FC2ブログ


輝子「インディヴィジュアルズ短編集……フヒ」

1: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 01:56:17.19 ID:LkHf3diP0




モバP「森久保にスコップ持たせた結果」



アイドルマスター シンデレラガールズ 星輝子ストラップ

2: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 01:57:23.75 ID:LkHf3diPo

輝子「うおっ!?」


隣の机の下に穴が空いてた。


輝子「……」ソー

乃々「ぁぅぅぅぅ…………」


覗いたらスコップを抱えたお隣さんがいた。


3: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 01:58:59.44 ID:LkHf3diPo

輝子「……ど、どうしたー……?」

乃々「もうダメです……もりくぼはもうダメです……」

輝子「な、何があったんだ……?」

乃々「……」

乃々「好きだった少女漫画が原作のアニメの出来がお粗末なものでした……」

輝子「……」

輝子「?」

乃々「クソなんですけど……もう穴掘って埋まるしかないんですけど……」

輝子「あー……なんで?」

乃々「作画が……無駄な改変……むーりぃー……」ザックザック

輝子「あ、ああ……どんどん深く……」

ガンッ

乃々「……?」

乃々「……」ガンッガンッ

乃々「っ!」ガッ

ブシャアアアッ

乃々「わぷっ!?」

輝子「うわっ」


水道管に穴を空けてしまったみたいで、事務所が水浸しになった。
めちゃくちゃ怒られた。


4: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:00:43.73 ID:LkHf3diPo




モバP「輝子が1UPキノコ食べた結果」




5: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:02:24.08 ID:LkHf3diPo

輝子A「フヒヒ……シメジー……」

輝子B「エリンギー……」

乃々「……」

美玲「……」


増えた。


6: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:05:00.75 ID:LkHf3diPo

乃々「あの……キノコさん……」

輝子A「ん?」

輝子B「何?」

乃々「あぅ……二人も反応するなんてむーりぃー」

美玲「アレだな、一人は名前変えた方がいいな」

輝子A「改名、か……」

輝子B「た、例えば……何?」

美玲「てるこ」

輝子A「……て、てるこ……なるほど」

てるこ(B)「じゃあ、私がてるこで……」

しょうこ(A)「なら私はしょうこのまま、だな……」

美玲「うん、バッチリだなッ!」

しょうこ「フヒヒ……これで呼び分けも可能、だな……」

てるこ「さあ、どんと来い……」

乃々「それじゃあ……」

乃々「キノコさん」

しょうこ「うん?」

てるこ「どうした?」

乃々「あうぅ……二人共反応するなんていぢめですか……」


キノコと呼ぶので、あんまり意味なかった。


7: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:06:52.17 ID:LkHf3diPo




モバP「美玲が両眼に眼帯着けた結果」




8: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:08:44.48 ID:LkHf3diPo

美玲「前が見えねェ」

乃々「そりゃそうだと思いますけど」

美玲「…………」

美玲「ち、ちょっとソファーまで誘導して」

乃々「はあ」


外せばいいのに。


9: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:10:28.10 ID:LkHf3diPo

美玲「ふう……ちょっとな、油断してただけなんだよ」

美玲「ここからウチは本気出すんだよ」

乃々「はあ」

美玲「オオカミはその嗅覚で獲物を探し、逃がさず追跡するんだ」

美玲「視覚を封じた今ッ! ウチの嗅覚が冴え渡る時だッ!」

美玲「……」クンクン

乃々「……」

美玲「……」クンクン

乃々「……」

美玲「……」

美玲「今日鼻詰まってたんだった」

乃々「鼻声ですもんね」

美玲「ティッシュどこ?」

乃々「嗅覚で探せばいいのでは……」

美玲「だから鼻詰まってるんだってッ!」

乃々「ああ……はい」スッ

美玲「ありがと」

美玲「……」

美玲「この箱ティッシュ開けてないやつだろ!」

乃々「開ければいいのでは……」

美玲「だから視覚封じてるんだってッ!」

乃々「ああ……」


眼帯外せばいいのに。


10: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:11:56.06 ID:LkHf3diPo




モバP「森久保につるはし持たせた結果」




11: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:13:28.41 ID:LkHf3diPo

しょうこ「うおっ!?」


隣の机の下にまた穴が空いてた。


しょうこ「……」ソー

乃々「ぁぅぅぅぅ…………」


覗いたらつるはしを抱えたお隣さんがいた。


12: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:15:03.21 ID:LkHf3diPo

しょうこ「……ど、どうしたー……?」

乃々「もうダメです……もりくぼはもうダメです……」

しょうこ「な、何があったんだ……?」

乃々「……」

乃々「好きだった少女漫画がまた休載しました……」

しょうこ「……」

しょうこ「?」

乃々「休みすぎなんですけど……もう穴掘って埋まるしかないんですけど……」

しょうこ「あー……なんで?」

乃々「お預けとかいぢめですか……冨樫ですか……むーりぃー……」ザックザック

しょうこ「あ、ああ……どんどん深く……」

乃々「……あ、こっちは水道管だから……こっちを」ガンッ

乃々「……?」

乃々「……」ガンッガンッ

乃々「っ!」ガッ

キラーン

乃々「あ、埋蔵金ですね」

しょうこ「え、嘘?」


埋蔵金だと思ったけどよく見たら山吹色のお菓子だった。
食べたらお腹壊した。


13: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:17:02.49 ID:LkHf3diPo




モバP「てるこを解禁した結果」




14: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:19:11.97 ID:LkHf3diPo

しょうこ「ふ、双子ユニットで」

てるこ「デビュー、するぞ……!」

美玲「マジか」

てるこ「マジだ」


マジみたいだ。


15: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:21:55.73 ID:LkHf3diPo

しょうこ「な、765プロでは、かつて双子のアイドルが交代交代で活動していたそうだ……」

てるこ「私達も、そういうことにしようと思う……」

美玲「なるほど」

美玲「で、どっちが姉でどっちが妹になるんだ?」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「さーいしょは」

「「パー!!」」

てるこ「……」

てるこ「じゃーんけーん!」

しょうこ「あっち向いて!」

てるこ「ぐーの!」

しょうこ「ニョッキッキ!」

「「1ニョッキ!」」

しょうこ「……」

しょうこ「あーいこーで!」

てるこ「たたいてかぶって!」

「「どちらにしようかな!」」

しょうこ「……」

てるこ「……」

「「YEAR!!」」パシン


熱いハイタッチ。


美玲「結局どっちがどっちなんだよ」


後でプロデューサーに聞いたら、双子デビューは二人が勝手に言ってるだけみたいだった。


16: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:23:47.50 ID:LkHf3diPo




モバP「美玲にひっかかれた結果」




17: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:25:10.93 ID:LkHf3diPo

幸子「うわあああああああああああああああああああああああああ!!!」

幸子「うわ、うわああああああああああああああああああああああ!!!」

小梅「ど、どうしたの幸子ちゃん……?」

幸子「み、美玲さんに! 美玲さんにひっかかれました!!」

小梅「そ、そう……」


うるさい。


18: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 02:26:50.84 ID:LkHf3diPo

幸子「早く! 早く救急車呼んでください!!」

小梅「な、なんで?」

幸子「だってひっかかれたんですよ!?」

幸子「このままだと……」

小梅「このままだと……?」

幸子「狂犬病になっちゃいます!!!」

小梅「……」

小梅「?」

幸子「うわああ! 早く治療しないと! カワイイボクが! 悲惨なことに!」

小梅「ひ、悲惨なこと……」

小梅「!」

小梅「(もしかして……ゾンビみたいになる?)」

幸子「早く! 救急車を!」

小梅「早く……ゾンビに……」

幸子「早く!!」

小梅「早く……」

幸子「早くゥゥ!!」

小梅「早く……!」

ちひろ「うるせぇ! 静かにしろ!!」


怒られた。
ちなみに絆創膏貼るだけで完治しました。


25: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:13:00.58 ID:LkHf3diPo




モバP「森久保に傘持たせた結果」




26: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:14:24.56 ID:LkHf3diPo

しょうこ「うおっ!?」


隣の机の下にまたまた穴が空いてた。


しょうこ「……」ソー

乃々「ぁぅぅぅぅ…………」


覗いたら傘を抱えたお隣さんがいた。


27: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:16:02.07 ID:LkHf3diPo

しょうこ「……ど、どうしたー……?」

乃々「もうダメです……もりくぼはもうダメです……」

しょうこ「な、何があったんだ……?」

乃々「……」

乃々「今日晴れでした……」

しょうこ「……」

しょうこ「?」

乃々「雲一つ無かったんですけど……もう穴掘って埋まるしかないんですけど……」

しょうこ「あー……なんで?」

乃々「雨降るって予報で言ってたから傘持ったのに降らないとかいぢめですか……もうここで傘差します……むーりぃー……」バサッ

しょうこ「……」

しょうこ「どうやって穴を掘ったんだろう……」


数分後にのっそり出てきた。
帰りに雨が降ったので結果オーライだな。


28: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:18:11.76 ID:LkHf3diPo




モバP「しょうことてるこがババ抜きした結果」




29: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:20:05.03 ID:LkHf3diPo

美玲「あがりッ! 1抜けー!」

乃々「あがりましたけど……2抜けですけど……」

幸子「フフーン! あがりましたよ!」

小梅「ふう……あ、あがれた……よかった」

しょうこ「むむ……」

てるこ「後は私達二人だけ、か……」


一騎討ち。


30: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:21:57.71 ID:LkHf3diPo

てるこ「(持ちカードはエース1枚)」

てるこ「(エースを引けるか、ジョーカーを引くか……)」

しょうこ「……」

てるこ「……」スッ

ジョーカー

てるこ「ッ……!」

しょうこ「よし……!」

てるこ「……」

しょうこ「……」スッ

ジョーカー

しょうこ「ぬぐっ……!」

てるこ「フフ……チャンス」

しょうこ「ふーっ……」

てるこ「……」スッ

ジョーカー

てるこ「ふおおお……!」

しょうこ「よし、よし、よし」

てるこ「……お、落ち着け……落ち着け……」

しょうこ「……」スッ

ジョーカー

しょうこ「ほあああああああ!?」

てるこ「シャアッ!!」

幸子「決着つきませんね」

美玲「まだー?」


3分後、てるこが勝ちました。


31: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:24:02.31 ID:LkHf3diPo




モバP「美玲がカンフーにハマった結果」




32: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:25:47.23 ID:LkHf3diPo

美玲「ホワチャーーッ!!」

美玲「ホゥゥゥ」

美玲「アタッ、アタタタァッ!」

てるこ「……」

美玲「……へへっ」

てるこ「スカートめくれてる」

美玲「スパッツ履いてるから問題ないモン」


この前の公演にチョイ役で出演してから、密かにハマってたみたい。


33: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:27:40.60 ID:LkHf3diPo

美玲「ヌンチャクの扱いもな、上手くなったと思うんだ」

てるこ「そうなのか……」

美玲「ホアチョーーッ!」クルクル

てるこ「……」

美玲「どう? どう?」クルクル

てるこ「クルクル回してるだけでは……」

美玲「だって、下手に振り回すと身体中にぶつけて痛いんだモン」

美玲「ホアー、タアアアーーッ!」クルクル

てるこ「……」

美玲「シャオッ!」

スポッ

美玲「あ」

てるこ「あ」

ガシャンッ

美玲「あああっ」

美玲「プロデューサーの机の上のデスクライトが」

てるこ「真ん中からポッキリ……」

美玲「……」

てるこ「……」

てるこ「でもそれ、この前の水道管破裂で水没して壊れたやつだし……」

美玲「なんだ、それならいいか」


この後、ヌンチャクを没収された。


34: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:29:52.11 ID:LkHf3diPo




モバP「まゆがハニートラップを考案した結果」




35: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:31:31.43 ID:LkHf3diPo

まゆ「ハニートラップを仕掛けようと思うんです」

てるこ「おお……!」

しょうこ「そこはかとない、オトナの香り……!」

まゆ「そのために、大量の蜂蜜を買ってきました」

しょうこ「おお……!!」

てるこ「むせかえる、ハニーな香り……!」

まゆ「そういうわけなので作戦会議しましょう」

しょうこ「ガッテン」

のの「……」


なんか違う……
あ、名前がひらがなになってるんですね。解決。


36: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:34:00.74 ID:LkHf3diPo

まゆ「それで……どうすればいいんでしょうか」

てるこ「……さあ?」

しょうこ「蜂蜜を、使うんだよな……むむむ」

のの「……ちなみに誰をハニートラップにかけるのでしょうか」

まゆ「決まってるじゃないですか、もちろんPさんですよぉ」

しょうこ「……んん? プロデューサーを、罠にかける……のか?」

まゆ「……あれ? そうなっちゃいますね」

まゆ「でもハニートラップですし……トラップ? うーん……」

てるこ「そ、そもそもハニートラップって、なんだろう……」

まゆ「それはもちろん蜂蜜を使ったトラップでは……」

のの「蜂蜜を……うーん……?」

まゆ「……」

まゆ「ダメです、計画頓挫です」

てるこ「そ、そうか……残念……」

しょうこ「この蜂蜜は……どうする?」

まゆ「せっかくだし皆でいただきましょうか」

のの「わぁい」


お湯を沸かしてはちみつレモンでいただきました。
おいしい。


37: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:36:53.45 ID:LkHf3diPo




モバP「森久保にシャベル持たせた結果」




38: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:38:32.67 ID:LkHf3diPo

しょうこ「うおっ!?」


隣の机の下にまたもや穴が空いてた。


しょうこ「……」ソー

幸子「う、うーん…………」


覗いたら頭にバナナの皮を乗せた自称カワイイがいた。


39: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:40:26.15 ID:LkHf3diPo

幸子「……はっ!? ここはどこ、ボクカワイイ!」

しょうこ「……ど、どうしたー……?」

幸子「どうしたもこうしたも、足滑らせて落ちたんです!」

しょうこ「そ、そう……」

幸子「誰なんですかバナナの皮を穴の前に捨てた人は!」

しょうこ「あ、わ、私だ……な」

幸子「ちょっとーー!!」

幸子「おかげでカワイイボクがバナナトッピングでさらにカワイくなっちゃったじゃないですか!」

幸子「褒めてつかわします!!」

しょうこ「ははー、ありがたきお言葉……」

幸子「あーでも、ちょっと挫いちゃってここから出られないんです、助けてください」

しょうこ「ど、どこを挫いた……?」

幸子「ハネっ毛」

しょうこ「そ、それは大変だ……!」


なんだかんだ自力で出てきた。
さすが。


40: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:42:32.40 ID:LkHf3diPo




モバP「しょうことてるこがホラー映画見た結果」




41: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:43:45.95 ID:LkHf3diPo

しょうこ「……」

小梅「……」

てるこ「……」

ヴオオオ

しょうこ「ッ!?」

小梅「!」

てるこ「ッ!?」


川の字。


42: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:45:46.23 ID:LkHf3diPo

しょうこ「……」ビクビク

小梅「……」ワクワク

てるこ「……」ビクビク

アアアアッ!

しょうこ「ヒイッ」

小梅「……」

てるこ「ヒイッ」

ア……アアア……

しょうこ「こ、怖い……」ガタガタ

小梅「……」

てるこ「こ、怖い……」ガタガタ

ギャアアアアアアアッ!!

しょうこ「ヒャアアアッ!?」

小梅「おお……!」

てるこ「ヒャアアアッ!?」

デデーンッ!!

しょうこ「わああああああああああああ!!!」

小梅「す、すごい……!」

てるこ「わああああああああああああ!!!」


左右から聞こえる叫び声はまさにステレオ音声。


43: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:48:04.93 ID:LkHf3diPo




モバP「美玲が眼帯外した結果」




44: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:49:49.70 ID:LkHf3diPo

美玲「すごい! 景色が立体的だッ!」

乃々「……?」

てるこ「?」

美玲「たまにはこういうのもいいよなッ」

乃々「……そ、そうですね……」

美玲「? なんかよそよそしいな……変なの!」


誰この子。


45: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/06(金) 21:51:51.07 ID:LkHf3diPo

てるこ「失礼ですが……どちら様、でしょうか……」

美玲「はあ? 冗談も大概にしてくれよー」

美玲「ウチだよ、ウチ!」

乃々「う……ウチウチ詐欺……あうぅ」

美玲「なんだよもー! ホラッ、これでいいだろッ!」バッ

てるこ「あっ……な、なんだ、美玲さんだったのか……気付かなかった……」

美玲「嘘つけ、人を眼帯で区別する奴がいるかッ」

美玲「……あれ」

乃々「?」

美玲「眼帯どっちに着けてたっけ」

てるこ「……さ、さあ……」

美玲「右目……あれ、左目だっけ? えーと……」

てるこ「右」

乃々「左」

美玲「ど、どっちだよ??」

てるこ「右、もっと右」

乃々「ああ行き過ぎ、左」

てるこ「そ、そこを下」

乃々「あ、違います、もう少し上」

美玲「???」

てるこ「あ、近い、もうちょい左……あ、そっちは右」

乃々「そのままそーっと、左に……」

美玲「分かった、ここだなッ!」キュッ

てるこ「そこ鼻」


結局思い出せなかったので、写真で確認した。


50: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:10:30.21 ID:MHIgdNqio




モバP「森久保にドリル持たせた結果」




51: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:12:27.05 ID:MHIgdNqio

しょうこ「うおっ!?」


隣の机の下にやっぱり穴が空いてた。


しょうこ「……」ソー

乃々「天を衝きますけど……」


覗いたらドリルを抱えたお隣さんがいた。


52: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:14:15.90 ID:MHIgdNqio

しょうこ「……ど、どうしたー……?」

乃々「もりくぼのドリルで天を穿ちますけど……」

しょうこ「……」

しょうこ「下に掘るのか……?」

乃々「……」

乃々「このまま下に掘り続ければ、下の階の天井を突破しますので……」

しょうこ「ここ一階だけど……」

乃々「……」

しょうこ「地下室も無いけど……」

乃々「……」

乃々「冷静に考えまして……」

乃々「天井には手が届かないので……」

しょうこ「ハシゴがあるけど……」

乃々「…………」

乃々「実は高い所苦手で……むーりぃ……」

しょうこ「なるほど」


後で気付いたけど、ハシゴじゃなくてキャタツだった。


53: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:18:25.98 ID:MHIgdNqio




モバP「しょうことてるこが叫んだ結果」




54: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:20:21.09 ID:MHIgdNqio

しょうこ「ハッハァーーーーー!」

てるこ「ゴゥートゥーヘェールゥ!」

乃々「……」

しょうこ「フヒヒヒヒアッハッハハハ!」

てるこ「ダーイ! ダーイ!」

幸子「……」


やかましい。


55: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:22:19.36 ID:MHIgdNqio

しょうこ「マッシュ! マッシュ! ルームゥゥ!」

てるこ「シメジシメジシメジシメジブナシメジィ!」

しょうこ「マイタケェェェェエエ!」

小梅「……」

てるこ「燃えろ燃えろオオオオ!」

しょうこ「茹でダコにしてやるぜええええ!」

てるこ「バァァットスパァァァイスアクセントッ!」

美玲「……」

しょうこ「フヒ……出来た、キノコカレー……」

てるこ「召し上がれ……」

乃々「いただきます……ん」

小梅「お、おいしいね……」

幸子「いいですね、このスパイス!」

美玲「福神漬ちょうだい!」

しょうこ「フフ……自信作だからな……」

てるこ「二人で作ることで、おいしさも二乗だ……」

美玲「なあ、福神漬は?」

乃々「……でもこれは……」

小梅「ちょっと、作りすぎじゃないかな……」

幸子「鍋4つ分は多すぎますよね」

てるこ「量も二乗……なんてね」

美玲「あれ? 福神漬用意してない? マジかよオイッ!」


次の日の三食はカレーでした。
お腹いっぱい。


56: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:27:03.14 ID:MHIgdNqio




モバP「美玲に噛まれた結果」




57: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:29:15.15 ID:MHIgdNqio

幸子「……」

美玲「……」ガブリ


手を噛まれた。
間違って美玲さんのエクレアを食べたのが原因です。


幸子「……」

美玲「……」

幸子「……ふ、フフーン! 知ってるんですよボクは!」

幸子「あなたに噛まれてもひっかかれても」

幸子「狂犬病にはならないということを!」

美玲「……」


どうだ参ったか。


59: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:31:27.48 ID:MHIgdNqio

幸子「……」

美玲「……」

幸子「フフーン……いいですか」

幸子「このボクが本気を出せばですね」

幸子「あなたの歯を総入れ歯にすることだってできるんですよ」

幸子「御所望でしら、それに加えて深爪にしてやってもいいんですよ」

美玲「……」

幸子「こう……ですね」

幸子「ガッとやってチュッと吸って」

幸子「はぁーんってなるわけですよ」

幸子「恐ろしいでしょう!」

美玲「……」

幸子「……」

幸子「あの、痛いのでそろそろ離してくれませんか……」

美玲「……」

幸子「……」

美玲「……」

幸子「あ」

幸子「そういえばトイレ行った後に手を洗ってなかったような」

美玲「うわばっちいッ!」バッ


噛み跡が残っちゃいました。まあ数分で消えたけど。


61: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:40:51.30 ID:MHIgdNqio




モバP「智絵里がチョップした結果」




62: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:43:41.24 ID:MHIgdNqio

奈緒「はあ……」

智絵里「あれ、どうしたの奈緒ちゃん、元気無さそうだけど……」

奈緒「ああ……ちょっとな……」

しょうこ「な、何かあったのか……?」

奈緒「実はな……」

奈緒「加蓮が死んだ」

智絵里「え……」

てるこ「そ、そんな……」

奈緒「アタシ達が把握している中では、これで95回目だ」

智絵里「前に死んでからそんなに日が経ってないのに……」


加蓮イズフェニックス。


63: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:45:37.76 ID:MHIgdNqio

奈緒「今回は、乃々が掘った穴に落ちて打ちどころが悪かったらしいんだ」

しょうこ「ああ……あいつは最近、穴掘りにハマってるんだ……」

奈緒「バナナの皮が近くに落ちてて、うっかり踏んづけて穴に滑り落ちたみたいだ」

しょうこ「………………そ、そうなのかー……」

智絵里「加蓮ちゃん、大丈夫かな……」

奈緒「あいつは身体がすごく弱いからなー」

奈緒「確か65回目は智絵里チョップで脳挫傷を起こして死んだし」

奈緒「CD収録の時、82回目だったかな? そんときはてるこのシャウトでショック死したからなあ」

智絵里「わ、私のチョップって、そんなに強いのかな……」

奈緒「もう少し自覚を持てよ」

奈緒「相手がプロデューサーじゃないと無傷とはいかないぞ」

智絵里「…………えいっ」ポフッ

てるこ「……」

奈緒「あ、おい!」

智絵里「ほ、ほら! てるこちゃんは何ともないみたいだよ!」

てるこ「…………そ、そうだな」

てるこ「な、何とも、な、な……な」バタン

智絵里「えっ」

しょうこ「ノォォォォォアナザァァミイイイイイイイ!!」

奈緒「言わんこっちゃない!」

てるこ「」

しょうこ「……」

しょうこ「幽体離脱ー……」

奈緒「やると思った」


脳震盪でした。
恐ろしや。


64: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:49:43.64 ID:MHIgdNqio




モバP「森久保に掃除機持たせた結果」




65: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:51:45.68 ID:MHIgdNqio

小梅「…………」

乃々「…………」ブォー

小梅「ひ、ひとつ聞いて、いいかな……」

乃々「なんでしょうか……」ブォー

小梅「……あの子が、姿消しちゃった、みたいで……」

乃々「……」ブォー

小梅「……知らない?」

乃々「知らないですけど……」ブォー

小梅「……そ、掃除機に吸い込まれたのを、見たけど……」

乃々「えっ」


乃々マンション。


66: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:53:34.87 ID:MHIgdNqio

乃々「……」

小梅「……」

乃々「……幽霊は見えないので、よく分からないんですけど……」

ガタガタッ

小梅「そ、掃除機が、ガタガタいってるんだけど……」

乃々「気のせいだと思いますけど」

フワーッ

小梅「う、浮いてるように、見えるよ……?」

乃々「……」

乃々「そういう掃除機だと思います……」

乃々「知ってますか? ルンバって、空を飛ぶらしいです」

小梅「……そ、そうだったんだ……初耳で、び、びっくり……」

乃々「……」

小梅「……」

小梅「そ、それで、その掃除機の中にあの子が」

乃々「……」ブォー

小梅「……え、あれ、うわ、うわわわ」

スポッ

乃々「あっ」

ガタガタッ

乃々「……吸い込んじゃったんですけど……」

ガタガタガタガタッ

乃々「……」

乃々「……」

乃々「……」ブォー


その日の夜、金縛りに遭った。


67: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 00:58:00.18 ID:MHIgdNqio




モバP「しょうこが男になった結果」




69: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 01:00:09.91 ID:MHIgdNqio

しょうこ「私が男になった」

てるこ「……」

しょうこ「そんな、妄想……フヒ」

てるこ「……」

しょうこ「……」

てるこ「お、おにいちゃん……!」

しょうこ「おお……マイリトルシスター……!」


禁断の愛。


70: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 01:02:12.93 ID:MHIgdNqio

しょうこ「それはさておいて……」

しょうこ「私が男になったら……」

てるこ「……」

乃々『も、もう少し……傍にいたい……ですけど……』

しょうこ「……ハーレム、だな」

てるこ「おお……!」

幸子『フフーン! カワイイボクと一緒に帰りましょう! ね? ……ね?』

しょうこ「パラダイスだな……」

てるこ「すごい……!」

小梅『お、お弁当、作ったんだけど……い、い、一緒に、どうかな……』

しょうこ「まさにヘヴンッ!」

てるこ「エクセレントッ!」

美玲『べ、別にッ、お前の為にやったんじゃないモン! ……ばか』

しょうこ「素晴らしいだろ……」

てるこ「う、うん……」

てるこ「決めた、私も男になる……!」

しょうこ「それはダメ」

てるこ「えっ」

しょうこ「もし、二人共男になったら……」

てるこ「……」

しょうこ「アッー!」

てるこ「ンアッー!」


禁断の愛。


71: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 01:07:27.41 ID:MHIgdNqio




モバP「美玲が満月を見た結果」




72: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 01:09:24.16 ID:MHIgdNqio

てるこ「フ、フヒ……」

てるこ「つ、月が、綺麗ですね……」

乃々「…………」

乃々「死んでもいいですけど……」

てるこ「じゃあ死ねェ! バキューンッ!」

乃々「はうっ!? ……バタリンコ」

てるこ「フッ……月を見る度思い出せ……」

美玲「何やってんのあいつら」

しょうこ「そ、そういう年頃なのさ……多分」


満月の夜。


73: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/08(日) 01:11:15.53 ID:MHIgdNqio

美玲「そういえば今日は満月だな」

しょうこ「そうだな……」

美玲「フッフッフッ、いいことを教えてやろう」

美玲「ウチは満月の光を浴びるとな、オオカミに変身するんだ」

しょうこ「……」

しょうこ「今ガンガンに満月の光浴びてる、よね……」

美玲「今必死で堪えてるところ」

しょうこ「なるほど……」

美玲「よし、キノコには特別に変身するところを見せてやるッ!」

美玲「うおおおおおッ!」

ピョコッ

しょうこ「おお、オオカミっぽい耳が……!」

美玲「おおおおおおおッ!」

モフッ

しょうこ「おお、オオカミっぽい尻尾が……!」

美玲「アオオオオーーーーン!!」

しょうこ「おおお……!」

美玲「……」

しょうこ「……」

美玲「まあ、そんなことあるわけないんだけどさ」ピョコピョコ

しょうこ「だよね……」

しょうこ「あ、この尻尾、モフモフだな……」モフッ

美玲「毛並みには結構気を遣ってるからなッ!」フリフリ


ブラッシングさせてもらった。
すごく触り心地がよかった。さすが直に生えてるだけはある。


76: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:10:43.52 ID:ukUH/YJ1o




モバP「森久保にピコピコハンマー持たせた結果」




77: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:12:29.69 ID:ukUH/YJ1o

しょうこ「…………」

乃々「……」

しょうこ「キエエーーーーッ!」バッ

乃々「ッ!!」バッ

ピコッ

しょうこ「ふおっ!?」バタッ

乃々「……」

てるこ「…………」

乃々「……」

てるこ「はいだらァァーーーーッ!」バッ

乃々「ッ!!」バッ

ピコッ

てるこ「ぬぎぃ!?」バタッ

乃々「……」

乃々「峰打ちですけど……」


刹那。


78: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:15:17.90 ID:ukUH/YJ1o

美玲「へえ、思ったよりやるじゃないか」

乃々「……」

美玲「だけどな、所詮そいつらはせいぜいチワワやプードルだ」

美玲「ハイイロオオカミなウチをそいつらと同じと思わない方がいいぞ」

乃々「……弱い奴ほどよく吠える、と言いますけど……」

乃々「まあ犬ですし、吠えますよね……」

美玲「フンッ、今のうちにぬかしておきな……」

乃々「……」

美玲「……」

乃々「…………」

美玲「…………」

美玲「叩いて!」

乃々「被って」

美玲「ジャンケンッ!」

美玲「ポンッ!」グー

乃々「ポン」チョキ

美玲「貰ったァッ!」バッ

乃々「ッ!!」バッ

ピコッ

美玲「ぎはっ!?」

乃々「……」

美玲「……だからさ、じゃんけんで負けたのにピコハン取って叩くの止めろよッ!」

美玲「負けたらヘルメットでガードするんだよッ!」

乃々「攻撃は最大の防御、と言いますし……」

美玲「そういうルールじゃないってッ!」


これでじゃんけんは三連敗。
今日は調子が悪いみたい。


80: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:24:26.54 ID:ukUH/YJ1o




モバP「しょうこが壁ドンした結果」




81: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:26:16.29 ID:ukUH/YJ1o

しょうこ「……」ドンッ

てるこ「ッ!」ビクッ

しょうこ「フフ……俺の女になれよ……」

てるこ「……き、キューン」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「ユーアーマイガァァァァァァル!!」

てるこ「トキメキマイハァァァァァァト!!」

乃々「うるさいですけど……」ドンッ

しょうこ「あ、ご、ゴメンナサイ……」


机ドン。


82: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:28:46.32 ID:ukUH/YJ1o

しょうこ「さて……」

しょうこ「これで二つの壁ドンをしたが……」

てるこ「主要なのは、もう一つあるよな……」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「リア充……」

てるこ「爆発……!!」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「でも、周りにリア充、いないな……」

てるこ「うん……私ら、ぼっちだもんな……」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「そもそも、爆発したら、困るな……」

てるこ「小梅ちゃん大好き展開になるな……」

しょうこ「こう……びちゃびちゃーって……」

てるこ「……」

しょうこ「スプラッタァァァァァァァ!!」

てるこ「スナッフゥゥゥゥゥゥゥ!!」

乃々「うるさいですけど!」ドンドン

てるこ「あ、す、スミマセン……」


リア充爆発……じゃなくて……
えっと、転べ。


83: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:40:31.28 ID:ukUH/YJ1o




モバP「美玲がケモノになった結果」




84: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:42:20.84 ID:ukUH/YJ1o

美玲「がおーッ! 噛み付いちゃうぞーッ!」

乃々「ひ、ひい……」

美玲「弱肉強食だーッ!」

乃々「お、おたすけぇ……」

美玲「ガブリ」ガブッ

乃々「はうぅ……」


野生の世界は厳しい。


85: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:45:01.60 ID:ukUH/YJ1o

美玲「あむあむ」

乃々「ううう……食いつかれました……」

美玲「がぶがぶ」

乃々「もう逃げれません……むーりぃ……」

美玲「むぐむぐ」

乃々「……」

美玲「むしゃむしゃ」

乃々「…………んっ……」

美玲「ぱくぱく」

乃々「んっあっ……ちょ、ちょっと……」

美玲「もしゃもしゃ」

乃々「んんっ! そ、そこ、は……ひゃん!?」

美玲「くちゅくちゅ」

乃々「あ、やっ、だ、ダメ……んんんっ!?」

美玲「れろれろ」

乃々「あっ、待っ、ぅあっ!」

美玲「ばっこんばっこん」

乃々「はああっ、あううううっ!!」ビクン

美玲「……」

乃々「はあ、はあ……」

美玲「乃々ってつむじが弱いんだな」

乃々「そうでもないですけど……」

美玲「じゃあ今の声なんだよ」

乃々「あそこにカンペが……」

しょうこ「あっ」

てるこ「み、見つかってしまったか……」

美玲「カンペかよ」

美玲「まあウチもカンペ見ながら噛みついたんだけどな」

てるこ「フフフ……全ては私達の思惑通り……」

しょうこ「……」スッ

『合図を出したら噛み付いて!』

てるこ「手のひらの上で踊る様、見てて愉快だったぜぇ……!」

しょうこ「……」スッ

『今!』

美玲「ガブリ」

てるこ「ヒィンッ」


んあー。


86: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:50:19.08 ID:ukUH/YJ1o




モバP「杏が寝た結果」




87: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:52:06.55 ID:ukUH/YJ1o

杏「寝る」

しょうこ「おやすみ……」

杏「zzZ」

しょうこ「……」

てるこ「……」

しょうこ「私も寝よう……」

てるこ「じゃあ、私も……」

しょうこ「zzZ」

てるこ「zzZ」

卯月「…………」

卯月「あー……」

卯月「じゃあ私も寝ます!」

卯月「zzZ」


島村卯月、頑張ります!
とりあえず、頑張って寝ます!


88: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/09(月) 00:58:00.62 ID:ukUH/YJ1o

杏「ふああ……よく寝た」

しょうこ「お……おはよう……」

杏「おー」

しょうこ「こんな時でも、寝ていられるのはすごいな……」

杏「こんな時? なんかあったっけ」

しょうこ「おいおい……今日は私と杏の、結婚式、だろ……?」

杏「……ん?」


杏「ハッ!?」

杏「……夢か、そりゃそうだよね」

しょうこ「お、おはよう……」

杏「ん、おはようあなた」

しょうこ「……あなた?」

杏「あー、やっぱいきなりは違和感あるよね」

杏「結婚して3年になるし、あなた呼びしてみようと思ったんだけど」

杏「慣れないことはするもんじゃないね、うん」

しょうこ「……ん?」


しょうこ「ハッ!?」

しょうこ「ゆ、夢か、そうだよな……」

卯月「おはようございます!」

しょうこ「おお、おはよう卯月……」

杏「おー、やっと起きたかー」

しょうこ「すまんすまん……よし、行くか……」

卯月「行く? 何か予定が?」

杏「何行ってんの、今日の主役がさー」

卯月「へ?」

しょうこ「今日は、我が娘の卯月の誕生日を祝う、家族旅行……だろ」

卯月「え?」

杏「早く行こうよーあなたー」

しょうこ「よし……パパ頑張っちゃうぞー……」

卯月「……ん?」


卯月「ハッ!?」

卯月「……あ、夢か、びっくりしたぁ……」

卯月「夢ですよ、夢! なーんて」

てるこ「zzZ」

しょうこ「今晩は寝かせ……zzZ」

杏「ち、誓います……zzZ」

卯月「……」

卯月「もう一回寝よーっと」


ちなみにてるこちゃんは最後まで起きなかったので、しょうこちゃんがおんぶして連れて帰りました!


91: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:09:17.83 ID:prdEnMwno




モバP「森久保におにぎり持たせた結果」




92: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:11:14.76 ID:prdEnMwno

乃々「……」

乃々「……」モグモグ

乃々「……」

乃々「鶏唐翌揚げ……」

美玲「……」

美玲「リスだッ!」


机の下でちまちまとおにぎりを頬張るその姿は小動物であった。


93: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:13:16.94 ID:prdEnMwno

乃々「……」モグモグ

乃々「鶏唐揚げ……」

美玲「……」

美玲「フッフッフッ」

美玲「リスがいるとあれば……ウチはオオカミになる他無いなッ!」

美玲「がるるー……んっ?」

しょうこ「……」

てるこ「……」

乃々「鶏唐揚げ……」モグモグ

美玲「むむむ……リスの隣に番犬が鎮座してこっちを見ているな……」

美玲「だけど所詮はチワワやプードル!」

美玲「ハイイロオオカミなウチの敵ではないッ!」

美玲「覚悟ーッ! がおーッ!」

しょうこ「ヒャッハァーワーーー!! 獲物だァーーー!」

てるこ「フッヒャーーーラーー!! 捕えろォ!」

美玲「あ、ちょ、待っ、うぎゃあああ!」

乃々「鶏唐揚げ……」

しょうこ「ガブリ」

てるこ「ガブリ」

美玲「ぬわーっ!!」


2対1では勝てなかったよ。


乃々「どのおにぎりも鶏唐揚げしか入ってないんですけど……」


94: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:22:31.12 ID:prdEnMwno




モバP「てるこが探偵になった結果」




95: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:24:47.68 ID:prdEnMwno

てるこ「真実は、いつも一つ……!」

しょうこ「」チーン

乃々「……」

美玲「……」

てるこ「ほ、星しょうこ殺人事件……」

てるこ「犯人は……この中にいる……!」

美玲「お前だろ、ウチ見てたぞ」

乃々「私も見てたんですけど……」

てるこ「……」


体は子供、頭脳はキノコ。


96: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:26:59.69 ID:prdEnMwno

てるこ「謎は全て解けた……!」

美玲「なんか推理したのか?」

乃々「さあ……」

てるこ「あ、後はこの麻酔銃で……パシュン」

しょうこ「ふおっ!? ……」

しょうこ「あー皆さん、お待たせしました……」ムクッ

美玲「で、出たーッ! 眠りのしょうこだ!」

乃々「こ、これが噂の……」

しょうこ「こ、今回、私からフライドポテトを盗み」

しょうこ「さらに、犯行現場を見られたために、証拠隠滅を図って殺人に及んだ……」

しょうこ「その犯人は……」

美玲「……ゴクリ」

乃々「ドキドキ……」

しょうこ「お前だろォーーーがァーーーーーー!!! ポテト返せ!」

てるこ「ノォォォォォォオオオオ!!?」

美玲「だよな」

乃々「ですよね」


これで解決。
ネクストてるこズヒント、牛丼。


97: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:35:33.74 ID:prdEnMwno




モバP「美玲が尻尾を振った結果」




98: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:38:18.55 ID:prdEnMwno

美玲「……」フリフリ

しょうこ「……」

美玲「……」フリフリ

てるこ「……」

美玲「……」フリフリ

幸子「……」

美玲「(フフフ……そろそろこの尻尾にモフりたくなってきただろうな)」

美玲「(我慢できずに飛びついた時……それがお前達の終わりの時だッ!)」

しょうこ「(さ、触りたいな……あの耳)」

てるこ「(な、撫でてみたいな……あの耳)」

幸子「(お腹すきました、お昼は牛丼にしようかな)」


ちなみにこの尻尾と耳、あの満月の夜からずっと生えてる。


99: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:40:44.65 ID:prdEnMwno

美玲「……」フリフリ

しょうこ「……」ウズウズ

てるこ「……」ウズウズ

幸子「(でも昨日も牛丼食べましたし……むむむ)」

美玲「(さあ……来いッ! 来いッ!)」

しょうこ「……フヒ」モフッ

てるこ「おー……」モフッ

美玲「ッ!?」

美玲「(耳だとッ!? しまった、裏をかかれた……!)」

しょうこ「すごいフサフサ、だな……」サワサワ

てるこ「こ、このモフモフ感……たまらんね」サワサワ

美玲「あうう……」

幸子「(トッピングを変えます? 昨日はチーズだったから卵あたりを……)」

美玲「(こ、こうなったら……幸子に飛びつくしかないッ!)」

美玲「がおーッ!」バッ

幸子「あ、え? 何ですか? 吉野家の話ですか?」

美玲「は?」

しょうこ「……」サワサワ

てるこ「……」サワサワ

幸子「……あ、尻尾? 尻尾触ればいいんですか?」サワッ

美玲「ひゃんッ!?」

幸子「あれ、ここお尻ですね」

美玲「……」

幸子「……」

幸子「……」サワサワ

美玲「んひっ!? や、やめろよぉ!」


みれいのぼうぎょりょくがさがった!


101: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:47:54.86 ID:prdEnMwno




モバP「森久保にハンカチ持たせた結果」




102: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:51:54.02 ID:prdEnMwno

乃々「……」

しょうこ「うっうっ……」

小梅「……」

しょうこ「……ま、まさか、小梅ちゃんの、エグッ、ホラー映画で感動する日が、ズビッ」

しょうこ「く、来るなんて……ヒック」

小梅「わ、私も、初めて見たけど、びっくり……」

小梅「でも、ホラー……なのかな、これ、うーん……」

しょうこ「うぉぉぉ、ま、ま、マルコムゥゥゥ……」


ボロ泣き。


103: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 00:55:32.82 ID:prdEnMwno

乃々「……あの」

乃々「よかったらハンカチ、どうぞ……」スッ

しょうこ「あ、ありがど……」

しょうこ「ズビーーーーッ!!」

乃々「…………」


こうなるとは思ってた。


しょうこ「げ、ゲホッゲホッ」

しょうこ「はあ……ぶぇっくし!」

しょうこ「ズビビーーーーッ!!」

乃々「…………」

しょうこ「ふう……す、スッキリした……」

しょうこ「はい」スッ

ネチョ

乃々「…………」

しょうこ「…………」

乃々「…………」

しょうこ「あ……ちょっと待って」

しょうこ「ズビーーーーーーーーッ!!」

乃々「……」

しょうこ「さ、最近花粉症、でな……」

しょうこ「はい」スッ

ネッチョリ

乃々「……」

しょうこ「……」

乃々「あ、洗ってからで、いいですけど……」

しょうこ「えっ、いやいや、それは悪いよ……」

乃々「洗ってからでいいですけど!」

しょうこ「お、おう……わかった」


翌日の翌日、洗濯してから返してもらったハンカチは何故か野生の香りがしました。


104: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:03:09.28 ID:prdEnMwno




モバP「しょうことてるこが入れ替わった結果」




105: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:05:09.43 ID:prdEnMwno

輝子「ど、どっちがしょうこで」

輝子「どっちがてるこでしょう……か」

美玲「分かるわけ無いじゃん」

輝子「……そ、そんなあっさり……」

美玲「で、くるくる入れ替わりすぎて、最後にはどっちがしょうこでどっちがてるこなのか分からなくなるってオチだろ?」

美玲「分かってるんだぞウチは」

輝子「……」


今日の彼女はなんだかドライだ。
ドライヤーを吹かしすぎたのかな?


106: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:08:01.59 ID:prdEnMwno

輝子「……フッ」

輝子「お、臆病風に、吹かれたか……」

美玲「なにぃ?」

輝子「オオカミを謳っておきながら、私達の判別も出来ないとは、な……」

輝子「ハイイロオオカミじゃなくて、し、柴犬……だな」

美玲「むむむ、そんな挑発には乗らないモン!」

美玲「ツーン!」

輝子「あ、当てたら、さっき買った手羽先フライドチキンをあげよう……」

美玲「ウチの鼻は百戦錬磨の百発百中だッ!」

美玲「チョチョイと当ててやるッ!」

輝子「フッ、ちょろい……」

美玲「……」クンカクンカ

輝子「……」

美玲「……」クンカクンカ

輝子「……」

美玲「……」

美玲「今日鼻詰まってたんだった」

輝子「は、鼻声だもんな……」

美玲「ティッシュ無い?」

輝子「は、ハンカチなら……」

美玲「ハンカチ? いいの?」

輝子「おう……」

美玲「じゃあ遠慮なく……ズビバーーーーッ!」

輝子「……それ、ボノノさんに返すやつじゃあ……」

輝子「……あっ」

美玲「あ?」


翌日に美玲さんが洗って持ってきてくれるようだ。
ふう、よかった。


107: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:14:53.32 ID:prdEnMwno




モバP「美玲が寝転んだ結果」




108: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:17:10.52 ID:prdEnMwno

美玲「あー……」

美玲「あーーーーー」

美玲「あああああああああああああああああ」

美玲「暇だ……」

杏「ふぁー……ネムネム……」

杏「ねえ、ちょっとこの尻尾抱き枕にさせてよ」

美玲「ん? まあいいけど」

杏「あんがと」

杏「う゛ぉぉ……眠くなる抱き心地だなあ……」

美玲「毛並みには自信あるからなッ!」


のんびり。


109: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:20:14.22 ID:prdEnMwno

杏「そういえば……」

杏「最近変な夢を良く見るんだよねー」

美玲「ふーん……どんなの?」

杏「えーっと……」

杏「輝子が二人に分裂してなくて」

杏「美玲はケモミミと尻尾が生えてなくて」

杏「乃々は別に穴を掘らないし」

杏「智絵里のチョップで怪我人が出なくて」

杏「加蓮は死んでも復活しないし」

杏「ちひろさんが守銭奴で」

杏「プロデューサーもPヘッドじゃない」

杏「あと……何故か私と輝子が結婚して卯月が娘になってる」

杏「そんな感じの夢」

美玲「へー」

美玲「変なの」

杏「だよね」

杏「あー眠い……おやすみー」

美玲「おやすみー」


ウチの尻尾にすげーヨダレ垂らされた。
仕返しにいつも持ち歩いてるウサギのヌイグルミに噛み跡つけてやった。ざまあみろ。


110: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:27:12.97 ID:prdEnMwno




モバP「集合した結果」




111: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:28:52.57 ID:prdEnMwno

しょうこ「……」

小梅「……」

幸子「……」

てるこ「……な、何が、集合したんだ……?」

小梅「い、いるよ? この部屋に、いっぱい……」

幸子「……も、もしかしてそういう話ですか!?」


体感温度が下がる部屋。
鳥肌立ってきた。


112: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/10(火) 01:32:05.15 ID:prdEnMwno

しょうこ「わ、私達には、いるのかどうか、分かんないから、な……」

小梅「……そ、そうだ」

小梅「これ、着けるといいよ……」スッ

幸子「何ですか? このゴーグル」

小梅「し、シルフスコープ……」

てるこ「あ、聞いたことがあるぞ……」

てるこ「見えないものが、見えるようになるんだよな……」

幸子「あー、これ市販してたんですね」

小梅「ちょっと、高かった……」

小梅「3人分、あるから……つ、着けてみて」

しょうこ「……おお」スチャ

てるこ「こ、こんなにたくさん……びっくり」スチャ

しょうこ「ど、どうも……お世話になってます」

幸子「どれどれ……」スチャ

ヴォオオオオオオオオオ

サチコサンサチコサンサチコサンサチコサンサチコサンサチコサンサチコサンサチコサン

幸子「ぷぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

小梅「あ、あれ? 幸子ちゃん……?」

しょうこ「ど……どうしたー?」

幸子「はっ、はあっ、はあっ……」

幸子「こっここここっここ」

てるこ「コケコッコ?」

幸子「こんなにたくさんひしめいてるなんて聞いてません!」

幸子「ちょっとチビっちゃったじゃないですか!」

幸子「なんで皆さんは冷静でいられるんですか!」

小梅「そ、そんなに多い、かな……」

しょうこ「こ、このくらいなんじゃ、ないの?」

幸子「一体でも驚くのに、こんな大人数は有り得ないでしょう!?」

てるこ「バアアアアアアアア!」

幸子「ぎゃああああああああああ!!」

てるこ「す、すごい驚きよう、だな……」

幸子「おおおお驚かせないてくださいよもう!」


この日の夜、金縛りに遭いました。ひどい。


113: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:24:11.40 ID:F8t7LG2oo




モバP「森久保に削岩機持たせた結果」




114: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:25:45.39 ID:F8t7LG2oo

しょうこ「うおっ!?」


隣の机の下に久しぶりに穴が空いてた。


しょうこ「……」ソー

乃々「ががががががー」ガガガガ

乃々「ですけど……」ガガガガ


覗いたら削岩機を抱えたお隣さんがいた。


115: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:28:00.61 ID:F8t7LG2oo

しょうこ「……」

乃々「がががががが」

しょうこ「……」

乃々「がががががが」

しょうこ「そっち水道管……」

乃々「ががが……あ、おっとっと」

しょうこ「……」

しょうこ「今日は……何があった?」

乃々「……」

乃々「楽しみにとっておいたシュークリーム……」

乃々「消費期限が過ぎてたんですけど……」

しょうこ「あー……」

乃々「なので、幸子さんにそのシュークリームをあげたんですが」

乃々「特にお腹を壊した様子も無かったんですけど……」

しょうこ「……」

乃々「大丈夫だったのなら、私が食べても良かったんじゃないかと思うんですけど……クソなんですけど……」ガガガガ

しょうこ「……」


この後、幸子さんからお礼にアイス貰った。
食べたら頭キーンってなった。ちくしょう。


116: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:34:58.18 ID:F8t7LG2oo




モバP「しょうことてるこを箱詰めした結果」




117: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:37:03.87 ID:F8t7LG2oo

幸子「……」

幸子「何故ここにクリスマスの時の箱が……」

幸子「……」パカッ

しょうこ「おっ?」

てるこ「や、やあ……」

幸子「……」

幸子「……」カポ

「あっ」

幸子「……」


季節違いのクリスマスプレゼント。


118: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:39:07.18 ID:F8t7LG2oo

幸子「……」パカッ

しょうこ「な……なぜ一回閉めた?」

幸子「ボクも一回フタを閉められたので」

幸子「まあ仕方ないですよね! ボクがカワイイ故でしょうからね!」

てるこ「そ、そう……」

幸子「それで……何してるんです?」

しょうこ「いい場所を、探していてな……」

幸子「いい場所ですか?」

てるこ「う、うん……いい感じの暗所、だな」

しょうこ「ジメジメ感も十分……」

てるこ「ただ、通気性が……」

幸子「通気性は空気穴を空けたのである程度は改善しました」

てるこ「なるほど……」

幸子「で、何の場所……ああ、キノコの場所でしょうね」

しょうこ「うん……いい感じに、育ちそうだな……」

幸子「ボクの箱をキノコ栽培所にしないで欲しいんですけどね」

てるこ「私も、よく育ちそう……フヒ」

しょうこ「身長、伸びるかも……な」

幸子「ははは、そんなキノコじゃ無いんですから」


次の日、彼女らの身長が143cmに伸びた。
なんてことは無かった。意外だ。


119: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:45:25.74 ID:F8t7LG2oo




モバP「美玲が秘密に迫った結果」




120: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:47:39.65 ID:F8t7LG2oo

美玲「……」

小梅「……」

美玲「小梅ってさ、右目どうなってんの?」

小梅「え?」

美玲「いつも前髪で隠してるからさ」

小梅「……き、気になる?」

美玲「うん」

小梅「……」(川ω・`)

美玲「……」(´・ω●`)


今宵、謎に迫る。


121: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:50:18.97 ID:F8t7LG2oo

小梅「……えっと」

美玲「……」

小梅「……み、見たいの?」

美玲「うん」

小梅「……」

小梅「じ、じゃあその、眼帯を……」

美玲「ああウチ? いいよ、はい」パッ

小梅「……!!」

美玲「取ったよ」(´・ω・`)

小梅「……ふ、普通だね……」

美玲「なーなー、ウチは見せたからさ、小梅も見せてくれよ」

小梅「……わ、わかった……」

小梅「はい」ペラ

美玲「……」

あの子「……」

美玲「!!!!」

あの子「ミタナ」

美玲「……!?」

あの子「……カッ!!」

美玲「うっ」

小梅「……」

美玲「……」

美玲「あれ? ウチ何してたんだっけ」

小梅「こ、これから、帰るところ……」

美玲「そうだっけ? まあいいや、帰ろ」

小梅「さ、さよなら……」


謎は謎のまま。


122: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:56:54.00 ID:F8t7LG2oo




モバP「アニマルパークに踏み込んだ結果」




123: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 00:59:07.29 ID:F8t7LG2oo

智絵里「ぴょん♪」

乃々「り、リスぅ……」

智絵里「……リスの鳴き声って、そういうのでしたっけ」

乃々「リースぅ……」



美玲「あんなところにウサギとリスがいるぞ」

美玲「これは……オオカミになって襲いかかる他無いなッ!」

美玲「よし、そうと決まればそーっと近づいて……」

拓海「あん?」

美玲「」


獅子に睨まれたオオカミ。


124: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 01:02:42.01 ID:F8t7LG2oo

美玲「……」

拓海「美玲じゃねえか、どうした?」

美玲「(お、落ち着け、落ち着け……)」

美玲「が……がおーッ!」

拓海「……」

拓海「はあ?」

美玲「ヒイッ」

美玲「(ど、どうするどうするどうするどうする?)」

拓海「……よし」

美玲「?」

拓海「オラァテメェ美玲ィ!」ガバッ

美玲「ひゃあ!?」

拓海「なんだその耳と尻尾はァ! モフらせろ!」

美玲「うわぁ、や、やめろよッ! ひいっ!」

拓海「なんだこの触り心地は! クセになるじゃねえかこの!」モフモフ

美玲「た、助けて! 喰われるぅッ!」

智絵里「?」

乃々「?」


うあー、自慢の尻尾がボサボサだ。
でもあの胸の中に抱きつかれたときは悪い気はしなかった。


125: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 01:09:27.15 ID:F8t7LG2oo




モバP「しょうことてるこが輝子に戻った結果」




126: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 01:11:26.41 ID:F8t7LG2oo

てるこ「私の存在意義が分からない」

しょうこ「……」

しょうこ「?」

てるこ「なぜ、私はここにいるのだろうか……」

しょうこ「い……いきなりどうした……?」

てるこ「同じ姿」

てるこ「同じ顔」

てるこ「同じ声……」

てるこ「あなたと、私……何が違うのだろうか……」

しょうこ「……」

しょうこ「(あっ、片手に誰かのポエムノート持ってる)」

しょうこ「(なんだそういうことか)」


飛鳥か蘭子か、はたまたぼののか。


127: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 01:13:59.80 ID:F8t7LG2oo

てるこ「なにもかも……一緒」

てるこ「鏡の世界から出てきたように……」

てるこ「世界は回る……幾多の歯車が、噛み合って」

てるこ「あなたも、その一つの、歯車……」

てるこ「でも、私は違う……」

てるこ「同じ形の歯車は、ハマる場所が無い……」

てるこ「ハマる場所が無くても、世界は回る……」

てるこ「もしかして……私は、消えるべきでは……」

しょうこ「はい」スッ

てるこ「……?」

しょうこ「これな……出生記録」

てるこ「へ?」

しょうこ「両親の部屋を漁って、見つけた……」

しょうこ「これによると……私達は、双子だ」

てるこ「ふ……双子……?」

しょうこ「そう……てるこは1UPキノコなんかで生まれた存在ではなく、正真正銘私の双子の妹……なんだ」

てるこ「……」

しょうこ「必要な存在なんだァーーーー!!」

てるこ「なんだってェーーーー!?」

しょうこ「……」

てるこ「……」

てるこ「双子って、嘘でしょ」

しょうこ「うん、嘘」


これからも、しょうことてるこです。


128: ◆33uGlHa9g1n8 2015/03/11(水) 01:15:16.02 ID:F8t7LG2oo

ここで唐突な完結宣言。おしまい。

書きたいものが書けて満足。


129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/11(水) 01:28:57.36 ID:7WiablS+0

おつー
また書いてくださいね



アイドルマスター シンデレラガールズ 島村卯月 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
アイドルマスター シンデレラガールズ 島村卯月 ニュージェネレーションVer. (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
関連記事

Powered By 画RSS

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
プロフィール

necomimi

Author:necomimi
ネコミミss速報へようこそ!
TOP画像、相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですー
詳しくはこちらまで

  • ブログについて
  • カテゴリーメニュー 改
    検索フォーム
    フリーエリア
    ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック ラブライブ!スクールアイドルコレクション パーフェクトビジュアルブック 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 君の名は。 Another Side:Earthbound<君の名は。 Another Side:Earthbound> (角川スニーカー文庫) 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 『ラブライブ!サンシャイン!!』ユニットシングル(1)「元気全開!DAY!DAY!DAY!」 テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス) テイルズ オブ ゼスティリア 導きの刻 4巻 (ZERO-SUMコミックス)
    Powered by amaprop.net
    過去ログ +

    2019年 08月 【1件】
    2019年 07月 【3件】
    2019年 05月 【1件】
    2019年 02月 【3件】
    2019年 01月 【2件】
    2018年 12月 【1件】
    2018年 11月 【2件】
    2018年 10月 【6件】
    2018年 09月 【2件】
    2018年 08月 【4件】
    2018年 07月 【3件】
    2018年 06月 【7件】
    2018年 05月 【18件】
    2018年 04月 【34件】
    2018年 03月 【51件】
    2018年 02月 【60件】
    2018年 01月 【97件】
    2017年 12月 【113件】
    2017年 11月 【209件】
    2017年 10月 【217件】
    2017年 09月 【210件】
    2017年 08月 【216件】
    2017年 07月 【218件】
    2017年 06月 【209件】
    2017年 05月 【218件】
    2017年 04月 【208件】
    2017年 03月 【216件】
    2017年 02月 【197件】
    2017年 01月 【211件】
    2016年 12月 【218件】
    2016年 11月 【211件】
    2016年 10月 【216件】
    2016年 09月 【211件】
    2016年 08月 【217件】
    2016年 07月 【217件】
    2016年 06月 【210件】
    2016年 05月 【219件】
    2016年 04月 【210件】
    2016年 03月 【218件】
    2016年 02月 【203件】
    2016年 01月 【217件】
    2015年 12月 【217件】
    2015年 11月 【209件】
    2015年 10月 【222件】
    2015年 09月 【225件】
    2015年 08月 【245件】
    2015年 07月 【249件】
    2015年 06月 【242件】
    2015年 05月 【252件】
    2015年 04月 【245件】
    2015年 03月 【248件】
    2015年 02月 【225件】
    2015年 01月 【252件】
    2014年 12月 【250件】
    2014年 11月 【252件】
    2014年 10月 【254件】
    2014年 09月 【241件】
    2014年 08月 【260件】
    2014年 07月 【275件】
    2014年 06月 【262件】
    2014年 05月 【422件】
    2014年 04月 【401件】
    2014年 03月 【421件】
    2014年 02月 【425件】
    2014年 01月 【487件】
    2013年 12月 【537件】
    2013年 11月 【575件】
    2013年 10月 【599件】
    2013年 09月 【523件】
    2013年 08月 【511件】
    2013年 07月 【510件】
    2013年 05月 【1件】

    全記事表示リンク
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア
    Powered by amaprop.net Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX Fate/ EXTRA CCC OP Animation PRODUCTION NOTE Labyrinth BOX 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 化物語 KEY ANIMATION NOTE 上巻 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 艦これ白書 -艦隊これくしょん オフィシャルブック- 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語 公式ガイドブック with you. (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかボックス ジュブナイル 小説版 (JUMP j BOOKS) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス) めだかブックス めだかボックス コンプリートガイドブック (ジャンプコミックス)
    劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 劇場版 とある魔術の禁書目録 電撃劇場文庫 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) 進撃の巨人 Before the fall(1) (シリウスコミックス) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本) ダンガンロンパ1・2 Reload 超高校級の公式設定資料集 -再装填- (ファミ通の攻略本)
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: