「さっきから何言ってんの? というか先輩私に用ですか?」

結衣「ああいや、私たちが用があるのはあかりとちなつちゃんで……」

櫻子「あっ、やべ! 私そういや昼休み先生に呼ばれてたんだった! 行かなきゃ!」ぴゅーん


「「…………」」


結衣「……どうしたの? 今日の大室さん」

ちなつ「いや、私にも何がなんだか……」

京子「さすがの私も今のは驚いたなあ……」

向日葵「…………」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:39:42.86 ID:U65WxNMDo




向日葵「これは仮説ですけど……櫻子の髪型を吉川さんと同じにしたことによって、あの子の性格が吉川さんと全く同じになってしまった。そういうことなんじゃないでしょうか」

ちなつ「なにそれ……そんな単純な人間いないでしょ」

向日葵「大室櫻子という人間をなめてもらっちゃ困りますわ……そんじょそこらの人とは違いますのよ。櫻子はそんなバカげた現象も普通に巻き起こしちゃう子なんですわ」

ちなつ「髪型変えただけで、性格まで変わるなんて……」

向日葵「だって吉川さんも聞いたでしょう? 『遊びなんかじゃないもん! 私は本気で結衣先輩が好きなんだもん!!』って……」

ちなつ「あ……」


向日葵「今まであまり接点の無かった櫻子が、船見先輩にそんなこと言うとはとても……あれは吉川さんの本心なんじゃありませんの?」

ちなつ「…………」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:40:49.88 ID:U65WxNMDo

向日葵「まあ、櫻子が船見先輩を本当に好きという説も、完全に否定はできませんけど……」


ちなつ「……じゃあ、実験しようよ」

向日葵「?」

ちなつ「櫻子ちゃんの髪型を、試しにあかりちゃんと同じにしてみよう。これで櫻子ちゃんがあかりちゃんと同じ性格になったら、今の仮説は証明されるってことで」

向日葵「なるほど……やってみる価値はありますわね」

ちなつ「よし……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:41:25.35 ID:U65WxNMDo




櫻子「お団子か~似合うかなぁ」

ちなつ「絶対似合うって! 私のセンスを信じて?」

あかり「頑張って作るね♪」すっすっ


向日葵「それにしても赤座さんの髪の量でこのサイズのお団子ですから、櫻子がやったら相当大きいお団子になっちゃうんじゃ?」

あかり「じゃあ、櫻子ちゃんはお団子ツーサイドアップにしてあげるね」

ちなつ「私もよく見て作り方覚えとこうかな」

あかり「ちょっと難しいけど、慣れれば簡単だと思うよぉ」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:42:09.21 ID:U65WxNMDo

あかり「あかりもちなつちゃんと同じで、一番最初はお姉ちゃんに作ってもらったんだよね~」

櫻子「へぇ~」

あかり「頑張って練習して、自分でも作れるようになって……初めて自分で作った時は、お姉ちゃん何故か泣いてたなぁ」

向日葵「きっと、赤座さんの成長を感じる嬉し涙と、お団子を作ってあげることができなくなった悲しみの涙が一緒に出ちゃったんですわね」

ちなつ「お姉さんらしいね……」


あかり「はい、できた♪」

向日葵「早っ!?」

ちなつ「見逃した!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:42:40.42 ID:U65WxNMDo

櫻子「わぁい、お団子~」

あかり「似合ってるよ、櫻子ちゃん!」

櫻子「ありがとうあかりちゃん! さくらこ、あかりちゃん大好き~♪」

ちなつ(!?)

向日葵(!?)



向日葵「さ……櫻子? いま、なんて?」

櫻子「ええっ、なにが? さくらこ、何か変なこと言ったかなぁ……」

ちなつ(一人称が!!!)がーん


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:44:11.46 ID:U65WxNMDo

あかり「あかりにも妹ができたみたいで嬉しいよぉ。あかりお姉さんになるのに憧れてたんだ~」

櫻子「今日からあかりちゃんは、あかりおねえちゃんだねぇ」

あかり「えへへ……///」


向日葵「吉川さんどうです……仮説は証明されたでしょうか」

ちなつ「これは……認めざるをえないわね」

向日葵「櫻子の髪型を誰かと同じにすると、その人と同じ性格になる……間違いはなさそうですわね」

ちなつ「どうすんのあれ? あのままでいいの?」

向日葵「とりあえずいいんじゃないでしょうか……赤座さんと同じ性格になれば悪いことは起きないだろうし、赤座さんも喜んでますし」

ちなつ「まあ、そっか……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:45:27.58 ID:U65WxNMDo

櫻子「お花さんにお水あげるよぉ~」

先生「あら大室さん、ありがとう!」

「櫻子ちゃんすごーい!」

「気が効く~!」

櫻子「えへへへ……///」

あかり「あかりがやっても誰も気づいてくれないのに、櫻子ちゃんがやると褒められてるよぉ……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:46:37.64 ID:U65WxNMDo



<放課後>


櫻子「向日葵ちゃん、一緒に帰ろ?」

向日葵「はうっ!!///」どきっ

櫻子「ど、どうしたのっ?」


向日葵「い、いえ……あなたからちゃん付けで呼ばれるのが久しぶりすぎて……心の準備してなかったもので、つい衝動が」

ちなつ(……なにやってんの)


櫻子「それじゃあちなつちゃん、あかりおねえちゃん、また明日~」

あかり「ばいば~い」

櫻子「いこっ? 向日葵ちゃん」

向日葵「ひゃあっ!///」びくっ

ちなつ(向日葵ちゃん……耐えられるのかしら)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:47:30.83 ID:U65WxNMDo




櫻子「それでね、今日の給食に出てたあれ、前は食べられなかったけど今日食べたら美味しかったんだよぉ」

向日葵「あら、よかったですわね」

櫻子「大人になった気がするよぉ~」にこっ

向日葵(い、いちいち仕草や表情が可愛い……///)



櫻子「あっ、そうだ。さくらこまだ明日出す課題やってなかったんだった」

向日葵「大丈夫? 結構量多いですわよ」

櫻子「ふぇぇ……がんばれるかなぁ」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:48:09.83 ID:U65WxNMDo

向日葵(!)


向日葵「わ、私今日特に用事ありませんし、手伝ってあげてもいいですわよ?」

櫻子「ほんと!? いいの?」

向日葵「まあこれくらいなら……」

櫻子「ありがとう向日葵ちゃん!」ぎゅっ

向日葵(ひぁぁーーーー!!///)


向日葵(もう、これは……やばい……///)どきどきどき


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:48:40.44 ID:U65WxNMDo




櫻子「向日葵ちゃんの教え方だとスラスラできるよぉ♪」

向日葵「…………」


向日葵(今の櫻子は中身が赤座さん……この状態が解けたら “赤座さん” になっていた頃の記憶はどうなる……?)

向日葵(……いや、なくなる! 昼間の吉川さんのもふもふの時も、はじけた瞬間それまでの記憶は残っていなかった……!)

向日葵(ということは、今の櫻子に何をしても、櫻子は何も覚えていない……!)



櫻子「あれぇ、またわからないのが出てきちゃった。向日葵ちゃん、これはどうやるんだっけ?」

向日葵「ああ、それですの? それはですわね……」そっ

櫻子「ん……?」


向日葵「このページの公式を使うんですのよ」

櫻子「あっ、隣に来て教えてくれるの?」

向日葵「ええ、こっちの方が私も見やすいですからね」

向日葵(こうやって櫻子に密着しても、今なら許される……!)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:49:48.46 ID:U65WxNMDo

櫻子「ふんふん、なるほど……」かきかき

向日葵「……ねえ櫻子、もう勉強終わりにしません?」

櫻子「えっ、どうして? まだもうちょっと残ってるけど……」

向日葵「どうせ今やったって櫻子には何も身に付かないんですもの。それよりも……」



さわさわ

櫻子「えっ!」


向日葵「久しぶりに、二人で遊びましょう……?///」

櫻子「やっ、向日葵ちゃん、どこ触ってるの!?」


向日葵「うふふ……櫻子……」

櫻子「ちょっと、だめだってばぁ……!///」

向日葵「普段のあなたなら絶対こんなことさせてくれないけど、今なら……」

櫻子「ん、んんん~……」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:50:34.07 ID:U65WxNMDo

向日葵「これは立派なお勉強ですわよ、お勉強。保健体育のね」

櫻子「保健の……?」

向日葵「櫻子……もとい赤座さんも知らないであろう分野を、今日は私が教えて差し上げますわ」

櫻子「きゃっ!」ごろん



向日葵「ではまず、私が今触ってる部位はなんというでしょう?」もみもみ


櫻子「お、おっぱ……///」

向日葵「はい?」

櫻子「おっぱいだよぉ……」もじもじ

向日葵「そうですわね。櫻子は小さいのを気にしてるようですけど……本当は多少マッサージとかした方が、発育を促すんですのよ? なのに普段は全然触らせてくれないんですもの……」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:51:18.94 ID:U65WxNMDo

櫻子「ひ、向日葵ちゃんやめようよ……恥ずかしいよぉ~……///」


向日葵「まだまだ始まったばかりじゃない……ほら、櫻子も私のを触っていいですわよ」

櫻子「えっ……?」

向日葵「今日はおっぱい解禁してあげますわ……ほら」そっ

櫻子「あ……///」もみゅ


櫻子「や、やわらかい……すごい……!///」

向日葵(ううう……櫻子に触られるとゾクゾク来ますわ……///)ぴくっ


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:51:56.32 ID:U65WxNMDo

向日葵「……がっ、我慢できないっ!///」ばっ

櫻子「うわあ!」

向日葵「櫻子、もう下行きますからね!」

櫻子「な、なにっ? 下?」


向日葵「こっちのお勉強ですわ……///」もぞもぞ

櫻子「あっ! ちょ、そんな所触っちゃ……!」

向日葵「うふふふふ……」

櫻子「だめぇっ、向日葵ちゃんおかしくなっちゃってるよぉ!」

向日葵「ええ、おかしいかもしれませんわね……なんせずっと隣であなたを見てて、毎日欲求がかさむばかりでしたから」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:52:26.54 ID:U65WxNMDo

向日葵「パンツの上からでもわかりますわ、櫻子はどこを触っても柔らかいですわねぇ……///」

櫻子「だめ……だめぇ……!」

向日葵「もう、力を抜いて? 拒絶していても気持ち良くはなれませんのよ」するっ

櫻子「あっ、そんなところ触っちゃ汚いよぉ!」

向日葵「櫻子に汚いところなんてありません……ふふ」すりすり


櫻子「んああぁ、くすぐったぃぃ……!」

向日葵「うるさいですわねさっきから……その口を閉じましょうか」ちゅっ

櫻子「っ!!///」


向日葵(櫻子……櫻子……)

櫻子「ん~ん~~!!///」ばたばた

向日葵(息止めちゃって……可愛い……)くりくり


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:53:41.45 ID:U65WxNMDo

櫻子「ぷはぁっ! ひっ、向日葵ちゃっ、もうだめ! おしまいっ!」

向日葵「だめですわよ、こんな機会二度と無いんですから……それとそろそろその “向日葵ちゃん” やめてくださる?」

櫻子「え……どういうこと……?」

向日葵「 “ひまちゃん” でしょう? あなたが最初に呼んでくれた名前ですわ」


櫻子「ひ、ひまちゃん……?///」

向日葵「」ぴきーん



向日葵「さ、さ…………さーちゃん!!!」ばっ

櫻子「きゃーー!!///」


向日葵「もうだめっ! さーちゃん大好きですわ! 今夜はもう絶対離しませんから!」ちゅっちゅっ

櫻子「やっ、いやあーっ!」じたばた


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:54:38.75 ID:U65WxNMDo

『向日葵ちゃんは気づかなかった……』

『暴れる櫻子ちゃんの髪は徐々にゆるみ、そして二つのお団子が少しずつ解けていっていることに!』

『執拗にキスを迫る向日葵ちゃんには、櫻子ちゃんの髪はもはや見えていない!』

『そして今、ふたつのお団子が静かに解け壊れた……!』



ふぁさっ


櫻子「…………」ぱちくり


向日葵「さーちゃん、さーちゃん……!///」ちゅーっ

櫻子「な…………ひ、向日葵っ!?///」どきっ

向日葵「もう、だから向日葵じゃなくてひまちゃ…………ああああっ!!!」がーん


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:55:10.32 ID:U65WxNMDo

櫻子「いやーーなにこれ!! 何してんの!? ってか今ちゅーしたろ!!」

向日葵「いやああああああああ!!!」

櫻子「いやーはこっちのセリフだよ!! バカっ離せ! どこさわってんだえろっぱい!!」べしっ

向日葵「いたっ!」


櫻子「なんなんだよこれほんと! 私が寝てる間にイタズラし……あーー!! パンツ脱がされてる!!」

向日葵(髪が……髪が元に戻っちゃってますわーー!!)


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:55:49.39 ID:U65WxNMDo

櫻子「返せよ私のパンツ!!」

向日葵「かっ、返しません!」

櫻子「はあ!!?///」

向日葵「それより櫻子、髪型変えましょう! 私と同じ髪型にすれば、デレ櫻子に似た純粋な赤座さんの良さはとまではいかなくても、えっち大好きな性格が乗り移ると思いますから……!」

櫻子「意味わかんねーこと言ってんじゃねー!! キモい!」

向日葵「お願いっ、一生のお願い!!」

櫻子「一生のお願い何回使ってんだ!」

向日葵「初めてですわよ!!!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:56:31.58 ID:U65WxNMDo

撫子「ちょっと、何やってんのあんたらうるさいよ!」がちゃっ


櫻子「あっ」

向日葵「あっ」

撫子「あ………………」



撫子「…………ああ、そういう……はい、理解しました。お邪魔しました」

向日葵「ああっ撫子さん違います!! これは違うんですのよ!」

撫子「い、いいから服着なって……おっぱい丸出しだから、やばい絵だから」

向日葵「これは事故……いえ、一種の超常現象とでも言いますでしょうか、とにかく違くて! 櫻子の記憶に残らないのをいいことに日頃の欲求をぶつけちゃったとかじゃなくて!」

撫子「なるほどなるほど……はいはい、私大丈夫だから、結構寛容だからその辺、まさか大人の世界のおの字も知らない妹と、普段突っ張りあってる幼馴染がいつの間にかその段階まで来てたとは思わなかったけど、超ショックだけど、全然平気だから……」

向日葵「平気じゃないじゃないですか~~!!!」


櫻子(口がべとべとする……向日葵のやつ……!!///)かあああっ


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:57:04.90 ID:U65WxNMDo

――――――
――――
――


<翌日・学校>


向日葵「……ということがありました……」

ちなつ「なんでそれを私に報告するのかわからないけど……まあ自業自得だよね」

向日葵「あれから櫻子にはすっかり変態扱いされちゃってますわ……もう私たち、元に戻れないかも……」

ちなつ「なんとなく昨日から、こうなるんじゃないかって予想はついてたけどね……まあ時間が経てば大丈夫だって」

向日葵「そうでしょうか……」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 21:57:37.28 ID:U65WxNMDo

ちなつ「……ところで向日葵ちゃん、昨日そういうことになったってことは、半分あかりちゃんとできたってことでいいんだよね……?」

向日葵「あっ……た、確かに……!」


ちなつ「あかりちゃんどうだった!? 結構いける感じ!? 行っちゃっても大丈夫な感じ!?」

向日葵「い、意外と……! 本人はやっぱり乗り気じゃないんですけど、私のおっぱい触らせてあげたときは興味津々な感じでしたし、優しく慎重にリードしてあげれば最後まで行くことも……!」


櫻子「……おっぱいが、なんだって?」

向日葵「きゃっ!! さ、櫻子……!」どきっ

櫻子「まだそんなこと言ってんのかえろっぱい!! しかも今あかりちゃんがどうとか言ってたな! お前あかりちゃんにまであんなことしてるのか!!」

向日葵「違う違う違う!! 私が身体を許すのは櫻子だけですから!」

櫻子「全然違くねぇーーー!!!///」ぽかぽか


ちなつ(……あかりちゃん、行ってみるか……?)


~fin~


37: 孤独の人 2015/02/23(月) 21:58:21.91 ID:U65WxNMDo

ありがとうございました。


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 22:14:42.60 ID:rt8yGzOMo

あかりちゃんいけるやん!
ひまさくもいいし最高




ゆるゆり: 5 (百合姫コミックス)
ゆるゆり: 5 (百合姫コミックス)
関連記事

Powered By 画RSS
[ 2015/03/04 15:00 ] SS一覧 ゆるゆり | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2017年 01月 【144件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【600件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: